武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2007年
06月28日

おきまどわせる、自転車のこと

tsugomoli.gif

過日、中原区のホームページを見ていた夫が「知ってた? 中原区の
イメージソングがあるんだって」いうので、どれどれ、と見てみました。
それは「この街のどこが好き? なかはらの歌」というもの。

詞によると…「この街のどこが好き?」「それは、どこにでも自転車で
行けること」。
なるほど、確かに中原区は平地が多いので、自転車で移動しやすいの
が利点です。渋川ぞいにゆったり走らせれば元住吉、南武沿線道路ぞいに
いけば武蔵中原、武蔵新城と、坂もなくフラットな場所を行けます。
いつも後ろの席に、10ウンキロの重り(子ども)を乗せて走る私としては、
とてもありがたいのです。

主婦になって思いました。やっぱり、自転車は便利。以前は、通勤だけなら
歩きでもいいと思っていたのですが、子どもを抱えての移動は、自転車が
重宝します。何より、自転車で行動範囲が広くなり、フットワークが軽くなりました。

そこで思うことは、やはり、駐輪場はとても大切だということです。
自転車で買い物に行くときは、やはり、ちゃんと駐輪場のある場所でないと
行けません。武蔵小杉なら、ヨーカドー(でも駐輪が厳しい時間帯もある)。
新丸子なら、東急ストア。武蔵中原ならマルエツ。あとは井田三舞町にある
コープかながわ。そんな感じになります。元住吉は、ちょっと停める場所がなくて
敬遠してしまいます。いろいろ見られたら、楽しい街だと思うのですが。

イトーヨーカドー武蔵小杉店         新丸子東急ストア
イトーヨーカドー 新丸子東急ストア
コープかながわ
コープかながわ

身近なところでは、マンションの駐輪場という問題もあります。
マンションの自転車置き場は、各世帯に1台+αというのが基本だと
思うのですが、やっぱり、子どもが大きくなると1台では厳しい。

また、来客用駐輪場も必要だと思いました。学校の友達が遊びに来たり、
幼稚園のお母さんが、子どもといっしょに遊びに来たり…。そんな自転車の
一時置き場、マンションには必要ですよね。これがないと、漫然とマンションの
周囲に停めておいたりして、通行の邪魔になったり、美観を損ねます。

武蔵小杉の駅周辺も、放置自転車が多く、交通の邪魔になっています。
再開発では、変電所跡地の地下に駐輪場ができる予定とのこと。
自転車は便利な道具です。だからこそ、マナーを守って運転して、
迷惑にならない場所に停める。そのためには、自転車を停められる場所を
作っておく。それが必要なのではないかなと思います。

自転車の置き場所、ほんと、探しちゃうんですよね…。

武蔵小杉駅駐輪場
武蔵小杉駅駐輪場 武蔵小杉駅駐輪場

【関連リンク】
中原区 なかはらの歌
武蔵小杉ライフ:生活情報:駐輪場
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:スーパーマーケット

Comment(0)