武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2007年
06月14日

中原区の駐車監視員制度

hatsushimo.gif

タウンニュース中原版の記事から。
改正道路交通法に伴い、昨年6月から民間による駐車監視員制度が始まって
1年経過しました。タウンニュースが中原警察署に区内の取り締まり状況の変化を
取材をした記事のようです。
記事の内容をまとめると・・・

■違法駐車取り締まり件数の変化
2005年6月~2006年5月:約  5,000件
2006年6月~2007年5月:約11,000件(内訳 民間監視員3,500件 警察官7,500件)

改正道路交通法施行後、2006年7月から土・日、夜間も定期的に取り締まりを行うなどの
強化もあり、件数増加につながったようです。中原署交通課としては、区民からの苦情が
以前より減少したとのコメントを出しています。
なお、さらに重点取締り地区を一部拡大するそうで、一層検挙を強化していくようですね。

重点取締り地区ってどこなんだろうと思って調べると、神奈川県警のウェブサイトに
掲載されていました。県警によって指定されている中原区内の重点取締り地区は
以下の通りです。

 最重要路線:南武沿線道路
 重要路線  :綱島街道、中原街道
 最重点地域:武蔵小杉駅周辺、新丸子駅周辺
 重点地域  :武蔵新城駅周辺、武蔵中原駅周辺、元住吉駅周辺

まあ順当なところですね。幹線道路だと府中街道が含まれていませんが、道路も歩道も
狭くて違法駐車の余地もあまりないからでしょうか?
再開発によって武蔵小杉駅周辺の道路は整備されますが、中原区全体的には道路整備が
まだまだ必要な現状です。それでも違法駐車がなくなればだいぶ違うでしょうから、
ドライバーの皆様には法令を順守して運転していただきたいですね。

【関連リンク】
タウンニュース中原版 駐車監視員制度 検挙数増も取締り一層強化
神奈川県警 駐車監視員活動ガイドラインマップ

Comment(0)