| Admin | Write | Comment |
川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。
2014/04. 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


法政通り商店街に、「シャチハタタワー武蔵小杉」が登場しました。
 
■「シャチハタタワー武蔵小杉」
「シャチハタタワー武蔵小杉」 
 
「シャチハタタワー武蔵小杉」が登場したのは、商店街の一角の空き地です。
シャチハタやみとめ印販売用の陳列タワーが、なぜこんなところに?と思って見回しますと…。

■周りを見回すと…
周りを見回すと…

■「シャチハタ200円 その他100円」
シャチハタ200円、その他100円

■「お金を入れて下さい」
「お金を入れて下さい」

…これは、シャチハタなどの販売をしているようですね。
シャチハタ200円、その他100円だそうです。

タワーが登場したのは、よくよく思い返してみますと、かつて法政通り商店街で営業していた「ペンギン堂文具店」の跡地です。

■かつての「ペンギン堂文具店」
かつての「ペンギン堂文具店」
  
ペンギン堂文具店は、法政通り商店街から法政二中・高への曲がり角にありました。古色蒼然とした、正直営業しているのかどうか判断がつきかねるような外見でしたが、先般閉店し、建物が取り壊しになりました。

このシャチハタ販売は、ペンギン堂文具店が在庫処分で実施していたものだったのですね。
  
■タワーに並ぶ各種印鑑
タワーに並ぶ各種印鑑

印鑑はシャチハタ以外にも各種あります。
セルフサービスでお値段も安いようですので、通りかかった際にはお名前を探してみてはいかがでしょうか。

■夜の「シャチハタタワー武蔵小杉」
  
 
「シャチハタタワー武蔵小杉」は、夜になるとブルーシートで覆われています。
盗難などのリスクは少ないとは思いますが、一応いたずら防止でしょうか。
 
なお、この「シャチハタタワー」、先日の「こすぎ名物花見市」でも二ヶ領用水に登場していました。
そのときは「何故こんなところにシャチハタが?」と全くわけがわからなかったのですが、「ペンギン堂文具店」が出店していたのですね。

法政通り商店街は、なかなか意表を突いた展開をしてきます。

【関連リンク】
2008/2/15エントリ 武蔵小杉の空に、謎の人影
2008/3/20エントリ 今井上町・サントリーのサントリー
2009/1/16エントリ 小杉駅南部地区A地区にも自転車マナー看板
2009/2/1エントリ 洗っていいとも!中原店
2009/2/13エントリ いつもポケットに、武蔵小杉ライター
2009/5/20エントリ 等々力緑地の竹林で、許されざる・・・
2009/9/30エントリ 今井上町の二宮金次郎、地上に降り立つ
2009/10/11エントリ 「(武蔵)小杉」
2010/5/31エントリ 等々力緑地の猫
2010/6/12エントリ 小杉御殿町の「キックオフ」と「ノーサイド」
2010/6/19エントリ 小杉町3丁目中央地区の生首
2010/7/26エントリ 小杉町3丁目中央地区の生首・その後
2011/1/4エントリ 小杉町3丁目中央地区の生首・さらにその後
2011/4/2エントリ 小杉御殿町の「キックオフ」と「ノーサイド」、その後
2011/5/17エントリ 小杉御殿町の「青いリボン」と「赤いリボン」
2012/8/23エントリ 武蔵小杉の不動産屋さん「帝観ホテル」と、「ビジネスホテル小杉」
2014/4/7エントリ 「第37回こすぎ名物花見市」レポート


2014年4月17日(木)にプレオープンした「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」は、本日18日(金)にプレオープン2日目、明日19日(土)にグランドオープンを迎えます。
この土日には、また多くの方が集まるのではないでしょうか。

中原区は自転車利用者がたいへん多いのが特徴であり、「ららテラス武蔵小杉」も自転車での来館が想定されます。
本エントリでは、オープン後初の土日を前に「ららテラス武蔵小杉」およびその周辺での駐輪場利用をご案内したいと思います。

■「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」
「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」
 写真提供: @motoy さん

■駐輪場・駐車場の入口
駐輪場・駐車場の入口

「ららテラス武蔵小杉」の駐輪場・駐車場入口は、中原市民館側の道路沿いにあります。
左手のやや上り坂の細道が駐輪場入口、右手の地下へのスロープが駐車場入口です。

■1階駐輪場入口
1階駐輪場入口

■2階駐輪場入口
2階駐輪場入口

駐輪場は2階構造になっていまして、細道の手前に1階駐輪場入口、奥に2階駐輪場入口があります。

■1階駐輪場
1階駐輪場

■原付バイク用スペース
原付バイク用スペース

■駐輪場の精算機
駐輪場の精算機

1階駐輪場は平地の駐輪場になっています。
こちらには一部、原付バイク用のスペースが用意されています。

他の商業施設同様、利用料の精算は機械式になっています。

■2階駐輪場
2階駐輪場

2階駐輪場は、2段式の設備になっています。
こちらには原付バイクは停められず、自転車専用です。

1階・2階駐輪場はいずれも最初の2時間無料でその後有料となりますが、料金設定がそれぞれ異なります。

■「ららテラス武蔵小杉」駐輪場の利用料金
最初の2時間 2時間以降
1階自転車 無料 4時間毎100円
2階自転車下段 無料 6時間毎100円
2階自転車上段 無料 10時間毎100円
原付バイク 無料 2時間毎200円

利便性によって、2時間経過後の料金加算に差をつけている形ですね。
この駐輪場は24時間営業ですので、「ららテラス」利用者以外の利用も想定していることになります。

■フーディアム前の放置自転車
フーディアム前の放置自転車

プレオープンでは「ららテラス」の駐輪場は存在が知られていないためかあまり利用されておらず、フーディアム前の放置自転車がいつもより増えているのが目に留まりました。
「ららテラス」の駐輪場は東急スクエアの地下駐輪場などと比べても比較的利用しやすい構造かと思いますので、自転車の方は是非「ららテラス」の駐輪場をご活用ください。

■「ららテラス武蔵小杉」周辺の駐輪場マップ


さて、ご参考までに、「ららテラス武蔵小杉」近隣の駐輪場マップを掲載しておきます。

■武蔵小杉駅周辺自転車等駐車場第5施設
武蔵小杉駅周辺自転車等駐車場第5施設

「ららテラス」の入口に最も近いのは、武蔵小杉駅東口駅前広場地下の「武蔵小杉駅自転車等駐車場第5施設」です。
この駐輪場は駅前広場供用開始に伴って全面オープンし、一時利用・定期利用ともに余裕がある状態です。

一時利用は170円で無料時間帯はありませんので、ご注意ください。

■フーディアム武蔵小杉の「三井のリパーク」
フーディアム武蔵小杉の「三井のリパーク」

また「フーディアム武蔵小杉」とセットでお買い物でしたら、併設の「三井のリパーク」も便利です。
店舗併設ですがどなたでも利用できる駐輪場で、3時間無料、その後有料です。

この駐輪場は当初は「チャリパ武蔵小杉」という名称でしたが、いつの間にか「三井のリパーク」に名称変更していたようです。

■武蔵小杉高架下駐輪場
武蔵小杉高架下駐輪場

少し距離は離れますが、東急武蔵小杉駅北側高架下の「武蔵小杉高架下駐輪場」もあります。
無料時間帯はなく、8時間100円です。

2台のみですが、バイク用のスペースもあります。

■サイクルタイムズ武蔵小杉駅前地下(武蔵小杉東急スクエア地下駐輪場)
サイクルタイムズ武蔵小杉駅前地下(武蔵小杉東急スクエア地下駐輪場)

「武蔵小杉東急スクエア」と「ららテラス武蔵小杉」は、「KOSUGI CORE TOWN」として一体的な商業施設です。
武蔵小杉東急スクエア地下の「サイクルタイムズ武蔵小杉駅前地下」も、両商業施設を回遊されるのであれば便利かと思います。
こちらは2時間無料、その後10時間毎150円です。

■東急武蔵小杉駅南口高架下駐輪場
東急武蔵小杉駅南口高架下駐輪場

最後に、東急武蔵小杉駅南口高架下の駐輪場(東急武蔵小杉(南)有料駐輪場)も、150円で一時利用が可能です。
ただここを利用するのであれば、駅前広場地下の駐輪場を利用したほうが良いかもしれません。

無料時間帯のある駐輪場も含めて、「ららテラス武蔵小杉」周辺には十分な駐輪場が用意されています。
特に駅前広場地下の駐輪場はキャパシティに余裕があり、現状「停められない」ということはない状況です。

まずは「ららテラス」の駐輪場を中心に、利用しやすい駐輪場を選んでみてくださいね。

【関連リンク】
(ららテラス武蔵小杉関連)
ららテラス武蔵小杉 ウェブサイト アクセス
<三井不動産ニュースリリース 三井不動産 商業施設・新生「ららテラス」誕生「三井ショッピングパーク ららテラス 武蔵小杉」4月19日(土)オープン13路線利用可、注目の武蔵小杉駅前に神奈川県初出店を含む全72店舗がオープン
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅南部地区C地区<
2014/1/30エントリ 三井不動産が「ららテラス武蔵小杉」72店舗を発表、2014年4月19日(土)オープンへ
2014/2/28エントリ 武蔵小杉駅東口駅前広場のモニュメントデザインが決定、A案「家族の絆」が2014年夏頃設置
2014/3/15エントリ 「ららテラス武蔵小杉」にキーテナント看板が設置、ロータリーにはふろん太君が登場
2014/3/21エントリ 川崎市バスが川67・杉02系統の2014年4月1日付武蔵小杉駅東口駅前広場乗り入れを発表
2014/3/21エントリ 臨港バスが杉51・52系統の2014年4月1日付武蔵小杉駅東口駅前広場乗り入れを発表
2014/3/24エントリ 横須賀線武蔵小杉駅発着の羽田空港行きリムジンバスが武蔵小杉駅東口乗り入れを発表
2014/3/29エントリ 「武蔵小杉駅東口駅前広場完成記念式典」「第3回ふるさと交流フェスティバル」開催レポート
2014/3/30エントリ 本日供用開始「武蔵小杉駅東口駅前広場」の防災など各種機能
2014/4/1エントリ 「ららテラス武蔵小杉」4月17日(木)関係者プレオープン・18日(金)一般プレオープン・19日(土)グランドオープンへ
2014/4/16エントリ 「ららテラス武蔵小杉」2014年4月17日(木)プレオープン前夜
2014/4/17エントリ 「ららテラス武蔵小杉」プレス・関係者・地元向けプレオープンレポート

(駐輪場関連)
2013/4/4エントリ 武蔵小杉東急スクエア・中原図書館の駐輪場ガイド


本日2014年4月17日、「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」がプレス・関係者・地元向けにプレオープンしました。

■「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」
「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」
 写真提供: @motoy さん

■ららテラス武蔵小杉の行列
ららテラス武蔵小杉の行列
写真提供: @motoy さん

本日のプレオープンは対象者限定と申しましても、中原区のかなり広範囲に招待状がポスティングされていたようです。
エクラスタワー武蔵小杉住民など招待者が限定的だった武蔵小杉東急スクエアとは異なり、本日からかなりの人手がありました。

上記からの一連の写真は @motoy さんから寄稿いただいたもので、ららテラスの周りをぐるりと行列が巻いているところが撮影されています。

■地下駐車場まで続いた行列
地下駐車場まで続いた行列
 写真提供: @motoy さん

行列はららテラスの前を2重に折り返したのち、ピーク時には地下駐車場の中まで伸びました。
15:00スタートをターゲットに来店される方が集中しましたが、行列は一定時間ではけまして、夕方以降は普通に入れるようになりました。

■取材のカメラクルー
取材のカメラクルー

昼間、いくつか取材班がきていまして、本日のテレビ放送でも取り上げられていました。
また、紙媒体では5月23日発売予定「武蔵小杉Walker2014年版(仮称)」の取材も来ていたようです。

■1階「小杉マルシェ」の「成城石井」
1階「小杉マルシェ」の「成城石井」

■1階「九州屋」
「九州屋」

■1階「小杉マルシェ」の賑わい
「小杉マルシェ」のにぎわい

最もにぎわっていたのはやはり1階で、食品街「小杉マルシェ」が人気でした。
待望論の多かった「成城石井」に加え青果の「九州屋」、「魚力」や各種惣菜店などが並んでいます。

■1階「小杉マルシェ」の「GODIVA」
「小杉マルシェ」の「GODIVA」 

スイーツ系では、「GODIVA」「ユーハイム」、和菓子の「鼓月」「柿安口福堂」も「小杉マルシェ」にありました。

■1階「ロクシタン」


■1階「212 KITCHEN STORE」
「212 KITCHEN STORE」

 

1階では「小杉マルシェ」のほか、「ロクシタン」「212 KITCHEN STORE」など生活雑貨などのお店も人だかりができていました。

「212 KITCHEN STORE」は、ラゾーナ川崎プラザにもありましたね。

■2階ファッションエリア
2階ファッションエリア

■2階「ノーリーズ」


■2階「UNITED ARROWS green lebel relaxing」
UNITED ARROWS greeen lebel relaxing

■2階「URBAN RESEARCH DOORS」


続いて2階はファッション・雑貨のエリアになっています。
写真は「ノーリーズ」「UNITED ARROWS green lebel relaxing」「URBAN RESEARCH DOORS」です。

このフロアは特に、女性の割合が高かったように思います。

■2階「ピローウィー カフェ リュクス」


こちらは、寝具・雑貨の「ピローウィー カフェ リュクス」です。
オーダーメード枕を中心にしたお店です。

続いて、3階に行ってみましょう。

■3階「フランフラン」
3階「フランフラン」

■3階「NEXT BLUE」
「NEXT BLUE」

本日のプレオープンでは、青山商事の新ブランド「NEXT BLUE」で、イメージキャラクターの桐谷美玲さんによるオープンニングイベントが開催されました。
こちらは中原区全域ポスティングでは告知されておらず、一部招待者の先着30名でしたので、競争率は大分高かったのではないでしょうか。

■デイリースポーツ 桐谷美玲 スーツ姿の告白に好感度UP
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/04/17/0006870692.shtml

■3階キーテナント「無印良品」
3階キーテナント「無印良品」

■「無印良品」の家具
「無印良品」の家具

3階で外せないのは、キーテナントの「無印良品」です。
同店は「ららテラス武蔵小杉」の中でも最大の面積を有しています。

当初、「ららテラス」の規模的に家具系まではあまり入らないかも、と思っていたのですが、一通りラインナップが揃っていました。

■3階「モンベル」
3階「モンベル」

■「モンベル」のキッズコーナー
「モンベル」のキッズコーナー

3階では、アウトドア系の方に嬉しい「モンベル」も注目です。
同店にはキッズサイズも用意されています。

■3階「アプレレクール」
3階「アプレレクール」

子供服といえば、「モンベル」と同じく3階に専門店「アプレレクール」があります。
こちらもなかなかかわいい服が並んでいました。

■4階「ABCクッキングスタジオ」
4階「ABCクッキングスタジオ」

■4階「ソフトバンクショップ」
4階「ソフトバンクショップ」

■4階「DIGITAL RINGO」
「DIGITAL RINGO」

最上階の4階は、主にサービス店舗のほか、クリニックモールが設置されています。

「ABCクッキングスタジオ」は系列の女性専用フィットネス「ボディーズ」が併設、「ソフトバンクショップ」はスマートフォンアクセサリーショップ「DIGITAL RINGO」とセットになっています。

■4階「KEY'S CAFE」
「KEY'S CAFE」

4階には数少ない飲食店の「KEY'S CAFE」がありました。
ここではトップスのケーキも取り扱っていまして、店内で食べることもできます。

■1階「神戸屋キッチン」


■「神戸屋キッチン」のイートイン
「神戸屋キッチン」のイートイン

■1階「バール デルソーレ」


■1階「アフタヌーンティー ティースタンド」




「ららテラス武蔵小杉」では「KEY'S CAFE」のほか、「神戸屋キッチン」「バール デルソーレ」「アフタヌーンティー ティースタンド」で飲食ができます。

今日は「KEY'S CAFE」に行ってみたのですが、そのレポートはまた次回にしたいと思います。

■ベビー休憩室
ベビー休憩室

ベビー休憩室

「ららテラス武蔵小杉」には、ベビー休憩室が設置されています。
ここにはおむつ交換台、消毒器、授乳室が完備していました。

武蔵小杉東急スクエアなども同様で、新しい商業施設ではほぼ標準装備になってきていますね。

今回のレポートは、以上です。
いくつか今回のレポートからは外したポイントもありますので、またあらためて後日エントリしたいと思います。

明日18日(金)は対象制限なしのプレオープン、19日(土)はグランドオープンで、営業時間はフルに10:00~21:00となります。
本日の大行列を見て回避した方も、またチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■東急武蔵小杉駅南口改札の床面広告
東急武蔵小杉駅南口改札の床面広告

【関連リンク】
ららテラス武蔵小杉 ウェブサイト
三井不動産ニュースリリース 三井不動産 商業施設・新生「ららテラス」誕生「三井ショッピングパーク ららテラス 武蔵小杉」4月19日(土)オープン13路線利用可、注目の武蔵小杉駅前に神奈川県初出店を含む全72店舗がオープン
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅南部地区C地区
2014/1/30エントリ 三井不動産が「ららテラス武蔵小杉」72店舗を発表、2014年4月19日(土)オープンへ
2014/2/28エントリ 武蔵小杉駅東口駅前広場のモニュメントデザインが決定、A案「家族の絆」が2014年夏頃設置
2014/3/15エントリ 「ららテラス武蔵小杉」にキーテナント看板が設置、ロータリーにはふろん太君が登場
2014/3/21エントリ 川崎市バスが川67・杉02系統の2014年4月1日付武蔵小杉駅東口駅前広場乗り入れを発表
2014/3/21エントリ 臨港バスが杉51・52系統の2014年4月1日付武蔵小杉駅東口駅前広場乗り入れを発表
2014/3/24エントリ 横須賀線武蔵小杉駅発着の羽田空港行きリムジンバスが武蔵小杉駅東口乗り入れを発表
2014/3/29エントリ 「武蔵小杉駅東口駅前広場完成記念式典」「第3回ふるさと交流フェスティバル」開催レポート
2014/3/30エントリ 本日供用開始「武蔵小杉駅東口駅前広場」の防災など各種機能
2014/4/1エントリ 「ららテラス武蔵小杉」4月17日(木)関係者プレオープン・18日(金)一般プレオープン・19日(土)グランドオープンへ
2014/4/16エントリ 「ららテラス武蔵小杉」2014年4月17日(木)プレオープン前夜


明日2014年4月17日(木)15:00~20:00に、「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」が一部対象者向けにプレオープンします。

明日のプレオープンを控え、今夜はららテラス内で準備が進められていました。

17日(木)のプレオープンは、結局のところ中原区の広範囲に招待状がポスティングされたようで、地元においては実質的なオープン初日ということになりそうです。

■三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉
三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉

■ららテラス武蔵小杉の前面ウインドウ
ららテラス武蔵小杉の前面ウインドウ

ららテラス武蔵小杉で一番目立つのは、やはり交差点側角地のウインドウですね。
ここは「Afternoon Tea TEA STAND」「URBAN RESERCH DOORS」「無印良品」のロゴが美しくライトアップされています。

3店舗は各フロアでいい場所を取っている形で、特に「無印良品」はららテラス武蔵小杉の中でも最大の面積を有しています。

■入口の装飾施工中
入口の装飾施行中

ららテラス武蔵小杉の各方面の入口では、花の装飾を設置する作業が行われていました。
武蔵小杉にあって、これまでで最も「華のある」商業施設になりそうです。

■212 KITCHEN STORE
212 KITCHEN STORE

■BAR DEL SOLE
BAR DEL SOLE

周辺の歩道からは、1階テナントの一部が見えるようになっています。
東急武蔵小杉駅寄りの角地には数少ない飲食店「BAR DEL SOLE」(バール・デルソーレ)があります。

2014/1/6エントリでご紹介した「高輪店」と同じような形態になっています。

■ロータリーから見た「ららテラス武蔵小杉」
ロータリーから見た「ららテラス武蔵小杉」

■灯りのともるグランドウイングタワー
灯りのともるグランドウイングタワー

一方、「ららテラス武蔵小杉」とあわせて建設された「パークシティ武蔵小杉ザ・グランドウイングタワー」は、すでに入居が進んでいます。

他のタワーマンションと同様に、各住戸に明かりがともっています。

■「ららテラス武蔵小杉」のオープンスケジュール
▼4月17日(木)15:00~20:00:関係者等に対象を限定したプレオープン
▼4月18日(金)10:00~21:00:一般開放のプレオープン
▼4月19日(土)10:00~21:00:グランドオープン

「ららテラス武蔵小杉」は、明日17日(木)の対象者限定プレオープンに続き、上記の通りプレオープン・グランドオープンを行います。

明日から日曜日にかけての4日間、多くの方が同店を訪れることでしょう。

【関連リンク】
ららテラス武蔵小杉 ウェブサイト
三井不動産ニュースリリース 三井不動産 商業施設・新生「ららテラス」誕生「三井ショッピングパーク ららテラス 武蔵小杉」4月19日(土)オープン13路線利用可、注目の武蔵小杉駅前に神奈川県初出店を含む全72店舗がオープン
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅南部地区C地区
2014/1/30エントリ 三井不動産が「ららテラス武蔵小杉」72店舗を発表、2014年4月19日(土)オープンへ
2014/2/28エントリ 武蔵小杉駅東口駅前広場のモニュメントデザインが決定、A案「家族の絆」が2014年夏頃設置
2014/3/15エントリ 「ららテラス武蔵小杉」にキーテナント看板が設置、ロータリーにはふろん太君が登場
2014/3/21エントリ 川崎市バスが川67・杉02系統の2014年4月1日付武蔵小杉駅東口駅前広場乗り入れを発表
2014/3/21エントリ 臨港バスが杉51・52系統の2014年4月1日付武蔵小杉駅東口駅前広場乗り入れを発表
2014/3/24エントリ 横須賀線武蔵小杉駅発着の羽田空港行きリムジンバスが武蔵小杉駅東口乗り入れを発表
2014/3/29エントリ 「武蔵小杉駅東口駅前広場完成記念式典」「第3回ふるさと交流フェスティバル」開催レポート
2014/3/30エントリ 本日供用開始「武蔵小杉駅東口駅前広場」の防災など各種機能
2014/4/1エントリ 「ららテラス武蔵小杉」4月17日(木)関係者プレオープン・18日(金)一般プレオープン・19日(土)グランドオープンへ


今回は、久しぶりに新丸子の「菓心 桔梗屋」のお菓子をご紹介してみたいと思います。
同店が本サイトに単独で登場するのは、4年ぶりとなります。

■「菓心 桔梗屋」
「菓心 桔梗屋」

「菓心 桔梗屋」は、新丸子のIDAIモール中ほどにある和菓子店です。
手作りのあんなどによる和菓子が地元でも好評で、本サイトではこれまでにも「なめらかとーふぷりん」「水無月」「みかぼ焼き」「太郎の夢」をご紹介してまいりました。

今回ご紹介するのは、桔梗屋オリジナルの地元銘菓「小杉陣屋太鼓」、「等々力ソフトサブレ」です。

■「小杉陣屋太鼓」
「小杉陣屋太鼓」

「小杉陣屋太鼓」

■桔梗屋ブログ 和風スィートポテト 小杉陣屋太鼓
http://kikyouya7.blog60.fc2.com/blog-entry-137.html

「小杉陣屋太鼓」は、和風のスイートポテトです。サツマイモと生クリームをベースに、甘く煮た豆が食感のアクセントになっています。
名前の通り太鼓のような丸い形をしています。

「小杉陣屋」とは、徳川家康の治世において、多摩川からの農業用水路の整備を行うために代官の小泉次太夫が設置した拠点です。小泉次太夫の用水路整備は14年の年月をかけて完成し、当初は水利が悪く生産性の低かった周辺の土地が改良され、稲作などの農業が盛んになったということです。
現在も中原街道沿いに、「小杉陣屋町」という地名が残されています。
(詳細は2010/6/28エントリをご参照ください)

この和菓子「小杉陣屋太鼓」は、その陣屋にあった太鼓をイメージしたものですね。
シナモンの風味がきいて、ちょっと大人の味わいでした。

■「等々力ソフトサブレ」
「等々力ソフトサブレ」

「等々力ソフトサブレ」

■桔梗屋ブログ かわさき名産品「等々力ソフトサブレ」
http://kikyouya7.blog60.fc2.com/blog-entry-50.html

続いてこちらは、フロンターレカラーの包装の「等々力ソフトサブレ」です。
しっとりとやわらかいサブレ生地の中に、生チョコレートが挟まれています。

どういった発想のつながりかはわかりませんが、等々力緑地をイメージしているということです。
賞味期限約1ヶ月と長持ちするのも特徴です。

「小杉陣屋太鼓」に比べて、こちらはお子さんにも好まれる仕上がりではないかと思います。

■「みかぼ焼き」
「みかぼ焼き」

■桔梗屋ブログ みかぼ焼きの季節になりました!
http://kikyouya7.blog60.fc2.com/blog-entry-357.html

最後にこちらは、以前もご紹介した「みかぼ焼き」
IDAIモールの冬の名物で、例年10月から4月までの期間限定販売となっています。

寒い中に焼き立てをいただくのが醍醐味ですので、もう大分旬は過ぎたかもしれませんが…。
あと2週間ほどで終了ですので、今シーズンはまだ!という方はお早めにどうぞ。

■菓心 桔梗屋 地元の銘菓
http://kikyoya.net/syouhin.html#sh-meika

桔梗屋では、これまでにご紹介した以外にも、郷土をテーマにした和菓子を多数販売しています。
中原区のお土産、というと一般にはあまりイメージがないかもしれませんが、他の和菓子も一度試してみようと思います。

■以前ご紹介「太郎の夢」菓心桔梗屋バージョン
以前ご紹介「太郎の夢」菓心桔梗屋バージョン

■桔梗屋ブログ 太郎の夢
http://kikyouya7.blog60.fc2.com/blog-entry-46.html

■「菓心 桔梗屋」の店舗情報
▼所在地:中原区新丸子町754
▼営業時間:10:00~20:00
▼定休日:日曜日 ※彼岸、節句は営業
▼URL:
http://kikyoya.net/

■「菓心 桔梗屋」のマップ
「菓心 桔梗屋」のマップ

【関連リンク】
菓心 桔梗屋 公式ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:和菓子 菓心 桔梗屋
2008/2/24エントリ くせになる味
2008/6/20エントリ 新丸子で京都の涼菓を
2008/11/1エントリ 最近、武蔵小杉周辺でおいしかったもの×3
2008/11/26エントリ 「太郎の夢」菓心桔梗屋バージョン
2009/12/30エントリ 「菓心 桔梗屋」の年末
2010/6/28エントリ 川崎歴史ガイド・中原街道ルート(7):「小杉陣屋と次大夫」


2014年4月11日(金)に、フーディアム武蔵小杉2階にくつ修理・合鍵作成の「クツショウテン武蔵小杉店」がオープンしました。

■クツショウテン ウェブサイト
http://kutsushoten.info/
■クツショウテン 武蔵小杉店ブログ
http://kskosugi.tamaliver.jp/

■フーディアム武蔵小杉2階の「クツショウテン武蔵小杉店」
フーディアム武蔵小杉2階の「クツショウテン武蔵小杉店」

■「クツショウテン武蔵小杉店」のオープン広告
「クツショウテン武蔵小杉店」のオープン広告

フーディアム武蔵小杉は、再開発により2008年5月24日にオープンした商業施設です。1階がスーパーマーケット+一部専門店、2階が物販・サービスの専門店とクリニックで構成されています。
このうち特に2階の専門店街はオープン当初から店舗の入れ替わりが激しく、複数の店舗がこれまでに閉店となっています。

■フーディアムのこれまでの店舗入れ替わり
▼55ステーション(2009年3月閉店)⇒ぷらちなはーと(2012年12月閉店)⇒ジュエリープラザ(2014年3月頃閉店)⇒現・クツショウテン
▼パリミキ(2009年9月閉店)⇒現・フィットネス用品売り場
▼アイシティ(2010年3月閉店)⇒現・ストレッチファクトリー
▼柿安口福堂(2011年1月閉店)⇒さざれ(2011年12月閉店)⇒幸せの黄金鯛焼き(2013年1月閉店)⇒千花いただきや(2014年1月閉店)⇒閉店のまま

「クツショウテン武蔵小杉店」が出店したのは当初「55ステーション」だった区画で、同店がフーディアムオープン以来4店舗目となります。
1階の旧「柿安口福堂」跡地同様、なかなか店舗が定着していない場所ですね。

■オープン当初の「55ステーション」
オープン当初の「55ステーション」

「クツショウテン」は、武蔵小杉店と同時期にダイエー碑文谷店にも新店舗を出店しています。
フーディアムもダイエー系列ですので、2店舗セットで出店調整が行われたのではないでしょうか。

同店は元々は大阪府豊中市が本店で、関西が地盤の店舗です。
関東ではフーディアム武蔵小杉・ダイエー碑文谷店のほか、江東区の住吉に店舗があります。

■パリミキがかつて営業していたフィットネス商品売り場
パリミキがかつて営業していたフィットネス商品売り場

なお、このほかかつて「パリミキ」が営業していた区画は、最近フィットネス用品売り場になりました。
ここは一時は催事場になり、その後ドラッグ売り場が拡張されたりもしていました。外部専門店の出店ではなく「フーディアム」内部での売り場変更ですので、今後も状況に応じて変動するのではないでしょうか。

2014/4/1エントリでお伝えしたとおり、4月17日(木)・18日(金)・19日(土)には、フーディアムの向かいに期待の商業施設「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」がプレオープン・グランドオープンします。
フーディアム2階が新店舗で「ららテラス」を迎え撃つ・・・というわけではないのでしょうが、折角の駅前店舗スペースですので、有効活用されると良いと思います。

■「ららテラス武蔵小杉」の輝く看板
 

【関連リンク】
(フーディアム武蔵小杉関連)
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:スーパーマーケット foodium武蔵小杉
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅南部地区 D・E地区
2008/5/24エントリ フーディアム武蔵小杉本日オープン
2008/7/25エントリ フーディアム武蔵小杉に関するアンケート結果
2009/3/17エントリ フーディアム武蔵小杉の55ステーションが閉店
2009/3/13エントリ 「武蔵小杉に関するアンケート」集計結果レポート
2009/8/31エントリ フーディアム武蔵小杉2階、パリミキ9月23日閉店
2009/10/1エントリ フーディアム武蔵小杉のパリミキ跡地に催事場オープン
2010/5/14エントリ フーディアム武蔵小杉2階のアイシティが2010年7月31日閉店
2010/6/23エントリ 貴金属修理・買取「ぷらちなはーと」がフーディアム武蔵小杉2階にオープン
2011/12/18エントリ フーディアム武蔵小杉の薄皮たい焼き「さざれ」が本日閉店
2012/1/18エントリ フーディアム武蔵小杉に「幸せの黄金鯛焼き」が本日オープン
2013/5/9エントリ フーディアム武蔵小杉にたこ焼き・お好み焼き店「ITADAKIYA(いただきや)千花」が2013年5月13日(月)オープンへ
2014/2/11エントリ フーディアム武蔵小杉のたこ焼き・お好み焼き店「千花いただきや」が閉店

(ららテラス武蔵小杉関連)
2014/1/30エントリ 三井不動産が「ららテラス武蔵小杉」72店舗を発表、2014年4月19日(土)オープンへ
2014/4/1エントリ 「ららテラス武蔵小杉」4月17日(木)関係者プレオープン・18日(金)一般プレオープン・19日(土)グランドオープンへ


2014年4月28日(月)に病児に対応した医療機関併設型の病児保育施設「エンゼル中原」が運営開始することになりました。
利用に必要となる事前登録が、4月14日(月)より受付開始となります。

■川崎市報道発表資料 川崎市病児保育施設『エンゼル中原』オープン
http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/259/0000057323.html
■川崎市ウェブサイト 病児保育事業
http://www.city.kawasaki.jp/259/page/0000056804.html
■「エンゼル中原」独自ウェブサイト
http://www.angel-kawai.net/

「エンゼル中原」は、川崎市が公益社団法人川崎市医師会に運営委託する病児保育事業です。

病児保育事業は、保育所などに入所しているお子さんが病気になり、集団保育が困難な期間、仕事を休めない保護者などに代わって看護師・保育士が病児を預かるものです。

対象者は川崎市在住で、保育所などに入所している生後6か月から就学前の病気のお子さんです。

■「エンゼル中原」の概要
▼事業委託先:公益社団法人川崎市医師会
▼併設医療機関:中島医院
▼運営開始:2014年4月28日
▼所在地:中原区新城3-5-1 新城中島ビル3階
 ※JR南武線武蔵新城駅徒歩2分

▼電話:044-872-9137
▼定員:12名
▼対象:市内在住で、保育所などに入所している生後6ヶ月から就学前の病気のお子さん
▼開所時間:月曜日~金曜日 8:00~18:00
▼利用料金:日額2,500円(食事代・おやつ代含む)
 ※市民税非課税世帯及び被保護世帯は減免措置あり
▼事前登録:2014年4月14日から受付開始


■「エンゼル中原」の一日の流れ(ウェブサイトより)
8:00~ 受け入れ(ご都合に合うお時間でかまいません)
9:30 おやつ・水分補給(病状にあわせて対応します)
10:00 室内遊び・または安静
11:30 昼食・投薬
12:00~ 睡眠(14:30頃まで)
13:00~ 回診
15:00 おやつ・水分補給・室内遊び・または安静
~18:00 お迎え・精算
保護者の方に病状をお伝えし、利用料を精算します

■「エンゼル中原」のマップ
 エンゼル中原のマップ

川崎市では、以前から「病後児保育事業」を市内数か所で行ってきました。
今回「エンゼル中原」でスタートしたのは「病児保育事業」であり、対象が基本的には異なります。

▼病後児保育の対象:
病気回復期にあるが通常の保育所等へまだ通所できない状態の児童が対象
▼病児保育の対象:
当面症状の急変は認められないが、病気のため、通常の保育所等へまだ通所できない状態の児童が対象

「病後児保育」は治りかけの状態にならないと預けることができませんが、「病児保育」は、容体が安定していれば病気の状態の児童を預けることができます。

この判断はやや難しい面がありそうですが、従来よりも対応範囲が広がったことは確かですね。

保育所を利用されているご家族にとっては、お子さんのご病気の時はたいへんご苦労をされていることでしょう。
定員や利用条件等制約は多くありますが、本制度が有効に活用されると良いと思います。

【関連リンク】
2009/11/13エントリ 中原区の休日急患診療所
 

ソメイヨシノの花が散り、二ヶ領用水の八重桜が満開になりました。

■二ヶ領用水の八重桜(南武沿線道路北側)
二ヶ領用水の八重桜

二ヶ領用水沿いはソメイヨシノが有名ですが、南武沿線道路との交点付近は八重桜エリアになっています。

毎年ソメイヨシノの散る頃に八重桜が開花し、入れ替わりで花見を楽しむことができます。
写真は南武沿線道路の南側、今井神社付近です。

■八重桜の花弁
八重桜の花弁

二ヶ領用水の八重桜は、ソメイヨシノとともに2月14日の大雪で大きなダメージを受けました。
このエリアの八重桜も各所で枝が折れてしまい、そのうち1本は根元から完全に倒れてしまいました。

しかしながらソメイヨシノと同様、八重桜もご覧の通りに元気な花を咲かせてくれました。

■2月14日に二ヶ領用水で倒れた八重桜
二ヶ領用水で倒れた八重桜

■水面に伸びた枝
水面に伸びた枝

大ぶりな花弁の重みで…というわけではありませんが、八重桜の枝が二ヶ領用水の水面に向かって伸びています。

風が強い日は枝があおられて、八重桜のパンチを浴びそうになります。

■南武沿線道路南側のエリア
南武沿線道路北側のエリア

二ヶ領用水の八重桜は、南武沿線道路の南側から渋川との交点付近にも続いています。
ソメイヨシノの時期と違って花見客も少なく、静かに散歩を楽しむことができます。

■ソメイヨシノが散ったあと
ソメイヨシノが散ったあと

■並木道の新緑
並木道の新緑

ソメイヨシノはさすがにほとんど散りまして、そのあとに新緑の葉が出てきています。
そのうちツツジのつぼみがふくらみ、武蔵小杉の街がいっそう明るい春の装いになることでしょう。

■二ヶ領用水の八重桜エリア
二ヶ領用水の八重桜エリア
 
【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園:公開空地 二ヶ領用水
2010/5/2エントリ 二ヶ領用水の八重桜ライトアップと、風に舞う花びら
2010/5/16エントリ タンポポの綿毛散るころ二ヶ領用水へ
2011/4/22エントリ 二ヶ領用水に、八重桜が咲く頃
2011/4/29エントリ 春の二ヶ領用水
2012/4/23エントリ 二ヶ領用水に、八重桜が咲く頃2012
2012/5/9エントリ 新緑の渋川
2013/4/8エントリ 二ヶ領用水に、八重桜が咲く頃2013
2013/4/15エントリ 新緑の二ヶ領用水
2014/2/18エントリ 2月14日の大雪により、二ヶ領用水の八重桜が倒れる
2014/4/5エントリ 武蔵小杉の桜の時。2014


2013/12/19エントリ2014/1/12エントリにおいて、武蔵小杉駅北口に「ナチュラ」の新店舗「NATURA MARKET(ナチュラマーケット)」がオープンすることをご紹介しました。
その後新店舗の工事が進みまして、同店が5月末にオープンを予定していること、6月よりランチ営業を開始することが現地で告知されました。

当初予定されていた4月オープンからは、少し後ろにずれた形になります。

■東急線高架下の「NATURA MARKET(ナチュラマーケット)」
東急線高架下の「NATURA MARKET(ナチュラマーケット)」

「NATURA MARKET」がオープンするのは武蔵小杉駅北口の東急線高架下で、マクドナルドに隣接したブロックです。
現在、黒を基調にした建物躯体が見えるようになっています。

同店はこれまでの「イタリアン酒場」とは一線を画した新業態で、イタリアン・バー・ビヤガーデン・和食・寿司の5業態による複合店舗となります。

■店舗の北側のビヤガーデンスペース
店舗北側のビヤガーデンスペース

店舗の北側には、少し建物外にオープンスペースがあります。
ここは前述の5業態のうちのひとつ、ビヤガーデンとなる見込みです。

■5月末のオープン告知
5月末のオープン告知

5月末のオープン告知

■6月からのランチ営業告知
6月からのランチ営業告知

先日より、工事用フェンスに5月末のオープン告知が掲示されています。
ここに6月からのランチ営業についても記載されていました。

既存のイタリアン酒場「ナチュラ」は、かつて向河原で営業をしていたときにはランチ営業がありまして、2008/11/10エントリでご紹介しておりました。
向河原から武蔵小杉に移転後はランチ営業がなくなり、その後オープンした新丸子店もランチはありませんでしたので、これはちょっと嬉しいですね。

まずはディナー営業からスタートし、ある程度軌道に乗ったところでランチ開始ということでしょう。

■向河原店でかつて提供されていたランチ
向河原店でかつて提供されていたランチ

向河原店でかつて提供されていたランチ
※「NATURA MARKET」は新業態であり、メニューは異なります。

「ナチュラ」武蔵小杉店、武蔵小杉店別館、新丸子店は引き続き盛況な状態が続き、地元のみならず飲食業界でも注目されています。
武蔵小杉に個性あるお店がまた登場することになり、5月末のオープンが期待されるところです。

【関連リンク】
ナチュラ 公式サイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:レストラン NATURA(ナチュラ)
2008/11/10エントリ 向河原のイタリアン「NATURA(ナチュラ)」
2010/6/10エントリ 「サイゼリヤ武蔵小杉横須賀線駅前店」「ナチュラ武蔵小杉店」本日オープン
2010/10/22 イタリアン酒場「ナチュラ武蔵小杉店」レポート
2011/11/12エントリ 「ナチュラ武蔵小杉店」のシラスたっぷりペペロンチーノ
2012/6/8エントリ 「ナチュラ武蔵小杉店別館」2012年6月15日(金)オープン
2013/12/19エントリ 「ナチュラ」が武蔵小杉駅前にイタリアン・バー・ビヤガーデン・和食・寿司の5業態複合店を2014年4月オープンへ
2014/1/12エントリ 東急線高架下に連続出店、2月14日の新丸子「ワットマン」、4月の武蔵小杉「NATURA MARKET」
 

本日2つ目のエントリとなります。
4月6日(日)に開催された「2014富士通川崎工場春まつり」の大抽選会の当選番号が発表されました。

■2014富士通川崎工場春まつり 大抽選会当選番号
http://jp.fujitsu.com/about/csr/community/society/
events/springfestival20140406.html


■2014富士通川崎工場春まつり 大抽選会当選番号一覧(上記ページより)
賞名賞品名当選番号
富士通賞 ARROWS Tab Wi-Fi 02010
春まつり賞 エアコン・ノクリア(富士通ゼネラル) 04336
川崎工場賞 プラズィオン(加湿脱臭機) 02491
14851
川崎フロンターレ
後援会賞
サイン入りレプリカユニフォーム 03469
03881
試合観戦チケット2枚×1組 02397
01498
00836
00937
03650
富士通ゼネラル賞 プラズィオン(脱臭機) 02364
富士通リフレ賞 リフレカレーセット 03630
12632
極上の魅力いっぱい
会津若松賞
名倉山酒造
「東北新酒鑑評会金賞受賞酒」720ml(四号瓶)
03801
富士通トータル
保険サービス賞
ギフト券 02367
01453
全労済賞 カタログギフト 02544
01946
中央労働金庫
中原支店賞
カタログギフト 13134
04708


「2014富士通川崎工場春まつり」は、荒天予報のため当初の予定を繰り上げて13時に終了となりました。これに伴って大抽選会は中止となり、後日ウェブサイトで当選番号を発表することとなっていました。

■大抽選会の抽選券
後日Web発表となった「大抽選会」

富士通川崎工場春まつりでは、受付で大抽選会の抽選券が配布されていました。
この抽選券をお持ちの方は、4月30日(水)までに富士通川崎工場総務部までご連絡ください。
(※連絡先は前掲のウェブサイトに記載されています。)

【関連リンク】
2008/4/8エントリ 「2008富士通春まつり」レポート
2009/4/6エントリ 「2009富士通春まつり」レポート
2010/4/4エントリ 「2010富士通春まつり」レポート
2011/3/16エントリ 「2011富士通春まつり」が開催中止
2012/4/1エントリ 「2012富士通川崎工場春まつり」レポート
2013/5/19エントリ 「2013富士通川崎工場春まつり」レポート
2014/4/6エントリ 「2014富士通川崎工場春まつり」レポート
  • Twitter
  • メインコンテンツ
  • 最新コメント
[04/19 パオ]
[04/19 あ]
[04/19 NONAME]
[04/19 sabao]
[04/19 あ]
[04/18 マルコ]
[04/18 NONAME]
[04/18 ペコ☆]
[04/18 ミ]
[04/17 vic]
  • ブログ内検索
  • アーカイブ
  • プロフィール
HN:
武蔵小杉ライフ運営委員会
性別:
非公開
自己紹介:
■ブログライターについて
タウン情報サイト「武蔵小杉ライフ」を運営しております。

はつしも:
 武蔵小杉ライフ運営委員会代表。ウェブ構築・渉外・企画を担当し、ブログでは再開発や街ネタ記事を担当。

つごもり:
 育児関係やスイーツ・パン・レストランなどグルメ関係の記事を担当。

かれじし:
 特別ライター。はつしも、つごもりとは違った切り口で街の話題をご紹介します。

■コメントについて
コメントは承認制であり、歓迎いたします。ただし、コメント内容に事実でないことを含むもの、荒らしと思われるものなど不適切と当サイトが判断するものは承認いたしませんので、あらかじめご了解ください。


■著作権について
当ウェブサイトの文章、写真の著作権は「武蔵小杉ライフ運営委員会」および提供元に帰属し、マップの著作権は株式会社昭文社に帰属します。コンテンツの一部及び全部の転載・複製・二次利用、著作権法上認められた範囲を超えた引用は著作権の侵害となりますので禁止といたします。
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © 武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ) All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie