武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2009年
01月08日

関東労災病院の新棟

hatsushimo.gif

府中街道沿いの元住吉寄り、中原平和公園の向かい側に関東労災
病院
があります。大規模総合病院として、中原区の医療をささえて
いるもので、2004年に新棟本館が竣工、2007年には外来棟も新棟
に移転しています。

今回は、その新棟を少し見てみたいと思います。

■関東労災病院(リエトコート武蔵小杉から)
関東労災病院

この病院の沿革は1953年にさかのぼり、京浜重化学工業地帯に
おける労働災害対策と地域医療の充実
を図るため、神奈川県と
川崎市が誘致運動を行ったことに始まります。

これを受けて労働省(現在の厚生労働省)が翌年、関東地区の中核
病院として関東労災病院を設置することとしたもので、東京急行電鉄
の用地提供などにより1950年代~60年代にかけて順次各診療科が
開設され、現在に至ります。

■メインエントランス
メインエントランス

新しいメインエントランスです。後ろに新病棟が見え、最上部に「関東
労災病院」の緑色の文字が見えます。

■受付窓口
受付窓口

エントランスから入ると、右手に受付窓口があります。ここで医療費の
精算などができます。椅子もたくさんありますね。

■川崎信用金庫出張所
川崎信用金庫出張所

お金の精算を行うため、近くには川崎信用金庫の出張所が設置され
ています。関東労災病院は駅からは離れているため、銀行のATM
などは周辺にはありません。あらかじめおろしておくのが良いと思い
ます。

■ドトールコーヒーショップ 関東労災病院店
ドトールコーヒーショップ 関東労災病院店

病院は待つことも多いですから、ドトールコーヒーショップも設置され
ています。平日は7:30~18:00、土日祝は10:00~18:00まで営業
しています。メニューは普通のドトールと変わりません。

このほか、レストランや床屋さん、売店なども営業していまして、長期
の入院やお見舞い客の来訪などにも対応できるようになっています。

怪我や病気ではあまりお世話になりたくありませんが、関東労災病院
分娩のできる貴重な病院です。昨今、日本全体では分娩のできる
病院がどんどん減ってしまっていて、出産をするのも大変というような
話を耳にします。
中原区の大きな病院でも、聖マリアンナ医科大学東横病院は、建替
えに伴って消化器・循環器・脳血管に特化するなどして産科がなくな
りました。

全国的な産科医不足もメディア等で報じられていますが、産科は訴訟
が多い診療科といわれ、産科医はリスクが高い、と医学生に回避され
るというような要因もあるようです。

さて、そんな社会環境下、関東労災病院でも早めの分娩予約は必要
ですが、個室で眺めのよいきれいな病室が新棟に用意されており、
環境は比較的よいのではないかと思います。

関東労災病院での出産については、下記エントリもご参照ください。

2009/5/25エントリ 武蔵小杉で出産する:関東労災病院(前編)
2009/5/26エントリ 武蔵小杉で出産する:関東労災病院(後編)

産科に限りませんが、中原区の人口も今後長期にわたって増加して
いきますし、関東労災病院には今後も総合病院として地域医療を支え
てくれることを期待したいと思います。

【関連リンク】
関東労災病院 公式ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:生活情報:病院

Comment(1)