武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2011年
04月20日

東急バス川崎営業所跡地に7階建てマンション建設

hatsushimo.gif

2011/11/17エントリで取り上げた東急バス川崎営業所の跡地に、
コスモスイニシアと阪急不動産の7階建てマンションが建設
される
ことになりました。

■東急バス川崎営業所跡地の計画概要
○事業の名称:(仮称)小杉御殿町共同住宅建設工事
○事業区域の面積:2,307.41㎡
○建築面積:1,441.33㎡
○延床面積:6,102.23㎡
○事業の内容:共同住宅
○建築物の概要:高さ19.97m、地上7階
○戸数:74戸
○事業者:コスモスイニシア、阪急不動産

■東急バス川崎営業所跡地(府中街道側から)
東急バス川崎営業所跡地(府中街道側から)

東急バス川崎営業所は、2010年9月30日をもって廃止され、停留所
の名称が「小杉折返所」
に変更されたほか、前回エントリの時点でも
すでに解体工事が行われていました。その後工事が完了し、現在
では更地の状態
になっています。

今回の開発にあたっては、東急バスだから東急不動産・・・という
わけではなく、開発事業者はコスモスイニシアと阪急不動産のジョ
イント案件
になりました。

■東急バス川崎営業所跡地(大師道から)
東急バス川崎営業所跡地(大師道から)

この用地はバスが通っている府中街道と、裏側の大師道2011/2/
11エントリ
参照)に挟まれる形になっています。

敷地面積は2,307.41㎡と広めですが、この一帯では府中街道沿い
の歩道が整備されていない状況
です。府中街道は拡幅を予定して
いますが、この区間だけでも歩道状空地を設けるなどして、少し
安心して通行できるような形
になると良いですね。

今のところまだ事業計画の公示は現地に掲示されておらず
具体的なスケジュールはわかりませんが、遠からずあきらかに
なるものと思います。

■東急バス川崎営業所跡地 マップ
東急バス川崎営業所跡地 マップ

【関連リンク】
2010/11/17エントリ 東急バス川崎営業所の閉鎖と取り壊し工事
2011/2/11エントリ 川崎歴史ガイド・中原街道ルート(11):「庚申塔
と大師道」

Comment(0)