武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2016年
05月01日

2016年5月、武蔵小杉の渋川にカルガモの子育てシーズン到来

【Reporter:はつしも】

5月になりました。
温かくなった週末、渋川でカルガモ親子が一休みをしていました。

■法政二中・高前の渋川
法政二中・高前の渋川

カルガモ親子がいたのは、渋川のうち法政二中・高前あたりのエリアです。

この一帯は法政二中校の正門から住吉小学校あたりにかけて、2014年~2015年にあらたに遊歩道が整備されたばかりです。

カルガモ親子は、その岩場にいました。

■母ガモと、子ガモ1羽
母ガモと、子ガモ1羽

最初は岩の上に母ガモと子ガモが1羽だけいたのですが、見守っているうちに1羽ずつ増えていきました。

■岩をのぼる子ガモ
岩をのぼる子ガモ 

■2羽の子ガモ
2羽になった子ガモ

頑張って岩をよじ登り、まず2羽になりました。

■集まる子ガモ
集まる子ガモ

■3羽になった子ガモ
3羽になった子ガモ

周辺の水辺からも、子ガモが集まってきました。

■隣の岩場の子ガモ
近くの岩場の子ガモ

■5羽揃った子ガモ
5羽揃った子ガモ

最後に近くにいた2羽の子ガモも集まって、5羽の子どもたちが揃いました。
みんなで寄り添って、温かそうですね。

■岩場をジャンプする子ガモ動画(Youtube)


集まっていく子ガモが、岩場をジャンプする様子をYoutube動画にしてみました。
小柄にもかかわらず意外と足腰がしっかりしています。

■母ガモと5羽のカルガモ
母ガモと5羽の子ガモ

■親子全員
親子全員

■少し離れて見守る父ガモ
少し離れて見守るち父ガモ

そして少し離れた岩場には、父ガモ(と思われるカモ)がいました。
家族全員で、7羽です。

カルガモ親子は家族によって子ガモの数が異なりまして、昨年は13羽の大家族カルガモを「江川せせらぎ遊歩道」でご紹介しておりました。

今年もまた二ヶ領用水、渋川、江川せせらぎ遊歩道などで親子の姿が見られることでしょう。

【関連リンク】
(カルガモ親子関連)
2008/5/21エントリ 二ヶ領用水のカルガモ親子
2013/5/14エントリ 二ヶ領用水のカルガモ親子2013
2013/5/26エントリ 江川せせらぎ遊歩道のカルガモ親子
2013/6/8エントリ 江川せせらぎ遊歩道のカルガモ親子、1週間後の姿
2013/6/20エントリ 江川せせらぎ遊歩道の子ガモたちの、成長した姿
2014/5/11エントリ 江川せせらぎ遊歩道のカルガモ親子と、鮮やかな花々
2015/5/21エントリ 江川せせらぎ遊歩道の岩の上で、身を寄せ合うカルガモ親子
201/6/7エントリ 江川せせらぎ遊歩道の、13羽の大家族カルガモ一列縦隊

(渋川の親水遊歩道関連)
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園・公開空地 渋川
2014/1/25エントリ 渋川の法政二中・高隣接区間における親水遊歩道整備工事
2014/8/17エントリ 渋川の法政二中・高前の親水遊歩道が供用開始
2015/2/23エントリ 渋川の親水遊歩道が住吉小学校隣接区間まで拡大、整備工事が進行中
2015/10/5エントリ 渋川の親水遊歩道新設区間が供用開始、二ヶ領用水分岐点~矢倉橋まで連続的な歩行空間が完成

Comment(1)

2016年
04月30日

ベトナムサンドイッチのお店「THAO'S BANH MI」のハーフサイズで楽しむ食べ比べ

【Reporter:はつしも】

東急元住吉駅近くに、ベトナムサンドイッチのお店「THAO'S BANH MI(タオズ バインミー)」があります。
同店については2015/5/1エントリでフルサイズのベトナムサンドイッチ(バインミー)をご紹介しておりましたが、今回はハーフサイズをいただいてみました。

■東急元住吉駅近くの「THAO'S BANH MI」
東急元住吉駅近くの「THAO'S BANH MI」

「THAO'S BANH MI」は、東急元住吉駅のオズ通り商店街側の高架そばに2015年4月2日にオープンしました。
オープン以来1年近くが経過しましたが、独特の美味しさがあり、周辺に類似店舗がないこともあって人気を博しています。

■「THAO'S BANH MI」のバインミーメニュー
「THAO'S BANH MI」のバインミーメニュー

同店の主軸となるバインミーのメニューは、店頭に写真入りで掲示されています。
1番人気は「自家製ベトナムハムとレバーパテ」、2番が「レモングラスとチリチキン」、3番が「白身魚のフリット」です。

それぞれに使われている食材に惹かれていろいろ食べたくなりますが、そんなときにお勧めなのがハーフサイズです。

■店内の券売機
店内の券売機

店内の券売機

店内にはカウンターの前に券売機がありまして、まずはここで食券を購入するようになっています。
ここで(小)とあるのがハーフサイズで、フルサイズ600円前後に対して、ハーフサイズ400円前後です。

■フルサイズのバインミー
フルサイズのバインミー

■ハーフサイズのバインミー
ハーフサイズのバインミー

今回いただいたハーフサイズを、前回のフルサイズと同じトレイに載せてみました。
トレイのスケールが写真では見えませんので大小の相対的な比較にしかなりませんが、おおよそハーフサイズと言ってよいかと思います。

フルサイズひとつで、女性であればランチくらいには十分なりますから、ハーフサイズ2つを食べ比べするのもありでしょう。
それでも800円程度ですから、ベトナムの屋台で食べるなら別として、日本国内のランチとしては適度なお値段かと思います。

■パーティセット
パーティセット

また同店には、「ベトナム風ピリ辛チキンサラダ」と「エビせん」の「パーティセット」やベトナムスープ、ベトナムビールなどのメニューもあります。
バインミーと一緒に食べてみるのもよいかもしれません。

■ウェイティングスペース
ウェイティングスペース

■ベトナム関連本
ベトナム関連本

カウンターでオーダーしてからバインミーが出てくるまでには、少し時間があります。
店内にはウェイティングスペースも少しありますので、ここでベトナム関連本など読みながら、バインミーを待ちましょう。

■営業時間の変更
営業時間の変更

なお、前回ご紹介したときから、営業時間が変更されていました。
従来は定休日の火曜日以外は一律10:30~18:00だったのが、水水金が21時まで延長されたかわりにアイドルタイムがお休みになったりと変則的になっています。

21時まででしたら、仕事帰りに買って食べることもできそうですね。
上記看板やウェブサイトにも記載の通りですが、あらためてご案内しておきます。

■「THAO'S BANH MI」の店舗情報
▼所在地:中原区木月2-1-1
▼営業時間:
・月11:00~14:30
・水木金11:00~14:30、17:00~21:00
・土日祝11:00~18:30

▼定休日:火曜日

※GWの営業時間
4/29〜5/1 営業 11:00〜18:30
5/2〜5/3 休業
5/4〜5/5 営業 11:00〜18:30

■「THAO'S BANH MI」のマップ
「THAO'S BANH MI」のマップ

【関連リンク】
THAO'S BANH MI ウェブサイト
THAO'S BANH MI Faceebookページ
THAO'S BANH MI Twitter
2015/5/1エントリ 元住吉に、神奈川県初のベトナムサンドイッチ店が登場。「THAO'S BANH MI」

Comment(0)

2016年
04月29日

「小杉ママのチャリティリユース」が4月30日(土)まで子供服・絵本の寄付を募集、「コスギオープンカフェ」のチャリティ販売益を子育て支援NPO・熊本地震被災地へ寄付

【Reporter:はつしも】

2016年5月6日(金)~8日(日)の3日間にわたって、こすぎコアパークにおいて「コスギオープンカフェ」が開催されます。

本イベントの詳細については2016/4/27エントリでお伝えしておりまして、チャリティ企画のひとつとして「小杉ママのチャリティリユース」による子供服・絵本リユース品のチャリティ販売が行われる予定です。

チャリティ販売による利益は、子育て支援活動を行う認定NPO法人フローレンス・NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントに加えて、日本赤十字社を通じて平成28年熊本地震の被災地支援に寄付されることになります。

これに先立って、本日4月29日(金)および30日(土)に、こすぎコアパークに置いてリユース品の寄付募集が行われています。

■「小杉ママのチャリティリユース」寄付募集要項
日時 2016年4月29日(金)、30日(土)10~14時
会場 東急武蔵小杉駅南口 こすぎコアパーク
寄付受付リユース品 ●80~120センチの子供服
●絵本
※次の方に気持ちよく使っていただくため、どちらも新品同様の状態の良いものでお願いできますと幸いです。 シミや汚れが目立つものはご遠慮ください。
寄付品のチャリティ販売 2016年5月6日(金)~8日(日)10~15時開催の「コスギオープンカフェ」においてチャリティ販売を実施
チャリティ販売の寄付先 認定NPO法人フローレンス
※病児保育・障害児保育等支援活動を実施
NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント
※「パパママパーク」等地域の子育て支援活動を実施
日本赤十字社を通じ、平成28年熊本地震の被災地支援
チャリティ実施団体 ●小杉ママのチャリティリユース
ブログfacebookページ

■こすぎコアパークの「小杉ママのチャリティリユース」寄付募集テント
こすぎコアパークの「小杉ママのチャリティリユース」寄付品募集テント

「小杉ママのチャリティリユース」寄付品募集テント

リユース品寄付募集のテントは、こすぎコアパークの武蔵小杉東急スクエア寄りに設営されていました。

寄付の手続きはいたって簡単で、最初に受付で各種事前説明事項を読んで署名(名前のみ)をしたのち、寄付品を手渡しするだけです。
全体で1,2分程度しかかからないかと思います。

■続々と集まったリユース品の寄付
続々と集まったリユース品の寄付 

このときはスタートしてから間もない時間帯でしたが、すでにリユース品の寄付が集まってきていました。

「小杉ママのチャリティリユース」の素敵な小杉ママさんたちが、その場でリユース品を順次袋詰めして、チャリティ販売時の値札を付けていました。

■「小杉ママのチャリティリユース」過去の活動から
「小杉ママのチャリティリユース」過去の活動から 

「小杉ママのチャリティリユース」は、地域の子育て支援に貢献することを目的として、かねてから子供用品のリユース品のチャリティ販売を行っています。

そのためチャリティ販売による利益は、病児保育・障害児保育等の支援事業を行う認定NPO法人フローレンス、「パパママパーク」など地域の子育てコミュニティ形成を支援するNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントに継続的に寄付を行っていました。

今回の「コスギオープンカフェ」では、これに加えて3分の1を日本赤十字社を通じて平成28年熊本地震の被災地支援に寄付することとなりました。

■小杉ママのチャリティリユースブログ 被災地支援のための寄付について
http://ameblo.jp/kosugimamacharity/entry-12154988573.html

子育て支援とはまた違った寄付をされることについては、上記にグループとしてのお考えが記載されていますので、寄付を検討される方はご参照ください。

寄付の募集は明日4月30日(土)も実施していますので、状態が良いにもかかわらず不要となった子供服、絵本をお持ちの方は、チャリティの主旨が心に添うようでしたら検討してみてはと思います。

■「コスギオープンカフェ」
「コスギオープンカフェ」
※クリックで拡大できます。

チャリティ販売が行われる「コスギオープンカフェ」の詳細については、2016/4/27エントリをご参照くださいませ。

音楽ステージのプログラム等まだ未定の情報もありますので、また確定次第ご紹介したいと思います。

【関連リンク】
NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント
小杉ママのチャリティリユース ブログ
小杉ママのチャリティリユース facebookページ
2012/7/15エントリ 「ママたちのチャリティバザー in 武蔵小杉」が2012年7月21日(土)開催
2016/1/26エントリ 「武蔵小杉ワーキングマザー交流会 第4回ワークショップ『仕事もプライベートもhappyに!』」が2月28日(日)開催、参加申込受付中
2016/4/27エントリ 「コスギオープンカフェ」がこすぎコアパークで5月6日(金)~8日(土)に初開催、4月29日(金)30日(土)に子供服・絵本のチャリティリユースの事前寄付を募集

Comment(1)

2016年
04月28日

川崎市市民ミュージアムの「トーマス転炉」が語る、川崎の鉄鋼産業史

【Reporter:はつしも】

等々力緑地の市民ミュージアムの前に、巨大な鉄の塊があります。
本日はこの「トーマス転炉」をご紹介したいと思います。

■市民ミュージアム前の「トーマス転炉」
市民ミュージアム前の「トーマス転炉」



「トーマス転炉」は、日本の鉄鋼産業の発展に寄与した産業遺産です。
リンを含む鉄鉱石の利用を目的とした製鋼炉として英国のシドニー・G・トーマス氏が発明し、同氏の名前が付けられました。

鋼はリンを含むと強度が損なわれるため、従来はリンを含んだ鉄鉱石を原料に使うことができませんでした。
トーマス転炉はこれらの不純物を製造工程の中で除去することで克服したもので、当時画期的な発明でした。

日本においては1937年に日本鋼管(現・JFEエンジニアリング)が導入し、1938年から1957年まで川崎市川崎区の京浜製鉄所において稼働していました。
当時の日本では鉄鋼の国産化が求められており、日本鋼管はこのトーマス転炉を国内で唯一導入したことにより、民間で最初に銑鉄一貫体制を実現しました。

川崎市市民ミュージアム前のトーマス転炉は日本鋼管から寄贈されたもので、外径は4.2m、高さは約7.6m、重量は約60トンというスケールです。

■「トーマス転炉」稼働当時の記録
「トーマス転炉」稼働当時の記録

■「トーマス転炉」稼働当時の記録
「トーマス転炉」稼働当時の記録

トーマス転炉の前には、稼働していた当時の写真などの記録が残されています。

写真を見ると、トーマス転炉を傾けて溶鋼を取鍋へ注ぎ込んでいる工程が確認できます。
「転炉」という名称は、このように炉を回転させることに由来していまして、回転させるための巨大な歯車が胴体中央に突起してしているのが特徴的です。

そのダイナミックな姿に、日本の高度経済成長を支えた鉄鋼業の重厚さを感じることができます。

■トーマス転炉と武蔵小杉の高層ビル群
トーマス転炉と武蔵小杉の高層ビル群

市民ミュージアム前から武蔵小杉方面を見ますと、トーマス転炉と駅周辺の高層ビル群が並んで見えます。

日本の産業遺産と新しい街の姿の対比に、時代の変化を感じますね。

■トーマス転炉の小型模型(市民ミュージアム内)
トーマス転炉の小型模型

なお、巨大すぎて全体がよく見えない…という方は、市民ミュージアム1階に小型の模型がありますので、こちらをご覧ください。
質感などもよく再現されています。

■トーマス転炉のペン立て
トーマス転炉のペン立て

さらに、市民ミュージアム内のアンケート記入場所には、トーマス転炉のペン立てがありました。
これはかつてミュージアムショップで販売されていたのですが、現在はショップが廃止されてしまいました。

そのため現在は入手が困難となっています。

■マンションにかわるJFEスチールの元住吉社宅
北側「JFEビラージュもとすみ」

近年はIT産業やサービス産業が台頭し、重工業を中心とした京浜工業地帯の製造品出荷額も最盛期ほどの勢いはなくなってきました。
しかしながら、鉄鋼業がいまだ日本の重要な産業であること確かで、川崎区の臨海部ではJFEの製鉄所が現在も稼働しています。

京浜工業地帯の一端を担う川崎市に住まう身として、トーマス転炉を眺めつつ、これまでの日本の産業史について振り返ってみました。

【関連リンク】
川崎市ウェブサイト 観光情報 産業遺産 トーマス転炉
JFEホールディングス ウェブサイト
2015/8/3エントリ 武蔵小杉周辺で、変わりゆく社宅をめぐる。「横浜ゴム小杉寮」建替え、「JFE」大規模社宅2棟を積水ハウスのマンションに転換

Comment(0)

2016年
04月27日

「コスギオープンカフェ」がこすぎコアパークで5月6日(金)~8日(土)に初開催、4月29日(金)30日(土)に子供服・絵本のチャリティリユースの事前寄付を募集

【Reporter:はつしも】

2016年5月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたって、東急武蔵小杉駅南口の「こすぎコアパーク」において、「コスギオープンカフェ」が開催されます。
期間中は「こすぎコアパーク」がオープンカフェに変貌し、話題の「猿田彦珈琲」が提供されるとともに、パーク内で川崎野菜の販売・音楽ライブなどが行われます。

また企画のひとつとして、本イベントではボランティアグループ「小杉ママのチャリティリユース」による子供服・絵本のリユース品のチャリティ販売が行われます。
3日間のチャリティ販売に先立って、4月29日(金)、30日(土)の10時~14時にこすぎコアパークにおいてリユース品の寄付募集が行われることになりました。

■「コスギオープンカフェ」
「コスギオープンカフェ」
※クリックで拡大できます。

■「コスギオープンカフェ」の開催概要

日時 2016年5月6日(金)、7日(土)、8日(日)10時~15時
開場 こすぎコアパーク
主催 NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント
共催 こすぎコアパーク管理運営協議会
後援 川崎市中原区
物販企画① ●猿田彦珈琲「猿田彦フレンチ」販売(NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント)
http://sarutahiko.co/
  
「TRY-A COFFEE」で提供される「猿田彦珈琲」
 
こすぎコアパーク全体をオープンカフェとし、話題の「猿田彦珈琲」の「猿田彦フレンチ」を販売します。
物販企画② ●クッキー等お菓子の販売(おかし工房しいの実」)
http://shiinomikai.ict-jig.com/
houjinngaiyou.html

   
「お菓子工房しいの実」のクッキー

 地元の各イベントでおなじみ、木月伊勢町に店舗がある「おかし工房しいの実」のクッキー等の販売を行います。
物販企画③ ●川崎野菜の販売(一般社団法人カワサキノサキ)
https://www.facebook.com/
kawasakinomegumi/

   
「武蔵小杉駅マルシェ」開催の様子(第1回)

 「武蔵小杉駅」マルシェを毎月開催中の「カワサキノサキ」による川崎野菜の販売を行います。
物販企画④ ウォーターサーバーの試飲と販売(アクアクララ」)
http://www.aquaclara.co.jp/

ミネラル調整・不純物濾過をしたデザインウォーターの宅配システム「アクアクララ」の試飲および販売を行います。
体験・物販企画 ワークショップ&川崎野菜を使ったお菓子販売(Common Life・KOSUGI CURRY)
https://commonlife.jp/
   
「Common Life」のワークショップで作る「おしゃれな王冠」

 「新丸子の路地裏マルシェ」を不定期開催している「Common Life」が、ワークショップと川崎野菜を使った焼き菓子販売を行います。ワークショップ参加者には「KOSUGI CURRY」のレトルトカレーがプレゼントされます。

<ワークショップの内容>
ワークショップ詳細
・5月6日(金)「おしゃれな王冠をつくろう」
・5月7日(土)「きらきら万華鏡をつくろう」
・5月8日(日)「ほっこりバスボムをつくろう」
※参加費1,500円。「KOSUGI CURRY」のレトルトカレー+参加者のカメラによる記念パネル撮影付き
チャリティ企画① ●子供服・絵本のリユース品チャリティ販売(小杉ママのチャリティリユース)
http://ameblo.jp/kosugimamacharity/
   
「小杉ママのチャリティリユース」
 
「小杉ママのチャリティリユース」が、会場で子供服・絵本などリユース品のチャリティ販売を行います。

<販売内容>
・子供服・絵本など子供用のリユース品(新品に近いもの)
<寄付先>
・認定NPO法人フローレンス、NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント(子育て支援活動団体)
・平成28年熊本地震の被災地支援(日本赤十字社)

※これに先立って、4月29日(金)、30日(土)に子供服・絵本に限定したリユース品の寄付募集を行います。
▼日時:4月29日(金)、30日(土)10時~14時
▼会場:こすぎコアパーク
▼受付内容:80~120サイズの子供服と絵本
▼条件:次の方に気持ちよく使っていただくため、どちらも新品同様の状態の良いものでお願いできますと幸いです。シミや汚れが目立つものはご遠慮ください。
チャリティ企画② ●ガーナの小学校建設基金募集とガーナ体験コーナー(マンフィーと青年期金NGO)
http://www.monphy.com/

「マンフィーと青年基金NGO」による、ガーナにおける小学校建設のための基金募集を行います。また、ガーナを身近に感じられる体験コーナーも設置予定です。
ステージ企画 ●音楽ライブ(11時~15時)(カワサキミュージックキャスト・In Unity実行委員会)
http://inunity.jp/event/post-864
  
「進化論」のステージ 

3日間、こすぎコアパークの特設ステージにおいて音楽ライブが開催されます。このうち5月7日(土)については「In Unity」による恒例の「コアパークライブ」となり、下記の通りタイムテーブルが発表されています。

<5月7日(土)のタイムテーブル>
11:00~ 且 優矢
11:35~ かみねりょうこ
12:10~ nakasan
12:45~ 且 優矢
13:20~ かみねりょうこ
13:55~ nakasan

■「コスギオープンカフェ」の会場となる「こすぎコアパーク」(「こすぎ夏祭」開催時)
「こすぎオープンカフェ」会場となる「こすぎコアパーク」 

東急武蔵小杉駅南口には、再開発事業により大規模なオープンスペース「こすぎコアパーク」が整備されました。

「こすぎコアパーク」は、かつての「小杉第一公園」が移設されたもので、行政の規定上はあくまでも「川崎市の公園」という取扱いになっています。

そのため、イベント活用に適した駅前にありながらもその利用にあたっては制約も多く、これまで「コスギフェスタ」「こすぎ夏祭」「In Unityコアパークライブ」「かわさき地産地消フェア」など、各イベントがさまざまな調整や試行錯誤のうえで実施されてきました。

■「こすぎコアパーク管理運営協議会」による管理
「こすぎコアパーク管理運営協議会」による地元管理

現在、NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントや地元商店街などによる「こすぎコアパーク管理運営協議会」が立ち上げられ、川崎市の認可のもとに「こすぎコアパーク」の管理を行っています。

今回の「コスギオープンカフェ」は、NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントとこすぎコアパーク運営協議会の共催により、中原区の後援も受けて「こすぎコアパーク」の活用可能性について実証実験を行うこともひとつの目的としています。

■「猿田彦珈琲」
「TRY-A COFFEE」で提供される「猿田彦珈琲」

何はともあれ「オープンカフェ」ですので、本イベントの核となるのはドリンク・フードと客席の提供です。

「こすぎコアパーク」の全域にオープンカフェの客席が設置されまして、話題の「猿田彦珈琲」がNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントによって販売されます。

「猿田彦珈琲」は恵比寿に本店を置くスペシャルティコーヒー専門店で、たいへん人気を博しています。
丸子橋近くのランステーション「try-a+」でも3月6日より提供されていまして、同日のエントリでご紹介しておりました。

■「おかし工房しいの実」のクッキー
「お菓子工房しいの実」のクッキー

■「Common Life」の、川崎野菜を使った焼き菓子
川崎野菜を使った焼き菓子 

コーヒーとセットでいただきたいのが、お菓子ですね。

本イベントでは、地元イベントでお馴染みの「おかし工房しいの実」のクッキー等のほか、「新丸子の路地裏マルシェ」を展開する雑貨店「Common Life」による川崎野菜を使った焼き菓子の販売が行われます。

「新丸子の路地裏マルシェ」では、毎回お菓子工房「つくりて」による、卵とバターを使わない川崎野菜の焼き菓子が提供されていますして、本サイトでもご紹介しておりました。

■「Common Life」のワークショップでつくる「おしゃれな王冠」
「Common Life」のワークショップで作る「おしゃれな王冠」

■「きらきら万華鏡」

「きらきら万華鏡」

■「ほっこりバスボム」
「ほっこりバスボム」

「Common Life」では、3日間にわたって「おしゃれな王冠」「きらきら万華鏡」「ほっこりバスボム」を作るワークショップも開催します。

上記写真がそれぞれの完成品で、とてもかわいらしいですね。
ワークショップの詳細は【こちら】もご参照ください。

ワークショップは参加費1,500円で、「KOSUGI CURRY」のレトルトカレーと記念写真撮影もついています。

■「川崎野菜」の販売
「武蔵小杉駅マルシェ」開催の様子(第1回) 

そして本イベントでは、一般社団法人カワサキノサキによる川崎野菜の販売も行われます。

同法人はJR武蔵小杉駅において、月1回「武蔵小杉駅マルシェ」を開催していまして、こちらも本サイトでご紹介しておりました。
今回は、その出張版のような形になります。

■「小杉ママのチャリティリユース」の子供服・絵本チャリティ販売
「小杉ママのチャリティリユース」 

さらに本イベントは、チャリティにも力を入れています。

ボランティアグループ「小杉ママのチャリティリユース」が4月29日(金)、30日(土)に子供服・絵本の寄付を募集したうえで、5月6日(金)~8日(日)のイベント期間中にそれらのチャリティ販売を行います。

前掲の通り、今回の販売による利益は、子育て支援を行っている認定NPO法人フローレンス、NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントに加えて、日本赤十字社による2016年熊本地震の被災地支援に寄付が行われます。

またこのほかにも、ガーナの小学校建設のための基金に対する募金等も行われます。

人によってそれぞれお考えは異なると思いますので、心に沿うものがありましたらご協力ください。

■「In Unityコアパークライブ」のステージ
「In Unity」による音楽ステージ

そして会場全体に広がるのが、ステージからの歌声です。

3日間を通じてさまざまなグループのライブ出演が予定されています。

5月6日(金)、7日(日)は「カワサキミュージックキャスト」のステージ、5月7日(土)については「In Unityコアパークライブ」のステージになっていまして、前掲の通り5月7日はすでにタイムテーブルが発表されています。

残る2日間についても、「コスギフェスタ」等の地元イベントで馴染みのあるアーティストの出演が予定されているようです。


「コスギオープンカフェ」では、このようにドリンク・フード・川崎野菜・ワークショップ・チャリティ・音楽ライブと多彩な企画が準備されています。

3日間開催で会場も駅前ですので、通りかかった際にでも足を止めてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント

(おかし工房しいの実関連)
2015/9/15エントリ 法政通り商店街「ニカッパ君」の夜みこし仕様と、「おかし工房しいの実」のニカッパ君クッキー
2016/1/15エントリ 「ホテル精養軒」の新本館がグランドオープン、レストランラウンジで「おかし工房しいの実」コラボのシフォンケーキ提供中

(武蔵小杉駅マルシェ関連)
武蔵小杉駅マルシェ facebookページ
2016/1/28エントリ 第1回「武蔵小杉駅マルシェ」開催レポート:川崎産野菜や「わがままいちごのいちごジャム」など販売し大盛況に

(新丸子の路地裏マルシェ関連)
新丸子の路地裏マルシェ facebookページ
2015/11/7エントリ 第2回「新丸子の路地裏マルシェ」11月7日(土)8日(日)開催、「Common Life」「BJcafe」に加え「SHIBA COFFEE」「KOSUGI CURRY」が初参加
2016/1/24エントリ 第3回「新丸子の路地裏マルシェ」開催レポート:川崎野菜「キクイモ」料理と、1月27日「武蔵小杉駅マルシェ」にも登場予定「小泉農園のわがままいちご」
2016/3/18エントリ 川崎野菜「のらぼう菜」が登場。3月19日(土)「新丸子の路地裏マルシェ」と3月22日(火)スタート「本場さぬきうどん武蔵小杉店」の「のらぼう菜温玉醤油うどん」

(小杉ママのチャリティリユース関連)
小杉ママのチャリティリユース ブログ
小杉ママのチャリティリユース facebookページ
2012/7/15エントリ 「ママたちのチャリティバザー in 武蔵小杉」が2012年7月21日(土)開催
2016/1/26エントリ 「武蔵小杉ワーキングマザー交流会 第4回ワークショップ『仕事もプライベートもhappyに!』」が2月28日(日)開催、参加申込受付中


(カワサキミュージックキャスト関連)
カワサキミュージックキャスト ウェブサイト
2010/7/4エントリ 武蔵小杉の「ひと」(1):カワサキミュージックキャスト・反町充宏さん(前編)
2010/7/5エントリ 武蔵小杉の「ひと」(1)カワサキミュージックキャスト・反町充宏さん(後編)

(In Unity関連)
In Unity ウェブサイト
2014/9/6エントリ 「In Unityスペシャルミニライブ」開催レポート+法政通り商店街ストリートライブ+ナイス起震車体験
2015/3/8エントリ 川崎最強の音楽イベント「In Unity2015」開催レポート
2015/7/5エントリ 「第5回かわさき地産地消フェア with In Unityコアパークライブ」開催レポート
2015/11/5エントリ 「In Unityこすぎコアパークライブ」10月開催レポート/11月7日(土)開催に「川崎市消防音楽隊」「川崎純情小町★」が出演
2016/1/10エントリ 中原区役所がライブハウスに、驚きの変貌。「In Unity2016」開催レポート

Comment(0)

2016年
04月26日

グランツリー武蔵小杉の、テイクアウトドリンクショップ4種をご紹介。「ブルプル」「V2&M」「コスメキッチン」「セブンカフェ」

【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉には、各所に休憩スペースが設けられています。
商業施設の規模からみて一定以上の滞在時間が見込まれ、「ちょっと一休みする」ニーズが多く見込まれるからでしょう。

そんな時、気軽にテイクアウトできるドリンクショップがありますので、今回まとめてご紹介したいと思います。

■「Food Terrace」の「ブルプル」
「Food Terrace」の「ブルプル」 

「Food Terrace」の「ブルプル」
 
最初にご紹介するのは4階のフードコート「Food Terrace」内のドリンクショップ「ブルプル(BullPulu)」です。
同店のドリンクは、中に本場台湾のタピオカが入っているのが特徴で、ミルクティーを基本にカルピス、ソーダなど各種がそろっています。

■「ブルプル」のドリンク
「ブルプル」のドリンク 

左から2番目が人気No.1の定番「ミルクティー」、3番目がNo.2の「ストロベリー」です。

ドリンクは概ね400円前後が最多価格帯になっていますので、割合高めかと思います。

■人気No.2「ストロベリー」
人気No.2「ストロベリー」

「ストロベリー」の中には、タピオカとともにいちごの果肉が入っています。
ストローがご覧の通り太いですので、スムーズに飲むことができます。

ストロベリーの甘味の中に混じるタピオカの食感が新鮮で、こちらは甘党の方にお勧めです。

「ブルプル」のロゴマークは、ブルドックです。
「ブルプル」の「ブル」とは、ブルドックを指していたのですね。

同店は話題性もあってか、オープン以来ピークタイムには長い行列ができています。



■1階AQUA DROP前「V2&M by Fruits Bar AOKI」
「V2&M by Fruits Bar AOKI」

2番目にご紹介するのは、「V2&M by Fruits Bar AOKI」です。
1階の「AQUA DROP」前にありますので、目に留まる方も多いのではないでしょうか。

■フルーツミキサー
フルーツミキサー 

■「マンゴー&アップル」
マンゴー&アップル 

同店では、ミキサーで作りたてのフルーツジュースを提供しています。
写真は「マンゴー&アップル(650円)」です。

こちらもお値段は張りますが、確かにフレッシュで美味しかったです。

■手洗い場
手洗い場 

なお、同店には背の低い手洗い場が用意されています。
お子さんもこちらで手を洗ってからドリンクをいただくことが可能です。



■1階「コスメキッチン」
「コスメキッチン」

そして最後は、1階の「コスメキッチン」です。
こちらは基本的にはインテリア・生活雑貨のお店なのですが、一角にドリンクのカウンター「Cosme Kitchen Juicery」があります。

■「Cosme Kitchen Juicery」の「パワーデトックスウォーター」
パワーデトックスウォーター

「コスメキッチン」のドリンクは、「甘~い」「おいし~い」というよりは、ヘルシー路線です。

こちらは「パワーデトックスウォーター」(税別780円)で、ハーブティーがベースになっています。
そこにレモン・ミント・ブルーベリーなどのフルーツ、チアシード・マキベリー・アサイー・ガラナ・マテなどをブレンドして微炭酸で仕上げてあります。

これまた贅沢に素材を投入しているため、さらにお値段が張ります。
前述の通り「わかりやすい美味しさ」を追求するものではありませんので、健康気分・お洒落気分を味わいたい場合にいかがかと思います。

その他、「コスメキッチン」のジュースにはフルーツとともにニンジンやキャベツなど野菜類がブレンドしてありまして、いずれもオーガニックな健康志向のメニュー構成となっています。



■セブンカフェ
「セブンカフェ」

「セブンカフェ」

そして最後は、「グランツリーマルシェ」の一角にある「セブンカフェ」です。
こちらはセルフサービスでコーヒーをいただくことができます。

「セブンカフェ」はセブンイレブンに展開されていまして、税込100円で普通に美味しいコーヒーが飲めるとうのが評判になっていました。



とりあえず主にこういったところで、

▼甘いものが飲みたい場合は「ブルプル」
▼フレッシュなフルーツジュースが普通に飲みたい場合は「V2&M by Fruits Bar AOKI」
▼オーガニック、デトックスなど健康志向にこだわるなら「コスメキッチン」
▼コスト重視なら「セブンカフェ」

という感じでしょうか。

その他、「グランツリーマルシェ」でドリンクを買ってどこかで座って飲む、というのもひとつの手段ですね。
選択肢の多さと、「ブランド料」がお値段に乗らない相対的なコストパフォーマンスの良さからすると、一考の余地ありと思います。

春になりまして、今後気温も上がって暑い日もあるでしょう。
今後のご参考になりましたら幸いです。

■1階「GRAND TREE MARCHE」
1階「GRAND TREE MARCHE」

【関連リンク】
(ブルプル関連)
ブルプル ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 ブルプル

(V2&M by Fruits Bar AOKI関連)
果汁工房果淋ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 V2&M by Fruits Bar AOKI

(コスメキッチン関連)
コスメキッチン ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 コスメキッチン

(グランツリー武蔵小杉関連)
グランツリー武蔵小杉 ウェブサイト
武蔵小杉ブログ グランツリー武蔵小杉関連エントリ
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/29エントリ グランツリー武蔵小杉「Chocott Milk Bar」の「デコソフトクリーム」
2015/1/13エントリ グランツリー武蔵小杉のお好み焼き店「神戸六甲道 ぎゅんた」
2015/1/24エントリ グランツリー武蔵小杉の行列店「回し寿司 活美登利」レポート
2015/2/4エントリ メゾンカイザーと、大宮シェフのコラボ。グランツリー武蔵小杉の「BUSHWICK BAKERY & GRILL」
2015/2/18エントリ グランツリー武蔵小杉の、からあげグランプリ金賞店「らんまん食堂」
2015/3/24エントリ グランツリー武蔵小杉「霧島黒豚倶楽部」の、黒豚丼2種。「コク旨味噌丼」と「雲竜揚げ丼」
2016/3/7エントリ グランツリー武蔵小杉の、食事もできる人気スイーツ店。「The French Toast Factory」

Comment(1)

2016年
04月25日

JR向河原駅から延びる、歴史の遺構。「市ノ坪短絡線」廃線跡の緑道を巡る

【Reporter:はつしも】

2015/5/11エントリにおいて、JR南武線向河原駅の「開業88周年記念展示」について取り上げました。
その展示の中で、かつて向河原駅と新鶴見駅を結んでいた貨物線「市ノ坪短絡線」が掲載されていまして、向河原駅に残る跡地をエントリ中でご紹介をしておりました。

今回は、その貨物線跡地の遺構を、めぐってみました。

■「市ノ坪短絡線」の跡地マップ
市ノ坪短絡線のマップ 

南武線はかつては私鉄の「南武鉄道」であり、多摩川の砂利を運ぶなど貨物列車として活用されていました。

当時、国鉄・私鉄間の貨物列車直通はできなかったため、向河原駅に貨物受け渡しの設備が作られ、JRの貨物路線と接続するために、上記マップのような短絡線が1929年9月11日に作られました。

1944年に南武鉄道が国有化されてからもこの短絡線は使用されていたようですが、貨物専用の武蔵野南線(地下の貨物線)が整備されたことによりその役目を終え、1973年10月1日に廃止となりました。

■向河原駅下りホーム脇の貨物線跡地
向河原駅下りホーム脇の貨物線跡地

前回エントリでご紹介したのが、JR向河原駅に残る貨物線(市ノ坪短絡線)跡地です。
下りホームの脇に残されたスペースにかつて貨物線が引かれ、南武鉄道と国鉄の貨物受け渡しが行われていました。

今回はこの先、現在のJR線との合流地点までをたどっていきましょう。

■南武線下のトンネル
 南武線下のトンネル

向河原駅からしばらくは、短絡線沿いはNEC玉川事業場と南武線に挟まれて近づくことができません。

玉川事業場の南端あたりで徐々に短絡線が南武線から離れ始め、こちらの南武線下の小さいトンネルをくぐると、市ノ坪短絡線跡地に到達することができます。

■市ノ坪短絡線の両面橋台
市ノ坪短絡線の両面橋台

市ノ坪短絡線の両面橋台

南武線のトンネルをくぐると、「中丸子老人いこいの家」の前に、市ノ坪短絡線の「両面橋台」が見えてきます。
この上に、かつて貨物線の線路が敷設されていたわけです。

現在では歩道がスロープになっていて、この橋台の下をくぐるような高さはありません。
おそらくこれは市ノ坪短絡線廃止後に改良したもので、従来はこの下が、先ほどの南武線と同じようなトンネル通路になっていたのではないでしょうか。

■両面橋台から先の緑道
両面橋台の先の緑道

そしてこの両面橋台の先は、中丸子の住宅街の中に入っていくことになります。
現在は、廃線跡地が緑道として整備されています。

■廃線跡地の緑道
廃線跡地の緑道

廃線跡地の緑道

廃線跡地の緑道には、各所にベンチ、水道、鉄棒などが設置されていました。
どなたでも利用できる公共スペースになっています。

■緑道を横切る道路
廃線跡を横切る道路

川崎市立橘高等学校の近くに至ると、緑道を横切る道路があります。
確認はできませんでしたが、ここはかつては踏切が設置されていたのかもしれません。

■廃線跡の終わり
廃線跡の終わり

■枕木で作った柵
枕木を使った柵 

JRとの合流地点にあたる緑道の終点は、地名でいうと中丸子を抜けて市ノ坪に入ります。

終点付近には、鉄道の枕木を使った柵が残されていました。
これもひとつの遺構といえるでしょう。

■線路跡と思われる遺構
線路跡と思われる遺構


■地面に埋め込まれたレール
地面に埋め込まれたレール

またこの付近には、線路跡と思われる遺構がありました。
上下線それぞれ、レールの跡のようなものが残されています。

■鉄道境界標
鉄道境界標


そしてこちらは、鉄道境界標です。
鉄道境界標とは、その名前の通り鉄道用地の境界を示すもので、国鉄のものはカタカナの「エ」のようなマークで、線路の断面をモチーフにしています。

■緑道終点隣接のマンション開発
緑道終点隣接のマンション開発

緑道終点隣接のマンション開発

緑道終点の、JR線との交点では住友不動産によるマンション開発が行われていました。
市ノ坪短絡線が開通してから80年以上の間に、沿線の風景は大きく変わってきたことでしょう。

■御幸踏切を通過する湘南新宿ライン
 御幸踏切を通過する湘南新宿ライン

緑道の終点からJR線沿いに北上していくと、御幸踏切にぶつかります。
ここでは今も新幹線・横須賀線・湘南新宿ラインなどさまざまな旅客鉄道のほか、貨物列車の姿を見ることができます。

武蔵小杉周辺は鉄道路線が集積していますので、さまざまな歴史がありますね。

【関連リンク】
(南武線関連)
2007/9/28エントリ 南武線の車庫・中原電車区
2011/4/13エントリ 南武線快速電車が運行開始
2012/5/30エントリ 中原電車区の鶴見線車両と、クモヤ145形
2013/1/24エントリ JR武蔵中原駅の発車メロディがフロンターレの応援歌に
2013/7/3エントリ JR東日本が南武線新型車両導入と各駅乗車人員を発表、武蔵小杉駅は28位に
2014/2/26エントリ JR南武線武蔵小杉駅の発車メロディが本日よりフロンターレ応援歌の原曲、ザ・クロマニヨンズ「ナンバーワン野郎!」に
2014/7/25エントリ 川崎市制90周年ヘッドマーク付の南武線が3編成運行中、デザインに「パークシティ武蔵小杉」が登場
2014/7/20エントリ JR南武線向河原駅前の踏切拡幅工事が完了し供用開始
2014/8/6エントリ JR南武線新型車両「E233系」が2014年10月導入、新型車両で叶える「あなたの夢」募集中
2014/8/16エントリ 向河原公園リニューアルで登場、「南武線車両ベンチ」
2014/10/4エントリ JR南武線新型車両「E233系」本日投入、武蔵小杉駅等で記念商品販売と「懐かしの写真展」がスタート
2014/10/23エントリ 南武線エキナカで、地産地消。「多摩川梨ジャム」使用商品を販売中
2014/10/30エントリ JR武蔵小杉駅の連絡通路で新キャラクター「多摩川梨くん」が南武線新型車両「E233系」を紹介中
2014/11/5エントリ JR南武線新型車両「E233系」乗車レポート
2015/5/7エントリ 南武線各駅開業88周年記念展示(1):「武蔵小杉駅」
2015/5/9エントリ 南武線各駅開業88周年記念展示(2):「武蔵中原駅」
2015/5/11エントリ 南武線各駅開業88周年記念展示(3):「向河原駅」
2015/7/17エントリ 川崎市が川崎縦貫高速鉄道の計画休止を発表、南武線長編成化を国交省・交通政策審議会に提案へ
2015/12/2エントリ 戦火に消えた、南武線の駅。玉川中学校・橘高校前の「武蔵中丸子駅」跡地探訪
2016/1/3エントリ 「懐かしい沿線写真で訪ねる 南武線・鶴見線 街と駅の1世紀」が出版、武蔵小杉駅など各駅の歴史を紹介
2015/1/9エントリ 南武線「205系」が引退、臨時列車「ありがとう運転」を本日実施/1月31日まで武蔵小杉駅等でJR社員による写真を展示

(南武支線関連)
2015/1/19エントリ 八丁畷から、無人改札乗り換え。南武支線乗車レポート
2015/2/5エントリ 川崎市とJR東日本が包括連携協定を締結、南武支線に「(仮称)小田栄新駅」を2016年3月開業へ
2015/12/22エントリ 南武支線の新駅「小田栄駅」が2016年3月26日開業決定、朝ラッシュ時にダイヤ増発

Comment(1)

2016年
04月24日

花屋と美容室の複合プライベートサロン「Journeyman」:5月1日まで母の日フラワー予約を受付中

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉駅北口の南武沿線道路沿いに、花屋と美容室の複合プライベートサロン「Journeyman」がオープンしました。

手前に花屋、奥に美容室という構成で、花屋では定期的にワークショップも開催しています。

■「Journeyman」ウェブサイト
http://www.salon-jm.net/

■南武沿線道路沿いの「Journeyman」
南武沿線道路沿いの「Journeyman」

■美容室の看板
美容室の看板

「Journeyman」がオープンしたのは、南武沿線道路と上丸子跨線橋の交点付近です。
見た目はご覧の通り花屋なのですが、美容師の看板も出ています。

■手前の花屋スペース
手前の花屋スペース

手前の花屋スペース

■サボテン
サボテン

まずお店の手前にあるのが、花屋スペースです。
切り花のほか、多肉植物も取り扱っています。

営業時間が22時までと、武蔵小杉周辺の花屋のなかではかなり遅くまでやっているのも特徴です。

■「Journeyman」2016母の日予約専用サイト
https://journeyman.theshop.jp/

そういえば、そろそろ「母の日」が近づいてきまして、同店では母の日専用予約サイト(5月1日まで)がオープンしていました。
当日は混みあったりもしますから、予約しておくと安心ですね。

■フラワーワークショップ
フラワーワークショップ

■ワークショップで作られたリース
ワークショップで作られたリース

「Journeyman」では、毎週金曜日の20時~22時にワークショップを開催しています。
写真はリース作りをしたものです。

■「Journeyman」ワークショップ Flower Friday
http://www.salon-jm.net/flower-friday/

■奥の美容室
奥の美容室

そして花屋の奥にあるのが、美容室です。
こちらもこじんまりとしていまして、スタイリストの方がおひとりで運営されているプライベートサロンになっています。

■背後の壁面への投影
背後壁面への映像投影

このサロンの特徴のひとつが、背後の壁面への映像投影です。

お子さん向けに映像を流すサロンはよくありますが、ご覧の通りここでは映像を反転させて投影しています。

このままでは当然字幕などが読めません、が…

■ミラー越しの映像鑑賞
ミラー越しの映像鑑賞 

シートからミラーを通してみると、反転した映像が元に戻って普通に鑑賞できるようになります。これはなかなか便利ですね。

■壁面投影とミラーの位置関係
壁面投影とミラーの位置関係 

あらためてサロン全体を見渡すと、このような位置関係になります。

シートからは少し上方向に映像が映る形になりますので、自分の顔にはかぶらないようになっているわけです。

ここはプライベートサロンですし、このように映像も見られますから美容室で退屈しがちな小さいお子さんにもおすすめではないかと思います。

■「Journeyman」のマップ
「Journeyman」のマップ

「Journeyman」は、南武線の下をくぐる人道地下通路から近く、武蔵小杉再開発地区からも意外と近い場所にあります。

花屋と美容室の複合店舗は珍しく、またそれぞれに特徴があるコンセプトがありましたので、本エントリでご紹介しました。

■「Journeyman」の店舗情報
▼所在地:中原区新丸子東2-926 ユタカビル1F
▼営業時間:
花屋10:00~22:00(日曜日10:00~20:00)
美容室10:00~20:00
▼定休日:不定休

 【関連リンク】
Journeyman ウェブサイト
Journeyman facebookページ

Comment(0)

2016年
04月23日

武蔵小杉に、実は存在する名画座。「川崎市市民ミュージアム」映像ホールがリニューアルしデジタルシネマを上映中

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉には、実は以前から映画館があります。
等々力緑地の「川崎市市民ミュージアム」にある、映像ホールです。

この映像ホールがこのたびリニューアルされ、デジタルシネマ機材の導入や音響設備の入れ替え等により、より高品質な映像と音響を楽しめるようになりました。

■川崎市市民ミュージアム
川崎市市民ミュージアム

川崎市市民ミュージアムは、「都市と人間」というテーマを掲げて1988年11月に開館した、博物館と美術館が融合した複合文化施設です。

本サイトでも2015/12/5エントリ「江口寿史展 KING OF POP」をご紹介したように、漫画作品等サブカルチャーの収集や展示にも力を入れ、2005年には「手塚治虫文化賞特別賞」が授与されるなど特徴ある活動を行っています。

■川崎市市民ミュージアムの映像ホール入口
川崎市市民ミュージアムの映像ホール入口
※以下、川崎市市民ミュージアム提供

川崎市市民ミュージアムの特徴のひとつが、この映像ホールです。
専門家が選定するプログラムが年間を通じて組まれ、「ミニシアター」としての役割を担っています。

■映像ホール内部
映像ホール内部

そしてこの映像ホールの設備が、今回リニューアルされました。
リニューアルされたのは映像・音響関係の設備で、4K対応のデジタルシネマプロジェクター、シネマサーバー、7.1chサラウンドシステムが導入されました。

スクリーンの新調により、デジタル映像だけでなく従来のフィルム上映作品もより高品質な映像で鑑賞できるようになりました。

■映像ホールの客席
映像ホールの客席

映像ホールの客席 

映像ホールの客席は、270名のキャパシティがあります。
市民ミュージアムの中に、こんな映像ホールがあったとは私自身、想像していませんでした。

客席にはきちんと段差もついていますし、民間のミニシアターと比べて決して遜色はないでしょう。

■川崎市市民ミュージアム 映像ホール上映スケジュール
http://www.kawasaki-museum.jp/cinema/

■直近の上映スケジュール
4月24日(日) ■11:00~■
<パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト(PG12※)>
●監督:バーナード・ローズ/2013年/カラー/DCP/122分
●ショパン、リスト、シューベルトが心酔した天才異端児の生涯に秘められた真実を描いたドラマ。“現代のパガニーニ”デヴィッド・ギャレットが名器ストラディヴァリウスで奏でる超本格的音楽映画。
※12歳未満の方は、保護者の助言・指導が必要です。

■14:00~■
<アルプス 天空の交響曲(シンフォニー)>

●監督:ペーター・バーデーレ/カラー/DCP/ビスタ/2013年/93分
●日本語版ナレーション:小林聡美
●ヨーロッパ7ヶ国にまたがるアルプス山脈の全貌を上空から撮影したドキュメンタリー。大自然の絶景や高地に生きる人々の姿などの大パノラマを美しいデジタルシネマでお楽しみいただけます。
4月26日(火) ■10:30~/14:00~■
<日本映画傑作選「エノケンの魔術師」>(ミニホール)

●東宝/監督:木村荘十二/出演:榎本健一/昭和9年/モノクロ(73分)
4月29日(金) ■11:00~■
<アンジェイ・ワイダと戦争「世代」>
●監督:アンジェイ・ワイダ/1954年/モノクロ/DCP/88分
●“ポーランド派”の先駆的作品と目されるワイダの長編第一作。貧民街出身の男が共産主義者の抵抗運動に参加している女に恋をするという単純な物語だが、矛盾した性格をもち苦悩を抱えた悲劇的キャラクターの登場、ネオレアリズモ風の撮影、『灰とダイヤモンド』のツィブルスキの出演等ワイダ作品の特徴が垣間見られる一本である。

■14:00~■
<アンジェイ・ワイダと戦争「地下水道」>
●監督:アンジェイ・ワイダ/1956年/モノクロ/DCP/97分
●ワルシャワ蜂起に参加したイエジ・ステファン・スタヴィンスキ脚本によるワイダの傑作。対独レジスタンスが地下の下水道で繰り広げる死闘をドキュメンタリー風に演出した本作、光と影を巧みに使った撮影は後年ホラー、サスペンスジャンルの作品に多大な影響を与えている。カンヌ映画祭審査員特別賞。
4月30日(土) ■11:00~■
<アンジェイ・ワイダと戦争「灰とダイヤモンド」>

●監督:アンジェイ・ワイダ/1958年/モノクロ/DCP/104分
●ヴェネチア映画祭で国際批評家連盟賞を受賞し監督ワイダの名を一躍世界に知らしめた歴史的作品。戦時中レジスタンス活動に従事し、戦後はテロリストとなり悲惨な最後を遂げる青年。ロマン主義的な主人公のキャラクター、寓意を多用した演出、シャープなモノクロ映像で描かれる青春の栄光と挫折は今見ても切ない。

■14:00~■
<アンジェイ・ワイダと戦争「サムソン」>
●監督:アンジェイ・ワイダ/1961年/モノクロ/DCP/118分
●1939 年~43 年のワルシャワを舞台に、ユダヤ人居住区の墓堀人の手で助けられたユダヤ人の運命を描いた本作。旧約聖書の英雄サムソンになぞらえた主人公の過酷な体験は、戦時下における不条理な日々を見るものに印象づける。今回が日本での初上映。ポーランド国内でもこの映画の存在を知る人は少ないといわれる幻の作品。若き日のポランスキーも出演している。
5月1日(日) ■11:00~■
<ポーランド映画の都・ウッチ「身分証明書」>

●監督:イェジー・スコリモフス/1964年/モノクロ/DCP/76分
●ウッチ映画大学在学中に、主にウッチ市で撮影されたスコリモフスキ自作自演の長編第一作。24 歳のアンジェイは毎日を無為に過ごしていたが、ある日兵役を志願。映画は彼が兵役につくまでの16 時間を追いながら、主人公の社会に対する怒りや行き場のない焦りを表現。物語性の否定。斬新なカメラワーク等、巨匠の才気溢れる演出に痺れる1 本。

■14:00~■
<ポーランド映画の都・ウッチ「エヴァは眠りたい」>
●監督:タデウシュ・フェミレフスキ/1957年/モノクロ/DCP/99分
●幻想とリアルをバランスよく織り交ぜた不条理でダークなユーモアとルネ・クレール風の抒情性をあわせもつフミェレフスキ(1954 年ウッチ映画大学卒)の大ヒット作。本作は娯楽喜劇として作られた戦後最初の作品と言われ、全住民が警官か泥棒という奇妙な町に若い娘エヴァがやってくる 物語は、ポーランドの現実を暗示しているかのようだ。サン・セバスティアン映画祭グランプリ。
5月3日(火) ■11:00~■
<ポーランド映画の都・ウッチ「ヴァバンク」>

●監督:ユリウシュ・マフルスキ/1981年/カラー/DCP/109分
●ウッチ映画大学を卒業後、70 年代後半から活躍しているマフルスキの大ヒット作。30 年代のワルシャワで刑務所帰りの詐欺師が再び悪事を働く犯罪コメディ。米映画の名作『スティング』を想起させる出来栄えは一級品。ポーランドで知らない人 はいないとも言われる本作は、同じキャストとスタッフで続編もつくられている。また主演俳優は監督の父親である。タイトルはva banque(仏)からの借用。ギャンブラーの隠語で、「全財産を賭けること」を意味する。

■14:00~■
<ポーランド映画の都・ウッチ「約束の土地」>
●監督:アンジェイ・ワイダ/1974年/カラー/DCP/169分
●70 年代のワイダ(1953 年ウッチ映画大学卒)は文学作品を数多く映画化しているが、なかでも国内外で高い評価を得ているのが本作である。ウワデゥスワフ・レイモントの小説をもと にユダヤ、ポーランド、ドイツという異なった民族に属する若き親友3 人が工業都市ウッチで身を立てようとする物語は、青春群像劇でありながら、同時に富む大都市の肖像にもなっている。
5月4日(水) ■11:00~■
<アンジェイ・ワイダと戦争「地下水道」>

●監督:アンジェイ・ワイダ/1956年/モノクロ/DCP/97分
●ワルシャワ蜂起に参加したイエジ・ステファン・スタヴィンスキ脚本によるワイダの傑作。対独レジスタンスが地下の下水道で繰り広げる死闘をドキュメンタリー風に演出した本作、光と影を巧みに使った撮影は後年ホラー、サスペンスジャンルの作品に多大な影響を与えている。カンヌ映画祭審査員特別賞。

■14:00~■
<アンジェイ・ワイダと戦争「灰とダイヤモンド」>
●監督:アンジェイ・ワイダ/1958年/モノクロ/DCP/104分
●ヴェネチア映画祭で国際批評家連盟賞を受賞し監督ワイダの名を一躍世界に知らしめた歴史的作品。戦時中レジスタンス活動に従事し、戦後はテロリストとなり悲惨な最後を遂げる青年。ロマン主義的な主人公のキャラクター、寓意を多用した演出、シャープなモノクロ映像で描かれる青春の栄光と挫折は今見ても切ない。
5月5日(木) ■11:00~■
<アンジェイ・ワイダと戦争「サムソン」>

●監督:アンジェイ・ワイダ/1961年/モノクロ/DCP/118分
●1939 年~43 年のワルシャワを舞台に、ユダヤ人居住区の墓堀人の手で助けられたユダヤ人の運命を描いた本作。旧約聖書の英雄サムソンになぞらえた主人公の過酷な体験は、戦時下における不条理な日々を見るものに印象づける。今回が日本での初上映。ポーランド国内でもこの映画の存在を知る人は少ないといわれる幻の作品。若き日のポランスキーも出演している。

■14:00~■
<アンジェイ・ワイダと戦争「世代」>
●監督:アンジェイ・ワイダ/1954年/モノクロ/DCP/88分
●“ポーランド派”の先駆的作品と目されるワイダの長編第一作。貧民街出身の男が共産主義者の抵抗運動に参加している女に恋をするという単純な物語だが、矛盾した性格をもち苦悩を抱えた悲劇的キャラクターの登場、ネオレアリズモ風の撮影、『灰とダイヤモンド』のツィブルスキの出演等ワイダ作品の特徴が垣間見られる一本である。
5月7日(土) ■11:00~■
<戦後ポーランド映画の系譜「マテウシの生活」>

●監督:ヴィトルト・レシチンスキ/1967年/モノクロ/35mm/ビスタ/82分
●ウッチ大学で撮影と監督を学び、ノルウェーでドキュメンタリー制作に携わったレシチンスキの劇映画第一作。美しい田園地帯で静かに暮らす兄妹のもとに一人の男が舞い込み、波紋が広がる。

■14:00~■
<戦後ポーランド映画の系譜「熱病」>
監督:アグニエシュカ・ホラント/1980年/カラー/35mm/118分
◆ハリウッドやヨーロッパなどで国際的に活躍するアグニエシュカ・ホラントの初期の傑作。20世紀初頭、ポーランド社会党の過激派が計画した爆弾テロの顛末を冷徹に描く。
5月8日(日) ■11:00~■
<戦後ポーランド映画の系譜「白鳥の歌」>

監督:ロベルト・グリンスキ/1988年/カラー/35mm/86分
◆ウッチ大学に学んだ俊英グリンスキの代表作。シナリオ作りに苦労する脚本家をコミカルに描く。1989年にポーランドでプロダクションの自主製作による映画が認められる以前に発表された。

■14:00~■
<戦後ポーランド映画の系譜「マテウシの生活」>
●監督:ヴィトルト・レシチンスキ/1967年/モノクロ/35mm/ビスタ/82分
●ウッチ大学で撮影と監督を学び、ノルウェーでドキュメンタリー制作に携わったレシチンスキの劇映画第一作。美しい田園地帯で静かに暮らす兄妹のもとに一人の男が舞い込み、波紋が広がる。

映像ホールの上映時間は、11時と14時の1日2回が基本パターンになっています。
鑑賞料金は、一般600円、1,000円など企画によって異なりますので、市民ミュージアムのウェブサイトをご参照ください。

また市民ミュージアムには、前掲の映像ホールのほかに「ミニホール」も併設されています。
そちらでもさまざまな作品が上映されていまして、ミニホールは基本的に無料となっています。

上記でご紹介したのは直近の一部プログラムですが、休日には毎日これだけの映画・映像が上映されているわけです。

これは「武蔵小杉にはミニシアター・名画座がある」といっても差し支えないのではないでしょうか。

シネマコンプレックスの出店が期待された「グランツリー武蔵小杉」には、残念ながら映画館が入ることはありませんでした。
ただ、シネマコンプレックスで上映されるような最新話題作は近隣で観られるわけですし、市民ミュージアムで学芸員の方が選定された映画を楽しんでみるのも良いと思います。

【関連リンク】
川崎市市民ミュージアム ウェブサイト
 ・2015/10/22エントリ 川崎市市民ミュージアムでデジカメワークショップ「水面に自分を映してセルフポートレートを撮ってみよう」が10月24日開催
2015/11/15エントリ 川崎市市民ミュージアム「あそぼう!つくろう!アートツール・キャラバンin川崎」開催レポート
2015/12/5エントリ 川崎市市民ミュージアムの年末年始2大企画展「江口寿史展KING OF POP」本日より、「2015川崎フロンターレ展」12月12日より開幕

Comment(2)

2016年
04月22日

夜の東住吉小学校で、中原消防団が消防ホースの巻き取り訓練を実施

【Reporter:はつしも】

夜の東住吉小学校において、中原消防団による消防訓練が行われていました。

■夜間の東住吉小学校における中原消防団の訓練
夜間の東住吉小学校における中原消防団の訓練 

「消防団」とは、消防組織法に基づいて各市町村に設置される消防機関です。
火災や大規模災害発生時に地域での経験を活かした消火活動・救助活動を行う、非常勤特別職の地方公務員です。

■川崎市ウェブサイト 中原消防団
http://www.city.kawasaki.jp/840/page/0000021258.html
■川崎市中原消防団 Facebookページ
https://www.facebook.com/nakaharasyouboudan

本サイトではこれまでに中原消防署の訓練の様子をご紹介しておりましたが、消防団もいざという時に備えて、平時より訓練を行っています。

■ホース巻取り訓練
ホース巻取り訓練

ホースの巻き取り訓練

このときに行われていたのは、ホースの巻き取り訓練でした。

一旦長く伸ばしたホースを、綺麗に巻き取っていきます。
タイムアタックのような訓練に見えました。

■消防ホース巻取り機
ホースの巻き取り機

また、手巻きだけでなく、訓練には消防ホース巻取り機も登場しました。

これはいくつか専門メーカーがありまして、「マキーキ」などといった商品名がつけられています(写真のものは別の商品です)。

■「住吉分団」の消防車
「住吉分団」の消防車

このとき住吉小学校の校庭に並んでいたのは、「中原消防団 住吉分団」の消防車でした。

中原消防団には、中原消防署内の本部のほか、「中原」「大戸」「住吉」「玉川」「丸子」の5つの分団があり、その傘下に班が編成されています。

各地域において、大規模公園や小学校などを活用した訓練活動が行われています。


小学校といえば平日の義務教育のほか、休日や夜間は地域のスポーツクラブ等の活動場所というイメージしか持っていませんでしたが、消防団の訓練にも活用されていることを今回初めて知りました。

夜の小学校で見かけた、昼間とはまた別の顔ということで今回ご紹介しました。

■中原消防団が踊る「恋するフォーチュンクッキー」


なお、中原消防団では団員募集を行っています。
2014年には人気アイドルグループ・AKB48の楽曲「恋するフォーチュンクッキー」を活用した団員募集を行うなど、親しみやすいPR活動に努められているようです。

団員募集につきましては、関心をお持ちの方は関連リンクもご参照ください。

【関連リンク】
川崎市ウェブサイト 中原消防団
川崎市ウェブサイト 消防団員を募集しています
消防・消防団・警察・海保・自衛隊をサポートする通販サイト シグナル 消防ホース巻取り機 マキーキ
2009/2/7エントリ 東急テクノシステム跡地の消防車
2009/8/19エントリ 水難事故に備えよう
2010/3/27エントリ 中原消防署のミニカー展示
2010/3/26エントリ THE KOSUGI TOWERの消防訓練
2010/6/15エントリ 中原消防署が住宅用火災報知機設置を呼びかけ
2011/6/29エントリ 中原消防署に双腕作業機「ASTACO」配備
2013/8/11エントリ 川崎市総合防災訓練によりパークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー・等々力緑地でヘリ救助訓練等防災イベントを実施
2013/1/2エントリ 中原消防署の消防車ペーパークラフト
2013/11/11エントリ 川崎市消防局の「太助」が、武蔵小杉駅前を歩く
2014/3/20エントリ 西街区商業施設・武蔵小杉東急スクエアの消防訓練
2014/9/13エントリ 中原消防団が踊る「恋するフォーチュンクッキー」で団員募集PR
2015/3/14エントリ 武蔵小杉の防災一大イベント「こすぎ防災フェス」「第8回階段駆け上がりレース川崎大会」開催レポート
2015/7/4エントリ 「消五郎」が見守る中原消防署の七夕飾り短冊募集と、消防風鈴・消防車カード・ペーパークラフト配布中
2015/11/16エントリ 中原消防署がNEC玉川ルネッサンスシティ・ノースタワーで37階・829段の「階段駆け上がり訓練」を実施

Comment(0)