| Admin | Write | Comment |
川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。
2015/07. 1  2  3  4  5  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
【Reporter:はつしも】

2015年7月5日に、「第5回かわさき地産地消フェア with In Unityコアパークライブ」が開催されました。
本エントリでは、初開催となった同イベントのレポートをしてみたいと思います。

■こすぎコアパークで開催された「かわさき地産地消フェア with In Unityコアパークライブ」
こすぎコアパークで開催された「かわさき地産地消フェア with In Unityコアパークライブ」 

「かわさき地産地消フェア」は、川崎市産の農産物や加工品等の品評と即売会を行うイベントです。
多くの地域住民に新鮮で安全・安心な市内産農産物を知ってもらうと同時に、生産者の栽培技術の高さをアピールし、都市農業への理解と今後の消費拡大を図ることを目的としています。

例年川崎駅の地下街「アゼリア」で開催されていましたが、今回は「こすぎコアパーク」に会場を移し、さらに「かわさき地産地消フェアwith In Unity コアパークライブ」と題し、川崎最強の音楽イベント「In Unity」との共同開催となりました。

■「かわさきそだち」の販売
「かわさきそだち」の販売

まず、こすぎコアパークの東急線側にテントが並び、川崎市内の農産物や加工品等のPR販売が行われていました。
川崎市では、これらを「かわさきそだち」としてブランドイメージの向上をはかっています。

■「かわさきそだち」のマップ
「かわさきそだちガイドマップ」

会場には、「かわさきそだちガイドマップ」が掲示されていました。

さすがに、駅前商業地域と湾岸工業地域で構成される「川崎区」には野菜のマークはついていませんが、市内の幅広い地域で農産物が生産されていることがわかります。

■「かわさきそだち」の野菜
「かわさきそだち」の野菜

■「かわさきそだち」の加工品
「かわさきそだち」の加工品

「かわさきそだち」の加工品

各テントでは、さまざまな「かわさきそだち」の農産物、加工品が販売されていました。
正直なところ「多摩川梨」くらいしか知らなかったもので、新鮮でした。

■日本橋ふくしま館「MIDETTE」の福島県物産品販売
日本橋ふくしま館「MIDETTE」の福島県物産販売

日本橋ふくしま館「MIDETTE」の福島県物産品販売

「かわさきそだち」にまじって販売されていたのが、福島県の物産品です。
これは日本橋ふくしま館「MIDETTE」による出張販売です。

■日本橋ふくしま館「MIDETTE」 ウェブサイト
http://midette.com/

「なみえ焼きそば」など美味しそうでした。
これらの福島県の物産品は、日本橋の常設店舗でもいつでも購入できるようになっています。

■市内産鶏卵を見る川崎市・福田市長
市内産鶏卵を見る川崎市・福田市長

本イベントには、川崎市の福田市長も来場していました。
上記写真は川崎市内産の鶏卵に注目されているところです。

なお、このあと福田市長はこの足で、同日開催された川崎フロンターレの「ファン感謝デー」に向かわれたようです。

■「In Unityコアパークライブ」のステージ
「In Unityコアパークライブ」のステージ

■「進化論」のステージ
「進化論」のステージ

そして「地産地消フェア」の販売と並行して進められていたのが、「In Unityコアパークライブ」のステージです。

「In Unity」は中原区で年1回、大規模な音楽イベントを継続的に開催しているほか、昨年からはこすぎコアパークにおいても定期的なミニライブをスタートさせています。

今回の開会のご挨拶には、中原区のキャラクター「ロジーちゃん」に加えて、「かわさきそだち」のPRキャラクター「菜果ちゃん」も登場しました。

ステージにはミュージシャン・ダンスチームが5グループ出演し、コアパークを通行する方などが足を止めていました。

■「かわさきそだちクイズ」
「かわさきそだちクイズ」

ステージでは、音楽やダンスのほかに「かわさきそだちクイズ」も実施されました。
これは川崎市の農産物に関するクイズに「YES」「NO」形式で答えていくもので、中央のロープを境に左側「YES」、右側「NO」に分かれます。

上記写真は最終問題で、全員「NO」を選択してめでたく正解となりました。
優勝者多数に付き、賞品の川崎市産メロンはじゃんけんで決定です。

■かわさきそだちPRキャラクター「菜果ちゃん」
かわさきそだちPRキャラクター「菜果ちゃん」 

■菜果ちゃんの名刺
菜果ちゃんの名刺 
※画像の一部を加工しています。

イベント開催時間中、「ロジーちゃん」の姿はあまり見かけなかったのですが、「菜果ちゃん」はずっと会場内でPR活動をしていました。

菜果ちゃんは子どもたちと記念写真撮影に応じていたほか、名刺もみなさんに配っていました。

■購入した「かわさきそだち」のじゃがいも
「かわさきそだち」のじゃがいも

今回は「かわさきそだち」のじゃがいも(大4個入り150円)を購入して帰りました。
肉じゃがにしていただいたところ、たいへん美味しかったです。


過去の「かわさき地産地消フェア」は一大商業地である川崎駅前「アゼリア」の開催でしたので、それに比べると今回の「第5回かわさき地産地消フェア with In Unityコアパークライブ」はやや人出が少なかったかもしれません。
(過去開催を写真で見る限りの推定ですが)

ただ地下街とは違った開放的な空間で、音楽イベントとの組み合わせはまた面白かったのではないでしょうか。

本イベントが、また来年も「こすぎコアパーク」で開催されるかどうかは現段階ではわかりません。
たた、今まであまり知らなかった「かわさきそだち」に、ちょっと注目してみたいと思います。

【関連リンク】
(地産地消関連)
川崎市ウェブサイト かわさきそだちPRキャラクター 菜果(さいか)ちゃん
2013/12/3エントリ セントア武蔵小杉に地産地消イタリアン「Piccolo」が12月9日オープン、不動産3店舗目「ピタットハウス」オープンへ
2014/10/23エントリ 南武線エキナカで、地産地消。「多摩川梨ジャム」使用商品を販売中
2015/4/9エントリ 南武線エキナカ店舗限定 地産地消メニューが4月13日(月)まで提供中、南武線オリジナル付箋をプレゼント
2015/6/30エントリ 「第5回かわさき地産地消フェア with In Unity コアパークライブ」が7月4日(土)にこすぎコアパークで初開催

(In Unity関連)
In Unity 公式ウェブサイト
インユニブログ
2009/2/11エントリ In Unity2009 反町充宏実行委員長インタビュー(前編)
2009/2/12エントリ In Unity2009 反町充宏実行委員長インタビュー(後編)
2010/2/20エントリ 「新丸子インユニCafe」開催レポート
2010/3/14エントリ 「In Unity2010」開催レポート
2010/7/4エントリ 武蔵小杉の「ひと」(1):カワサキミュージックキャスト・反町充宏さん(前編)
2010/7/5エントリ 武蔵小杉の「ひと」(1)カワサキミュージックキャスト・反町充宏さん(後編)
2010/12/13エントリ 新丸子駅前広場完成記念「Inuni Cafe(インユニカフェ)」開催レポート
2011/3/1エントリ 川崎最強の音楽イベント「In Unity2011」3月6日(日)開催
2012/1/19エントリ 川崎最強の音楽イベント「In unity2012」の巨大フラッグ製作現場
2012/2/17エントリ 「インユニカフェ at 64Cafe+Ranai」開催レポート
2012/3/4エントリ 川崎最強の音楽イベント「In Unity2012」開催レポート
2013/3/3エントリ 川崎最強の音楽イベント「In Unity2013」開催レポート
2014/3/2エントリ 川崎最強の音楽イベント「In Unity2014」開催レポート
2014/9/6エントリ 「In Unityスペシャルミニライブ」開催レポート+法政通り商店街ストリートライブ+ナイス起震車体験
2015/3/8エントリ 川崎最強の音楽イベント「In Unity2015」開催レポート

(こすぎコアパーク開催イベント関連)
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート
2015/4/26エントリ こすぎコアパークのダンスイベント「第1回こすぎ舞祭」開催レポート
2015/6/13エントリ 「東急武蔵小杉駅開業70周年記念入場券」発売および「記念イベント」開催レポート
【Reporter:はつしも】

中原消防署に、7月1日より七夕の笹飾りが登場しました。
これは今年から初めて設置されたもので、7月7日頃まで短冊をつけてもらうことができます。

■中原消防署の七夕飾りと、消五郎
中原消防署の七夕飾りと、消五郎

中原消防署の七夕飾りは、入口からすぐの場所にあります。
隣には、火消しの「消五郎」の人形が立っているのが目を引きます。

この「消五郎」は、中原消防団の第8代団長である中田隆さんが寄贈したもので、再開発で建て替わる前の旧中原消防署にも飾られていました。

新中原消防署に移転してからは、消五郎は建物内の上階に引っ越してしまい、目に触れる機会が少なくなりました。
実は外から窓を見上げると後姿が少しだけ見えたのですが、このたび久々に表舞台に登場となりました。

■「短冊に願い事を書いて入れてね!」
短冊に願い事を書いて入れてね!」

中原消防署の笹飾りは、自分で短冊を結ぶのではなく、書いた短冊を箱に入れておくと消防署の方が付けてくれるシステムになっています。

■中原消防署特製の短冊
中原消防署特製の短冊

短冊は中原消防署特製の綺麗な色紙で、裏面に防災川柳が描いてありました。
7月1日からスタートして、すでにたくさんの短冊がついていました。

■「願い事がかなう短冊の書き方は?」
「願い事が叶う短冊の書き方は?」

笹飾りのそばには、願い事が叶う短冊の書き方が掲示されていました。

これはちょっとしたことで、
「~になりますように」
ではなく、
「~になる」
と書くのだそうです。

断言することによって、その願い事を叶えようと無意識のうちに自分の行動が変わり、よほど無茶なものでない限りは叶うということです。

通常通り「~になりますように」と書いてしまったあとにこれを読みましたが、なるほどと思いました。

■太助のペーパークラフト
太助のペーパークラフト 

笹飾りのそばには、ほかにも川崎市消防局のキャラクター「太助」や消防車のペーパークラフトがありました。

完成品のほかに原紙もありまして、持ち帰ることができるようになっていました。

■消防署などのミニカード
消防署などのミニカード

そしてこちらは、消防車などのミニカードです。
同様に自由に持ち帰ることができます。

ここになぜか、先日の武蔵小杉駅開業70周年イベントで配布されていたシールも置かれていました。

■火の用心風鈴
火の用心風鈴

火の用心風鈴

また壁面には、「火の用心風鈴」がありまして、こちらもひとり1つ持ち帰ることができます。

実はこれも冒頭にご紹介した「消五郎」を寄贈された中田隆さんの手によるもので、空き缶を加工して作られています。

中田隆さんはもう今年86歳になられるはずですが、お元気でいらっしゃるようですね。

■中田隆さん寄贈の「消五郎」
中田隆さん寄贈の火消しの「消五郎」 

なお、中原消防署の入口には、今から5年以上前、2010/3/27エントリでご紹介した「世界の消防車のミニカー」展示なども健在です。

■ミニカー等の展示
ミニカー等の展示

■日本の消防車のミニカー
日本の消防車のミニカー

■世界の消防車のミニカー
世界の消防車のミニカー

通常、なかなか中原消防署の建物内に入る機会もないと思いますし、入口に検問のような場所がありますので、入っていくのは少々勇気がいるかと思います。

ただ、普通に「七夕の短冊書かせてください」「ミニカーを見せてください」と言えば全く問題ありません。
「どうぞどうぞ」と入れてくれます。

今回の七夕飾りは、地域にとって中原消防署をより身近に感じてもらうために初めて設置したものということです。

入ってみると今回の記事でご紹介した通り、想像以上にフレンドリーな雰囲気の場所です。
7月7日まであと少しありますので、ご家族で行ってみるのも良いと思います。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅東部地区 A地区
武蔵小杉ライフ:生活情報:行政関連施設
2008/4/21エントリ 中原消防署 新庁舎移転
2009/2/7エントリ 東急テクノシステム跡地の消防車
2009/8/19エントリ 水難事故に備えよう
2010/3/27エントリ 中原消防署のミニカー展示
2010/6/15 中原消防署が住宅用火災報知機設置を呼びかけ
2011/6/29エントリ 中原消防署に双腕作業機「ASTACO」配備
2013/1/2エントリ 中原消防署の消防車ペーパークラフト
2013/8/31エントリ 川崎市総合防災訓練によりパークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー・等々力緑地でヘリ救助訓練等防災イベントを実施
2013/11/11エントリ 川崎市消防局の「太助」が、武蔵小杉駅前を歩く
【Reporter:はつしも】

本日2つ目のエントリです。

2015/6/3エントリにおいて、「武蔵小杉ワーキングマザー交流会 第3回ワークショップ」が2015年7月11日(土)に開催されることをお伝えしました。

その後、参加希望者が多数集まって当初の定員では不足となったため、会場が「リエトプラザ」から「リッチモンドホテルプレミア武蔵小杉」5階会議室に変更になりました。

申込が7月4日(土)に迫りましたので、あらためてお知らせいたします。

■「武蔵小杉ワーキングマザー交流会 第3回ワークショップ」
「武蔵小杉ワーキングマザー交流会 第3回ワークショップ」
※クリックで拡大します。
※6月9日に下記の通り会場および定員が変更されています。
 
■「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」第3回ワークショップの開催概要
▼日時 2015年7月11日(土)15:00~17:00
(懇親会17:30~ ※自由参加)
▼会場 リッチモンドホテルプレミア武蔵小杉 5階会議室【アクセス
※好評につき、会場が変更されました。
▼対象 武蔵小杉在住または住むことを検討されているワーキングマザーの皆様
▼定員 50名(事前申込制・先着順)
※好評につき、会場を変更し定員増となりました。
▼参加費 税込500円(懇親会 税込4,000円前後)
※懇親会は自由参加です。
▼主催 Mothers Be Anbitious
▼後援 NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント
(Tel.044-433-9180)
▼申込・問合せ 以下のWebサイトよりお願いいたします。
http://kokucheese.com/event/index/294299/
※ワークショップ終了後、場所を移して有志メンバーで懇親会を予定しています。ご都合のつく方は、ぜひ懇親会にもご参加ください。
※会場でのお子様の保育対応は行っておりません。誠に恐れ入りますが、お子様連れでのご参加はご遠慮いただきますよう何卒ご理解のほどお願いいたします。

■第3回ワークショップ プログラム
15:00-15:05 主催者挨拶
15:05-16:55 ★ママの気分が楽になるレッスン♪ 解決志向アプローチ★
臨床心理士・産業カウンセラー 成海由布子さん
 ・レクチャー
 ・グループワーク
 (自己紹介・グループのテーマ決め・ディスカッション)
 ・各グループのまとめと成海さんからのフィードバック
16:55-17:00 クロージング
17:30- 懇親会
※懇親会は自由参加です。会場は参加者に別途ご案内します。

<講師:成海由布子さんプロフィール>
臨床心理士・産業カウンセラー。大手広告代理店でコピーライターとして働いていくうち、心理士になることを決意して転職。仕事をしながら大学へ編入し、さらに大学院へと進み修士課程を修了。現在、大手生命保険会社でメンタルヘルス対策の専門家として勤務。自身も小学生2人のお子さんを持つワーキングマザー。

■過去のワーキングマザー交流会
過去のワーキングマザー交流会


「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」では、毎回テーマを設定したワークショップを開催しています。

「第1回」では、「ワークライフバランス」と「時短術」をテーマとして、参加者の皆さんがお互いの悩みや創意工夫を活発に語り合いました。

続いて「第2回」では、リクルートエグゼクティブエージェントの森本千賀子さんを講師とし、「ワーキングマザーのキャリア構築、仕事術」をテーマとした講演をふまえて交流が深められました。

そして今回の「第3回」は、心理的なアプローチです。
臨床心理士・産業カウンセラーの成海由布子さんを講師に迎え、最新の心理学理論である「解決志向アプローチ」によるストレスマネジメントについてレクチャーを受けたうえでグループワークを行っていきます。

■グループワーク風景
グループワーク風景

「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」は、忙しい毎日を過ごすワーキングマザーのキャリア形成や家庭生活との両立に焦点をあてた有志の交流会です。
今年初開催となる「第3回」は臨床心理士・産業カウンセラーの成海由布子さんを講師に迎え、最新の心理学理論である「解決志向アプローチ」によるストレスマネジメントについてレクチャーを受けたうえでグループワークを行っていきます。

すでに申込人数は40人近くに達し、当初定員を上回って今回もたいへん好評となっています。
申込期限は今週末、7月4日(土)までとなっていますので、ご関心ある方はどうぞお早めにお手続きくださいね。

【関連リンク】
NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント
2014/8/21エントリ 「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」発足、第1回ワークショップを2014年9月27日(土)開催
2014/10/29エントリ 好評企画「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」第2回ワークショップが2014年12月6日(土)開催、参加申込受付中
2015/6/3エントリ 「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」第3回ワークショップ「ママの気分が楽になるレッスン」が7月11日(土)開催、参加申込受付スタート
【Reporter:はつしも】

「第11回なかはら市民活動の集い なかはらっぱ祭り」が、2015年7月19日(日)に中原市民館で開催されます。

■Webなかはらっぱ 第10回なかはら市民活動の集い なかはらっぱ祭り
http://nakahara.genki365.net/gnkn04/pub/sheet.php?id=38940

第11回なかはらっぱ祭り

「なかはらっぱ祭り」は、中原区で活動する市民活動団体の発表と交流の場として、市民と中原区の協働により毎年開催されているものです。
「まちを考える」「芸に親しむ」「遊びに行こう!」「食を知ろう!」「音にふれよう!」「和みのひととき」の6つのテーマで、さまざまな企画が実施されます。

■「第11回なかはら市民活動の集い なかはらっぱ祭り」の開催概要
▼日時:2015年7月19日(日)10:00~16:00
▼会場:中原市民館(パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー1、2階)
※車・自転車での来場はご遠慮ください。
▼費用:入場無料、ただし催し物によって参加費・材料費が必要な場合があります。
▼主催:中原市民活動の集い実行委員会/中原区役所


■プログラム
<まちを考える>

内容 時間 会場
マナー・モラルアップ優秀作品展覧会
(マナー・モラルアッププロジェクト)
終日 ホール前
中原区の企業・商店街の環境に関する取組状況紹介&省エネ体験
(川崎市地球温暖化防止活動推進センター&CCなかはら・地球にいいことプロジェクト)
終日 会議室1
川崎の交通とまちづくりを考える会/川崎市コミュニティバス連絡会 パネル展示
(川崎の交通とまちづくりを考える会)
終日 会議室3
中原の農家さんに聞く“ベランダで種から育てる野菜とハボタン”
(なかはら20年構想委員会)
※参加費500円、事前申込制(7月10日(金)締切)
※申込先:中原区地域振興課044-744-3324
10:00-13:00 実習室
一緒に小杉のまちづくりを考えましょう パネル展示
(小杉・丸子まちづくりの会)
終日 会議室3

■「川崎の交通とまちづくりを考える会」
「川崎の交通とまちづくりを考える会」


<芸に親しむ>
ハワイアンキルト/トロピカル造花ククイ付ストラップ作り
参加費500円
終日 会議室2
能面・狂言面 終日 会議室2
環境紙芝居 終日 会議室5
機関紙「文化なかはら」の展示
(中原区文化協会)
終日 会議室2
あなたの好きな言葉お書きします
(楽健書道会)
終日 会議室4
青蘭流フラワーアレンジメント
(青蘭流)
※参加費500円
13:00-16:00 実習室
伝統ある日本舞踊
(日舞扇乃会)
13:30~14:30 ホール
未来の武道を創る 正伝空手道奥義塾演武
(正伝勤労者空手道・奥義塾)
14:30~15:00 ホール
Laulea ハワイアンフラショー
(ラウレア フラサークル)
15:00~16:00 ホール

■「楽健書道会」
「楽健書道会」

<遊びに行こう!>
オリジナルなうちわをつくろう!
(Coaクラブ)
終日 会議室4
まちふぉと写真展&出張まちづくりサロン
(中原区まちづくり推進委員会)
終日 市民活動センター
チャレンジ!昔遊び!!
(公園井戸端会議)
※参加費:風車100円、万華鏡300円
終日 体育室
福音“しあわせ”のカラクリパタパタ
(神奈川「三者の会」)
※参加費100円
終日 体育室
世界初100連射グライダー
(地域ふれあい つきやまサロン)
終日 体育室

■「オリジナルなうちわをつくろう!」
「オリジナルなうちわをつくろう!」

<食を知ろう!>
野菜をしっかりとっていますか? 終日 視聴覚室
おやこの食育教室
(中原区食生活改善推進員連絡協議会)
※参加費300円、事前申込制(7月10日(金)締切)
※申込先:中原区地域振興課044-744-3324
10:00~13:00 料理室

■過去の「食材釣りゲーム」(中原区食生活改善推進員連絡協議会)
過去の「食材釣りゲーム」(中原区食生活改善推進員連絡協議会)

<音に触れよう!>
みんなで楽しむ0歳からのコンサート
(武蔵小杉ファミリーウィンドオーケストラ)
10:00~11:00 ホール
In Unity Special Live!(In Unity実行委員会) 11:00~13:00 ホール
とどろき発 混声合唱(混声合唱団とどろき) 13:00~13:30 ホール

■「武蔵小杉ファミリーウィンドオーケストラ」
「武蔵小杉ファミリーウィンドオーケストラ」

<和みのひととき>
みんなの広場(休憩所・出入り自由)
(保育ボランティアグループ にじの会)
終日 児童室

パンフレットで告知されているプログラムは、以上です。

催しの中には一部材料費など有料となるもの、7月10日(金)までに事前申し込みが必要となるものがありますのでご注意ください。
また、パンフレットに記載されている以外にも企画が用意されているということです。

■スタンプラリーの景品
スタンプラリー

例年パンフレット告知外で実施されているものとしては、スタンプラリーがあります。
これは中原市民館・市民活動センター全体を使った本イベント会場の各所に設置されたスタンプを集めると、写真のような景品がもらえるというものです。

今年もおそらくは、実施されるのではないでしょうか。

また昨年に引き続き、今年も川崎最強の音楽イベント「In Unity」のプレイベント、「In Unity Special Live!」も開催されます。
ホール開催の音楽イベントの中では2時間という最も長い枠が割り当てられていまして、地元を中心に活動するミュージシャンが多数出演される予定です。

全体としてイベント内容は例年それほど変わっていませんので、関連リンクの過去開催レポートもご参考になるかと思います。
蒸し暑い時期、屋内で気軽に楽しめるファミリーイベントです。

■「なかはらっぱ祭り」会場の中原市民館
「なかはらっぱ祭り」会場の中原市民館

【関連リンク】
2009/7/20エントリ 第5回なかはらっぱ祭りと、実行委員会
2009/12/8エントリ 武蔵小杉に、花を植えよう。「花クラブ実行委員会」
2010/6/18エントリ 中原区の市民活動団体紹介冊子「なかはらっぱの仲間たち」
2010/7/10エントリ 武蔵小杉の「ひと」(2):なかはらっぱ(中原区地域振興課)・本多純さん
2010/7/11エントリ 武蔵小杉の「ひと」(2):なかはらっぱ(中原区地域振興課)・本多純さん
2010/7/18エントリ 「第6回なかはらっぱ祭り」イベントレポート
2011/6/5エントリ 武蔵小杉に、花を植えよう。「花クラブ実行委員会」による梅雨時の花々と花植え体験
2011/6/20エントリ 中原区役所の花植え体験花壇と、被災者の皆様へのメッセージ
2011/7/10エントリ 「第7回なかはらっぱ祭り」2011年7月17日(日)開催
2012/6/11エントリ 「二ヶ領用水 中原桃の会」による中原区制40周年記念植樹「源平枝垂れ桃」
2012/7/7エントリ 中原区役所の区制40周年記念デザイン花壇
2012/7/11エントリ 「第8回なかはらっぱ祭り」2012年7月15日(日)開催
2013/7/14エントリ 「第9回なかはらっぱ祭り」開催レポート
2014/7/21エントリ 「第10回なかはらっぱ祭り」開催レポート
【Reporter:はつしも】

世界のお茶専門店「ルピシア」が、2015年秋に武蔵小杉に出店することを決定しました。

また田園都市線沿線など郊外で展開する「アジアンビストロDai」が、2015年11月に武蔵小杉駅近接地に出店することが決定しました。

すでに11月下旬出店をお伝えした「(仮称)ベル・オーブ武蔵小杉店」とあわせて、この秋に武蔵小杉に出店が続くことになります。

まずは「ルピシア」からご紹介しましょう。

■世界のお茶専門店「ルピシア」
世界のお茶専門店「ルピシア」

■世界のお茶専門店 ルピシア ウェブサイト
http://www.lupicia.com/shop/default.aspx

「ルピシア」は、全国の商業施設に展開している「世界のお茶」の専門店です。
関東地方に本日現在68店舗がありますが川崎市にはアトレ川崎・マルイファミリー溝口の2店舗のみで、武蔵小杉が3店舗目となります。

■「ルピシア」の丸いお茶缶
「ルピシア」の丸いお茶缶

同店では紅茶、日本茶やオリジナルのブレンドティーやフレーバーティーなど、世界各国の様々なお茶を取り扱っています。
「ルピシア」の名前でピンとこない方も、上記写真のような薄くて丸い、お洒落な缶には見覚えがある方が多いのではないでしょうか?

■グランツリー武蔵小杉 ショップトピックス サンリオギフトゲート 世界のお茶専門店ルピシアとのコラボ商品
http://www.grand-tree.jp/web/event/topics/tenant_posts_1436.html

「ルピシア」のお茶缶は見た目が綺麗ですので、贈答品などで使われることが多いようです。
また上記のように、他社とのコラボレーション展開やオリジナル名入れ商品の提供なども行っています。

武蔵小杉での出店場所はわかりませんが、既存店舗はほとんどが各種百貨店、アトレ、ららぽーと、イオンモールなど商業施設への出店となっています。
突然地元商店街の路面に出ることは考えにくく、武蔵小杉でも「武蔵小杉東急スクエア」「ららテラス武蔵小杉」「グランツリー武蔵小杉」などの大型商業施設への出店の可能性が高いように思います。

非常に省スペースで展開できる店舗ですので、店舗入れ替えなどでの出店はそう難しくないでしょう。



続いて、「アジアンビストロDai」です。

■「アジアンビストロDai」武蔵小杉店のイメージパース
■「アジアンビストロDai」武蔵小杉店のイメージパース

「アジアンビストロDai」武蔵小杉店のイメージパース

「アジアンビストロDai」武蔵小杉店のイメージパース

「アジアンビストロDai」は、元・グローバルダイニング出身の望月氏の経営により急成長しているエスニックのお店です。
たまプラーザを1号店に、藤が丘、青葉台、駒沢、新百合ヶ丘、日吉などに店舗を展開しています。

ビールやワインなどに合うエスニック料理を、リーズナブルに提供するのがコンセプトになっています。

■ぐるなびPro 株式会社プレジャーカンパニー 代表取締役 望月 大輔氏 - 挑戦者たち -
http://pro.gnavi.co.jp/magazine/article/interview/in1503/

上記に望月氏のインタビューも掲載されていますので、ご参照ください。
こういった新進気鋭の外食経営者の選択肢に「武蔵小杉」が入ってくるようになったことは、近年の武蔵小杉の注目度上昇と無関係ではないと思われます。


さて、「アジアンビストロDai」は、2015年11月に武蔵小杉駅から至近の場所に出店するということです。
イメージパースをよく見ると、右手の客席が上下2フロア構造になっているようで、入口のレベルから少し下に半地下のようにフロアを掘り下げる必要があります。

となると、既存の大型商業施設はちょっと考えにくくなってくるのではないでしょうか。



■11月下旬同時期出店「(仮称)ベル・オーブ武蔵小杉店」のイメージパース
「(仮称)ベルオーブ武蔵小杉店」のイメージパース

「(仮称)ベルオーブ武蔵小杉店」のイメージパース 

また冒頭にも申し上げました通り、同店の出店時期は本サイト既報の「(仮称)ベル・オーブ武蔵小杉店」の出店時期ともちょうど重なっています。

かつての武蔵小杉になかったタイプの飲食店が同時に出店というのは、偶然なのでしょうか。

ひとつ可能性があるのは、東急武蔵小杉駅高架下に新設される店舗スペースですが、これはまだわかりません。

「2015年秋」予定の世界のお茶専門店「ルピシア」も時期的に近いですし、これから年末年始まで動きがいろいろありそうです。

【関連リンク】
世界の紅茶専門店 ルピシア
アジアンビストロDaiのブログ
2015/6/28エントリ 六本木発・ベルギービールのフレンチビストロ「ベル・オーブ」が2015年11月下旬武蔵小杉出店決定、豊洲店に続きタワーマンションの街へ
【Reporter:はつしも】

武蔵小杉新駅近くの株式会社リカザイの本社および工場が建て替えとなり、工場・店舗・共同住宅の6階建て複合ビルになることがわかりました。

この複合ビルの完成は、2016年3月末を予定しています。

■中丸子地区C地区の株式会社リカザイ
中丸子地区C地区の株式会社リカザイ

■リカザイの所在地
リカザイの所在地


■リカザイ ウェブサイト
http://atsuen.rikazai.co.jp/

株式会社リカザイは、武蔵小杉新駅南側の「中丸子地区C地区」にあります。
周囲を「シティハウス武蔵小杉」「野村不動産武蔵小杉ビルN棟・S棟」「富士通小杉ビル」に囲まれ、再開発地区に残された数少ない工場となっていました。

■「(仮称)リカザイ2015事業棟新築工事」のお知らせ
「(仮称)リカザイ2015事業棟新築工事」

■「(仮称)リカザイ2015事業棟新築工事」の建築計画
▼用途地域:工業地域
▼高度地区:第4種高度地区
▼指定建ぺい率:60%
▼指定容積率:200%
▼用途:工場・店舗・共同住宅
▼住戸数:27戸(ワンルーム16戸)
▼工事の種別:新築
▼構造:鉄骨造
▼階数:地上6階・地下0階
▼敷地面積:1,105.03㎡
▼建築面積:654.06㎡
▼延べ面積:2,380.55㎡
▼高さ:19.780m
▼着工予定:2015年9月15日
▼完了予定:2016年3月31日


先日コメントで情報提供いただいた通り、現在、リカザイには「建築計画のお知らせ」が公示されています。
用途は前述の通り工場・店舗・共同住宅とされ、株式会社リカザイは周辺の他の工場のようにこの土地を売却はせず、工場を維持した複合ビルを建設する形になりました。

着工は2015年9月で、それまでに既存の建物解体を行うということでしょう。
ただ、そこから6階建ての建物の竣工がわずか半年後の2016年3月末ですから、それほど凝ったものではなくシンプルなビルが建設されるものと思われます。

集合住宅の住戸数は27戸、うちワンルームが16戸です。
これは賃貸マンションとして供給されるものと想像されますが、確かなことはまだわかりません。

■武蔵小杉新駅ロータリー側から見たリカザイ前の道路
武蔵小杉新駅ロータリー側から見たリカザイ前の道路

また近隣にお住いの方にとって気になるのは、店舗ですね。
武蔵小杉新駅周辺はかつては工場地帯で、店舗はほとんどありませんでした。

新駅開業と前後して「デリド武蔵小杉店」やシティハウス武蔵小杉低層部の店舗群、野村不動産武蔵小杉ビルN棟の店舗群などが相次いでオープンし、現在ではそれなりに駅前らしい状態になっています。

■中丸子地区の店舗付きマンション群
中丸子地区の店舗付きマンション群

■中丸子地区の最後の新店舗だった「ドコモショップ武蔵小杉店」
中丸子地区の最後の新店舗だった「ドコモショップ武蔵小杉店」

中丸子地区の再開発は2013年の賃貸マンション「LROCKS」竣工でひとまず完了し、各開発案件の低層部に店舗がそろいました。
これまでのところ、三角地帯の川島製作所ビル1階に店舗区画を新設して「ドコモショップ武蔵小杉店」が2014年9月1日にオープンしたのが同地区最後の新規出店でした。

中丸子地区にはもうこれ以上テナントスペースがないため、既存店舗の入れ替えしか新規出店が望めない状態だったのですが、このたびのリカザイのビル建設により、さらにもう1店舗は新規出店ができることになります。
武蔵小杉新駅の貴重な店舗として、期待される方もいらっしゃることでしょう。

■富士通小杉ビル
富士通小杉ビル

■長津製作所
長津製作所

一方、中丸子地区で昔から残っている建物には、富士通のオフィスビル「富士通小杉ビル」、地元メーカー「長津製作所」があります。

「富士通小杉ビル」には富士通グループの一部部門が入居しており、隣接する「野村不動産武蔵小杉ビル」と合わせて富士通ゾーンを形成しています。
ただご覧の通り古いビルで、外壁には耐震補強の×印の鉄骨が組まれています。10年・20年、あるいはそれ以上の時間軸かもしれませんが、いずれは富士通によって建て替えなどが行われるのではないでしょうか。

■長津製作所 ウェブサイト
http://www.nagatsu.co.jp/

一方の長津製作所は、この地で古くから操業しているプラスチック金型のメーカーです。
こちらはまだ健在で、ちょうど7月以降に2016年度新卒採用の説明会や工場見学がこの場所で開催される予定です。

■グランシティ武蔵小杉Ⅱ
グランシティ武蔵小杉Ⅱ

■ナイスシティアリーナ武蔵小杉エアリーコート
ナイスシティアリーナ武蔵小杉エアリーコート

■ナイスシティアリーナ武蔵小杉ブライトコート
ナイスシティアリーナ武蔵小杉ブライトコート

■プラウド武蔵小杉グリーンフロント
プラウド武蔵小杉グリーンフロント

周辺のその他の旧工場跡地は、武蔵小杉再開発によってほとんどがマンションなどに姿を変えています。
ナイスシティアリーナ武蔵小杉の場所にあった「平山ファインテクノ」の移転先はこのすぐ近所で、現在はもう少し南側の御幸踏切近くにあります。

2015/6/26エントリでは、市ノ坪の工場地帯が次々と住宅・店舗・公園・保育所に転換され、このたび大規模な学生寮も進出が決定したことをご紹介しました。
武蔵小杉駅周辺を中心とした土地利用転換が、引き続き広範囲に進んでいます。

■変貌した新駅前で姿を変える「リカザイ」の看板
変貌した新駅前で姿を変える「リカザイ」の看板

「リカザイ」はその中にあって、工場は維持しつつも「店舗」「共同住宅」を併設して駅前らしい環境変化に対応していくことになりました。
これは自然の流れと申しますか、経営効率を考えたうえでの必然的な経営判断なのでしょう。

再開発の周辺部だけでなく、再開発中心部に残された既存建築物の更新や転換も、今後進んでいくことと思います。

■変貌した中丸子地区
変貌した中丸子地区

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:中丸子地区 C地区
2013/3/16エントリ 「やる気スイッチグループ」武蔵小杉校開校、武蔵小杉新駅周辺の店舗出揃う
2014/2/4エントリ CHINA BISTRO「WANG’S GARDEN(ワンズ ガーデン)」武蔵小杉店が本日オープン
2014/8/26エントリ グランツリー向かい側「ドコモショップ武蔵小杉店」2014年9月1日(月)オープン
2015/6/26エントリ 市ノ坪の工場跡地で、伊藤忠都市開発が391戸の大規模学生寮を2017年オープンへ
【Reporter:はつしも】

「第5回かわさき地産地消フェア with In Unity コアパークライブ」が2015年7月4日(土)に開催されます。

■「第5回かわさき地産地消フェア with In Unity コアパークライブ」
「第5回かわさき地産地消フェア with In Unity コアパークライブ」 
※クリックで拡大できます。

「かわさき地産地消フェア」は、川崎市産の農産物や加工品等の品評会と即売会を行うイベントです。
多くの地域住民に新鮮で安全・安心な市内産農産物を知ってもらうと同時に、生産者の栽培技術の高さをアピールし、都市農業への理解と今後の消費拡大を図ることを目的としています。

2011年にスタートし、これまでは川崎駅前の地下街「アゼリア」で開催されていましたが、今回は武蔵小杉駅前の「こすぎコアパーク」で初めて開催されることになりました。

また今回は「かわさき地産地消フェアwith In Unity コアパークライブ」と題し、中原区において音楽活動と世代を越えた交流の場を継続的に提供している「In Unity」との共同開催となります。

■過去の「かわさき地産地消フェア」
「かわさき地産地消フェア」 
※川崎市ウェブサイトより

■川崎市ウェブサイト「第5回かわさき地産地消フェア with In Unity コアパークライブ」の開催について
http://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000068343.html
■In Unityウェブサイト「第5回 かわさき地産地消フェア with こすぎコアパークライブ」を開催します
http://inunity.jp/event0704/
 
■「第5回かわさき地産地消フェア with In Unity コアパークライブ」の開催概要
▼日時:2015年7月4日(土)10:30~15:00
▼会場:東急武蔵小杉駅南口 こすぎコアパーク
▼主催:かわさき地産地消推進協議会・中原区音楽ライブ実行委員会
▼共催:川崎市・セレサ川崎農業協同組合・川崎商工会議所

■プログラム
▼市内産農畜産物のPR販売(売切次第終了)
新鮮・安全・安心の市内産採れたて野菜や、産みたての鶏卵を販売します。
 
(市内農畜産物「かわさきそだち」の販売)
川崎市内産農産物「かわさきそだち」の販売 
※川崎市ウェブサイトより

▼市内産農産物加工品等の販売(売切次第終了)
市内農家が作った市内産農産物の手作り加工品を販売します。

(ジャムやドレッシングなど加工品の販売)
川崎市内産農産物による加工品の販売
※川崎市ウェブサイトより

▼夏季農産物品評会出品物の一般観覧
夏季農産物品評会で、特別賞を受賞した出品物の観覧を行います。

(農産物品評会受賞品の観覧)
品評会出品物の一般観覧 
※川崎市ウェブサイトより

▼被災地の物産販売(売切次第終了)
東日本大震災により被災された福島県の物産品を販売します。昨年に引き続き『日本橋ふくしま館MIDETTE(みでって)』が出店します。

(福島県の物産販売)
F串間県の物産販売 
※川崎市ウェブサイトより

▼音楽イベントIn Unityコアパークライブの開催
中原区内のアマチュアバンドやダンスグループによる演奏やダンスを披露します。

【タイムテーブル】
10:30 開会式
11:00 進化論(ミュージシャン)
11:30 PARVANE(ベリーダンス)
12:00 puca(ミュージシャン)
12:30 夏季農産物品評会PR
13:00 まつもとななみ(歌のおねえさん)

13:30 Soul-Jam! Mass Choir(ゴスペル)
14:00 子ども向けステージ 食農のおはなし&クイズ大会
15:00 閉会 
 
(In Unityコアパークライブのチラシ)
In Unityコアパークライブのチラシ
※クリックで拡大できます。 

(In Unityによるライブ)
 

▼かわさきそだちクイズ大会の開催(14:00~)
市内産農産物「かわさきそだち」などが当たるクイズ大会を開催します。



なお、過去の「かわさき地産地消フェア」のその他の開催風景は、川崎市のウェブサイトに掲載されています。

■川崎市ウェブサイト 第4回かわさき地産地消フェア開催風景
http://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000059582.html

川崎駅地下街「アゼリア」は普段からにぎやかな場所でもあり、地産地消フェア会場もたいへん賑わっているのがわかります。
第4回では、声優・歌手の早乃香織さんがゲストで来場されていました。

■「かわさきそだち」PRキャラクター「菜果ちゃん」
「かわさきそだち」PRキャラクター「菜果ちゃん」

そしてもちろん、川崎市内産の農産物「かわさきそだち」といえば、PRキャラクターの「菜果ちゃん」ももちろん登場予定です。

頭の上に、かわさきそだちの農産物がたくさん載っています。

■過去のコアパークでの「In Unityスペシャルミニライブ」
過去のコアパークでの「In Unityスペシャルミニライブ」 

一方、今回共催となる「In Unity」のミニライブは、以前から「こすぎコアパーク」で開催されてきました。
スタートしたのは2014年9月で、当時はこれが「こすぎコアパーク」の初のイベント利用でした。

その後は「コスギフェスタ」「こすぎ舞祭」「献血活動」「東急武蔵小杉駅70周年イベント」などの活用が増えてきましたけれども、「In Unity」がコアパークのイベント活用の草分け的存在といえるでしょう。

今回の「第5回かわさき地産地消フェア with In Unity コアパークライブ」は、同会場において久しぶりに大きめのイベントになりそうです。

地元を中心に活躍するミュージシャンの音楽を聴きつつ、まだまだ知らない川崎市内の農産物や加工品に出会ってみるのも良いと思います。

【関連リンク】
(地産地消関連)
川崎市ウェブサイト かわさきそだちPRキャラクター 菜果(さいか)ちゃん
2013/12/3エントリ セントア武蔵小杉に地産地消イタリアン「Piccolo」が12月9日オープン、不動産3店舗目「ピタットハウス」オープンへ
2014/10/23エントリ 南武線エキナカで、地産地消。「多摩川梨ジャム」使用商品を販売中
2015/4/9エントリ 南武線エキナカ店舗限定 地産地消メニューが4月13日(月)まで提供中、南武線オリジナル付箋をプレゼント

(In Unity関連)
In Unity 公式ウェブサイト
インユニブログ
2009/2/11エントリ In Unity2009 反町充宏実行委員長インタビュー(前編)
2009/2/12エントリ In Unity2009 反町充宏実行委員長インタビュー(後編)
2010/2/20エントリ 「新丸子インユニCafe」開催レポート
2010/3/14エントリ 「In Unity2010」開催レポート
2010/7/4エントリ 武蔵小杉の「ひと」(1):カワサキミュージックキャスト・反町充宏さん(前編)
2010/7/5エントリ 武蔵小杉の「ひと」(1)カワサキミュージックキャスト・反町充宏さん(後編)
2010/12/13エントリ 新丸子駅前広場完成記念「Inuni Cafe(インユニカフェ)」開催レポート
2011/3/1エントリ 川崎最強の音楽イベント「In Unity2011」3月6日(日)開催
2012/1/19エントリ 川崎最強の音楽イベント「In unity2012」の巨大フラッグ製作現場
2012/2/17エントリ 「インユニカフェ at 64Cafe+Ranai」開催レポート
2012/3/4エントリ 川崎最強の音楽イベント「In Unity2012」開催レポート
2013/3/3エントリ 川崎最強の音楽イベント「In Unity2013」開催レポート
2014/3/2エントリ 川崎最強の音楽イベント「In Unity2014」開催レポート
2014/9/6エントリ 「In Unityスペシャルミニライブ」開催レポート+法政通り商店街ストリートライブ+ナイス起震車体験
2015/3/8エントリ 川崎最強の音楽イベント「In Unity2015」開催レポート

(こすぎコアパーク開催イベント関連)
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート
2015/4/26エントリ こすぎコアパークのダンスイベント「第1回こすぎ舞祭」開催レポート
2015/6/13エントリ 「東急武蔵小杉駅開業70周年記念入場券」発売および「記念イベント」開催レポート
【Reporter:はつしも】

2015/6/2エントリでお伝えした、武蔵小杉の新しいソムリエのお店「ビストロランタン(BISTRO LANTERN)」「クレフ(Clef)武蔵小杉店」が相次いでオープンしました。

いずれもワインにこだわりを持ち、大人の飲みスポットの選択肢が広がります。

■小杉ビルディングの「ビストロランタン」入口
小杉ビルディングの「ビストロランタン」入口 

まず「ビストロランタン」は、武蔵小杉駅北口の小杉ビルディングの地下1階に本日6月29日にオープンしました。

ロータリーに面した地上に、地下のレストラン街「Kosugi KItchen」への入口がありまして、ここに「ビストロランタン」の看板やメニューが出ていました。

■ホットペッパーグルメ ビストロランタン
http://www.hotpepper.jp/strJ001119419/

■地下1階の「ビストロランタン」
地下1階の「ビストロランタン」

地下1階の「ビストロランタン」

地下1階の「ビストロランタン」は、「とんQ亭」跡地に出店しました。
オープン初日からお客さんで一杯で、店内はたいへん賑やかな雰囲気でした。

■ワインリスト
ワインリスト

ワインリスト

ワインリストには、
「困った時は、当店ソムリエまでお尋ねください。あなた好みのワインをお選びいたします。」
と書いてありました。

やはりソムリエが選ぶワインがセールスポイントになっています。

その他のメニューは武蔵小杉ライフfacebook版に掲載しておりますので、どうぞご参照ください。

■武蔵小杉ライフfacebook版 ビストロランタン全メニュー

本日6月29日オープン「ビストロランタン」のメニューです。

Posted by 武蔵小杉ライフ on 2015年6月29日

■「ビストロランタン」のロゴ
「ビストロランタン」のロゴ

■小杉ビルディング1階路面の「BALSA BALSA」
小杉ビルディング1階路面の「BALSABALSA」

なお、小杉ビルディング1階路面には、昨年オープンのスパニッシュバル「BALSA BALSA」も営業をしています。

こちらは暖かくなってから、路面のカウンター席も使われるようになりました。


続いて、オープン後の「クレフ武蔵小杉店」も見てみましょう。

■府中街道の「PrimaSK武蔵小杉」2階の「クレフ」
府中街道沿い「PrimaSK武蔵小杉」 

府中街道の「PrimaSK武蔵小杉」2階の「クレフ」
 
「クレフ武蔵小杉店」は、府中街道沿いの「PrimaSK武蔵小杉」2階に6月22日にオープンしました。

こちらは「ビストロランタン」とはうってかわって落ち着いた雰囲気のお店です。
元々は溝の口のお店で、今回武蔵小杉に進出しました。

■ホットペッパーグルメ クレフ武蔵小杉店
http://www.hotpepper.jp/strJ001119541/

ホットペッパーグルメのページを参照すると、「クレフ武蔵小杉店」では250種類以上のワインがセラーに揃っているそうです。

こちらもソムリエのお勧めが楽しみなお店です。

■ワイン樽の看板
ワイン樽の看板

「クレフ武蔵小杉店」の外壁には、ワイン樽の看板がライトアップされていました。

府中街道沿いのビル2階にあって目立つお店とはいえませんが、これは一見して「ワインのお店」だということがわかりますね。

駅前でたいへん賑やかだったオープン初日の「ビストロランタン」に比べて、こちらはロケーションが違うこともあってか、今日は静かなものでした。

ただお店の雰囲気自体がしっとりとワインを楽しむ感じですので、「クレフ」はそれで良いのかもしれません。


このようなわけで、武蔵小杉にほぼ同時に2店舗、新しい「ソムリエが勧めるワインのお店」が登場しました。
それぞれにタイプも違いますので、また選択肢が増えて良いと思います。

ワイン愛好家の皆様、いかがでしょうか。

【関連リンク】
(小杉ビルディング関連)
日本商業施設株式会社 実績紹介
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅北部地区
2013/1/29エントリ 小杉ビルディングをドン・キホーテグループの日本商業施設が取得
2013/2/23エントリ 小杉ビルディングの三井住友銀行が東京機械製作所オフィスビルに2013年5月27日に移転
2013/5/27エントリ 「TKS武蔵小杉ビル」に「三井住友銀行武蔵小杉支店」が本日オープン
2013/11/16エントリ 「塚田農場武蔵小杉北口店」が2013年11月28日(木)オープン、予約受付開始
2014/1/20エントリ 小杉ビルディングにカラオケ店「コート・ダジュール」2店舗目、武蔵小杉北口店が2014年3月上旬オープンへ
2014/2/13エントリ 小杉ビルディングの、怒れるドコモダケ
2014/8/7エントリ ドコモショップ武蔵小杉駅前店が、2014年9月1日に武蔵小杉東急スクエア店に統合
2014/8/26エントリ グランツリー向かい側「ドコモショップ武蔵小杉店」2014年9月1日(月)オープン
2014/9/9エントリ 「北海道新得町塚田農場」が武蔵小杉駅南口・センターロード内に出店
2014/9/15エントリ 武蔵小杉駅北口の「武蔵小杉駅前交番」が2014年11月4日まで閉鎖、「デイリーヤマザキ」が9月10日閉店
2014/10/9エントリ 小杉ビルディングのデイリーヤマザキ跡地に「ファミリーマート武蔵小杉北口店」が2014年10月31日(金)オープン予定
2014/11/11エントリ 武蔵小杉駅北口の小杉ビルディングにスパニッシュバル「BALSA BALSA」、ファミリーレストラン「ガスト」が2014年12月オープン
2014/12/4エントリ 武蔵小杉駅北口・小杉ビルディングのスパニッシュバル「BALSA BALSA」12月12日オープン、ファミリーレストラン「ガスト」12月26日オープン
2014/12/19エントリ 小杉ビルディングのスパニッシュバル「BALSA BALSA」のパスタランチと、「ガスト」12月26日オープン準備中
2014/12/30エントリ 小杉ビルディングの「ガスト」が本日グランドオープン、旧ドコモショップ跡地は2分割に
2015/1/31エントリ 小杉ビルディング1階に「マツモトキヨシ」が出店決定、既存の「武蔵小杉店」が移転へ
2015/2/11エントリ 小杉ビルディング1階・マツモトキヨシ隣に「auショップ武蔵小杉北口」が2月27日移転オープン
2015/2/27エントリ 本日「東急ストア新丸子店」リニューアルオープン、「auショップ武蔵小杉北口」移転オープン
2015/5/2エントリ 小杉ビルディングに「マツモトキヨシ武蔵小杉駅北口店」がオープン、処方箋受付を4月1日開始

 (Clef関連)
2015/4/29エントリ 府中街道沿い「Prima SK武蔵小杉」に創作料理とソムリエが選ぶワインのお店「Clef」が2015年6月下旬オープンへ

(両店舗共通)
2015/6/2エントリ 武蔵小杉でソムリエ対決。小杉ビルディングに6月下旬出店のフレンチ「ビストロランタン」と、溝の口から7月出店「クレフ」
【Reporter:はつしも】

六本木発・ベルギービールのフレンチビストロ「ベル・オーブ」が、2015年11月下旬頃に武蔵小杉に出店することを決定しました。

同店はベルギーの醸造家からベルギービールの直輸入を行っており、既存店では約50種類を楽しむことができます。
店舗名は仮称であり、既存の「ベル・オーブ」になるのか、または新ブランドになるのかはまだ未決定です。

■ベル・オーブ ウェブサイト
http://www.belgaube.jp/
■ベル・オーブ ブログ 武蔵小杉のみなさんこんにちは。
http://blog.belgaube.com/post/121996974214
 
■「(仮称)ベル・オーブ武蔵小杉店」のイメージパース
「(仮称)ベルオーブ武蔵小杉店」のイメージパース

「(仮称)ベルオーブ武蔵小杉店」のイメージパース

「ベル・オーブ」は、株式会社M's kitchenによるベルギービールのビストロです。
同社は「ベル・オーブ」を六本木、ららぽーと豊洲、東京芸術劇場(池袋)に出店しているほか、別ブランド「デリリウム」(銀座、霞が関東京倶楽部、赤坂Bizタワー)など合計8店舗を展開しています。

同社は1号店である「ベル・オーブ六本木店」をはじめとして、その後基本的には都心のプレミア感の高いロケーションに各ブランドを出店させてきました。
その中で2号店「ベル・オーブ豊洲店」が、唯一新興住宅街に出店しています。

前掲のベル・オーブのブログにおける武蔵小杉出店挨拶を参照すると、「豊洲店」が「武蔵小杉出店」決定のベースになったということが説明されています。

六本木や銀座など都心の店舗ですと当然ながら来客層はさまざまな場所から集まってきた人になるわけですが、豊洲の場合は近隣のタワーマンションの住民の割合が高くなります。

豊洲にお住まいのさまざまなご家族との交流もあり、現在もタワーマンションのパーティールームでのパーティーを開催するなど、奥様方と仲良くされているということです。

また豊洲ではニューファミリーが多く、エネルギーがある街であると記述されています。

■武蔵小杉のタワーマンション
角度を変えてみる武蔵小杉の高層ビル群

「ニューファミリーの多いタワーマンション街」という点で、武蔵小杉と豊洲は共通する部分が多くあります。

前掲の出店挨拶でも書かれている通り、「豊洲はニューファミリーが多くエネルギーのある街」「武蔵小杉のエネルギーを感じたい」ということで、「ベル・オーブ」の武蔵小杉出店は、豊洲において成功した地域密着のコンセプトを再現しようというもののようです。

メインターゲットはやはり「武蔵小杉のタワーマンションにお住まいの方」ということになるのでしょうね。

「ベル・オーブ」はベルギービールのイベントや「そうめん流し」イベントなども開催していまして、楽しそうです。



なお、オープン時期は2015年11月下旬予定と告知されていますが、出店場所はまだあきらかになっていません。

同店のこれまでの出店場所に相当するような場所というと、武蔵小杉では「グランツリー武蔵小杉」くらいなのですが、「(仮称)ベル・オーブ」は24時を超過した深夜営業を想定しているようで、この点がややマッチしません。
(ららぽーと豊洲では通常は23時、週末のみ深夜営業をしており、同様のアレンジが絶対にないとはいえませんが)

前掲のコンセプトからすると、同店としてはタワーマンション側のロケーションを想定しているのでは、とも思いますが、西側既存市街地の路面という可能性もあるものかどうか、現段階ではよくわかりません。

このあたりはまたわかることがあれば、お伝えしたいと思います。

【関連リンク】
M's Kitchen ウェブサイト
ベル・オーブ Facebookページ

【Reporter:はつしも】

等々力陸上競技場の「フロンターレロード」近くに、小鳥の装飾がついた車止めがありました。
川崎フロンターレが松本山雅を迎えたホームゲーム開催日、その小鳥たちが両チームのユニフォームカラーの手編み服をまとっていました。

■フロンターレロード近くの車止め
フロンターレロード近くの車止め

府中街道から等々力陸上競技場に向かう場合、川崎市公文書館・サイゼリヤの間を抜けてフロンターレロードに出るのがポピュラーなルートのひとつになっています。
フロンターレロードの前には横断歩道がありまして、ここに今回ご紹介する車止めが設置されています。

■株式会社サンポール 製品開発ヒストリー ピコリーノができるまで
http://www.sunpole.co.jp/stories/2015/01/picolino01.php

この車止めは株式会社サンポールによる「ピコリーノ」という商品で、効率性をこえた同社のこだわりが込められています。
その小鳥たちに、ご覧の通り手編みの服が着せられていました。

■フロンターレカラーの手編み服をまとった小鳥たち
フロンターレカラーの手編み服をまとった小鳥たち

こちらはフロンターレカラーの服をまとった小鳥たちです。
車止め「ピコリーノ」ひとつに、4羽の小鳥が仲良く並んでいました。

■松本山雅カラーの手編み服も
松本山雅カラーの手編み服も

そして別の車止めには、当日の対戦相手、松本山雅カラーの手編み服を着た小鳥も1羽いました。

※6月27日追記
フロンターレのゴールキーパーの色ではないか、という解釈もあるようです。確かにそうかもしれませんね。
 
■等々力まで応援にいらした松本山雅サポーターの皆さん
等々力まで応援にいらした松本山雅サポーターの皆さん

「松本山雅カラー」といってもすぐにわからない方が多いかと思いますが、ご覧の通り深い緑色がチームカラーになっています。

この日は川崎フロンターレと、今季よりJ1に昇格した松本山雅の初対戦でした。
松本市から武蔵小杉は決して交通の便が良いとはいえませんが、等々力陸上競技場に約5,000人もの松本山雅サポーターが来場したということです。

■川崎フロンターレ ゲーム記録 2015/J1リーグ 第16節 vs.松本山雅FC
http://www.frontale.co.jp/goto_game/2015/j_league1/16.html

フロンターレの発表によれば当日の来場者数が21,490人ですから、普段のホームゲームと比べても相当ビジターの割合が高い結果になりました。
そんな松本山雅サポーターをフロンターレサポーターが温かく迎えることで、各所でサポーター同士の交流が生まれたようです。

■本とラジオと自転車と 【川崎フロンターレ】歓迎松本山雅サポ!等々力へようこそ~2015年1st.第16節vs松本@等々力
(前編)
http://kon-kon-chiki.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/20151st16vs-142.html
(後編)
http://kon-kon-chiki.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/220151st16vs-83.html

なお、車止めにあった小鳥たちの服は、松本山雅戦当日のみ着せられていたもので、翌日はすでにありませんでした。
 
■当日のみとなったチームカラーの小鳥たち
当日のみとなったチームカラーの小鳥たち



ところで、この車止め「ピコリーノ」に服を着せる仕掛けは、実は今回の等々力がオリジナルというわけではありません。
以前から江ノ島駅の「江ノ電すずめ」が話題になっています。

■はまれぽ.com 江ノ島駅前のすずめ達、だれが衣替えをしているの?
http://hamarepo.com/story.php?story_id=1142

江ノ島駅前も同じ「ピコリーノ」がありまして、もう15年以上前から、駅売店に勤めていた女性が季節ごとにさまざまな手編みの服を小鳥たちに着せていたのだとか。
そのかわいらしさがたいへん人気を集め、江ノ島電鉄から感謝状が贈呈されたこともあります。

すでに店員さんは退職されていますが、現在も引き継がれているそうです。

等々力陸上競技場の小鳥たちも、おそらくはこれに発想を得たものと思われます。
ひょっとしたら「江ノ電すずめ」のように、また別の服を着た姿を見ることができるかもしれませんね。

【関連リンク】
川崎フロンターレ ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園情報 等々力緑地
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレカテゴリ記事

(フロンターレ関連の最新記事)
2015/3/13エントリ 等々力陸上競技場 新メインスタンド完成。報道機関向け内覧会・完成記念式典最速レポート!
2015/3/29エントリ 等々力陸上競技場新メインスタンドの、藤子・F・不二雄ミュージアムコラボのブロンズ像 全8体をご紹介
2015/5/19エントリ 川崎フロンターレとドルトムントが7月7日に等々力陸上競技場で親善試合を開催決定
2015/5/27エントリ フロンターレの「遅割」半額チケットで、お得に楽しむ平日夜の等々力ホームゲーム
2015/6/16エントリ 等々力陸上競技場「ホームA」で楽しむ、フロンターレのホームゲーム/読書会「フロンターレあるあるを読もう!」6月23日開催
2015/6/22エントリ 川崎フロンターレ協力「親子サッカードリーム教室」が本日開催、新井選手・小宮山選手・伊藤宏樹元選手が登場
  • 武蔵小杉ライフFacebook版
川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイトのFacebook版です! サイト本体では紹介しきれない未公開情報なども掲載していきます。
  • Twitter
  • メインコンテンツ
  • 最新記事
(07/05)
(07/04)
(07/03)
(07/03)
(07/02)
(07/01)
(06/30)
(06/29)
(06/28)
(06/27)
  • 最新コメント
[07/05 こまち]
[07/03 みぃ]
[07/02 れな]
[07/01 AKITO]
[06/30 ぴーぴ]
[06/29 みぃ]
[06/29 みぃ]
[06/29 みぃ]
[06/29 パオ]
[06/29 ひろ]
  • ブログ内検索
  • アーカイブ
  • プロフィール
HN:
武蔵小杉ライフ運営委員会
性別:
非公開
自己紹介:
■ブログライターについて
タウン情報サイト「武蔵小杉ライフ」を運営しております。

はつしも:
 武蔵小杉ライフ運営委員会代表。ウェブ構築・渉外・企画を担当し、ブログでは再開発や街ネタ記事を担当。

つごもり:
 育児関係やスイーツ・パン・レストランなどグルメ関係の記事を担当。

かれじし:
 特別ライター。はつしも、つごもりとは違った切り口で街の話題をご紹介します。

たちばな:
 新メンバー。他のメンバーが苦手とする分野や、グルメ系を担当します。

■コメントについて
コメントは承認制であり、歓迎いたします。ただし、コメント内容に事実でないことを含むもの、荒らしと思われるものなど不適切と当サイトが判断するものは承認いたしませんので、あらかじめご了解ください。


■著作権について
当ウェブサイトの文章、写真の著作権は「武蔵小杉ライフ運営委員会」および提供元に帰属し、マップの著作権は株式会社昭文社に帰属します。コンテンツの一部及び全部の転載・複製・二次利用、著作権法上認められた範囲を超えた引用は著作権の侵害となりますので禁止といたします。
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © 武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ) All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie