武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2007年
10月10日

横須賀線武蔵小杉駅工事の進捗

hatsushimo.gif

2010年3月の開業を目標に、横須賀線武蔵小杉駅の工事が進められています。
今回はその進捗を見てみたいと思います。

まずは工事手順を確認しますと・・・。
横須賀線武蔵小杉駅は、島式ホーム(上り線と下り線の間にホームを設置する
方式)です。そのため、現在近接している上り線と下り線の間隔を広げる必要が
あります。

横須賀線の西側は新幹線の線路がありますので、広げるとなると東側(NEC側)
しかありません。そこで、下図のような手順で武蔵小杉新駅を建設することと
なります。

①東側に高架橋を新設して下り線を移設


横須賀線武蔵小杉駅工事図面①
                    

②下り線を移設してできたスペースにホーム・駅舎を建設
横須賀線武蔵小杉駅工事図面②
・・・ということで、現在の工事の進捗ですが、普通に武蔵小杉で生活をしている
範囲ではあまり見えません。横須賀線武蔵小杉駅予定地の北端、南武線との
交点付近で工事の状況を確認することができます。
(下記のマップをご参照ください)

横須賀線武蔵小杉駅工事撮影ポイント


上記マップの撮影ポイントから南を見ると、横須賀線の東側に高架橋を新設して
いるのが確認できます。ここに下り線を移設するわけです。高架橋の新設を行って
いるのはNEC玉川事業場の敷地であり、NECの用地提供によりこの工事が可能と
なっています。

横須賀線武蔵小杉駅工事

写真奥にはNEC玉川ルネッサンスシティ、レジデンス・ザ・武蔵小杉、リエトコート
武蔵小杉イーストタワーも写っていますね。
横須賀線の東側は前述の通りNECの広大な敷地になっており、NEC関係者以外は
立ち入りできないため、横須賀線武蔵小杉駅の工事を見られるのは地上ではこの
ポイントくらいでしょうか。

地上でなければ、レジデンス・ザ・武蔵小杉の上層からであれば見えそうですね。

横須賀線武蔵小杉駅の工事の詳細に関しては、武蔵小杉ライフに工事説明会資料を
PDF掲載しておりますので【関連リンク】をご参照ください。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅東部地区 横須賀線武蔵小杉駅

Comment(1)