武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2019年
04月21日

「第5回小杉てづくり市」が武蔵小杉駅前通り商店街で開催、手作り品アーティスト30組が集結し路上に賑わい

【Reporter:はつしも】

2019年4月20日、武蔵小杉駅前通り商店街において「第5回小杉てづくり市」が開催されました。

商店街の路上に手作り品の作家さんたちの出店が並び、多くの方が一点ものの作品を手に取って楽しみました。

■「第5回小杉てづくり市」
第5回小杉てづくり市

第5回小杉てづくり市

第5回小杉てづくり市

第5回小杉てづくり市 

「小杉てづくり市」は、新丸子の雑貨店「Common Life」が商店街の協力を得て2017年6月に始めた手作り品のイベントです。
同店の呼びかけにより、今回は雑貨や服飾など、30組のアーティストが集まりました。

会場は武蔵小杉駅前通り商店街のうち、主にイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店周辺の路上です。

ここは「Kosugi 3rd Avenue」(小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業)の建設工事により商店街が一時行き止まりになり、人の流れが止まってしまっています。

そんな商店街の活気を維持したいという願いもあり、武蔵小杉駅前通り商店街が開催に協力をしてきました。

■商店街に集まった手作り品
商店街に集まった手作り品

手作り品

手作り品

手作り品

手作り品

「小杉てづくり市」に並ぶのはハンドメイド作家(アーティスト)のよる作品ですので、当然すべてが一点ものです。
大量生産品とは異なる、自分の心に沿う作品を探す楽しみがあります。

勿論人によって好みの違いはあるでしょうが、お気に入りの作家さんが見つかると長い付き合いになるかもしれません。

こういった作家さんを個別に探していくのはたいへんですから、「小杉てづくり市」のようなイベントで色々見て回れるのは良いと思います。

■お子さんも楽しめるワークショップ
お子さんも楽しめるワークショップ

お子さんも楽しめるワークショップ

お子さんも楽しめるワークショップ

「小杉てづくり市」では、お子さんも楽しめるワークショップを開催しています。

よくある地域イベントのワークショップに比べるとやや参加費は高めではありますが、毎回センスが良く、小さいお子さんでもきれいな作品ができるのが特徴です。

本日もこのワークショップには、多くのお子さんたちが参加していました。

■「Common Life」定番の顔ハメパネル「小杉(元号)」バージョン
顔ハメパネル「令和」バージョン

今回も盛況だった「小杉てづくり市」は、また今後も開催が企画されています。
イベントとしてもさらに進化していきたいということですので、手作り品がお好きな方はどうぞご注目ください。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:家具・雑貨 Common Life
Common Lifeウェブサイト
2015/11/2エントリ 新丸子の雑貨店「Common Life」で、川崎フロンターレ公認のご当地グッズ「川崎ふきん」販売中
2017/1/27エントリ 「新丸子の路地裏マルシェ」1月21日開催レポート:川崎野菜に聖護院大根登場、食材量り売り「バルクフーズ」初参加
2017/6/18エントリ 武蔵小杉駅前通り商店街の「もちつき大会」、「小杉てづくり市」初開催レポート:武蔵小杉に21のハンドメイド作家が集まり大盛況に
2017/11/3エントリ 「第2回 小杉てづくり市」開催レポート:手作り品の作家38店とワークショップが盛況に、商店街の抽選会も実施

Comment(0)

2019年
04月20日

不要な洋服をアジアに届け東日本大震災復興支援。「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」が本日実施、16回目で寄贈量が初の1トン突破

【Reporter:はつしも】

本日、法政通り商店街のメンズカジュアルショップ「ナクール」において、「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」が実施されまいた。

この活動は、不要になった洋服を寄付していただき、それを古着としてアジア等海外で販売しつつ、その重量に応じて東日本大震災復興支援活動(南三陸スマイルアゲインプロジェクト)に寄付を行うというものです。

2015年7月18日の初回活動から今回で16回目を数え、過去最高の1,195.9kgの洋服が集まり初の1トン越えとなりました。

■「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」
洋服ポスト武蔵小杉 by nakool

「ナクール」は、法政通り商店街の入り口近く、分譲マンションの「ナイスグランソレイユ武蔵小杉」1階にあるメンズカジュアルショップです。

同じく法政通り商店街のレディスファッション「アラセ」から先代が独立して創業されたお店で、現在は二代目のオリハシ店長が独自の目利きでメンズアイテムを揃えるセレクトショップとして支持を集めています。

同店が2015年から取り組んでいる活動が「洋服ポスト」です。
毎回お店の前に、地域からたくさんの洋服が集まってきます。

■地域から集まってくる洋服
地域から集められる洋服

■ボランティアの皆さん
ボランティアの皆さん

この「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」は、いつも店頭の看板と、ナクールのウェブサイトやSNSで告知を行っています。

何か大々的なPRをしているわけではないのですが、実施当日になると周辺地域から切れ目なく洋服を持った方々が現れ、寄贈をしていきます。

今回で16回目となりますが、すっかり地域に定着してきたといえるのではないでしょうか。

■1トンに及んだ洋服
1トンに及んだ洋服 

■洋服ポスト武蔵小杉 by nakoolの回収実績
開設日 衣類の重量 支援金換算
2015年7月18日 192.9kg 1,350円
2015年10月24日 300.6kg 2,104円
2016年1月23日 223.0kg 1,561円
2016年4月23日 382.1kg 2,674円
2016年7月23日 344.9kg 2,408円
2016年10月22日 397.3kg 2,781円
2017年1月22日 449.9kg 3,149円
2017年4月22日 592.1kg 4,144円
2017年7月22日 709.9kg 4,969円
2017年10月28日 626.4kg 4,384円
2018年1月27日 679.8kg 4,758円
2018年4月21日 808.8kg 5,661円
2018年7月21日 559.8kg 3,918円
2018年10月27日 872.9kg 6,110円
2019年1月26日 962.2kg 6,735円
2019年4月20日 1,195.9kg ※後日報告

こちらが、「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」の実施結果です。
今回の支援金については、後日報告されます。

基本的に3か月ごと、年4回の実施で、徐々に集まる洋服の量が増えてきたことがわかります。
前述のとおり、今回は1,195.9kgで初の1トン越えとなりました。

■トラックで運ばれる洋服
トラックで運ばれる洋服

トラックで運ばれる洋服

14時に活動終了となり、トラックがやってきました。
皆さんでトラックに洋服を積み込み、すみやかに運ばれていきました。

こうして、集まった洋服が古着としてアジア各国に旅立っていくわけです。

■協力した方に10%OFF券のプレゼント
10%OFF券のプレゼント

「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」では、協力をされた方に同店の割引券をプレゼントしています。
不要になった洋服を寄贈して、この割引券で新しい洋服を購入するというサイクルですね。

■「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」の皆さん
洋服ポスト武蔵小杉 by nakoolの皆さん

これだけの洋服が集まりますと、対応するのもなかなか大変です。
本日も同店の常連さんなど、ボランティアで協力される皆さんが活動をサポートしていました。

次回は7月14日(日)10:00~14:00の実施です。
タンスに眠っている洋服がありましたら、寄贈してみるのもよいと思います。

■洋服ポストの流れ
洋服ポストの流れ 
■洋服の販売先
洋服の販売先 
 
【関連リンク】
ナクール ウェブサイト 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool 1トン越えで終了!
洋服ポストウェブサイト 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool 
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:ファッション ナクール
2012/1/4エントリ 法政通り商店街・「ナクール(nakool)」の福袋
2012/3/9エントリ 「ナクール(nakool)」のスウェーデンブランド、「Happy Socks」
2012/8/13エントリ 「nakool(ナクール)」で劇家・高山広さんの東北復興支援一人芝居ライブを開催
2013/2/20エントリ 「ナクール(nakool)」で、劇家・高山広さんの東北復興支援一人芝居ライブ「劇励」第2弾を開催
2013/4/9エントリ 高山広さんの東北復興支援一人芝居ライブ「劇励 in nakool」開催報告
2013/11/14エントリ 「ナクール」のスウェーデンブランド「HAPPY SOCKS」新作入荷
2014/1/18エントリ 武蔵小杉周辺のアート活動:「ナクール」アートパフォーマンスと、「Salt」村上ユカ原画展
2015/7/11エントリ 不要な衣類の有効活用。「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」が2015年7月18日(土)に登場
2015/7/26エントリ 「第1回洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」実施レポート
2015/10/6エントリ 「コスギフェスタ」「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」「GO!デロリアン走行プロジェクト」古着回収開催レポート/バナナリパブリックに洋服ポストが28日まで設置
2016/1/23エントリ 不要な衣類の有効活用。「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」vol.3が本日1月23日(土)10時~15時開催
2016/5/25エントリ 法政通り商店街「ナクール」・新丸子「写真道場」コラボによるスライドファッションショー「nakool style in 写真道場」
2017/1/22エントリ 法政通り商店街・本日の2大イベント:「西洋菓子フェリシア」最終営業日に長蛇の列/「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」に過去最高の400kg超の洋服が集まる
2019/3/11エントリ 東日本大震災から8年の武蔵小杉:この1年も川崎フロンターレ「Mind-1」、ナクール「洋服ポスト」など支援活動が継続

Comment(0)

2019年
04月19日

川崎フロンターレが湘南ベルマーレ戦を制し今季リーグ戦ホーム初勝利・初の2連勝、早稲田アカデミーコラボ企画も展開

【Reporter:はつしも】

本日、J1リーグ第8節「川崎フロンターレvs湘南ベルマーレ戦」が等々力陸上競技場で開催されました。
前半21分に阿部浩之選手がミドルシュートを決め、前半37分に知念慶選手が4試合連続となるゴールを決めたことで、2-0で川崎フロンターレが勝利しました。

これにより、川崎フロンターレは今季J1リーグにおいてホーム初勝利、かつ初の2連勝となりました。

また、本日は「早稲田アカデミーエキサイトマッチ」ということで、早稲田アカデミーからサポーターへ難問の出題があるなど、コラボレーション企画も展開されました。

■Jリーグtwitter 川崎Fvs湘南ハイライト動画

■等々力陸上競技場で開催された湘南ベルマーレ戦
等々力陸上競技場の湘南ベルマーレ戦

本日の2得点は、いずれもディフェンスの裏への縦パスが局面を打開しました。

1点目の縦パスは、川崎フロンターレの心臓、ボランチの大島僚太選手
得意技ともいえる、ふわりと浮く精度の高いパスが前線にいた馬渡和彰選手につながり、トラップで落としたボールを阿部浩之選手が鮮やかに決めました。

馬渡和彰選手はサイドバックですが、攻撃的なプレイが持ち味です。このときはワントップに近いようなポジショニングをとっていたことでアシストにつながりました。
 
そして2点目は、センターバックの奈良竜樹選手でした。
最近、奈良選手は縦のスルーパスに開眼しつつあるようです。最終ラインからのパスに知念慶選手が抜け出して決定機を作り、落ち着いて決めました。

後半、プレッシャーを強めた湘南ベルマーレに押し込まれる局面も増えましたが、ゴール前中央を守り抜いて2-0でクリーンシート(無得点)の勝利となりました。

■「あんたが大賞」のチョン・ソンリョン選手
「あんたが大賞」のチョン・ソンリョン選手
 
そして本日の「あんたが大賞」(マンオブザマッチ)は、ゴールキーパーのチョン・ソンリョン選手でした。

元韓国代表で、Kリーグから川崎フロンターレに加入した同選手はJ1リーグ100試合出場を達成し、本日が101試合目です。
お子さんも誕生されたばかりで、たいへんおめでたいことでした。

本日は後半押し込まれた時間帯にスーパーセーブも見せ、川崎フロンターレの勝利に貢献しました。

「あんたが大賞」は得点者など前列の選手が受賞することが多いのですが、チョン・ソンリョン選手の受賞は今回初めて見ました。

■今季初出場の脇坂泰斗選手
今季初出場の脇坂泰斗選手 
 
複数得点リードすると、余裕ができますのでトライアル的な新戦力の投入もしやすくなります。
 
本日は脇坂泰斗選手が、途中交代で今季初出場を果たしました。
 
■家長昭博選手、田中碧選手
家長昭博選手、田中碧選手 

ユース出身の20歳・田中碧選手は、ボランチでスタメンフル出場となりました。
同選手は今季出場機会を増やし、スタメンで出る試合が多くなっています。

■マッチデープログラムの表紙を飾った田中碧選手
マッチデープログラムの表紙を飾った田中碧選手

川崎フロンターレのホームゲームでは、毎回試合のガイド冊子「マッチデープログラム」が販売されています。

その表紙を、ついに田中碧選手が飾りました。

■早稲田アカデミーからサポーターへの挑戦!
早稲田アカデミーからサポーターへの挑戦

 冒頭にご紹介した通り、本日は「早稲田アカデミーエキサイトマッチ」ということで、サポーターへの挑戦状が掲載されていました。

川崎フロンターレを題材にした、よく考えないと解けないテスト問題です。
意外と大人のほうが頭が固くて難しいかもしれません。
 
■フロンパークでの「春期講習」
フロンパーク春期講習

春期講習

春期講習

春期講習 
 
春期講習

一方こちらは、試合開始前のフロンパークです。
「フロンパーク春期講習」と題して、川崎フロンターレに関する問題が出題されていました。

こちらはある程度の川崎フロンターレ知識が必要です。
6問以上正解すると、先着順でグッズがもらえました。

川崎フロンターレのホームゲームでは、サッカーの試合はもちろんですがそれ以外にも楽しい企画やグルメゾーンが用意されています。

どなたでも参加できますので、まずはフロンパークから体験してみるのも良いかもしれません。

■等々力陸上競技場のサポーターエリア「Gゾーン」
等々力陸上競技場のサポーターエリア 

【関連リンク】 
川崎フロンターレ ウェブサイト
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレ関連エントリ

(川崎フロンターレ 2019シーズン関連)
2019/1/14エントリ 川崎市「平成31年成人の日を祝うつどい」がとどろきアリーナで本日開催、1999年3月14日生まれ「ふろん太&ワルンタ」成人式も挙行
2019/1/15エントリ 川崎フロンターレが2019シーズン始動:川崎大師で必勝祈願、武蔵小杉にはバナナ隊長・MVP家長昭博選手や新年ご挨拶回りの田中碧選手らが登場
2019/2/15エントリ 川崎フロンターレの2019シーズン開幕「FUJI XEROX SUPER CUP」を控え、武蔵小杉周辺のJ1連覇祝賀メッセージ「追補版」をご紹介
2019/2/16エントリ 川崎フロンターレが「FUJI XEROX SUPER CUP」で浦和レッズに勝利しカップ戦初タイトルを獲得、「小杉らぁめん夢番地」に祝賀メッセージが登場
2019/2/20エントリ 東急武蔵小杉駅南口・耐震補強工事中の通路壁面に川崎フロンターレ応援ディスプレイが登場
2019/2/21エントリ 2/23開幕戦「多摩川クラシコ」直前!JR川崎駅北口通路「フロンターレロード」のパネルが2019シーズン仕様に更新、新戦力含め全選手を紹介
2019/2/23エントリ 川崎フロンターレホーム開幕戦「多摩川クラシコ」はFC東京とドロー、等々力陸上競技場のトラックが青色一色「フロンターレ仕様」でお披露目
2019/2/28エントリ 等々力陸上競技場に町工場グループ「チーム等々力」による川崎フロンターレ金属加工モニュメント・2018シーズン版が登場、J1連覇の戦績を記録
2019/3/1エントリ J1リーグ第2節・川崎フロンターレvs鹿島アントラーズは1-1ドロー、等々力陸上競技場には新調された選手送迎バスが登場
2019/3/10エントリ 川崎フロンターレ「アウェイ横浜F・マリノス戦」観戦レポート:2-2ドローも田中碧選手が絶妙パスでアシスト、レンタル中・三好康児選手は募金活動実施
2019/3/13エントリ 川崎フロンターレが齋藤学選手のゴールによりシドニーFCを下す、今季ACL・等々力陸上競技場で初勝利
2019/3/17エントリ 川崎フロンターレがガンバ大阪に敗れJ1リーグ4戦未勝利、フロンパークでは「フロンターレ牧場」「ふろん太&ワルンタ成人祝い」が開催
2019/4/1エントリ 川崎フロンターレが松本山雅FCに2-0で勝利、知念・阿部両選手の得点により今季J1リーグ初勝利
 ・2019/4/5エントリ J1リーグ第6節・川崎フロンターレvsセレッソ大阪戦は1-1ドロー、満開の「お花見シート」と中村憲剛選手起用の統一地方選啓発ブースを設置
2019/4/14エントリ J1リーグ第7節:川崎フロンターレがサガン鳥栖からリーグ2勝目、公式カフェ「川崎モアーズの湯」ではパブリックビューイングに歓声
2019/4/18エントリ アトレ川崎の「天才てれびくんYOU」公開生放送にふろん太君が登場、湘南ベルマーレのタオマフ着用・フラッグ配布し4/19ホームゲームをPR

 (川崎フロンターレ観戦関連エントリ)
2015/3/13エントリ 等々力陸上競技場 新メインスタンド完成。報道機関向け内覧会・完成記念式典最速レポート!
2015/3/29エントリ 等々力陸上競技場新メインスタンドの、藤 子・F・不二雄ミュージアムコラボのブロンズ像 全8体をご紹介
2015/5/27エントリ フロンターレの「遅割」半額チケットで、お得に楽しむ平日夜の等々力ホームゲーム
2015/6/16エントリ 等々力陸上競技場「ホームA」で楽しむ、フロンターレのホームゲーム/読書会「フロンターレあるあるを読もう!」6月23日開催
2017/4/13エントリ 無料チケットやサポートショップ優待など特典が一杯! 川崎フロンターレ後援会入会ガイド
2017/8/11エントリ 川崎フロンターレ試合日に楽しむ、青色メニュー。「KOSUGI CURRY」のブルードリンクと、「SHIBA COFFEE」のブルークリームソーダ
2018/3/2エントリ 川崎フロンターレ観戦の、お勧めファーストアイテム。バリエーションと用途が多彩な「タオルマフラー」

Comment(0)

2019年
04月18日

アトレ川崎の「天才てれびくんYOU」公開生放送にふろん太君が登場、湘南ベルマーレのタオマフ着用・フラッグ配布し4/19ホームゲームをPR

【Reporter:はつしも】

本日、JR川崎駅のアトレ川崎内「コモレビテラス」において、NHK Eテレ「天才てれびくんYOU」の公開生放送が行われました。

公開生放送では川崎フロンターレのマスコットキャラクター「ふろん太くん」が登場したほか、VTRで中村憲剛選手・小林悠選手出演してクイズを出題しました。

■「天才てれびくんYOU」
天才てれびくんYOU

■アトレ川崎の「コモレビテラス」
コモレビテラス 

2018年8月17日、JR川崎駅に新たな「北改札」と、「北口通路」が開業するとともに、駅ナカ商業施設「アトレ川崎」の新たなショッピングゾーンがオープンしました。

その「アトレ川崎」の一角にはオープンスペース「コモレビテラス」が設置されていまして、イベントスペースとしても活用できます。

今回はこの「コモレビテラス」が、公開生放送の会場となっていました。

■公開生放送のふろん太君
公開生放送のふろん太君

公開生放送のふろん太君

「天才てれびくんYOU」は、NHK Eテレにおいて、毎週月曜日~木曜日の18:20から放送されている子ども向けの番組です。

「てれび戦士」と呼ばれるジュニアタレントたちがさまざまなことに挑戦するのが基本構成で、データ放送により視聴者も「茶の間戦士」として番組に参加することができます。

さらに今回は入場整理券による公開生放送で、「コモレビテラス」に集まった皆さんも放送に参加するかたちになりました。

■中村憲剛選手twitter VTR出演予告
■中村憲剛選手、小林悠選手のVTR出演
中村憲剛選手、小林悠選手のVTR出演

そして今回は、川崎フロンターレの大黒柱・中村憲剛選手、キャプテンの小林悠選手がVTR出演しました。

両選手はクイズの題材として「片足リフティング」や「目隠しシュート」に挑戦していました。

■湘南ベルマーレのフラッグを配るふろん太君
湘南ベルマーレのフラッグを配るふろん太君

ベルマーレのフラッグを配るふろん太君

明日は「フライデーナイトJリーグ」ということで、J1リーグ第8節「川崎フロンターレvs湘南ベルマーレ戦」が等々力陸上競技場で開催されます。

本日はふろん太君が湘南ベルマーレのタオルマフラーを着用し、ベルマーレのフラッグを子どもたちに配っていました。

ふろん太くんは、湘南ベルマーレのマスコットキャラクター「キングベルⅠ世」とは仲良しで、いつも「おじいちゃん」と呼んで一緒に遊んでいます。
そんな友好関係のなせる業だったかもしれません。

■両チームのフラッグ
両チームのフラッグ

ボールを保持し、ショートパスをつなぐ川崎フロンターレに対し、湘南ベルマーレはとにかく走る、スピード感あるサッカーを展開してきます。

それぞれの長所をぶつけ合う両チームの対戦は、たいへん見ごたえのあるものになるでしょう。

キックオフは明日4月19日(金)19:00からです。
最近入手困難になっていたチケットも、平日開催ということもありまだ残っているようですので、金曜日夜に観戦してみるのもよいと思います。

■本日も良く働いたふろん太君
本日もよく働いたふろん太君

【関連リンク】
天才てれびくんYOU ウェブサイト

(川崎駅関連)
川崎市 川崎駅北口自由通路等整備事業
アトレ川崎 ウェブサイト
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレ関連エントリ
2011/2/13エントリ JR川崎駅のエレベーターが供用開始
2012/6/13エントリ ラゾーナ川崎プラザが大規模リニューアルを決定、2012年10月中旬より順次新店舗オープンへ
2017/3/28エントリ JR川崎駅で「南武線開業90周年イベント」階段アートと、「南武線の歴史」展示を大規模展開中
2017/7/12エントリ JR川崎駅の大規模拡張事業が進行中。「中央北改札」が6月18日開業、北口通路・北改札は2018年3月開業予定
2018/2/17エントリ JR川崎駅に北改札・北口通路・駅ナカ「アトレ」が本日開業、川崎フロンターレ優勝メモリアル・2018シーズン全選手パネルを展示「フロンターレロード」も登場
2018/8/12エントリ JR川崎駅北口通路の「フロンターレロード」の全選手パネルが更新、新戦力の宮代大聖選手も登場
2019/2/21エントリ 2/23開幕戦「多摩川クラシコ」直前!JR川崎駅北口通路「フロンターレロード」のパネルが2019シーズン仕様に更新、新戦力含め全選手を紹介

(川崎フロンターレ観戦関連エントリ)
2015/3/13エントリ 等々力陸上競技場 新メインスタンド完成。報道機関向け内覧会・完成記念式典最速レポート!
2015/3/29エントリ 等々力陸上競技場新メインスタンドの、藤 子・F・不二雄ミュージアムコラボのブロンズ像 全8体をご紹介
2015/5/27エントリ フロンターレの「遅割」半額チケットで、お得に楽しむ平日夜の等々力ホームゲーム
2015/6/16エントリ 等々力陸上競技場「ホームA」で楽しむ、フロンターレのホームゲーム/読書会「フロンターレあるあるを読もう!」6月23日開催
2017/4/13エントリ 無料チケットやサポートショップ優待など特典が一杯! 川崎フロンターレ後援会入会ガイド
2017/8/11エントリ 川崎フロンターレ試合日に楽しむ、青色メニュー。「KOSUGI CURRY」のブルードリンクと、「SHIBA COFFEE」のブルークリームソーダ
2018/3/2エントリ 川崎フロンターレ観戦の、お勧めファーストアイテム。バリエーションと用途が多彩な「タオルマフラー」

(川崎モアーズの湯関連)
2019/3/27エントリ 川崎フロンターレ公式カフェ「川崎モアーズの湯」が期間限定で本日オープン、陸前高田の食材メニュー提供しパブリックビューイングも実施へ
2019/4/14エントリ J1リーグ第7節:川崎フロンターレがサガン鳥栖からリーグ2勝目、公式カフェ「川崎モアーズの湯」ではパブリックビューイングに歓声

Comment(0)

2019年
04月17日

2018年台風24号による倒木で破断した等々力緑地の滑り台が修繕、大部分が供用開始に

【Reporter:はつしも】

2018年9月30日に首都圏に上陸した台風24号の強風により、武蔵小杉周辺各所においても被害が生じました。
そのひとつとして、等々力緑地においても倒木が遊具を直撃し、滑り台が破断していたことを2018/10/2エントリでお伝えしていたところです。

その後、遊具は立入禁止の状態が続いていましたが、先般、滑り台部分の修繕が完了していましたので、ご紹介します。

■倒木により破断した等々力緑地の滑り台
等々力緑地の倒木

すべり台部分の破断

まずこちらは、前回エントリ時点、台風通過直後の滑り台です。
滑り台斜面の中ほどを倒木が直撃し、ご覧のように破断していました。

倒木は後日撤去されたのですが、こういった滑り台の修繕はすぐにできるものではありません。
立入禁止の状態で、数か月が経過しました。

■修繕が完了した滑り台
修繕が完了した滑り台

修繕が完了した滑り台

修繕された滑り台

そしてこちらは、4月上旬に撮影したものです。
滑り台の部分の修繕が行われ、一部を除いて供用開始になっていました。

■修繕部分のパーツ
滑り台の修繕部分

この滑り台は、斜面に変化をつけるためにいくつかのパーツを組み合わせて作られています。
よく見ると、破断した部分のパーツが他よりも新しいことがわかります。

大量生産品ではなく、また通常はここまで破損することは少ないでしょうから、おそらくはパーツは受注生産したのではないでしょうか。

■一部立入禁止の表示
一部立入禁止の表示

なお、この遊具の登り口の一部には、立入禁止の黄色いテープがありました。

遊具全体を立入禁止として囲んでいたテープはなくなっていましたが、この部分はメンテナンス中のようです。

ただ、この複合型の遊具の大部分を供用開始としたとき、子どもたちの動き方として、「ここだけは乗らない」という制御が完全にきくものかどうか、少々疑問も感じます。
地面に近い場所のため相対的にハイリスクではないということかもしれませんし、詳細はよくわかりませんので、あくまでも一見しての感想です。

■宝くじでの整備
宝くじでの整備

この遊具は、宝くじの収益により整備されたものということです。
平成17年(2005年)の整備ですから、約15年前です。

子どもたちがまだまだ遊ぶわけですから、これからも適切なメンテナンスが必要ですね。



なお、2019/3/30エントリでは、同じく台風24号で倒れたグランツリー武蔵小杉前のシンボルツリー「センペルセコイア」が生存していて、新しい枝葉が伸びてきていることをお伝えしました。

■新たな枝葉が伸びてきたセンペルセコイア
新たな枝葉が伸びてきたセンペルセコイア

■センペルセコイアの枝葉
センペルセコイアの枝葉

武蔵小杉各地で被害がありましたが、壊れたものは修繕したり、伐採された木が新たに生育するなど、時間をかけて回復していくところがあります。

【関連リンク】
(台風関連)
2008/8/29エントリ 多摩川増水
2009/10/9エントリ 武蔵小杉駅北口バス停の屋根が、台風18号で 飛ばされ消失
2010/1/14エントリ 武蔵小杉駅北口バス停の屋根が修復完了
2011/9/21エントリ 台風15号が武蔵小杉を直撃、JR武蔵小杉駅の 看板が破損
2012/4/3エントリ 低気圧の発達による武蔵小杉の強風と、交通の 一部混乱
2014/10/12エントリ 台風近づく武蔵小杉の、「ニカッパ君」と 「マルエツの買い煽り」
2016/10/24エントリ 丸子橋近く、多摩川汽水域の境界「調布取水堰」探訪。アユが遡上する魚道と、歴代水位の記録
2018/9/4エントリ 台風21号の影響により首都圏の鉄道網が混乱、JR武蔵小杉駅では南武線ホームが入場制限に

(倒木・伐採関連)
2013/5/7エントリ 武蔵小杉タワープレイス前の街路樹が倒れ、南武沿線道路が一時不通に
2013/5/10エントリ 武蔵小杉タワープレイスの街路樹倒木後、川崎市が南武沿線道路の街路樹を調査
2013/5/18エントリ 武蔵小杉タワープレイス前の倒木事故を受け、川崎市が街路樹剪定作業を実施
2013/5/24エントリ 武蔵小杉タワープレイス周辺風害対策の追加植樹が完了
2013/7/18エントリ 武蔵小杉タワープレイス前の倒木事故を受け、南武沿線道路の街路樹を一部伐採
2016/7/12エントリ 渋川沿い、法政二中・高前のソメイヨシノが伐採、植樹60年を数え各所で腐朽が進む
2016/9/3エントリ パークシティ武蔵小杉のシンボルツリー「ヒマラヤスギ」が倒木リスクのために本日伐採
2018/10/1エントリ 台風24号の強風でグランツリー武蔵小杉のシンボルツリーが倒れ即日伐採、武蔵小杉各所に爪痕が残る
2018/10/2エントリ 台風24号の強風により等々力緑地「ふるさとの森」で倒木が発生、複合遊具を直撃し滑り台が破断
2018/10/26エントリ グランツリー武蔵小杉と等々力緑地に残る、台風24号の傷跡
2019/2/8エントリ 日本医科大学新丸子キャンパスのグラウンド更地化工事が開始、外周部のソメイヨシノ等を伐採
2019/3/16エントリ 二ヶ領用水の桜模様。「河津桜」「寒緋桜」の花弁と、総合自治会館近くのソメイヨシノ「桜のトンネル」伐採
2019/3/30エントリ グランツリー武蔵小杉のシンボルツリー「センペルセコイア」が倒木伐採後も生存、春を迎えて新たな枝葉が生育

Comment(0)

2019年
04月16日

二ヶ領用水の夜桜ライトアップが今年もゲリラ実施、南武沿線道路沿いで八重桜が七色に変化

【Reporter:はつしも】

二ヶ領用水や渋川では、毎年春になると、地域住民の方によるゲリラ的なライトアップが行なわれています。
今年も南武沿線道路が二ヶ領用水をまたぐ橋の付近において、八重桜がライトアップされているのを見かけましたので、ご紹介します。

■南武沿線道路の橋から見た八重桜
南武沿線道路の橋から見た八重桜

二ヶ領用水といえばソメイヨシノの印象が強いですが、南武沿線道路の南北エリアには八重桜が集中して植えられているところがあります。
2015年には南武沿線道路北側の八重桜がライトアップが行なわれていたのをご紹介したことがありましたが、今回は南側のエリアでした。

南側エリアには、八重桜と河津桜がありまして、2018年には河津桜のライトアップをご紹介しておりました。
そして今回ライトアップされていたのは、八重桜です。

まず、上記写真はライトアップ未実施の昼間に撮影したものです。

■夜の八重桜ライトアップ
夜の八重桜ライトアップ

夜の八重桜ライトアップ

夜の八重桜ライトアップ

夜の八重桜ライトアップ

そしてこちらが、ライトアップされた八重桜です。
緑、青、紫、赤と、順番に色が変わっていきます。

■八重桜ライトアップの動画(Youtube)


ライトアップは色がパッと切り替わるのではなく、徐々に移り変わっていくようになっています。
そのため写真よりも、動画で見ていただくほうがより実際のイメージを掴んでいただけるかと思います。

■照明装置
照明装置

こちらが、ライトアップの照明装置です。
これをあくまでも一時的なもので、ライトアップのタイミングや場所は毎回異なります。

■八重桜ライトアップとパークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン
八重桜ライトアップとパークシティ武蔵小杉ザ ガーデン

運がよければ、どこかでまたライトアップされているのを見かけることがあるかもしれません。

どなたがライトアップされているのかわかりませんが、1シーズンに1回程度見かけては記録に残しているところです。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園・公開空地 二ヶ領用水
2015/4/15エントリ 二ヶ領用水で、八重桜の変色ライトアップが実施
2018/3/1エントリ 二ヶ領用水・南武沿線道路南側の「河津桜」ライトアップ

Comment(0)

2019年
04月15日

等々力緑地に「花時計の会」によるデザイン花壇が完成、一昨年は「わがまち花と緑のコンクール」で「彩りデザイン賞」を受賞

【Reporter:はつしも】

今から2年前、2017/4/16エントリにおいて、等々力緑地の釣池近くの花壇を取り上げました。
また武蔵小杉に春が到来しまして、地域活動団体「花時計の会」による美しい花壇が完成しましたので、ご紹介したいと思います。

■等々力緑地「花時計の会」による花壇
等々力緑地「花時計の会」による花壇

■「花時計の会」の看板
「花時計の会」の看板

この花壇は、等々力緑地の釣池の西側(市民ミュージアム側)にあります。
等々力緑地を縦断する幹線道路沿いにありますので、車や自転車などで通行されたことのある方もいらっしゃるかと思います。

釣池と幹線道路の間の広場に大きな花壇がありまして、地域活動団体の「花時計の会」が花植えなどをされています。

■パンジーを中心とした花壇
パンジーを中心とした花壇

■チューリップのアクセント
チューリップのアクセント

今回の花壇は、パンジーを中心に構成されています。
パンジーは色のバリエーションが豊かですから、こうったデザイン花壇には非常に向いています。

またその中に赤いチューリップが効果的に配置されていました。

■きれいな曲線
きれいな曲線

そして「花時計の会」というだけあって、今回は円形を取り入れた花壇になっていました。
色とりどりのパンジーでつくられた曲線がたいへん美しいです。

■2017年4月の花壇
2017年4月の花壇

ここで2年前を振り返ってみると、2017年4月にご紹介した花壇は、今回とは違って正方形のデザインでした。
同じ花壇のスペースでも、作り方によってだいぶ印象が違いますね。

■わがまち花と緑のコンクール「団体部門:彩りデザイン賞」
わがまち花と緑のコンクール 団体部門:彩りデザイン賞

なお、2年前の花壇は「第13回わがまち花と緑のコンクール」の団体部門で、「彩りデザイン賞」を受賞したことが現地の花壇に掲示されていました。

同コンクールは川崎市主催によるもので、「ひとつの種から ひとりの手から まちに広がる緑の輪」をスローガンに、緑の活動振興を目的としてさまざまな場所でのガーデニングの成果を表彰するものです。

このような表彰を受けると、活動をされている方の励みにもなるのでしょうね。

■市民ミュージアムに向かう道の花壇
市民ミュージアムに向かう道の花壇

市民ミュージアムに向かう道の花壇

市民ミュージアムに向かう道の花壇

市民ミュージアムに向かう道の花壇

「花時計の会」の花壇から幹線道路の横断歩道を渡ると、川崎市市民ミュージアムへの道がまっすぐのびています。
この両側にも、また別の市民活動の皆さんの手による花壇が整えられていました。

春の日に等々力緑地を散歩しながら、眺めてみるとよいと思います。

■今回の撮影ポイント


【関連リンク】
(等々力緑地の花壇関連)
川崎市ウェブサイト 等々力緑地
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園・公開空地 等々力緑地
2011/6/30エントリ 等々力緑地の「健康美」と「花時計」
2011/11/7エントリ 等々力緑地の「音楽のまち・かわさき」花壇
2017/3/12エントリ 等々力緑地再編整備:府中街道沿いの正面広場のリニューアルが完了、「健康美」の像を移設しオープンスペースを拡張
2017/4/16エントリ 等々力緑地に、花を植えよう。「花時計の会」が作る花壇の、タネ団子から育てたネモフィラ
2018/4/15エントリ 等々力緑地の彩り豊かな花壇と、多摩川土手の八重桜

(中原区役所の花壇関連)
2008/3/15エントリ 中原区役所の区民デザイン花壇・解答編
2009/12/8エントリ 武蔵小杉に、花を植えよう。「花クラブ実行委員会」
2010/7/16エントリ 中原区役所の区民デザイン花壇・2010夏
2010/9/17エントリ 武蔵小杉に、花を植えよう。「花クラブ実行委員会」のポーチュラカ
2011/6/5エントリ 武蔵小杉に、花を植えよう。「花クラブ実行委員会」による梅雨時の花々と花植え体験
2011/6/20エントリ 中原区役所の花植え体験花壇と、被災者の皆様へのメッセージ
2012/7/7エントリ 中原区役所の区制40周年記念デザイン花壇
2014/5/13エントリ 武蔵小杉に、花を植えよう。「花クラブ実行委員会」のデザイン花壇
2014/8/12エントリ  中原区役所の「川崎市制90周年デザイン花壇」
2015/7/21エントリ 中原区役所の「デザイン花壇」の作成プロセス
2018/2/20エントリ 中原区役所で、「花クラブ実行委員会」が中原区人口25万人を記念するデザイン花壇を公開中2018/12/21エントリ 中原区役所で「花植えボランティア体験講座」による花壇が完成、パンジーなど色とりどりの花が咲く

(今井中学校の花壇関連)
2018/8/7エントリ 川崎市立今井中学校「今井ボランティアチーム」が地域へのメッセージを学校周囲の花壇に掲示、福島産のひまわりが生育中
2018/8/25エントリ 川崎市立今井中学校「今井ボランティアチーム」による福島産のひまわりが開花、地域に笑顔の花を届ける

(中丸子まるっこ公園の花壇関連)
2012/4/26エントリ 中丸子まるっこ公園にマリーゴールドの花壇が登場
2012/7/8エントリ 中丸子まるっこ公園の清掃活動と、花壇の拡大
2012/9/19エントリ 中丸子まるっこ公園の花壇で、水やり協力のお願い

(中丸子周辺の緑道関連)
2018/4/25エントリ 二ヶ領用水支流の暗渠巡り(1):中丸子堀跡地の「中丸子緑道」に春の散策シーズンが到来
2018/4/29エントリ 二ヶ領用水支流の暗渠巡り(2):中丸子緑道から分岐「中丸子南緑道」「北谷町緑道」の美しい花壇と南武線

Comment(0)

2019年
04月14日

J1リーグ第7節:川崎フロンターレがサガン鳥栖からリーグ2勝目、公式カフェ「川崎モアーズの湯」ではパブリックビューイングに歓声

【Reporter:はつしも】

J1リーグ第7節「サガン鳥栖vs川崎フロンターレ戦」がアウェイの駅前不動産スタジアム(佐賀県鳥栖市)で本日開催されました。

前半、ボールを保持しながらもなかなか決定機を作れない時間帯が続きましたが、後半51分、1トップでスタメン出場した知念慶選手が球際で競り勝ったところから落ち着いてゴールを決め、1-0で勝利しました。

これにより、川崎フロンターレはJ1今季2勝目を挙げ、8位に浮上しました。

また本日はアウェイということで、川崎駅前の「川崎フロンターレ カフェ&ダイニング 川崎モアーズの湯」においてパブリックビューイングが行われ、多くのサポーターが集まりました。

■Jリーグtwitter ゴール動画 鳥栖vs川崎F

川崎フロンターレは、今季J1リーグ開幕以降、ゲーム内容は悪くないもののなかなか勝利に恵まれない状況が続いていました。

さらに本日は大黒柱の中村憲剛選手、昨シーズン連覇の原動力のひとつともなった2年目の守田英正選手に加え、AFCチャンピオンズリーグの「蔚山現代戦」で谷口彰悟選手が負傷欠場となりました。

■本日欠場した谷口彰悟選手(JR川崎駅北口通路のパネルより)
谷口彰悟選手 

谷口彰悟選手は、川崎フロンターレの副キャプテンをつとめるセンターバックです。
2014年22節の名古屋戦から155試合連続出場、また2016年セカンドステージ第15節の広島戦から77試合連続フル出場を続けてきたディフェンスリーダーです。

川崎フロンターレが連覇を果たすプロセスにおいて「いるのが当たり前」だった同選手の欠場がどのような影響を及ぼすものか、懸念する声も寄せられていたところでした。

■本日から戦列に復帰した大島僚太選手
大島僚太選手 

一方で本日の試合から負傷から復帰したのが、ボランチの大島僚太選手です。

同選手は「川崎フロンターレの心臓部」ともいわれ、Jリーグでもトップクラスとされるボールタッチのテクニック、パス成功率を誇ります。

本日の試合でもワンランク上のパス精度を見せ、中盤の安定感が目に見えて向上しました。
さらに知念慶選手の得点につながった縦パスも大島僚太選手によるもので、復帰戦で1アシストを記録したことになります。

本日のダブルボランチのスタメンは、湘南ベルマーレから昨シーズン加入の下田北斗選手が久々のチャンスをつかみました。
さらに急成長中の20歳・田中碧選手に加えてブラジル出身のカイオ セザール選手も評価を高めるなど、ボランチの競争が一層激化していくことでしょう。

J1リーグ3連覇、またカップ戦も含めた4冠獲得は、レギュラー11人の選手の力だけでは現実的に不可能です。
このようなチームの総力が問われることになります。

■公式カフェ「川崎フロンターレ カフェ&ダイニング ~川崎モアーズの湯~」
川崎フロンターレ公式カフェ「モアーズの湯」 
 
■「川崎モアーズの湯」のパブリックビューイング
モアーズの湯のパブリックビューイング

モアーズの湯のパブリックビューイング

そして本日は、川崎駅前の「川崎フロンターレ カフェ&ダイニング 川崎モアーズの湯」でパブリックビューイングが実施されました。
 
同店は川崎フロンターレがスタジアム以外でもサポーターが楽しめる場を提供するもので、2019年3月27日(水)から同6月30日(日)まで期間限定出店です。
この期間中、Jリーグの映像配信を行うDAZNの協力により川崎フロンターレ戦のパブリックビューイングなどのイベントが企画されることとなっています。

同店のオープン以降、3月31日のアウェイ「松本山雅FC戦」でパブリックビューイングが開催されていまして、今回が2回目となります。

パブリックビューイング開催にあたっては、ウェブ経由で事前の予約を受け付けていました。
写真のとおり座席は満席になりまして、多くのサポーターの皆さんが観戦されました。

また「川崎モアーズの湯」でのパブリックビューイングは開催されると思いますので、告知等は川崎フロンターレンのウェブサイトをご参照ください。

■三陸産かつおのたたき
三陸産かつおのたたき 

「川崎モアーズの湯」では、フロンターレオリジナルメニューとして、友好協定を結ぶ陸前高田市など三陸産の食材を使用したメニューが提供されています。

 同店のオープン日当日、2019/3/27エントリでご紹介をしておりますので、そちらもご参照くささいませ。

■「川崎モアーズの湯」限定の「ガチャフロ」
ガチャフロ 

■「川崎モアーズの湯」のロゴ看板
川崎モアーズの湯のロゴ看板

■「川崎モアーズの湯」が7階に入居する「川崎モアーズ」
川崎モアーズ

■「川崎フロンターレ カフェ&ダイニング モアーズの湯」の店舗情報
●所在地:川崎市川崎区駅前本町7 川崎モアーズ7F
●営業時間:11:00~23:00
●定休日:不定休(川崎モアーズに準ずる)
  
■川崎モアーズのマップ


【関連リンク】 
川崎フロンターレ ウェブサイト
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレ関連エントリ

(川崎モアーズの湯関連)
2019/3/27エントリ 川崎フロンターレ公式カフェ「川崎モアーズの湯」が期間限定で本日オープン、陸前高田の食材メニュー提供しパブリックビューイングも実施へ

(川崎フロンターレ 2019シーズン関連)
2019/1/14エントリ 川崎市「平成31年成人の日を祝うつどい」がとどろきアリーナで本日開催、1999年3月14日生まれ「ふろん太&ワルンタ」成人式も挙行
2019/1/15エントリ 川崎フロンターレが2019シーズン始動:川崎大師で必勝祈願、武蔵小杉にはバナナ隊長・MVP家長昭博選手や新年ご挨拶回りの田中碧選手らが登場
2019/2/15エントリ 川崎フロンターレの2019シーズン開幕「FUJI XEROX SUPER CUP」を控え、武蔵小杉周辺のJ1連覇祝賀メッセージ「追補版」をご紹介
2019/2/16エントリ 川崎フロンターレが「FUJI XEROX SUPER CUP」で浦和レッズに勝利しカップ戦初タイトルを獲得、「小杉らぁめん夢番地」に祝賀メッセージが登場
2019/2/20エントリ 東急武蔵小杉駅南口・耐震補強工事中の通路壁面に川崎フロンターレ応援ディスプレイが登場
2019/2/21エントリ 2/23開幕戦「多摩川クラシコ」直前!JR川崎駅北口通路「フロンターレロード」のパネルが2019シーズン仕様に更新、新戦力含め全選手を紹介
2019/2/23エントリ 川崎フロンターレホーム開幕戦「多摩川クラシコ」はFC東京とドロー、等々力陸上競技場のトラックが青色一色「フロンターレ仕様」でお披露目
2019/2/28エントリ 等々力陸上競技場に町工場グループ「チーム等々力」による川崎フロンターレ金属加工モニュメント・2018シーズン版が登場、J1連覇の戦績を記録
2019/3/1エントリ J1リーグ第2節・川崎フロンターレvs鹿島アントラーズは1-1ドロー、等々力陸上競技場には新調された選手送迎バスが登場
2019/3/10エントリ 川崎フロンターレ「アウェイ横浜F・マリノス戦」観戦レポート:2-2ドローも田中碧選手が絶妙パスでアシスト、レンタル中・三好康児選手は募金活動実施
2019/3/13エントリ 川崎フロンターレが齋藤学選手のゴールによりシドニーFCを下す、今季ACL・等々力陸上競技場で初勝利
2019/3/17エントリ 川崎フロンターレがガンバ大阪に敗れJ1リーグ4戦未勝利、フロンパークでは「フロンターレ牧場」「ふろん太&ワルンタ成人祝い」が開催
2019/4/1エントリ 川崎フロンターレが松本山雅FCに2-0で勝利、知念・阿部両選手の得点により今季J1リーグ初勝利
 ・2019/4/5エントリ J1リーグ第6節・川崎フロンターレvsセレッソ大阪戦は1-1ドロー、満開の「お花見シート」と中村憲剛選手起用の統一地方選啓発ブースを設置

Comment(0)

2019年
04月13日

「なかはらミュージカル」の第7回公演「GREIFEN」が市民の手でアミガサ事件を描き切り喝采、4月21日まで回顧写真展を開催

【Reporter:はつしも】

中原区の市民ミュージカル「なかはらミュージカル」の第7回公演「GREIFEN(グライフェン)」が、2018年3月9日(土)、10日(日)に中原市民館において上演されました。

チケットは完売となり、当日は川崎市の福田市長も来訪して観劇する中、たいへんクオリティの高い舞台が披露されました。

■「なかはらミュージカル」第7回公演「GREIFEN」
「なかはらミュージカル」第7回公演「GREIFEN」
※写真提供:なかはらミュージカル実行委員会

「なかはらミュージカル(なかミュー)」は、中原市民館の開館記念事業「NAKAHARA ACT STREET」の企画として2013年にスタートしました。
前回までは中原区の「地域課題対応事業」としての位置づけだったものが今回は行政から独立し、新たに「一般社団法人 New Act Society」の事業として生まれ変わっています。

中原区の地域人材を活用した音楽・芸術の振興、中原区の魅力発信を行うとともに、世代を超えた豊かな交流の場づくりや地域への理解を深めること、次世代を担う子どもたちを育てていくことなどを目的として活動を続けています。

今回の第7回公演は「GREIFEN(グライフェン)」と題し、「アミガサ事件」をテーマとしました。

「アミガサ事件」とは、1914年(大正3年)9月16日、大雨が降るたびに洪水に悩まされてきた橘樹郡御幸村の住民、約200名が「多摩川の築堤」を神奈川県知事に求めるべく決起した事件のことです。
この集団は目印として編み笠をかぶっていたことから、「アミガサ事件」として現代まで伝えられています。

■工場立地等による発展
工場立地等による発展で対立する村民

■工場立地に反対する住民との対立
工場立地に反対する住民との対立

当時、川崎市は相次ぐ工場立地等で経済発展期を迎えていました。
それを歓迎する人、反対する人…、大きな転換期での市民の対立が描かれました。

■度重なる洪水ですべてを失う村民
度重なる洪水ですべてを失う村民

その一方、御幸村のそばを流れる多摩川は「あばれ川」といわれ、たびたび氾濫しました。
川崎側には堤防がなく、大雨のたびに作物や家屋を失うなど、たいへん厳しい生活環境にありました。

堤防が必要なのですが、「川崎側に堤防など作ったらこちらに水が来る」という東京側からの反発もあり、なかなか前に進まない現状があったのです。

■立ち上がる村議の娘「小百合」
立ち上がる村議の娘「小百合」

■同じく女中の「環」
立ち上がる女中「環」

この時代、女性の地位は低く、社会活動参加などはむしろ白眼視されるようなところがありました。
それでも、自分たちの生活を何とかしたいという志や、過去に洪水で亡くなった家族を思って、立ち上がる女性たちがあらわれます。

御幸村会議員、秋元家の一人娘である小百合と、屋敷で働く女中の環です。
環は、5年前の関東大水害で家族を亡くし、その際に支えてくれた一人の男性との再会も願っていました。

実はこの男性こそが、神奈川県知事の有吉氏であったことがのちに判明します。

■街でのチラシ配布活動
街でのチラシ配布活動

小百合はまずは街でチラシ配りなどをして窮状を訴えます。
それでも「お嬢様の政治ごっこ」「憐れみの道具」「偽善者」などと中傷を受けるなどなかなかうまくいかない日々が続きました。

そんなある晩、嵐が村を襲い大きな被害が出たことで、村民たちの怒りが頂点へ達します。

■「アミガサ」をかぶっての行進
「アミガサ」をかぶっての行進
※写真提供:なかはらミュージカル実行委員会

舞台のクライマックスは、なんといっても編み笠をかぶっての行進です。

「グライフェン! 掴め!」
「フリーデン! 平和を!」


そう声をあげて、村民たちは神奈川県庁をめざします。

ドイツ語で「GREIFEN(グライフェン)」は「掴む」、「FRIEDEN(フリーデン)」は「平和」を意味します。
この掛け声はもちろん本作品による脚色ですが、自分たちの力で平和な暮らしを掴もうとした、我々の先人たちの思いを表現したものです。

神奈川県知事の有吉氏は、御幸村の窮状を理解してくれました。

問題はどうやって築堤をするかですが、環が両親から教わった野菜作りのコツ「作物の根に盛り土をする」から着想して、有吉知事は「道路に盛り土をして堤防がわりにするアイデアに到達します。
これによってできた堤防は、「有吉堤」と呼ばれるようになりました。

■フィナーレ
フィナーレ
※写真提供:なかはらミュージカル実行委員会

「有吉堤」をきっかけとして、各地で築堤が進んでいくことになりました。
現在の多摩川では堤防が完備し、さらに強度を上げる工事が段階的に進められているところです。

1916年に有吉堤が完成してから、すでに100年以上が経過しています。
時間の流れを超えて語り継がれる、力強い物語でした。

■現在の多摩川で進められている堤防の強靭化
見学所から見た工事現場

今回、「なかはらミュージカル」を観劇させていただいて言えるのは、ミュージカルとしての完成度が想像以上に高いということです。
出演者は市民からの公募によるオーディションですが、プロの指導によりしっかりとした舞台になっていました。

出演者募集が2018年6月29日締め切り、8月稽古開始、上演が2019年3月9日、10日ですから、約7か月をかけて仕上げてきたということになります。

出演者の皆さんは決して楽な稽古ではなかったかと思いますが、達成感はかなり大きなものがあったのではないでしょうか。
また観劇する立場としては、非常に良い舞台を見せていただいて、満足感がありました。

■「なかはらミュージカル」のグッズ販売
グッズ販売

グッズ販売

グッズ販売

なかはらミュージカルのグッズ販売

また、「なかはらミュージカル」は、オリジナルグッズが充実しているのも特徴でした。
これは観劇された方も勿論ですが、思い入れの強い出演者の方も購入されるものと思います。



なお、この「なかはらミュージカル」を振り返る写真展が、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店前のイベントスペース「Kosugi 3rd Avenue Labo」で2019年4月21日(日)まで開催されています。

■「Kosugi 3rd Avenue Labo」
イベントスペース「Kosugi 3rd Avenue Labo」

写真展
 ※写真提供:なかはらミュージカル実行委員会

写真展
 ※写真提供:なかはらミュージカル実行委員会

まずはこの写真展をご覧いただいて、雰囲気を掴んでいただくのも良いでしょう。

「なかはらミュージカル」は、来年も上演される予定です。
出演側・観劇側両面ありますが、またご紹介したいと思います。

■「アミガサ事件」後に築堤された「有吉堤」の遺構と、竣工百年の記念碑(中丸子児童公園)
「アミガサ事件」後に築堤された「有吉堤」の遺構と、竣工百年の記念碑(中丸子児童公園)

【関連リンク】
(なかはらミュージカル関連)
なかはらミュージカル ウェブサイト
一般社団法人New Act Society
なかはらミュージカル facebookページ
2013/2/16エントリ 「なかはらアクトストリート2013」「中原空襲展」開催レポート
2016/12/22エントリ 多摩川の築堤を直訴「アミガサ事件」による「有吉堤」完成から100年。八幡大神・中丸子児童公園の記念碑と遺構をめぐる
2017/6/7エントリ 東急武蔵小杉駅の情報発信スポット「こすぎアイ」で地域イベント告知を開始、「なかはらミュージカル」実行委員・ボランティアスタッフ・出演者を募集中
2018/1/26エントリ 「なかはらミュージカル」第6回公演「新・多摩川伝」が2018年3月10日(土)・11日(日)開催、人気のチケット一般販売が1月27日(土)スタート
2018/5/26エントリ 市民ミュージカル「なかはらミュージカル」がアミガサ事件をテーマに「第7回公演」を2019年3月上演、出演者募集の事前説明会を6月17日(日)に開催
2019/1/22エントリ 「なかはらミュージカル」がアミガサ事件を描く公演「GREIFEN」を3月9日(土)10日(日)上演、1月26日(土)に完売必至のチケット販売

(Kosugi3rd Avenue関連)
小杉町3丁目東地区再開発組合 Kosugi 3rd Avenue ウェブサイト
Kosugi 3rd Avenue the residence ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉町3丁目地区 東地区
2018/4/24エントリ 小杉町3丁目東地区再開発の三井不動産タワーマンション「Kosugi 3rd Avenue The Residence(コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス)」が発表、2020年8月下旬入居を予定
2018/6/15エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue(コスギサードアベニュー)」建設工事が本格化、地下部分の鉄骨が組みあがり
2018/9/10エントリ 小杉町3丁目東地区再開発のワークショップスペース「Kosugi 3rd Avenue Labo」が平日カフェ営業をスタート、元住吉の「Cafe OrangeBule」などが出店
2018/10/20エントリ 「コスギフェスタ2018」開催レポート:謎解きラリー「怪盗ギスーコの挑戦状」に子どもたちが熱中、商店街が変貌「Kosugi 3rd Avenue LIVIVG」も同時開催
2018/12/4エントリ 「メガネのオーサカ」が2019年1月31日に現店舗の営業終了・2月7日仮店舗に移転決定、再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」に2020年6月オープンへ
2019/2/11エントリ 武蔵小杉の老舗「メガネのオーサカ」が再開発により仮店舗に移転、「Kosugi 3rd Avenue」での再オープンは2020年7月予定に変更
2019/3/18エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」の建物躯体立ち上がり
2019/4/3エントリ 武蔵小杉のパンフェスタ「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」開催レポート:東横線沿線の人気パン店が集結

Comment(0)

2019年
04月12日

武蔵小杉の桜の時。2019:お花見新スポットと、今年で見納めの総合自治会館前「桜のトンネル」を巡る

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉周辺のソメイヨシノが、4月上旬に今年も満開になりました。
本エントリでは、新スポットや、逆に今年限りとなるスポットを中心にご紹介したいと思います。

■武蔵小杉タワープレイス北側のソメイヨシノ
武蔵小杉タワープレイス北側のソメイヨシノ

最初は、武蔵小杉タワープレイス北側のソメイヨシノです。
タワープレイスの隣にはツインタワー「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」が完成し、大きく風景が変わりました。

■パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデンのソメイヨシノ
パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデンのソメイヨシノ

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデンのソメイヨシノ

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデンのソメイヨシノ

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデンの周囲には、歩道状空地が提供され、新たにソメイヨシノも植樹されました。
これらはまだ若木ですので、これから大きく成長してくれることと思います。

■渋川の遊歩道整備マップ
渋川の整備マップ

続いて、新たなお花見スポットとして、渋川に整備された遊歩道もご紹介したいと思います。
今回訪れたのは、上記マップの「2015年10月整備区間」の南端と、「2018年6月整備区間」です。

■住吉小学校前に整備された渋川遊歩道のソメイヨシノ
住吉小学校前に整備された渋川遊歩道のソメイヨシノ

こちらは、住吉小学校前に整備された渋川遊歩道「2015年10月整備区間」です。
遊歩道自体は整備されてから3年以上が経過しているのですが、写真の矢倉橋寄りの一部区間だけは長期間にわたって通行止めになっていました。

それが昨年供用開始になりまして、ソメイヨシノのお花見ができるようになりました。

■綱島街道東側に整備された渋川遊歩道のソメイヨシノ
綱島街道東側に整備された渋川遊歩道のソメイヨシノ

渋川の遊歩道整備は、段階的に進められています。
綱島街道から東側の稲荷橋までの区間は、「2018年6月整備区間」として供用開始となりました。

つまりこの区間も、お花見シーズンは初お目見えということになるわけですね。

■遊歩道整備区間が途切れる「稲荷橋」
遊歩道整備区間が途切れる「稲荷橋」

■稲荷橋より先の区間
稲荷橋より先の区間

稲荷橋から先の区間は、まだ遊歩道が整備されていません。
ただ、ソメイヨシノは歩きながら楽しむことができるでしょう。

■総合自治会館前のソメイヨシノ
総合自治会館前のソメイヨシノ

総合自治会館前のソメイヨシノ

ここまで、新スポットを中心にご紹介してきましたが、今年で見納めになる風景もあります。
2019/3/16エントリでご紹介した、川崎市総合自治会館前のソメイヨシノです。

ここには二ヶ領用水を渡る橋がありまして、その上にソメイヨシノの枝が伸びることで「桜のトンネル」のようになっています。
お花見としては良いスポットなのですが、この枝が自重に耐えられず折れるリスクがあるため、6月頃をめどに枝が伐採されることとなりました。

そのため、写真の風景は今年が最後となります。

現在は枝を支える鉄柱が添えられていまして、お花見シーズンは何とか乗り切り、そののちに伐採を行います。
あくまでも枝の伐採であり、おおもとの幹ごと伐採するわけではありません。

今後もなるべく長生きしてくれると良いと思います。

■渋川のソメイヨシノ
渋川のソメイヨシノ

■渋川から見えた「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」
渋川から見えた「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」

例年お馴染みのお花見スポット、渋川のサライ通商店街付近からは、ソメイヨシノごしに「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」が見えました。
写真の枠には入っていませんが、もう少し右側には「プラウドタワー武蔵小杉」の姿も見えます。

また駅周辺のタワーマンションだけでなく、渋川沿いの建物もあちこちで更新されているところがあります。

■法政二高近くで倒木リスクのため伐採されたソメイヨシノ(2016年)


毎年変わらないように見えるソメイヨシノも、50年、60年が経過してだいぶ年老いてきました。
適切なメンテナンスにより健康寿命を延ばすことが大切ですが、安全のためにはやむなく伐採されることもあるでしょう。

また遊歩道の整備が進んだり、周辺の建物なども、タワーマンションをはじめとして少しずつ変わっていくところがあります。

そんな変化を心に留めつつ、ソメイヨシノを眺めてみました。

■二ヶ領用水のソメイヨシノ
二ヶ領用水のソメイヨシノ

【関連リンク】
(ソメイヨシノ開花・満開関連)
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園 渋川
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園 二ヶ領用水
2016/4/1エントリ 武蔵小杉の桜の時。2016:新校舎完成・男女共学化となる法政二中・高付近のソメイヨシノが満開に
2016/4/8エントリ 川崎歴史ガイド・中原街道ルート(番外編):旧中原街道「桜坂」から見えるソメイヨシノと、武蔵小杉の高層ビル群
2017/4/8エントリ 武蔵小杉の桜の時。2017:法政二中高前・工事控える日本医科大学・サポーター集まる等々力緑地などを巡る
2018/3/25エントリ 武蔵小杉の桜の時。2018:お花見新スポットと、9年の歳月を経て生育したミッドスカイタワーのソメイヨシノ
2019/3/21エントリ 武蔵小杉の春の訪れ。二ヶ領用水のソメイヨシノ2019開花宣言

(倒木・伐採関連)
2014/2/18エントリ 2月14日の大雪により、二ヶ領用水の八重桜が倒れる
2016/7/12エントリ 渋川沿い、法政二中・高前のソメイヨシノが伐採、植樹60年を数え各所で腐朽が進む
2019/2/8エントリ 日本医科大学新丸子キャンパスのグラウンド更地化工事が開始、外周部のソメイヨシノ等を伐採
2019/3/16エントリ 二ヶ領用水の桜模様。「河津桜」「寒緋桜」の花弁と、総合自治会館近くのソメイヨシノ「桜のトンネル」伐採

(渋川遊歩道整備関連)
2014/1/25エントリ 渋川の法政二中・高隣接区間における親水遊歩道整備工事
2014/8/17エントリ 渋川の法政二中・高前の親水遊歩道が供用開始
2015/2/23エントリ 渋川の親水遊歩道が住吉小学校隣接区間まで拡大、整備工事が進行中
2015/10/5エントリ 渋川の親水遊歩道新設区間が供用開始、二ヶ領用水分岐点~矢倉橋まで連続的な歩行空間が完成
2015/10/5エントリ 渋川の親水遊歩道新設区間が供用開始、二ヶ領用水分岐点~矢倉橋まで連続的な歩行空間が完成
2017/12/14エントリ 渋川の綱島街道東側一部区間の親水遊歩道が完成し供用開始、機械式のバイク駐車場も本日12月14日より運用
2018/5/5エントリ 渋川に架かる「矢倉橋」の拡幅工事が完了、住吉小学校近接の通学路に歩道空間が新設
2018/6/5エントリ 渋川・綱島街道東側の遊歩道整備区間が拡大、併設「元住吉駅周辺自転車等駐車場第4施設」とともに供用開始

Comment(0)