武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2011年
01月27日

(仮称)中丸子移管公園の工事着工と整備費用

hatsushimo.gif

UR都市機構が中丸子地区に整備を行う「(仮称)中丸子移管公園」
の工事が着工
になりました。

■(仮称)中丸子移管公園の外観
(仮称)中丸子移管公園の外観

■(仮称)中丸子移管公園の工事告知
(仮称)中丸子移管公園の工事告知

現在、中丸子移管公園となる三角地帯がシートで覆われ、工事が
始まっています。
工事の告知を参照すると、前回エントリ時点と変わらず2011年2月
25日までが工事期間
となっていました。告知では顔写真入りで
各施工業者の担当者・連絡先が記載されていまして、小規模な
工事ながら公園を作るとなると土木から造園までたくさんの人が
関与
するのだな、ということがわかりました。

ちなみに、この工事は都市再生機構から関東緑地土木株式会社に
1,113万円で発注(実施設計は別途、約110万円)
されています。
これだけ小規模であっても1千万円以上の工事費用がかかって
います。
それから考えると中丸子まるっこ公園ではかなりの整備費用が
投入されたのでしょうし、等々力緑地や中原平和公園などのクラス
になると、「億」という単位
になってくるものと思います。

公園整備と簡単に言っても、維持コストもかかってくるわけですし、
新設のための工事費用も踏まえると、川崎市としてはそう簡単には
新設はできない
わけです。

■(仮称)中丸子移管公園の工事
(仮称)中丸子移管公園の工事

(仮称)中丸子移管公園の工事

中丸子移管公園の敷地内を見ると、重機が入って土を運んでいたり、
隣の敷地のフェンス沿いには植栽スペースのようなものが作られて
いたりします。
設備としては、ベンチなどはできそうですが、遊具などはスペースの
限界もあるでしょうね。小規模な公園ですと、スプリング遊具が
設置されるケースが多いですが・・・。

告知通りですと完成までは1ヶ月あまりということで、今後工事進捗
を見守っていきたいと思います。

■(仮称)中丸子移管公園の整備予定地マップ
(仮称)中丸子移管公園の整備予定地マップ

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:中丸子地区 B地区
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園 中丸子まるっこ公園
2007/12/16エントリ 中丸子まるっこ公園 12月26日オープン
2008/1/6エントリ 中丸子まるっこ公園オープン
2010/12/22エントリ 都市再生機構が中丸子地区に公園を新設

Comment(2)