武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2014年
12月12日

グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」

【Reporter:たちばな】

「グランツリー武蔵小杉」には、「日本初」「東日本初」「神奈川県初」など、初出店となる店舗が多数出店しています。

これは、ブランドプロデューサーの柴田陽子氏など、セブン&アイ・ホールディングスとしては初めて外部アドバイザーが加わり、「まったく新しい商業施設」をつくるべくテナントの誘致を行なったことによるものです。

今回は、1階レストランエリア「グルメウォーク」の中から、ハワイから神奈川県に初出店した「マウイマイクス(MAUI MIKE'S)」と、同じくハワイから出店の「ホノルルコーヒー(HONOLULU COFFEE)」をご紹介したいと思います。

■「マウイマイクス」
「マウイマイクス」

■「The BEST CHIKEN on Oafu!!」
「The BEST CHIKEN on Oafu!!」

「マウイマイクス」はロティサリーチキンのお店で、ハワイでたいへん人気を集めています。
ロティサリーチキンとは、鶏一羽を丸ごと焼いたローストチキンのことで、串が回転する「ロティサリーマシン」を使って焼くのが特徴です。

同店はプロサーファーのジャイラス・キャノン氏がハワイ・オアフ島のワヒアワに2005年2月にオープンさせたのが評判になり、日本では2014年1月に東京・白山に1号店がオープンしました。
「グランツリー武蔵小杉」の店舗は、これに続く2号店となります。

■「マウイマイクス」のギャランティー(保証)
「マウイマイクス」のギャランティー(保証)

「マウイマイクス」は、ナチュラル・オーガニックを信条としていまして、店内には「ギャランティー(保証)」が掲示されています。
これによると、同店では冷凍をしていない新鮮なチキンを使用し、人工甘味料・人工着色料・ホルモン・ステロイド・抗生物質・合成化合物・合成添加物は一切使用しないことなどを保証しています。

■「マウイマイクス」のクォーターチキン(サイド付)
「マウイマイクス」のクォーターチキン(サイド付)

こちらが、「マウイマイクス」の「クォーターチキン」(サイドメニューのマイクスフライ付)です。
クォーターチキンは、もちろん1/4羽という意味で、ハーフ(1/2羽)もあります。

クォーターチキン+サイド付で税別890円、+サイド・ドリンク付で税別1,080円。ハーフチキン+サイド付で税別1,530円、+サイド・ドリンク付で税別1,720円という価格設定になっています。
サイドメニューは写真のマイクスフライのほか、ライス、コーン、オニオンリング(税別180円加算)を選ぶこともできます。

チキンは前述の通り冷凍をしていないものに10種類以上のスパイスを加え、ロティサリーマシンの中で2時間ほどかけて焼き上げています。
一見食べにくそうに見えますがたいへん柔らかく、プラスチックのナイフとフォークで楽に切り取ることができます。

チキンにつけるティップソースは、BBQスモーキー/BBQスイート/ハニーマスタード/テリヤキ/ランチ/チリ/ユズ胡椒の7種類あります。
前掲の写真は「BBQスモーキー」を選択したものです。

ソースをつけながら、香ばしいチキンを美味しくいただきました。

■「マウイマイクス」の店内
「マウイマイクス」の店内

「マウイマイクス」の店内は、オーダーカウンターを挟んで両側にテーブル席があります。
「グランツリー武蔵小杉」のレストランは客席数が少ないこともあってたいへん混雑が続いていますが、「マウイマイクス」は他の店舗より今のところ席に余裕があるように思います。

ハワイ事情に明るい方であればご存知のお店ですが、日本国内ではこれからなのでしょうかね。

なお、「マウイマイクス」では、現在クリスマスローストチキンの予約も行っています。
ホールチキン単品が税別2,880円、ホールチキンとスパークリングワインセットが税別3,900円です。

クリスマスにはケンタッキーフライドチキンなどで予約の行列ができますけれども、今年の武蔵小杉のクリスマスは「マウイマイクス」のチキンにも人気が集まるかもしれません。



■「ホノルルコーヒー」
「ホノルルコーヒー」

続いてご紹介するのは、「ホノルルコーヒー」です。
場所は「マウイマイクス」の裏手で、1階レストランエリアにハワイゾーンを形成しています。ここは他の区画との仕切りがなく、オープンな客席になっています。

「ホノルルコーヒー」は1991年にハワイ・ホノルル市のダウンタウンで誕生したコーヒー店で、ハワイのコナ地区で収穫されるコーヒー豆を焙煎する「コナコーヒー」が看板です。
日本上陸は2012年で、お台場に1号店が出店したのちグランツリー武蔵小杉を含め19店舗を展開しています。

■「マカデミアナッツフレーバーコーヒー」
「マカデミアナッツフレーバーコーヒー」

こちらは主要メニューのひとつ「マカデミアナッツフレーバーコーヒー」(Sサイズ・税込320円)です。
苦味の中にマカデミアナッツの香りがほんのりと加わっていまして、同店でも人気があります。

■「ホノルルコーヒー」のフードメニュー
「ホノルルコーヒー」のフードメニュー

■「ガトーショコラ」
ガトーショコラ

「ホノルルコーヒー」では、コーヒー以外にもケーキなどのフードメニューがあります。
コーヒーとあわせて、こちらをオーダーされる方も多いようです。

客席は前述の通りオープンで、通路そばに座るようなイメージですので、知り合いの多い近隣住民の方ですと落ち着かない部分はあるかもしれません。
客席が通路からよく見えるお店が多い、というのはグランツリー武蔵小杉全般に言えることですね。状況がよくわかり入りやすいというメリットもありますので、一概に是非は判断ができないところです。
オープンカフェのように気軽に一休みするのに、よいと思います。

■賑わう1階レストランエリア「グルメウォーク」
賑わう1階レストランエリア「グルメウォーク」

今回は「グランツリー武蔵小杉」にハワイから吹く風、「マウイマイクス」「ホノルルコーヒー」の2店舗をご紹介しました。
また引き続き、別の店舗もご紹介していきたいと思います。

【関連リンク】
グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 マウイマイクス
グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 ホノルルコーヒー
マウイマイクス白山店 ウェブサイト
ホノルルコーヒー ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ウェブサイト
2014/10/10エントリ 11月22日(土)グランドオープン「グランツリー武蔵小杉」リリース第3弾発表、全160店舗+西武そごう店舗一挙紹介!
2014/11/6エントリ 11月22日(土)グランドオープン「グランツリー武蔵小杉」完成直前の準備状況
2014/11/9エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の日本最大級屋上庭園「ぐらんぐりんガーデン」先行レポート
2014/11/12エントリ 「タワーレコードグランツリー武蔵小杉店」が11月21日(金)13時プレオープンを発表、フロンターレコラボTシャツを販売
2014/11/15エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月21日(金)13時プレオープンを控え、イトーヨーカドー武蔵小杉店リニューアルオープン
2014/11/17エントリ グランツリー武蔵小杉オープン直前、綱島街道の拡幅車線・自転車専用レーンが供用開始
2014/10/18エントリ 「ぴあ武蔵小杉食本」本日発売、「グランツリー武蔵小杉」巻頭特集を掲載
2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場

Comment(0)