| Admin | Write | Comment |
川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。
2015/05. 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
【Reporter:はつしも】

国土交通省が、「マンションの新たな管理ルールに関する検討会」を2012年より開催しています。
この検討会が「コミュニティ活動」を管理組合の役割として認める「コミュニティ条項」を標準管理規約から削除するべきとした報告書をとりまとめ、発表しました。

同省では今後、本改正に関するパブリック・コメントを募集するものとしています。

■国土交通省 マンションの新たな管理ルールに関する検討会について
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk5_000013.html

「標準管理規約」とは、分譲マンションなどの管理規約の標準的なガイドラインです。
あくまでも標準的な指針であり準拠を義務付けるものではありませんが、実質的な雛形となっています。

これに対してはマンション管理の関連団体等から反対表明があったほか、13の大規模マンション連名による反対の意見書が5月28日に発表されました。

この意見書に対して、武蔵小杉からはパークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー・パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー・THE KOSUGI TOWER・エクラスタワー武蔵小杉・レジデンス・ザ・武蔵小杉が連名に加わっています。

■パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー マンション管理組合のコミュニティ業務に関する意見書について
http://www.midskytower.com/community_action.html
■パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー コミュニティ活動の維持推進のために:標準管理規約 「コミュニティ条項」 削除に反対する意見書に賛同しました。
http://stationforesttower.com/news/20150529_286

■ミッドスカイタワーとステーションフォレストタワー
認定を受けたパークシティ武蔵小杉2棟

本エントリは、何らかの意見の誘導等を行うものではありません。

いわゆる「コミュニティ条項」を削除すべきとする理由は国土交通省の検討会のウェブサイトに掲載されています。
ざっくりまとめると「町内会費の徴収など、本来個々人が判断すべき事項を管理組合が対応することは訴訟リスクがあるため、管理組合の役割から除外する」ということです。

一方、削除すべきでないとする理由は反対する団体によっても少しずつ異なる部分もありますが、パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーのウェブサイトに論点を整理して掲載されています。
こちらもざっくりまとめると、「コミュニティ活動は管理組合の重要な役割であり、指摘される問題は条項の削除ではなくガイドラインの明確化などによって解決されるべき」ということです。

詳細についてはそれぞれのウェブサイトをご参照ください。

■武蔵小杉の大規模マンション群
武蔵小杉の大規模マンション群

制度上の問題の解決策はひとつではないと思いますが、マンション内外において人と人のつながりを作っていくことが大切であることは間違いなく、それは国土交通省の検討会でも否定されていません。

また折しも総務省も、2015年5月12日にマンションにおけるコミュニティ活動を推奨する通知を出しているところです。

■総務省 都市部をはじめとしたコミュニティの発展に向けて取り組むべき事項について(通知)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000356752.pdf

武蔵小杉には規模の大小を問わずたいへん多くのマンションがあり、そこに多くの方がお住まいです。
本サイトでは、「情報をお伝えする」立場から、地域のコミュニティ形成をはかるさまざまな取り組みをご紹介してまいりましたし、今後もさまざまな情報をお伝えしてまいりたいと思います。

【関連リンク】
NPO法人全国マンション管理組合連合会
一般社団法人日本マンション学会
【Reporter:はつしも】

川崎フロンターレのグッズショップが、2015年5月31日(日)までイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に臨時出店しています。
またこれとあわせて、川崎市産の商品を販売する「川崎市商品フェア」が同時開催されています。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店 「グッズショップ臨時出店&アトラクション実施」のお知らせ
http://www.frontale.co.jp/info/2015/0525_25.html

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のフロンターレグッズショップ
イトーヨーカドー武蔵小杉店のフロンターレグッズショップ

臨時出店したフロンターレグッズショップは、イトーヨーカドー武蔵小杉店1階の西側出入口そばにあります。昨年は東側でしたが、今年は場所がかわりました。

フロンターレブルーがパッと目に入りますので、現地に行けばすぐにわかると思います。

■大久保選手・杉本選手・中村選手・大島選手のサイン入りユニフォーム販売
大久保選手・杉本選手・中村選手・大島選手のサイン入りユニフォーム販売 

今回の臨時出店では、30日(土)、31日(日)の両日に同店でフロンターレのユニフォームを購入すると、大久保嘉人選手、杉本健勇選手、中村憲剛選手、大島僚太選手のサインを各選手先着20名限定で入れてもらうことができます。

これは当初は大久保嘉人選手のみの企画でしたが、本日企画の拡充が発表されまして、新たに杉本健勇選手、中村憲剛選手、大島僚太選手が加わりました。
前掲のフロンターレのリリースでは反映されていませんが、公式Twitterや現地の掲示では最新情報が告知されています。

つごう、20名×4選手=合計80名の方にチャンスがあることになります。

またこれに加えて、31日(日)10:00~17:00には、小学校6年生までのお子さんを対象にアトラクションも開催されます。
詳細は不明ですが、参加無料ということです。

■かわさき応援バナナ
かわさき応援バナナ

■フロンターレクッキー バナナ味
フロンターレクッキー バナナ味

続いてこちらは、「かわさき応援バナナ」と、「フロンターレクッキー バナナ味」の販売です。

「かわさき応援バナナ」は、川崎中央青果株式会社がフロンターレを応援し、地域を活性化させることをコンセプトとして立ち上げたブランドです。

このブランドはイトーヨーカドーなど川崎市内の量販店で販売されており、1パック(1房)販売につき、「3円」が川崎フロンターレに寄付されます。
川崎フロンターレは、これを全額「等々力陸上競技場全面改修の費用」として川崎市へ寄付する仕組みになっています。

■川崎フロンターレ 2009年10月リリース かわさき応援バナナ 販売のお知らせ
http://www.frontale.co.jp/info/2009/1018_1.html

「かわさき応援バナナ」はイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の地下1階食品売り場でも販売されていますが、今回のフロンターレグッズショップにも登場することになりました。

■ふろん太くん、カブレラ、フロンターレミッキー
ふろん太くん、カブレラ、フロンターレミッキー

フロンターレのキャラクターとしておなじみのふろん太くん・カブレラに加えて、フロンターレのユニフォームを来たミッキー・ミニーも販売されていました。

フロンターレは、ディズニーとのコラボレーションもしていたのですね。

■ナノブロックの巨大ふろん太くん
ナノブロックの巨大ふろん太くん

フロンターレグッズショップの一角には、ナノブロックの巨大ふろん太くんが飾られていました。
これは昨年の臨時出店時にも、同じものが飾られていました。

■ふろん太君ナノブロック
ふろん太君ナノブロック、完成

ふろん太くんのナノブロックについては、昨年出店時の2014/9/11エントリでご紹介しました。
組み立てのプロセスは、そちらをご参照くださいね。

■イトーヨーカドー店外のディスプレイ
イトーヨーカドー店外のディスプレイ

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の西側ガラス面には、フロンターレの写真などが飾られていました。
店舗前を通行される方にも、目に留まりやすいのではないでしょうか。



■同時開催「川崎市商品フェア」
同時開催「川崎市商品フェア」

そしてフロンターレグッズショップと同時開催されているのが、「川崎市商品フェア」です。
川崎市で作られている商品が、コンパクトなスペースに集められています。

昨年からフロンターレグッズショップと同時出店していまして、リサイクル石鹸「きなりっこ」は今年も販売されていました。

■川崎市のリサイクル石鹸「きなりっこ」
 
※写真は昨年のものです。

■「デリーター」のコミック画材
「デリーター」のコミック画材

今回出店していた企業の中に、高津区久地の「デリーター株式会社」がありました。
この会社はコミック画材のメーカーで、今回はマーカーやスクリーントーンなどを販売していました。

■デリーター ウェブサイト
http://www.deleter.jp/

■デリーターのスクリーントーン
デリーターのスクリーントーン

デリーターのウェブサイトを参照すると、30日(土)、31日(日)の両日はスクリーントーンやマーカーの体験会も開催するということです。

「川崎市商品フェア」は小規模ながら、他にもさまざまな商品が販売されています。
眺めていると意外なものが身近な場所で作られていることがわかり、面白かったです。

この週末にイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店にお越しの方は、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
川崎フロンターレ ウェブサイト
2009/5/2エントリ 調布まで1泊2日。海と空翔けるフロンターレ応援ツアー
2009/6/11エントリ 武蔵小杉駅北口のフロンターレカラー
2009/8/1エントリ 多摩川クラシコの等々力陸上競技場から
2009/9/2エントリ フロンターレイベントで、親子サッカー
2010/10/15エントリ 等々力緑地のフロンターレ遊具
2011/1/13エントリ 新春フロンターレイベント:スーモとコラボ、おフロんたーれ、中村憲剛選手サイン会
2011/3/18エントリ 東日本大震災復興支援・川崎フロンターレによる街頭募金活動
2011/4/30エントリ サライ通り商店街「土倉文具」閉店とフロンターレ招き猫
2011/10/6エントリ フロンターレの聖地、等々力陸上競技場
2011/10/15エントリ 親子サッカードリーム教室
2011/12/13エントリ フロンターレ大島僚太選手と再開発地区を歩く「夜回り」を実施
2012/4/8エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリー各所にフロンターレの等々力アクセスガイドが設置
2012/6/18エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリーから6月23日・30日フロンターレ戦の等々力直行臨時バスを運行
2012/8/24エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリーから、等々力直行臨時バスが継続運行
2012/9/17エントリ 府中街道を走る、フロンターレラッピングバス
2012/12/6エントリ 東横線武蔵小杉駅・新丸子駅の発車ベルメロディが川崎フロンターレ応援歌に
2013/1/24エントリ JR武蔵中原駅の発車メロディがフロンターレの応援歌に
2013/1/26エントリ 武蔵小杉再開発地区でふろん太くん&ワルンタくん参加の「夜回り」を2013年2月2日(土)実施
2013/2/4エントリ 等々力陸上競技場のメインスタンド改修工事
2013/6/2エントリ フロンターレホームゲーム同時開催「第3回CC等々力 エコ暮らしこフェア」開催レポート
2013/7/22エントリ 等々力陸上競技場改修工事の仮囲いに「あなたと等々力」思い出写真を掲示中
2013/9/12エントリ 等々力緑地・フロンパークで「安全・安心フェア」が2013年9月14日(土)開催
2013/10/3エントリ 東急電鉄×フロンターレ「川崎の車窓から~東急フェスタ~」が等々力で2013年11月10日(日)開催
2014/1/22エントリ 等々力競技場改修工事現場で、65年間の等々力緑地航空写真が掲示
2014/2/3エントリ 中原区役所でふろん太君・ワルンタ君による節分豆まきを本日2月3日(月)12:15より開催
2014/2/26エントリ JR南武線武蔵小杉駅の発車メロディが本日よりフロンターレ応援歌の原曲、ザ・クロマニヨンズ「ナンバーワン野郎!」に
2014/5/15エントリ フロンターレ公式戦同時開催「第4回CC等々力エコ暮らしこフェア」が2014年5月18日(日)開催
2014/5/18エントリ フロンターレ公式戦同時開催「第4回CC等々力 エコ暮らしこフェア」開催レポート
2014/9/11エントリ フロンターレグッズショップが9月15日までイトーヨーカドー武蔵小杉店臨時出店、ふろん太君ナノブロック販売中
2014/12/3エントリ 等々力陸上競技場「この木 なんの木 とどろ木」の、改修工事連続航空写真
2014/12/11エントリ 東横線元住吉駅の発車ベルがフロンターレ応援歌「FRONTALE RABBIT」に、フロンターレ選手によるマナー向上ポスターが東急線全駅掲示へ
2015/1/20エントリ フロンターレがイトーヨーカドーで「かわさき応援バナナ」販促実施:1月22日(木)に大久保嘉人選手が武蔵小杉駅前店、大島僚太選手がグランツリー武蔵小杉店に登場
2015/1/25エントリ 2015年3月完成に近づく、等々力陸上競技場のメインスタンドがお目見え
2015/2/17エントリ 等々力陸上競技場新メインスタンドにフロンターレ仕様のスイーツショップ「KAWASAKI Fsweets」が出店決定、「E PRONTO」はコラボ店舗「エ プロンターレ」に
2015/3/4エントリ 等々力陸上競技場新メインスタンドの売店5店舗が発表、新たに「とどろきフロンストア」「ファンキーズ」「山田うどん」が判明
2015/3/13エントリ 等々力陸上競技場 新メインスタンド完成。報道機関向け内覧会・完成記念式典最速レポート!
2015/3/29エントリ 等々力陸上競技場新メインスタンドの、藤子・F・不二雄ミュージアムコラボのブロンズ像 全8体をご紹介
2015/5/16エントリ 「川崎ものづくフェアin等々力」のメタルパッチワークアートと、段ボールパーク
2015/5/19エントリ 川崎フロンターレとドルトムントが7月7日に等々力陸上競技場で親善試合を開催決定
2015/5/27エントリ フロンターレの「遅割」半額チケットで、お得に楽しむ平日夜の等々力ホームゲーム
【Reporter:はつしも】

「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版」が、2015年5月22日に発売されました。
新たに川崎エリアがカバー範囲に加わり、中原区内では8店舗が掲載されました。

■日本ミシュランタイヤ ニュースリリース 「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版」三つ星1軒、二つ星6軒、一つ星29軒が掲載 ビブグルマン79軒、多彩なセレクションが集合
http://www.michelin.co.jp/Home/News-Promotions/News/20150519

■紀伊國屋書店武蔵小杉店の「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版」
紀伊國屋書店武蔵小杉店の「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版」

「ミシュランガイド」は、タイヤメーカーのミシュランが1900年から発行を続けているグルメ・ホテルのガイドブックです。
当初は車で長距離移動する人向けにガソリンスタンドや自動車修理工場、食事場所、宿泊施設などを掲載していましたが、その後歴史を重ねて現在では代表的な「グルメガイド」に成長しました。

特に優良と評価したお店に1~3の「星」を付けて紹介するのが本ガイドの特徴です。

日本における「ミシュランガイド」は、2007年に「東京版」、2009年に「京都・大阪版」が発行されたのがはじまりです。
その後は地域に特化した特別版として、「北海道」「広島」「福岡・佐賀」の3か所が発行されまして、今回の「横浜・川崎・湘南版」はこれらに続く第4弾となります。

■特別版第4弾となる「横浜・川崎・湘南2015特別版」
特別版第4弾となる「横浜・川崎・湘南2015特別版」

従来の「ミシュランガイド」では、神奈川県については、「東京・横浜・湘南版」で横浜・湘南地域の「星付き店」のみが紹介されてきました。
これが2015年版では「ミシュランガイド東京2015」として東京が独立するかたちになり、「横浜・湘南」を拡充するとともに「川崎」を加えて今回の特別版が発行されることになったものです。

掲載店舗数は390店舗で、そのうち飲食店が330店舗、残り60店舗がホテル・旅館です。
エリア別では横浜が98店舗、横須賀市が47店舗、川崎市が37店舗紹介されていまして、そのうち8店舗が中原区という構成です。

■「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015」に掲載された中原区内の8店舗
店名 ジャンル エリア リンク
リッチモンドホテルプレミア武蔵小杉 ホテル 武蔵小杉 ウェブ
武蔵小杉ブログ
丸子屋 焼肉 新丸子 食べログ
maru ピッツァ 新丸子 公式Facebook
ファッブリカトクマル ピッツァ 元住吉 公式サイト
武蔵小杉ブログ
ハラオ ワインバル 元住吉 食べログ
シフク 和食 元住吉 公式ブログ
武蔵 とんかつ 武蔵中原 食べログ
千代田鮨 寿司 宮内 食べログ

中原区で紹介されていたのは、上記の8店舗です。
本サイトこれまでにご紹介していたのは「リッチモンドホテルプレミア武蔵小杉」と「トクマル」(ドルチェ部門)でした。

今後のご紹介予定には「maru」「武蔵」がありましたが、一方で「ハラオ」「シフク」など全くノーマークの店舗もありました。
各店舗とも、「ミシュランに紹介された」ということで今後お客さんが増えるかもしれません。

■リッチモンドホテルプレミア武蔵小杉のレストラン
リッチモンドホテルプレミア武蔵小杉のレストラン

「トクマル」のドルチェ部門のクレームブリュレ
「トクマル」のドルチェ部門のクレームブリュレ

なお、「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版」は、税込2,484円と購入するには少々勇気がいるお値段になっています。
このほかウェブ版の「クラブミシュラン」にも本書のコンテンツはすでに追加され、有料会員制で情報検索や予約代行等のサービスを受けることもできます。

■有料会員制サイト クラブミシュラン
https://clubmichelin.jp

■紀伊國屋書店武蔵小杉店に登場した「ミシュランマン」
紀伊國屋書店武蔵小杉店に登場した「ミシュランマン」

発売直後の週末、グランツリー武蔵小杉の紀伊國屋書店武蔵小杉店では、マスコットキャラクターの「ミシュランマン」が登場していました。
もちろん店頭には、「ミシュランガイド」が平積みで展開されています。

■日本ミシュランタイヤ ミシュランマン紹介
http://www.michelin.co.jp/Home/About-Michelin/Michelin-Man/profile
 
川崎市は初掲載ということで、注目される方も多いのではないでしょうか。

■紀伊國屋書店で、2位にランクイン
紀伊國屋書店で、2位にランクイン 

【関連リンク】
日本ミシュランタイヤ ミシュランガイド
2008/9/9エントリ リッチモンドホテルプレミア武蔵小杉のレストラン
2015/1/14エントリ ブレーメン通り商店街「トクマル」からスピンオフ。人気ブリュレのテイクアウト店「ファッブリカ デルドルチェ」
【Reporter:かぶんた】

川崎フロンターレのホームゲームチケットに、「遅割」というサービスがあります。
これは平日開催ホームゲーム限定の特別割引サービスで、前半終了後から「当日券料金」が半額となるものです。

■川崎フロンターレ チケット・観戦 遅割
http://www.frontale.co.jp/tickets/tickets_guide/osowari.html

■「遅割」による割引価格表
券種「当日」価格「遅割」価格
SSS指定 指定席 - 6,500円 50%OFF 3,250円
メインSS指定 指定席 - 5,600円 2,800円
バックSS指定 指定席 - 5,100円 2,550円
メインS指定 指定席 大人 4,300円 2,150円
小中 2,400円 1,200円
バックS自由 自由席 大人 4,100円 2,050円
小中 2,200円 1,100円
メイン自由・北 自由席 大人 3,300円 1,650円
小中 1,700円 850円
メイン自由・南 自由席 大人 3,300円 1,650円
小中 1,700円 850円
SG自由 自由席 大人 3,300円 1,650円
小中 1,700円 850円
ホームA自由 自由席 大人 2,600円 1,300円
小中 1,200円 600円
ビジターA自由 自由席 大人 2,600円 1,300円
小中 1,200円 600円
メイン車椅子席 自由席 大人 3,300円 1,650円
小中 1,700円 850円
ピッチサイドシート 指定席 大人 3,300円 1,650円
小中 1,700円 850円
ファミリーシート 指定席 6名がけ 18,000円 9,000円
4名がけ 12,000円 6,000円
3名がけ 9,000円 4,500円
グループシート6 指定席 定員6名 18,000円 9,000円
グループシート4 定員4名 12,000円 6,000円
ペアシート 指定席 2名がけ 10,000円 5,000円
下層テーブルシート 指定席 定員2名 10,000円 5,000円
上層テーブルシート 定員2名 10,000円 5,000円
※価格は変更される可能性があります。

等々力陸上競技場での平日ホームゲームは、基本的に19:00にキックオフとなります。
前半45分+アディショナルタイムが終了する19:50頃から、「遅割」による半額チケットの販売が行われます。

19:00キックオフでは、平日の仕事帰りには間に合わないという方も多いかと思います。
「遅割」は、そんな忙しい方をメインターゲットに企画されたものです。

■夜の等々力陸上競技場メインスタンド
夜の等々力陸上競技場メインスタンド

■メインスタンド前の「遅割」チケット販売場所
メインスタンド前の「遅割」チケット販売場所

それでは、さっそく「遅割」チケットでホームゲーム観戦をしてみましょう。

「遅割」チケットの販売は、メインスタンド前の当日券売り場で行われています。バックスタンド側当日券売場(10番ゲート付近)では販売がありませんので、ご注意ください。
また完売した席種は販売されませんが、通常のホームゲームであれば十分選択肢が残されているかと思います。

■「遅割」のチケットと当日券クーポン
「遅割」のチケットと当日券クーポン

今回は「メインスタンド自由席南」(3,300円⇒1,650円)を購入してみました。
購入時に「当日券クーポン」(200円割引)もおまけで貰えました。

当日券クーポンは発行当日や他のクーポンと併用では使えません。

まずは「遅割」半額で後半だけ観戦 ⇒ 楽しかったので「当日券クーポン」で次回キックオフから観戦 ⇒ すっかりハマってより高額チケットで観戦

…といったサイクルを狙っているのではないでしょうか?

■メインスタンド内の売店
メインスタンド内の売店

「遅割」でメインスタンドに入ると、ちょうどハーフタイムです。
過去エントリでご紹介したとおり、メインスタンドには飲食売店もいくつかありますので、仕事帰りに急いで来た方はまずは何か召し上がるとよいと思います。

■山田うどんの「フロンターレブルーソーダ」(300円)
山田うどんの「フロンターレブルーソーダ」

そろそろ暑くなってきますので、冷たいものもほしくなってきます。
山田うどんの「フロンターレブルーソーダ」は、フロンターレカラーのシャーベットです。

これが「非常に美味」というものではないのですが、サポーター気分を盛り上げるアイテムといえるでしょう。

■メインスタンドからの観戦
メインスタンドからの観戦

メインスタンドからの観戦

今回のメインスタンド自由席南は、どちらかというとマッタリ観戦するエリアです。
「いきなり熱いサポーター席はちょっと…」という方でも安心です。

アウェイのサポーター席に近いですので、フロンターレの応援歌よりも対戦相手(この日はモンテディオ山形)の応援歌の方がよく聞こえました。
ホームゲームの醍醐味を100%満喫するエリアではありませんが、このあたりの楽しみ方は人それぞれ自由かと思います。

半額ですと千円台の席も多く、平日の仕事帰りに気軽に観戦できますね。
まずはちょっとお試し的に、等々力陸上競技場ホームゲームの雰囲気を味わってみるのに適していると思います。

■川崎フロンターレ 6/3 仙台「ホームゲーム開催情報」について
http://www.frontale.co.jp/info/2015/0525_21.html

直近では、6月3日(水)に平日19:00キックオフのホームゲーム「ベガルタ仙台戦」があります。
そのあとしばらくはホームゲーム平日夜はなさそうですので、「遅割」チケットはこの日が狙い目ですね。

■夜のパーマンブロンズ像と、等々力陸上競技場メインスタンド
夜のパーマンブロンズ像と、等々力陸上競技場メインスタンド

■夜のフロンターレロード


夜のフロンターレロード

夜の等々力陸上競技場周辺は、いつもとまたちょっと違う雰囲気です。
暑くなってきた昼間に比べて涼しくなる夜、お散歩してみるのもよいでしょう。

【関連リンク】
川崎フロンターレ ウェブサイト
2009/5/2エントリ 調布まで1泊2日。海と空翔けるフロンターレ応援ツアー
2009/6/11エントリ 武蔵小杉駅北口のフロンターレカラー
2009/8/1エントリ 多摩川クラシコの等々力陸上競技場から
2009/9/2エントリ フロンターレイベントで、親子サッカー
2010/10/15エントリ 等々力緑地のフロンターレ遊具
2011/1/13エントリ 新春フロンターレイベント:スーモとコラボ、おフロんたーれ、中村憲剛選手サイン会
2011/3/18エントリ 東日本大震災復興支援・川崎フロンターレによる街頭募金活動
2011/4/30エントリ サライ通り商店街「土倉文具」閉店とフロンターレ招き猫
2011/10/6エントリ フロンターレの聖地、等々力陸上競技場
2011/10/15エントリ 親子サッカードリーム教室
2011/12/13エントリ フロンターレ大島僚太選手と再開発地区を歩く「夜回り」を実施
2012/4/8エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリー各所にフロンターレの等々力アクセスガイドが設置
2012/6/18エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリーから6月23日・30日フロンターレ戦の等々力直行臨時バスを運行
2012/8/24エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリーから、等々力直行臨時バスが継続運行
2012/9/17エントリ 府中街道を走る、フロンターレラッピングバス
2012/12/6エントリ 東横線武蔵小杉駅・新丸子駅の発車ベルメロディが川崎フロンターレ応援歌に
2013/1/24エントリ JR武蔵中原駅の発車メロディがフロンターレの応援歌に
2013/1/26エントリ 武蔵小杉再開発地区でふろん太くん&ワルンタくん参加の「夜回り」を2013年2月2日(土)実施
2013/2/4エントリ 等々力陸上競技場のメインスタンド改修工事
2013/6/2エントリ フロンターレホームゲーム同時開催「第3回CC等々力 エコ暮らしこフェア」開催レポート
2013/7/22エントリ 等々力陸上競技場改修工事の仮囲いに「あなたと等々力」思い出写真を掲示中
2013/9/12エントリ 等々力緑地・フロンパークで「安全・安心フェア」が2013年9月14日(土)開催
2013/10/3エントリ 東急電鉄×フロンターレ「川崎の車窓から~東急フェスタ~」が等々力で2013年11月10日(日)開催
2014/1/22エントリ 等々力競技場改修工事現場で、65年間の等々力緑地航空写真が掲示
2014/2/3エントリ 中原区役所でふろん太君・ワルンタ君による節分豆まきを本日2月3日(月)12:15より開催
2014/2/26エントリ JR南武線武蔵小杉駅の発車メロディが本日よりフロンターレ応援歌の原曲、ザ・クロマニヨンズ「ナンバーワン野郎!」に
2014/5/15エントリ フロンターレ公式戦同時開催「第4回CC等々力エコ暮らしこフェア」が2014年5月18日(日)開催
2014/5/18エントリ フロンターレ公式戦同時開催「第4回CC等々力 エコ暮らしこフェア」開催レポート
2014/9/11エントリ フロンターレグッズショップが9月15日までイトーヨーカドー武蔵小杉店臨時出店、ふろん太君ナノブロック販売中
2014/12/3エントリ 等々力陸上競技場「この木 なんの木 とどろ木」の、改修工事連続航空写真
2014/12/11エントリ 東横線元住吉駅の発車ベルがフロンターレ応援歌「FRONTALE RABBIT」に、フロンターレ選手によるマナー向上ポスターが東急線全駅掲示へ
2015/1/20エントリ フロンターレがイトーヨーカドーで「かわさき応援バナナ」販促実施:1月22日(木)に大久保嘉人選手が武蔵小杉駅前店、大島僚太選手がグランツリー武蔵小杉店に登場
2015/1/25エントリ 2015年3月完成に近づく、等々力陸上競技場のメインスタンドがお目見え
2015/2/17エントリ 等々力陸上競技場新メインスタンドにフロンターレ仕様のスイーツショップ「KAWASAKI Fsweets」が出店決定、「E PRONTO」はコラボ店舗「エ プロンターレ」に
2015/3/4エントリ 等々力陸上競技場新メインスタンドの売店5店舗が発表、新たに「とどろきフロンストア」「ファンキーズ」「山田うどん」が判明
2015/3/13エントリ 等々力陸上競技場 新メインスタンド完成。報道機関向け内覧会・完成記念式典最速レポート!
2015/3/29エントリ 等々力陸上競技場新メインスタンドの、藤子・F・不二雄ミュージアムコラボのブロンズ像 全8体をご紹介
2015/5/16エントリ 「川崎ものづくフェアin等々力」のメタルパッチワークアートと、段ボールパーク
2015/5/19エントリ 川崎フロンターレとドルトムントが7月7日に等々力陸上競技場で親善試合を開催決定
【Reporter:はつしも】

南武線各駅開業88周年記念展示をご紹介するシリーズ第4回は、中原区最南端の「平間駅」です。

■JR南武線平間駅
JR南武線平間駅

現在のJR南武線は、1927年3月9日の開業当時は民営の「南武鉄道」による路線でした。
最初に開業したのは川崎駅~登戸駅間、矢向駅~川崎河岸駅間(貨物線)で、その後1930年3月25日までに順次現在の路線が開通しました。

その後南武鉄道は1944年4月1日に国鉄に買収されて「南武線」となり、現在に至ります。
2015/5/11エントリでご紹介した「武蔵中原駅」の記念展示では、国鉄時代のチョコレート色の電車の写真も展示中に掲載されていました。

■南武線平間駅開業88周年記念展示
南武線平間駅開業88周年記念展示

平間駅の駅舎は前掲写真のとおり大変小さく、道路からわずか2mほどのところに改札口があります。
つまりコンコースと呼べるスペースがほとんど存在しないため、88周年記念展示はこれまでの駅と異なり、改札内のホーム壁面にありました。

■平間駅の年表
平間駅の年表

これまでの武蔵小杉駅・武蔵中原駅・向河原駅の年表には、南武線共通の歴史ではなく、各駅独自のできごとも記載されていました。
ところが今回の平間駅の年表には、同駅独自のできごとの記載がありませんでした。

■南武線のあゆみと平間駅のエピソード
南武線のあゆみと平間駅のエピソード

ただ、「平間駅のエピソード」を読むと、開業当時は周辺に民家が少なく、小さなホームがあるだけで乗客がいなければ電車は通過していたことが紹介されています。

電車に乗車する際には、乗客は車掌に向かって手を挙げていたということです。

まるでバス運行のようで、状況に応じた「南武線快速」ですね。
スピードも現在ほど出ていなかったものと思います。

■1980年頃の平間駅
1980年頃の平間駅

88周年記念展示には、1980年頃の平間駅の写真も掲載されていました。
今から35年ほど前ですが、あエントリ冒頭に掲載した現在の写真と、基礎的な部分は変わらないように思います。

先ほどの年表で特段のイベントがなかったことも含め、平間駅は開業から現在に至るまで、たいへん平和な駅であったということではないでしょうか。

■現在の平間駅
現在の平間駅

こちらは、現在の平間駅の写真です。
少し高いところから撮影したもので、遠くに武蔵小杉の高層ビル群が見えます。

■現在の平間駅から、武蔵小杉方面
現在の平間駅から、武蔵小杉方面

■現在の平間駅から、鹿島田・新川崎方面
現在の平間駅から、鹿島田・新川崎方面

平間駅の周辺はどんどん変貌していまして、北側には武蔵小杉の高層ビルが、南側には鹿島田・新川崎の高層ビルが見えます。
武蔵小杉東急スクエア・ららテラス武蔵小杉・グランツリー武蔵小杉・シンカモール・新川崎スクエアと、それぞれに大型商業施設が登場しており、平間周辺の購買動向にも変化が出てきているかもしれません。

■リニューアルされた平間駅の看板
リニューアルされた平間駅の看板

ひとつ平間駅が新しくなっていたのは、駅名の看板です。
2015/5/11エントリでご紹介した向河原駅と同様に、「E233系」で採用されていた南武線デザインにリニューアルされていました。

■ガス橋とキヤノン本社のデザイン
ガス橋とキヤノン本社のデザイン

平間駅のデザインをよく見てみると、多摩川を渡るガス橋と、その先の下丸子のキヤノン本社が描かれていることがわかります。

■ほぼ同じ構図の、ガス橋とキヤノン本社
ほぼ同じアングルの、ガス橋とキヤノン本社

ガス橋については、2011/7/16エントリでご紹介しておりました。
その際の写真が、ちょうど今回の平間駅の看板デザインとほぼ同じ構図になっています。

ガス橋を渡ると東京都大田区ですが、平間駅からキヤノン本社に通勤される方も少なくないようです。
そのあたりの人の流れの実勢も踏まえて、この風景が平間駅のシンボルデザインとして採用されているのでしょう。

■平間駅の改札口にあったツバメの巣
平間駅の改札口にあったツバメの巣

平間駅の改札口にあったツバメの巣

なお現在、平間駅の改札口近くにはツバメの巣ができて親鳥が子育てをしています。
小さな駅舎と周辺の商店街の雰囲気もあいまって、たいへん平和な印象を受けました。

■平間駅ホームから発車する新型車両「E233系」
平間駅ホームから発車する新型車両「E233系」

【関連リンク】
(南武線各駅開業88周年関連)
2014/11/5エントリ JR南武線新型車両「E233系」乗車レポート
2015/5/7エントリ 南武線各駅開業88周年記念展示(1):「武蔵小杉駅」
2015/5/9エントリ 南武線各駅開業88周年記念展示(2):「武蔵中原駅」
2015/5/11エントリ 南武線各駅開業88周年記念展示(3):「向河原駅」
(平間関連)
2011/7/16エントリ 「ガス橋」と平間の渡し
2014/11/21エントリ 下平間のバス停「住宅前」と、「武道館前」

(新川崎関連)
2013/8/17エントリ 横須賀線に乗って、夢見ヶ崎動物公園へ
2015/3/26エントリ 武蔵小杉目線で巡る、「新川崎スクエア」本日開業レポート
【Reporter:はつしも】

府中街道で長年営業を続けてきた「エル・アミーゴ」が2015年6月末をもって閉店し、1965年の開店以来50年の歴史に幕を下ろすことになりました。

またこれに先立って、隣接する「薬樹薬局」も1月31日に閉店しており、同店前にある郵便ポストも本日をもって移設されました。

これらは府中街道の拡幅事業によるもので、今後徐々にではありますが東急線高架から小杉御殿町にかけての「小杉工区」が進められていくことになりそうです。

■府中街道の「エル・アミーゴ」と「薬樹薬局」
府中街道の「エル・アミーゴ」と「薬樹薬局」

府中街道の「エル・アミーゴ」と「薬樹薬局」は、府中街道からサライ通り商店街に入っていく角地にあります。
丁度角地の緑色の看板が「薬樹薬局」、その右側が「エル・アミーゴ」です。

■「エル・アミーゴ」
「エル・アミーゴ

■「エル・アミーゴ」の看板
「エル・アミーゴの看板」

■「エル・アミーゴ」の店内
「エル・アミーゴ」の店内

「エル・アミーゴ」は、1965年(昭和40年)から営業をしている老舗のステーキ店です。

「テレビ・雑誌で評判!!メキシコの味」
「安いステーキ」

といった黄色い看板のインパクトが強いお店でした。

■「エル・アミーゴ」の閉店告知
「エル・アミーゴ」の閉店告知
※画像の一部を加工し、個人名を消去しております。

現在、「エル・アミーゴ」の店頭には、6月末での閉店告知が掲示されています。
1965年の開店以来、今年でちょうど50年という節目の年に閉店を迎えることになりました。

閉店告知には、この閉店が川崎市による道路拡幅によるものであることが明記されています。

■「薬樹薬局」
「薬樹薬局」

■「薬樹薬局」閉店のお知らせ
「薬樹薬局」閉店のお知らせ

続いて、角地の「薬樹薬局」は、前述の通り1月31日をもってすでに閉店済みです。
閉店のお知らせでは、近隣に複数ある系列店舗が案内されていました。

■「薬樹薬局」前の郵便ポスト
「薬樹薬局」前の郵便ポスト

■郵便ポストの移転告知
郵便ポストの移転告知

そして「薬樹薬局」前の郵便ポストにも、移転告知がありました。
こちらも道路工事によるもので、移転日は本日5月25日です。

移転先は地図にある通り、このすぐ先の「64Cafe+Ranai」入口のあたりです。

■今後拡幅準備が進む、東急線高架以北の「小杉工区」
今後拡幅準備が進む、府中街道拡幅の「小杉工区」

現在、府中街道拡幅は東横化学前から市ノ坪交差点までが完成し、さらに市ノ坪交差点から東急線高架までの「市ノ坪工区」が徐々に工事進捗してきました。

そして東急線高架以北~小杉御殿町交差点までが「小杉工区」です。
こちらは2014/8/28エントリでご紹介した「国道409号(小杉工区)沿道まちづくり」が発表され、道路拡幅と一部公共施設の移転・整備を連携させたまちづくりが事業化されていく予定です。

■「国道409号(小杉工区)沿道まちづくり」のマップ
「国道409号(小杉工区)沿道まちづくり」のマップ 

■総合自治会館跡地周辺のまちづくり方向性
 総合自治会館跡地周辺のまちづくり方向性

■共同ビルのイメージ
共同ビルのイメージ

マップをご覧いただければわかる通り、「小杉工区」は総合自治会館の移転がキーポイントです。
総合自治会館が小杉町3丁目東地区の再開発ビルに移転することで、本格的な「小杉工区」の拡幅や共同ビルの建設が可能になる見込みです。

それまではあまり大きな事業進捗はないと思うのですが、同区間では先行して複数個所の立ち退きが進んできています。

■すでに一部立ち退きが完了した区画
すでに一部立ち退きが完了した区画 

すでに一部立ち退きが完了した区画

上記の区画はすでに府中街道の西側が拡幅分だけセットバックしています。
道路拡幅によって、既存の店舗集積が失われずにスムーズな移転等が進むと良いと思います。

ただそうした中でも、道路拡幅を機に閉店をされるお店も少なくありません。
今回の「エル・アミーゴ」の閉店は、市ノ坪工区の中華料理の「かんちゃん」に続く老舗の閉店になります。

近年、決して行列のできる繁盛店というわけではありませんでしたが、長年通ってきて惜しむ方もいらっしゃることと思います。

■閉店した中華料理「かんちゃん」
中華料理「かんちゃん」

■「かんちゃん」の「武蔵小杉(ウザンシャオシャン)」
「武蔵小杉(ウザンシャオシャン)」

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:その他関連情報 府中街道
2012/2/7エントリ 府中街道拡幅によりリンガーハット川崎武蔵小杉店が2012年2月29日閉店
2012/2/19エントリ 府中街道の中華料理店「かんちゃん」
2012/3/1エントリ さよなら、リンガーハット川崎武蔵小杉店
2012/4/5エントリ 府中街道のリンガーハット川崎武蔵小杉店が解体開始
2012/8/11エントリ 府中街道の中華料理店「かんちゃん」閉店、府中街道拡幅用地の取得進む
2014/8/28エントリ 川崎市が「国道409号(小杉工区)沿道まちづくり」を発表、総合自治会館跡地に商業・住居複合ビルを構想
2015/3/21エントリ 府中街道拡幅区間の自転車専用レーンが一部供用開始
【Reporter:はつしも】

マツモトキヨシ武蔵小杉店跡地の「磯丸水産武蔵小杉南口店」が、2015年5月25日(月)16時にオープンします。

また近隣の増田屋跡地のビル1階には、「トモズ武蔵小杉店 調剤部門」が6月1日(月)にオープンすることが告知されました。

■磯丸水産武蔵小杉南口店
磯丸水産武蔵小杉南口店 

■「5月25日16時OPEN!」
「5月25日16時オープン」

「磯丸水産武蔵小杉南口店」がオープンするのは、聖マリアンナ医科大学東横病院の向かい側、センターロード入口の「マツモトキヨシ」跡地です。

ここにあったマツモトキヨシは2015年2月末をもって閉店し、移転する格好で小杉ビルディング1階に「武蔵小杉駅北口店」を3月1日よりオープンさせました。

「磯丸水産武蔵小杉南口店」は、その後釜としてすぐに出店が決定しまして、2015/3/25エントリで第一報をお伝えしておりました。

オープンを明日に控え、店先には「5月25日16時OPEN!」の告知が掲示されています。

■「磯丸水産」の看板
磯丸水産の看板

■「磯丸水産」のお持ち帰りメニュー
「磯丸水産」のお持ち帰りメニュー

「磯丸水産」は、その名前の通り海産物を中心としたメニューになっています。
「武蔵小杉南口店」では、お持ち帰りメニューも用意されていました。

■「磯丸水産」のオープニングチラシ
「磯丸水産」のオープニングチラシ

■「生ビール最初の1杯10円」
「生ビール最初の1杯10円」

「磯丸水産」の店頭では、オープニングキャンペーンのチラシも配布されていました。キャンペーン期間は、25日(月)から27日(水)までです。
チラシには「生ビール最初の1杯10円」のチケットがついていまして、こちらの有効期限は6月末日までとされています。

生ビール10円…というと、昨日のエントリでご紹介した「全力鶏武蔵小杉店」ですね。

■「全力鶏武蔵小杉店」のオープニングキャンペーン告知
オープニングキャンペーンの告知 

「全力鶏武蔵小杉店」もオープン日は5月25日であり、オープニングキャンペーン期間も27日までと完全に重なっています。
さらに「生ビール10円」も条件は違いますが企画がバッティングしていまして、これは完全に同時オープンで激突、といった感じですね。

ロケーションや店舗ブランドの知名度は「磯丸水産」に分がありそうですが、「3日間何杯でも生ビール10円」という「全力鶏」のキャンペーンも初速としては破壊力があります。

またセンターロードを中心として、武蔵小杉に居酒屋は多数ありますので、それぞれに競合していくことになるでしょう。



続いて、「トモズ武蔵小杉店調剤部門」です。

■「トモズ 武蔵小杉店調剤部門」がオープンする旧増田屋ビル


■「トモズ武蔵小杉店調剤部門」のオープン告知
「トモズ武蔵小杉店調剤部門」のオープン告知

「磯丸水産武蔵小杉南口店」からイトーヨーカドー側に30秒ほど歩くと、旧増田屋の新築ビルがあります。
この2軒隣にはドラッグストアの「トモズ武蔵小杉店」(旧カツマタ)がありまして、その調剤部門が旧増田屋の新築ビルが出店します。

こちらも2015/4/10エントリで第一報をお伝えしておりましたが、オープン日が正式に6月1日(月)と告知されました。

■トモズ、日本薬局、トモズ調剤部門の並び
トモズ、日本薬局、トモズ調剤部門の並び

「トモズ武蔵小杉店」のドラッグストアと新設される調剤部門の間には、「日本調剤」も以前から出店しています。

聖マリアンナ医科大学東横病院の目の前で、薬局並びになるわけですね。

■薬局並びと聖マリアンナ医科大学東横病院
薬局並びと聖マリアンナ医科大学東横病院 

このイトーヨーカドー前の通りやセンターロードは、「武蔵小杉駅前通り商店街」という名称の商店街です。

大型商業施設の出店が相次いだ中、武蔵小杉駅周辺の商店街などにおいても、各地て新店舗が登場しています。

【関連リンク】
磯丸水産 ウェブサイト
トモズ ウェブサイト
2015/3/25エントリ センターロード入口・マツモトキヨシ跡地に海鮮居酒屋「磯丸水産武蔵小杉南口店」が2015年5月オープンへ
2015/4/10エントリ 旧増田屋ビル1階に「トモズ」の調剤薬局が出店、隣接の「トモズ武蔵小杉店」と併存へ
2015/4/17エントリ フーディアム武蔵小杉の「ラ・セゾン・デ・パン」4月20日閉店・「飯野眼科」9月移転、跡地にダイエーグループのベーカリー「ラ・ボンテ」が2015年5月出店決定
2015/5/24エントリ リロードエッジの新業態「全力鶏武蔵小杉店」が5月25日(月)オープン、3日間は生ビールを10円で提供
【Reporter:はつしも】

府中街道と東急高架線の交点に「小杉Mビルディング」が建設され、テナントとして1階にマッサージ店「てもみん」、2階~5階にカラオケ店「コート・ダジュール」、6階にビルオーナーである「株式会社みらい」が入居したことを過去エントリでご紹介していました。

このたび6階の「株式会社みらい」のオフィスが退去し、「博多満月」を展開するリロードエッジの新業態「全力鶏 武蔵小杉店」が2015年5月25日(月)にオープンすることになりました。

同店はオープニングキャンペーンとして、25日(月)~27日(水)までサッポロ黒ラベル生ビール・通常199円を「何杯でも10円」で提供します。

■府中街道の「小杉Mビルディング」
府中街道の「小杉Mビルディング」

■6階の「全力鶏 武蔵小杉店」入口
6階の「全力鶏」入口

「全力鶏」のロゴ 

オープン日を1週間後に控え、「全力鶏」ではすでに店舗の外装・内装工事が進められているほか、ビル1階には店舗の看板も掲出されています。

■オープニングキャンペーンの告知
オープニングキャンペーンの告知

こちらが、オープニングキャンペーンの告知です。
冒頭に申しあげたとおり、オープン当初の3日間はサッポロ黒ラベル生ビールが何杯でも10円で提供されるということです。

■1階の「全力鶏」看板
1階の「全力鶏」看板

店舗の看板を見ると、名前のとおり鶏肉がメインで、揚げ物、焼き物、鶏モツ鍋などさまざまな調理法で提供するお店であることがわかります。

■鳥藤 ウェブサイト
http://www.toritoh.com/
■食べログ 鳥めし 鳥藤分店
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13037973/

鶏の仕入れ先は、明治40年創業の老舗精肉店、築地「鳥藤」です。
「鳥藤」の直営店舗が築地場外市場にありまして、こちらの親子丼はたいへん評価が高いですので、「全力鶏」の鶏料理にも期待したいところです。

また、看板には通常価格の「生ビール199円」という文字が何よりも大きく記載されています。

■「全力鶏」のオープンテラス
「全力鶏」のオープンテラス

■「全力鶏」の店内イメージパース
「全力鶏」の店内イメージパース

「全力鶏 武蔵小杉店」の客席は56席あり、オープンテラスも用意されています。
オープンテラスは府中街道に面しており、横浜方面の夜景が見えるのではないでしょうか。

■リロードエッジが展開する「博多満月」
リロードエッジが展開する「博多満月」

■「生ビール199円」
「生ビール199円」

ところで、「生ビール199円」…というと、こすぎコアパーク前の新築ビルにオープンした「博多満月」の看板にも、同じ記載がありました。

冒頭に申しあげたとおり、「全力鶏」は「博多満月」を展開するリロードエッジの新業態です。
「生ビール199円」は、同社共通の価格戦略のようですね。

同社が「博多満月」を出店させたの2014年11月17日で、そこから半年あまりでの新業態追加出店です。

これは武蔵小杉の「博多満月」が一定の成功をおさめていることと、出店場所として同社が武蔵小杉に魅力を感じていることが伺われます。



ここで少し、「小杉Mビルディング」の過去を振り返ってみましょう。
同ビルは、株式会社みらいが2012年に建設した商業ビルでした。

従来は低層の建物がありましたが老朽化のため崩壊の危険性があるとされ、2011年に解体されて現在のビルに建て替えられました。

■解体前の建物
解体前の建物

■「此の建物は危険で危いので・・・」
「此の建物は危険で危いので・・・」

■「建物崩壊の危険があるため・・・」
「建物崩壊の危険があるため・・・」

2011/2/6エントリでご紹介した、建て替え前の建物を「危険で危い」「建物崩壊の危険がある」とする上記の掲示は、かなりインパクトがありました。

安全第一、人命第一であることはいうまでもありませんので、老朽化して危険性のある建物が適切に更新されていくのは、街全体にとっても大切なことです。

そのためには「建て替えが事業として成立する」街の活力が必要ですけれども、現在の武蔵小杉には幸いにもその活力がある、ということかと思います。

【関連リンク】
食べログ 全力鶏 武蔵小杉店

(小杉Mビルディング関連)
武蔵小杉ライフ 再開発情報 その他関連情報 府中街道拡幅
2011/2/6エントリ 府中街道の「危険で危い」建物が解体着手
2011/7/1エントリ  府中街道の「危険で危い」建物跡地に6階建てビルを建設
2011/11/9エントリ 府中街道の「みらい本社ビル」イメージパース
2012/9/23エントリ 府中街道の「みらい本社ビル」外観お目見え
2012/10/14エントリ 府中街道の「小杉Mビルディング」(みらい本社ビル)2~5階にカラオケ店「コート・ダジュール武蔵小杉店」が12月オープンへ
2012/11/24エントリ 府中街道にオープン予定「コート・ダジュール武蔵小杉店」のキッズサービス
2012/12/10エントリ 府中街道の小杉Mビルディング1階に「てもみん」が12月中旬オープン

(博多満月関連)
リロードエッジ ウェブサイト
2014/10/28エントリ 武蔵小杉駅南口に九州居酒屋「博多満月」11月13日(木)オープン、「北海道新得町塚田農場」12月3日(水)オープン予定
【Reporter:はつしも】

2015年5月23日(土)に、中原市民館において「パパママパークこすぎフェスティバル」が開催されます。

■NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント 【開催告知3】パパママパークフェスティバルin中原市民館
http://musashikosugi.or.jp/?p=7070

パパママパークこすぎフェスティバル 

「パパママパークこすぎ」は、NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントが実施している取り組みで、子育てをするパパママの交流の場を継続的に提供しています。

今回の「パパママパークこすぎフェスティバル」はその拡大版で、中原市民館を会場としてコンサートプログラムやさまざまな催しが用意されています。

■「パパママパークこすぎフェスティバル」の開催概要
▼日時:2015年5月23日(土)10:00~15:00
▼会場:中原市民館
▼入場料:無料
※一部、材料費が必要となる催しがあります。
▼主催:NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント

■「パパママパークこすぎフェスティバル」のプログラム
▼多目的ホール
開始時間 <キッズ向け>
10:00~ リトミック教室
講師:ヒカリズム
●おはようの歌
●ピアノ何て言ったの?
●バスに乗ってゆられ?
●まねっこ
●おならのうた
●バスに乗ってゆられて
●うみ
●かっぱ
●やさいの気持ち
●やさいのアンサンブル
●リトミックの説明
●サンドペーパーバレエ
●スラブ舞曲第7番
●エビカニクス
11:00~ ハンドベル
演奏:パパママふれんず
●きらきら星
●さんぽ
●ドレミの歌
11:20~ ママバンド
演奏:ママバンド Largo
●手あそびうたメドレー
(髭じいさん、グーチョキパーでなにつくろう、大きな栗の木の下で、幸せなら手をたたこう)

●ようかい体操体操第一
●あしたてんきになぁれ
●散歩
●ドラえもん
12:00~ 女性ユニット
デュオ テラス
●まほうのとびら
●ありがとう
<大人向け>
14:00~ マタニティアンサンブルコンサート 演奏:ツリーオブミュージック
フルート・クラリネット・ファゴット・ピアノ
《子守唄》
●ブラームス:子守唄
《アヴェマリア》
●グノー:アヴェマリア
●シューベルト:アヴェマリア
《ディズニー》
●ホールニューワールド
●let it go
《各楽器の紹介、ソロ》
●フルート ビゼー:アルルの女よりメヌエット
●クラリネット ロンドンデリーの歌
●ファゴット ドニゼッティ:人知れぬ涙
●ピアノ ショパン:ノクターン第2番
《クラシック》
●パッヘルベル:カノン
《モーツァルト》
●アレグロ
●きらきら星変奏曲

▼その他の催し
児童室 ●おもちゃで遊ぼう(無料)
和室 ●図書ボランティアによる読み聞かせ(無料)
会議室1 ●親子工作(無料)
親子で簡単に手作りできるおもちゃを作りましょう!
会議室3 ●にがお絵(カリカチュア)
田畑伴和先生がお子様の似顔絵を描いてくれます。
※先着15名。有料、材料費500円
※9:45~ホール入口にて整理券を配布します。
※整理券に記載してある時間にお越しください。

NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントのウェブサイトに掲載されている開催情報は情報が分散し、少々わかりにくいかもしれません。

上記に一通りまとめておきましたので、こちらをご参照いただくのが良いと思います。

■似顔絵(カリカチュア) 田畑伴和ウェブサイト
http://tomotabata.com/

今回、特別企画として似顔絵(カリカチュア)を描いてくれるのは、似顔絵世界チャンピオンの田畑伴和氏です。

先着15名となっていますので、希望される方は早目に整理券を取りに行った方がよいでしょう。


■中原市民館
会場となる中原市民館(ミッドスカイタワー1~2階)

■多目的ホール
中原市民館ホール

「パパママパークこすぎフェスティバル」の会場は、中原市民館です。

明日は小中学校では運動会シーズンですので、太陽のもとで日焼けする方も多そうですね。
本イベントは、もう少し小さいお子さんがメインターゲットでしょうか。ご家族そろって、屋内で体を動かしたり、音楽を聞いたり、工作をしたりして楽しんでみるのも良いと思います。

【関連リンク】
NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント 活動情報 パパママパークこすぎ
2014/5/3エントリ 「コスギフェスタ」プレチャリティーイベント「輝いて生きよう!」開催レポート
2015/3/14エントリ 武蔵小杉の防災一大イベント「こすぎ防災フェス」「第8回階段駆け上がりレース川崎大会」開催レポート
2015/4/12エントリ 武蔵小杉の子供防犯イベント「小杉っ子探偵団PART2」開催レポート
2015/4/26エントリ こすぎコアパークのダンスイベント「第1回こすぎ舞祭」開催レポート
【Reporter:たちばな】

今年も、江川せせらぎ遊歩道にカルガモの赤ちゃんが誕生しました。
春の日差しの中、岩の上で身を寄せ合ったり、せせらぎを泳ぐ姿を見ることができました。

■江川せせらぎ遊歩道のカルガモ親子
江川せせらぎ遊歩道のカルガモ親子

今回カルガモに出会ったのは、江川せせらぎ遊歩道の下小田中6丁目付近です。
この周辺では2015/5/6エントリでご紹介したこいのぼりの飾りつけや、たらい舟イベントなどが開催されていたほか、季節の花々なども美しいスポットです。

せせらぎの中にあるこの岩はカルガモがひと休みするのにちょうどよいようで、以前の「なかはらフォトコンテスト」の応募作品にも同じような構図の写真があったと記憶しています。
また、本日時点のGoogleストリートビューでも、この岩の上にはカルガモの姿が確認できます。

■たまに落ちてしまう赤ちゃんカルガモ
たまに落ちてしまう赤ちゃんカルガモ

赤ちゃんカルガモは…数えると5羽で、なるべくお母さんのそばに寄り添おうと場所取りをしているのがかわいらしかったです。
場所取りで他の子の上に乗り上げたり、たまに押されてせせらぎに落ちてしまう子もいました。

そのたびに頑張って、また岩に登っていきます。

■泳ぎ始めた子につられて、みんなでお出かけ(Youtube動画)


さて、今回もカルガモ親子の様子をYoutube動画にしてみました。
最初に1羽が落ちて、自力で岩の上に戻っていくのですが、その後1羽、2羽と泳ぎ始めた赤ちゃんカルガモにつられて、家族みんながお出かけを始めます。

■江川せせらぎ遊歩道を遡上するカルガモたち
江川せせらぎ遊歩道を遡上するカルガモたち

江川せせらぎ遊歩道を遡上するカルガモたち

このあとカルガモ親子たちは、江川せせらぎ遊歩道を遡上していきました。

毎年江川せせらぎ遊歩道のカルガモ親子は、下小田中5丁目~6丁目あたりで見かけることができます。
梅雨入り前の気候のよいときに、散歩やジョギングをしながら探してみるのもよいでしょう。

■泳ぐ子ガモたち
泳ぐ子ガモたち

なお、2013/8/21エントリでご紹介した「ザリガニ釣りゾーン」は、隠れ家になる岩がすべて取り除かれ、少なくとも現時点ではザリガニの姿は見当たらないようです。

釣り場をお探しの方は、中原平和公園など別スポットを探された方が良いかも知れません。

■江川せせらぎ遊歩道
江川せせらぎ遊歩道

【関連リンク】
森とせせらぎネット ウェブサイト
川崎市上下市水道局 江川せせらぎ遊歩道
2008/5/21エントリ 二ヶ領用水のカルガモ親子
2008/11/7エントリ 江川せせらぎ遊歩道の「森とせせらぎ祭り」
2013/5/14エントリ 二ヶ領用水のカルガモ親子2013
2013/5/26エントリ 江川せせらぎ遊歩道のカルガモ親子
2013/6/8エントリ 江川せせらぎ遊歩道のカルガモ親子、1週間後の姿
2013/6/20エントリ 江川せせらぎ遊歩道の子ガモたちの、成長した姿
2013/8/21エントリ 江川せせらぎ遊歩道の、ザリガニ釣り
2014/5/11エントリ 江川せせらぎ遊歩道のカルガモ親子と、鮮やかな花々
2015/4/30エントリ 江川せせらぎ遊歩道にこいのぼりが登場、5月3日(日)にたらい舟の川下りイベントを開催
2015/5/6エントリ 江川せせらぎ遊歩道で、「たらい舟」に乗る子どもたち
  • 武蔵小杉ライフFacebook版
川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイトのFacebook版です! サイト本体では紹介しきれない未公開情報なども掲載していきます。
  • Twitter
  • メインコンテンツ
  • 最新コメント
[05/27 sabao]
[05/27 NONAME]
[05/26 NONAME]
[05/26 NONAME]
[05/26 わん]
[05/26 コムス]
[05/26 近隣住民]
[05/25 今井っこ]
[05/24 トツオ]
[05/23 Toshipon]
  • ブログ内検索
  • アーカイブ
  • プロフィール
HN:
武蔵小杉ライフ運営委員会
性別:
非公開
自己紹介:
■ブログライターについて
タウン情報サイト「武蔵小杉ライフ」を運営しております。

はつしも:
 武蔵小杉ライフ運営委員会代表。ウェブ構築・渉外・企画を担当し、ブログでは再開発や街ネタ記事を担当。

つごもり:
 育児関係やスイーツ・パン・レストランなどグルメ関係の記事を担当。

かれじし:
 特別ライター。はつしも、つごもりとは違った切り口で街の話題をご紹介します。

たちばな:
 新メンバー。他のメンバーが苦手とする分野や、グルメ系を担当します。

■コメントについて
コメントは承認制であり、歓迎いたします。ただし、コメント内容に事実でないことを含むもの、荒らしと思われるものなど不適切と当サイトが判断するものは承認いたしませんので、あらかじめご了解ください。


■著作権について
当ウェブサイトの文章、写真の著作権は「武蔵小杉ライフ運営委員会」および提供元に帰属し、マップの著作権は株式会社昭文社に帰属します。コンテンツの一部及び全部の転載・複製・二次利用、著作権法上認められた範囲を超えた引用は著作権の侵害となりますので禁止といたします。
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © 武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ) All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie