武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2011年
02月18日

(仮称)中丸子移管公園の正式名称が「中丸子まちかど公園」に

hatsushimo.gif

中丸子地区の(仮称)中丸子移管公園の工事が完了し、「中丸子
まちかど公園」
という正式名称が現地に掲示されました。

■「中丸子まちかど公園」と設置された看板
「中丸子まちかど公園」と設置された看板

「中丸子まちかど公園」の看板

看板を参照すると、正式名称のほか、面積は248㎡であること、
竣工は2011年3月であることがわかります。現状でもほぼ完成
しているように見えますが、敷地はフェンスで覆われています。
所定の安全検査などがあるのかもしれませんね。

■保護シートに包まれた健康器具
保護シートに包まれた健康器具

2011/2/9エントリで写真を掲載した健康器具は保護シートに包ま
れた状態で、供用開始の日を待っています。

■公園と歩道の境界
公園と歩道の境界

公園と歩道の境界は車止めがある程度で、シームレスに一体化して
います。歩道がこの部分だけ拡張されて広場になったような印象
です。

■野村不動産武蔵小杉ビルの公開空地と歩道
野村不動産武蔵小杉ビルの公開空地と歩道

そういえば、野村不動産武蔵小杉ビル前の歩道も、ビルの公開空地
と一体化
することによって広くなっています。写真中央の排水溝から
左側が歩道、右側がビルの公開空地なのですが、実際には区別が
ないようなものですね。

公園は敷地がきっちり区切られたものが多いですけれども、「中丸子
まちかど公園」の場合は面積も狭いですし、閉塞感が出ないように
歩道と一体化させて開放感を出すのが確かに良いかもしれません。

■円形のベンチ
公園と歩道の境界

さて、もう一度「中丸子まちかど公園」に戻りますと、木の周りに
円形のベンチが設置されていました。
これはあまり座り心地が良いタイプではありませんが、長時間の
居座りや寝そべりを防止
するため、あえてそのようなつくりになって
いるものでしょう。

おそらくこれで、公園の設備としては一通り出揃ったことになるの
ではないかと思います。正式名称も決まって、あとはオープンを
待つのみとなりましたね。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園 中丸子まるっこ公園
2007/12/16エントリ 中丸子まるっこ公園 12月26日オープン
2008/1/6エントリ 中丸子まるっこ公園オープン
2010/12/22エントリ 都市再生機構が中丸子地区に公園を新設
2011/1/27エントリ (仮称)中丸子移管公園の工事着工と整備費用
2011/1/31エントリ (仮称)中丸子移管公園に健康器具2点を設置
2011/2/9エントリ (仮称)中丸子まちかど公園の健康器具

Comment(4)