| Admin | Write | Comment |
川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。
2015/01. 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
【Reporter:はつしも】

等々力陸上競技場のメインスタンド改修工事が、大詰めに近づいています。
2015年3月の完成に向けて、いよいよメインスタンドの姿が出来上がってきました。

■等々力陸上競技場
等々力陸上競技場

等々力陸上競技場は、川崎フロンターレのホームグラウンドです。
現在、段階的な改修が進められていまして、まずは写真手前左のメインスタンドの工事が行われています。

メインスタンドの完成後は第2期工事としてバックスタンド、サイドスタンドの改修が着手される予定です。

今回は出来上がってきたメインスタンドを見ていきましょう。

■サイドスタンド側から見たメインスタンド
サイドスタンドを見たメインスタンド

メインスタンドの姿を一番良く見ることができたのは、サイドスタンド側でした。
工事中の仮囲いが取り除かれまして、フェンス越しにメインスタンドの客席と屋根が確認できました。

ここから見る限り、内側はほぼ完成しているようです。

■メインスタンドの外側
メインスタンドの外側

一方、メインスタンドの外側はまだまだ工事中です。
前述の通り供用開始予定は2015年3月ですので、今後仕上げに入っていくものと思います。

■メインスタンドのエレベーター
メインスタンドのエレベーター

新しいメインスタンドは従来よりも傾斜がついて、6階建構造になっています。
ご覧の通り、外側にガラス張りで露出したエレベーターが設置されていました。

ピッチも俯瞰で見やすくなっているとのことですが、競技場の外側の眺めも良さそうです。
冬場には富士山もよく見えるのではないでしょうか?

また、スタジアムの屋根には木の質感を生かした部分がありまして、上質な印象もありました。

■大階段
大階段

また、地上レベルからのぼっていく大階段の姿も確認することができました。
もちろん、車椅子利用の方向けのバリアフリールートは、別途確保されています。

■川崎フロンターレ お知らせ 2015年1月19日 等々力陸上競技場「新メインスタンド」について(第6弾)
http://www.frontale.co.jp/info/2015/0119_7.html

等々力陸上競技場の新メインスタンドについては、川崎フロンターレのウェブサイトで詳細情報が告知されています。
直近では1月19日にアップデートされていますので、あわせてご参照ください。

■従来のスタンド
従来のスタンド

現在、サイドスタンド、バックスタンドは従来のままの状態です。
こちらは前述の通りメインスタンド完成後、事業評価(2016年予定)を経て第2期工事として改修される計画となっています。

最終的な完成日程はまだわかりませんが、等々力緑地全体の大規模改修とも並行して事業が進められていくものと思います。

■フロンターレロードから見える新メインスタンド
フロンターレロードから見える新メインスタンド
 
【関連リンク】
川崎フロンターレ ウェブサイト
2009/5/2エントリ 調布まで1泊2日。海と空翔けるフロンターレ応援ツアー
2009/6/11エントリ 武蔵小杉駅北口のフロンターレカラー
2009/8/1エントリ 多摩川クラシコの等々力陸上競技場から
2009/9/2エントリ フロンターレイベントで、親子サッカー
2010/10/15エントリ 等々力緑地のフロンターレ遊具
2011/1/13エントリ 新春フロンターレイベント:スーモとコラボ、おフロんたーれ、中村憲剛選手サイン会
2011/3/18エントリ 東日本大震災復興支援・川崎フロンターレによる街頭募金活動
2011/4/30エントリ サライ通り商店街「土倉文具」閉店とフロンターレ招き猫
2011/10/6エントリ フロンターレの聖地、等々力陸上競技場
2011/10/15エントリ 親子サッカードリーム教室
2011/12/13エントリ フロンターレ大島僚太選手と再開発地区を歩く「夜回り」を実施
2012/4/8エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリー各所にフロンターレの等々力アクセスガイドが設置
2012/6/18エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリーから6月23日・30日フロンターレ戦の等々力直行臨時バスを運行
2012/8/24エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリーから、等々力直行臨時バスが継続運行
2012/9/17エントリ 府中街道を走る、フロンターレラッピングバス
2012/12/6エントリ 東横線武蔵小杉駅・新丸子駅の発車ベルメロディが川崎フロンターレ応援歌に
2013/1/24エントリ JR武蔵中原駅の発車メロディがフロンターレの応援歌に
2013/1/26エントリ 武蔵小杉再開発地区でふろん太くん&ワルンタくん参加の「夜回り」を2013年2月2日(土)実施
2013/2/4エントリ 等々力陸上競技場のメインスタンド改修工事
2013/6/2エントリ フロンターレホームゲーム同時開催「第3回CC等々力 エコ暮らしこフェア」開催レポート
2013/7/22エントリ 等々力陸上競技場改修工事の仮囲いに「あなたと等々力」思い出写真を掲示中
2013/9/12エントリ 等々力緑地・フロンパークで「安全・安心フェア」が2013年9月14日(土)開催
2013/10/3エントリ 東急電鉄×フロンターレ「川崎の車窓から~東急フェスタ~」が等々力で2013年11月10日(日)開催
2014/1/22エントリ 等々力競技場改修工事現場で、65年間の等々力緑地航空写真が掲示
2014/2/3エントリ 中原区役所でふろん太君・ワルンタ君による節分豆まきを本日2月3日(月)12:15より開催
2014/2/26エントリ JR南武線武蔵小杉駅の発車メロディが本日よりフロンターレ応援歌の原曲、ザ・クロマニヨンズ「ナンバーワン野郎!」に
2014/5/15エントリ フロンターレ公式戦同時開催「第4回CC等々力エコ暮らしこフェア」が2014年5月18日(日)開催
2014/5/18エントリ フロンターレ公式戦同時開催「第4回CC等々力 エコ暮らしこフェア」開催レポート
2014/9/11エントリ フロンターレグッズショップが9月15日までイトーヨーカドー武蔵小杉店臨時出店、ふろん太君ナノブロック販売中
2014/12/3エントリ 等々力陸上競技場「この木 なんの木 とどろ木」の、改修工事連続航空写真
2014/12/11エントリ 東横線元住吉駅の発車ベルがフロンターレ応援歌「FRONTALE RABBIT」に、フロンターレ選手によるマナー向上ポスターが東急線全駅掲示へ
2015/1/20エントリ フロンターレがイトーヨーカドーで「かわさき応援バナナ」販促実施:1月22日(木)に大久保嘉人選手が武蔵小杉駅前店、大島僚太選手がグランツリー武蔵小杉店に登場

【「武蔵小杉ライフ」Facebookページ開設しました】
「武蔵小杉ライフ」Facebookページ
https://www.facebook.com/musashikosugilife
【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉の専門レストラン街「GOURMET WALK」には、いくつかの「行列ができる」人気店があります。
今回のそのうちのひとつ「回し寿司 活美登利」をご紹介したいと思います。

■「回し寿司 活美登利」武蔵小杉店
「回し寿司 活美登利」武蔵小杉店

■活美登利 ウェブサイト
http://www.katumidori.co.jp/index.html

「回し寿司 活美登利」は、世田谷・梅丘の美登利寿司がプロデュースする回転寿司店です。
これまでにも西武池袋本店、西武渋谷店、アトレ目黒、グランデュオ蒲田、横浜スカイビル、ダイエー碑文谷、ピーコック代官山と、商業施設を中心に出店をしていました。

同店のグランツリー出店については、2014/7/3エントリで第一報をお伝えしておりました。

同店は、老舗の美登利寿司グループが「良質な寿司をより気軽に」というコンセプトで展開していまして、1皿100円~500円までバリエーションがあります。

■生トロサーモン(300円)
生トロサーモン(300円)

■サーモンちゃんちゃん焼き(200円)
サーモンちゃんチャン焼き(200円)

まずは個人的嗜好で恐縮ですが、ネタとして好きなサーモンから。
「上トロサーモン」の柔らかさもよいですが、味噌で味付けした「サーモンちゃんちゃん焼き」も美味しいです。

「ちゃんちゃん焼き」とは北海道の郷土料理で、鮭などの魚と野菜を鉄板で焼いたものですね。

■炙りトロ(200円)
炙りトロ(200円)

■炙りトロサーモン(160円)
炙りトロサーモン(160円)

最近は、炙りの寿司が人気なのでしょうか。
今回来店時の「回し寿司 活」では、「あぶりトロ」「あぶりトロサーモン」「あぶりエンガワ」など、炙り系のネタが多数回っていました。

炙り特有の香ばしさがあって、これまたオススメです。

■トロ3貫盛り あぶりトロ、ネギトロ、中トロ(300円)
トロ3貫盛り あぶりトロ、ネギトロ、中トロ(300円) 

■あぶり3貫盛り あぶりサーモン、あぶりエンガワ、あぶりトロ
あぶり3貫盛り あぶりサーモン、あぶりエンガワ、あぶりトロ(300円)

食べ比べをするなら、「3貫盛り」も良かったです。
トロの食べ比べの3貫、あぶりの食べ比べ3貫がそれぞれ300円です。

ネタは先のご紹介したものとかぶっていますが、なかなか楽しめる一皿です。

■新幹線で運ばれてくるお寿司
新幹線で運ばれてくるお寿司

「回し寿司 活美登利」武蔵小杉店の店内は大きく2つのエリアに分かれています。

ひとつは手前の「回転寿司のレーンが回ってくるエリア」と、奥の「オーダーした寿司のみが出てくるエリア」です。

前者は回転ずしのレーンから取るか、タブレットでオーダーするのですが、後者は写真のような新幹線のトレイなどでお寿司が運ばれてきます。

写真のような「N700系」らしき白い新幹線のほか、「はやぶさ」らしき緑色の新幹線もあります。
このトレイの動きが新幹線らしくたいへん敏捷でしたので、特にお子さんは喜ぶのではないでしょうか。来店の際は是非見てみてください。

■「回し寿司 活美登利」の行列
「回し寿司 活」の行列

「回し寿司 活美登利」は、前述の通り「良質な寿司が気軽に食べられる」ことが売りになっています。
決して高すぎない手ごろな金額で、確かに味も良く満足度は高いものでした。

当然の帰結として、2014/7/3エントリでご紹介した「西武渋谷店」の店舗と同じように、グランツリー武蔵小杉の店舗も長い行列ができていることが多いです。

ピークの時間帯は待ち時間が長くなりますので、ちょっと早めの時間帯などにチャレンジしてみるとよいと思います。

■テイクアウトのお寿司
テイクアウトのお寿司

行列はちょっと…という方はテイクアウトもありますし、また一定以上の金額をお支払いすれば出張でお寿司を握ってもらうこともできます。

またグランツリー武蔵小杉4階のレンタルスペース「PARTY for YOU」に届けてもらうことも可能なようです。

美味しい回転寿司屋さんが地元にあると、いいですね。

【関連リンク】
回し寿司 活美登利ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ショップリスト 回し寿司活美登利
2014/7/3エントリ 「グランツリー武蔵小杉」に梅丘・美登利寿司プロデュースの人気店「回し寿司 活」が出店
2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/16エントリ グランツリー武蔵小杉「ぐらんぐりんガーデン」の冬季限定夜景とイルミネーション
2014/12/18エントリ グランツリー武蔵小杉に、ミニ映画館が登場。「クリスマスキネコ映画祭」12月20日(土)・21日(日)開催
2014/12/29エントリ グランツリー武蔵小杉「Chocott Milk Bar」の「デコソフトクリーム」 2015/1/13エントリ グランツリー武蔵小杉のお好み焼き店「神戸六甲道 ぎゅんた」
2015/1/17エントリ グランツリー武蔵小杉の「折鶴モニュメント」展示終了と、バレンタイン特設売場オープン

【「武蔵小杉ライフ」Facebookページ開設しました】
「武蔵小杉ライフ」Facebookページ
https://www.facebook.com/musashikosugilife
【Reporter:はつしも】

2014/4/30エントリにおいて、東急電鉄による絵本「ぼく、のるるん」をご紹介しました。
この絵本を持参すると、同社が運営する「電車とバスの博物館」に大人2人、子供2名が無料で入場することができます。

今回はこの「電車とバスの博物館」に行ってまいりました。

■東急電鉄 電車とバスの博物館
http://www.tokyu.co.jp/museum-2/index.html

■宮崎台駅のご案内
宮崎台駅のご案内

電車とバスの博物館は、東急田園都市線の宮崎台駅前にあります。
ホームに降りると、すぐに「当駅下車」のご案内が目に留まります。

■電車とバスの博物館の入口


■アプローチ
アプローチ

■アプローチの東急電鉄ヒストリー
アプローチの東急電鉄ヒストリー

宮崎台駅の改札を出ると、すぐに電車とバスの博物館の入口があります。
アプローチの壁面には、東急電鉄の草創期がからのヒストリーが掲示されています。

■途中には踏切も…
途中には踏切も…

アプローチを進んで館内に入る直前には、線路と踏切も登場しました。
この踏切、決まった時間に遮断機が下りたりもするようです。

■入館券の券売機
入館券の券売機

■入口の改札
入口の改札

電車とバスの博物館の館内入口は、もちろん鉄道の改札のようになっています。
券売機で入館券(大人100円・小中学生50円)を購入し、自動改札機を通ります。

今回は前述の絵本「ぼく、のるるん」を持っていますので、無料で入館ができました。

■電車とバスの博物館の館内
電車とバスの博物館の館内

改札口から館内に入ると、そこにはさまざまな展示コーナーが並んでいます。
本エントリでは「武蔵小杉目線」で、そのごく一部をご紹介していきましょう。

■渋谷駅周辺の模型
渋谷駅周辺の模型

■旧東横線渋谷駅
旧東横線渋谷駅

こちらは東急電鉄最大の拠点・渋谷駅周辺の模型です。
すでに渋谷ヒカリエは建設済みですがこれに続く再開発事業は未着工の状態で、旧東横線渋谷駅がまだ健在です。

現在はすでにこのホームは解体が進められていますね。

■昭和30~40年代ごろの高津駅
昭和30~40年代ごろの高津駅

模型から奥に進んでいくと、古い駅舎が見えてきました。
昭和30~40年代ごろの高津駅を再現したものです。

■高津駅からの定期運賃表
高津駅からの定期運賃表

切符売り場の上には、高津駅からの定期運賃表が掲示されていました。
これによると武蔵小杉駅まで通勤1か月が740円となっています。

時代が違いますので、今とはだいぶ運賃が違いますね。
また今では券売機にデジタルで金額が表示されますので、こういった定期運賃表は見かけなくなりました。

■駅名のはんこ
駅名のはんこ

駅名のはんこ

これは、昔使われていた駅名のはんこです。
「武蔵小杉」は「武蔵」だけが狭いところに縦書きになっています。

「多摩川園前」(現・多摩川駅)は5文字でも横書きですから、文字数の問題ではありません。
他のはんこも見てみると、「武蔵新田」「武蔵小山」などの「武蔵」も縦書きになっていまして、どうやら「武蔵」は縦書き、という基準が適用されているようです。

■東急89駅初乗り区間乗車券


■武蔵小杉駅の初乗り区間乗車券
武蔵小杉駅の初乗り区間乗車券

またこちらは、東急89駅の初乗り区間乗車券です。
武蔵小杉駅からの切符の路線図を見ると、まだ桜木町駅が健在で、多摩川駅が「多摩川園駅」になっていますね。

■東急線ジオラマシュミレータ
東急線ジオラマシュミレータ

■宮崎台駅
宮崎台駅

続いてこちらは、東急線のジオラマシュミレータです。
このジオラマを走る東急線を、2か所で運転できます。

操作する東急線には前面に小型カメラがついていて、モニターで臨場感ある映像を見ながら運転することができます。

このジオラマでは、残念ながら武蔵小杉駅の姿は見つけることができませんでした。

■バスエリア
バスエリア

電車とバスの博物館は、大きく分けて上階の「電車エリア」と下階の「バスエリア」に分かれています。

電車エリアから階段をおりていくと、バスエリアが広がっています。

■昔の路線バス


■かつての路面電車「玉電」の車両
かつての路面電車「玉電」の車両

バスエリアには、昔の路線バスのほか、1907~1969年に渋谷から二子玉川まで走っていた路面電車「玉電」(旧玉川線)の車両も展示されていました。

この「玉電」(旧玉川線)が廃止されたのちに「新玉川線」が開通し、現在の「田園都市線」にいたるわけですね。

実際に乗車できるこれらの展示物に、たくさんの人が集まっていました。

■お土産に、東急グッズも
お土産に、東急グッズも

■伊豆急グッズも
伊豆急グッズも

電車とバスの博物館では、「のるるん」など各種東急電鉄グッズが販売されています。
写真のように東急グループ傘下の伊豆急のグッズも、一部置いてありました。


今回ご紹介したのは展示のごく一部ですので、詳細は公式ウェブサイトもご参照ください。
全体を通してふりかえると、大人100円・小中学生50円の入館料であれば、十分楽しめるのではないかと思いました。

■絵本「ぼく、のるるん」
絵本「ぼく、のるるん」

■絵本「ぼく、のるるん」に貼れる特別シール
絵本「ぼく、のるるん」に貼れる特別シール

なお、絵本「ぼく、のるるん」を電車とバスの博物館に持っていくと大人2名+子供2名まで無料で入館できるほか、絵本に貼れるシールがもらえます。

絵本の路線図ページ(全数刷直しとなった誤植があったページ。2014/5/8エントリ参照)に、シールを貼るための空き枠が用意されています。

絵本をお持ちの方はこちらも、どうぞお忘れなく!

【関連リンク】
2014/4/30エントリ 東急電鉄が絵本「ぼく、のるるん」「のるるんかるた」などを新発売
2014/5/8エントリ 東急電鉄の絵本「ぼく、のるるん」が駅名誤植により販売中止、刷直しおよび交換対応を実施へ
2014/5/28エントリ 絵本「ぼく、のるるん」販売再開・交換開始と、武蔵小杉駅への「のるるん」殺到

【「武蔵小杉ライフ」Facebookページ開設しました】
「武蔵小杉ライフ」Facebookページ
https://www.facebook.com/musashikosugilife
【Reporter:はつしも】

中原区では、地域情報発信の取り組みとして「なかはらメディアネットワーク」を立ち上げ、民間の各種地域メディアと連携を行なっています。
現在、テレビ・ラジオ・紙媒体・インターネットの6つのメディアが加わり、中原区の情報を発信することにより地域交流の促進や中原区のイメージアップを行なうことを目的としています。

■中原区ウェブサイト なかはらメディアネットワーク
http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000048793.html

 なかはらメディアネットワーク

詳細は上記をご覧いただきたいと思いますが、現在ネットワークに加わっている6媒体は以下の通りです。

■イッツコム(CATV・地デジ11ch) 地域情報番組「なかはらスマイル」
水・金 17:45~17:54 土・日曜 10:35~10:44
http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000052525.html
■かわさきFM(ラジオ・79.1MHz)地域情報番組「Enjoy★なかはら」
金曜 11:00~11:30(再放送 21:00~21:30)
http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000052067.html
■k-press インターネット新聞「中原区ニュース」
http://nakaharanews.net/
■タウンニュース中原区版 地域新聞 金曜発行
http://www.townnews.co.jp/0204/
■タマジン 季刊誌 年4回発行
http://tamajin.org/
■ママとKidsの街歩き(SUUMO住宅展示場武蔵小杉) 季刊誌 年3回発行
http://mamatokids.com/

上記媒体のカバー範囲や知名度はそれぞれ異なりますけれども、何かしら目に留まったことはあるのではないでしょうか。

「なかはらメディアネットワーク」では、各媒体の冊子・チラシなどを配布する「なかはらメディアネットワーク情報コーナー」を中原区の各所に設置しています。

■「なかはらメディアネットワーク情報コーナー」設置場所
<公共施設>
中原区役所/中原保健福祉センター(保健所)/中原市民館/中原図書館/小杉行政サービスコーナー/とどろきアリーナ/川崎市国際交流センター
<商店街>
新城商店街振興組合会館(新城あいもーる中央)/モトスミ・ブレーメン通り商店街コミュニティーセンター/新丸子東栄会(SHIBA COFFEE内)/平間商栄会(セブンイレブン平間店内)
<その他>
東急「武蔵小杉駅」改札内/東急「元住吉駅」改札内/武蔵小杉タワープレイス(かわさきFM スタジオ前)/iTSCOM スポット武蔵小杉東急スクエア/SUUMO 住宅展示場武蔵小杉/NPO 法人小杉駅周辺エリアマネジメント事務所/グランツリー武蔵小杉(綱島街道北口側トイレ前)


公共施設は用事がないとなかなか行く機会がないかもしれませんが、鉄道駅や商業施設などにも情報コーナーが設置されています。

■「グランツリー武蔵小杉」の情報コーナー
「グランツリー武蔵小杉」の情報コーナー

「SHIBA COFFEE」の情報コーナー

グランツリー武蔵小杉では、1階の川崎市マップや地元紹介パネルなどが掲示されているコーナーが「地域密着エリア」になっています。
ここに「なかはらメディアネットワーク情報コーナー」が設置されていました。

■中原市民館の情報コーナー
中原市民館の情報コーナー

個人商店では「SHIBA COFFEE」にもありますし、東急武蔵小杉駅、元住吉駅、中原図書館などは多くの方が集まる場所かと思います。



■中原区 情報発信に関するアンケート
https://sc.city.kawasaki.jp/multiform/multiform.php?form_id=828&_ga=1.259242121.2033434851.1421908947

さて、この「なかはらメディアネットワーク」に関連して、中原区が地域情報の発信に関するアンケートを1月28日まで実施しています。
内容は「なかはらメディアネットワーク」に加わっているメディアの知名度や、情報発信に関する要望などをヒアリングするものとなっています。

その中に、

「区内の情報をより手軽に手に入れるために、どのような手段が必要か教えてください。」

という設問がありまして、回答が「ポータルサイト」「スマートフォンアプリ」「その他」の3択になっていました。
これだけアンケートで回答を限定しているということは、今後ポータルサイトやスマートフォンアプリの作成を検討しているのかもしれませんね。

アンケートは18問中17問が選択式ですぐに終わりますが、最後の18問のみが自由回答で要望を出すこともできるようになっています。

地域の情報がさまざまな確度、方法でより多くの方に届いたほうが良いのは確かですから、思うところがある方はアンケートで要望を送ってみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
中原区ウェブサイト なかはらメディアネットワーク

【「武蔵小杉ライフ」Facebookページ開設しました】
「武蔵小杉ライフ」Facebookページ
https://www.facebook.com/musashikosugilife
【Reporter:はつしも】

中原図書館の児童書コーナーの一角に、「四角いドラえもん」と、川崎市の「ドラえもん特別住民票」が展示されていました。

■中原図書館の「四角いドラえもん」と「ドラえもん特別住民票」
中原図書館の「四角いドラえもん」と「ドラえもん特別住民票」

■「四角いドラえもん」
四角いドラえもん

「四角いドラえもん」と「ドラえもん」が展示されていたのは、児童書コーナーの書架の上です。
ご覧の通り、「四角いドラえもん」が書架に座っています。

テレビ版「ドラえもん」の2011年11月25日放送分に、「四角いドラえもん」というお話がありました。
これは「ドラえもんが秘密道具によって外見も正確も四角四面になってしまう」というストーリーで、中原図書館にあるこのお人形は、それを題材にしたものではないかと思います。

ドラえもんの人形はたくさん売っていますけれども、この形状は中原図書館で初めて見ました。

■「ドラえもん特別住民票」
「ドラえもん特別住民票」

そして「四角いドラえもん」の隣に展示されているのが、川崎市の「ドラえもん特別住民票」です。

これは川崎市多摩区の「藤子・F・不二雄ミュージアム」の開館1周年を記念して2012年に作成されたもので、当時ウェブサイトからダウンロードできるようになっていました。

■川崎市 2012年8月23日市長記者会見資料 ドラえもんへの特別住民票の交付及びキャラクターすかし入り住民票等証明書の交付について
http://www.city.kawasaki.jp/160/cmsfiles/contents/0000036/36028/120823-2.pdf

この特別住民票は当時たいへん好評で、当初予定していたダウンロード期間を延長して配布されていました。
中原図書館には、建て替え前の旧館の時代から展示されていましたが、いつからか「四角いドラえもん」とセットになりまして、皆さんの目を引くようになっています。
 
■「おはなしのへや」の鯉と亀
「おはなしのへや」の鯉と亀 

■絵本コーナーの鯉
絵本コーナーの鯉
 
■多目的ルームの亀
多目的ルームの亀

中原図書館の館内には、過去エントリでご紹介したように旧館時代の「鯉と亀」のデザインが隠されていたり、細かいところにちょっと面白いものがありますね。

■「藤子・F・不二雄ミュージアム」
ライブラリー

「藤子・F・不二雄ミュージアム」は開館から3年が経過した現在も、引き続き人気を集めています。
本サイトでは2011/9/23エントリでご紹介しましたが、また訪れてみたいと思います。

【関連リンク】
(藤子・F・不二雄ミュージアム関連)
藤子・F・不二雄ミュージアム ウェブサイト
2011/1/21エントリ 中原区役所にドラえもん現る
2011/6/14エントリ 「藤子・F・不二雄ミュージアム」とローソンコラボ店舗
2011/8/6エントリ 「藤子・F・不二雄ミュージアム」の広報ラッピングバスが武蔵小杉に登場
2011/9/23エントリ 「藤子・F・不二雄ミュージアム」鑑賞レポート
2013/11/30エントリ 「藤子・F・不二雄ミュージアム」が川崎市立小学校全113校に「ドラえもん」全巻セットを寄贈

(中原図書館関連)
川崎市立図書館 ウェブサイト
2008/3/22エントリ 中原図書館講演会「岡本太郎の見た日本」レポート
2008/8/21エントリ 中原図書館の「夏休み映画会」
2009/7/23エントリ 中原図書館の食事スペースと階段席
2009/11/12エントリ 川崎フロンターレと本を読もう!
2012/4/4エントリ 東日本大震災被災3県4紙による合同プロジェクト紙面を中原図書館で配布
2012/10/12エントリ 中原図書館の鯉と亀が2012年10月17日(水)に市内の小中学校等にお引越し
2012/11/30エントリ 「さようなら中原図書館 ほんのもり」が2012年12月2日(日)開催
2013/5/13エントリ 「さよなら・ありがとう!旧中原図書館」イベントレポート
2013/4/2エントリ 新「中原図書館」開館レポート
2013/12/18エントリ 中原図書館で「ビブリオバトル入門&体験講座」が2013年12月21日(土)開催
2014/1/7エントリ 中原図書館の「ビブリオバトル入門&体験講座」開催レポート
2014/6/1エントリ 「武蔵小杉Walker最新版で地元を語る会」開催レポートと、6月の読書会開催予定
2014/6/18エントリ 著者・鎌倉幸子氏と語り合う読書会「走れ!移動図書館 本でよりそう復興支援」が2014年6月23日(月)中原図書館で開催
2014/8/8エントリ 新中原図書館に眠る、鯉と亀

【「武蔵小杉ライフ」Facebookページ開設しました】
「武蔵小杉ライフ」Facebookページ
https://www.facebook.com/musashikosugilife
【Reporter:はつしも】

川崎フロンターレが、川崎市内のイトーヨーカドー4店舗において「かわさき応援バナナ」の販促活動を行います。

武蔵小杉では2015年1月22日(木)に、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に大久保嘉人選手が、グランツリー武蔵小杉店に大島僚太選手が来店し、握手会や写真撮影会が開催されます。

■川崎フロンターレ 1/22 「かわさき応援バナナ」フロンターレ選手販促活動実施のお知らせ
http://www.frontale.co.jp/info/2015/0119_11.html

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店・グランツリー武蔵小杉店の1月22日(木)販促活動
武蔵小杉駅前店 グランツリー武蔵小杉店
参加選手 大久保嘉人選手 大島良太選手
時間 16:30~17:15 16:00~16:50
場所 1階催事スペース 1階催事スペース
参加方法 ■朝10:00から特設ブースにて「かわさき応援バナナ」を販売
■1パック購入した方、先着300名様に握手会参加整理券を配布
■3パック以上購入した方には、バナナマン姿の大久保嘉人選手サイン入りブロマイド写真をプレゼント
■朝10:00から特設ブースにて「握手・写真参加整理券」を配布
■イベント時間に同整理券を持参、大島選手との写真撮影終了後に「かわさき応援バナナ」を購入
■3パック以上購入した方には、バナナマン姿の大島僚太選手サイン入りブロマイド写真をプレゼント
注意事項 ※参加整理券をお持ちでない方は、選手との握手会に参加できませんので、ご注意ください。
※他店での購入、時間外での購入をされた方は、握手会に参加できませんので、ご注意ください。

■イトーヨーカドー武蔵小杉店の「かわさき応援バナナ」売り場
イトーヨーカドー武蔵小杉店の「かわさき応援バナナ」売り場

「かわさき応援バナナ」は、川崎中央青果株式会社がフロンターレを応援し、地域を活性化させることをコンセプトとして立ち上げたブランドです。

このブランドはイトーヨーカドーなど川崎市内の量販店で販売されており、1パック(1房)販売につき、「3円」が川崎フロンターレに寄付されます。
川崎フロンターレは、これを全額「等々力陸上競技場全面改修の費用」として川崎市へ寄付する仕組みになっています。

■川崎フロンターレ 2009年10月リリース かわさき応援バナナ 販売のお知らせ
http://www.frontale.co.jp/info/2009/1018_1.html

■かわさき応援バナナ
かわさき応援バナナ

武蔵小杉駅前店のキャンペーン

今回の販促活動では、イトーヨーカドー武蔵小杉店、グランツリー武蔵小杉店で「かわさき応援バナナ」を購入することで大久保嘉人選手・大島僚太選手との握手会・撮影会に先着で参加することができます。

この際3パック以上購入すると、「バナナマン」姿の両選手のサイン入りブロマイド写真がもらえます。
フロンターレのウェブサイトには記載がありませんが、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の現地では、サイン入りブロマイドは先着100名様限定と告知されていました。

このあたりの詳細は現地での告知が正かと思いますが、詳しくは主催者側にご確認ください。

■バナナマン姿の大久保嘉人選手(等身大パネル)
バナナマン姿の大久保嘉人選手(等身大パネル)

■「バナナ隊長」大久保嘉人選手
「バナナ隊長」大久保嘉人選手

開催は22日(木)のそれぞれ夕方ですので、平日お仕事の方は参加しにくいですね。
フロンターレが好きなお子さんと、そのお母様という組み合わせが多そうです。

大久保嘉人選手・大島僚太選手ファンの方は、要チェックです。

なお、本エントリでは武蔵小杉の店舗のみを取り上げましたが、このほかイトーヨーカドー溝ノ口店には中村憲剛選手、川崎港町店には杉本健勇選手が登場します。
こちらの詳細は、川崎フロンターレのウェブサイトをご参照ください。

【関連リンク】
川崎フロンターレ ウェブサイト
2009/5/2エントリ 調布まで1泊2日。海と空翔けるフロンターレ応援ツアー
2009/6/11エントリ 武蔵小杉駅北口のフロンターレカラー
2009/8/1エントリ 多摩川クラシコの等々力陸上競技場から
2009/9/2エントリ フロンターレイベントで、親子サッカー
2010/10/15エントリ 等々力緑地のフロンターレ遊具
2011/1/13エントリ 新春フロンターレイベント:スーモとコラボ、おフロんたーれ、中村憲剛選手サイン会
2011/3/18エントリ 東日本大震災復興支援・川崎フロンターレによる街頭募金活動
2011/4/30エントリ サライ通り商店街「土倉文具」閉店とフロンターレ招き猫
2011/10/6エントリ フロンターレの聖地、等々力陸上競技場
2011/10/15エントリ 親子サッカードリーム教室
2011/12/13エントリ フロンターレ大島僚太選手と再開発地区を歩く「夜回り」を実施
2012/4/8エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリー各所にフロンターレの等々力アクセスガイドが設置
2012/6/18エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリーから6月23日・30日フロンターレ戦の等々力直行臨時バスを運行
2012/8/24エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリーから、等々力直行臨時バスが継続運行
2012/9/17エントリ 府中街道を走る、フロンターレラッピングバス
2012/12/6エントリ 東横線武蔵小杉駅・新丸子駅の発車ベルメロディが川崎フロンターレ応援歌に
2013/1/24エントリ JR武蔵中原駅の発車メロディがフロンターレの応援歌に
2013/1/26エントリ 武蔵小杉再開発地区でふろん太くん&ワルンタくん参加の「夜回り」を2013年2月2日(土)実施
2013/2/4エントリ 等々力陸上競技場のメインスタンド改修工事
2013/6/2エントリ フロンターレホームゲーム同時開催「第3回CC等々力 エコ暮らしこフェア」開催レポート
2013/7/22エントリ 等々力陸上競技場改修工事の仮囲いに「あなたと等々力」思い出写真を掲示中
2013/9/12エントリ 等々力緑地・フロンパークで「安全・安心フェア」が2013年9月14日(土)開催
2013/10/3エントリ 東急電鉄×フロンターレ「川崎の車窓から~東急フェスタ~」が等々力で2013年11月10日(日)開催
2014/1/22エントリ 等々力競技場改修工事現場で、65年間の等々力緑地航空写真が掲示
2014/2/3エントリ 中原区役所でふろん太君・ワルンタ君による節分豆まきを本日2月3日(月)12:15より開催
2014/2/26エントリ JR南武線武蔵小杉駅の発車メロディが本日よりフロンターレ応援歌の原曲、ザ・クロマニヨンズ「ナンバーワン野郎!」に
2014/5/15エントリ フロンターレ公式戦同時開催「第4回CC等々力エコ暮らしこフェア」が2014年5月18日(日)開催
2014/5/18エントリ フロンターレ公式戦同時開催「第4回CC等々力 エコ暮らしこフェア」開催レポート
2014/9/11エントリ フロンターレグッズショップが9月15日までイトーヨーカドー武蔵小杉店臨時出店、ふろん太君ナノブロック販売中
2014/12/3エントリ 等々力陸上競技場「この木 なんの木 とどろ木」の、改修工事連続航空写真
2014/12/11エントリ 東横線元住吉駅の発車ベルがフロンターレ応援歌「FRONTALE RABBIT」に、フロンターレ選手によるマナー向上ポスターが東急線全駅掲示へ

【「武蔵小杉ライフ」Facebookページ開設しました】
「武蔵小杉ライフ」Facebookページ
https://www.facebook.com/musashikosugilife
【Reporter:はつしも】

JR南武線には、尻手から浜川崎までの「支線」があります。
この「南武支線」に乗る機会がありましたので、ご紹介しておきたいと思います。

■南武支線 八丁畷駅
南武支線 八丁畷駅

南武支線 八丁畷駅

今回は京浜急行電鉄の八丁畷駅から、南武支線に乗換えを行ないました。
京急線ホームから南武支線ホームは十字型の立体交差で、ホーム同士が階段で直接つながっています。

■京急線⇒南武支線乗り換え改札機
京急線⇒南武支線乗り換え改札機

■南武支線⇒京急線乗り換え改札機
南武支線⇒京急線乗り換え改札機

京急線と南武支線のホームの間には、通常の改札口は設置されていません。
そのかわりこちらのICカード専用自動改札機が南武支線ホームに設置されていまして、ICカードをタッチするようになっています。

切符の投入口はありませんので、切符を利用の場合は降車先の駅で乗り越し精算をするかたちになります。

■南武支線所要時間案内
南武支線所要時間案内

南武支線には、尻手・八丁畷・川崎新町・浜川崎の4駅があります。
駅に設置された所要時間案内も、たいへん短いものになっています。

各駅間の所要時間は2、3分というところで、すぐに終点まで到達します。

■南武支線車両
南武支線車両

南武支線車両

さて、八丁畷駅を見物している間に、南武支線の電車がやってきました。
通常の南武線とは異なるラインカラーが入っています。

この車両はJR武蔵中原駅の「中原電車区」にも配置されていますので、早朝などに武蔵小杉駅周辺の南武線(本線)を走る姿もたまに見受けられます。

■南武支線の単線
南武支線の単線

南武線(本線)は複線ですが、南武支線は東京近郊では珍しい単線です。
先頭車両から、単線を進む風景を見ることができました。

■尻手駅での本線との乗り換え
尻手駅での本線との乗り換え

八丁畷駅からわずか2分で、尻手駅に到着しました。
ここでは対向ホームで本線(立川方面)と乗り換えができます。

■南武支線の時刻表(尻手駅)
南武支線の時刻表(尻手駅)

こちらは、南武支線の時刻表です。
平均して1時間に2本程度で、唯一朝8時台に4本が運行されています。

南武支線の沿線には、川崎新町駅近くに県立川崎高校、浜川崎駅前にはJFEスチールの広大な工場があります。
2両編成・単線でのんびりした印象ですが、通勤・通学で利用されているようです。

普段は乗る機会がないかもしれませんが、なかなか新鮮でした。南武線の新型車両「E233系」は支線には導入されず、駅の施設などもレトロな印象を受けます。
今回は行かなかった湾岸方面、川崎新町駅・浜川崎駅も一度見てみたいところです。

【関連リンク】
2007/9/28エントリ 南武線の車庫・中原電車区
2009/2/8エントリ 中原電車区の早咲き八重桜
2011/4/13エントリ 南武線快速電車が運行開始
2012/3/22エントリ 二ヶ領用水の桜のつぼみと、中原電車区の早咲きの桜
2012/5/30エントリ 中原電車区の鶴見線車両と、クモヤ145形
2013/1/24エントリ JR武蔵中原駅の発車メロディがフロンターレの応援歌に
2013/7/3エントリ JR東日本が南武線新型車両導入と各駅乗車人員を発表、武蔵小杉駅は28位に
2014/2/26エントリ JR南武線武蔵小杉駅の発車メロディが本日よりフロンターレ応援歌の原曲、ザ・クロマニヨンズ「ナンバーワン野郎!」に
2014/7/25エントリ 川崎市制90周年ヘッドマーク付の南武線が3編成運行中、デザインに「パークシティ武蔵小杉」が登場
2014/7/20エントリ JR南武線向河原駅前の踏切拡幅工事が完了し供用開始
2014/8/6エントリ JR南武線新型車両「E233系」が2014年10月導入、新型車両で叶える「あなたの夢」募集中
2014/8/16エントリ 向河原公園リニューアルで登場、「南武線車両ベンチ」
2014/10/4エントリ JR南武線新型車両「E233系」本日投入、武蔵小杉駅等で記念商品販売と「懐かしの写真展」がスタート
2014/10/23エントリ 南武線エキナカで、地産地消。「多摩川梨ジャム」使用商品を販売中
2014/10/30エントリ JR武蔵小杉駅の連絡通路で新キャラクター「多摩川梨くん」が南武線新型車両「E233系」を紹介中
2014/11/5エントリ JR南武線新型車両「E233系」乗車レポート
【Reporter:はつしも】

綱島街道・元住吉駅近くの「櫓橋」のそばで、イルミネーションが輝いています。
かなり以前からあったのですが、ふと近づいてみることにしました。

■綱島街道の「櫓橋」
綱島街道の「櫓橋」

「櫓橋」は、綱島街道が渋川を渡る橋で、元住吉駅からはオズ通り商店街をまっすぐ進んできた交差点そばにあります。

この橋は長らく綱島街道拡幅のボトルネックでしたが、2013年3月にやっと拡幅工事が完了しました。その後2014年11月のグランツリー武蔵小杉オープンのタイミングに合わせて、綱島街道の片側2車線が供用開始となっています。

■「櫓橋」のイルミネーション
「櫓橋」のイルミネーション

この渋川沿いにはソメイヨシノが植えられていまして、それがご覧の通りイルミネーションツリーになっています。
どなたが点灯させているものでしょうか。

■渋川に映るイルミネーション
渋川に映るイルミネーション

近づいてみると、イルミネーションが渋川に映って綺麗に見えました。

わざわざこのために遠征してくる必要はないと思いますが、通りかかった際には足を止めてみても良いと思います。



■近隣でオープンした「餃子の王将元住吉店」
近隣でオープンした「餃子の王将元住吉店」

■「餃子の王将元住吉店」のお持ち帰りコーナー
「餃子の王将元住吉店」のお持ち帰りコーナー

ところで、2014/10/14エントリで櫓橋近くでの出店をお伝えした「餃子の王将元住吉店」は、2014年11月26日にオープンしていました。
わずか4日前、11月22日には「グランツリー武蔵小杉」のフードコートにも「餃子の王将グランツリー武蔵小杉店」がオープンしていますので、綱島街道沿いに近接して立て続けの出店となりますね。

綱島街道沿いも変わらぬ風景と変わって行く風景が両面ありますので、また見守っていきたいと思います。

【関連リンク】
餃子の王将 店舗情報 元住吉店
餃子の王将 店舗情報 グランツリー武蔵小杉店
武蔵小杉ライフ:再開発情報:その他関連情報 綱島街道拡幅
2011/4/28エントリ 綱島街道の「櫓橋」拡幅工事
2012/5/13エントリ 綱島街道・上丸子跨線橋拡幅の完成が2018年に大幅遅延、川崎市とJRの調整難航が原因
2012/5/15エントリ 上丸子跨線橋拡幅遅延続報:新幹線への影響軽減のため大幅な工法変更、約27億円費用加算へ
2012/5/22エントリ 上丸子跨線橋拡幅遅延続報:6年間遅延に至るまでの経緯
2013/4/11エントリ 綱島街道拡幅:「櫓橋」4車線化へ工事進む
2013/5/4エントリ 綱島街道拡幅の難所、「櫓橋」が竣工
2014/10/14エントリ 元住吉・綱島街道沿いの「すき家」跡地に「餃子の王将元住吉店」がオープンへ
2013/10/28エントリ 元住吉付近の綱島街道拡幅に伴い、自転車専用レーンが設置へ
2014/11/17エントリ グランツリー武蔵小杉オープン直前、綱島街道の拡幅車線・自転車専用レーンが供用開始
【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉の「折鶴プロジェクト」によるモニュメントの展示期間が、2015年1月12日をもって終了しました。
折鶴でつくられたシンボルツリーのモニュメントが撤去され、新たにバレンタインデーのチョコレート等の特設売り場が登場しています。

■グランツリー武蔵小杉の「折鶴プロジェクト」
グランツリー武蔵小杉の「折鶴プロジェクト」

■ツリーの折鶴
ツリーの折鶴

グランツリー武蔵小杉は、セブン&アイ・ホールディングスによる新しい商業施設です。
「まったく新しいショッピングセンターを」という同社グループの意気込みにより打ち出された独自のコンセプトの中に、「地域密着」があります。

そのひとつがこの「折鶴プロジェクト」で、近隣住民の皆さんがつくった約40,000羽の折鶴をシンボルツリーにして、エントランスホール内に飾るというものでした。

■折鶴シンボルツリーの周囲で行なわれた折り紙ワークショップ
折鶴シンボルツリーの周囲で行なわれた折り紙ワークショップ

■サンタクロース折り紙
サンタクロース折り紙

■干支の羊の折り紙
干支の羊の折り紙

このシンボルツリーの周囲では、クリスマスの時期にはサンタクロース折り紙、年末には干支の羊の折り紙のワークショップも開催されました。
皆さんが折ったサンタクロースや羊の折り紙が、飾られていました。

■折鶴モニュメント 展示終了のお知らせ
http://www.grand-tree.jp/web/event/admin_posts_721.html

個人的にはこのツリーは1年くらい季節のイベントをこなしていっても良かったように思いますが、もともとオープニングの期間限定企画として予定されていました。
当初の展示予定期間よりは延長された上で、1月12日をもって展示終了となりました。

折鶴のシンボルツリーは後日丸子山王日枝神社に奉納されるほか、一部がグランツリー武蔵小杉館内で展示される予定ということです。

■シンボルツリーの跡地のバレンタインデー特設売り場
シンボルツリーの跡地のバレンタインデー特設売り場

シンボルツリー跡地のバレンタインデー特設売り場

■チョコと一緒に感謝の気持ちを贈ろう
チョコと一緒に感謝の気持ちを贈ろう

シンボルツリーがなくなった後は、早速バレンタインデー商戦の特設売り場が設置されています。

特設カウンターでは、「お手伝い券」「メッセージカード」をつけてもらうことができます。
「お手伝い券」には「1日デート券」「お手伝い券」「おそうじ券」「肩たたき券」「おつかい券」5枚綴りがありまして、…これは家族用という感じですね。


武蔵小杉が昨年の商戦と異なるのは、やはり「ららテラス武蔵小杉」「グランツリー武蔵小杉」が参戦していることですね。
既存の武蔵小杉東急スクエア「フードショースライス」「カルディ」あたりにららテラスの「ゴディバ」、そしてグランツリーも加わって、「バレンタインデーギフトを見繕うために武蔵小杉に来る」という方も例年より多くなるでしょう。

シンボルツリーなきあと、このスペースはイベントスペースのほか、こういった特設売り場等で活用されていくものと思います。

■グランツリー武蔵小杉のバレンタインディスプレイ
グランツリー武蔵小杉のバレンタインディスプレイ

【関連リンク】
2014/9/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」に日本食セレクトショップ「久世福商店」、「白洋舎」が出店 2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/16エントリ グランツリー武蔵小杉「ぐらんぐりんガーデン」の冬季限定夜景とイルミネーション
2014/12/18エントリ グランツリー武蔵小杉に、ミニ映画館が登場。「クリスマスキネコ映画祭」12月20日(土)・21日(日)開催
2014/12/29エントリ グランツリー武蔵小杉「Chocott Milk Bar」の「デコソフトクリーム」 2015/1/13エントリ グランツリー武蔵小杉のお好み焼き店「神戸六甲道 ぎゅんた」
【Reporter:はつしも】

ららテラス武蔵小杉に、ドイツの老舗シューズブランド「ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)」が2015年3月下旬に出店することがわかりました。

出店区画はわかりませんが、これにより既存店舗が閉店となる可能性があります。

■ビルケンシュトック ウェブサイト
http://www.birkenstockjpn.co.jp/

ビルケンシュトック社の起源は1774年にさかのぼり、当時の公文書にJohann Adam Birkenstockの名前が「臣下のシューマイスター」として登録されていたのが確認できます。
1900年代当初、木製・金属製のフットヘッド(中敷)が主流だった時代にコルク・ラバー製のものを開発し、1960年代にサンダル第一号を誕生させました。

同社のフットヘッドは凹凸があり、足にフィットするようつくられているのが特徴です。

現在では日本全国に店舗ネットワークを広げ、武蔵小杉からアクセスの良い場所では渋谷マークシティ、二子玉川ライズ、クイーンズイースト、横浜ベイクォーターなどに店舗があります。

■ビルケンシュトック 渋谷マークシティ店
ビルケンシュトック 渋谷マークシティ店

ビルケンシュトック 渋谷マークシティ店

ビルケンシュトックはシューズショップですので、店舗の多くは比較的小規模です。
ららテラス武蔵小杉の新店舗も、そう大きな面積を必要とすることはなさそうです。

■ビルケンシュトックを取り扱う「SHIPS Days ららテラス武蔵小杉店」
ビルケンシュトックを取り扱っていたSHIPS Days ららテラス武蔵小杉店

■「SHIPS Days ららテラス武蔵小杉店」のビルケンシュトックのサンダル
「SHIPS Days」のビルケンシュトックのサンダル

■SHIPS Days スタッフスタイリング ららテラス武蔵小杉店
http://onlineshop.shipsltd.co.jp/styling/20140927_234951.html

なお、ららテラス武蔵小杉ではすでに2階の「SHIPS Days」でビルケンシュトックのシューズやサンダルなどの取り扱いがあります。
2014年9月27日にはビルケンシュトックのフィッターを呼んでのフィッティングフェアなども開催されていました。

ひょっとして「SHIPS Days」のビルケンシュトック売り場を拡張したインショップ(店舗内店舗)という可能性も?と思ったのですが、同店に確認したところ、ビルケンシュトックの出店予定自体ご存じないようでした。

ただ、少なくともららテラスの一部が既存店舗に代わってビルケンシュトックの区画となるわけです。
どの区画になるのか、またどういった形態になるのか気になるところですね。

■武蔵小杉東急スクエアの新店舗「和惣菜 きっちんににぎ」
武蔵小杉東急スクエアの新店舗「和惣菜 きっちんににぎ」

2014年11月22日にグランツリー武蔵小杉が登場するにいたり、武蔵小杉の商業環境は大きくかわりました。
既存の武蔵小杉東急スクエアでも「知久屋」に代わって「和惣菜 きっちんににぎ」が出店するなど、一部店舗の入れ替えが行なわれています。

ららテラス武蔵小杉は2014年4月19日オープンであり、まだ1年が経過していませんが、この段階での店舗入れ替え第1号ということになります。

ラゾーナでも大規模なリニューアルを行なったように、商業施設では適時の店舗入れ替えが必要とされています。
大規模なものはまだ当分先の話なのでしょうが、今後もある程度の入れ替えは実施されていくのではないでしょうか。

【関連リンク】
(ららテラス武蔵小杉関連)
ららテラス武蔵小杉 ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅南口地区 C地区
2014/4/17エントリ 「ららテラス武蔵小杉」プレス・関係者・地元向けプレオープンレポート
2014/4/18エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の駐輪場ガイド
2014/4/20エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の「KEY'S CAFE」でいただく、トップスのケーキとパスタ
2014/4/22エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の「Afternoon Tea TEA STAND」でいただく、アップルパイ
2014/4/27エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の「バールデルソーレ」でいただく、肉+魚料理ランチ
2014/5/2エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の「神戸屋キッチン」でいただく、パン窯煮込みの牛ほほ肉のシチューセット
2014/6/26エントリ 武蔵小杉東急スクエア・ららテラス武蔵小杉が本日より合同セール開催、武蔵小杉ライフをコラボで応援
2014/7/8エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の七夕「クールアース・デー」ライトダウン
2014/12/28エントリ ららテラス武蔵小杉「三井のすまいモール」の、武蔵小杉周辺模型マップ

(武蔵小杉東急スクエア関連)
2014/11/1エントリ 「グランツリー」を迎え撃つ武蔵小杉東急スクエアが店舗入れ替え、和惣菜「きっちんににぎ」本日オープン
  • 武蔵小杉ライフFacebook版
川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイトのFacebook版です! サイト本体では紹介しきれない未公開情報なども掲載していきます。
  • Twitter
  • メインコンテンツ
  • 最新コメント
[01/25 おなじく]
[01/25 mi]
[01/25 通りすが男]
[01/25 ニキ]
[01/21 ひろ]
[01/21 フィゼス]
[01/20 りんりん]
[01/20 えび]
[01/19 急行なぎさ]
[01/19 むさこ]
  • ブログ内検索
  • アーカイブ
  • プロフィール
HN:
武蔵小杉ライフ運営委員会
性別:
非公開
自己紹介:
■ブログライターについて
タウン情報サイト「武蔵小杉ライフ」を運営しております。

はつしも:
 武蔵小杉ライフ運営委員会代表。ウェブ構築・渉外・企画を担当し、ブログでは再開発や街ネタ記事を担当。

つごもり:
 育児関係やスイーツ・パン・レストランなどグルメ関係の記事を担当。

かれじし:
 特別ライター。はつしも、つごもりとは違った切り口で街の話題をご紹介します。

たちばな:
 新メンバー。他のメンバーが苦手とする分野や、グルメ系を担当します。

■コメントについて
コメントは承認制であり、歓迎いたします。ただし、コメント内容に事実でないことを含むもの、荒らしと思われるものなど不適切と当サイトが判断するものは承認いたしませんので、あらかじめご了解ください。


■著作権について
当ウェブサイトの文章、写真の著作権は「武蔵小杉ライフ運営委員会」および提供元に帰属し、マップの著作権は株式会社昭文社に帰属します。コンテンツの一部及び全部の転載・複製・二次利用、著作権法上認められた範囲を超えた引用は著作権の侵害となりますので禁止といたします。
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © 武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ) All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie