武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2007年
06月30日

武蔵小杉再開発:今週の「どうなる小杉」vol.15

hatsushimo.gif

タウンニュース中原版、今週の「どうなる小杉」は武蔵小杉の地価変動に
ついてでした。はたして、武蔵小杉の再開発が地価に影響を与えて
いるのでしょうか?記事の概要は以下の通りです。

・毎年1月に行われる地価公示、7月に行われる地価調査によると、ここ数年
中原区の地価変動率がアップしている
・中でも武蔵小杉の住宅地価は市内上位にランクイン
・2006年7月の調査結果では「小杉御殿町2-144-1」が1㎡当たり
330,000円で市内トップ(2年連続)
・2007年1月の地価公示では川崎市内上位10位中、6地点が中原区、
うち3地点が武蔵小杉地区が占めた
・地価上昇に関し、川崎市まちづくり局は武蔵小杉の再開発が要因となって
中原区全体の地価上昇を牽引していると分析

最後はまちづくり局の分析というかコメントですので、専門的な根拠が
あってのものはないでしょうが、まあ、再開発が地価上昇の要因と
考えるのが普通でしょう。

地価が上昇すると当然マンションにしろ戸建にしろ土地の仕入れ価格が
上昇しますので、坪単価の上昇につながります。
再開発により知名度がアップし武蔵小杉のバリューが高まっていることもあり、
駅周辺のマンションの坪単価も、地価上昇以上にどんどん強気になっている
状況です。

より広範に日本全体を見ると地価は落ち着いていますが、武蔵小杉に
関してはまだ上昇が続きそうですね。

武蔵小杉再開発・中丸子地区(THE KOSUGI TOWER)
武蔵小杉再開発・中丸子地区

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:再開発マップ・日程
川崎市の地価情報
YOMIURI ONLINE 住宅需要拡大がけん引 基準地価

Comment(0)