武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2009年
05月10日

川崎市の定額給付金申請書類

hatsushimo.gif

川崎市の定額給付金の申請書類は、もう皆さんのお手元に届いて
いるかと思います。封筒の表面に点字が印字されていましたね。

■川崎市の定額給付金申請書類の封筒
川崎市の定額給付金申請書類の封筒

この点字は、「ていがく きゅーふきん しんせいしょ」と書いてあった
ものです。封筒の中身が点字であるわけではないので、いずれに
せよ晴眼者が代読したり代理記入したりする必要があるのですが、
まずは封筒の内容を認識しやすくし、取り紛れたりしにくくすることが
目的でしょうか。

私も先日申請書類に記入をして郵送しておきました。が・・・、

■3つ折申請書が返信用封筒にそのまま入らない
3つ折申請書が返信用封筒にそのまま入らない

元々3つ折になっている申請書を、同封の返信用封筒に入れようと
すると、サイズが合っておらず、入れられません。
・・・仕方が無いので、小さく折り直して入れることになりました。

これ、川崎市で数十万通は印刷して送っていると思うのですが、
書類と封筒のサイズを確認していないのでしょうか。

私が疑問に思ったのは、封筒に点字が印字されているかどうかより
も、この用紙がスッと入らないことの方がどれだけ視覚障碍者の方
を困惑させるのか?
 ということです。
健常者にとってはただのひと手間でも、例えば視覚障碍者の方が
代筆してしてもらったものを自分で入れようとした時に、サイズが
合わないことを認識して、折り直して入れることは大きなストレスに
なるでしょう。

そこまで考えなくても・・・ということであれば、封筒に点字が印字され
ているのが滑稽な話で、実質的なバリアフリーになっていない「ただの
ポーズ」でしかないのでは、と言わざるを得ないところです。

なお、このサイズが合わないのは川崎市だけでなく、全国各地で
発生している事象のようです。点字は川崎市のオリジナルのようで
すね。
全国で数千万人の方が折り直して郵送しているかと思うと、ちょっと
冗談のような可笑しさを感じてしまいました。

■定額給付金書類同封「かわさき名産品」一覧
定額給付金書類同封「かわさき名産品」一覧

ところで、2009/5/4エントリでも取り上げましたが、封筒には「かわ
さき名産品」一覧
が同封されていましたね。定額給付金の用途、と
いうわけではありませんが、いくつか試しに買ってみようかな、と思い
ます。

【関連リンク】
2008/5/22エントリ パラリンピック代表決定、武蔵小杉ライフのベースにあるもの
2008/11/26エントリ 「太郎の夢」菓心桔梗屋バージョン
2009/2/21エントリ 「太郎の夢」泉心庵バージョン
2009/5/4エントリ 「太郎の夢」おかふじバージョン

Comment(2)