武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2020年
02月19日

三井不動産がららテラス武蔵小杉リニューアルを発表、嵜本ベーカリー・GU・ポンパドウル・スタバ等の本サイト既報8店舗+4店舗が順次オープン

【Reporter:はつしも】

本日、三井不動産が「ららテラス武蔵小杉」のリニューアルオープンについてのリリースを発表しました。

本サイト既報の「嵜本ベーカリー」「GU」「ポンパドウル」「スターバックス」など8店舗に、今回のリリースで新たに4店舗が加わり、12店舗がオープンします。

■ららテラス武蔵小杉のリニューアル新店舗一覧
(飲食・食物販)
階数 店舗名 開店日
1階 嵜本ベーカリー 3月6日
1階想定 スターバックスコーヒー 4月10日
1階想定 肉処かつヰ 2月27日
1階想定 ポンパドウル 4月24日
1階想定 ポムの樹 どんぶり たまご屋※新情報 4月10日

(物販・サービス)
階数 店舗名 開店日
不明 coca※新情報 3月20日
不明 GU 4月24日
2階 シューズラウンジ 2月6日
不明 ハンドメイドマルシェ※新情報 2月28日
不明 フレールドゥカリーナ 2月28日
1階 プレザンプレザン  3月6日
不明 メルカリ教室※新情報 3月2日

今回のニュースリリースによって新たに加わったのは、惣菜店「ポムの樹 どんぶり たまご屋」、レディスファッション「coca」、アクセサリー「ハンドメイドマルシェ」、サービス「メルカリ教室」の4店舗です。

こうしてみると「嵜本ベーカリー」「GU」などの目玉店舗は、ほぼすでにお伝えしておりましたので、三井不動産の正式リリースによるサプライズは特段ありませんでした。

■2月6日オープン済みの「シューズラウンジ」
2月6日オープン済みの「シューズラウンジ」 

なお、リリースでは「2月27日より順次オープン」とありますが、実際には2月6日に「シューズラウンジ」がオープンしています。

■「嵜本ベーカリー」の告知
嵜本ベーカリーの告知

■「プレザンプレザン」の告知
プレザンプレザンの告知

また、1階の柿安口福堂隣には「嵜本ベーカリー」、アフタヌーンティーリビング隣には「プレザンプレザン」のオープン告知が出ていました。

「嵜本ベーカリー」は小さいスペースでしたので、カフェはなく販売のみという気がいたします。
 
三井不動産からリリースが出たことで、今後ほかの区画にも順次告知が掲示されるものと思います。

■ららテラス武蔵小杉に出店する「GU(ジーユー)」 
GU
 
■同じく「嵜本ベーカリー」
カフェ営業の焼きたてパン 
 
■同じく「ポンパドウル」
ポンパドウル 
 
■同じく「スターバックスコーヒー」
武蔵小杉東急スクエアのスターバックス 
 
■同じく「フレールドゥカリーナ」
フレールドゥカリーナ
 
■同じく「肉処かつヰ」
 肉処かつヰ
 
■同じく「プレザンプレザン」
プレザンプレザン 

■店舗リニューアルが行われるららテラス武蔵小杉
店舗リニューアルが行われるららテラス武蔵小杉 

【関連リンク】
三井不動産ニュースリリース 「三井ショッピングパーク ららテラス 武蔵小杉」開業以来初のリニューアル 新規12店舗が、2月27日(木)より順次オープン 日々の生活に欠かせないデイリーユースの店舗がさらに充実
ららテラス武蔵小杉 オープン・リニューアル一覧
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:大型商業施設 ららテラス武蔵小杉
2019/12/6エントリ ららテラス武蔵小杉の「無印良品」が2020年1月7日閉店、「TiCTAC」が1月13日閉店決定
2019/12/27エントリ ららテラス武蔵小杉が2020年1月に無印・アフタヌーンティーなど13店舗閉店リニューアル、大阪の高級食パン専門店「嵜本」が田園調布に続き出店決定
2020/1/10エントリ ららテラス武蔵小杉の大規模リニューアル閉店に「肉処大和」など加わり16店舗に、後継で「シューズラウンジ」「プレザンプレザン」が出店へ
2020/1/16エントリ ららテラス武蔵小杉リニューアルで閉店、「肉処大和 カイゼルハム」後継で精肉店「肉処かつヰ」が出店決定
2020/1/20エントリ グランツリー武蔵小杉に「TOKYO2020オフィシャルショップ」、ららテラス武蔵小杉にレディスファッション「フレールドゥカリーナ」が2月出店決定
2020/1/27エントリ ららテラス武蔵小杉にユニクロ傘下の低価格店「GU」が出店決定

Comment(0)

2020年
02月09日

武蔵小杉再開発「Kosugi 3rd Avenue」の隣接道路整備工事が着手、南武線沿い歩道・高架下通路の一部が4月まで縮小に

【Reporter:はつしも】

現在、小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業の工事が進められています。

本事業では、再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue(コスギサードアヴェニュー)」が建設されるともに、南武線沿いの都市計画道路の整備などが行われます。

このたび、南武線沿いの都市計画道路に関連する工事が着手されることとなり、2020年2月から4月にかけて、現在の歩道および南武線下の通路の一部が縮小されることが告知されました。

■南武線沿いの道路および南武線下の通路の縮小のお知らせ
高架下階段・歩道縮小のお知らせ

上記が、現地に掲示されている「高架下階段・歩道縮小のお知らせ」です。

上部の水色の部分が現在「Kosugi 3rd Avenue」が建設されているエリアで、完成時には南武線沿いに2車線の都市計画道路が開通する予定です。

この都市計画道路は、府中街道から中原区役所前を通り、「Kosugi 3rd Avenue」前、武蔵小杉東急スクエア前を経由して武蔵小杉駅東口駅前広場までまっすぐつながります。

■都市計画道路の整備マップ
都市計画道路の整備マップ

小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業においては、これまで先行して「Kosugi 3rd Avenue」の建設工事が進められてきましたが、いよいよ都市計画道路の整備も着手される段階に至ったわけです。

■南武線沿いの現状の歩道
南武線沿いの現状の歩道

南武線沿いの現状の歩道

こちらは、現状の南武線沿いの歩道です。

前掲の案内図を参照すると、これが工事期間中は3分の1程度の幅員になってしまいそうです。

ここは「自転車が押して歩いてください」というお願いが掲示してありますが、現状は比較的余裕があるため乗車している方が多いと思います。

しかしながら狭くなると、押し歩きでないと無理な状態になるでしょう。

■南武線下の通路
南武線下の通路

南武線下の通路 

続いてこちらが、南武線下をくぐる通路です。
図面を見る限り、工事期間中、階段+スロープの部分を残して閉鎖されるようです。

スロープが残るのあれば、自転車を押しての通行は引き続きできそうです。

工事期間は2月~4月までの3か月程度とされていますが、そこで工事が完了するわけではないでしょう。

次は今回の工事エリアだけが暫定開放されて、今回工事をしなかったエリアが閉鎖されるのではないかと思います。

2020年7月の「Kosugi 3rd Avenue」オープンまで、まだ4~5か月程度は工事が続いていくものと思います。

■都市計画道路がつながるプラウドタワー武蔵小杉前
都市計画道路がつながるプラウドタワー前 

【関連リンク】
小杉町3丁目東地区再開発組合 Kosugi 3rd Avenue ウェブサイト
Kosugi 3rd Avenue the residence ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉町3丁目地区 東地区
2018/4/24エントリ 小杉町3丁目東地区再開発の三井不動産タワーマンション「Kosugi 3rd Avenue The Residence(コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス)」が発表、2020年8月下旬入居を予定
2018/6/15エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue(コスギサードアベニュー)」建設工事が本格化、地下部分の鉄骨が組みあがり
2018/9/10エントリ 小杉町3丁目東地区再開発のワークショップスペース「Kosugi 3rd Avenue Labo」が平日カフェ営業をスタート、元住吉の「Cafe OrangeBule」などが出店
2018/10/20エントリ 「コスギフェスタ2018」開催レポート:謎解きラリー「怪盗ギスーコの挑戦状」に子どもたちが熱中、商店街が変貌「Kosugi 3rd Avenue LIVIVG」も同時開催
2018/12/4エントリ 「メガネのオーサカ」が2019年1月31日に現店舗の営業終了・2月7日仮店舗に移転決定、再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」に2020年6月オープンへ
2019/2/11エントリ 武蔵小杉の老舗「メガネのオーサカ」が再開発により仮店舗に移転、「Kosugi 3rd Avenue」での再オープンは2020年7月予定に変更
2019/3/18エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」の建物躯体立ち上がり
2019/4/3エントリ 武蔵小杉のパンフェスタ「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」開催レポート:東横線沿線の人気パン店が集結
2019/9/16エントリ 小杉町3丁目東地区再開発の仮設店舗「TSUTAYA小杉店」が10月13日(日)閉店、22年の歴史に幕
2016/9/23エントリ 小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業の権利変換計画を川崎市が本日認可、商業・業務・公共施設4フロア・24区画の平面図が公示
2019/12/5エントリ 24h営業「エニタイムフィットネス」が2020年1月31日元住吉にオープン、武蔵小杉の新商業施設「Kosugi 3rd Avenue」にも出店決定

Comment(2)

2020年
02月08日

東急武蔵小杉駅南口「こすぎコアパーク」リニューアル工事のための地質調査が開始、区域内2か所が2月中閉鎖に

【Reporter:はつしも】

東急武蔵小杉駅南口駅前のこすぎコアパークでは、「公園と駅の分断解消」「飲食施設の整備」を軸としたリニューアルが予定されています。

この準備作業として、2020年2月6日(木)から29日(土)までを予定として、区域内での地質調査(ボーリング調査)が始まりました。

■地質調査が始まったこすぎコアパーク
地質調査が始まったこすぎコアパーク 

地質調査が始まったこすぎコアパーク

「こすぎコアパーク」は、武蔵小杉駅南口地区西街区第一種市街地再開発事業により2014年4月に供用開始された駅前のオープンスペースです。

行政上の位置づけは川崎市所有の公園で、運営はNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントと町内会・商店街による「こすぎコアパーク管理運営協議会」が道路公園センターに協力しています。
これにより、こすぎコアパークは「コスギフェスタ」などの地域イベントにも活用
されています。

一方、「こすぎコアパーク」はベンチ程度しかないこともあって、イベント開催時以外は駅前の好立地にありながら「ただの空き地」のようになっている点も否めません。
またコアパークと東急武蔵小杉駅南口通路の境界は植栽とフェンスで区切られ、駅の導線とは分断されていることなども不満要素となっていました。

■「こすぎコアパーク」の整備イメージ(川崎市まちづくり委員会資料より)
こすぎコアパークの整備イメージ
※クリックで拡大します。 

■取り組みの方向性
●駅前の貴重なオープンスペースとして、限られたスペースを最大限活かした日常的な賑わいと憩い、出会いと交流の空間づくり
●公園の美化の推進や安全性の向上による美しく快適な空間づくり
●公園と隣接する東急武蔵小杉駅等との一体的な空間利用による回遊性の向上
●町内会・自治会や再開発によるマンション居住者、商店街やNPO、事業者等の多様な主体が集い、つながることによる地域コミュニティの活性化

こすぎコアパークのリニューアルの方向性については、すでに半年前、2019/8/30エントリで上記の通りお伝えしておりました。

これは前述のこすぎコアパーク管理運営協議会が川崎市に魅力向上のための要望書を提出したことが契機となったもので、川崎市と東急が覚書を締結して計画が推進されています。

■地質調査のためのボーリング設備
地質調査のためのボーリング設備

ボーリング設備

しかしながら、こすぎコアパークは当初からのこのような整備を行うことが想定されていたわけではありません。
整備工事の上で何らかの支障が起こらないか、検証する必要があります。

今回の地質調査(ボーリング調査)は、こすぎコアパークの2か所で実施されます。

ボーリング調査とは、円筒状の穴を地面に穿って土のサンプリングを行い、地盤の状況や地下水位などの検証を行うものです。

今回スタートしたのはこすぎコアパークの南端(旧QBハウス裏手)ですが、今後もう1か所、武蔵小杉東急スクエア寄りの場所でも実施される計画です。

■地質調査のお知らせ
地質調査のお知らせ

2月29日までを予定とする調査期間中、騒音等が発生しますので、近隣の方向けに「地質調査のお知らせ」が配布されていました。

このお知らせは、地質調査の現地にも掲示してありました。

天候や地盤の状況等により、工事期間は延長される可能性がありますので、あらかじめご承知ください。

■地質調査が進むこすぎコアパーク
ボーリング調査が進むこすぎコアパーク

【関連リンク】
川崎市ウェブサイト まちづくり委員会資料 こすぎコアパーク及び周辺地域のさらなる魅力向上に向けた取組の推進について(PDF)
2014/4/2エントリ 武蔵小杉駅南口地区西街区の「こすぎコアパーク」(旧小杉第一公園)が供用開始
2014/8/13エントリ 「こすぎコアパーク」の街路樹2本が枯れ伐採、今秋植え替えへ
 ・2016/5/15エントリ 朝から爽快「コアパークdeラジオ体操」本日スタート、毎週日曜日朝8時から武蔵小杉駅前で体操&ごみ拾い
2018/8/26エントリ 武蔵小杉駅南口・こすぎコアパークにごみのポイ捨てが常態化、清掃活動継続とともに管理者による啓発ポスターを掲示
2019/8/30エントリ 川崎市が「こすぎコアパーク」再整備を計画、東急武蔵小杉駅通路との通行自由化し飲食施設を設置へ

Comment(1)

2020年
02月02日

元町発祥ベーカリー「ポンパドウル」、「スターバックス」新店が2020年春武蔵小杉出店決定、ららテラス神戸屋キッチン後継に

【Reporter:はつしも】

横浜・元町発祥のベーカリー「ポンパドウル」が2020年4月頃に武蔵小杉に出店することがわかりました。
駅1分の距離ということで、出店場所はリニューアル準備中の「ららテラス武蔵小杉」であることが推定されます。

またこれと同時期、2020年春に「スターバックスコーヒー」の新店舗も武蔵小杉に出店します。

■「ポンパドウル」
ポンパドウル

ポンパドウル

ポンパドウル

「ポンパドウル」は、1969年に横浜・元町で創業したベーカリーです。
本場の製法や素材にこだわったフランスパンなどが人気を博し、現在は店舗網を全国に拡大しています。

川崎市内ではウィング川崎、マルイファミリー溝口に店舗があり、武蔵小杉が3店舗目となります。

■ポンパドウルのイートイン
イートイン

イートイン

■無料Wi-Fiとコンセント
イートイン

「ポンパドウル」には、イートイン設置店舗があります。

ららテラス武蔵小杉では同様にイートイン付きベーカリーだった「神戸屋キッチン」が閉店していますので、ちょうどその後継になるような気がいたします。

仮に出店場所がららテラス武蔵小杉の当該区画でないとしても、神戸屋キッチンがなくなって困っていた方には歓迎されるのではないでしょうか。



そしてもうひとつ、「スターバックスコーヒー」も、同時期の2020年春に武蔵小杉に新店舗をオープンさせる予定です。

■武蔵小杉東急スクエアの「スターバックスコーヒー」
武蔵小杉東急スクエアのスターバックス 

■武蔵小杉STMビルの「スターバックスコーヒー」
武蔵小杉STMビルのスターバックス 

スターバックスコーヒーは、武蔵小杉東急スクエアと、北口の武蔵小杉STMビルに店舗があります。

これらの既存店がそのまま存続する場合、新店舗は「武蔵小杉3店舗目」ということになります。

さすがに3店舗は多いという印象もありますが、武蔵小杉東急スクエアの店舗等は常時混雑していますし、十分ニーズはあるということなのでしょう。

こちらも現段階で出店場所はわかりません。
「ららテラス武蔵小杉」のリニューアル店舗という可能性もあるかもしれませんね。

■ららテラス武蔵小杉の閉店店舗一覧
階数 店舗名 閉店日
1階 神戸屋キッチン 1月13日(月祝)
1階 ルートートギャラリー 1月13日(月祝)
1階 アフタヌーンティー・ティースタンド 1月13日(月祝)
1階 デイリーラシット 1月15日(水)
1階 はなまるダイニングセレクト 1月10日(金)
1階 肉処大和 カイゼルハム 1月13日(月祝)
2階 paw's lving 1月15日(水)
2階 KBF+ 1月13日(月祝)
2階 マーレマーレデイリーマーケット 1月13日(月祝)
2階 KOSMIC MARKET 1月16日(木)
3階 無印良品 1月7日(火)
3階 OJICO 1月13日(月祝)
3階 Yogibo Store 1月13日(月祝)
3階 コレクターズ 1月13日(月祝)
3階 アディダスオリジナルス 1月13日(月祝)
3階 TiCTAC 1月13日(月祝)
3階 THE SUIT COMPANY(移転) 1月13日(月祝)
※2階に移転

■ららテラス武蔵小杉の出店予定店舗一覧
階数 店舗名 閉店日
1階想定 肉処かつヰ 2月予定
2階 THE SUIT COMPANY(移転) 1月30日(木)
不明 嵜本ベーカリー 2~3月予定
不明 シューズラウンジ 2月予定
不明 フレールドゥカリーナ 2月予定
不明 プレザンプレザン 3月予定
不明 GU 2020年春予定

■ららテラス武蔵小杉に出店可能性のある武蔵小杉の新店舗一覧
階数 店舗名 閉店日
不明 ポンパドウル 4月予定
不明 スターバックスコーヒー 2020年春予定

前回エントリの閉店・出店リストを、また更新しておきます。

【関連リンク】
ららテラス武蔵小杉 オープン・リニューアル一覧
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:大型商業施設 ららテラス武蔵小杉
2019/12/6エントリ ららテラス武蔵小杉の「無印良品」が2020年1月7日閉店、「TiCTAC」が1月13日閉店決定
2019/12/27エントリ ららテラス武蔵小杉が2020年1月に無印・アフタヌーンティーなど13店舗閉店リニューアル、大阪の高級食パン専門店「嵜本」が田園調布に続き出店決定
2020/1/10エントリ ららテラス武蔵小杉の大規模リニューアル閉店に「肉処大和」など加わり16店舗に、後継で「シューズラウンジ」「プレザンプレザン」が出店へ
2020/1/16エントリ ららテラス武蔵小杉リニューアルで閉店、「肉処大和 カイゼルハム」後継で精肉店「肉処かつヰ」が出店決定
2020/1/20エントリ グランツリー武蔵小杉に「TOKYO2020オフィシャルショップ」、ららテラス武蔵小杉にレディスファッション「フレールドゥカリーナ」が2月出店決定
2020/1/27エントリ ららテラス武蔵小杉にユニクロ傘下の低価格店「GU」が出店決定

Comment(5)

2020年
01月29日

日本医科大学武蔵小杉病院新棟建設地に「かわさきパラムーブメント」による川崎市内名所パノラマ絵画が登場

【Reporter:はつしも】
 
※本記事は、武蔵小杉ブログの障害発生により、1月29日付でnoteに暫定公開したものです。復旧したため、あらためて移設公開します。

川崎市では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を機に、すべての人が活躍できる社会づくりに市民協働で取り組む「かわさきパラムーブメント」を推進しています。

その一環として、日本医科大学武蔵小杉病院の建設予定地の仮囲いに、川崎市各地域の名所やビジョンを描いた絵画が展示されました。

この絵画は、川崎市内の子どもたちや、障害をお持ちの方などが協力して制作したものです。

■日本医科大学武蔵小杉病院建設地の絵画
日本医科大学武蔵小杉病院建設地に掲示された絵画 

武蔵小杉駅北口では、日本医科大学武蔵小杉病院や、同大学新丸子キャンパス、グラウンドの用地を活用した段階的な再開発が進められています。

まずは新丸子キャンパスを移転させた跡地における「川崎市立小杉小学校」「こすぎ公園」整備で、本サイトでもお伝えした通りすでに完了済みです。

これに続いて現在は、グラウンド跡地に武蔵小杉病院新病棟建設が進められています。

そののちに、現在の武蔵小杉病院を解体して三菱地所レジデンスによるツインタワーを建設するわけですが、これはまだ後工程になります。

今回の「かわさきパラムーブメント」による絵画が掲示されたのは、上記の武蔵小杉病院新病棟
建設地の仮囲いのうち、小杉小学校に面した部分です。

■「かわさきパラムーブメント」のメッセージ
かわさきパラムーブメントのメッセージ

絵画のそばには「かわさきパラムーブメント」のメッセージが添えられていました。

この絵画作品では、川崎市7区の街並みに、さまざまな生物、建物、乗り物などが共存している様子を通して、障害の有無や年齢、人種などの多様性が尊重され、あらゆる人々が活躍している様子を表現したものということです。

■川崎区の川崎港・マリエン
川崎区の川崎港・マリエン

この絵画作品は、一番左が川崎区、右が麻生区という構成になっています。
川崎区エリアでは、川崎港の「川崎マリエン」が描かれていました。

■実際の川崎マリエン
川崎マリエンのタワー 

「川崎マリエン」は、川崎区の東扇島にある川崎市のコミュニティ施設です。
 正式名称は「川崎市港湾振興会館」で、社団法人川崎港湾振興協会が指定管理者として管理を行っています。

■幸区の「夢見ヶ崎動物公園」
夢見ヶ崎動物公園 

続いて幸区の「夢見ヶ崎動物公園」です。
シマウマやキツネのような動物、アライグマなどが描かれていました。

■夢見ヶ崎動物公園のペンギン
夢見ヶ崎動物公園の動物たち 

夢見ヶ崎動物公園も川崎市の施設で、無料ながら十分楽しめる動物公園になっています。
過去エントリでご紹介しておりますので、関連リンクからご参照ください。

■中原区の「等々力陸上競技場」
中原区の等々力陸上競技場 

そして中原区では、等々力陸上競技場が描かれていました。
メインスタンドが改修された、現在の姿です。

■実際の等々力陸上競技場
東急電鉄が全面改修を提案した等々力陸上競技場

なお、現在の等々力陸上競技場は、川崎フロンターレのサックスブルーに合わせて、トラックが青くなっています。

絵画作品に描かれているのは、青くなる前、上記写真の状態かと思います。

■高津区の円筒分水
高津区の円筒分水

高津区では、円筒分水が描かれていました。
これは二ヶ領用水の水を下流に公平に分配するための施設で、国の登録有形文化財になっています。

この円筒分水については、また後日ご紹介したいと思います。

■宮前区の宮前メロン
宮前区の宮前メロン

宮前区は、「宮前メロン」でした。

宮前メロンは川崎市宮前区の特産品です。
直売のみで流通には乗らないため、「幻のメロン」とも言われています。

■多摩区の「生田緑地」
多摩区の生田緑地

そして多摩区は、「生田緑地」でした。
メインで描かれているのは日本民家園ですね。

■実際の「日本民家園」
日本民家園 

こちらは、実際の日本民家園です。三角のお屋根が特徴的ですね。

ここには中原区からも、旧原家の民家が移築されています。

■麻生区の「禅寺丸柿」
麻生区の禅寺丸柿

そして最後は麻生区の「禅寺丸柿」でした。

 「禅寺丸柿」は、鎌倉時代の建保2年(1214年)に星宿山王禅寺の山中で発見された「日本初の甘柿」とされています。
それが由来となって、現在の「麻生区柿生」の地名が残されています。

■「川崎ふきん」に描かれた「禅寺丸柿」
麻生区の「禅寺丸柿」

この「禅寺丸柿」は、以前ご紹介した「川崎ふきん」にも描かれていました。

本サイトでは食べたことがありませんので、一度その味を体験してみたいところです。


さて、今回の「かわさきパラムーブメント」による絵画作品では、川崎市7区からそれぞれひとつ、名所や特産物がピックアップされていました。

またそれ以外にも、鮮やかで楽しい街の様子が描かれています。

当然ながら、日本医科大学武蔵小杉病院の新病棟の建設工事が進むと、仮囲いの撤去とともに掲示期間が終了すると思われます。

近隣をご通行の機会がありましたら、眺めてみてください。

【関連リンク】
(かわさきパラムーブメント関連)
かわさきパラムーブメント ウェブサイト
2019/7/17エントリ 「こすぎ盆踊り大会2019」が7月19日(金)・20日(土)こすぎコアパークで開催、かわさきパラムーブメント「かわパラ盆音頭」が初公開へ


(かわさきマリエン関連)
2013/11/27エントリ 「川崎マリエン」から見る武蔵小杉の高層ビル群と、スバルの自動車

(夢見ヶ崎動物公園関連)
夢見ヶ崎動物公園 ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:アミューズメント 夢見ヶ崎動物公園
2013/8/17エントリ 横須賀線に乗って、夢見ヶ崎動物公園へ

(等々力陸上競技場関連)
2015/3/13エントリ 等々力陸上競技場 新メインスタンド完成。報道機関向け内覧会・完成記念式典最速レポート!
2015/3/29エントリ 等々力陸上競技場新メインスタンドの、藤子・F・不二雄ミュージアムコラボのブロンズ像 全8体をご紹介

(生田緑地関連)
2011/6/11エントリ 生田緑地ばら苑の春
2011/6/14エントリ 「藤子・F・不二雄ミュージアム」とローソンコラボ店舗
2011/8/6エントリ 「藤子・F・不二雄ミュージアム」の広報ラッピングバスが武蔵小杉に登場
2011/9/23エントリ 「藤子・F・不二雄ミュージアム」鑑賞レポート
2013/5/30エントリ 生田緑地ばら苑、春の一般開放
2016/5/13エントリ 武蔵小杉目線で巡る、生田緑地。「かわさき宙と緑の科学館」「日本民家園」「岡本太郎美術館」と、「枡形山」から望む武蔵小杉

(川崎ふきん関連)
2015/11/2エントリ 新丸子の雑貨店「Common Life」で、川崎フロンターレ公認のご当地グッズ「川崎ふきん」販売中

Comment(0)

2020年
01月25日

ららテラス武蔵小杉にユニクロ傘下の低価格ブランド「GU」が出店決定

【Reporter:はつしも】

※本記事は、武蔵小杉ブログの障害発生により、1月25日付でnoteに暫定公開したものです。復旧したため、あらためて移設公開します。

ららテラス武蔵小杉では、リニューアルに伴う店舗の入れ替えを進めています。 その新店舗の一つとして、ファストファッション「GU(ジーユー)」が出店することがわかりました。

■ららテラス武蔵小杉に出店する「GU(ジーユー)」 
GU

GU

GU
 
GU

「GU」は、ユニクロを中核事業とするファーストリテイリング傘下のファストファッション店舗です。
ユニクロよりも低価格帯の商品を展開することで住み分けつつ、東京・銀座に旗艦店を出店するなどブランド力の強化も図ってきました。

川崎市内においては、ラゾーナ川崎プラザ、川崎DICE、溝口ノクティプラザ、菅生に店舗があります。
中原区内では、ららテラス武蔵小杉の店舗が初出店ということになります。

■ファーストリテイリングの姉妹ブランド「ユニクロ」
ユニクロ

武蔵小杉では、「ユニクロ」が武蔵小杉東急スクエアに出店しています。

同店は2013年4月の武蔵小杉東急スクエア開業時からの店舗で、その後増床を行うなど好調を維持しているようです。

今までどちらかというと、武蔵小杉東急スクエアが比較的お買い求めやすいブランド、ららテラス武蔵小杉がもう少し価格帯が高めのセレクトショップという傾向がありました。
それがららテラス武蔵小杉に「ユニクロの低価格版」とされる「GU」が入ることとなり、少し路線変更といえるかもしれません。

■「無印良品」の閉店区画


「GU」が出店する区画は、現在のところわかりません。 ただ、一定の売り場面積を必要とするような気がいたしますので、例えば、3階の「無印良品」などのまとまった閉店跡地などが候補になりそうです。

■グランツリー武蔵小杉の「ZARA」
ZARA

■同じく「GAP」
GAP

同じくファストファッションでは、グランツリー武蔵小杉に「ZARA」「GAP」が出店しています。
グローバルなプレイヤーではほかに「H&M」などもありますが、武蔵小杉でもファストファッションが揃ってきましたね。

また最後に、ららテラス武蔵小杉のリニューアル店舗一覧を更新しておきます。

■ららテラス武蔵小杉の閉店店舗一覧
階数 店舗名 閉店日
1階 神戸屋キッチン 1月13日(月祝)
1階 ルートートギャラリー 1月13日(月祝)
1階 アフタヌーンティー・ティースタンド 1月13日(月祝)
1階 デイリーラシット 1月15日(水)
1階 はなまるダイニングセレクト 1月10日(金)
1階 肉処大和 カイゼルハム 1月13日(月祝)
2階 paw's lving 1月15日(水)
2階 KBF+ 1月13日(月祝)
2階 マーレマーレデイリーマーケット 1月13日(月祝)
2階 KOSMIC MARKET 1月16日(木)
3階 無印良品 1月7日(火)
3階 OJICO 1月13日(月祝)
3階 Yogibo Store 1月13日(月祝)
3階 コレクターズ 1月13日(月祝)
3階 アディダスオリジナルス 1月13日(月祝)
3階 TiCTAC 1月13日(月祝)
3階 THE SUIT COMPANY(移転) 1月13日(月祝)
※2階に移転

■ららテラス武蔵小杉の出店予定店舗一覧
階数 店舗名 閉店日
1階想定 肉処かつヰ 2月予定
2階 THE SUIT COMPANY(移転) 1月30日(木)
不明 嵜本ベーカリー 2~3月予定
不明 シューズラウンジ 2月予定
不明 フレールドゥカリーナ 2月予定
不明 プレザンプレザン 3月予定
不明 GU 2020年春予

【関連リンク】
ららテラス武蔵小杉 オープン・リニューアル一覧
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:大型商業施設 ららテラス武蔵小杉
2019/12/6エントリ ららテラス武蔵小杉の「無印良品」が2020年1月7日閉店、「TiCTAC」が1月13日閉店決定
2019/12/27エントリ ららテラス武蔵小杉が2020年1月に無印・アフタヌーンティーなど13店舗閉店リニューアル、大阪の高級食パン専門店「嵜本」が田園調布に続き出店決定
2020/1/10エントリ ららテラス武蔵小杉の大規模リニューアル閉店に「肉処大和」など加わり16店舗に、後継で「シューズラウンジ」「プレザンプレザン」が出店へ
2020/1/16エントリ ららテラス武蔵小杉リニューアルで閉店、「肉処大和 カイゼルハム」後継で精肉店「肉処かつヰ」が出店決定
2020/1/20エントリ グランツリー武蔵小杉に「TOKYO2020オフィシャルショップ」、ららテラス武蔵小杉にレディスファッション「フレールドゥカリーナ」が2月出店決定

Comment(0)

2020年
01月22日

武蔵小杉東急スクエアにおにぎり専門店「ぼんたぼんた」がオープン、「マクドナルド」「ビアードパパ」など新店舗が出揃う

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉東急スクエア・ステーションマーケットに、おにぎり専門店「ぼんたぼんた」が1月15日にオープンしました。

「マクドナルド」「ビアードパパ」「つけめんTETSU」「博多豚骨たかくら」に続き、昨年告知されていた新店舗が一通り出揃ったことになります。

■武蔵小杉東急スクエア・ステーションマーケット
武蔵小杉東急スクエア・ステーションマーケット

東急の商業施設「武蔵小杉東急スクエア」は、大きく分けて3つのエリアで構成されています。

●パチンコ店「KOSUGI PLAZA」などと共同の「武蔵小杉西街区ビル」の1階~4階の一部
●東急武蔵小杉駅ホーム上部の人工地盤に建設された4階~5階
●東急武蔵小杉駅改札前の高架下スペース「ステーションマーケット」

このうち「ステーションマーケット」は、東急線高架の耐震補強工事により、南口改札前の大部分の店舗がいったん閉店となりました。

それが昨年から再オープンがはじまり、「東急ストア」「からやま」「マクドナルド」「ビアードパパ」「つけめんTETSU」「博多豚骨たかくら」と、順次再出店・新規出店が続いてきたところです。

「ぼんたぼんた」がオープンしたのは、その一角です。

■オープンした「ぼんたぼんた」
オープンした「ぼんたぼんた」

■「ぼんたぼんた」のオープン告知
「ぼんたぼんた」のオープン告知

■「ぼんたぼんた」のおにぎり
「ぼんたぼんた」のおにぎり

「ぼんたぼんた」は、一等米だけを使うことにこだわったおにぎり専門店です。
護国寺の本店を含め、首都圏の商業施設に8店舗が出店しています。

東急東横線沿線では、渋谷スクランブルスクエアとISETAN横浜店に店舗がありましたので、今回の武蔵小杉店は中間地点への出店というかたちになりました。

■ステーションマーケット(東急武蔵小杉駅南口)の新旧対照表
旧店舗 新店舗 オープン日
ヴィノスやまざき 工事なし -
フレッシュネスバーガー 工事なし -
ケンタッキー マクドナルド 12月20日
ミスタードーナツ
つけめんTETSU つけめんTETSU 1月4日
濃厚博多豚骨たかくら 濃厚博多豚骨たかくら 1月4日
ボンマルシェ ビアードパパ 12月13日
ぼんたぼんた 1月15日
築地銀だこ 不明 不明
東急ストア 東急ストア 4月26日
天丼てんや からやま 6月21日
QBハウス 不明 不明

さて、そのようなわけで、昨年オープンが告知された店舗は、一通り出そろったことになります。
ただし、上記の通り「築地銀だこ」「QBハウス」の跡地はまだ空き区画のままで、武蔵小杉東急スクエアからもいまのところ告知がありません。

■まだ出店店舗不明の「築地ぎ」跡地
まだ出店店舗不明の「築地銀だこ」跡地

■同じく「QBハウス」跡地
QBハウス跡地

これら2か所の空き区画は、今後リニューアルが予定されている「こすぎコアパーク」に面しているという共通点があります。

本サイトでもお伝えした通り、このリニューアルにおいてはこすぎコアパークとステーションマーケット側の通路を隔てるフェンスを撤廃し、行き来を自由化することがすでに発表されていました。

2か所の空き区画については、あるいはそのリニューアル工事との関連があるのかもしれませんが、これは想像の域を出ません。

今後普通に新店舗がオープンするかもしれませんし、今後の進捗を待ちたいと思います。

【関連リンク】
ぼんたぼんた ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:大型商業施設 武蔵小杉東急スクエア
2016/2/29エントリ マクドナルド武蔵小杉店が、31年の歴史に幕。本日20時フィナーレをレポート
2016/9/18エントリ 東急高架下「マクドナルド武蔵小杉駅前店」が10月10日(月)21時閉店、武蔵小杉からマクドナルドが消滅
2016/10/10エントリ 「マクドナルド武蔵小杉駅前店」本日21時に16年の歴史に幕、「武蔵小杉店」「新丸子駅店」に続く閉店によりマクドナルドが武蔵小杉完全撤退
2016/11/8エントリ 「マクドナルド新丸子駅店」跡地で高架橋の補強工事を実施、2017年秋に新店舗オープンへ
2018/2/1エントリ 東急線耐震補強工事により武蔵小杉東急ストア2月28日・コナカ武蔵小杉店3月4日閉店決定、工事後は未定に。東急ストア創業1号店の地から店舗が消滅
2018/2/26エントリ 東急線耐震補強工事のため「天丼てんや武蔵小杉店」が2月28日(水)閉店、「武蔵小杉東急ストア」(同日閉店)「コナカ武蔵小杉店」(3月4日閉店)では閉店セールが賑わう
2018/2/28エントリ 「武蔵小杉東急ストア」「天丼てんや武蔵小杉店」が本日閉店、東急ストア創業の地での60年におよぶ歴史に一旦の幕
2018/3/3エントリ 武蔵小杉東急スクエア5周年に向けたテナント入れ替え。「浅草梅園」「ブールミッシュ」「てもみん」など6店舗が出店、耐震補強工事により「ボンマルシェ」が3月25日閉店へ
2018/3/14エントリ 東急線耐震補強工事によりケンタッキー・ミスタードーナツ・銀だこ・ボンマルシェが3月25日、TETSU・たかくらが3月28日閉店。ヴィノスやまざき・フレッシュネスバーガーは難を逃れる
2018/12/2エントリ 東急線耐震補強工事で閉店の「武蔵小杉東急ストア」が2019年春再オープン決定、OPENスタッフを募集開始
2019/2/20エントリ 東急武蔵小杉駅南口・耐震補強工事中の通路壁面に川崎フロンターレ応援ディスプレイが登場
2019/3/24エントリ 「武蔵小杉東急ストア」が東急武蔵小杉駅南口に4月26日(金)再オープン決定、「てんや」跡地はからあげ店「からやま」が5月中旬オープンへ
2019/4/26エントリ 「東急ストア武蔵小杉店」が本日リニューアルオープン、創業1号店復活を記念しマルちゃんコラボ即席めん「武蔵小杉ラーメン」を販売
2019/6/21エントリ 東急武蔵小杉駅南口にからあげ店「からやま武蔵小杉店」が本日オープン、6月23日(日)までオープン特別価格を適用
2019/8/31エントリ 東急武蔵小杉駅南口・こすぎコアパーク隣接の「QBハウス」が9月6日(金)閉店、亀屋万年堂隣に9月1日(日)先行移転オープン
2019/10/4エントリ 「マクドナルド武蔵小杉東急スクエア店」が2019年12月中旬オープン決定、3年間のマクドナルド空白状態が解消へ
2020/1/4エントリ 武蔵小杉東急スクエアに「つけめんTETSU」「博多豚骨たかくら」が本日復活オープン、「ぼんたぼんた」は1月15日オープンへ

Comment(1)

2020年
01月16日

ららテラス武蔵小杉リニューアルで閉店、「肉処大和 カイゼルハム」後継で精肉店「肉処かつヰ」が出店決定

【Reporter:はつしも】

ららテラス武蔵小杉では、開業5年を経て大規模な店舗リニューアルを実施しています。
2020年1月7日から本日1月16日にかけて17店舗が閉店し、後継店舗として「嵜本ベーカリー」「シューズラウンジ」「プレザンプレザン」がオープンする予定であることをこれまでにお伝えしておりました。

そしてこのたび、「肉処かつヰ」が2月下旬(予定)にオープンすることが新たに判明いたしました。

1階「小杉マルシェ」の精肉店「肉処大和 カイゼルハム」が今回のリニューアルで閉店していますので、その後継店舗ということになりそうです。

■「肉処かつヰ」(大井阪急店)
肉処かつヰ

肉処かつヰ

「肉処かつヰ」は、鮮魚・精肉・惣菜専門店を事業の柱とする、株式会社海星ムサシによる精肉店です。
阪急百貨店の食品売り場を中心に店舗を展開し、現在5店舗(うち4店舗が阪急)を出店しています。

■1階の食品ゾーン「小杉マルシェ」
1階の食品ゾーン「小杉マルシェ」

■閉店した「肉処大和 カイゼルハム」跡地
閉店した肉処大和カイゼルハム跡地

閉店した肉処大和カイゼルハム跡地

ららテラス武蔵小杉では、1階に九州屋・成城石井を中心とした食品ゾーン「小杉マルシェ」があります。
その一角で営業をしていた「肉処大和 カイゼルハム」は、1月13日に閉店をしていました。

「肉処かつヰ」の出店区画は現段階で確認はできていませんが、普通に考えて、前述の通りこの場所に後釜として入るのではないかと思います。

■ららテラス武蔵小杉リニューアルのお知らせ
ららテラス武蔵小杉リニューアルのお知らせ


■閉店区画が並ぶ3階の売り場
閉店区画が並ぶ3階の売り場

閉店区画が並ぶ3階の売り場

ららテラス武蔵小杉全体を見渡しますと、閉店区画が集中する3階では、仮囲いで覆われたエリアが非常に広範囲にわたります。
新店舗がオープンするまでは、少し寂しくなりますね。

なお、工事は上記のフロア図の通り、分割されていた区画をまとめて仮囲いで覆って進められていました。

ひょっとしたら、ある程度区画を統合することもあるのかもしれません。

■閉店した「アフタヌーンティー・ティースタンド」のエリア
アフタヌーンティーのエリア

■アフタヌーンティー・リビングは健在
アフタヌーンティー・リビングは健在

■店舗リニューアルが行われるららテラス武蔵小杉
店舗リニューアルが行われるららテラス武蔵小杉 

■ららテラス武蔵小杉の閉店店舗一覧
階数 店舗名 閉店日
1階 神戸屋キッチン 1月13日(月祝)
1階 ルートートギャラリー 1月13日(月祝)
1階 アフタヌーンティー・ティースタンド 1月13日(月祝)
1階 デイリーラシット 1月15日(水)
1階 はなまるダイニングセレクト 1月10日(金)
1階 肉処大和 カイゼルハム 1月13日(月祝)
2階 paw's lving 1月15日(水)
2階 KBF+ 1月13日(月祝)
2階 マーレマーレデイリーマーケット 1月13日(月祝)
2階 KOSMIC MARKET 1月16日(木)
3階 無印良品 1月7日(火)
3階 OJICO 1月13日(月祝)
3階 Yogibo Store 1月13日(月祝)
3階 コレクターズ 1月13日(月祝)
3階 アディダスオリジナルス 1月13日(月祝)
3階 TiCTAC 1月13日(月祝)
3階 THE SUIT COMPANY(移転) 1月13日(月祝)
※2階に移転

■ららテラス武蔵小杉の出店予定店舗一覧
階数 店舗名 閉店日
1階想定 肉処かつヰ 2月予定
2階 THE SUIT COMPANY(移転) 1月30日(木)
不明 嵜本ベーカリー 2~3月予定
不明 シューズラウンジ 2月予定
不明 プレザンプレザン 3月予定

前回エントリの閉店・出店リストを、あらためて更新しておきます。
閉店店舗に、2階「KOSMIC MARKET」(1月16日閉店)を追加いたしました。

【関連リンク】
海星ムサシウェブサイト 肉処かつヰららテラス武蔵小杉 オープン・リニューアル一覧
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:大型商業施設 ららテラス武蔵小杉
2019/12/6エントリ ららテラス武蔵小杉の「無印良品」が2020年1月7日閉店、「TiCTAC」が1月13日閉店決定
2019/12/27エントリ ららテラス武蔵小杉が2020年1月に無印・アフタヌーンティーなど13店舗閉店リニューアル、大阪の高級食パン専門店「嵜本」が田園調布に続き出店決定
2020/1/10エントリ ららテラス武蔵小杉の大規模リニューアル閉店に「肉処大和」など加わり16店舗に、後継で「シューズラウンジ」「プレザンプレザン」が出店へ

Comment(1)

2020年
01月15日

小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」で小杉こども文化センター・川崎市総合自治会館建設工事が告知

【Reporter:はつしも】

現在、小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業による再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue(コスギサードアヴェニュー)」の建設が進められています。
同ビルは低層部の商業・業務・公共公益施設、高層部のタワーマンションで構成され、公共公益施設として「小杉こども文化センター」「川崎市総合自治会館」が入居することになっています。

このたび、工事の仮囲いにこれらの公共公益施設の工事に関するお知らせが掲示されました。

■小杉町3丁目の「Kosugi 3rd Avenue」
小杉町3丁目の「Kosugi 3rd Avenue」

「Kosugi 3rd Avenue」は、小杉町3丁目にあった中原図書館やみずほ銀行、川崎信用金庫、小杉こども文化センターなどの跡地を集約して建設が進められています。
土地の集約にあたっては、従来の地権者の権利を再開発ビルの床の権利と等価交換する「権利変換」が行われました。

「小杉こども文化センター」の権利を有していた川崎市は、その分の「Kosugi 3rd Avenue」内の床の権利を保有していますので、ビル内に新たに施設を整備できるというわけです。

■「小杉こども文化センター」「川崎市総合自治会館」の工事のお知らせ
小杉こども文化センター・川崎市総合自治会館の工事のお知らせ

「小杉こども文化センター」「川崎市総合自治会館」の整備は、いずれも川崎市の公共事業です。
川崎市による工事のお知らせが掲示されたのは、「Kosugi 3rd Avenue」の仮囲いのうち、武蔵小杉東急スクエアに面した部分です。

■「小杉こども文化センター」の工事のお知らせ
小杉こども文化センターの工事のお知らせ

小杉こども文化センターの工事のお知らせ

「小杉こども文化センター」は、「Kosugi 3rd Avenue」の3階に整備されます。
延べ面積は500.38平米となります。

なお、すでに解体された旧小杉こども文化センターは、敷地面積292.42平米・延べ面積484.7平米でした。
新施設ではワンフロアにまとまり、面積も若干ながら広くなりますから、利用しやすくなる部分があるのではないでしょうか。

イメージパースでは、建物の外が見える広間が描かれていました。

■「川崎市総合自治会館」の工事のお知らせ
川崎市総合自治会館の工事のお知らせ

川崎市総合自治会館の工事のお知らせ

「川崎市総合自治会館」は、4階に整備されます。
こちらは延べ面積1,500.2平米です。

新施設には、イメージパースに描かれているホールのほか、大小の会議室が10室ほど、また展示スペース等も設置される計画です。
旧施設は1983年に建設されたもので、築37年が経過していますので、適切な施設の更新が必要となっていました。

■新たな「川崎市総合自治会館」の平面図
新たな川崎市総合自治会館の平面図
※川崎市発表資料より。計画中のものであり、変更される可能性があります。
※クリックで拡大できます。


「小杉こども文化センター」「川崎市総合自治会館」ともに、工事の完了は2020年6月30日となっています。
「Kosugi 3rd Avenue」の開業予定は2020年7月ですから、それをターゲットとしたものですね。

■工事が進む「Kosugi 3rd Avenue」
工事が進みKosugi 3rd Avenue

「Kosugi 3rd Avenue」は建物躯体の工事が進み、だいぶ全体の姿が見えるようになってきました。
今後は「小杉こども文化センター」「川崎市総合自治会館」をはじめ、内部の施設整備も着手されることになります。

【関連リンク】
小杉町3丁目東地区再開発組合 Kosugi 3rd Avenue ウェブサイト
Kosugi 3rd Avenue the residence ウェブサイト
川崎市総合自治会館 ウェブサイト
川崎市ウェブサイト 川崎市総合自治会館の移転について
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉町3丁目地区 東地区
2018/4/24エントリ 小杉町3丁目東地区再開発の三井不動産タワーマンション「Kosugi 3rd Avenue The Residence(コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス)」が発表、2020年8月下旬入居を予定
2018/6/15エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue(コスギサードアベニュー)」建設工事が本格化、地下部分の鉄骨が組みあがり
2018/9/10エントリ 小杉町3丁目東地区再開発のワークショップスペース「Kosugi 3rd Avenue Labo」が平日カフェ営業をスタート、元住吉の「Cafe OrangeBule」などが出店
2018/10/20エントリ 「コスギフェスタ2018」開催レポート:謎解きラリー「怪盗ギスーコの挑戦状」に子どもたちが熱中、商店街が変貌「Kosugi 3rd Avenue LIVIVG」も同時開催
2018/12/4エントリ 「メガネのオーサカ」が2019年1月31日に現店舗の営業終了・2月7日仮店舗に移転決定、再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」に2020年6月オープンへ
2019/2/11エントリ 武蔵小杉の老舗「メガネのオーサカ」が再開発により仮店舗に移転、「Kosugi 3rd Avenue」での再オープンは2020年7月予定に変更
2019/3/18エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」の建物躯体立ち上がり
2019/4/3エントリ 武蔵小杉のパンフェスタ「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」開催レポート:東横線沿線の人気パン店が集結
2019/9/16エントリ 小杉町3丁目東地区再開発の仮設店舗「TSUTAYA小杉店」が10月13日(日)閉店、22年の歴史に幕
2016/9/23エントリ 小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業の権利変換計画を川崎市が本日認可、商業・業務・公共施設4フロア・24区画の平面図が公示
2019/12/5エントリ 24h営業「エニタイムフィットネス」が2020年1月31日元住吉にオープン、武蔵小杉の新商業施設「Kosugi 3rd Avenue」にも出店決定

Comment(1)

2020年
01月10日

ららテラス武蔵小杉の大規模リニューアル閉店に「肉処大和」など加わり16店舗に、後継で「シューズラウンジ」「プレザンプレザン」が出店へ

【Reporter:はつしも】

ららテラス武蔵小杉では、大規模な店舗リニューアルを実施しています。

「無印良品」「アフタヌーンティー・ティースタンド」など2019/12/27エントリでお伝えした13店舗に加えて、「肉処大和 カイゼルハム」「Yogibo Store」新たに閉店リストに加わり、15店舗が閉店することとなりました。

また前回お伝えした通り、3階の「THE SUIT COMPANY」は2階に移転しますので、全体ではいったん16店舗が閉店します。

これらの後継店舗として、高級食パン専門店「嵜本ベーカリー」が2~3月に出店することをお伝えしておりますが、加えて婦人靴店「シューズラウンジ」が2月に、雑貨店「プレザンプレザン」が3月に出店することがわかりました。

■店舗リニューアルが行われるららテラス武蔵小杉
店舗リニューアルが行われるららテラス武蔵小杉 

■ららテラス武蔵小杉の閉店店舗一覧
階数 店舗名 閉店日
1階 神戸屋キッチン 1月13日(月祝)
1階 ルートートギャラリー 1月13日(月祝)
1階 アフタヌーンティー・ティースタンド 1月13日(月祝)
1階 デイリーラシット 1月15日(水)
1階 はなまるダイニングセレクト 1月10日(金)
1階 肉処大和 カイゼルハム 1月13日(月祝)
2階 paw's lving 1月15日(水)
2階 KBF+ 1月13日(月祝)
2階 マーレマーレデイリーマーケット 1月13日(月祝)
3階 無印良品 1月7日(火)
3階 OJICO 1月13日(月祝)
3階 Yogibo Store 1月13日(月祝)
3階 コレクターズ 1月13日(月祝)
3階 アディダスオリジナルス 1月13日(月祝)
3階 TiCTAC 1月13日(月祝)
3階 THE SUIT COMPANY(移転) 1月13日(月祝)
※2階に移転

■ららテラス武蔵小杉の出店予定店舗一覧

階数 店舗名 閉店日
2階 THE SUIT COMPANY(移転) 1月30日(木)
不明 嵜本ベーカリー 2~3月予定
不明 シューズラウンジ 2月予定
不明 プレザンプレザン 3月予定

■グランツリー武蔵小杉出店中の「シューズラウンジ」
シューズラウンジ

シューズラウンジ

2月にオープン予定の婦人靴店「シューズラウンジ」は、現在グランツリー武蔵小杉2階の「1st class」に出店中です。

この場所は常設展ではなくポップアップストアでしょうから、ここからららテラス武蔵小杉に移転して定住するようなかたちになりますね。

■「プレザンプレザン」(アルカキット錦糸町店)
プレザンプレザン

プレザンプレザン

プレザンプレザン

3月オープン予定の「プレザンプレザン(PRESENT PRESENT)」は、「プレゼント」をキーワードに、誕生日や結婚・出産などのお祝い事にあわせたギフト雑貨を販売するお店です。

既存店は「アルカキット錦糸町」「流山おおたかの森SC」の2店舗がありますが、このうち錦糸町の店舗は1月13日をもって閉店します。

そのかわりに、ららテラス武蔵小杉への出店することになります。

ギフトのお店ですと、あまり店舗数が多いとかぶりそうですし、近隣に店舗がない方が良いかもしれませんね。

■閉店した「無印良品」跡地
閉店した無印良品跡地

閉店した無印良品跡地

閉店した無印良品跡地

ららテラス武蔵小杉の3階では、1月7日をもって「無印良品」が閉店していました。
本日10日をもって「はなまるダイニングセレクト」が閉店、1月13日には多数の店舗が一斉閉店となります。

そこから2月~3月以降、すべての区画ではないかもしれませんが、順次新店舗がオープンすることになりそうです。

■ららテラス武蔵小杉に出店する「嵜本(さきもと)ベーカリー」(東京田園調布店)
嵜本田園調布店 

カフェ営業の焼きたてパン 

【関連リンク】
ららテラス武蔵小杉 オープン・リニューアル一覧
2019/12/6エントリ ららテラス武蔵小杉の「無印良品」が2020年1月7日閉店、「TiCTAC」が1月13日閉店決定

Comment(5)