武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2020年
04月20日

神奈川県が県内12地点の人口流動分析データを発表・更新、ブレーメン通り商店街では緊急事態宣言後に人出が増加

【Reporter:はつしも】

神奈川県が、新型コロナウイルス対策としての「外出自粛要請後」の人口流動分析データを発表しています。

横浜駅、川崎駅、相模大野駅、横須賀中央駅など県内の主要駅周辺においては、感染被害発生前や緊急事態宣言前に比べて大幅な人口減がみられました。

一方、元住吉のブレーメン通り商店街、湘南の鵠沼海岸においては逆に人口が増加していることがわかりました。

■神奈川県が発表した人口流動分析データ(4月17日(金)15時時点と各時点の比較)
①前日:4月16日(木)15時時点
②緊急事態宣言前:4月7日(火)15時時点
③感染被害発生以前:1月18日(土)~2月14日(金)の4週間の平日・休日の平均
モニタリング地点 ①前日比 ②緊急事態宣言前比 ③感染拡大前比
鵠沼海岸駅周辺 +28.8% +24.2% +84.7%
鎌倉駅周辺 ▲0.9% ▲11.6% ▲37.7%
箱根湯本周辺 ▲10.7% ▲26.5% ▲45.4%
横浜駅周辺 ▲25.7% ▲63.5% ▲77.5%
川崎駅周辺 ▲29.1% ▲55.9% ▲68.1%
藤沢駅周辺 +1.8% ▲18.4% ▲32.9%
小田原駅周辺 ▲2.1% ▲21.2% ▲30.5%
相模大野駅周辺 ▲2.9% ▲21.9% ▲32.9%
海老名駅周辺 ▲0.7% ▲18.6% ▲33.0%
横須賀中央駅周辺 ▲5.0% ▲23.4% ▲34.3%
松原商店街周辺 ▲0.2% +3.6% +4.2%
ブレーメン商店街周辺 +0.1% +11.6% +22.4%

※神奈川県発表資料より
※横浜駅周辺及び川崎駅周辺は4月18日(土)時点のデータを使用


このデータは、株式会社ドコモ・インサイトマーケティングの「モバイル空間統計」によるもので、携帯電話ネットワークのビッグデータを活用しています。

2020年1月18日~2月14日の4週間の平日・休日の平均を「感染拡大前」、4月6日(月)~7日(火)を「緊急事態宣言前」のデータとし、「緊急事態宣言後」の直近日(今回記事化は4月16日(木)のデータ)と比較を行っています。

ブレーメン通り商店街では、4月16日(木)のデータが、「緊急事態宣言前」よりも11.6%増、「感染拡大前」より22.4%増と大きく増加する結果になっています。

確かに緊急事態宣言後、「ブレーメン通り商店街が賑わっている」という証言を本サイトでもSNS等で複数見かけました。
それらの個々人の体感が、データで裏付けられた形です。

なお、上記データは神奈川県が更新しており、本日4月20日付で4月19日データをもとにした比較が発表されています。
ブレーメン通り商店街で増加がみられる点では共通ですが、4月17日データの方が比較対象が「平日」で揃っているため、こちらを掲載いたしました。

■ブレーメン通り商店街青年部twitter




こうした現状を受けて、ブレーメン通り商店街青年部twitterでは、非常に強いトーンで注意喚起のメッセージを発信しています。
ここまで強いメッセージは、商店街自身からでないとなかなか出せませんね。

■賑わうブレーメン通り商店街(※過去の参考写真です。直近のものではありません)
フライマルクトのにぎわい  

ブレーメン通り商店街は、首都圏でも屈指の「賑わう商店街」として知られています。

新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言の発令により、武蔵小杉等周辺の大型商業施設が食品スーパー部門や日用品などを除いて休業となりました。
また日吉東急Avenueは食品スーパー部門で感染者が発生したことにより、全館が長期休業になっています。

もとより利便性の高い商店街に、周辺地域の買い物ニーズが集中したことや、リモートワークの拡大により平日の昼間人口が増加したことなどが背景にあるかもしれません。

ブレーメン通り商店街ほどではありませんが、「松原商店街」(横浜市)も増加しています。

他の地域では「鵠沼海岸周辺」が大幅に増加しているのも気になりますね。
詳細はわかりませんが、海岸の開けた場所ということで、お出かけが集中したものでしょうか。

武蔵小杉周辺でも、多摩川土手や河川敷などが休日には賑わっていたようです。

今回のように、感覚値ではなくデータを解析してみることは、事実を認識するためにたいへん重要だと思います。

【関連リンク】
神奈川県ウェブサイト 神奈川県の外出自粛要請後の人口変動分析
川崎市 【緊急情報】川崎市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況
川崎市教育委員会 市立学校 新型コロナウイルス感染症への対応について
川崎市 新型コロナウイルス感染症関連情報リンクページ
2020/3/5エントリ 新型コロナウイルス対策で東急スクエア・ららテラスなど武蔵小杉の商業施設が営業短縮、公共施設は機能縮小し各種イベントが中止に
2020/3/11エントリ 東日本大震災から9年の武蔵小杉:川崎フロンターレが「ReMind-1」募金を実施、新型コロナ対応で街頭活動に代えて銀行振込で受付
2020/3/19エントリ 武蔵小杉のソメイヨシノが開花、「第43回こすぎ名物花見市」「富士通フェスティバル春まつり川崎2020」「第35回中原桃まつり」は中止に
2020/3/27エントリ 新型コロナウイルス拡大防止の外出自粛要請を受け、「武蔵小杉東急スクエア」「ららテラス武蔵小杉」が3月28日(土)、29日(日)臨時休業に
2020/4/1エントリ 川崎フロンターレオフィシャルグッズ&カフェ「AZZURRO NERO × FRO CAFE(フロカフェ)」本日オープン、「お風呂」コンセプトの店内を完全レポート
2020/4/2エントリ 新型コロナウイルス影響で川崎市立学校は4月17日まで臨時休業に、市立図書館機能制限は「当面の間」に延長
2020/4/3エントリ 新型コロナウイルス対応で武蔵小杉のグランツリー・ららテラス・東急スクエア・小杉プラザ・フロカフェなどが4月4日(土)・5日(日)臨時休業
2020/4/5エントリ 川崎市内の新型コロナウイルス感染者が60名に到達:中原区12名が最多、性別・年代・職業別では「働き盛り男性会社員」が高比率に
2020/4/7エントリ 新型コロナウイルス対応「緊急事態宣言」発令、武蔵小杉の東急スクエア・ららテラス・グランツリー・ヨーカドー等が4/8から一部除き長期休業に
2020/4/10エントリ 上丸子山王町のブックカフェ「COYAMA」でオンライン古本市を開催、新型コロナウイルスによる臨時休業下でSNS活用
2020/4/11エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数が本日過去最多18名増で累計114名に、中原区が最多・働き盛り会社員比率高まる
2020/4/15エントリ 「ナチュラマーケット」が食品スーパー「ナチュラストアー」を期間限定開店、生産者・取引業者連携で新型コロナウイルス影響による食品ロスを防止
2020/4/15エントリ 川崎フロンターレが新型コロナウイルス対策でオリジナルマスク販売、需要急減の陸前高田市・キャンプ地等の物産紹介にビデオ会議背景画像を配布
2020/4/18エントリ 新型コロナウイルス対応で武蔵小杉周辺飲食店がテイクアウト拡大、センターロードで「くろちゃん」「くろべこ」が山形牛カルビ弁当や串焼き等販売
2020/4/18エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数は4/18発表で172名に:全市で若干増加鈍化も最多・中原区はカーブ上昇、会社員比率は減少

Comment(1)

2020年
04月06日

川崎市の「市民100万本植樹運動」により2019年10月植樹、中原平和公園の「照手桃」が開花

【Reporter:はつしも】

中原区では、「モモ」が「中原区の木」として2015年3月1日に制定されています。
かつて中原区内が桃の産地であったことによるもので、これまでにも中原区役所や二ヶ領用水沿いに桃の植樹が行われてきました。

昨年10月に中原平和公園において「照手桃」の植樹が行われていましたが、この桃の花が今春、初めて開花していました。  
 
■中原平和公園に植樹された「照手桃」
中原平和公園に植樹された「照手桃」

中原平和公園に植樹された「照手桃」

中原平和公園で植樹が行われたのは、以前もご紹介した「彫刻展示広場」の丘の中腹あたりです。

植樹自体は4本行われているようですが、そのうち3本の「照手桃」が開花していました。

色は鮮やかな紅白で、おめでたい印象です。

■植樹の記録
植樹の記録

植樹の記録

照手桃のそばには、植樹の記録が残されていました。
川崎市の福田市長の名前と、「照手桃」の名前が記載されています。

■植樹当日の様子(森の妖精モリオン)
植樹当日の様子

植樹当日の様子

植樹の日付は書かれていませんでしたが、実施は2019年10月26日です。
「市民100万本植樹運動」の一環として行われたもので、当日は議員の方や町内会の皆さんによって植樹が行われたということです。

上記写真は、本サイトが偶然見かけて関東労災病院の前から撮影したものです。

このとき同日に「関東労災病院 病院祭」が開催されていまして、本サイトは取材中でした。

綱島街道を挟んで向かい側に「森の妖精モリオン」の姿が見えたため、事情はまったく知りませんでしたがとりあえず望遠で撮影だけしていたという次第です。

後日、植樹された照手桃を見かけて調べていくと、当時撮影した写真が植樹祭のものであることがわかりました。

とりあえず記録だけでも、残しておくものです。


なお、「市民100万本植樹運動」は2019年12月に目標を達成しました。
2020年3月7日に記念植樹祭が夢見ヶ先動物公園で開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響によりこちらは延期になっています。

ただ、2010年から2024年までが植樹運動期間だったものが、2019年度に達成したわけですから、想定以上に順調に進捗したということですね。

【関連リンク】
川崎市報道発表資料 「市民100万本植樹運動」達成記念植樹祭を夢見ヶ崎公園で開催します(開催延期)

(中原区の桃関連)
2015/3/15エントリ 2015年3月1日制定、「中原区の木・モモ」とシンボルマーク
2012/6/11エントリ 「二ヶ領用水 中原桃の会」による中原区制40周年記念植樹「源平枝垂れ桃」

(関東労災病院病院祭関連)
2019/10/27エントリ 「第8回関東労災病院 病院祭」開催レポート:健康・医療の体験に災害対策企画も実施、屋上ヘリポートからは富士山の冠雪も一望

(中原平和公園関連)
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園 中原平和公園
2015/12/16エントリ 中原平和公園の「彫刻展示広場」に並ぶ、7 か国の彫刻家による9つの作品
2017/1/12エントリ 中原平和公園の「川崎市核兵器廃絶平和都市宣言」と、周辺の平和像など
2017/7/31エントリ 甲子園の夏に、武蔵小杉の地元チームを振り返る。中原平和公園で見た、神奈川県立住吉高等学校野球部の公式戦
2018/6/17エントリ 中原平和公園の噴水池から見る、武蔵小杉の鏡面世界

Comment(0)

2020年
03月31日

元住吉の過去を探訪。大楽幼稚園の古看板地図に残る「MGゴルフ」「カネボービル」と、古い住宅地図

【Reporter:はつしも】

市ノ坪の住宅街で、大楽幼稚園への道筋を示す古い看板があるのが目に留まりました。
目印として描かれている建物などがあるのかどうか、そのルートを辿ってみました。

そこで元住吉周辺の古い地図に出会うなど発見もありましたので、本エントリでお伝えしたいと思います。

■大楽幼稚園
大楽幼稚園

大楽幼稚園

大楽幼稚園は、真言宗智山派「大楽寺」の境内に併設された仏教系の幼稚園です。
武蔵小杉駅や元住吉駅からは離れた木月4丁目にありまして、ご覧になったことがある方は、武蔵小杉エリアではそれほど多くないかもしれません。

ただ、大楽寺は「川崎七福神」のひとつで、布袋尊が祭られています。
本サイトでも「川崎七福神めぐり」のレポートで、これまでにご紹介をしておりました。

■大楽幼稚園の案内看板
大楽幼稚園の案内看板

そしてこちらが、市ノ坪の住宅街で見かけた大楽幼稚園の案内看板です。
だいぶ塗装も剥げていまして、年代が古いものであることが推察されます。

大楽幼稚園の所在地が「川崎市中原区木月1492」になっていますが、これは現在の住居表示が実施される前のものです。
木月については、2004年から2006年にかけて住居表示が実施され、現在の1丁目~4丁目に区分されました。

大楽幼稚園の所在地は、これにより「川崎市中原区木月4-22-32」となっています。

■大楽幼稚園までの案内地図
大楽幼稚園までの案内地図

看板には、大楽幼稚園までの簡易な地図が記載されていました。

左のほうに、綱島街道と尻手黒川道路が交差する木月4丁目交差点(通称:焼肉交差点)が描かれ、「北京」「24時間食堂」が目印になっています。
また右のほう、大楽幼稚園の下には「カネボービル」「MGゴルフ」の記載がありました。

まず焼肉交差点ですが、焼肉店「北京」は本サイトでもご紹介しておりました。 一方「24時間食堂」は心当たりがなく、かなり前にあったお店と思われます。

■解体される前の「焼肉北京」
解体される前の「焼肉北京」

また「北京」についても、2015年4月15日に火災に遭い後日移転し、現在は保育所になっています。
大楽幼稚園の地図にあった目印は、現在はいずれも残されていませんでした。

■「カネボービル」「MGゴルフ」があった場所
「カネボービル」「MGゴルフ」があった場所

「カネボービル」「MGゴルフ」があった場所

そして焼肉交差点から尻手黒川道路に入ると、ほどなくして大楽幼稚園前に到着します。
地図によると、その道路向かい側に「カネボービル」「MGゴルフ」があったとされています。

こちらも現在はマンションや駐車場になっていて、痕跡は残されていませんでした。

■近隣の方にご提供いただいた、元住吉周辺の古い地図
元住吉周辺の古い地図

しかしながら、近隣に古くからお住まいの方にお話を伺うと、「カネボービル」「MGゴルフ」ともに確かにこの場所にあったということでした。

ご親切に元住吉周辺の古い地図を出してくださり、撮影させていただくことができました。

■尻手黒川道路沿い、大楽幼稚園周辺
尻手黒川道路沿い、大楽幼稚園周辺

こちらがその古い地図のうち、大楽幼稚園周辺エリアです。
中央にまっすぐ通る道路が尻手黒川道路で、右側に大楽幼稚園・大楽寺の大きな敷地があります。

そして右側の道路向かいには、「ゴルフショップMG」が確かにありました。

この地図の時点では、「カネボービル」の記載がありません。

地図のほうがビルより新しいのか、古いのかどちらかわかりませんが、地図を提供してくださった方のご記憶には確かにビルがあったということでした。

■元住吉駅周辺
元住吉駅周辺

ついでに、古い地図の元住吉駅周辺もご紹介しておきましょう。
元住吉駅前の2階にある喫茶店「いーはとーぶ」や、「住吉名店センター」など、現在も残る店舗がいくつかあります。

また元住吉駅の「元」の字の少し下のほうに「すがた旅館」がありますが、こちらも現在は「ビジネスホテルすがた」として残っていました。

一方、現在は吉野家やマクドナルドがある駅前ビルは、昔は「タカラ薬局」だったことがわかります。

■現在の「ビジネスホテルすがた」
現在の「ビジネスホテルすがた」 

■木月住吉町方面
木月住吉町方面

昔の地図を細かく見ていくと、ほかにもいろいろな発見がありました。
また何かのタイミングで、ご紹介したいと思います。

■大楽幼稚園のマップ


【関連リンク】
(大楽幼稚園関連)
大楽幼稚園 ウェブサイト
2020/1/6エントリ 中原区の7寺院で、幸福を呼ぶ御朱印集め。2020年の「川崎七福神めぐり」

(焼肉交差点関連)
2015/10/8エントリ 焼肉交差点の「焼肉北京」がブレーメン通り商店街に10月下旬~11月上旬移転決定、火災後半年を経て営業再開へ
2016/2/4エントリ 「焼肉交差点」の最後の砦「樹樹」が閉店、交差点から焼肉店が消滅
2017/4/22エントリ 焼肉店が消滅した木月4丁目「焼肉交差点」のシンボル、「焼肉北京」のビルが解体へ
2017/5/13エントリ 綱島街道拡幅に合わせ、川崎市バス「木月四丁目」バス停が屋根・広報スペース付きの新仕様にリニューアル
2017/8/25エントリ 木月4丁目「焼肉交差点」の「焼肉北京」「樹樹」のビルが更地に、「樹樹」は売地となり焼肉店の痕跡が完全消滅
2017/9/28エントリ 木月4丁目「焼肉交差点」の焼肉北京跡地に認可保育園「(仮称)みらいく木月園」が2018年4月開園へ
2018/5/1エントリ 焼肉交差点の「焼肉北京」跡地に認可保育園「みらいく保育園木月園」が開園、「樹樹」跡地はアスファルト舗装され当面塩漬けに

(古地図関連)
2017/6/29エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の、昔のフロアガイドを発掘。「らーめんにほんばし」「高島屋クリーニング」など今はなき店舗が多数
2017/11/10エントリ 武蔵小杉・法政通り商店街の1958年七夕祭りのチラシを公開!当時の全店舗がわかる絵図を掲載、映画館「有楽座」では「無法松の一生」などを上映
2018/8/13エントリ 法政通り商店街の1958年七夕祭りチラシに掲載「森小鳥店」が閉店、60年以上の歴史に幕

Comment(4)

2020年
03月22日

「ユーコープ井田三舞店」が全面リニューアル、無料Wi-Fi付きイートインスペースなど設備を一新

【Reporter:はつしも】

井田三舞町の「ユーコープ井田三舞店」が、2020年3月12日にリニューアルオープンしました。
店内の内装が一新され、無料Wi-fiを提供するイートインスペースが整備されています。

■リニューアルオープンした「ユーコープ井田三舞店」
ユーコープ井田三舞店

ユーコープは、コープかながわ・しずおか、市民生協やまなしが統合されてできた生活協同組合です。

同組合のスーパーマーケットを利用するためには組合員になる必要があり、サービスカウンターで手続きしてすぐにお買い物ができます。

同組合は中原区においては「ユーコープ井田三舞店」を出店させていましたが、リニューアルのために一時休業となっていました。

このリニューアルは小手先だけのものではなく、店内をいったんスケルトンの状態に戻して内装を作り直す大掛かりな工事でした。

■リニューアル後の店内
リニューアル後の店内

リニューアル後の店内

リニューアル後の店内

リニューアル後の店内は、フローリングも張りなおされて綺麗に仕上がっていました。
通路が全体的に広めで、利用しやすいと思います。

■ワイン売り場
ワイン売り場

こちらは、ワイン売り場です。
両側の棚に各国の輸入ワインから料理酒までそろっています。

■地場野菜・県内産野菜コーナー
地場野菜・県内産野菜

続いてこちらは、地場野菜・県内産野菜コーナーです。
近年はこうした地産地消コーナーが、各スーパーに設けられるようになりましたね。

川崎市産の野菜も「のらぼう菜」など実は美味しいものがありますし、神奈川県内までスコープを広げるとさらにいろいろあるものです。

■イートインコーナー
イートインコーナー

■無料Wi-Fi
無料Wi-Fi 

そしてこちらが、店内に設けられたイートインコーナーです。

各座席には無料Wi-FiのID・パスワードが掲示されています。
それほどの意味はありませんが、一応上記写真では画像を加工してID・パスワードを抹消してあります。

■コーヒー自販機
コーヒー自販機

■電子レンジ・給湯器・ごみ箱・手洗い
電子レンジ・給湯器・手洗い・ごみ箱 

イートインコーナーには、コーヒー自販機のほか、電子レンジ・給湯器・手洗い・ごみ箱などが設置されていました。

ここでカップ麺にお湯を注いで食べたりもできるわけですね。

■キッズスペース
キッズスペース

■銀行ATM
銀行ATM

■複合機
複合機

■車椅子対応トイレ
トイレ

その他にも、キッズスペース、コピー・FAX・スキャナの複合機、銀行ATM、車いす対応トイレなど、各種設備が一新されていました。

武蔵小杉駅からは距離がありますから、東側再開発地区などからわざわざ足を延ばす機会は少ないかと思いますが、西側住宅街からは自転車で利用する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

■「ユーコープ井田三舞店」の店舗情報
●所在地:中原区井田三舞町10-1
●営業時間:10:00~22:00
●定休日:1月1日、2日
●Web:https://kanagawa.ucoop.or.jp/service/omise/kawasaki/1112.html

■マップ


【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:スーパーマーケット ユーコープ井田三舞店

Comment(0)

2020年
03月15日

元住吉に地域交流スペース「となりの.」が本日オープン、コワーキング&カフェ・レンタルスペース・放課後サポートなどを提供

【Reporter:はつしも】

本日、元住吉の住宅街に地域交流スペース「となりの.」がオープンしました。

「コワーキング&カフェ」「レンタルスペース」「委託販売形式のレンタルボックス」「放課後サポート(学童保育)」の各種サービスを提供します。

■フロール元住吉1階の「となりの.」
フロール元住吉1階の「となりの.」

となりの. 

「となりの.」は、元住吉駅から綱島街道を挟んで徒歩8分程度、中原区西加瀬の住宅街の一角にオープンしました。
建物は神奈川県住宅供給公社の賃貸住宅「フロール元住吉」で、その1階部分に「となりの.」が入居しています。

同店は地域でで暮らす人の接点となることをコンセプトとしています。

休日のカフェや、コワーキングスペースでのテレワークや勉強、趣味、手作り雑貨の販売、放課後の学童、習い事など、さまざまな用途で使われることを想定しています。

■「となりの.」のコワーキング&カフェスペース
コワーキング&カフェスペース

「となりの.」の中心的なサービスが、コワーキング&カフェスペースの提供です。
2時間までドリンク代+300円(6月末まで+100円)、2時間以降は1時間ごとに+150円で利用できます。

また、週2回程度、事前予約制で乳幼児を対象とした託児も提供しています。

さらにこのスペースでは、4月以降、夕方17時~19時に小学生を対象とした宿題の見守り「放課後サポート」も提供する予定です。

■カウンター席の電源
電源付きのカウンター席

カウンター席の電源

コワーキング&カフェスペースは、フリーWifiが使えます。
また、カウンター席では電源も提供されていました。

ワンドリンクで2時間利用できると考えれば、PC作業なども捗りそうです。

■受付カウンター下の「レンタルボックス」
受付カウンター下のレンタルボックス

コワーキング&カフェの受付カウンター下には「レンタルボックス」があります。

これは4月から開始予定のサービスで、ハンドメイドの雑貨などを販売できる箱型ショップになっています。
月額2,500円~の料金で、手数料なしの委託販売ができます。

利用してみたい方は、スタッフまでご相談ください。

 ■予約制レンタルスペース
予約制レンタルスペース

そしてコワーキング&カフェスペースの隣には、予約制の「レンタルスペース」がありました。

利用料は1時間あたり、10時~14時が1,500円、14時~19時が1,000円、19時~20時が1,500円という価格設定です。

またレンタルスペースでは、子どもたちの居場所を作っていくことを目的として、小学生対象の習い事を開催したい方を募集しています。

前述の「放課後サポート」サービスでは、この習い事もあわせて利用できるというわけです。
 
■給湯器・電子レンジ・手洗い
給湯器・電子レンジ・手洗い

■多機能トイレ
多機能トイレ 

■更衣室・コピー機
コピー機と更衣室  

その他、「となりの.」のスペース内には、コワーキング・レンタルスペースとして各種機能が用意されていました。

文具、カッティングマシーン、各種ケーブル等の貸し出しもありますので、利用方法につきましてはスタッフの方にご相談ください。 
 
 ■ドリンクはテイクアウトも可能
ドリンクはテイクアウトも可能
 
■テイクアウトカウンター
テイクアウトカウンター 
 
■ストレートティー(510円)
ストレートティー

「となりの.」では、オープニング当初はドリンクメニューのみ提供しています。
3月末には、徐々にフードメニューも始めていくということでした。


ドリンクはテイクアウトも可能で、テイクアウト専用のカウンターもありました。

■専用駐輪場
専用駐輪場

駅から離れた住宅街の中の、マンション1階というと、心配になるのが駐輪場所です。
「となりの.」では、専用の駐輪場が用意されていました。

武蔵小杉周辺からでも自転車に乗れば比較的すぐに着きますので、足をのばす方もいらっしゃるのではないでしょうか。

■向かい側は公園
向かい側は公園  

そして「フロール元住吉」の隣の敷地は、公園になっていました。
これはフロール元住吉とあわせて整備されたものと思います。

さいごに、「となりの.」のサービス概要をまとめておきます。
明日月曜日は定休日ですので、その点ご注意くださいね。

■「となりの.」のサービス概要
コワーキング&カフェ ●2時間までドリンク代+300円
※6月末までドリンク代+100円
●2時間以降1時間ごとに+150円
レンタルスペース(予約制) (利用者募集中)
●個室1時間あたり10~14時1,500円、14~19時1,000円、19時~20時1,500円
●カフェスペース1時間あたり10~17時4,500円~
レンタルボックス (2020年4月より募集予定)
●1箱月額2,500円~
放課後サポート (利用者募集中)
●17~19時
※詳細はウェブサイトをご参照ください。

■「となりの.」店舗情報
●所在地:中原区西加瀬5-1フロール元住吉1階
●営業時間:10:00~20:00
●定休日:日曜日、月曜日
●Web:https://www.tonarino-motosumi.jp/
 
■マップ


【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:レンタルスペース
2018/1/12エントリ 地域密着建設会社・大山組本社のレンタルスペース「丸子テラス」で、プラスケアが「暮らしの保健室」と新春アコースティックライブを1月13日(土)開催
2019/1/11エントリ 三井不動産ビルマネジメントのシェアオフィス「WORK STYLING武蔵小杉」が2019年2月オープン、多様化するビジネススタイルをサポート

Comment(0)

2020年
02月15日

元住吉「ピッツェリア ファッブリカ トクマル」が2020年12月末、「ファッブリカ デルドルチェ」が3月末に建物解体により閉店に

【Reporter:はつしも】

元住吉のブレーメン通り商店街の「ピッツェリア ファッブリカ トクマル(pizzeria fabbrica 1090)」が2020年12月末に、併設の「ファッブリカ デルドルチェ(fabbrica del dolce)」が2020年3月末をもって閉店することになりました。

建物の老朽化に伴う取り壊しによるもので、「トクマル」については詳細未定ながら移転を予定されているということです。

■ブレーメン通りに面した「ピッツェリア ファッブリカ トクマル」
ブレーメン通りに面した「ピッツェリア ファッブリカ トクマル」

ブレーメン通りに面した「ピッツェリア ファッブリカ トクマル」

「ピッツェリア ファッブリカ トクマル」は、2011年2月にオープンしたお店です。
窯焼きピッツァが評判で、武蔵小杉周辺にひところ増えたピッツェリアの中でも人気を集めていました。

■裏手の「ファッブリカ デルドルチェ」
裏手の「ファッブリカ デルドルチェ」

そして「トクマル」で提供されていたドルチェ(デザート)のブリュレを販売するお店として、2014年10月25日に裏手にオープンしたのが「ファッブリカ デルドルチェ」です。

一番人気だったピスタチオのブリュレのほか、バニラ、栗、塩キャラメルなどのブリュレ、焼き菓子などを持ち帰りで買うことができました。

■閉店のお知らせ
閉店のお知らせ

そして先般より、店頭に閉店のお知らせが掲示されました。
冒頭にお伝えした通り、建物の老朽化によるものです。

「デルドルチェ」は2020年3月末までの営業ですから、もう残り1か月半あまりということになります。

■デルドルチェの週末限定「チョコレートタルト」(350円)
デルドルチェの週末限定「チョコレートタルト」(350円)

せっかくですので、そんな「デルドルチェ」の週末限定タルトをさいごにご紹介しておきたいと思います。
写真の「チョコレートタルト」です。

サクサククッキー入りヘーゼルナッツチョコレート、ガナッシュ、チョコレートグラサージュの3層が薄めのボディの中に重ねてありまして、濃厚な味わいを楽しむことができます。

外側の部分を気を付けて持てば、片手でも気軽に食べられます。
チョコレートがお好きな方には、お勧めできる一品でした。

「デルドルチェ」の営業が3月末まで、なおかつ週末限定ということですからチャンスは多くありません。
また、日によってメニューが異なる可能性も十分ありえますので、あらかじめご承知ください。

■「デルドルチェ」のブリュレ
「デルドルチェ」のブリュレ

「デルドルチェ」のブリュレ

2015/1/14エントリでご紹介した「デルドルチェ」のブリュレも、おすすめです。
写真はバニラで、別添えで「あとのせ」するカラメルがカリカリで良いアクセントになっていました。

こちらは平日も販売していますし、レギュラー商品です。

■「ファッブリカデルドルチェ」の店舗情報
●所在地:中原区木月3-9-30
●営業時間:10:30-20:00
●定休日:火曜日
●Web:
http://r.goope.jp/fabbrica1090

■マップ


【関連リンク】
2015/1/14エントリ ブレーメン通り商店街「トクマル」からスピンオフ。人気ブリュレのテイクアウト店「ファッブリカ デルドルチェ」

Comment(0)

2020年
02月12日

パシオス元住吉店跡地に保育園併設の3階建て商業ビルが建設、隣接地には学生寮が開設に

【Reporter:はつしも】

元住吉の「パシオス元住吉店」の跡地に、保育園を併設する新たな商業ビルの建設が着手されることになりました。
またその隣接地には、学生寮の建設も進められています。

■パシオス元住吉店(閉店前)
パシオス元住吉店(閉店前)

「パシオス」は、株式会社田原屋が経営する衣料品専門チェーンです。

田原屋は1879年(明治12年)の創業当時は、川崎区堀之内で錦糸業を営んでいました。
その後総合衣料店舗「田原屋」の事業を拡大し、1997年から新業態の「パシオス」を展開しています。

元住吉の店舗も地域で長く営業をしていましたが、2019年7月21日に閉店となりました。

■商業ビルが建設されるパシオス元住吉店跡地
パシオス元住吉店跡地 

パシオス元住吉店跡地

■事業計画のお知らせ
事業計画のお知らせ

新しい商業ビルの事業計画のお知らせは、昨年11月に現地に掲示されていました。

ビルの用途は「店舗・保育園」で、3階建てです。
旧「パシオス」の建物に近い開発規模ではないでしょうか。

工事着手は2020年3月15日、工事完了予定は2021年5月31日となっています。

■隣接の学生寮建設地
隣接の学生寮建設地

建築計画のお知らせ

また、旧パシオスの隣接地では、学生寮の建設が進められていました。

こちらは建築面積は半分程度ですが、10階建てです。

■2013年に完成した「慶應義塾大学元住吉寮」
「リンコー日吉ビル」(慶應義塾大学元住吉寮)

■2017年に市ノ坪に完成した青学・テンプル大の学生寮「クレヴィアウィル武蔵小杉」
大規模学生寮「クレヴィアウィル武蔵小杉」 

武蔵小杉周辺では、最近慶應義塾大学や青山学院大学、テンプル大学などの学生寮の建設が続いていました。

大学も地方の学生を獲得するのに、サービス向上が必要なのでしょうかね。

【関連リンク】
株式会社田原屋 ウェブサイト
パシオス ウェブサイト
2013/3/9エントリ ヤマハ音楽院跡地「もとまちUnion」に「はま寿司」などが併設、上階マンションは慶應義塾大学元住吉寮に
2013/3/17エントリ リンコー日吉ビル(慶應義塾大学元住吉寮)1階に「マツモトキヨシ日吉店」が2013年4月1日オープンへ
2013/4/5エントリ ヤマハ音楽院跡地の「もとまちUnion」「はま寿司」「マツモトキヨシ」日吉店がオープン
2017/2/5エントリ 大規模学生寮「クレヴィアウィル武蔵小杉」の一部が青学大・テンプル大の国際学生寮に、隣接の「フィットケアデポ市ノ坪店」閉店跡地は7階建てのマンションに転換
2019/8/12エントリ 旧田原屋「パシオス元住吉店」が2019年7月21日に閉店、在りし日の記録をアーカイブ

Comment(0)

2020年
02月04日

Kosugi 3rd Avenueに出店予定「エニタイムフィットネス」が三井住友銀行元住吉支店跡地2階にオープン、1階はローソンが3月9日(月)オープンへ

【Reporter:はつしも】

綱島街道の三井住友銀行元住吉支店跡地2階に、24時間営業のフィットネスクラブ「エニタイムフィットネス元住吉店」が2020年1月31日(金)にオープンしました。

またその1階部分には、「ローソン川崎木月2丁目店」が3月9日(月)朝8時にオープンすることになりました。

■綱島街道沿いの旧三井住友銀行跡地のビル(矢倉中田ビル )
綱島街道沿いの旧三井住友銀行跡地のビル(矢倉中田ビル )

「エニタイムフィットネス」「ローソン」の出店場所は、綱島街道の元住吉駅近くのビル「矢倉中田ビル」です。

この1階・2階には以前は「三井住友銀行元住吉支店」がありましたが、現在は武蔵小杉駅前の「武蔵小杉支店」と同じKDX武蔵小杉ビルに移転(実質的な統合)をしています。

■「ローソン川崎木月2丁目店」がオープンする1階部分
「ローソン川崎木月2丁目店」がオープンする1階部分

「ローソン川崎木月2丁目店」がオープンする1階部分

その1階部分オープンするのが、「ローソン川崎木月2丁目店」です。
入口部分には、同店のオープン告知が掲示してありました。

■2階の「エニタイムフィットネス」への入口
2階の「エニタイムフィットネス」への入口

そして、2019/12/5エントリで出店をお伝えした「エニタイムフィットネス」は、2階部分にオープンしました。
ビル横手の路地側に、2階への階段があります。

三井住友銀行時代には1階・2階が支店で内部導線もつながっていたのですが、今回別テナントが入居するのにあたって完全にセパレートされています。

「エニタイムフィットネス」は、米国発のフィットネスクラブです。
特徴は店名にもある通り24時間・年中無休営業で、会員だけが入館できるオートロック方式により人件費等のコストを削減しつつ、マシントレーニングに特化した運営を行っています。

中原区内では従来「武蔵中原店」「武蔵新城店」があり、「元住吉店」は区内3店舗目となります。
さらには小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業の再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」にも出店を予定しており、今後も店舗網の拡大が続く見込みです。

■「エニタイムフィットネス武蔵中原店」
「エニタイムフィットネス武蔵中原店」

■「エニタイムフィットネス武蔵小杉店」が出店する「Kosugi 3rd Avenue」
「エニタイムフィットネス武蔵小杉店」が出店する「Kosugi 3rd Avenue」

【関連リンク】
エニタイムフィットネス 店舗情報 元住吉店
エニタイムフィットネス 店舗情報 武蔵小杉店
小杉町3丁目東地区再開発組合 Kosugi 3rd Avenue ウェブサイト
Kosugi 3rd Avenue the residence ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉町3丁目地区 東地区
2018/4/24エントリ 小杉町3丁目東地区再開発の三井不動産タワーマンション「Kosugi 3rd Avenue The Residence(コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス)」が発表、2020年8月下旬入居を予定
2018/6/15エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue(コスギサードアベニュー)」建設工事が本格化、地下部分の鉄骨が組みあがり
2018/9/10エントリ 小杉町3丁目東地区再開発のワークショップスペース「Kosugi 3rd Avenue Labo」が平日カフェ営業をスタート、元住吉の「Cafe OrangeBule」などが出店
2018/10/20エントリ 「コスギフェスタ2018」開催レポート:謎解きラリー「怪盗ギスーコの挑戦状」に子どもたちが熱中、商店街が変貌「Kosugi 3rd Avenue LIVIVG」も同時開催
2018/12/4エントリ 「メガネのオーサカ」が2019年1月31日に現店舗の営業終了・2月7日仮店舗に移転決定、再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」に2020年6月オープンへ
2019/2/11エントリ 武蔵小杉の老舗「メガネのオーサカ」が再開発により仮店舗に移転、「Kosugi 3rd Avenue」での再オープンは2020年7月予定に変更
2019/3/18エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」の建物躯体立ち上がり
2019/4/3エントリ 武蔵小杉のパンフェスタ「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」開催レポート:東横線沿線の人気パン店が集結
2019/9/16エントリ 小杉町3丁目東地区再開発の仮設店舗「TSUTAYA小杉店」が10月13日(日)閉店、22年の歴史に幕
2016/9/23エントリ 小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業の権利変換計画を川崎市が本日認可、商業・業務・公共施設4フロア・24区画の平面図が公示
2019/12/5エントリ 24h営業「エニタイムフィットネス」が2020年1月31日元住吉にオープン、武蔵小杉の新商業施設「Kosugi 3rd Avenue」にも出店決定

Comment(0)

2020年
01月23日

第8回関東労災病院病院祭レポート追補編:晴天の屋上ヘリポートから見る、武蔵小杉など360度ビュー

【Reporter:はつしも】

2019年10月26日に「第8回 関東労災病院 病院祭」が開催されまして、翌日のエントリにおいて開催レポートをお届けしておりました。

本イベントでは屋上ヘリポートの見学が実施され、武蔵小杉方面、横浜方面などの眺望を楽しむことができました。
この日は特に大気のコンディションが良く、綺麗に見渡せましたので、前回エントリで掲載しきれなかった風景をピックアップしてご紹介したいと思います。

■関東労災病院屋上から見た武蔵小杉の高層ビル群(再掲)
武蔵小杉のタワーマンション群 

■同じく、富士山(再掲)
屋上ヘリポートから見た富士山 

屋上ヘリポートからの眺望については、前回の開催レポートの中でも上記の武蔵小杉の高層ビル群や、くっきり見えた富士山などをご紹介しておりました。

今回は折角ですので、それ以外の風景を見ていきたいと思います。

■横浜・みなとみらい方面
横浜・みなとみらい方面

まずこちらは、横浜・みなとみらい方面です。
ランドマークタワーやパシフィコ横浜をはじめとする高層ビル群がよく見えました。

写真中ほど、手前に見える大きな建物は、慶應義塾大学矢上キャンパスの校舎です。
校舎の上に、ペンが交差する同大学の校章が見えます。

■元住吉駅方面
元住吉駅方面

視点を少し右手にずらすと、東急元住吉駅の橋上式の駅舎が見えます。 展望スペースの大きなウインドウが特徴的ですね。

一番奥に見える円柱型の高層ビルは、新横浜のプリンスホテルです。

■川崎市立井田病院
川崎市立井田病院

そしてもう少し右手には、川崎市立井田病院が見えました。
同病院は過去エントリでもご紹介した通り、井田山の高台の上にあります。

そのため、高層ビルではありませんが関東労災病院のヘリポートからもよく見えました。

■新川崎高層ビル群
新川崎高層ビル群

一方、横浜・みなとみらい方面から左手にアングルを変えると、新川崎の高層ビル群があります。
オフィスビルの新川崎三井ビルディングと、タワーマンションのパークシティ新川崎などです。

■キヤノン本社
キヤノン本社

また、新川崎と同方面には、下丸子のキヤノン本社も見えました。
キヤノン本社の前には多摩川を渡る「ガス橋」があり、東京都大田区と川崎市中原区を繋いでいます。

■中原平和公園と神奈川県立住吉高等学校
中原平和公園と神奈川県立住吉高等学校

キヤノン本社よりもずっと手前、綱島街道沿いを見下ろすと、中原平和公園と神奈川県立住吉高等学校が見えました。

住吉高等学校の校舎は古いですけれども、こうしてみると色合いも雰囲気があって、個人的には好きな風景です。

■中原平和公園の音楽堂
中原平和公園の音楽堂

中原平和公園の音楽堂も、高い場所から見る機会はあまりありません。
実際に音楽イベントで活用される機会はそう多くないのですが、同公園のシンボル的な存在です。

■富士通川崎工場本館ビル
富士通川崎工場本館ビル

そして今度は、まったく反対の武蔵中原方面も見ておきたいと思います。
ひときわ大きく見えるのは、JR武蔵中原駅前の富士通川崎工場本館ビルです。

このビルは20階建てで、武蔵中原周辺では最大のオフィスとなっています。

JR武蔵小杉新駅前で、「令和元年台風19号」により地下施設が損傷した「富士通小杉ビル」に入居していたグループの事業所の一部は、この本館ビル等に移転をしているということです。

■「二子玉川ライズ」と「ガーデンティアラ武蔵小杉」
二子玉川ライズとガーデンティアラ武蔵小杉

富士通川崎工場よりももう少し武蔵小杉寄りには、遠く多摩川沿いに「二子玉川ライズ」のタワーマンション3棟が見えました。

その手前にあるレンガ色の大型マンションは、ナイス分譲の「ガーデンティアラ武蔵小杉」です。

ガーデンティアラ武蔵小杉は600戸の規模があり、タワーマンションを除くと地域最大規模のマンションではないでしょうか。

■関東労災病院北側の東住吉小学校
関東労災病院北側の東住吉小学校

関東労災病院のすぐ北側を見下ろすと、隣接の東住吉小学校の校舎と校庭があります。
同校は武蔵小杉周辺の小学校の中ではグラウンドが広く、休日には地域のスポーツ団体「東住吉サッカークラブ(東住吉SC)」や「東住ベースボールクラブ」などに施設開放を行っています。

この日もグラウンドでサッカーの練習をしているのが見えました。

■北側(武蔵小杉方面)のパノラマ画像
北側(武蔵小杉方面)のパノラマ画像

■南西側(富士山方面)のパノラマ画像
南西側(富士山方面)のパノラマ画像

最後に、北側(武蔵小杉方面)と、南西側(富士山方面)のパノラマ画像を掲載しておきます。
上記のままのサイズでは小さくてわからないと思いますので、クリックで拡大画像の別ウインドウが立ち上がるようにしてあります。

拡大画像でどうぞお楽しみください。

■「関東労災病院 病院祭」
新棟内に展開された会場 

「関東労災病院 病院祭」は、毎年10月頃に開催されています。
当日の大気のコンディションの良しあしは運しだいですが、実際に眺望を見てみたいという方は、また来年参加してみてはいかがでしょうか。

医療と健康に関するさまざまな体験型企画も充実していますので、詳細は関連リンクをご参照ください。

【関連リンク】
関東労災病院 公式ウェブサイト
2009/1/8エントリ 関東労災病院の新棟
2009/5/25エントリ 武蔵小杉で出産する:関東労災病院(前編)
2009/5/26エントリ 武蔵小杉で出産する:関東労災病院(後編)
2012/12/9エントリ 関東労災病院の病院見学会レポート:屋上パノラマと多彩な催しで初開催
2013/10/3エントリ 「第2回関東労災病院 病院祭」が2013年10月27日(日)開催
2014/11/8エントリ 「第3回関東労災病院 病院祭」レポート:手術室見学から医師・薬剤師体験まで多彩に開催
2015/1/29エントリ 関東労災病院のバラ園と、事務管理棟・職員宿舎建設計画
2015/11/28エントリ 「第4回関東労災病院 病院祭」開催レポート:武蔵小杉パノラマと、「ルーティン」を大切に支える地域医療
2016/9/13エントリ 「ドクターX」などで登場、関東労災病院で勝村政信さん・谷原章介さんのサインを展示、「もとすみフォトクラブ」写真展も開催中
2016/11/3エントリ 「第5回関東労災病院 病院祭」レポート:見学ツアー・ドクター体験・レントゲンクイズ・健康チェックなど企画充実
2016/11/15エントリ 「第5回関東労災病院 病院祭」レポート番外編:武蔵小杉の最新パノラマと、元住吉・新川崎・二子玉川など周辺の眺望
2017/11/25エントリ 「第6回関東労災病院 病院祭」レポート:腹腔鏡手術・縫合体験などドクター体験新企画などが好評、創立60周年の歴史特別展示も実施
2018/11/7エントリ 「第7回関東労災病院 病院祭」レポート:手術室見学にも創意工夫、屋上ヘリポートから武蔵小杉のパノラマを鑑賞
2019/9/25エントリ 「第8回 関東労災病院 病院祭」が10月26日(土)開催、人気の見学ツアーは9月30日(月)10時受付開始 
2019/10/27エントリ 「第8回関東労災病院 病院祭」開催レポート:健康・医療の体験に災害対策企画も実施、屋上ヘリポートからは富士山の冠雪も一望

Comment(0)

2020年
01月17日

元住吉のベトナムサンドイッチ店「THAO'S」が2階にイートインカフェ「Tầng Hai Thao’s(タンハイタオズ)」をオープン

【Reporter:たちばな】

東急元住吉駅近くに、ベトナムサンドイッチのお店「THAO'S BANH MI(タオズ バインミー)」があります。

同店についてはこれまでに2015/5/1エントリ2016/4/30エントリでご紹介をしておりましたが、1月16日に、2階にバインミーのイートインも可能なカフェ店舗「Tầng Hai Thao’s(タンハイタオズ)」がオープンしましたので、お伝えしたいと思います。

■東急元住吉駅近くの「THAO'S BANH MI」
東急元住吉駅近くの「THAO'S BANH MI」

■フルサイズのバインミー
フルサイズのバインミー

「THAO'S BANH MI」は、東急元住吉駅のオズ通り商店街側の高架そばに2015年4月2日にオープンしました。
オープン以来もうすぐ5年近くが経過しますが、周辺地域ではなかなか味わえないバインミーが人気を博しています。

■イートイン店舗「Tầng Hai Thao’s」
イートイン店舗「Tầng Hai Thao’s(タンハイタオズ)」

イートイン店舗「Tầng Hai Thao’s(タンハイタオズ)」

イートイン店舗「Tầng Hai Thao’s(タンハイタオズ)」

そして今回オープンしたのが、イートイン店舗「Tầng Hai Thao’s(タンハイタオズ)」です。

冒頭にご紹介した通り、店内メニューでの飲食に加えて、1階店舗で購入したバインミーを持ち込みで食べることもできます。
(バインミー持ち込みの場合は、ワンオーダーが必要となります)

■店内メニュー
店内メニュー

店内メニュー

店内メニュー

こちらが、店内メニューです。
ベトナムの軽食、ベトナムのお茶やコーヒー、ビールやワインなどが揃っています。

「Thao's」ならではメニューばかりですね。

■店内
店内

店内

店内は古い建物をリノベーションして、綺麗に仕上がっています。
天井にはベトナムの雰囲気を醸し出すライトが、優しくテーブルを照らしていました。

■ハノイ風ハニーライムティ「チャーチャン」
チャーチャン

店主さんのおすすめドリンクは、「チャーチャン」です。
ハノイでポピュラーなライムティーで、ほどよい甘みがあります。

■グリーンサラダ&肉団子入り山芋のスープ
軽食

軽食

そして軽食には「有機野菜入りグリーンサラダ&肉団子入り山芋のスープ」をいただいてみました。

パクチーの利いたグリーンサラダはそれだけでも美味しくいただけます。
山芋のスープは少量ですので、食事にする場合は、持ち込みのバインミーとセットでちょどよい量になると思います。

「Tầng Hai Thao’s(タンハイタオズ)」はお茶と軽食のカフェ営業がメインですが、このようにバインミーの持ち込みも想定したメニューになっています。

今後余裕が出てきたら、ご飯ものなども追加したいということでした。


これまではイートインがありませんでしたので、「THAO'S BANH MI」でバインミーを購入したら、自宅に持ち帰るなどしていました。
中原平和公園での春のお花見などで買っていくのもよかったのですが、その場でゆっくり食べられるのもよいと思います。

バインミーがお好きな方、エスニック系がお好きな方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

なお、同店は当面木金の木金17:00~22:00(L.O.21:00)、土日11:00~15:30(L.O.14:30)が営業時間となります。
夜の営業についてはお子様をお断りする場合があるということですので、あらかじめご承知ください。

また営業時間等は今後変動する可能性が多分にあろうかと思いますので、最新情報は同店のSNSをご参照ください。

■「THAO'S BANH MI」の店舗情報
●所在地:中原区木月2-1-1 1F
●営業時間:
・月~金10:30~19:30

・土日祝10:30~18:30
●定休日:火曜日

■「Tầng Hai Thao’s(タンハイタオズ)」の店舗情報
●所在地:中原区木月2-1-1 2F
●営業時間:
・木金17:00~22:00(L.O.21:00)
・土日11:00~15:30(L.O.14:30)

●定休日:月~水
※営業時間は変動する可能性が多分にあります。

■「THAO'S BANH MI」のマップ


【関連リンク】
THAO'S BANH MI ウェブサイト
THAO'S BANH MI Faceebookページ
THAO'S BANH MI Twitter
2015/5/1エントリ 元住吉に、神奈川県初のベトナムサンドイッチ店が登場。「THAO'S BANH MI」
2016/4/30エントリ ベトナムサンドイッチのお店「THAO'S BANH MI」のハーフサイズで楽しむ食べ比べ

Comment(0)