武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2017年
10月21日

「コスギフェスタ2017」本祭開催レポート:ハロウィン企画を雨天決行、22日衆院選・市長選を控え「選挙に行こう!」キャンペーンも実施

【Reporter:はつしも】

本日「コスギフェスタ2017」の「本祭」が開催されました。

イベント全体を通してあいにくの雨天となりましたが、メイン会場の「こすぎコアパーク」を中心としつつ、再開発地区や商店街など周辺地域を会場としてさまざまなイベントが行われました。

■「コスギフェスタ2017」メイン会場の「こすぎコアパーク」
「コスギフェスタ2017」メイン会場の「こすぎコアパーク」

■「トリックオアトリートスタンプラリー」の新スポット「グランツリー武蔵小杉」
「トリックオアトリートスタンプラリー」の新スポット「グランツリー武蔵小杉」

■同じく新スポット「三井住友銀行」
トリックオアトリートスタンプラリー」の新スポット「三井住友銀行」

■同じく新スポット「野村證券武蔵小杉支店」
野村證券武蔵小杉支店

「コスギフェスタ」は、かつて再開発地区で開催されていたハロウィンイベントを源流として発展を続けてきました。

その中心が「トリックオアトリートスタンプラリー」であり、毎回コースの数や定員を増強しながら、現在まで拡張を続けてきました。

今年は昨年に続いて3コースでしたが、「グランツリー武蔵小杉」「三井住友銀行」「野村證券」が新たなラリーポイントとして加わっています。

昨年から新たに設定された、武蔵小杉駅西側の商店街を回るルートも健在です。

■武蔵小杉の街を回る、ハロウィンの行列
武蔵小杉の街を回る、ハロウィンの行列

武蔵小杉の街を回る、ハロウィンの行列

「コスギフェスタ」では、仮装して参加する方の比率が年々高まっています。
当初はお子さん中心だったのが、ここ2,3年で大人の方の仮装もかなり増えたと思います。

傘で隠れてしまう部分も多いのですが、ご家族で仮装をコーディネートされている方も、多数見うけられました。

■ハロウィン仮装コンテスト
仮装コンテスト

■ハロウィン仮装パレード
仮装パレード

仮装パレード

 そして「トリックオアトリートスタンプラリー」からの「ハロウィン仮装コンテスト」「ハロウィン仮装パレード」は、すっかりコスギフェスタの定番となりました。

仮装コンテストは昨年の事前申込制から、今年は当日の整理券配布となりました。
今年もディズニーやゴーストなどの定番からマンガのキャラクター、創意工夫のオリジナルまで、楽しい仮装の皆さんが集まりました。

■仮称コンテスト優勝のご家族
仮装婚コンテスト優勝のご家族

仮装コンテストで優勝したのは、こちらのご家族です。
メキシカンテイストのゴーストですね。

■グランツリー武蔵小杉から合流予定だった「マスカレード」
グランツリー武蔵小杉から合流「マスカレード」

本日はグランツリー武蔵小杉でも、コスギフェスタとタイミングを合わせたハロウィンイベントが開催されていました。

グランツリーからの仮装の一団「マスカレード」が仮装パレードに合流予定でしたが、雨天のため中止となりました。

■仮装したスタッフの皆さん
仮装したスタッフの皆さん

■かわさきFM「コスギスイッチON!」のMCおん
仮装したスタッフの皆さん

「コスギフェスタ」を運営する皆さんも、もちろん仮装での参加です。

地域の大御所の方などもしっかり仮装をされて、普段はなかなか見られない一面を見ることができました。
 
■マンション企画「ミッドスカイタワー」の「フェイスペインティング&フォトスポット」
マンション企画「ミッドスカイタワー」の「フェイスペインティング&フォトスポット」

マンション企画「ミッドスカイタワー」の「フェイスペインティング&フォトスポット」

再開発地区のマンション企画は、本日のみの開催となります。

例年フェイスペインティングを実施している「パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー」は、なかなか手の込んだフォトスポットも用意していました。 

■マンション企画「ステーションフォレストタワー」の「SFTキッズパーク」
マンション企画「ステーションフォレストタワー」の「SFTキッズパーク」

こちらも定番となった、「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」の「SFTキッズパーク」です。

子どもたち自身が、カラー綿菓子などの出店の運営をしています。
昨年までは「SFTキッザニア」という名称だったのですが、今年から「SFTキッズパーク」に改称されました。

既存の商標に配慮したものと思いますが、これもコスギフェスタが発展してきて、対外的な広報・取材の機会が増えてきたことのあらわれかもしれません。

■デリド武蔵小杉「ハロウィンランタン作り」
デリド武蔵小杉「ハロウィンランタン作り」

ハロウィンランタンづくり

こちらはデリド武蔵小杉の新企画「ハロウィンランタン作り」です。

紙コップを使って、ハロウィンランタンが簡単に作れるというものでした。
持ち物不要、参加無料で、人気を集めていました。

■武蔵小杉東急スクエア前道路の出店
武蔵小杉東急スクエア前道路の出店

今回のコスギフェスタは、メイン会場周辺が大きく拡張されました。
先日開催された「小杉フードフェス」同様、武蔵小杉東急スクエア前の道路までが店舗スペースとなり、飲食系店舗が並びました。

■3日間皆勤「JAGA」
JAGA

この区画に出店していた「JAGA」「ニューナマステヒマール」は、前夜祭から連勤となりました。

出店場所は異なり、連日の設営引越しは大変ですが「JAGA」の皆さん、元気いっぱいです。

■商店街商品券の販売
商店街商品券の販売

こすぎコアパークでは、昨日の前夜祭に引き続き、武蔵小杉駅前通り商店街・法政通り商店街の共通商品券の販売が行われていました。

今年は「飲食店舗用」「物販・サービス店舗用」「共通用」の3種に分かれています。

こちらは11月30日まで使えますので、購入された方はお忘れなくご活用ください。

■グリーンバート武蔵小杉チーム・那須野純花さんらによる「選挙に行こう!」啓発活動
選挙に行こう!

グリーンバート武蔵小杉チーム・那須野純花さんらによる「選挙に行こう!」啓発活動

選挙に行こう!

今回の「コスギフェスタ2017」は、明日22日(日)が衆議院議員総選挙・川崎市長選挙などと重なっています。

そのようなこともあって、ボランティア団体「グリーンバード武蔵小杉チーム」における地域のゴミ拾いなど、活発な地域活動に取り組まれている大学生の那須野純花さんらが、「選挙に行こう!」キャンペーンを展開されていました。

これは特定の政党を応援するものではなく、若年層の投票率の低さに問題意識を感じて草の根で活動をされていたものでした。

事前投票をされていない方は、明日は是非投票所に足をお運びいただきたということです。

■こすぎコアパークのステージ「橘高等学校書道部」
橘高等学校書道部

橘高等学校書道部

橘高等学校書道部

それでは、こすぎコアパークのステージプログラムも見ていきましょう。

一昨年から参加し人気プログラムのひとつとなった「橘高等学校書道部」は、雨天の悪環境の中がんばってくれました。

これはひらがなの「しあわせ」「えがお」で漢字の「福」「笑」を表現した作品です。

■「ブルームーブダンススタジオ」
ブルームーブダンススタジオ

「ブルームーブダンススタジオ」は、2016年5月に市ノ坪にオープンしたダンススクールです。

地域イベントへの参加を積極的に進めていまして、今回はスクール生によるリズム感あふれるダンスを披露しました。

■メインステージのスペシャルイベント「フラッシュモブ」
フラッシュモブ

事前のプログラムでは、メインステージの14:45にスペシャルイベントが告知されていました。

これは当日までシークレットになっていたのですが、前掲の「ブルームーブダンススタジオ」のステージに続けての演出「フラッシュモブ」でした。

こすぎコアパークの周囲からどこからともなく大西学園吹奏楽部の皆さんが演奏しながら登場し、周辺来場者に紛れ込んでいた演者がサプライズで踊りだしました。

■「コムゾー君」と「まさしお兄さん」
コムゾー君

今回はフロンターレ企画なども中止になったため、来場キャラクターの数がかなり少なくなりました。

その中で頑張ってくれたのは、イッツコムのコムゾー君です。
「まさしお兄さん」と一緒に、「みんなで踊ろう!コムゾーダンス」をみんなと一緒に踊りました。

コムゾーダンスの詳細については、エントリ末尾の関連リンクをご参照ください。
 
■武蔵小杉東急スクエアの「のるるん」
「のるるん」

コスギフェスタとは直接の関係はありませんが、武蔵小杉東急スクエアのイベントで「のるるん」が来ていました。

こちらはエクラスタワー武蔵小杉のスタンプラリーポイントのそばということもあり、人気を集めていました。

■「大西学園中学校・高等学校吹奏楽部」
大西学園中学校・高等学校吹奏楽部

こすぎコアパークのステージは、かなりの部分が中止となりました。

その中でも楽器を養生して頑張ってくれたのが、大西学園中学校・高等学校吹奏楽部です。

■ゴスペルグループ「Puel Choir」
ゴスペルグループ「Puel Choir」

「大西学園中学校・高等学校吹奏楽部」「Puel Choir」を最後に、第一部が終了です。
ここからは「第二部」ということで、夜間の大人向けのステージとなりました。

■夜のメインステージ第二部「東京ギャラクシー・ジャズオーケストラ」
夜のメインステージ第二部「東京ギャラクシー・ジャズオーケストラ」

コスギフェスタでは昨年から、夜の部として「第二部」のプログラムが設定されました。

昨年の20:30までに比べて今年は19:00までと若干短縮されましたが、これは翌日もコスギフェスタが開催され、撤収が不要であるため実現できたものです。

丸一日コスギフェスタに参加していると疲れますが、開催時間に幅があると、午前中心、午後中心、夕方から夜まで参加など、それぞれの都合に合わせることができて良いのではないでしょうか。



■雨降るコスギフェスタ
雨降るコスギフェスタ

さて、明日10月21日(日)の「コスギフェスタ2017」は、地域運動会「コスギんピック」を中心としたプログラムを予定していましたが、事前申込制の「ベビー&キッズ企画」以外は全イベントが中止となりました。

大変残念ですが、また今後につながる部分があるでしょう。

本日の本祭も、参加団体の中止が相次ぎ、刻々と変わる状況に対応するために雨天の中で実行委員会の皆さんが奔走されていました。

予定よりも1日早いですが、まずはお疲れさまでした、と申し上げたいと思います。

■「コスギんピック」のトロフィー
コスギんピックのトロフィー 

※本サイトは、コスギフェスタ2017の公式カメラマンとして撮影をしており、本イベントの広報の一環として協力をしております。

【関連リンク】
みんなで踊ろう!コムゾーダンス

コスギフェスタ2017 イベントサイト
コスギんピック イベントサイト
慶應義塾大学 Joint
2017/9/11エントリ 「コスギフェスタ2017」の地域運動会「コスギんピック」10月22日(日)開催! 優勝賞品「くりりん特選和牛5kg」争い9月30日(土)まで参加チーム募集中
2017/9/21エントリ 「コスギフェスタ2017」を一緒につくろう! ボランティアスタッフを10月13日(金)まで募集中
2017/9/30エントリ 「コスギフェスタ2017」プログラム発表!10月20日(金)「武蔵小杉カレーEXPO」21日(土)「ハロウィンイベント」22日(日)「コスギんピック」を連続展開
2017/10/3エントリ 「コスギフェスタ2017」のハロウィン企画「トリックオアトリートスタンプラリー」が10月4日(水)販売開始、駅西側を巡るWルートはイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店でも販売
2017/10/15エントリ コスギフェスタ2017「武蔵小杉カレーフェスティバル」詳報公開、10月16日(月)より21店舗の「カレースタンプラリー」開幕
2017/10/19エントリ コスギフェスタ2017商店街企画「武蔵小杉商店街プレミアム商品券」を10月20日(金)前夜祭・21日(土)本祭で販売/フェリシア跡地「by sheen」では無料フェイスペインティングを21日実施
2017/10/19エントリ 「コスギフェスタ2017」10月20日(金)前夜祭・21日(土)本祭雨天決行が決定、前夜祭のタワレコスペシャルライブにアイドルグループ「ぷちぱすぽ☆」「東京女子流」が出演を発表
2017/10/20エントリ 「コスギフェスタ2017」前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」「タワレコ秋祭りミュージックフェスタ」開催レポート/21日本祭・ハロウィン企画は雨天決行

(過去の「コスギフェスタ」開催レポート)
2011/10/30エントリ 「コスギフェスタ2011」開催レポート
2012/10/27エントリ 「コスギフェスタ2012」開催レポート
2013/10/27エントリ 「コスギフェスタ2013」開催レポート
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート
2015/11/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ
2015/10/24エントリ 「コスギフェスタ2015」10月24日(土)本祭1日目開催レポート/25日(日)本祭2日目の見所まとめ
2015/10/25エントリ 「コスギフェスタ2015」10月25日(日)本祭2日目開催レポート:武蔵小杉駅前の公道を事務いすが疾走!「いす-1GP」首都圏初開催
2016/10/22エントリ 「コスギフェスタ2016」前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」「タワレコ秋祭りミュージックフェスタ」開催レポート/本祭1日目の見所まとめ
2016/10/22エントリ 「コスギフェスタ2016」本祭1日目開催レポート:武蔵小杉の街がハロウィン一色に!/本祭2日目の見所まとめ
2016/10/23エントリ 「コスギフェスタ2016」本祭2日目開催レポート:初開催「コスギんピック」に川崎ブレイブサンダース参戦、初優勝は「チームエクラス」と「バンビーズ」

(過去の実行ワーキング・グループインタビュー)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(前編)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(後編)
2013/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(8):「コスギフェスタ2013実行ワーキング・グループ」石井正士さん、本平基さん
2014/9/28エントリ 武蔵小杉の「ひと」(9):「コスギフェスタ2014実行ワーキング・グループ」松尾寛さん、大坂亮志さん
2015/10/12エントリ 武蔵小杉の「ひと」(10):「コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループ」安藤均さん、奥村佑子さん
2016/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(11):慶應義塾大学「Joint」代表、コスギフェスタ2016の地域運動会「コスギんピック」発起人・大和田樹さん

Comment(1)

2017年
10月20日

「コスギフェスタ2017」前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」「タワレコ秋祭りミュージックフェスタ」開催レポート/21日本祭・ハロウィン企画は雨天決行

【Reporter:はつしも】

本日10月20日(金)より、「コスギフェスタ2017」が開幕しました。

本日は前夜祭ということで、「武蔵小杉カレーEXPO」と、「タワレコ秋まつり ミュージックフェスタinコアパーク」が開催されました。

会場となったこすぎコアパークにカレー店8店舗と7組のアーティストが集結し、カレーと音楽で「コスギフェスタ」のスタートを盛り上げました。

■「コスギフェスタ2017」前夜祭が開催されたこすぎコアパーク
「コスギフェスタ2017」前夜祭が開催されたこすぎコアパーク

「コスギフェスタ2017」前夜祭が開催されたこすぎコアパーク

キリンビールのドラフトカー

前夜祭のこすぎコアパークには、中心にステージが設営されるとともに、周辺にカレー店と客席が配置されました。

雨天が懸念された分来場を控えた方もいらっしゃったかと思いますが、終盤まで何とか曇天と霧雨程度でもちました。

今年も仕事帰りの方を中心に、たいへん多くの方が集まりました。

■「武蔵小杉カレーEXPO」の出店
「武蔵小杉カレーEXPO」の出店

「武蔵小杉カレーEXPO」の出店

「武蔵小杉カレーEXPO」の出店数は8店舗と昨年と変わりませんが、一部店舗の入れ替わりがあります。

今年出店したのは「KOSUGI CURRY」「JAGA」「ニューナマステヒマール」「ニューパンジャビバーベキュー」「BAKASOUL ASIA」「新丸子カレー工房パルコ」「Powers」「100時間カレーB&R武蔵小杉店」でした。

昨年出店した「コ!ピーピー」にかわって、「ニューパンジャビバーベキュー」が加わった形です。

各店舗ごとに個性のあるカレーに、来場者の行列ができていました。

■「カレー4種の食べ比べセット」
カレー4種の食べ比べセット

4種の食べ比べセット

そしてこちらが、毎回人気の「カレー4種の食べ比べセット」です。

行列で購入までにかなり時間がかかっていたものを解消すべく、今年は本部でライスだけが載ったトレイを購入したのち、あらかじめ盛り付けられたカレー容器を各店舗で貰っていく形式に変更されました。

これにより、昨年よりは所要時間が短縮されたのではないかと思います。

また容器の蓋にはカレー店の名前シールが貼ってあり、昨年までのようにどれがどのお店かわかるようになっていたのも良かったです。

■「みんなのカレーの思い出」展覧会の応募コーナー
「みんなのカレーの思い出」展覧会の応募コーナー

■応募者がもらえたとんがりコーン
「みんなのカレーの思い出」展覧会の応募コーナー

今年のカレーフェスティバルの特別企画は、「『みんなのカレーの思い出』展覧会」です。

カレーの思い出をテーマにしたエピソードを応募し、「グランツリー武蔵小杉」や「なかはら子ども未来フェスタ」で展示をするというものです。

会場で応募すると、とんがりコーンとシールをもらうことができました。

これはすでに10月16日からグランツリー武蔵小杉での応募がスタートしていまして、すでに応募を済ませた方もいらっしゃったようです。

■グランツリー武蔵小杉2階の展示場所(写真は本日まで実施の応募コーナー)
グランツリー武蔵小杉2階の展示場所

グランツリー武蔵小杉での展示は、早速明日21日(土)からスタートします。

応募コーナーを設置していた、旧「西武・そごう武蔵小杉SHOP」前の通路に展示されますので、どうぞご覧ください。



■「タワレコ秋まつり ミュージックフェスタinコアパーク」の「夜弓神楽狐之灯矢」
夜弓神楽狐之灯矢 

■「Rose」
Rose

■「スペシャルユニット 芽亜利・J & MIYU」
スペシャルユニット芽亜利・J&MIYU

■「芽亜利・J」
芽亜利・J

■「MIYU」
MIYU
※上記5点は写真提供: @motoy さん

一方、「武蔵小杉カレーEXPO」と並行してこすぎコアパークを盛り上げたのが、「タワレコ秋まつり ミュージックフェスタ in コアパーク」です。

地域のライブでおなじみ「芽亜利・J」さんは、今回師弟関係にある地元ミュージシャン「MIYU」さんとのスペシャルユニットです。

このステージはタワーレコード グランツリー武蔵小杉店がスポンサーになっていまして、地元ミュージシャンに加えて、「タワーレコードスペシャルライブ」として「ぷちぱすぽ☆」「東京女子流」も出演してくれました。

■「タワレコ秋まつり ミュージックフェスタ in コアパーク」の「ぷちぱすぽ☆」
ぷちぱすぽ☆

「ぷちぱすぽ☆」は、プラチナム・パスポート所属のアイドルグループで、「東京オリンピック応援」をコンセプトにしています。

スポーツや運動会を想起させるパフォーマンスをメインにしていまして、地域運動会「コスギんピック」を行うコスギフェスタにはふさわしい出演かと思います。

■同じく「東京女子流(TOKYO GIRL'S STYLE)」
同じく「東京女子流」

「東京女子流(TOKYO GIRL'S STYLE)」は、エイベックス所属のガールズダンス&ボーカルグループです。

女子4人組グループで、国内では日本武道館でのライブ経験もあり、海外でも台北などでコンサートを行っています。

■「Ryo Sean Okada」
Ryo Sean Okada

コスギフェスタの前夜祭といえば、ギタリストの「Ryo Sean Okada」が常連です。

指板上の弦を指で叩きつけたり、横に弾いたりして音を出す「タッピング奏法」が特徴で、これは実際に聴いてみるのが一番良いと思います。

タワーれこースペシャルライブの熱気のあとを引き受けて、確かな技術とハートを兼ね備えた演奏がクオリティが高かったと思います。

■「nakasan」
nakasan

川崎生まれのシンガーソングライター、「nakasan」です。
どこか懐かしいような、温かい歌声でした。

すべての出演者はご紹介できませんが、彩り豊かな歌声や楽器の音色が、こすぎコアパークの夜に華を添えました。

■カレー著名人によるトークショー
カレー著名人によるトークショー

■「日刊カレーニュース」編集長・村尾直人さん
カレー著名人によるトークショー

タワーレコードのライブに続いて、カレー著名人4名によるトークショーです。

左から「カレーの王子様」、「咖哩王子」さん、「日刊カレーニュース」編集長 村尾直人さん、「一条もんこ」さんです。

毎日カレーを食べ歩く、皆さんのカレー愛が伝わってくるトークでした。

■カレー著名人4人からの表彰
カレー著名人4名からの表彰

今回は来場者からのお気にいりカレー投票はありませんでしたが、トークショーの4名からそれぞれに表彰がありました。

●カレーの王子様賞
・100時間カレーB&R
・ニューパンジャビバーベキュー

●咖哩王子賞

・ニューナマステヒマール
・Powers

●日刊カレーニュース賞

・新丸子カレー工房パルコ
・JAGA

●一条もんこ賞

・BAKASOUL ASIA
・KOSUGI CURRY

4名から2店舗ずつ、参加8店舗がそれぞれ表彰されたかたちになります。

「武蔵小杉カレーEXPO」は初回から参加店に序列をつけないコンセプトで企画をされていまして、今回もそれぞれの良いところをご紹介したものです。

■前夜祭を楽しむ皆さん
前夜祭を楽しむ皆さん

「武蔵小杉カレーフェスティバル」は、今年で3回目を迎えます。
イベントとして武蔵小杉の街に徐々に定着し、参加者・参加店舗も回を追うごとに増えてきました。

そのうちこすぎコアパークにお店が並ぶ「武蔵小杉カレーEXPO」は本日1日で終了となりますが、参加21店舗を回る「武蔵小杉カレースタンプラリー」は、10月29日(日)まで続いていきます。

本日参加された方もされなかった方も、スタンプラリーを引き続き楽しんでみてはいかがでしょうか。

■発起人の「KOSUGI CURRY」店主の奥村佑子さん
ゆもちんさん 
※写真提供: @motoy さん 

また本イベントは、第1回から「KOSUGI CURRY」店主の奥村佑子さんが発起人となり、自店舗の営業をしながら奔走して立ち上げ、継続してきたものです。

毎回創意工夫しながら、地域を盛り上げる尽力には頭が下がります。



さて、明日10月21日(土)も、「コスギフェスタ2017」本祭が開催されます。

本祭は「トリックオアトリートスタンプラリー」など、ハロウィンイベントを中心とした1日となっています。

雨天の予報がありますが、イベント全体としては決行することが発表されています。
ただし、一部ステージやアトラクションは中止となる可能性がありますので、あらかじめご承知ください。

■「コスギフェスタ2017」開催情報について
10月20日(金)
前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」
開催終了しました。
10月21日(土)
本祭
開催決定
(個別イベントの開催情報)
●トリックオアトリートスタンプラリー:開催決定
●ハロウィン仮装コンテスト:開催決定
●ハロウィン仮装パレード:開催決定⇒当日天候により中止の可能性あり
※ただし、ステージプログラムやアトラクション等は一部中止や内容が変更される可能性があります。
10月22日(日)
コスギんピック
21日(土)18時までに開催有無を発表
Webでのお知らせ ●イベントページ

※三井住友銀行会場の「のるるんふわふわ」は、中止が決定しました。
※三井住友銀行会場の「フェイスペイントと手形アート」は、こすぎコアパークに会場が変更されました。これにより、三井住友銀行会場は「トリックオアトリートスタンプラリー」のみ(終了後撤収)となります。
※その他、すでに中止が決定したステージプログラムなどがあります。


■「トリックオアトリートスタンプラリー」などハロウィン関連イベント
ハロウィンイベント一覧
※クリックで拡大します。
 
■「トリックオアトリートスタンプラリー」全体ルートマップ
全体ルートマップ 

「トリックオアトリートスタンプラリー」は、事前に参加申し込みをされた方が対象となります。
本企画については、開催が決定しています。

■昨年の「ハロウィン仮装コンテスト」
ハロウィン仮装コンテスト

■ハロウィン仮装パレード
ハロウィン仮装パレード

スタンプラリーに続いてハロウィン仮装コンテスト、仮装パレードが開催されます。
今年の仮装コンテストは当日10時からイベント本部で整理券配布となりますので、ぜひ仮装してご来場ください。

仮装パレードは当日参加が可能です。

■21日にしか開催されないマンション企画
 マンション企画

また各タワーマンションの企画も、21日(土)にしか開催されませんので、要チェックです。

今年はミッドスカイタワー、ステーションフォレストタワー、ザ・コスギタワー、レジデンス・ザ・武蔵小杉で楽しい企画が展開されます。

■マンション企画「ステーションフォレストタワー」のSFTキッズパーク
SFTキッザニア 

同じく21日のみ開催の「トリックオアトリートスタンプラリー」を回りながら、これらのマンション企画を回っていくと良いかもしれません。

■21日本祭のイベントスケジュール
21日イベントスケジュール
※クリックで拡大します。

今年は21日(土)のみがコスギフェスタの本祭としての位置づけとなります。

ご都合に合わせて、どうぞお楽しみください。

■「コスギフェスタ2017」
「コスギフェスタ2017」

■「コスギフェスタ2017」開催概要
開催日時 ●前夜祭:10月20日(金)16:00~21:00
●本祭:10月21日(土)10:00~19:00
●コスギんピック:10月22日(日)9:00~16:00
●武蔵小杉カレースタンプラリー:10月16日(月)~10月29日(日)

●商店街商品券期間:10月20日(金)~11月30日(木)
※雨天決行、荒天中止
メイン会場 武蔵小杉駅南口「こすぎコアパーク」
共催 ●コスギフェスタ実行委員会(NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント・協同組合武蔵小杉商店街・武蔵小杉駅前通り商店街振興組合・法政通り商店街振興組合)
後援 川崎市中原区

■「コスギフェスタ2017」の全体構成
16-19日 20日 21日 22日 23-29日 30-11/30日
商店街商品券販売  
商店街商品券・クーポン期間
カレースタンプラリー
カレーEXPO
タワーレコード前夜祭
トリックオアトリートスタンプラリー(10/4申込開始)
ハロウィン仮装コンテスト
ハロウィン仮装パレード
コスギんピック  
イトーヨーカドーステージ(かわさきジャズ)        
デリドハロウィンランタン制作  
ベビー&キッズプログラム
コスギ教育No.1プロジェクト
のるるんふわふわ
マンション企画
缶バッジ製作
マンション企画
SFTキッズパーク
マンション企画
フェイスペイント&フォトスポット
マンション企画
コスタランド!
フロンターレサッカーゴルフ
三井住友銀行 こども銀行探検隊
ナイスキッズパーク

※本サイトは「コスギフェスタ2017」の公式カメラマンとして撮影をしており、本イベントの広報の一環として記事掲載を行っております。

【関連リンク】
コスギフェスタ2017 イベントサイト
コスギんピック イベントサイト
慶應義塾大学 Joint
2017/9/11エントリ 「コスギフェスタ2017」の地域運動会「コスギんピック」10月22日(日)開催! 優勝賞品「くりりん特選和牛5kg」争い9月30日(土)まで参加チーム募集中
2017/9/21エントリ 「コスギフェスタ2017」を一緒につくろう! ボランティアスタッフを10月13日(金)まで募集中
2017/9/30エントリ 「コスギフェスタ2017」プログラム発表!10月20日(金)「武蔵小杉カレーEXPO」21日(土)「ハロウィンイベント」22日(日)「コスギんピック」を連続展開
2017/10/3エントリ 「コスギフェスタ2017」のハロウィン企画「トリックオアトリートスタンプラリー」が10月4日(水)販売開始、駅西側を巡るWルートはイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店でも販売
2017/10/15エントリ コスギフェスタ2017「武蔵小杉カレーフェスティバル」詳報公開、10月16日(月)より21店舗の「カレースタンプラリー」開幕
2017/10/19エントリ コスギフェスタ2017商店街企画「武蔵小杉商店街プレミアム商品券」を10月20日(金)前夜祭・21日(土)本祭で販売/フェリシア跡地「by sheen」では無料フェイスペインティングを21日実施
2017/10/19エントリ 「コスギフェスタ2017」10月20日(金)前夜祭・21日(土)本祭雨天決行が決定、前夜祭のタワレコスペシャルライブにアイドルグループ「ぷちぱすぽ☆」「東京女子流」が出演を発表

(過去の「コスギフェスタ」開催レポート)
2011/10/30エントリ 「コスギフェスタ2011」開催レポート
2012/10/27エントリ 「コスギフェスタ2012」開催レポート
2013/10/27エントリ 「コスギフェスタ2013」開催レポート
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート
2015/11/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ
2015/10/24エントリ 「コスギフェスタ2015」10月24日(土)本祭1日目開催レポート/25日(日)本祭2日目の見所まとめ
2015/10/25エントリ 「コスギフェスタ2015」10月25日(日)本祭2日目開催レポート:武蔵小杉駅前の公道を事務いすが疾走!「いす-1GP」首都圏初開催
2016/10/22エントリ 「コスギフェスタ2016」前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」「タワレコ秋祭りミュージックフェスタ」開催レポート/本祭1日目の見所まとめ
2016/10/22エントリ 「コスギフェスタ2016」本祭1日目開催レポート:武蔵小杉の街がハロウィン一色に!/本祭2日目の見所まとめ
2016/10/23エントリ 「コスギフェスタ2016」本祭2日目開催レポート:初開催「コスギんピック」に川崎ブレイブサンダース参戦、初優勝は「チームエクラス」と「バンビーズ」

(過去の実行ワーキング・グループインタビュー)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(前編)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(後編)
2013/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(8):「コスギフェスタ2013実行ワーキング・グループ」石井正士さん、本平基さん
2014/9/28エントリ 武蔵小杉の「ひと」(9):「コスギフェスタ2014実行ワーキング・グループ」松尾寛さん、大坂亮志さん
2015/10/12エントリ 武蔵小杉の「ひと」(10):「コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループ」安藤均さん、奥村佑子さん
2016/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(11):慶應義塾大学「Joint」代表、コスギフェスタ2016の地域運動会「コスギんピック」発起人・大和田樹さん

Comment(0)

2017年
10月20日

JR武蔵小杉新駅「ニューデイズ武蔵小杉新南店」が2017年10月25日(水)23時閉店決定

【Reporter:はつしも】

JR武蔵小杉駅新南口(横須賀線口)改札前の「ニューデイズ武蔵小杉新南店」が、2017年10月25日23時をもって閉店することになりました。

■ニューデイズ武蔵小杉新南店
ニューデイズ武蔵小杉新南

武蔵小杉新駅は川崎市からの要望によって作られた「請願駅」です。
駅舎は全額川崎市の負担によって建設されていることもあって、2010年3月の開業時点においては店舗等が一切ない最低限度の機能しかありませんでした。

その後ホームへの自動販売機の設置なども進み、開業から2年半が経過した2012年10月9日、ついにオープンしたのが「ニューデイズ武蔵小杉新南店」および「川崎信用金庫横須賀線口出張所」です。

両店舗は武蔵小杉新駅改札の正面、横須賀線高架下のスペースに設置されました。

■「ニューデイズ武蔵小杉新南店」の閉店告知
「ニューデイズ武蔵小杉新南」の閉店告知

オープンから5年が経過し、朝のラッシュ時にはレジに行列もできていたのですが、1日全体を通してみると、期待する収益には届いていない部分もあったのでしょうか。
先日より、同店が2017年10月25日23時をもって閉店することが告知されました。

■朝のラッシュ時の改札口の行列
朝のラッシュ時の行列

ひとつ、「ニューデイズ武蔵小杉新南店」にとっての機会損失要因が考えられます。
それはメディア等でも再三取り上げられている、新駅改札のラッシュピーク時の行列です。

これはあくまでもエスカレーターがボトルネックとなった行列であり、奥の階段を使えば並ぶ必要はないのですが、メディアとしては「絵が映える」ために映像として使われることが多いです。

ともあれ並んでいる多くの方がいらっしゃるのは事実で、これらの方からすると「ニューデイズ」で行きがけに買い物をするには、一旦行列を無視して高架下まで行き、そこから一旦行列最後尾まで戻らないといけないことになります。
朝ラッシュの時間帯にはそれはあまり現実的ではなく、同店としては一定の機会損失になっていることが考えられます。

勿論それだけが閉店の要因ということではないでしょうし、裏側の事情は定かにはわかりません。

また閉店後の跡地利用についても、現段階では不明となっています。

■今のところ存続見込の「川崎信用金庫横須賀線口出張所」
今のところ存続見込の「川崎信用金庫横須賀線口出張所」

「ニューデイズ」にはみずほ銀行のATMがありましたので、それをご利用の方にとっては不便になります。
一方、隣接の「川崎信用金庫横須賀線口出張所」については本日現在で閉鎖等の告知は出ておらず、今のところ存続が見込まれます。

この出張所では、2017年1月25日に還付金詐欺(振り込め詐欺)の被害が発生しており、本サイトでもお伝えしておりました。
「ニューデイズ」が閉店するとATMの周囲から相対的に人が減りますし、同信金としては引き続き注意喚起を行っていくことと思います。

■北口で閉鎖された「びゅうプラザ」旅行カウンター
北口で閉鎖された「びゅうプラザ」旅行カウンター

JR武蔵小杉駅では、駅運営業務の合理化の一環として、北口(南武線口)の「びゅうプラザ」旅行カウンターが4月28に廃止されていました。
JR東日本グループが運営する店舗としては、これに続くニューデイズの閉店ということになります。

なお、こちらの旅行カウンターも閉鎖されたのみで、特にその後スペースが活用されているわけではありません。

■北口改札脇の「ニューデイズ武蔵小杉1号店」
北口改札脇の「ニューデイズ武蔵小杉1号」

■北口コンコースの「ニューデイズ武蔵小杉店」
北口コンコースの「ニューデイズ武蔵小杉」

北口には、改札脇に「ニューデイズ武蔵小杉1号店」、改札内のコンコースに「ニューデイズ武蔵小杉店」があります。
こちらの2店舗は、引き続き営業を続ける予定です。

つごう、武蔵小杉にはニューデイズが3店舗あったわけですが、武蔵小杉駅の特性として、北口と新南口は導線としてはまったく別の駅と言っても良い構造になっています。

「ニューデイズ武蔵小杉新南店」の閉店告知には残りの2店舗をご利用くださいとありますが、現実にはなかなか難しいところでしょう。

■新駅前の「デリド武蔵小杉店」
新駅前の「デリド武蔵小杉店」

新南口駅前には「デリド武蔵小杉店」や「デイリーヤマザキ」などがありますから、そちらにお客さんが流れるか、または別の駅でコンビニエンスストアを利用する形になるのではないでしょうか。

北口においては階段の踊り場に宅配ロッカーが設置されるなど、新たな設備導入も行われています。
「ニューデイズ武蔵小杉新南」の跡地が、何らか利便性が高まるような活用がされるとよいと思います。

■北口の階段に新設された宅配ロッカーサービス
北口の階段に新設された宅配ロッカーサービス

【関連リンク】
2012/10/10エントリ 「ニューデイズ武蔵小杉新南」「川崎信用金庫武蔵小杉駅横須賀線口出張所」オープン
2017/2/8エントリ 「川崎信用金庫 武蔵小杉駅横須賀線口出張所」で還付金詐欺(振り込め詐欺)被害が2017年1月25日発生、同信金が注意喚起
2017/3/18エントリ JR武蔵小杉駅の「びゅうプラザ」旅行カウンターが2017年4月28日(金)に廃止決定、JR東日本が駅運営業務を合理化2017/7/3エントリ JR武蔵小杉駅北口の階段踊り場に宅配ロッカー「PUDO」「はこぽす」が設置、宅配便やゆうパックの受取が可能に

Comment(2)

2017年
10月19日

「コスギフェスタ2017」10月20日(金)前夜祭・21日(土)本祭雨天決行が決定、前夜祭のタワレコスペシャルライブにアイドルグループ「ぷちぱすぽ☆」「東京女子流」が出演を発表

【Reporter:はつしも】

明日10月20日(金)の前夜祭を皮切りに、「コスギフェスタ2017」が開幕します。

現在のところ、天候不良が予想されますが、コスギフェスタ実行委員会は下記の通り、10月20日(金)前夜祭、21日(土)本祭について開催することを決定いたしました。
ステージプログラムやアトラクションについては一部中止や内容変更の可能性もありますので、あらかじめご承知ください。

■「コスギフェスタ2017」開催情報について
10月20日(金)
前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」
開催決定
※ただし、ステージプログラムやアトラクション等は一部中止や内容が変更される可能性があります。
10月21日(土)
本祭
開催決定
(個別イベントの開催情報)
●トリックオアトリートスタンプラリー:開催決定
●ハロウィン仮装コンテスト:20日(金)18時までに開催有無を発表
●ハロウィン仮装パレード:20日(金)18時までに開催有無を発表
※ただし、ステージプログラムやアトラクション等は一部中止や内容が変更される可能性があります。
10月22日(日)
コスギんピック
21日(土)18時までに開催有無を発表
Webでのお知らせ ●イベントページ



なお、20日(金)の「武蔵小杉カレーEXPO」について、出演者がシークレットになっていた、「タワーレコードpresentsスペシャルライブ」の内容が発表されました。
アイドルグループの「ぷちぱすぽ☆」と、「東京女子流(TOKYO GIRLS' STYLE)」が出演となります。

■「タワーレコードpresentsスペシャルライブ」出演者
ぷちぱすぽ☆
18:20頃
ぷちぱすぽ☆

2020年 東京五輪に向けて走り出した五人のスポーツ応援集団。あらゆるスポーツの応援コールやリズムを元に、「アイドル」をオリンピック正式種目にするべく、歌って踊って汗かきます。
公式サイト
握手会等イベント情報
東京女子流(TOKYO GIRLS' STYLE)
18:50頃
東京女子流

「音楽の楽しさを歌って踊って伝えたい!」2010年結成のエイベックス所属のガールズ・ダンス&ボーカル・グループ。その名の通り、東京からアジアそして世界へ「音楽の楽しさを歌って踊って伝える」ことをコンセプトとして活動。大人のグループへと2015年より”アーティスト”として活動を活発化。
公式サイト
ハイタッチ会等イベント情報

またこの2組の出演以外にも、プログラムの一部が変更になっている部分がありますので、下記をご参照ください。

■20日(金)前夜祭のプログラム
20日(金)前夜祭のプログラム

【関連リンク】
コスギフェスタ2017 イベントサイト
コスギんピック イベントサイト
慶應義塾大学 Joint
2017/9/11エントリ 「コスギフェスタ2017」の地域運動会「コスギんピック」10月22日(日)開催! 優勝賞品「くりりん特選和牛5kg」争い9月30日(土)まで参加チーム募集中
2017/9/21エントリ 「コスギフェスタ2017」を一緒につくろう! ボランティアスタッフを10月13日(金)まで募集中
2017/9/30エントリ 「コスギフェスタ2017」プログラム発表!10月20日(金)「武蔵小杉カレーEXPO」21日(土)「ハロウィンイベント」22日(日)「コスギんピック」を連続展開
2017/10/3エントリ 「コスギフェスタ2017」のハロウィン企画「トリックオアトリートスタンプラリー」が10月4日(水)販売開始、駅西側を巡るWルートはイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店でも販売
2017/10/15エントリ コスギフェスタ2017「武蔵小杉カレーフェスティバル」詳報公開、10月16日(月)より21店舗の「カレースタンプラリー」開幕
2017/10/19エントリ コスギフェスタ2017商店街企画「武蔵小杉商店街プレミアム商品券」を10月20日(金)前夜祭・21日(土)本祭で販売/フェリシア跡地「by sheen」では無料フェイスペインティングを21日実施

(過去の「コスギフェスタ」開催レポート)
2011/10/30エントリ 「コスギフェスタ2011」開催レポート
2012/10/27エントリ 「コスギフェスタ2012」開催レポート
2013/10/27エントリ 「コスギフェスタ2013」開催レポート
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート
2015/11/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ
2015/10/24エントリ 「コスギフェスタ2015」10月24日(土)本祭1日目開催レポート/25日(日)本祭2日目の見所まとめ
2015/10/25エントリ 「コスギフェスタ2015」10月25日(日)本祭2日目開催レポート:武蔵小杉駅前の公道を事務いすが疾走!「いす-1GP」首都圏初開催
2016/10/22エントリ 「コスギフェスタ2016」前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」「タワレコ秋祭りミュージックフェスタ」開催レポート/本祭1日目の見所まとめ
2016/10/22エントリ 「コスギフェスタ2016」本祭1日目開催レポート:武蔵小杉の街がハロウィン一色に!/本祭2日目の見所まとめ
2016/10/23エントリ 「コスギフェスタ2016」本祭2日目開催レポート:初開催「コスギんピック」に川崎ブレイブサンダース参戦、初優勝は「チームエクラス」と「バンビーズ」

(過去の実行ワーキング・グループインタビュー)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(前編)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(後編)
2013/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(8):「コスギフェスタ2013実行ワーキング・グループ」石井正士さん、本平基さん
2014/9/28エントリ 武蔵小杉の「ひと」(9):「コスギフェスタ2014実行ワーキング・グループ」松尾寛さん、大坂亮志さん
2015/10/12エントリ 武蔵小杉の「ひと」(10):「コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループ」安藤均さん、奥村佑子さん
2016/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(11):慶應義塾大学「Joint」代表、コスギフェスタ2016の地域運動会「コスギんピック」発起人・大和田樹さん

Comment(0)

2017年
10月18日

コスギフェスタ2017商店街企画「武蔵小杉商店街プレミアム商品券」を10月20日(金)前夜祭・21日(土)本祭で販売/フェリシア跡地「by sheen」では無料フェイスペインティングを21日実施

【Reporter:はつしも】

「コスギフェスタ2017」では、武蔵小杉駅前通り商店街・法政通り商店街共通のプレミアム商品券が販売されます。

すでに概要のみお伝えしておりますが、昨年までと大きく仕様が異なりますので、あらためてご紹介しておきたいと思います。

■「武蔵小杉商店街共通商品券ガイドマップ」
商品券ガイドマップ
※クリックで拡大します。

商品券ガイドマップ
※クリックで拡大します。

■武蔵小杉駅前通り商店街・法政通り商店街プレミアム商品券の概要
販売日程 ●2017年10月20日(金)17:00~
●2017年10月21日(土)10:00~
※両日とも無くなり次第終了
販売数 合計1,000口(20日400口、21日600口)
販売内容 ●1口6,000円分の商品券を5,000円で販売
<内訳>
●物販・サービス店舗用2,000円
●飲食店舗用2,000円
●共通用2,000円
商品券の対象 武蔵小杉駅前通り商店街・法政通り商店街の参加店舗
物販・サービス店舗一覧
飲食店舗一覧
有効期間 2017年10月20日(金)~11月30日(木)
販売場所 コスギフェスタメイン会場 こすぎコアパーク
Web 武蔵小杉便利帳 駅前通り&法政通り商店街共通商品券販売!

今回のプレミアム商品券は、6,000円分の商品券が5,000円で販売されます。

つまり、1,000円分のプレミアムがついていますので、商店街でお買い物をされる方であれば確実にお得だということです。

前回と仕様が異なるのは、プレミアムの率が10%から20%に引き上げられたことと、商品券が「飲食店舗用」「物販・サービス店舗用」「共通用」の3つに分かれているということで、ひとつの店舗にすべての商品券を投入することはできないかたちになっています。

上記の通り、「飲食店舗用」2,000円、「物販・サービス店舗用」2,000円、「共通用」2,000円で合計6,000円という内訳です。

仮に飲食店で使う場合は、「飲食店舗用」と「共通用」をあわせて最大4,000円が使えるということです。

■物販店舗の一例「大野屋小杉店」
「大野屋小杉店」

■飲食店舗の一例「しゃぶしゃぶ すきやき くりりん」
リニューアルした店内 

これは大体想像がつくかと思いますが、昨年の商品券において、大部分の商品券がある店舗に集中して使われたことが背景にあります。

商店街としては商店全体の振興のためにプレミアムと印刷費、事務手続き等を負担してやるわけですから、なるべく幅広く使っていただきたい、ということでしょう。

消費者としては制約がつくよりも、自由に使いたいというのが自然なニーズではあります。

ただ一方で、商店街側にも全体的なメリットがなければ各商店の理解と協力が得られず、持続性のある取り組みにはならないわけですから、これは致し方ないところでしょう。

プレミアムの比率は昨年の10%から20%に引き上げられましたし、「共通用」商品券の設定など一定の配慮もされていますから、落としどころとしてはバランスのとれた仕様ではないでしょうか。



■法政通り商店街に新規オープンした「by sheen」(フェリシア跡地2階)
法政通り商店街「フェリシア」の建物 

法政通り商店街の「by sheen」 

なお、法政通り商店街の「フェリシア」跡地2階にオープンしたヘアカラー&ヘッドスパのお店「by sheen」では、10月21日(土)には無料でお子さんにフェイスペインティングを行うキャンペーンを行っています。

こちらはコスギフェスタの公式イベントではなく、店舗が独自に企画しているものです。

Instagram、facebook、LINEのいずれかのSNSでの投稿ご協力が条件で、ハロウィンのイラスト付きの壁面で撮影ができるということです。

ここでフェイスペインティングをして、コスギフェスタに参加をされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本件の詳細は、下記の関連リンクをご参照ください。

【関連リンク】
(by sheen関連)
武蔵小杉便利帳 カラー専門店&ヘッドスパ専門店 by sheenお子さんのダイヤモンドペイント無料!
by sheen facebookページ
2017/9/14エントリ 「西洋菓子フェリシア」跡地の2階にヘアカラー&ヘッドスパのお店「by sheen」が9月15日(金)オープン、1階「メガネスーパー」と上下階で営業

(コスギフェスタ関連)
コスギフェスタ2017 イベントサイト
コスギんピック イベントサイト
慶應義塾大学 Joint
2017/9/11エントリ 「コスギフェスタ2017」の地域運動会「コスギんピック」10月22日(日)開催! 優勝賞品「くりりん特選和牛5kg」争い9月30日(土)まで参加チーム募集中
2017/9/21エントリ 「コスギフェスタ2017」を一緒につくろう! ボランティアスタッフを10月13日(金)まで募集中
2017/9/30エントリ 「コスギフェスタ2017」プログラム発表!10月20日(金)「武蔵小杉カレーEXPO」21日(土)「ハロウィンイベント」22日(日)「コスギんピック」を連続展開
2017/10/3エントリ 「コスギフェスタ2017」のハロウィン企画「トリックオアトリートスタンプラリー」が10月4日(水)販売開始、駅西側を巡るWルートはイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店でも販売
2017/10/15エントリ コスギフェスタ2017「武蔵小杉カレーフェスティバル」詳報公開、10月16日(月)より21店舗の「カレースタンプラリー」開幕

(過去の「コスギフェスタ」開催レポート)
2011/10/30エントリ 「コスギフェスタ2011」開催レポート
2012/10/27エントリ 「コスギフェスタ2012」開催レポート
2013/10/27エントリ 「コスギフェスタ2013」開催レポート
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート
2015/11/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ
2015/10/24エントリ 「コスギフェスタ2015」10月24日(土)本祭1日目開催レポート/25日(日)本祭2日目の見所まとめ
2015/10/25エントリ 「コスギフェスタ2015」10月25日(日)本祭2日目開催レポート:武蔵小杉駅前の公道を事務いすが疾走!「いす-1GP」首都圏初開催
2016/10/22エントリ 「コスギフェスタ2016」前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」「タワレコ秋祭りミュージックフェスタ」開催レポート/本祭1日目の見所まとめ
2016/10/22エントリ 「コスギフェスタ2016」本祭1日目開催レポート:武蔵小杉の街がハロウィン一色に!/本祭2日目の見所まとめ
2016/10/23エントリ 「コスギフェスタ2016」本祭2日目開催レポート:初開催「コスギんピック」に川崎ブレイブサンダース参戦、初優勝は「チームエクラス」と「バンビーズ」

(過去の実行ワーキング・グループインタビュー)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(前編)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(後編)
2013/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(8):「コスギフェスタ2013実行ワーキング・グループ」石井正士さん、本平基さん
2014/9/28エントリ 武蔵小杉の「ひと」(9):「コスギフェスタ2014実行ワーキング・グループ」松尾寛さん、大坂亮志さん
2015/10/12エントリ 武蔵小杉の「ひと」(10):「コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループ」安藤均さん、奥村佑子さん
2016/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(11):慶應義塾大学「Joint」代表、コスギフェスタ2016の地域運動会「コスギんピック」発起人・大和田樹さん

Comment(0)

2017年
10月17日

「川崎パパ塾」の2017年度第2回講座「紙飛行機作り」(11月16日)が参加受付スタート、「なかはら子ども未来フェスタ」の紙飛行機ワークショップ準備活動を実施

【Reporter:はつしも】

父親の地域参加を考える「川崎パパ塾」は、2017年10月25日(水)から2018年3月8日(木)にかけて、7回シリーズの講座を開催するとともに、地域イベントにも2回参加を予定しています。

このうち第2回「紙飛行機作り(地域イベント準備)」(11月16日開催)の講座参加募集がスタートしましたので、お知らせします。

■「川崎パパ塾」
川崎パパ塾

■「川崎パパ塾」2017年度講座の開催概要
開催日 2017年10月25日(水)~2018年3月8日(木)※詳細後記
会場 武蔵小杉駅周辺を予定
ウェブ ●ウェブサイト
●facebookページ
主催 川崎パパ塾
(平成29年度かわさき市民公益活動助成金事業)
協賛 ナイス株式会社/小杉ママのチャリティーリユース/はり・きゅう・マッサージ治療院alto
協力 武蔵小杉ライフ
後援 NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント

■「川崎パパ塾」の2017年度スケジュール
開催日時

内容

状況
第1回
10/25(水)
19:30-21:00

●「夫婦のパートナーシップ」
講師:織田パパ

キャンセル待ち
第2回
11/16(木)

19:30-21:00

●「紙飛行機作り」(地域イベント準備)
講師:大川パパ

参加受付中

イベント
11/25(土)
昼間
●「なかはら子ども未来フェスタ」に参加 -
イベント
1/8(土)
昼間
●「お正月deミュージアム」に参加 -
第3回
1/20(土)
15:00-17:00
●「胎内記憶から学ぶ、子育ての神秘」
講師:池川明先生
-
第4回
1/31(水)
19:30-21:00
●「パパカメラ・家族写真を撮ろう」
講師:市川パパ
-
第5回
2/8(木)
19:30-21:00
●「学校教育の現状を学ぶ」
講師:田中パパ
-
第6回
2/15(木)
19:30-21:00
●「家庭の薬学(知っておきたい薬のハナシ)」
講師:大川パパ
-
第7回
3/8(木)
19:30-21:00
●「パパの体験記(育休・単身赴任など)」
講師:小森パパ
-
※講座内容・開催日時などは変更される場合があります。詳細はウェブサイトでご確認ください。
※助成金活動は全7回の講座となります。イベント参加は助成金活動ではありません。

■第2回「夫婦のパートナーシップ」のプログラム
日時 2017年11月16日(水)19:30~21:00
会場 小杉町3丁目町会会館【アクセス
内容 ●地域イベント参加の入口!「紙飛行機作り」講座

川崎パパ塾では、地域とのつながり、地域の子どもたちとのつながりのひとつとして、11月25日に「なかはら子ども未来フェスタ」、来年1月8日に「おやじdeミュージアム」への参加を予定しています。
地域イベントで使うアイテムは「紙飛行機」です。折り方は、5分あれば習得可能!使用するのはA4コピー用紙のみ。ハサミものりも使いません。折るのみです!
今回の講座ではいつもイベントで教えている、ギネス記録(滞空時間、飛行距離)を持つ2種類の紙飛行機の作り方・飛ばし方を紹介したいと思います。
そして来たるイベントで地域の子供たちと一緒に遊べるようになれればいいなと考えています。
講師 ●大川パパ
大川パパ

<プロフィール>
町の調剤薬局の薬剤師。小学4年生の一人息子と、8つ上の姉さん女房との3人家族。息子の誕生とほぼ同時期に武蔵小杉に引越してきて、もうすぐ10年。これといって特技もなく、無趣味。

<実績(パパ塾として)>
・2010年から「なかはら子ども未来フェスタ」に参加(紙飛行機は2013年から)
・2015年から「おやじdeミュージアム」に参加
・2016年は「元住こどもまつり」に参加
毎回、100名ちかくの子どもたちに紙飛行機を教えています。
対象 子育て中のパパ、これからパパになる方、関心のある方
定員 20名
料金 1,000円/1名
※ドリンク(ビール等あり)、お菓子を準備しております。
申込方法 下記のウェブページからお申込みください。
イベントページ
※イベントページ内に申込ページへのリンクがあります。
申込ページ
※申し込みページに直接アクセスする場合はこちら。

「パパ塾」は、2010年から継続的に活動をしている、ボランティア自主企画によるパパの学習活動です。
「パパが変われば、家族と地域が変わる」をテーマに、父親の子育て参加や、相互のネットワーク作り、社会参加がしやすい環境づくりなどを促進する取り組みを行っています。

その一環として「パパ塾」は、11月25日(土)に開催される「なかはら子ども未来フェスタ」では、「紙飛行機作り」のワークショップで参加を予定しています。

今回ご案内する「第2回」の講座は、そのワークショップの準備活動として「紙飛行機を作る」ことをテーマにしています。

■「なかはら子ども未来フェスタ」での紙飛行機作り
「なかはら子ども未来フェスタ」での紙飛行機作り

「なかはら子ども未来フェスタ」での紙飛行機作り
 
「なかはら子ども未来フェスタ」での紙飛行機作り

武蔵小杉には、数多くの地域イベントがあります。
ステージがあったり、模擬店があったり、ワークショップがあったりと様々ですが、そこで活躍する多くの方はたいへん楽しそうにされています。

そんな地域イベントへの参加は地域とのかかわりを拡げる場でもありますが、いざ運営側に参加しようと思うと、若干ハードルが高いものです。
「川崎パパ塾」では、このハードルを限りなく低くすることをコンセプトに、今回「紙飛行機作り」から気軽に参加できる講座を企画しました。
 
■今回作る紙飛行機
「なかはら子ども未来フェスタ」での紙飛行機作り

 講師は、毎回紙飛行機作りのワークショップを運営されている「大川パパ」です。
 
今回の講座では、滞空時間と飛行距離を持つ2種類の折り紙ヒコーキの作り方・飛ばし方を紹介してくれます。
そのうえで、希望される方は11月25日(土)の「なかはら子ども未来フェスタ」では、地域の子どもたちと一緒に遊べる流れになっています。

■過去の「川崎パパ塾」の開催風景
完了分の開催風景 

開催風景
※写真提供:川崎パパ塾

本年度の「川崎パパ塾」の開催日時は、平日の夜が中心になっています。

一方、子どもたちとの交流イベントはいずれも土曜日となっています。
ご都合とご関心に合わせて、お楽しみいただければ幸いです。

【関連リンク】
川崎パパ塾 Facebookページ
森ノオト eco locoインタビュー 川崎パパ塾
2013/11/18エントリ 中原市民館「喫茶室いおう中原」で、川崎パパ塾のミニ図書館「パパの本棚」運営中
2013/12/7エントリ 中原市民館で「川崎パパ塾」による絵本読み聞かせイベントが本日開催
2014/7/30エントリ パパが変われば、家族と地域が変わる。「NEXTパパ塾2014」が参加申込受付スタート
2014/10/1エントリ 「第9回なかはら子ども未来フェスタ」で開催、「川崎パパ塾」の折り紙ヒコーキ講座
2016/1/31エントリ 「川崎パパ塾」のミニ絵本図書館「パパの本棚」が、中原市民館から「COSUGI CAFE」へ移転
2016/10/16エントリ イクメン育成「川崎パパ塾」が5回シリーズ講座を開催、10/29(土)・11/5(土)の参加申込を「ママのみも歓迎」で受付中
2016/10/25エントリ イクメン育成「川崎パパ塾」が5回シリーズ講座の第3回「絵本の選び方」(11月19日開催)の参加申込受付開始
2016/12/14エントリ イクメン育成「川崎パパ塾」が2016年シリーズ講座を終了、開催レポートを公開/地域デビューのパパを募集中
2017/9/25エントリ イクメン育成「川崎パパ塾」が2017年度スケジュールを公開、第1回「夫婦のパートナーシップ」(10月25日開催)の参加者募集をスタート

Comment(0)

2017年
10月16日

多摩川を下る(5):川崎競馬場の練習馬場(続)・朝練を終えて多摩沿線道路を渡る競走馬

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉付近から多摩川サイクリングロードを下流に向かっていく、「多摩川を下る」シリーズの連載第5回です。

前回は、幸区の小向にある「川崎競馬場」の「練習馬場」と「小向トレーニングセンター」をご紹介いたしました。

今回はその追補編として、競走馬が多摩沿線道路を横断する風景をご紹介したいと思います。

■「川崎競馬場 練習馬場」
川崎競馬場 練習馬場

練習馬場の競走馬 

まずこちらは、前回ご紹介した練習馬場です。
練習馬場では、おおよそ深夜2時半から朝9時頃まで、騎手による練習が行われています。

多摩川の土手の上から、このような練習風景を眺めることができます。

■練習を終えた競走馬と騎手
練習を終えてトレーニングセンターに戻る競走馬と騎手

練習を終えると、騎手と競走馬はスロープを経由して多摩川の土手にのぼり、「小向トレーニングセンター」に帰っていくことになります。

この際に渡ることになるのが、多摩沿線道路です。

■「馬横断注意」の標識
「馬横断注意」の標識 

馬横断注意 

スロープをのぼると、多摩川土手の道や多摩沿線道路に「馬横断注意」の標識が出てきます。
土手の道はそれほど歩行者や自転車が通っているわけではありませんが、多摩沿線道路は車の交通量も多く、安全確認が大切です。

■多摩沿線道路を渡る騎手と競走馬
多摩沿線道路を渡る騎手と競走馬

多摩沿線道路を渡る騎手と競走馬

多摩沿線道路には、「小向仲野町」の信号と横断歩道が設置されています。

ここに交通整理員が配置され、安全確認をしながら騎手と競走馬が横断歩道を渡っていきます。

騎乗したままでトレーニングセンターに帰る騎手と、一旦競走馬を降りる騎手と、両方いらっしゃるようですね。

■トレーニングセンターに入る騎手と競走馬
トレーニングセンターに帰る騎手と競走馬

横断歩道を渡ると、すぐ目の前が「小向トレーニングセンター」です。

夜中や早朝からトレーニングをされていたのですから、一旦休息をとられるのではないでしょうか。

川崎競馬場でいいレースをするためには、毎日のたゆまぬ努力が必要なのだと思います。

なかなか珍しい風景だと思いますので、朝早く多摩川サイクリングを楽しむ機会がありましたら、一度眺めてみてください。

なお、前回エントリでも申しあげた通り、この周囲は動物特有のにおいが土手まで届いてきますので、苦手な方はあらかじめご承知くださいね。

■小向トレーニングセンターの競走馬像
小向トレーニングセンターの競走馬像 

■川崎競馬練習馬場のマップ


【関連リンク】
川崎競馬 ウェブサイト
2017/1/26エントリ 多摩川を下る(1):ガス橋を渡る、キヤノン本社への長い出勤行列
2017/2/19エントリ 多摩川を下る(2):中原区・幸区の境界・多摩川を渡る送電線と、古市場小学校前歩道橋からのパノラマ
2017/4/17エントリ 多摩川を下る(3):ランステーション「多摩川交流センター」から見える、新川崎・武蔵小杉・多摩川大橋・「SHISHAMO」出身校の川崎総合科学高等学校
2017/5/5エントリ 多摩川を下る(4):川崎競馬場の練習馬場・小向トレーニングセンターを駆ける競走馬

Comment(0)

2017年
10月15日

コスギフェスタ2017「武蔵小杉カレーフェスティバル」詳報公開、10月16日(月)より21店舗の「カレースタンプラリー」開幕

【Reporter:はつしも】

「コスギフェスタ2017」の共同イベントとして、今年で3回目となる「武蔵小杉カレーフェスティバル」が開催されます。

その企画のひとつ「武蔵小杉カレースタンプラリー」が10月16日(月)よりスタートしますので、回を重ねるごとでパワーアップする本イベントの詳細について、ご紹介をしたいと思います。

■「武蔵小杉カレーフェスティバル」
 武蔵小杉カレーフェスティバル

「武蔵小杉カレーフェスティバル」は、「KOSUGI CURRY」が発起人となってスタートした、武蔵小杉のカレーの祭典です。

企画は大きく2つに分かれていまして、

●「武蔵小杉カレースタンプラリー」:コスギフェスタ開催前後の2週間、参加21店舗のカレー店をめぐるスタンプラリー
●「武蔵小杉カレーEXPO」:コスギフェスタ前夜祭にカレー店8店舗がこすぎコアパークに集結するフードフェス

上記のように、コスギフェスタ前夜祭当日だけでなく、前後の2週間にわたって楽しめるイベントとなっています。

さらに今年はお客様参加型の特別企画として、「『みんなのカレーの思い出』展覧会」が開催されることになりました。

■「武蔵小杉カレースタンプラリー」
武蔵小杉カレースタンプラリー

■「武蔵小杉カレースタンプラリー」の開催概要
開催日時 2017年10月16日(月)~329日(日)
内容 参加店舗(21店舗)で該当メニューを食べて(購入して)スタンプを集めると、スタンプの数に応じて賞品がプレゼントされます。
参加店舗 武蔵小杉周辺の21店舗
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店/喜良喰/COSUGI CAFE/KOSUGI CURRY/小杉らぁめん夢番地/コ!ピーピー/JAGA(新丸子店・武蔵小杉店)/ホテル精養軒/つけ麺や 武双/デリド武蔵小杉店/ニューナマステヒマール/ニューパンジャビバーベキュー/BAKASOUL AISA/パティスト/新丸子カレー工房パルコ/Powers/パンジャビダバ/100時間カレーB&R/ファンクスパイス/ふらんす食堂M/ベルマティネ
賞品 ●スタンプ3個:カレーステッカー
●スタンプ5個:カレースパイス
●スタンプ7個:カレーアイテムA
●スタンプ10個:カレーアイテムB
●スタンプ15個:カレーアイテムC+フェスオリジナルグッズA「バッグ」(※後日発送)
●コンプリート:カレーアイテムD+フェスオリジナルグッズB「カップ」+次回EXPO限定セット無料券(※後日発送)
※途中で景品交換しても続きができます。

※賞品内容は都合により変更されることがあります。また、賞品の数には限りがあります。
賞品引換 ●期間2017年10月17日(火)~11月30日(木)※日月祝除く、10時~17時
●NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント事務所
イベントサイト Facebookページ
https://www.facebook.com/kosugicurryfes/

「武蔵小杉カレースタンプラリー」は、2015年の11店舗、2016年の16店舗から、今年はさらに21店舗にグレードアップしました。

カレー専門店だけでなく、今回はカレーパンの販売を行う「イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」や、向河原のカフェレストラン「パティスト」などがニューフェイスとして加わっています。

期間は2週間のまま、参加店舗が増えていますのでコンプリートの難度が上がったともいえますが、1日でたくさん回っていただけるよう、参加店舗の中にはスランプラリー参加者向けにハーフメニュー・ミニメニューを用意しているところがあります。

店舗ごとに取り扱いは異なりますので、各店舗にご確認ください。

■カレーステッカー
カレーステッカー

■カレーアイテム各種
カレーアイテム各種

カレーアイテム各種

カレーアイテム各種

■フェスオリジナルグッズA「バッグ」
フェスオリジナルグッズA「バッグ」

■カレーフェスオリジナルグッズB「カップ」
フェスオリジナルグッズB「カップ」

「武蔵小杉カレースタンプラリー」では、集めたスタンプごとにさまざまなカレーアイテムをもらうことができます。

スタンプ3つでもらえるカレーステッカーから始まり、21個コンプリートするとオリジナルカップなどを獲得できます。

途中で商品を交換してもスタンプラリーは続行可能ですので、できるところから始めてみてはいかがでしょうか。

■武蔵小杉カレースタンプラリー参加店舗紹介
武蔵小杉カレースタンプラリー参加店舗
※クリックで拡大します。

武蔵小杉カレースタンプラリー参加店舗
※クリックで拡大します。

武蔵小杉カレースタンプラリー参加店舗
※クリックで拡大します。

武蔵小杉カレースタンプラリー参加店舗
※クリックで拡大します。

武蔵小杉カレースタンプラリー参加店舗
※クリックで拡大します。

武蔵小杉カレースタンプラリー参加店舗
※クリックで拡大します。

昨年は前夜祭の「コスギカレーEXPO」でしかもらえないスタンプが2つありましたが、今年は店舗数が増えたこともあり、純粋に参加店舗のスタンプのみで構成されています。

ハーフメニューを活用して、1日に複数店舗を回ってコンプリートを目指してみるのも良いでしょう。

■「武蔵小杉カレーEXPO」
武蔵小杉カレーEXPO 

■「武蔵小杉カレーEXPO」の開催概要
開催日時 2017年10月20日(土)※「コスギフェスタ2017」前夜祭
開催会場 武蔵小杉駅南口「こすぎコアパーク」
内容 武蔵小杉周辺のカレー店8店舗によるカレーの販売や、キリンドラフトカーによるビール販売等を行います。
※「タワレコ秋祭りミュージックフェスタinコアパーク」が同時開催されます。
参加店舗 KOSUGI CURRY/JAGA/ニューナマステヒマール/ニューパンジャビバーベキュー/BAKASOUL ASIA/新丸子カレー工房パルコ/Powes/100時間カレーB&R武蔵小杉店
イベントサイト Facebookページ
https://www.facebook.com/kosugicurryfes/

そして、スタンプラリー期間の真っ最中、10月20日(金)の「コスギフェスタ2017」前夜祭として開催されるのが、「武蔵小杉カレーEXPO」です。

ここではスタンプラリー参加店の中から8店舗が参加し、各店舗自慢のカレーを提供します。
店舗数は昨年と同じですが、一部入れ替わりがあります。

第1回、第2回とたいへん多くの方がこすぎコアパークに集まり、カレーやビール、音楽を楽しみました。
今年もきっと、コスギフェスタの初日にふさわしい賑わいをみせることでしょう。

■「コスギフェスタ2016」前夜祭が開催されたこすぎコアパーク
「武蔵小杉カレーEXPO」

 
■会場「こすぎコアパーク」と「食べ比べセット」
会場「こすぎコアパーク」と「食べ比べセット」

食べ比べセット

「武蔵小杉カレーEXPO」で毎年人気なのが限定販売される「食べ比べセット」(1,200円)です。

毎年行列ができて購入するのに時間がかかること、またカレーが混ざるなどの課題もあったのですが、今年も実行委員の皆さんが知恵を絞り、販売形態の見直しを行いました。

今回は本部テントでごはんと食券を購入し、各店舗であらかじめルウが盛られた容器と食券を交換していきます。

そうすると行列も分散されますし、また容器との交換もスムーズにできるのではないか、ということです。

昨年の800食限定を拡充し、今年は1,000食限定販売となります。
希望される方は、早めに購入されるとよいでしょう。

■タワレコ秋祭りミュージックフェスinコアパーク
タワレコ秋祭りミュージックフェスタ
※クリックで拡大します。

また、前夜祭では「武蔵小杉カレーEXPO」とあわせて、「タワレコ秋祭りミュージックフェスinコアパーク」も開催されます。
こちらは先日、「コスギフェスタ2017」プログラム全体をご紹介するエントリでもお伝えしております。

■今年も出演予定の「Ryo Sean Okada」
Ryo Sean Okada 
 
昨年に引き続き出演する「Ryo Sean Okada」など、7組のアーティストが出演します。

こちらもカレーを食べながら、お楽しみください。

■「『みんなのカレーの思い出』展覧会」
みんなのカレーの思い出博覧会

■「『みんなのカレーの思い出』展覧会」の開催概要
テーマ カレーの思い出
提出形式 文章でもイラストでも可
応募資格 どなたでもご参加いただけます(とくにお子様大募集)
応募方法 ①2017年10月16日(月)~20日(金)の期間中
グランツリー武蔵小杉に応募コーナーを設置
②10月20日(金)のカレーEXPOハウス食品テントに用意された応募用紙を使用し、その場で応募
賞品 応募者の中から抽選で25名様にハウス食品グループ「リンゴキッドとなかまたち」オリジナルグッズをプレゼント
作品展示① ●2017年10月21日(土)~10月31日(火)グランツリー武蔵小杉2Fにて全作品展示(※)
●10月21日(土)には1F食品売り場にてハウス食品による楽しいカレー企画も開催
作品展示② ●2017年11月25日(土)「なかはら子ども未来フェスタ」にて全作品展示(※)
●開催場所:中原区役所
●開催日時:10:00~15:00
※応募者多数の場合は、全作品の展示ができないこともありますので、ご了承ください。

そしてこちらが今回の新企画「『みんなのカレーの思い出』展覧会」です。

これは「カレーの思い出」をテーマにしたエピソードやイラストを募集するもので、応募された作品はグランツリー武蔵小杉や「なかはら子ども未来フェスタ」で展示されます。

ハウス食品の提供による賞品もありますので、気軽に応募してみてはいかがでしょうか。

■グランツリー武蔵小杉2階の応募コーナー
グランツリー武蔵小杉の応募コーナー 
 
本企画は、グランツリー武蔵小杉2階にも応募コーナーがあります。

昨年の「ハロウィンカレーレシピコンテスト」は、カレーのレシピを作って調理した写真を添付するという、なかなかに高いハードルがありました。

今年はより参加がしやすくなったかと思います。

■「武蔵小杉カレーフェスティバル」マップ
武蔵小杉カレーフェスティバルマップ
※クリックで拡大します。

「武蔵小杉カレーフェスティバル」は、10月16日(月)に「武蔵小杉カレースタンプラリー」から開幕します。

カレーは好きな方が多い人気料理ですので、この機会に武蔵小杉周辺のカレー店を開拓してみるのもよいと思います。

※本エントリの写真等の一部は主催者より提供を受けております。
 
【関連リンク】
コスギフェスタ2017 イベントサイト
コスギんピック イベントサイト
慶應義塾大学 Joint
2017/9/11エントリ 「コスギフェスタ2017」の地域運動会「コスギんピック」10月22日(日)開催! 優勝賞品「くりりん特選和牛5kg」争い9月30日(土)まで参加チーム募集中
2017/9/21エントリ 「コスギフェスタ2017」を一緒につくろう! ボランティアスタッフを10月13日(金)まで募集中
2017/9/30エントリ 「コスギフェスタ2017」プログラム発表!10月20日(金)「武蔵小杉カレーEXPO」21日(土)「ハロウィンイベント」22日(日)「コスギんピック」を連続展開
2017/10/3エントリ 「コスギフェスタ2017」のハロウィン企画「トリックオアトリートスタンプラリー」が10月4日(水)販売開始、駅西側を巡るWルートはイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店でも販売

(過去の「コスギフェスタ」開催レポート)
2011/10/30エントリ 「コスギフェスタ2011」開催レポート
2012/10/27エントリ 「コスギフェスタ2012」開催レポート
2013/10/27エントリ 「コスギフェスタ2013」開催レポート
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート
2015/11/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ
2015/10/24エントリ 「コスギフェスタ2015」10月24日(土)本祭1日目開催レポート/25日(日)本祭2日目の見所まとめ
2015/10/25エントリ 「コスギフェスタ2015」10月25日(日)本祭2日目開催レポート:武蔵小杉駅前の公道を事務いすが疾走!「いす-1GP」首都圏初開催
2016/10/22エントリ 「コスギフェスタ2016」前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」「タワレコ秋祭りミュージックフェスタ」開催レポート/本祭1日目の見所まとめ
2016/10/22エントリ 「コスギフェスタ2016」本祭1日目開催レポート:武蔵小杉の街がハロウィン一色に!/本祭2日目の見所まとめ
2016/10/23エントリ 「コスギフェスタ2016」本祭2日目開催レポート:初開催「コスギんピック」に川崎ブレイブサンダース参戦、初優勝は「チームエクラス」と「バンビーズ」

(過去の実行ワーキング・グループインタビュー)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(前編)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(後編)
2013/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(8):「コスギフェスタ2013実行ワーキング・グループ」石井正士さん、本平基さん
2014/9/28エントリ 武蔵小杉の「ひと」(9):「コスギフェスタ2014実行ワーキング・グループ」松尾寛さん、大坂亮志さん
2015/10/12エントリ 武蔵小杉の「ひと」(10):「コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループ」安藤均さん、奥村佑子さん
2016/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(11):慶應義塾大学「Joint」代表、コスギフェスタ2016の地域運動会「コスギんピック」発起人・大和田樹さん

Comment(0)

2017年
10月14日

グランツリー武蔵小杉の「ヨロズマートミニ」がキッズ・ファミリー中心の4階に移転オープン、「妖怪ウォッチ」専門から「レベルファイブ」関連ショップにコンセプト変更

【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉3階で営業していた「妖怪ウォッチオフィシャルショップ ヨロズマートミニ」が、4階に「レベルファイブ ヨロズマートミニ」として2017年13日(金)に移転オープンしました。

出店した区画は、「アカチャンホンポ」隣の旧「ハーネスドッグ」跡地です。

■「レベルファイブ ヨロズマートミニ」
レベルファイブ ヨロズマートミニ

ヨロズマートミニ

「妖怪ウォッチオフィシャルショップ ヨロズマートミニ」は、2016年7月20日に3階の「Grand Park」跡地に出店しました。

ゲームソフト開発会社・レベルファイブがゲーム・アニメを中心に展開するマルチメディアコンテンツ「妖怪ウォッチ」のオフィシャルショップとしての位置づけで、作中に登場する同名のコンビニエンスストアをモデルにしていました。

出店当時、すでに「妖怪ウォッチ」の爆発的ブームは多少ピークを過ぎたところでしたが、現在でも同作品は一定の人気を維持しています。

■「レベルファイブ ヨロズマートミニ」のジバニャン
ヨロズマートミニの店内

■ウィスパー
ウィスパー

■「妖怪ウォッチ」のぬいぐるみ
「妖怪ウォッチ」のぬいぐるみ

■レベルファイブの別作品「スナックワールド」
レベルファイブの別作品「スナックワールド」

今回の移転オープンにあたって、店名が前述の通り「妖怪ウォッチオフィシャルショップ ヨロズマートミニ」から、「レベルファイブ ヨロズマートミニ」に変更されました。

これはつまり、ピークアウトした「妖怪ウォッチ」の一本足打法だけでなく、レベルファイブの作品全般をカバーできるよう、今後の幅を広く持たせたということかと思います。

早速、レベルファイブの別作品「スナックワールド」のグッズも店内で一部展開されていました。

■人気気キャラクター「オロチ」の撮影会
「オロチ」の撮影会

本日はオープニングイベントとして、妖怪ウォッチの人気キャラクター「オロチ」の撮影会が開催されていました。

「ジバニャン」の撮影会はグランツリー武蔵小杉で何回か開催されていましたが、「オロチ」は初めてではないかと思います。



■3階の「ヨロズマートミニ」跡地
3階の「ヨロズマートミニ」跡地

移転に伴う休業のお知らせ

一方こちらは、3階の旧「ヨロズマートミニ」跡地です。
移転のため、9月25日から休業に入っていました。

現在は空きの状態になっています。

この周辺エリアはどちらかというとアパレル関連のショップが並んでいて、「ヨロズマートミニ」の出店は若干唐突感もありました。

それに比べて4階は完全にキッズ・ファミリー関連のフロアですから、店舗としても移転して好影響があるのではないでしょうか。

■「ギャローリア」跡地
「ギャローリア」跡地

「ギャローリア」跡地

■「Kent」「BUSINESS EXPERT」跡地
ケント・ビジネスエキスパート跡地

ビジネスエキスパート跡地

ケント跡地

また、すでにお伝えした通り、グランツリー武蔵小杉ではイトーヨーカドーのプライベートブランド「ギャローリア」「ケント」「ビジネスエキスパート」の3店舗が9月24日に同時閉店しています。

これらはグループ店舗の見直しということのようです。

■「西武・そごう武蔵小杉SHOP」跡地
「西武・そごう武蔵小杉SHOP」跡地

また「西武・そごう武蔵小杉SHOP」跡地も、「ポロ ラルフローレン」「セオリー」が営業を再開した以外は、まだ閉鎖された状態になっています。



■出店区画がまだ未発表の「じぶんまくら」(アリオ北砂)
出店区画がまだ未発表の「じぶんまくら」

一方、本サイトで出店をお伝えしたオーダー枕の専門店「じぶんまくら」は、まだ正式な発表がありません。

出店区画の候補だった「ハーネスドッグ」跡地が「ヨロズマートミニ」で埋まりましたので、前掲の空き区画のうちどこかに出店ということになりそうです。

ただ、オープン予定は11月とまだ時間がありますので、今後閉店する店舗が絶対に出ないともいえません。その点ご承知ください。

【関連リンク】
妖怪ウォッチ ヨロズマート ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ウェブサイト
 ・武蔵小杉ライフ:タウンガイド:大型商業施設 グランツリー武蔵小杉
武蔵小杉ブログ グランツリー武蔵小杉関連エントリ
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2016/6/20エントリ グランツリー武蔵小杉に妖怪ウォッチオフィシャルショップ「ヨロズマートミニ」が2016年7月中旬出店決定
2016/6/30エントリ 「妖怪ウォッチオフィシャルショップ ヨロズマートミニ グランツリー武蔵小杉店」が7月20日(水)出店を正式リリース、出店場所は3階「Grand PARK」跡地
2017/9/8エントリ グランツリー武蔵小杉・旧西武・そごうの「ポロ ラルフローレン」「セオリー」が本日営業再開、ヨーカドーPBブランドのギャローリア・Kent・ビジネスエキスパートが9月24日同時閉店

Comment(0)

2017年
10月13日

小杉御殿町交差点近くの旧オーガニック野菜バル「STAND BY FARM」がお肉とワインのお店「ヒラソル(Girasol)」に転換、10月4日よりランチ営業もスタート

【Reporter:はつしも】

小杉御殿町交差点近くに、朝採れ野菜のオーガニックバル「STAND BY FARM」が2017年5月15日にオープンしたことを、以前のエントリでお伝えしておりました。

同店はオープン後まもなく一時休店をしていましたが、コンセプトを「野菜」から「お肉」に大きく転換し、「ヒラソル(Girasol)」としてリニューアルオープンしました。

また同店は10月4日よりランチ営業もスタートしましたので、ご紹介いたします。

■小杉御殿町交差点の複合ビル「亜衣フラット武蔵小杉」
「亜衣フラット武蔵小杉」 

 ■1階の「ヒラソル(Girasol)」
1階の「Girasol(ヒラソル)」
※営業時間は変更されています。エントリ末尾をご参照ください。

■「Wine & Meat」
ワイン&ミート

「ヒラソル(Girasol)」は、小杉御殿町交差点付近に建設された商業・住宅複合ビル「亜衣フラット武蔵小杉」の1階にあります。

「STAND BY FARM」の看板が「ヒラソル」に変わり、「お酒とお肉のお店」という新しいコンセプトが明記されています。
また、「ペット」「団体」も大歓迎ということです。

■「ヒラソル」の店内
「ヒラソル」の店内

■ペットOKのテラス席
ペットOKのテラス席

ペットOKのテラス席 

店内の様子は、リニューアル前と大きく変わりません。

ただ、テラス席にはあらためて「ペット歓迎」の看板が掲示され、一緒にお食事ができるようになりました。

■店主の秦さんと黒毛和牛
店主さんと黒毛和牛

「ヒラソル」では、A5ランクの黒毛和牛を使っています。
これをサーロインステーキでいただくのがお勧めです。

店主の秦さんは「STAND BY FARM」の時からこのお店を経営されていまして、さらに以前はお肉をメインにした飲食店で経験を積まれていました。

その経験を活かして、「STAND BY FARM」からお肉メインのお店として独立をされたということです。

■黒毛和牛サーロイン
黒毛和牛サーロイン

こちらが、一押しの黒毛和牛サーロインです。

A5サーロインまたはフィレ150gで2,700円、赤身150gで1,940円となっていますが、予算、人数に合わせて調整が可能ということです。

お肉を焼くことにかけて経験豊富な店主さんが、とろけるような焼き具合で仕上げてくれました。
お肉自体の質も当然良いですので、満足できる一皿かと思います。

■鳥グリル
鶏グリル 

サーロインステーキはちょっとお値段が…という方には、地鶏もおすすめです。

地鶏もも300gで1,080円、ムネ300gなら850円とリーズナブルです。

その他地鶏1羽1.5キロやお肉の盛り合わせなどのアレンジも可能ですので、こちらは当日お問合せください。



■10月4日ランチ開始


そして「ヒラソル」は、冒頭にお知らせした通り10月4日よりランチ営業をスタートさせました。

本エントリでは、ランチもあわせてご紹介しておきましょう。

■二ヶ領用水に面して
二ヶ領用水に面して

ランチ営業は、店内が明るくまた違った雰囲気になります。
外には二ヶ領用水が見え、八重桜が咲く季節にはお花見もできそうです。

■ベーコンとチンゲン菜のカルボナーラ
ベーコンとチンゲン菜のカルボナーラ 

■イタリア産ホエー豚とパブリカのカレー
イタリア産ホエー豚とパプリカのカレー

ランチは、基本的に下記の2種で構成されています。

●Aセット(サラダ、お料理、コーヒー)1,080円
●Bセット(前菜の盛り合わせ、お料理、コーヒー、デザート)1,940円

お料理はパスタとカレー各種から選ぶようになっていました。
メニューは日によって変わるかと思いますが、この日に選んだのはベーコンとチンゲン菜のカルボナーラ、イタリア産ホエー豚とパプリカのカレーです。

■Aセットのサラダ
Aセットのサラダ

■Aセットのコーヒー
Aセットのコーヒー

上記は、Aセットのサラダとコーヒーです。
Bセットの場合、サラダが前菜の盛り合わせに替わり、コーヒーに加えてデザートが付くというわけです。

なお、コーヒーはお子さんの場合、オレンジジュースなどのソフトドリンクに変えてもらうことができます。

■「ヒラソル」の店内
「ヒラソル」の店内

■トイレのオムツ交換台
トイレのオムツ交換台

「ヒラソル」には、テーブル席のほか、一部ですがカウンター席もあります。
また、トイレにはオムツ交換台も用意されていました。

お店のスタンスとしてはお子さんを歓迎されていますが、10月上旬の取材日時点ではベビーチェアはありませんでしたので、その点はご承知ください。

駅からは少し離れていますが、二ヶ領用水にも面した落ち着いた空間です。
少人数から団体まで対応できますので、一度試しみてはと思います。

■「ヒラソル(girasol)」の店舗情報
●所在地:中原区小杉御殿町2-42 亜衣フラット武蔵小杉1F
●営業時間:ランチ11:00~14:30(L.O.13:30)、17:30~22:30(L.O.22:00)
●定休日:不定休

■マップ


【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:バー・飲み処 ヒラソル(Girasol)
2011/8/25エントリ 小杉御殿町交差点の「御殿町整骨院」大看板が撤去
2017/4/10エントリ 小杉御殿町交差点近くに「朝採れ野菜」のオーガニックバル「STAND BY FARM」が出店決定、東銀座・松濤に続き都心以外初出店
2017/5/11エントリ 朝採れ野菜のオーガニックバル「STAND BY FARM」武蔵小杉店のオープン日が5月15日(月)に決定、6月よりランチ営業も開始

Comment(0)