武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2009年
10月31日

武蔵小杉を練り歩く子ども仮装行列

karejishi.gif

再開発地区にあるNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントでは
「こすぎこども探検隊」というイベントをやっています。

■NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント こすぎこども探検隊
http://musashikosugi.or.jp/category_2/item_19.html

毎月一回有志のボランティアの協力を得ながら、ザリガニを釣りに
行ったり、じゃがいもを掘りにいったりしています。
このこども探検隊の10月度特別イベントとして、ハロウィン仮装行列
が催されましたので、今回はこれをレポートしてみたいと思います。

ハロウィンといえば10月の終わりに行われるイベントで、一般的な
イメージとしてはカボチャをくりぬいたお化けが有名でしょうか?
子供達がお化けに扮して各家を回り、「トリック オア トリート」
(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞといった意味)
の合言葉を
かけてお菓子をもらうというものです。

しかし各地で開催されるイベントをみていると、お化けや魔女に扮し
ている子供達ばかりではなく、お姫様や、ヒーロー戦隊もの、電車
などの乗り物系などなんでもあり
の、いわゆる仮装パーティーと
なっている場合も多く見受けられます。
まあ子供達にとっては普段と異なる好きな格好でお菓子がもらえれ
ばうれしいのだとは思いますが。

さて、お菓子をもらうためにはご近所の家を訪ねてチャイムを鳴ら
さなければなりません。しかし再開発地区においては高層マンション
という特性から知り合いの家になかなか行きにくいばかりでなく、
セキュリティの関係で入ることさえままならない
場合があります。

そこで今回は、それぞれのマンションを一つの「家」とみたててそれを
みんなで回る
、という趣向で行われました。

■ハロウィン仮装行列 当日ルートマップ
ハロウィン仮装行列 当日ルートマップ

各マンションではそれぞれの住民のご協力者のみなさんがお菓子を
手に配るのを待っています。そこに子供達が訪ねてくる、といったわけ
ですね。

なおこのイベントはNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントが主催
するものですが、NPO法人の会員のマンション以外の地域の子ども
達の参加も可能
とのことでした。
あまり公に募集はしていなかったようですが、口コミでお友達に誘わ
れて参加した地域の子供達もいたようです。

さてスタートはレジデンス・ザ・武蔵小杉前の、現在は休業中のスー
パー・デリド武蔵小杉店の前に集合です。
それぞれ、思いおもいの仮装に扮して集合した子供達、楽しそうです
ね。そしてグループに分かれて行進を始めます。

■出発前
出発前

まず最初に訪れたのは、レジデンス・ザ・武蔵小杉でした。
ロビーを抜ける各所にマンションの住人のご協力者の方々がお菓子
をもって待ち構えている
という、ちょっと趣向を凝らしたお出迎えでした。

■レジデンス・ザ・武蔵小杉
レジデンス・ザ・武蔵小杉

次に向かったのはパークシティー武蔵小杉ステーションフォレスト
タワー
です。綱島街道を渡り、冒険の森(公開空地)を抜けて、
サブエントランス前でみなさんお待ちかね。

■パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー
パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー

お次はパークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーです。
ここではなんと住民のみなさんが全身動物の着ぐるみの仮装で
お菓子を配ってくれました。
みなさん凝ってますね^^

■パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー
パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー

綱島街道を渡って引き返しその次に向かった先はTHE KOSUGI
TOWER(ザ・コスギタワー)
です。途中思いのほかお菓子でふくれた
袋をみて嬉しそうな子供達。「もうはいらないよ」の声も^^;

■再開発地区を歩行中
再開発地区を歩行中

さてコスギタワーでは入り口をくぐると大きなハロウィンの飾り付けで
お出迎え
です。

■THE KOSUGI TOWER
ザ・コスギタワー

さらに魔女に扮した住民の方が手招きで子供達を誘導します。
気合が入っていますね^^小さな子供は本気で怖がっていました。

■THE KOSUGI TOWERの「魔女」
コスギタワーの魔女

最後に子供達が訪れたのはこの地区では一番最後に仲間入りした
リエトコート武蔵小杉ザ・クラッシィタワーです。お菓子を配ってくれ
たのは管理会社のみなさんのようですね。

■リエトコート武蔵小杉ザ・クラッシィタワー
リエトコート武蔵小杉ザ・クラッシィタワー

そして最後はNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの事務所(リエ
トプラザ)
に戻ってゴールです。ここでも最後のお菓子をもらいました。

■ゴール前
ゴール前

所要時間は約1時間、子供達の足ではちょっと大変だったかも知れ
ませんが、お菓子をもらえるとあっては疲れなど全くみられません
でした。むしろ「これでもう終わり?」という声も^^
終了後はリエトプラザにてもらったお菓子を見せ合ったり記念写真を
撮ったりしていました。

■リエトプラザにて
リエトプラザにて

袋に一杯の「戦利品」を見せ合い喜ぶ子ども達は笑顔満面でした。

■子どもたちの戦利品
子どもたちの戦利品

さて今回は再開発地区の全てのマンションを回ったわけではなかっ
たのですが、おそらくそれぞれの事情があったのでしょう。

再開発地区の各マンションは新しい地区ということで現在既存の
町内会には属しておらず
、NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント
がその補完的な役割を果たしています。こども探検隊もいわゆる
子ども会のようなもの
でしょうか。
しかしなにぶんまだ歴史が浅いため初めての試みが多く、今回の
ハロウィンイベントも手探りで始めたようでした。

今回のイベントは当然ながら訪問する先の各マンション住民の
みなさんの協力がないと成り立ちません。その意味でも面白い
企画だったのではないかと思いました。
今後もこのような地域と協力したイベントが広がっていくとよい
ですね。

■集合写真
集合写真

イベントを企画したNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの
スタッフのみなさん
レジデンス・ザ・武蔵小杉コミュニティ委員会
みなさん。そして視察に訪れた阿部川崎市長徳安神奈川県議会
議員


なおNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントによると、当日スタート
前に撮影した集合写真を参加者のみなさん全員にお配りする予定
だったが、印刷が間に合わなかったため渡せなかった
とのことでした。
ご希望の方は後日エリマネの事務所をご訪問頂き何班だったかを
教えてもらえればお渡しする
とのことでした。
機会があれば訪れてみてください。

■NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント
リエトコート武蔵小杉 リエトプラザⅠ
電話 : 044-433-9180
平日 10時~17時
事務局休日:土・日・第2木曜日
(ただし、第4土曜日はパパママパーク開催のため午前中は開けています)

【関連リンク】
NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント 公式ウェブサイト
2007/10/28エントリ 法政二高祭とハロウィンの週末
2008/8/23エントリ 「こすぎ夏フェスタ'08」成功
2008/9/21エントリ ハロウィンのフェリシアで、勇気があるなら
2008/9/27エントリ なかはらオープンカフェ、リエトコートで開催
2008/9/28エントリ なかはらオープンカフェ2日目
2008/10/10エントリ ハロウィンの64Cafe+Ranaiと「カフェ代官山」
2009/7/19エントリ 「第5回なかはらっぱ祭り」「第1回こすぎフリーマーケット」
開催レポート

Comment(2)