武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2010年
05月10日

東急テクノシステム跡地にSUUMO武蔵小杉住宅展示場を建設

hatsushimo.gif

今井上町の東急テクノシステムの工場跡地において、現在「(仮称)
SUUMO武蔵小杉住宅展示場」の建設工事
が行われています。

■東急テクノシステム工場跡地(今井上町)
東急テクノシステム工場跡地

本ブログにおいても、2008/7/6エントリで移転について取り上げ、
2009/2/7エントリでは更地になってから中原消防署の訓練に利用
される様子などもご紹介しました。
その後リクルートの住宅展示場として運用されることが決まり、
建設工事が進められているものです。

ただし、この用地は現在も東急テクノシステムが保有しており、
リクルートに売却されたわけではありません。
リクルートは企画運営者として参画するかたちで、さらに実際の
プロジェクト運営は、住宅展示場の企画・運営の専門会社である
エイトノットアンドカンパニーが担っています。

■リクルート SUUMO 公式ウェブサイト
http://suumo.jp/
■エイトノットアンドカンパニー 公式ウェブサイト
http://www.eightknot.com/index.html

■SUUMO武蔵小杉住宅展示場工事現場
SUUMO武蔵小杉住宅展示場工事現場

現在、住宅展示場内の住宅建設用地と来客者通路の枠組みが作ら
れているところですが、敷地内をぐるりと回る歩道の左右に、モデル
ハウスが16棟ほど配置
されるようです。
オープンは2010年9月を予定していますので、モデルハウスの建設
は短期間であっさり終わってしまうのですね。

なお、住宅展示場としての運用は一時的なもので、運用期間は
約5年半、2016年2月頃までという前提
になっています。土地を保
有する東急テクノシステムとリクルートの間の契約がそのように
なっているのでしょうが、それ以降はまた何らかの土地利用がなさ
れるものと思います。

■東急テクノシステムの門
東急テクノシステムの門

東急テクノシステムは敷地内に一部工場施設を残存させており、
上記写真の手前、敷地の4分の1ほどはまだ稼動しています。住宅
展示場の敷地とはフェンスで仕切られていますが、この残存施設も
2016年かどこかの段階で完全移転になるような気がします。

今回のSUUMO武蔵小杉住宅展示場、戸建て住宅の新築を検討さ
れる方以外にはあまり関わりのない施設かもしれませんが、それなり
に大規模な敷地となりますし、南武線からもよく目に留まりそうです。
オープン以降、多少遠方からでも車で来場される方がいらっしゃる
のではないでしょうか。

【関連リンク】
東急テクノシステム 公式ウェブサイト
2008/7/6エントリ 今井上町の東急テクノシステムが移転
2009/2/7エントリ 東急テクノシステム跡地の消防車

Comment(0)