武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2017年
11月24日

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店1階・アンジェリークニューヨーク跡地に「いきなり!ステーキ」が12月8日(金)頃出店決定、ブレーメン通り商店街に続き店舗拡大

【Reporter:はつしも】

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店1階の「アンジェリークニューヨーク」跡地に、「いきなり!ステーキ」が出店することが決定しました。
オープン日は12月8日(金)頃を予定しており、すでに出店区画には専用のダクトが設置完了しています。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店1階の「アンジェリークニューヨーク」跡地
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店1階の「アンジェリークニューヨーク」跡地

「いきなり!ステーキ」が出店する区画は、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の1階角地にあります。
ここは人通りの多い交差点に面しており、専用の出入口も設置されていることから、これまでに「ファーストキッチン」「アンジェリークニューヨーク」と、飲食系のテナントが入居してきました。

■出店区画に新設されたダクト
出店区画に新設されたダクト

本サイトでは、2017/11/22エントリにおいて、この出店区画に専用のダクトが新設されたことをお伝えしていました。
元々飲食テナントが入ってきたわけですから、換気機能自体はあったはずです。

そこにわざわざダクトを設置して排気能力を大幅に増強したかたちで、ここから次のテナント像を推測することができました。
「いきなり!ステーキ」の出店は、こうした経緯からは順当と言えるものでしょう。

■「いきなり!ステーキ」の既存店
「いきなり!ステーキ」の既存店

■「いきなり!ステーキ」の「ワイルドステーキ(300g)」
「いきなり!ステーキ」の「CABワイルドステーキ」

「いきなり!ステーキ」は、ペッパーフードサービスが2013年から展開するステーキ専門チェーンです。
店舗の急速な拡大を続け、武蔵小杉周辺ではブレーメン通り商店街に店舗があります。

■「いきなり!ステーキ」の立ち食い席
立ち食い席

同チェーンは立ち食いスタイルを基本としていまして(座席のある店舗もあり)、省スペースでの出店が可能です。

「アンジェリークニューヨーク」跡地の面積でも、十分展開できるでしょう。

ステーキ店ですから、排気の手当てが必要です。
新設されたダクトはイトーヨーカドーの外壁を伝って、建物上部から排気されるようになっています。



■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「ダイソー」
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「ダイソー」

■同「サイゼリヤ」
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「サイゼリヤ」

■同「ノジマ」
同「ノジマ」

■同「銘菓売場」と「セブンカフェ」
同「銘菓売場」と「セブンカフェ」

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店では、近年店舗の入れ替えを続けています。
そうした中で「ダイソー」「サイゼリヤ」「ノジマ」など、新しい外部テナントで商業施設としての集客力を強化しています。

今回の「いきなり!ステーキ」の出店により、とりあえず空き区画は全て埋まったかたちになりますが、また今後売場の再編は行われていくのではないでしょうか。

【関連リンク】
いきなり!ステーキ ウェブサイト
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店 ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:スーパーマーケット イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店
2016/10/28エントリ 「ダイソーイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」本日オープン、220坪で旧店舗の9割以上の売場面積を確保/新星堂に続き中原ブックランドイトーヨーカドー店閉店
2017/8/10エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店2階「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」向かいに「サイゼリヤ」が本日オープン
2017/9/7エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店で続く売り場刷新。1階「アンジェリークニューヨーク」9月17日(日)閉店、地下1階「ポッポ」9月24日(日)閉店決定
2017/11/22エントリ 「ノジマ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」本日プレオープン、地下1階「ポッポ」跡地に「セブンカフェ」イートインコーナーも開設

Comment(0)

2017年
11月22日

「ノジマ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」本日プレオープン、地下1階「ポッポ」跡地に「セブンカフェ」イートインコーナーも開設

【Reporter:はつしも】

本日11月22日(水)9時、「ノジマ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」がプレオープンしました。
グランドオープンは11月25日(土)となりますが、一部招待客限定などではなくほぼ通常オープンとなりました。

2006年の「サトームセン」閉店以来、武蔵小杉駅前地区に11年ぶりの家電量販店復活となります。

■「ノジマ」オープンの懸垂幕が登場したイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店
「ノジマ」オープンの懸垂幕が登場したイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店

■5階の「ノジマ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」
5階の「ノジマ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」

「ノジマ」は、神奈川県を地盤とする家電量販店です。
中原区内では「川崎中原店」が2014年12月に宮内でオープンしており、それから3年後、ついに駅前に登場することになりました。

今回の新店舗は、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の5階に出店しました。
これによりイトーヨーカドー従来の売り場については、各フロアにそれぞれ再編されています。

■スマートフォン売場
スマートフォン売場

■パソコン売り場
パソコン売り場

■家電売り場
家電売り場

家電売場

家電売場

■カメラ売場
カメラ売場

■ゲーム売場
ゲーム売場

「ノジマ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」は、スマートフォン、パソコン、AV、カメラ、家電、エアコン、ゲームと一通りのジャンルは取り扱っています。

大型店とはいえませんので個別の品揃えに限界はあります。新商品や売れ筋のアイテム、また消耗品などであればお買い物ができるでしょう。

また同店では販売だけでなく、修理や下取りの受け付けも行っています。
これは近場にできると便利ではないでしょうか。

dポイント、auWALLETポイントアップも取り扱いがありますので、普段活用されているポイントサービスによってはメリットが出てきます。

■「ノジマ 川崎中原店」
「ノジマ 川崎中原店」

さて、今回の出店により、武蔵小杉周辺の家電量販店の勢力図が変動いたします。
武蔵小杉駅前~宮内までの府中街道沿いを「ノジマ」2店舗が押さえ、武蔵中原でマルエツ内の「ヤマダ電機」がこれに対抗する構図となりました。

それぞれ距離がありますから住み分けはできるでしょうが、影響が全くないとは言えないと思います。

立地では優位に立つ「ノジマ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」の今後の集客状況についても、注目が集まるところです。



■「セブンカフェ」イートインコーナーのご案内
地下1階イートインコーナーのご案内

そして今回、地下1階に整備されたのがイートインコーナーです。
ここに「セブンカフェ」が設置されたほか、イトーヨーカドー店内で購入したものを食べることができます。

■地下1階でスタートした「イートインコーナー」
地下1階でスタートした「セブンカフェ」

イートインコーナー

■「セブンカフェ」の設備
セブンカフェの設備

■電子レンジと「おいしい水」
電子レンジと「おいしい水」

この区画は従来「ポッポ」がありましたが、閉店後に銘菓売り場になりました。
その一角に座席スペースが残されていたものが、綺麗に改装されています。

セブンカフェの設備のほか、電子レンジなども完備していました。
店内で購入したお弁当などを、ここで温めることができるわけです。

■1階「アンジェリークニューヨーク」跡地のダクト新設
1階「アンジェリークニューヨーク」跡地のダクト新設

また、1階「アンジェリークニューヨーク」跡地はまだ空き区画のままですが、先日外側の駐輪場を一部閉鎖した工事が行われていました。
その仕上がりを見てみたところ、外壁をつたうダクトが新設されていました。

ダクトは「アンジェリークニューヨーク」跡地から外壁に出て上に伸び、建物上部で排気をするようになっています。

今後どうなるかはわかりませんけれども、わざわざダクトを設置するということは、今後それが必要となるような業種の出店を想定しているのではないでしょうか。
普通に考えれば、飲食系ということになろうかと思います。

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店は、近年売場の再編を進めています。
1983年の開業以来34年の歴史を重ね、変化に対応していくことが必要とされているのでしょう。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店

【関連リンク】
(ノジマ関連)
ノジマ ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:家電量販店 ノジマ川崎中原店
2014/9/30エントリ 11月9日閉店「ライフ宮内店」跡地に家電量販店「ノジマ」が今冬オープン決定
2014/11/2エントリ 「ライフ宮内2丁目店」11月18日(火)オープン、「ノジマ川崎中原店」12月オープンへ
2014/12/7エントリ 中原区に、家電量販店登場。「ノジマ川崎中原店」オープン

(イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店関連)
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店 ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:スーパーマーケット イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店
2017/9/7エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店で続く売り場刷新。1階「アンジェリークニューヨーク」9月17日(日)閉店、地下1階「ポッポ」9月24日(日)閉店決定
2017/9/26エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に「ノジマ」が2017年11月出店決定、11年振りに武蔵小杉駅前に家電量販店が復活
2017/11/13エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店5階の「ノジマ」が11月22日(水)プレオープン・25日(土)グランドオープン決定、22日は武蔵小杉のオープンラッシュに

(その他出店関連)
2017/7/27エントリ リッチモンドホテルプレミア武蔵小杉近接「スーパーホテルLohas武蔵小杉駅前」が2017年11月22日グランドオープン決定、天然温泉「徳川・鷹狩の湯」を備え事前予約スタート
2017/11/10エントリ グランツリー武蔵小杉にNY発の「猫」アートブランド「マンハッタナーズ」が12月8日出店決定、11月22日・12月8日の2段階で新店舗一斉オープンへ

Comment(0)

2017年
11月21日

「第12回なかはら子ども未来フェスタ」が11月25日(土)に中原区役所で開催、パラスポーツ体験やコスギカレーフェス連携企画「みんなのカレーの思い出」最終展示などを実施

【Reporter:はつしも】

2017年11月25日(土)に、中原区役所において「第12回なかはら子ども未来フェスタ」が開催されます。

「なかはら子ども未来フェスタ」は、中原区役所で毎年開催されている子供向けのイベントです。
ステージでの人形劇・ダンス・音楽、さまざまな創作体験、読み聞かせなどが、中原区で活動する市民グループによって展開されます。

また今回は、18日に開催された「なかはら福祉健康まつり」に引き続き、パラリンピック公式種目「ボッチャ」の体験イベントも行われる予定です。

なかはら子ども未来フェスタ

■第12回なかはら子ども未来フェスタの開催概要
日時 2017年11月25日(土)10:00~15:00
会場 中原区役所(1階・4階・5階および区役所前広場)
参加費 無料
Web 中原区 なかはら子ども未来フェスタを開催します!
チラシ表面(PDF)
チラシ裏面(PDF)
主催 なかはら子ども未来フェスタ実行委員会
問い合わせ 中原区役所地域みまもり支援センター 地域ケア推進担当
tel044-744-3257

■屋外イベント
正面玄関前 ●子育て関連フリーマーケット(ひよこクラブ)
●折り染めワークショップ(ひなた村8番地)
●ステンドアート(工芸作家ケン・木村)
●パラスポーツ体験(ボッチャ・競技用義足体験)(東京ガス)
区役所前広場 ●やきそば(中原区子ども会連合会)
●つきたて餅(おやじの会)
●シフォンケーキ・クッキー(お菓子工房しいの実)
●手作りパン(あんてろーぷ)
●カレー(KOSUGI CURRY)
●コーヒー(スターバックスコーヒー)
●飲み物(フェスタ実行委員会)
ウッドデッキ ●折り紙ヒコーキ講座(川崎パパ塾)

■折り染めワークショップ
和紙染め 

■「パパ塾」の折り紙ヒコーキ講座
「なかはら子ども未来フェスタ」での紙飛行機作り

■4階
飲食・休憩コーナー ●野菜を使ったおやつの試食コーナー( 中原区食生活改善推進員連絡協議会)
●食育の活動紹介、紙芝居、エプロンシアター 等(中原区食育推進分科会)
●食育推進のための中身当てゲーム(生活協同組合ユーコープ)
●野菜スタンプでアート(プレイセンターかんがるー)
飲食・休憩コーナー前 知育玩具に触れてみよう等(中原区地域自立支援協議会)

■食育の活動紹介
「食と健康の情報発信」 

■5階
501号室
つくってあそぼう!
●消防体験コーナー(中原消防署)
●手形づくり(中原区こども文化センター)
●紙コップで遊ぼう、紙皿タンバリンを作ろう(中原区公営保育園/中原区地域子育て支援センター)
●やってみよう!アートバルーン(中原区子ども会連合会)
●積み木
502・503号室 ※ステージイベント(詳細後記)
504号室 ●絵本の読み聞かせコーナー(中原図書館・読み聞かせボランティアグループ)
505号室 ●おもちゃの病院(ひとみ座文庫)(受付:12時まで)
※壊れたおもちゃの修理をします。材料費実費、1家族3点まで。
●双子ちゃん用品リサイクル(ピーナッツ)
●バルーンアート(くまちゃん)
506号室 ●赤ちゃんひろば
●授乳・オムツ替えコーナー
●子育ておしゃべりコーナー
(中原区子育て支援推進実行委員会)
507号室 ●キットパスで遊ぼう(ゆうずうむげwithティーチャーズ)
●おえかき
●ぬりえ
●めいろ
●折り紙
区民活動交流センター「なかはらっぱ」 ●本部・救護センター

■お絵かきコーナー
お絵かきコーナー 

■バルーンアート(本サイト作品)
本サイト作品「カタツムリ」 

■4階・5階展示コーナー
市民グループ等活動展示 アンパンマンキッズ/国際子育て広場「コアラ」/プレイセンターかんがるー/ひよこクラブ/多胎児育児支援ピーナッツ/中原区食生活改善推進員連絡協議会/中原区食育推進分科会/しゃんぐりらこども家庭支援センター/中原区地域子育て支援センター/中原区公営保育園/中原区こども文化センター/中原区地域教育会議/かわさき助産師ネットワークSun²/保育ボランティアグループ「にじの会」/NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント パパママパーク・こすぎ/こども未来局青少年支援室/川崎市人権オンブズパーソン/中原区子育て支援推進実行委員会

■ステージ(5階502・503号室)

10:15~ 人形劇「ぶたぶたこぶた」(人形劇団ひとみ座
10:40~ 世界のファッションショーと英語で遊ぼう(国際子育てひろば「コアラ」
11:10~ ミニコンサート(吹奏楽)(ママブラスLargo(ラルゴ)
11:40~ たのしく食べる!食育フロンターレ講座(川崎フロンターレ中原アシストクラブ&Dole)
12:00~ なかはら親子体操(ミミケロはっぴいダンス)(中原区総合子どもネットワーク)
休憩  
13:00~ キッズチアダンス(KOSUGI Jewelsキッズチアダンスチーム
13:10~ キッズフラダンス(アネラ)
13:30~ キッズダンスパフォーマンス(キャンディキッズ)
13:50~ チアリーディング(川崎チアリーディングチームRAINBOWS
14:10~ チアリーディング(川崎キッズチアリーディングクラブBAMBIES
14:30~ チアリーディング(県立住吉高校チアリーディング部LANCERS)

■「たのしく食べる!フロンターレ食育講座」
フロンターレ食育講座 

川崎市では、「かわさきパラムーブメント」と題し、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2024年の市制100周年に向けて障害のある方などが生き生きと暮らすうえでの障壁となっている課題に立ち向かうことを表明しています。
その一環として、今回の「なかはら子ども未来フェスタ」では、パラリンピック正式種目の「ボッチャ」や、義足の体験などが行われます。

■「ボッチャ」の紹介動画(NEC)


「ボッチャ」は、重度脳性まひまたは同程度の四肢重度機能障がい者のために欧州で考案されたスポーツです。
ジャックボールと呼ばれる白いボールを目標として、赤・青のボールを6球ずつ投げていかに近づけるかを競う、考え方としてはカーリングに似た競技です。

体に不自由があってボールを投げることができなくても、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加が可能です。
その場合は「ランプ」と呼ばれる勾配器具を使ってボールを転がすことになります。

「ボッチャ」は、すでにご紹介した通り、11月18日に開催された「なかはら福祉健康まつり」でも体験イベントが行われていました。
2週続けて、中原区役所に登場です。

■2017年6月結成「KOSUGI Jewelsキッズチアダンスチーム」Facebookページ


また「なかはら子ども未来フェスタ」では、毎回キッズから高校生までのチアリーディングチームが登場します。

「コスギフェスタ」など地域イベントでおなじみの「川崎キッズチアリーディングクラブBAMBIES」「県立住吉高校チアリーディング部LANCERS」は本イベントの常連、かつ全国上位レベルの強豪ですが、今回は2017年6月に結成された「KOSUGI Jewelsキッズチアダンスチーム」が新規出演します。

同チームでは、現在メンバーを募集しています。
新しく始める方は、新設チームの方が入りやすいということもあるかもしれませんね。

■区役所前の模擬店
区役所前の模擬店

屋外にはやきそば、つきたて餅、シフォンケーキ・クッキーなどさまざまな出店が並びます。

例年は中原区役所の食堂「レストランなかはら」が「ミミケロカレー」を販売していたのですが、残念ながら同店は今年完全閉店となってしまいました。
そこで今年は代役として「KOSUGI CURRY」が出店し、オリジナルの「ミミケロカレー」を販売する予定です。

■「KOSUGI CURRY」の「ミミケロカレー」
ミミケロカレー
※写真提供:KOSUGI CURRY

またこの出店にあわせて、「KOSUGI CURRY」が発起人となった「第3回武蔵小杉カレーフェスティバル」で集められた、「みんなのカレーの思い出」展覧会も中原区役所の敷地内(建物壁面を予定)で開催されます。

■グランツリー武蔵小杉での「みんなのカレーの思い出」展覧会
グランツリー武蔵小杉での「みんなのカレーの思い出」展覧会

これは地域住民の皆さんが「武蔵小杉カレーフェスティバル」期間中にカレーの思い出を応募するというもので、先行してグランツリー武蔵小杉での展覧会が行われていました。
今回の「なかはら子ども未来フェスタ」での展示が現段階では最終となりますので、まだご覧になっていない方はこの機会にどうぞ。

■「なかはら子ども未来フェスタ」の会場マップ
「なかはら子ども未来フェスタ」の会場マップ
※クリックで拡大します。

【関連リンク】
かわさきパラムーブメント ウェブサイト
一般社団法人日本ボッチャ協会

(なかはら子ども未来フェスタ関連)
2008/11/22エントリ 第3回なかはら子ども未来フェスタ
2010/11/27エントリ 「なかはら子ども未来フェスタ」開催レポート
2011/11/26エントリ 「第6回なかはら子ども未来フェスタ」開催レポート
2014/12/1エントリ 「第9回なかはら子ども未来フェスタ」で開催、「川崎パパ塾」の折り紙ヒコーキ講座
2016/11/26エントリ 「第11回なかはら子ども未来フェスタ」開催レポート:ふろん太くん・太助・ロジーちゃんなどが中原区役所に集結

(武蔵小杉カレーフェスティバル関連)
2017/10/15エントリ コスギフェスタ2017「武蔵小杉カレーフェスティバル」詳報公開、10月16日(月)より21店舗の「カレースタンプラリー」開幕
2017/10/19エントリ 「コスギフェスタ2017」10月20日(金)前夜祭・21日(土)本祭雨天決行が決定、前夜祭のタワレコスペシャルライブにアイドルグループ「ぷちぱすぽ☆」「東京女子流」が出演を発表
2017/10/20エントリ 「コスギフェスタ2017」前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」「タワレコ秋祭りミュージックフェスタ」開催レポート/21日本祭・ハロウィン企画は雨天決行

(川崎パパ塾関連)
川崎パパ塾 Facebookページ
2016/1/31エントリ 「川崎パパ塾」のミニ絵本図書館「パパの本棚」が、中原市民館から「COSUGI CAFE」へ移転
2017/9/25エントリ イクメン育成「川崎パパ塾」が2017年度スケジュールを公開、第1回「夫婦のパートナーシップ」(10月25日開催)の参加者募集をスタート
2017/10/17エントリ 「川崎パパ塾」の2017年度第2回講座「紙飛行機作り」(11月16日)が参加受付スタート、「なかはら子ども未来フェスタ」の紙飛行機ワークショップ準備活動を実施

Comment(0)

2017年
11月17日

「第21回なかはら福祉健康まつり」が11月18日(土)に中原区役所で開催、パラリンピック正式種目「ボッチャ」体験イベントなどを実施

【Reporter:はつしも】

2017年11月18日(土)に、「第21回なかはら福祉健康まつり」が中原区役所において開催されます。
当日は「であい・ふれあい・ささえあい」をテーマに、福祉や健康にかかわる中原区内の約50団体が展示・発表・出店・体験型イベントなど、さまざまな企画を実施します。

またメインステージには、手話コーラスや「なかはらパンジー体操」などに加えて、「西中原中学校吹奏楽部」がゲストで登場します。

■「第21回なかはら福祉健康まつり」
 「第20回なかはら福祉健康まつり」

■「なかはら福祉健康まつり」の開催概要
開催日 2017年11月18日(土)10:00~14:00
会場 中原区役所
入場料 無料
ウェブ ●中原区 なかはら福祉健康まつりを開催します!
●パンフレット表面
●パンフレット裏面
主催 なかはら福祉健康まつり実行委員会

■「なかはら福祉健康まつり」の開催内容
ステージイベント(中原区役所5階) ● 手話コーラス(かけはし・なかま)
● なかはらパンジー体操(なかはらパンジー隊)
● 朗読(かざぐるま)
● 表彰式(中原区社会福祉協議会)
● 手話ダンス(川崎市中途失聴・難聴者協会)
● 吹奏楽(西中原中学校)※13:25頃
● 太極拳・100連発グライダー(つきやまサロン)
福祉健康体験ウォークラリー 来場者参加型イベント。福祉、健康に関する体験コーナーを回ってスタンプを集めると、先着順で記念品がもらえます。台紙は区役所入口の総合受付で配布しています。
模擬店 おにぎり、赤飯、ポテトなどの飲食物の販売ほか、パンケーキや菓子、飲み物など多数出店
福祉・健康関連団体の活動紹介 各団体の日頃の活動をパネル・写真・ポスター展示、作品展示(手芸など)、パンフレット、舞台発表等により紹介します。
自主製品販売・バザー バッグ・小物・織物製品など各団体自主製品販売やバザーの実施
各種体験 ●三角巾の使い方
●移送車両試乗
●高齢者・身障者の疑似体験
●手作りおもちゃ無料講習会
●輪投げ、福祉スポーツ
●折紙教室、盆栽の相談
●心理テスト、ボッチャ体験
●手話、朗読、点字 など
福祉・健康情報 ●食生活改善、デイサービス情報、認知症予防活動体験、健康チェック など
●健康、介護保険の相談もお答えします。

■イベントが開催される中原区役所
イベントが開催される中原区役所

今回の「なかはら福祉健康まつり」は、ステージイベントのタイムテーブルは事前に告知されていません。
ただし、昨年の「住吉高校チアリーディング部ランサーズ」に続く今回のゲスト「西中原中学校吹奏楽部」だけは、13:25頃の出演であることがチラシに記載されています。

西中原中学校は、武蔵中原駅近くにある「生徒数日本一の公立中学校」です。
生徒数は約1,400人にのぼり、スポーツ関連の部活動がたいへん盛んなことで有名です。

吹奏楽部は例年、武蔵中原駅前の富士通川崎工場で開催される「富士通フェスティバル 春まつり 川崎」のステージに出演をしています。
武蔵小杉周辺のイベントでは法政二中高や大西学園中高、今井中学校などの吹奏楽部が出演することが多いですから、この機会に聴いてみるのも良いでしょう。
 
■「ボッチャ」紹介動画(NEC)

 
そして今回、ひとつの目玉となるのが、パラリンピック正式種目のスポーツ「ボッチャ」の体験です。

「ボッチャ」は重度脳性まひまたは同程度の四肢重度機能障がい者のために欧州で考案されました。
ジャックボールと呼ばれる白いボールを目標として、赤・青のボールを6球ずつ投げていかに近づけるかを競う頭脳戦です。

ルールの概念としてはカーリングなどに近いかもしれませんが、体に不自由があってボールを投げることができなくても、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加が可能です。
その場合は「ランプ」と呼ばれる勾配器具を使ってボールを転がすことになります。

障がいの内容によるクラス分けを行ったうえで、競技形式としては個人戦・団体戦があります。
より詳細につきましては、関連リンクから一般社団法人日本ボッチャ協会のウェブサイトもご参照ください。

今回の「なかはら福祉健康まつり」では、この「ボッチャ」のほか、移送車両の試乗や高齢者・身障者の疑似体験など、体験型のイベントが多数用意されています。
普段はなかなかできないことですし、本イベントで体験をしてみてはいかがでしょうか。

■ステージイベントで登場する「100連射グライダー」
ステージイベントで登場する「100連射グライダー」

【関連リンク】
一般社団法人日本ボッチャ協会
2013/11/13エントリ 「なかはら福祉健康まつり」が2013年11月16日(土)に「なかはら環境ショーケース」と同時開催
2014/10/31エントリ 中原区役所の秋のイベント「なかはら福祉健康まつり」11月1日(土)開催、「なかはら子ども未来フェスタ」11月8日(土)開催
2016/10/31エントリ 「第20回なかはら福祉健康まつり」が11月5日(土)中原区役所で開催、舞台ゲストは住吉高校チアリーディング部ランサーズ

Comment(0)

2017年
11月16日

法政通り商店街「センプリーチェ」閉店跡地に恵比寿のステーキ専門店「T8 Steak House」が11月20日(月)オープン、メガネスーパー跡地の「ローソン」は12月7日(木)オープンを告知

【Reporter:はつしも】

法政通り商店街の「センプリーチェ」が2017年10月29日(日)をもって閉店し、その跡地に恵比寿のステーキ専門店「T8 Steak House」が11月20日(月)(予定)にオープンすることになりました。

また府中街道沿いの「メガネスーパー」跡地に出店をお伝えした「ローソン小杉町3丁目店」の情報が解禁となり、12月7日(木)オープンとスタッフ募集が告知されました。

■法政通り商店街の旧「センプリーチェ」
法政通り商店街の旧「センプリーチェ」

■「センプリーチェ」の閉店告知
「センプリーチェ」の閉店告知

「センプリーチェ」は、窯焼きピッツァのイタリアンバルとして、2012年2月に法政通り商店街にオープンしました。
2015年7月にはランチ営業をスタートするなど営業を拡張していましたが、オープンから6年近くが経過した2017年10月29日をもって閉店となりました。

■オープン準備中の「T8 Steak House」
オープン準備中の「T8 Steak House」

オープン準備中の「T8 Steak House」

「センプリーチェ」の閉店後、すでに契約が決まっていたようで、すぐに新店舗の内装工事が始まりました。
閉店から1か月足らずの11月20日(月)に、「T8 Steak House」がオープンする予定です。

「T8 Steak House」は、恵比寿に店舗を構えるステーキ専門店です。
ボリューム感がありコストパフォーマンスの良いステーキと、スタイリッシュな店内が特徴です。

オープン前ではありますが、すでに「食べログ」のページが開設されていますので、エントリ末尾の関連リンクをご参照ください。



■「ローソン小杉町3丁目店」がオープンするメガネスーパー跡地
ローソンがオープンするメガネスーパー跡地

一方こちらは、法政通り商店街の「西洋菓子フェリシア」跡地に移転した、「メガネスーパー」の跡地です。
府中街道の中原警察署の隣接地にあるテナントビルの1階にあたります。

この後継店舗が「ローソン」であることは、すでにお伝えしていた通りです。

■「ローソン小杉町3丁目店」のオープン&アルバイト募集告知 ローソン小杉町3丁目店のオープン&アルバイト募集告知

このたびローソンの出店情報が解禁されまして、12月7日(木)オープンと、アルバイトの募集が現地で掲示されました。
時給は960円~1,200円です。

■メガネスーパー時代から移設された出入口
メガネスーパー跡地から移設された出入口

このビルはメガネスーパー時代には交差点の角の部分に出入口があったのですが、ローソンに転換されるにあたって、中原郵便局側に出入口が移設されました。
これは、角の部分では自動ドアが設置できなかったことによるものだそうです。

出入口前は歩道が非常に狭くなっていますので、注意が必要ですね。
また店舗の駐輪場などはありませんので、あらかじめご留意ください。

【関連リンク】
T8 Steak House恵比寿 ウェブサイト
食べログ T8 Steak House武蔵小杉
 
(センプリーチェ関連)
2012/2/14エントリ 法政通り商店街に窯焼きピッツアのイタリアン「Semplice」(センプリーチェ)2012年2月15日(水)オープンへ
2015/7/27エントリ 法政通り商店街・窯焼きピッツァのイタリアンバル「センプリーチェ」がランチ営業を開始

(メガネスーパー関連)
2017/7/17エントリ 法政通り商店街の「西洋菓子フェリシア」跡地に府中街道沿いの「メガネスーパー武蔵小杉店」が8月1日(火)移転決定
2017/9/14エントリ 「西洋菓子フェリシア」跡地の2階にヘアカラー&ヘッドスパのお店「by sheen」が9月15日(金)オープン、1階「メガネスーパー」と上下階で営業
2017/10/24エントリ 府中街道沿いのメガネスーパー跡地に「ローソン」出店、武蔵小杉新駅改札前「川崎信金ATM」が10月25日(水)にニューデイズと同時閉店へ

Comment(4)

2017年
11月15日

府中街道拡幅後の新築ビル「SOARS」「クレスト武蔵小杉Ⅱ」が竣工、「SOARS」2階に洋食ダイニング「さんぐり家」が11月下旬オープン

【Reporter:はつしも】

府中街道沿いの市ノ坪交差点近くに新築ビル「SOARS」と「クレスト武蔵小杉Ⅱ」が竣工しました。両ビルはそれぞれ1階~2階がテナント区画になっています。

そのうち「SOARS」2階に、洋食ダイニング「さんぐり家」が2017年11月下旬にオープンすることがわかりました。

■市ノ坪交差点近くの新築ビル(左「SOARS」右「クレスト武蔵小杉Ⅱ」)
市ノ坪交差点近くの新築ビル(左側が「SOARS」)

府中街道の市ノ坪交差点付近では、従来より拡幅事業が進められて沿道には新しいビルの建設が相次いでいます。
旧リンガーハット跡地は拡幅の代替地として提供されまして、写真の通り商業・住宅複合ビルが2棟建つことになりました。

そのうち先に完成に向かっているのが左側の「SOARS」で、2017/10/9エントリでご紹介をしておりました。
洋食ダイニング「さんぐり家」がオープンするのは、この「SOARS」の2階です。

「さんぐり家」は、その名前にあるサングリアと、ワインが一推しのアルコールになっています。
洋食メニューの詳細はまだわかりませんが、使いやすいお店になると良いと思います。

■「さんぐり家」が2階にオープンする「SOARS」の店舗スペース
「さんぐり家」が2階にオープンする「SOARS」の店舗スペース

■「クレスト武蔵小杉Ⅱ」の店舗スペース
「クレスト武蔵小杉Ⅱ」の店舗スペース

2棟のビルはいずれも、1~2階が店舗スペースになっています。
合計4店舗が出店することになりますので、こちらも気になるところですね。

■向かい側の「PrimaSK武蔵小杉」と2棟の新築ビル
向かいの「PrimaSK武蔵小杉」と2棟の新築ビル

市ノ坪交差点近くでは、2棟の新築ビルの向かい側に、同じく商業・住宅の複合ビル「PrimaSK武蔵小杉」が昨年完成していまして、2階の「3 STARS PANCAKE」が話題を集めています。
府中街道拡幅事業が進捗していく経過で、また沿道の風景も変わってきています。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:その他関連情報 府中街道
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:カフェ 3 STARS PANCAKE
2012/3/1エントリ さよなら、リンガーハット川崎武蔵小杉店
2012/8/11エントリ 府中街道の中華料理店「かんちゃん」閉店、 府中街道拡幅用地の取得進む
2015/5/25エントリ 府中街道拡幅により安いステーキ「エル・アミーゴ」が閉店、50年の歴史に幕
2015/8/24エントリ 武蔵小杉「吉岡時計店」の、3万分の1の 跡。オスの三毛猫「ジロー君」と、「ミケタン」
2016/12/7エントリ 府中街道拡幅区間に残る、「黒焼き」のうなぎ専門店。相撲部屋を移築した「むさし野」
2017/1/6エントリ 市ノ坪交差点付近「Prima SK 武蔵小杉」2階に、ふんわりとろけるパンケーキ専門店「3 STARS PANCAKE」がオープン
2017/1/8エントリ 相撲部屋を移築した「黒焼き」のうなぎ専門店「むさし野」が、府中街道拡幅のため閉店
2017/6/16エントリ 武蔵小杉のふんわりとろけるパンケーキ専門店「3 STARS PANCAKE」続報:「大人のためのチョコレート」「ココナッツハニー」「2種のバナナキャラメリゼ」をご紹介
2017/10/9エントリ 府中街道拡幅・市ノ坪交差点北側の商業・住宅複合ビル建替え2棟のひとつ「SOARS」がお目見え、1~2階が店舗区画に

Comment(0)

2017年
11月14日

南武沿線道路沿いのコインランドリー「洗っていいとも!武蔵小杉店」に「千と千尋の神隠し」の「湯婆婆」が登場

【Reporter:はつしも】

2017/9/23エントリにおいて、小杉町2丁目の南武沿線道路沿いにオープンしたコインランドリー「洗っていいとも!武蔵小杉店」をご紹介しました。

先日、同店の中に人気アニメーション映画「千と千尋の神隠し」に登場するキャラクター「湯婆婆(ゆばーば)」の姿を見かけました。

■「洗っていいとも!武蔵小杉店」
新規オープン「洗っていいとも!武蔵小杉店」

「洗っていいとも!武蔵小杉店」は、南武沿線道路沿いのモスバーガーの向かい側、少し路地に入ったところにあります。
中原街道沿いにある「中原店」と同系列の店舗で、2017年9月にオープンをしていました。

■店内に見えるのは…
店内に見えるのは…

先日、同店の前を通りかかったところ、店内に奇妙な人影が見えました。

これはなんだろうと思って近づいてみると…。

■「湯婆婆」
「湯婆婆」

店内の人影は、冒頭に申しあげた「湯婆婆(ゆばーば)」でした。
頭部が非常に大きいのはデフォルメではなく、もともとのキャラクター造形です。

長い鼻やギョロリとした目玉、皺深い顔など、非常に良くできていますね。

■「湯婆婆」の仮装の説明
「カワサキ・ハロウィン」で使う予定だった衣装

壁面に掲示されていた説明を読むと、これはもともと「カワサキ・ハロウィン」のパレードで着用するために作ったものなのだそうです。
残念ながら雨天のためパレードは中止になってしまいまして、壊す前に「洗っていいとも!」で一時展示するかたちになりました。

SNS掲載、宣伝等歓迎ということです。

なお、同店は当然ではございますが、基本的にコインランドリーご利用の方が入場する施設です。
利用者のご迷惑とならないよう、ご鑑賞くださいね。

「湯婆婆」はたいへん大きく店舗はガラス張りですので、外からでも良く見えます。

【関連リンク】
スタジオジブリ 作品一覧「千と千尋の神隠し」
2009/2/1エントリ 洗っていいとも!中原店
2017/9/23エントリ 小杉町2丁目にコインランドリー「洗っていいとも!武蔵小杉店」がオープン、旺盛な需要を背景に「中原店」に続き店舗拡大

(街で見かけたものシリーズ)
2008/2/15エントリ 武蔵小杉の空に、謎の人影
2008/3/20エントリ 今井上町・サントリーのサントリー
2009/1/16エントリ 小杉駅南部地区A地区にも自転車マナー看板
2009/2/1エントリ 洗っていいとも!中原店
2009/2/13エントリ いつもポケットに、武蔵小杉ライター
2009/5/20エントリ 等々力緑地の竹林で、許されざる・・・
2009/9/30エントリ 今井上町の二宮金次郎、地上に降り立つ
2009/10/11エントリ 「(武蔵)小杉」
2010/5/31エントリ 等々力緑地の猫
2010/6/12エントリ 小杉御殿町の「キックオフ」と「ノーサイド」
2010/6/19エントリ 小杉町3丁目中央地区の生首
2010/7/26エントリ 小杉町3丁目中央地区の生首・その後
2011/1/4エントリ 小杉町3丁目中央地区の生首・さらにその後
2011/4/2エントリ 小杉御殿町の「キックオフ」と「ノーサイド」、その後
2011/5/17エントリ 小杉御殿町の「青いリボン」と「赤いリボン」
2012/8/23エントリ 武蔵小杉の不動産屋さん「帝観ホテル」と、「ビジネスホテル小杉」
2014/4/19エントリ 法政通り商店街に「シャチハタタワー武蔵小杉」が登場
2014/11/21エントリ 下平間のバス停「住宅前」と、「武道館前」

Comment(0)

2017年
11月13日

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店5階の「ノジマ」が11月22日(水)プレオープン・25日(土)グランドオープン決定、22日は武蔵小杉のオープンラッシュに

【Reporter:はつしも】

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店5階の「ノジマ」が、2017年11月22日(水)~24日(金)にプレオープン、25日(土)にグランドオープンすることが決定しました。

同日は上丸子跨線橋脇の「スーパーホテルLohas」、グランツリー武蔵小杉の「じぶんまくら」「オリヒカ(ORIHICA)」「ポロ ラルフローレンチルドレン」などもオープンを予定しており、武蔵小杉がニューオープンラッシュの1日となります。

■「ノジマ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」のオープン告知
「ノジマ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」のオープン告知

武蔵小杉には、かつては駅前のこすぎFROMに「サトームセン」、法政通り商店街に「第一家電」が営業をしていた時期がありましたが、いずれも閉店となりました。

その後神奈川県を地盤とする「ノジマ川崎中原店」が中原区宮内に2014年12月にオープンしたものの、駅前地区においては家電量販店がない状態が続いていたところです。

今回の「イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」は「川崎中原店」に続く中原区内2店舗目で、「サトームセン」の2006年閉店以来、11年ぶりに武蔵小杉駅前地区に家電量販店が復活することになります。

■「ノジマ」開店準備中の5階
「ノジマ」開店準備中の5階

「ノジマ」がオープンするのは、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の5階です。
現在、5階は完全に閉鎖されていまして、フロア全体がノジマとなるようです。

さすがにラゾーナのビックカメラのような大型店の品ぞろえは見込めませんけれども、イトーヨーカドーとしては確保しうる最大の面積を用意したということかと思います。

25日(土)、26日(日)の週末には、多くの方が来店されるのではないでしょうか。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のフロア移動
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のフロア移動

「ノジマ」のオープンにより、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店では各フロア間の売り場の移動が発生しています。

5階にあった寝具・インテリアが3階に、家庭用品・生活雑貨が1階にそれぞれ移転しました。

■介護用品売り場になった旧「ハッピードア」跡地
介護用品売り場になった旧「ハッピードア」跡地

■名産品売り場となった旧「ポッポ」跡地
名産品売り場となった旧「ポッポ」跡地

また、1階の旧「ハッピードア」跡地は介護用品売り場にかわり、ここにあった全国の名産品売り場は、地下1階の旧「ポッポ」跡地に移転しました。

現段階でフードコート的な「ポッポ」の代替店舗は入らず、当座の手当てとしてはこのような形になるようです。

■1階「アンジェリークニューヨーク」跡地
「アンジェリークニューヨーク」跡地

一方1階「アンジェリークニューヨーク」跡地は、まだ空き区画のままになっています。
ここは外部テナントを入れるのに良い場所ですから、今後が期待されるところですね。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店

【関連リンク】
(ノジマ関連)
ノジマ ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:家電量販店 ノジマ川崎中原店
2014/9/30エントリ 11月9日閉店「ライフ宮内店」跡地に家電量販店「ノジマ」が今冬オープン決定
2014/11/2エントリ 「ライフ宮内2丁目店」11月18日(火)オープン、「ノジマ川崎中原店」12月オープンへ
2014/12/7エントリ 中原区に、家電量販店登場。「ノジマ川崎中原店」オープン

(イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店関連)
2017/9/7エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店で続く売り場刷新。1階「アンジェリークニューヨーク」9月17日(日)閉店、地下1階「ポッポ」9月24日(日)閉店決定
2017/9/26エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に「ノジマ」が2017年11月出店決定、11年振りに武蔵小杉駅前に家電量販店が復活

(その他出店関連)
2017/7/27エントリ リッチモンドホテルプレミア武蔵小杉近接「スーパーホテルLohas武蔵小杉駅前」が2017年11月22日グランドオープン決定、天然温泉「徳川・鷹狩の湯」を備え事前予約スタート
2017/11/10エントリ グランツリー武蔵小杉にNY発の「猫」アートブランド「マンハッタナーズ」が12月8日出店決定、11月22日・12月8日の2段階で新店舗一斉オープンへ

Comment(1)

2017年
11月07日

「こすぎコアパークイルミネーション2017」が本日から2月14日まで点灯開始、クリスマス時期にはさらなるシークレット企画を準備中

【Reporter:はつしも】

本日より、「こすぎコアパークイルミネーション2017」がスタートしました。
2018年2月14日までの17:00~24:00に、こすぎコアパークの3本の街路樹に設置されたイルミネーションが点灯します。

なお、本日よりスタートしたのは企画の一部であり、「先行点灯」の位置づけです。
今年のイルミネーションは、クリスマスの時期、12月15日~25日にはさらシークレット企画としてバージョンアップを予定しています。

■「こすぎコアパークイルミネーション2017」
「こすぎコアパークイルミネーション2017」

「こすぎコアパークイルミネーション2017」

「こすぎコアパークイルミネーション」は、昨年初めて実施されまして、今年で2回目を迎える試みです。
NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントと協同組合武蔵小杉商店街によって構成される「コアパーク管理運営協議会」が主催者となり、こすぎコアパークをLEDのイルミネーションで彩っています。

■シャンパンゴールドに輝くイルミネーション
シャンパンゴールドに輝くイルミネーション

先行点灯した本日のイルミネーションは、昨年と大きくは変わりません。
こすぎコアパークの道路側に植えられた3本の街路樹が、シャンパンゴールドに輝いています。

■キューブ型の照明
キューブ型の照明

そして今年は、こちらのキューブ型の照明も設置されていました。

キューブ型の照明には、よく見ると何か模様らしきものが描かれています。

これが実は、クリスマス時期に登場する「バージョンアップ」の予告となっていますが…、詳細はまだシークレットですのでお楽しみに。

■すっきりしたイルミネーションツリーの根本
すっきりしたイルミネーションツリーの根本

今年のイルミネーションツリーは、根元の部分の配線がすっきりしました。
昨年は配線が露出していたものを、今年はあらかじめ改善する計画を立てていたものです。

細かいところですが、このような気配りもイルミネーションの演出には大切かと思います。

■「こすぎコアパークイルミネーション2017」プロジェクトの皆さん
「こすぎコアパークイルミネーション2017」プロジェクトの皆さん 

本日は「こすぎコアパークイルミネーション2017」プロジェクトの皆さんがコアパークに集結して、施工作業をされていました。

前述の通り、今回の企画はまだ先があります。
実行準備中のシークレット企画についても、引き続き活動をされることでしょう。

■昨年の点灯式
昨年の点灯式

なお、昨年はイルミネーションの点灯式が開催され、ふろん君が登場したほか、法政二中・高合唱部のミニコンサートなどが行われましたが、今年は同様のセレモニーは予定されていません。

今日からイルミネーションの点灯が粛々とスタートしています。

■クリスマスモードになった商業施設(グランツリー武蔵小杉)
クリスマスモードになった商業施設

ハロウィンが終わると、商業施設などがいち早くクリスマス仕様にかわります。

「こすぎコアパークイルミネーション」は昨年は12月4日に点灯式が行われましたが、今年はスタートが1か月近く早まりました。
なんとなく、年の瀬が年々早くなってくるような気がいたしますね。

【関連リンク】
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2015/12/19エントリ 「富士通フェスティバル イルミナイト川崎2015」開催レポート
2015/12/23エントリ 「武蔵小杉イルミネーション・オブ・ザ・イヤー」2015年版が描く、世界地図
2015/12/25エントリ 新スポットなど各地をめぐる、武蔵小杉のクリスマス2015
2016/11/1エントリ グランツリー武蔵小杉の、秋の新店攻勢。「ABC-MART MONO」「FANCL」など空き区画6/7が埋まり、本日よりクリスマスツリーが登場
2016/11/24エントリ 武蔵小杉駅前「1stこすぎコアパークイルミネーション」が実施決定、2016年12月4日(日)点灯式に法政二中・高合唱部コンサートを開催2016/12/4エントリ 「1st こすぎコアパークイルミネーション」点灯式がふろん太君参加で本日実施、法政二中・高男女混声合唱部のミニコンサートも開催

Comment(0)

2017年
11月03日

「第2回 小杉てづくり市」開催レポート:手作り品の作家38店とワークショップが盛況に、商店街の抽選会も実施

【Reporter:はつしも】

本日、武蔵小杉駅前通り商店街において「第2回 小杉てづくり市」が開催されました。
好天のもと、多くの方が作家さんの手作り品を楽しまれました。

■武蔵小杉駅前通り商店街の「第2回 小杉てづくり市」
武蔵小杉駅前通り商店街の「第2回小杉てづくり市」

武蔵小杉駅前通り商店街の「小杉てづくり市」

「小杉てづくり市」は、新丸子の雑貨店「Common Life」が発起人となり、武蔵小杉駅前通り商店街が協力する形で実現した武蔵小杉の新しいイベントです。

小物雑貨、陶器、編み物、アクセサリーなど、さまざまな手作り品の作家さんが一堂に会し、物販とワークショップを行いました。

■「rinrinya」の手作り刺繍ブローチ
「rinrinya」の手作り刺繍ブローチ

■「*Star*」のアクセサリー
「*Star*」のアクセサリー

■「atelier h . c duo」のニット・フエルト
「atelier h . c duo」のニット・フエルト 

今回集まった手作り品の作家さんは、38店舗
前回の21店舗を大きく上回りました。

作家さんとふれあいながら、お気に入りの一品を探す地域住民の皆さんがたくさん集まりました。

■「Common Life」のワークショップ「木製カメラづくり」
「Common Life」のワークショップ「木製カメラづくり」

そして今回は、ワークショップも前回の2種から5種に拡大となりました。

そのうち2種は主催者である「Common Life」が提供したもので、ひとつは「木製カメラ作り」です。

これは武蔵中原のDIYワークショップスペース「中原工房」とのコラボ企画で、道南杉で木製カメラのインテリアを作るというものでした。
カメラの裏側は、フォトフレームとしても利用できます。

■「Common Life」のワークショップ「ルー・ガービッジ作り」
「ルー・ガービッジ作り」

そしてもうひとつは、「ルー・ガービッジ作り」です。

国際見本市などで使われたカラフルなカーペットを再利用して、トート型のダストボックスを作るというものでした。

簡単にできて、見た目も良く実用的ですから、人気を集めていました。

■「ルミアベニール」の「ヨーヨーライト作り」
「ヨーヨーライト作り」 

■「ヨーヨーライト」の完成品
「ヨーヨーライト」の完成品

こちらは、手作りあかり教室「ルミアベニール」のワークショップ「ヨーヨーライト作り」です。

最初に好きな絵柄を選んで、紙を貼っていくことでステキなヨーヨーライトができます。

■武蔵小杉駅前通り商店街の抽選会
商店街の抽選会 

「小杉てづくり市」は、「Common Life」と「武蔵小杉駅前通り商店街」の共同開催です。

基本は「Common Life」による手作り市が中心ですが、今回は武蔵小杉駅前通り商店街による新企画として、抽選会が実施されていました。

武蔵小杉の商店街合同サイト「武蔵小杉便利帳」のSNSに「いいね!」をすることで、川崎フロンターレの観戦ペアチケットや商店街商品券が当たるというものです。

抽選は「小杉らぁめん夢番地」の方が担当されていまして、外れても同店のトッピング無料券がもらえました。

■再開発工事で行き止まりとなった商店街
再開発工事で行き止まりとなった商店街
 
現在、武蔵小杉駅前通り商店街では、「小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業」が行われています。

これにより商店街の北部が行き止まりになっていまして、少なからず人通りに影響が出ているようです。

「小杉てづくり市」などの取り組みによって、再開発の途上にあっても商店街に活気をもたらしたいという商店街の願いが背景にあることを、これまでにもお伝えしておりました。

再開発で建物が閉鎖されても、このようなかたちでしたらお店を並べることができますね。

■賑わう武蔵小杉駅前通り商店街
にぎわう武蔵小杉駅前通り商店街

武蔵小杉駅前通り商店街では、12月にはまた「もちつき大会」が開催されるかと思います。

その時にはまた、大変多くの方がイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店前に集まることでしょう。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:家具・雑貨 Common Life
Common Lifeウェブサイト
2015/11/2エントリ 新丸子の雑貨店「Common Life」で、川崎フロンターレ公認のご当地グッズ「川崎ふきん」販売中
2017/1/27エントリ 「新丸子の路地裏マルシェ」1月21日開催レポート:川崎野菜に聖護院大根登場、食材量り売り「バルクフーズ」初参加
2017/6/18エントリ 武蔵小杉駅前通り商店街の「もちつき大会」、「小杉てづくり市」初開催レポート:武蔵小杉に21のハンドメイド作家が集まり大盛況に
2017/11/2エントリ 手作り品の作家38店が武蔵小杉に集結「第2回 小杉てづくり市」が11月3日(金・祝)開催、川崎フロンターレシーズンチケットが当たる抽選会も実施

Comment(0)