武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2019年
04月22日

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン商業施設「COSUGI COMMONS」ウエスト棟のオープン予定が出揃う、「ベースボール&スポーツクリニック」では内覧会を開催

【Reporter:はつしも】

「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト」低層部の商業施設「COSUGI COMMONS」ウエスト棟において、テナントのオープン告知がすべて出そろいました。

店舗情報については、すべて本サイトが2019/2/1エントリでお伝えした通りですが、それぞれオープン日等が確定しましたので、ご紹介します。

また1階の「ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉」は本日自由診療がスタートとなりました。
これに先立って、先週末には内覧会が開催されていました。

■「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデンタワーズ ウエスト」
パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト

■「COSUGI COMMONS」ウエスト棟の店舗一覧
2階 ローラスインターナショナルスクール オブ サイエンス武蔵小杉校 インターナショナルスクール(川崎市認定保育園)
2階 武蔵小杉コモンズ歯科 歯科医院
2階 HOPPAパークシティ武蔵小杉 認可保育園
1階 日本調剤ザ ガーデン薬局 調剤薬局
※5/1(水)開局
1階 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
※5/20(月)開院予定
※5/18日(土)19(日)内覧会
1階 コスギコモンズクリニック 内科・呼吸器内科・脳神経外科
※6/1(土)開院予定
※5/30日(木)31(金)
1階 ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉 スポーツ・一般整形外科
※4/22(月)自由診療開始
※5/1(水)開院

「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」は、JX日鉱日石エネルギー社宅跡地に建設されたツインタワーです。

「タワーズウエスト」「タワーズイースト」の2棟に分かれ、低層部1~2階が商業施設「COSUGI COMMONS」、その上が53階建てのタワーマンションとなっています。

先行して1年前に完成した「タワーズイースト」に続いて、3月以降に「タワーズウエスト」の入居が進み、「COSUGI COMMONS」についても並行してウエスト棟のテナントが順次オープンしているところでした。

ウエスト棟の店舗一覧は、上記の通りです。
お伝えしてきた通り、クリニック4院、調剤薬局、認可保育園、認定保育園という構成です。

駅寄りで飲食中心のイースト棟と、クリニックモール中心のウエスト棟で機能分担するような恰好ですね。

「日本調剤コスギコモンズ薬局」は、正式名称が「日本調剤 ザ ガーデン薬局」に決定しました。



■「ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉」
ベースボールスポーツクリニック武蔵小杉

ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉 

そして1階の一番西側(モスバーガー寄り)に本日開院したのが「ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉」です。

このクリニックは、独立行政法人国立病院機構 西別府病院の整形外科医、スポーツ医学センター副長の馬見塚尚孝氏が新たに開業するものです。

「野球クリニック」では、「野球専門外来」を設置して肘の治療など野球選手特有の障害について専門的な対処を行います。
これまでのノウハウを活かして、投球動作の指導なども行うということです。

また「スポーツ総合診療」ではケガだけでなく、貧血や低身長、女性特有の悩みなどについても対応するほか、「メディカルチェック」として健康な段階でのひじのMRIチェックなども実施するものとしています。

前述の通り、同クリニックでは先週末に内覧会を開催していました。

■クリニック内のMRI
クリニック内のMRI

■レントゲン機器
レントゲン機器

クリニック内には、MRIやレントゲン設備などが完備しています。
MRIは、強力な磁力を発生させることで精密な体内画像を撮影する設備です。

痛めた部分の精密検査で活躍するのでしょう。

■トレーニングスペース
トレーニングスペース

トレーニングスペース

バランスボールなど

そしてクリニック内には、体を動かせるスペースが設けられていました。
奥の壁面が全面鏡になっていましたので、フォームチェックなどに活用されるものと思います。

これはスポーツに特化したクリニックならではですね。

「ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉」では、本日自由診療がスタートし、5月1日(水)に正式開院して保険診療がはじまる予定です。



続いて、残るテナントの告知も見ていきましょう。

まずは「日本調剤ザ ガーデン薬局」です。

■「日本調剤ザ ガーデン薬局」(5月1日オープン)
日本調剤 ザ ガーデン薬局

日本調剤ザガーデン薬局

一番駅寄りの「日本調剤ザ ガーデン薬局」は、「ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉」の完全開院と同日、5月1日(水)にオープンすることになりました。



■「森のこどもクリニック武蔵小杉」(5月20日(月)開院)
森のこどもクリニック武蔵小杉

森のこどもクリニック武蔵小杉

日本調剤の隣、「森のこどもクリニック武蔵小杉」は、5月20日(月)の開院となりました。
同クリニックでは小児科、皮膚科の診療を行う予定です。

同クリニックも開院に先立って5月18日(土)、19日(日)に内覧会が行われます。



■「コスギコモンズクリニック」(6月1日(土)開院)
コスギコモンズクリニック

コスギコモンズクリニック

コスギコモンズクリニック 

さらに隣、1階の「コスギコモンズクリニック」は、6月1日(土)の開院予定が告知されました。
内覧会は5月30日(木)、31日(金)の2日間です。

ここが一番最後の開院になりまして、テナントのオープン日がすべて出そろったことになります。



■養生が取れた2階
養生が取れた2階 

2019/4/9エントリ「コスギコモンズ歯科」の内覧会をご紹介した際には、2階にまだ荷物搬入用の養生があったのですが、現在は綺麗に取り払われました。

2階では認可保育園「HOPPAパークシティ武蔵小杉」「コスギコモンズ歯科」認定保育園「ローラスインターナショナルスクールオブサイエンス」がそれぞれ先行して開園・開院・開校しています。

6月1日の「コスギコモンズクリニック」の開院により、長かった工事期間・準備期間を経て「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」が完成形となる予定です。

■「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」のツインタワー
パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデンのツインタワー

【関連リンク】
(パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン全体関連)
COSUGI COMMONS ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅北部地区 JX日鉱日石エネルギー社宅跡地

(タワーズイースト関連)
2018/1/25エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」1階商業施設の駅寄り角地に「ブーランジェリー・メチエ」が移転決定、オープン日は4月以降に
2018/2/2エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」商業施設に「COSUGI CAFE」の後継レストラン「COSUGI LODGE」が4月1日オープン決定、地域向けワークショップ等も展開
2018/2/3エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」商業施設に良質店「猿田彦珈琲」が出店決定、武蔵小杉にサードウェーブコーヒーの波が到来
2018/2/6エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」商業施設1階に銀座の老舗レストラン「銀座洋食 三笠會館」が出店決定
2018/2/10エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」商業施設にパティスリー&ショコラトリー「ラトリエ ヒロ ワキサカ」が出店決定、元モンサンクレールの脇坂紘行氏が開業か
2018/2/18エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト商業施設にイタリアン「APPETITO」が4月1日オープン決定
2018/3/19エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」の商業施設名が「COSUGI COMMONS」に決定、来年開業「タワーズウエスト」は保育所含む9区画のフロアマップを公開
2018/3/24エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」の公開空地と2階デッキが供用開始、「COSUGI COMMONS」各店舗の4月1日以降オープン準備進む
2018/4/4エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」とエルシィ跡地をつなぐ「小杉町ペデストリアンデッキ」が供用開始、商業施設「COSUGI COMMONS」では「COSUGI LODGE」など3店舗がオープン
2018/4/27エントリ 「ブーランジェリー・メチエ」が「COSUGI COMMONS」に本日移転プレオープン、前夜のパン工場を特別公開
2018/4/30エントリ 都外初出店「猿田彦珈琲 武蔵小杉店」が「COSUGI COMMONS」に本日オープン、同店限定「小杉ブレンド」やアイスクリームなどに行列
2018/5/23エントリ 「COSUGI COMMONS」にオープンのイタリアン「トラットリア アッペティート」のランチコース
2018/6/6エントリ 「COSUGI COMMONS」にオープンの洋食店「銀座洋食 三笠會館」の武蔵小杉店オリジナルメニュー「海老ドライカレー」と、持ち帰り用のデリコーナー
2018/8/2エントリ 「COSUGI COMMONS」1階に脇坂紘行氏のパティスリー&ショコラトリー「ラトリエヒロワキサカ」が本日オープン、8月3日までケーキ・焼き菓子セットを割引販売
2018/9/6エントリ COSUGI COMMONSのパティスリー「ラトリエヒロワキサカ」のタルトフリュイ・シャインマスカットのガトー・スフレショコラ・桃のショートケーキ

(タワーズウエスト関連)
2018/10/28エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト2階に認可保育園「HOPPAパークシティ武蔵小杉」が2019年4月開園、11月3日(土)に説明会開催
2018/12/25エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエストに「ローラスインターナショナルスクール オブ サイエンス」が2019年春開校決定
2019/1/9エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエストに「(仮称)武蔵小杉コモンズ歯科」が2019年4月開院
2019/1/21エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエストに野球・スポーツ専門医院「ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉」が2019年4月開院決定
2019/1/30エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト1階に「森のこどもクリニック」が2019年5月開院決定、3つめの医院判明でクリニックモールを形成
2019/2/1エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエストに「コスギコモンズクリニック」「日本調剤」が出店決定、全テナントと出店区画が判明
2019/3/4エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエストの公開空地が供用開始、屋上庭園付き2階デッキでエルシィ跡地から屋根付き歩行空間が接続
2019/4/9エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン商業施設「COSUGI COMMONS」ウエスト棟が一部開業、「コスギコモンズ歯科」が4月11日開院を控え内覧会を開催

Comment(0)

2019年
04月10日

グランツリー向かいに完成「サクセス武蔵小杉ビル」に「早稲田アカデミー武蔵小杉校」が5月7日移転決定、小杉ビルディング再開発により退去

【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉前に、株式会社サクセス・プロが新たな商業ビルの開発を行っています。
この5階建てビルの1階には「セブンイレブン」、2階には「ゴールドクレストマンションパビリオン」がオープンする予定であることを、2019/3/31エントリでお伝えしておりました。

そしてこのたび、ビル名は「サクセス武蔵小杉ビル」となること、残る3階~5階には学習塾「早稲田アカデミー」が2019年5月7日(火)に移転オープンすることがわかりましたので、ご紹介します。

■グランツリー武蔵小杉前の「サクセス武蔵小杉ビル」
グランツリー武蔵小杉前の「サクセス武蔵小杉ビル」

グランツリー武蔵小杉から綱島街道を挟んだ反対側には、三角形の土地があります。

この三角地帯は、グランツリー武蔵小杉と中原消防署、レジデンス・ザ・武蔵小杉、そして武蔵小杉新駅ロータリーに囲まれた再開発地区の中心部にあり、武蔵小杉再開発においては「中丸子地区A地区」と位置付けられています。
従来は主に「セントラルフィットネスクラブ武蔵小杉」と、「藍屋」「あさくま」「ジーンズメイト」「ドコモショップ」の商業ビルやコインパーキングの用地として活用されてきました。

今回完成した「サクセス武蔵小杉ビル」は、その三角地帯の北端にあります。
ここはコインパーキングがゴールドクレストのマンションギャラリーに転換されたのち、いったんギャラリーを解体して新たなビル建設が行われました。

■5階建てのビル
5階建てのビル

順番におさらいをしていきますと、ビル1階には「セブンイレブン」(グランツリー武蔵小杉前店)が出店します。
東急武蔵小杉駅・JR武蔵小杉新駅の中間にあたり、人の流れが多い路面ですから、コンビニエンスストアなどの物販店舗は営業しやすい面があるでしょう。

またパークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー1階の「ファミリーマート武蔵小杉駅前店」が3月6日に閉店したばかりですから、同店の利用者が代替で利用されることもあるのではないでしょうか。

■「サクセス武蔵小杉ビル」建設前のゴールドクレストマンションギャラリー
サクセス武蔵小杉ビル建設前のゴールドクレストマンションギャラリー

そして2階は「ゴールドクレストマンションパビリオン」です。

「サクセス武蔵小杉ビル」施工主の「株式会社サクセス・プロ」はゴールドクレストの親会社にあたり、前述の通り、ここはビル建設前はゴールドクレストのマンションギャラリーでした。
つまるところ、ギャラリーを建て替えて商業ビル化したということになります。

■小杉ビルディングから移転する「早稲田アカデミー」
小杉ビルディングから移転する「早稲田アカデミー」

小杉ビルディングから移転する「早稲田アカデミー」

3階~5階に移転することが決まった「早稲田アカデミー」は、現在「北館」が武蔵小杉駅北口の小杉ビルディングに入居しています。

本サイトですでにお伝えした通り同ビルはJR東日本が買収し、今後再開発を行うことが決定しています。
そのため、入居しているテナントが順次退去を進めている状況にあり、「早稲田アカデミー」も今回「サクセス武蔵小杉ビル」が確保できたことで同ビルから移転することとなりました。

「サクセス武蔵小杉ビル」という名称は、進学塾としては縁起がよいのではないでしょうか。

■「早稲田アカデミー」の南館
「早稲田アカデミー」の南館

「早稲田アカデミー」は、「サクセス武蔵小杉ビル」からすぐ近くの場所(中原消防署向かい)に「南館」を構えています。
「北館」の機能のうち「個別進学館」を「南館」に移し、それ以外のクラスを「サクセス武蔵小杉ビル」に移転させる計画となっています。

従来駅を挟んで離れていた「北館」「南館」が近接することになり、運営上は便利になりそうです。また、設備等が更新されることで、通学者の環境が向上する部分もあるでしょう。

一方で移転により従来よりもアクセスが良くなる方、悪くなる方、これは両面いらっしゃるでしょうね。


さて、以上で「サクセス武蔵小杉ビル」のテナントがすべて明らかになりました。
「早稲田アカデミー」の移転日が2019年5月7日ですから、「セブンイレブン」「ゴールドクレストマンションパビリオン」についても、その前後あたり、それほど極端にオープン時期がずれることはなさそうです。

【関連リンク】
(中丸子地区A地区関連)
武蔵小杉ライフ:再開発情報:中丸子地区 A地区
2014/7/27エントリ 中丸子地区三角地帯の商業施設を増築しドコモショップ出店、旧セントラル駐車場は@Parkに一体化
2016/7/27エントリ セントラルフィットネスクラブ前の「タイムズ武蔵小杉第2」が閉鎖、跡地にゴールドクレストのマンション販売センターがオープンへ
2016/10/20エントリ 「ニッポンレンタカー武蔵小杉横須賀線口営業所」「トヨタレンタリース神奈川武蔵小杉駅前店」オープン、ニッポンレンタカーの建物は車両タイプの移動式
2017/3/10エントリ 武蔵小杉新駅ロータリー前「セントラルフィットネスクラブ武蔵小杉」の駐輪場がリニューアル、一般利用が可能な時間貸し駐輪場として本日供用開始
2018/3/15エントリ グランツリー武蔵小杉向かいの三角地帯、ゴールドクレストマンションギャラリー用地にサクセス・プロが6階建ての店舗・オフィス複合ビルの建設を決定
2018/6/25エントリ グランツリー武蔵小杉向かいに建設、サクセス・プロの店舗・オフィス複合ビル計画が公示。5階建てに変更し2019年3月完成へ
2018/7/1エントリ グランツリー武蔵小杉向かいの三角地帯店舗「こすぎペット」が2018年7月29日(日)閉店決定、17年の歴史に幕
2018/8/4エントリ グランツリー武蔵小杉向かいの三角地帯「こすぎペット」閉店跡地に「らあめん花月嵐武蔵小杉店」が2018年9月28日(金)オープンへ
2018/9/25エントリ グランツリー武蔵小杉向かいに建設中の店舗・オフィス複合ビルのイメージパースが公表、1フロア70坪でテナント募集中
2018/9/28エントリ 綱島街道沿い「こすぎペット」跡地に「らぁめん花月嵐武蔵小杉店」が本日オープン、「元住吉店」も9月14日リニューアルオープン
2019/3/31エントリ グランツリー武蔵小杉向かいの新商業ビル1階に「セブンイレブン」、2階に「ゴールドクレストマンションギャラリー」が出店決定

(ファミリーマート関連)
2019/3/5エントリ パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーの「ファミリーマート」が3月6日(水)朝9時閉店、中原市民館「喫茶室いくおう中原」が3月16日(土)閉店

(セブンイレブン関連)
2013/7/26エントリ 「TKS武蔵小杉ビル」の「セブンイレブン川崎武蔵小杉駅前店」本日オープン
2015/8/1エントリ 武蔵小杉に、かつてない大型コンビニ。「セブンイレブン川崎中原区役所前店」がオープン
2016/5/26エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「アズーロ・ネロ」常設店5月25日オープン、リカザイ新本社の「セブンイレブン武蔵小杉駅新南口店」本日26日オープン
2018/9/5エントリ 綱島街道沿いに新型ドリンクバー設置「デニーズ武蔵小杉店」、セミセルフレジ・宅配ボックス設置「セブンイレブン川崎新丸子東2丁目店」複合店舗がオープン

(小杉ビルディング関連)
2017/4/1エントリ 武蔵小杉駅北口の「小杉ビルディング」買収企業はJR東日本と判明、駅舎も含めた駅ビル開発を計画
2018/6/12エントリ 法政通り商店街の「KOUTOビルディング」に貸衣装・フォトスタジオ「衣通(イッツ)」が小杉ビルディングから移転、全6店舗がオープン完了

Comment(4)

2019年
04月09日

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン商業施設「COSUGI COMMONS」ウエスト棟が一部開業、「コスギコモンズ歯科」が4月11日開院を控え内覧会を開催

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉駅北口の再開発事業「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト」が完成し、高層部タワーマンション棟についてはすでに3月より入居が行われています。

4月より低層部の商業施設「COSUGI COMMONS」のウエスト棟が部分的に開業し、「コスギコモンズ歯科」が内覧会を開催するなど順次テナントがオープンしていますので、ここで現時点の状況をご紹介したいと思います。

■パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン
パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン

「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」は、南武沿線道路沿いのJX日鉱日石エネルギー社宅跡地に建設されたツインタワーです。

低層部1~2階が商業施設「COSUGI COMMONS」、高層部53階までがタワーマンションとなっています。
武蔵小杉駅よりの「タワーズイースト」が先行して建設され、2018年4月に川崎市コンベンションホールや各店舗がオープンしました。

そしてこのたび、「タワーズウエスト」についても一部テナントがオープンしたかたちです。

■「タワーズウエスト」の2階デッキ
「タワーズウエスト」の2階デッキ 

「COSUGI COMMONS」のタワーズウエスト側(ウエスト棟)は、2階のテナントから先行オープンしました。

武蔵小杉駅側から順番に「ローラスインターナショナルスクールオブサイエンス武蔵小杉校」、「武蔵小杉コモンズ歯科」、「HOPPAパークシティ武蔵小杉」の3つです。

■「ローラスインターナショナルスクールオブサイエンス武蔵小杉校」
「ローラスインターナショナルスクールオブサイエンス」 

一番駅寄り(タワーズイースト寄り)の「ローラスインターナショナルスクールオブサイエンス武蔵小杉校」は、バイリンガルのプリスクール&キンダーガーデンです。

行政上の区分では、川崎市認定保育園に指定されています。

当初、「COSUGI COMMONS」の2階は4区画あったのですが、「ローラスインターナショナルスクールオブサイエンス武蔵小杉校」が「W6」「W7」の2区画を統合したため、テナント数は前掲の3つとなりました。

■「武蔵小杉コモンズ歯科」
武蔵小杉コモンズ歯科

武蔵小杉コモンズ歯科

武蔵小杉コモンズ歯科

そして隣の「W8」区画は「武蔵小杉コモンズ歯科」です。
同クリニックは4月11日(木)の開院を予定しており、4月6日、7日に内覧会を開催していました。

■デザインがそれぞれ異なる個室の診察室
診察室

診察室

デザインが異なる個室の診察室

「武蔵小杉コモンズ歯科」の診察室は個室タイプになっています。
それぞれにデザインが異なりまして、上記の一番最後の写真は壁面が黒板になっています。

この診察室は、小さいお子さんを同伴して、お絵かきで遊んでもらうことを想定しているのだそうです。

■説明用のモニター
説明用のモニター 

各診察室には、説明用のモニターが設置されていました。
このモニターでは、アニメーションでの治療方法の説明や、3Dでの撮影結果などを確認することができます。

口腔内の撮影は非常に鮮明で、最新機器の進歩を感じさせられました。

■口腔内撮影カメラ
口腔内撮影カメラ

■レントゲン撮影機
レントゲン撮影機

■かみ合わせの検証
嚙み合わせの検証

新しいクリニックの魅力は、やはり各種機器が新しいということですね。
医療機器も進歩を続けていますから、その効果を享受できるのは良いと思います。

■キッズスペース
キッズスペース

クリニックの一角には、小さいながらもキッズスペースが設けられていました。
ここで小さいお子さんに遊んでもらうことも可能です。

■「武蔵小杉コモンズ歯科」のロゴマーク
「武蔵小杉コモンズ歯科」のロゴマーク

「武蔵小杉コモンズ歯科」は、土日も開院をしています。
平日になかなか通院できない方は、土日両日とも利用できるのはありがたいですね。

まずは定期健診から予約をして試してみるのも良いと思います。

■「HOPPAパークシティ武蔵小杉」
「HOPPAパークシティ武蔵小杉」

HOPPAパークシティ武蔵小杉

駅から見て2階の一番奥、「W9」区画は認可保育園「HOPPAパークシティ武蔵小杉」です。
こちらは4月1日から開園しています。

床の木の質感と白い壁面が明るい雰囲気です。

■1階の「ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉」
ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉

ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉

ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉

一方、1階のテナントはそれぞれ内装工事中で、まだ開院しているところはありません。

ただ、その中でも「HOPPAパークシティ武蔵小杉」下の区画(モスバーガー前)では、「ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉」が開院のお知らせを出していました。

同クリニックは4月20日(土)内覧会、4月22日(月)自由診療開始、5月1日(水)保険診療開始となっています。

「COSUGI COMMONS」の1階は当初「W1」~「W5」の5区画がありましたが、「ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉」が「W4」「W5」の2区画を統合したため、テナント数は4つとなりました。

ここまでのテナント情報はすべて、2019/2/1エントリでお伝えした通りです。
 
■一番駅寄りの調剤薬局オープン予定地
日本調剤コスギコモンズ薬局

日本調剤コスギコモンズ薬局

日本調剤コスギコモンズ薬局

その他、1階には「日本調剤コスギコモンズ薬局」「森のこどもクリニック武蔵小杉」「コスギコモンズクリニック」がオープンする予定です。

「森のこどもクリニック武蔵小杉」「コスギコモンズクリニック」は、2019年5月開院予定となっていました。

「COSUGI COMMONS」のタワーズウエスト側が完全に開業するのは、まだもう少し時間がかかりそうです。
 
■「タワーズウエスト」のフロアガイド
「タワーズウエスト」のフロアガイド

■「COSUGI COMMONS」タワーズイーストの店舗一覧
2階 川崎市コンベンションホール コンベンションホール
2階 昭和音楽大学附属音楽教室武蔵小杉校 音楽教室
1階 ブーランジェリー・メチエ ベーカリー
1階 APPETITO イタリアン
1階 銀座洋食 三笠會館 武蔵小杉店 洋食
1階 COSUGI LODGE ロティサリーチキン
1階 猿田彦珈琲武蔵小杉店 コーヒー
1階 L'ATELIER HIRO WAKISAKA(ラトリエヒロワキサカ) 洋菓子

■「COSUGI COMMONS」タワーズウエストの店舗一覧
2階 ローラスインターナショナルスクール オブ サイエンス武蔵小杉校 インターナショナルスクール(川崎市認定保育園)
※4月開校
2階 武蔵小杉コモンズ歯科 歯科医院
※4月11日開院
2階 HOPPAパークシティ武蔵小杉 認可保育園
※4月開園
1階 日本調剤コスギコモンズ薬局 調剤薬局
1階 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
※5月開院予定
1階 コスギコモンズクリニック 内科・呼吸器内科・脳神経外科
※5月開院予定
1階 ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉 スポーツ・一般整形外科
※4月22日開院予定

【関連リンク】
(パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン全体関連)
COSUGI COMMONS ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅北部地区 JX日鉱日石エネルギー社宅跡地

(タワーズイースト関連)
2018/1/25エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」1階商業施設の駅寄り角地に「ブーランジェリー・メチエ」が移転決定、オープン日は4月以降に
2018/2/2エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」商業施設に「COSUGI CAFE」の後継レストラン「COSUGI LODGE」が4月1日オープン決定、地域向けワークショップ等も展開
2018/2/3エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」商業施設に良質店「猿田彦珈琲」が出店決定、武蔵小杉にサードウェーブコーヒーの波が到来
2018/2/6エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」商業施設1階に銀座の老舗レストラン「銀座洋食 三笠會館」が出店決定
2018/2/10エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」商業施設にパティスリー&ショコラトリー「ラトリエ ヒロ ワキサカ」が出店決定、元モンサンクレールの脇坂紘行氏が開業か
2018/2/18エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト商業施設にイタリアン「APPETITO」が4月1日オープン決定
2018/3/19エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」の商業施設名が「COSUGI COMMONS」に決定、来年開業「タワーズウエスト」は保育所含む9区画のフロアマップを公開
2018/3/24エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」の公開空地と2階デッキが供用開始、「COSUGI COMMONS」各店舗の4月1日以降オープン準備進む
2018/4/4エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」とエルシィ跡地をつなぐ「小杉町ペデストリアンデッキ」が供用開始、商業施設「COSUGI COMMONS」では「COSUGI LODGE」など3店舗がオープン
2018/4/27エントリ 「ブーランジェリー・メチエ」が「COSUGI COMMONS」に本日移転プレオープン、前夜のパン工場を特別公開
2018/4/30エントリ 都外初出店「猿田彦珈琲 武蔵小杉店」が「COSUGI COMMONS」に本日オープン、同店限定「小杉ブレンド」やアイスクリームなどに行列
2018/5/23エントリ 「COSUGI COMMONS」にオープンのイタリアン「トラットリア アッペティート」のランチコース
2018/6/6エントリ 「COSUGI COMMONS」にオープンの洋食店「銀座洋食 三笠會館」の武蔵小杉店オリジナルメニュー「海老ドライカレー」と、持ち帰り用のデリコーナー
2018/8/2エントリ 「COSUGI COMMONS」1階に脇坂紘行氏のパティスリー&ショコラトリー「ラトリエヒロワキサカ」が本日オープン、8月3日までケーキ・焼き菓子セットを割引販売
2018/9/6エントリ COSUGI COMMONSのパティスリー「ラトリエヒロワキサカ」のタルトフリュイ・シャインマスカットのガトー・スフレショコラ・桃のショートケーキ

(タワーズウエスト関連)
2018/10/28エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト2階に認可保育園「HOPPAパークシティ武蔵小杉」が2019年4月開園、11月3日(土)に説明会開催
2018/12/25エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエストに「ローラスインターナショナルスクール オブ サイエンス」が2019年春開校決定
2019/1/9エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエストに「(仮称)武蔵小杉コモンズ歯科」が2019年4月開院
2019/1/21エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエストに野球・スポーツ専門医院「ベースボール&スポーツクリニック武蔵小杉」が2019年4月開院決定
2019/1/30エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト1階に「森のこどもクリニック」が2019年5月開院決定、3つめの医院判明でクリニックモールを形成
2019/2/1エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエストに「コスギコモンズクリニック」「日本調剤」が出店決定、全テナントと出店区画が判明
2019/3/4エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエストの公開空地が供用開始、屋上庭園付き2階デッキでエルシィ跡地から屋根付き歩行空間が接続

Comment(0)

2019年
04月03日

武蔵小杉のパンフェスタ「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」開催レポート:東横線沿線の人気パン店が集結

【Reporter:はつしも】

2019年3月30日(土)、31日(日)の2日間にわたって、武蔵小杉駅前通り商店街の一角で東急線東横線沿線の人気パン店を集めた「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」が開催されました。
武蔵小杉周辺の地元ベーカリーはもちろん、沿線の人気店がイベント初出店するなどして、多くの方で賑わいました。

■「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」の会場入口
「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」の会場入り口

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店前の会場
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店前の会場

武蔵小杉駅の西側においては、現在「小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業」が進められています。
本事業は地元地権者等で構成された再開発組合の施行により、商業・業務・公共公益施設「Kosugi 3rd Avenue」、タワーマンション「Kosugi 3rd Avenue The Residence」の複合ビルを建設するもので、2020年度の完成を予定しています。

再開発組合では、そのためのブランド構築やまちづくりの機運向上の一環として「Kosugi 3rd Avenue」の名前を冠したさまざまなイベントを開催しています。
昨年の「コスギフェスタ2018」同日、2018年10月20日には地元の各種店舗を集めた「Kosugi 3rd Avenue LIVING」が開催され、本サイトでも同日のエントリでご紹介しておりました。


この「Kosugi 3rd Avenue LIVING」開催の折にもベーカリー「ブーランジェリー・メチエ」が参加していたのですが、ほかにも地元の農園などさまざまな出店がありました。
今回の「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」は業種をベーカリー限定に絞る一方、範囲を東横線沿線に拡大した企画です。

■「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」に並んだパン
「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」に並んだパン

「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」に並んだパン

■本サイトでご紹介「Vertu375」の食パン
本サイトでご紹介「Vertu375」の食パン

■「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」に出店したお店
アレット 元住吉
イケダベーカリー 妙蓮寺
キジトラ 学芸大学
ゴルジュ 反町
スタンドバインミー 学芸大学
田畑小麦 綱島
ナショナルデパート 都立大学
バルクフーズ 元住吉・新丸子
ぱん工場 寛 都立大学
パンとエスプレッソと自由形 自由が丘
ヒンメル 自由が丘
ブーランジェリー・メチエ 武蔵小杉
フラッフィー 渋谷
ベルチュサンナナゴ 元住吉
目黒八雲むしぱん 都立大学

本イベントに出店したのは、2日間で15店舗です。
中原区からは「アレット(ARETE)」「バルクフーズ」「ブーランジェリー・メチエ」「ベルチュサンナナゴ(Vertu375)」が出店していました。

■「ぱん工場 寛」の行列
「ぱん工場 寛」の行列

「ぱん工場 寛」の行列

こちらは都立大学の「ぱん工場 寛」の行列です。

同店は朝食用の「お届け食ぱん」専門店で、配達地域は目黒区・世田谷区・大田区周辺に限られています。

普段はふらっと購入することができない人気店であり、そんな同店がイベント出店するという希少性もあってたいへんな行列になっていました。
おそらくは都内など、武蔵小杉以外から購入に来訪された方もいらっしゃったのではないでしょうか。

■お子さん向けのプレイスペース
お子さん向けのプレイスペース

お子さん向けのプレイスペース

お子さん向けのプレイスペース

昨年の「Kosugi 3rd Avenue LIVING」同様、今回もお子さん向けのプレイスペースが設置されていました。
靴を脱いで、温かみのある木製の積み木で遊ぶことができました。

■ワークショップ「こどものパン屋さん体験」
ワークショップ「こどものパン屋さん体験」

そしてこちらは、ワークショップスペースです。
「こどものパン屋さん体験」ということで、パンについて知り、食べ、売るとことまで体験できるプログラムになっていました。

写真はパン屋さんの看板を作っているところですね。


本イベントは、武蔵小杉駅前通り商店街の賑わいのある場所で開催されたこともあり、たまたま通りかかった方も含めて多くの方が来場されていました。
再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」完成まではまだ1年以上かかりますので、それまでの間、商店街の活気を維持していくことも必要かと思います。

再開発完了後は、また従来の商店街の店舗が一部戻ってくるのに加えて、新店舗もオープンします。
再開発ビル前に広場スペースも設けられますから、このようなイベントも路上よりも開催しやすくなるのではないでしょうか。

【関連リンク】
(Kosugi 3rd Avenue関連)
小杉町3丁目東地区再開発組合 Kosugi 3rd Avenue ウェブサイト
Kosugi 3rd Avenue the residence ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉町3丁目地区 東地区
2018/4/24エントリ 小杉町3丁目東地区再開発の三井不動産タワーマンション「Kosugi 3rd Avenue The Residence(コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス)」が発表、2020年8月下旬入居を予定
2018/6/15エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue(コスギサードアベニュー)」建設工事が本格化、地下部分の鉄骨が組みあがり
2018/9/10エントリ 小杉町3丁目東地区再開発のワークショップスペース「Kosugi 3rd Avenue Labo」が平日カフェ営業をスタート、元住吉の「Cafe OrangeBule」などが出店
2018/10/20エントリ 「コスギフェスタ2018」開催レポート:謎解きラリー「怪盗ギスーコの挑戦状」に子どもたちが熱中、商店街が変貌「Kosugi 3rd Avenue LIVIVG」も同時開催
2018/12/4エントリ 「メガネのオーサカ」が2019年1月31日に現店舗の営業終了・2月7日仮店舗に移転決定、再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」に2020年6月オープンへ
2019/2/11エントリ 武蔵小杉の老舗「メガネのオーサカ」が再開発により仮店舗に移転、「Kosugi 3rd Avenue」での再オープンは2020年7月予定に変更
2019/3/18エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」の建物躯体立ち上がり

(Vertu375関連)
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:ベーカリー Vertu375
2018/9/18エントリ 元住吉の新店、サンドイッチや「ゴマ食」など多彩なパンが人気の「Sandwich & Bakery Vertu375」

(バルクフーズ関連)
バルクフーズ ウェブサイト
LIVRER YOKOHAMA ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:食品セレクトショップ バルクフーズ元住吉店
2017/1/17エントリ 木月祇園町の食材量り売り専門店「バルクフーズ元住吉店」で楽しむ食材探訪/1月21日(土)「新丸子の路地裏マルシェ」にも参加決定
2017/1/27エントリ 「新丸子の路地裏マルシェ」1月21日開催レポート:川崎野菜に聖護院大根登場、食材量り売り「バルクフーズ」初参加
2017/3/17エントリ 食材量り売り専門店「バルクフーズ元住吉店」の人気No.1商品。搾りたてのナチュラル食材「ピーナッツバター」をいただく
2018/3/13エントリ 元住吉の食材量り売り専門店「バルクフーズ」の姉妹店「バルクギア」がカフェ営業を本格スタート、ラテアートやナッツ入り「ケーゼ」などを提供
2018/4/20エントリ 食材量り売り専門店「バルクフーズ新丸子店」が本日オープン、トップアーティスト御用達・横浜のこだわりの洗剤「LIVRER」も販売

(ブーランジェリー・メチエ関連)
ブーランジェリー・メチエ メチエシェフ twitter
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:ベーカリー ブーランジュリー・メチエ 
2007/10/17エントリ ブーランジェリー・メチエをレポート!
2007/11/3エントリ ブーランジュリー・メチエをレポート、再び
2008/2/7エントリ ブーランジュリー・メチエの「ショコララスク」
2008/5/5エントリ ブーランジュリー・メチエで休日ランチを。
2008/5/15エントリ しばしのお別れ、メチエのショコララスク
2008/7/23エントリ ブーランジュリー・メチエのガーリック・プレッツェル・ペシュ
2008/11/1エントリ 最近、武蔵小杉でおいしかったもの×3
2009/2/4エントリ メチエの新作、試してみました
2009/3/10エントリ ブーランジュリー・メチエのラスク2種
2010/2/25エントリ ブーランジュリー・メチエ、しばしのお別れ
2010/4/6エントリ 「ブーランジュリー・メチエ」リニューアルオープン、「あんてろーぷ」新規オープン
2013/5/8エントリ ブーランジュリー・メチエの新作「スイートポテト」
2013/7/6エントリ 「ブーランジュリー・メチエ」と「KOSUGI CURRY」のコラボレーション「焼きカレーパン」期間限定販売中
2013/8/1エントリ 「ブーランジュリー・メチエ」が新丸子駅前に新店舗をオープン決定
2013/9/10エントリ 「ブーランジュリー・メチエ新丸子駅前店」本日オープン、本店は臨時休業継続に
2015/11/23エントリ グランツリー武蔵小杉1周年。新店舗2店オープン・おもちゃ売り場3倍増・地元店舗「メチエのシュトーレン」「イクミママ」登場
2015/3/1エントリ ブーランジュリー・メチエの人気No.1商品「クリーム・ホーン」
2016/10/6エントリ 地元の名店「ブーランジェリー・メチエ」がグランツリー武蔵小杉に10月7日(金)~10日(月)臨時出店、新作2種を先行販売
2017/8/6エントリ 新丸子駅東口駅前「(株)川粧ビル」解体により「ブーランジェリー・メチエ」が2018年7月末までに退去決定、武蔵小杉・新丸子エリアで移転を模索へ
2018/1/25エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」1階商業施設の駅寄り角地に「ブーランジェリー・メチエ」が移転決定、オープン日は4月以降に
2018/4/27エントリ 「ブーランジェリー・メチエ」が「COSUGI COMMONS」に本日移転プレオープン、前夜のパン工場を特別公開2019/2/17エントリ 武蔵小杉のベーカリー「ブーランジェリー・メチエ」で季節限定「いちごサンド」を販売中、上質生クリームと新鮮いちごが人気に

Comment(1)

2019年
03月31日

グランツリー武蔵小杉向かいの新商業ビル1階に「セブンイレブン」、2階に「ゴールドクレストマンションギャラリー」が出店決定

【Reporter:はつしも】

本サイトでは昨年のエントリにおいて、グランツリー武蔵小杉向かい側の三角地帯の一角に、株式会社サクセス・プロによる店舗・オフィス複合ビルが建設される計画であることをお伝えしてきました。

このたび、新ビルがほぼ完成に近づきまして、5階建てのうち1階には「セブンイレブン」が、2階には「ゴールドクレストマンションパビリオン」がオープンすることがわかりました。

■サクセス・プロの新ビル
サクセス・プロの新ビル 

この三角地帯は、グランツリー武蔵小杉と中原消防署、レジデンス・ザ・武蔵小杉、そして武蔵小杉新駅ロータリーに囲まれた再開発地区の中心部にあります。
現在は主に「セントラルフィットネスクラブ武蔵小杉」と、「藍屋」「あさくま」「ジーンズメイト」「ドコモショップ」の商業ビルやコインパーキングの用地として活用されています。

今回竣工に近づいた新ビルは、三角地帯の北端に建設されました。
ここはコインパーキングがゴールドクレストのマンションギャラリーに転換されたのち、役割を終えて解体された跡地にあたります。

2018/9/25エントリでご紹介したイメージパースが、そのまま再現されていました。

■5階建ての新ビル
5階建てのビル

■1階の「セブンイレブン」出店予定地
1階のセブンイレブン出店予定地

セブンイレブンがオープンする1階

このビルは、下のフロアになるほどガラス張りの面が広くなっています。
綱島街道側が全面ガラス張りになった1階部分には、冒頭にお伝えした通り「セブンイレブン」が入居することになりました。

店舗名は「セブンイレブン グランツリー武蔵小杉前店」になる予定です。

グランツリー武蔵小杉とセブンイレブンはともに「セブン&アイ・ホールディングス」の系列であることが背景にあると思いますが、店舗の場所をわかりやすく示す名称でもあると思います。

■「ゴールドクレストマンションパビリオン」が入居する2階
ゴールドクレストマンションパビリオン

そして2階には、「ゴールドクレストマンションパビリオン」の看板が出ていました。

冒頭でご紹介した通り、このビルが建つ前にはゴールドクレストの2階建てマンションギャラリーがありましたから、建て替えでそのまま移行する形になります。

とりあえず、新ビルの2階については「ゴールドクレストマンションパビリオン」が再オープンする形になりますが、これが1フロアかどうかについては、まだ断定できる段階にありません。

■かつての「ゴールドクレスト 武蔵小杉マンションギャラリー」
6階建てのオフィス・店舗複合ビル建設地

ただ、新ビルは5階建てですから、上階のテナントはまだ他にもあるでしょう。

今のところ、上階については武蔵小杉の学習塾の移転先である可能性がありますが、これはまだ本サイトとして確認したものではありません。

全く違う可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:中丸子地区 A地区
2014/7/27エントリ 中丸子地区三角地帯の商業施設を増築しドコモショップ出店、旧セントラル駐車場は@Parkに一体化
2016/7/27エントリ セントラルフィットネスクラブ前の「タイムズ武蔵小杉第2」が閉鎖、跡地にゴールドクレストのマンション販売センターがオープンへ
2016/10/20エントリ 「ニッポンレンタカー武蔵小杉横須賀線口営業所」「トヨタレンタリース神奈川武蔵小杉駅前店」オープン、ニッポンレンタカーの建物は車両タイプの移動式
2017/3/10エントリ 武蔵小杉新駅ロータリー前「セントラルフィットネスクラブ武蔵小杉」の駐輪場がリニューアル、一般利用が可能な時間貸し駐輪場として本日供用開始
2018/3/15エントリ グランツリー武蔵小杉向かいの三角地帯、ゴールドクレストマンションギャラリー用地にサクセス・プロが6階建ての店舗・オフィス複合ビルの建設を決定
2018/6/25エントリ グランツリー武蔵小杉向かいに建設、サクセス・プロの店舗・オフィス複合ビル計画が公示。5階建てに変更し2019年3月完成へ
2018/7/1エントリ グランツリー武蔵小杉向かいの三角地帯店舗「こすぎペット」が2018年7月29日(日)閉店決定、17年の歴史に幕
2018/8/4エントリ グランツリー武蔵小杉向かいの三角地帯「こすぎペット」閉店跡地に「らあめん花月嵐武蔵小杉店」が2018年9月28日(金)オープンへ
2018/9/25エントリ グランツリー武蔵小杉向かいに建設中の店舗・オフィス複合ビルのイメージパースが公表、1フロア70坪でテナント募集中
2018/9/28エントリ 綱島街道沿い「こすぎペット」跡地に「らぁめん花月嵐武蔵小杉店」が本日オープン、「元住吉店」も9月14日リニューアルオープン

Comment(0)

2019年
03月23日

2019年4月開校「川崎市立小杉小学校」竣工式が本日開催、従来イメージを覆す最新校舎を一挙公開!

【Reporter:はつしも】

本日、川崎市立小杉小学校の「竣工式」が開催されるとともに、あわせて校内の見学会が実施されました。
同校に通学予定の保護者・生徒に加えて武蔵小杉周辺地区のPTAなども招待され、最新の設備が披露されました。

■川崎市立小杉小学校
川崎市立小杉小学校 

■川崎市立小杉小学校の竣工式
川崎市立小杉小学校の竣工式
※提供写真

川崎市立小杉小学校は、武蔵小杉再開発による児童数の増加に対応して建設された公立小学校です。
日本医科大学新丸子キャンパスの用地を33年間の定期借地として、「期間限定の小学校」として整備したものです。

本日の竣工式には川崎市の福田市長などが参列し、テープカットが行われました。

■校舎2階の廊下
校舎2階の廊下

■低学年普通教室の外廊下側に設置された下駄箱
各教室の外廊下側に設置された下駄箱

小杉小学校の校舎は5階建てで、各階に内廊下と外廊下があります。

低学年普通教室については、1階の昇降口を経由せず外廊下経由で直接入るようになっています。そのため、ここでは外廊下側の下駄箱で靴を履き替えるようになっていました。

■低学年普通教室
普通教室

■タブレットを活用した授業
タブレットを活用した事業

こちらは、2階の低学年普通教室です。
黒板に加えてプロジェクター、スクリーンも標準装備です。

今回の見学会では、タブレットを活用した英語の授業のデモンストレーションも行われていました。

■廊下
廊下

■廊下のコミュニケーションスペース
廊下のコミュニケーションスペース 

内廊下側に出てみると、新しいフローリングがたいへん明るい雰囲気でした。
また、廊下各所には黒板付きのコミュニケーションスペースが設置されています。

休み時間などに、子どもたちが集まる姿が想像できます。

■トイレ
トイレ 
 
トイレもまた、従来のイメージとは全く異なりますね。
掃除もしやすそうでした。

■階段
階段  
※提供写真

そしてこちらは、各フロアを移動する階段です。
従来型の校舎に比べて、開放的な空間になっているのが特徴です。

■クラスの表示
クラスの表示 
 
クラスの表示  

クラスの表示もプラスチック板ではなく、木製でクラス名をかたどった看板になっていました。
全般的に木の質感を生かした、上質なつくりになっているように思います。
 
■校舎内の吹き抜け
校舎内の吹き抜け
※提供写真

校舎の中央には、このような吹き抜けもありました。
ガラス張りになっていて、オープンなイメージを醸成しています。

■多目的ホール「小杉ホール」
多目的ホール「小杉ホール」

1階の多目的ホール「小杉ホール」です。130名収容とされています。

音響効果に優れていまして、「第2音楽室」としても利用できます。
また映写兼用のホワイトボードでの発表会や、学年集会の場として使用される予定です。

■特別教室の看板
特別教室の看板

さて、ここからは各種特別教室なども見ていきたいと思います。
特別教室には、ご覧のような温かみのある看板が設置されていました。

■図書室
図書室

■図書室の読み聞かせスペース
読み聞かせスペース 
 
最初にご紹介するのは、図書室です。
本日の段階ではまだ本は入っていませんが、まるで綺麗な図書館のようでした。

窓際には閲覧スペースもあり、また図書室の一角にはフローリングの読み聞かせスペースも設けられていました。

■パソコン室
パソコン室

こちらのスマートな印象の教室は、パソコン室です。
現在の学校教育では、必須の機能ですね。

図書室、郷土資料室と隣接して一体的に利用できるようになっていました。

■音楽室
音楽室

こちらは音楽室です。
隣の放送室とつながっていて、スタジオとしても活用できます。

■理科室
理科室

丸みを帯びたテーブルがあるのは、理科室です。

このテーブルは、実験の様子をみんなで丸く囲んで観察できるよう配慮されたものということです。

■図工室
図工室

図工室

続いてこちらは、図工室です。
工作作業でも動かない作業台が採用されていまして、天井からはコンセントケーブルが伸縮するようになっていました。

■保健室
保健室

保健室には、ちょっと変わった家電として「洗濯機」がありました。
ここは1階のグラウンドに隣接した、アクセスのよい場所にあります。

■多目的ルーム
多目的ルーム

同じく1階に面した多目的ルームです。
ホワイトボードと机がありまして、様々な集まりなどに活用できそうです。

家庭科室とつながっていて、地域向けに開放されるものとされています。

■給食室
給食室 

1階の昇降口に面して、給食室が見えるようになっていました。
大鍋で調理しているのが見えますから、児童たちのテンションが上がりそうです。

■体育館
体育館

最後に、運動系の施設も見ていきましょう。
こちらは体育館を2階から撮影したものです。

木材に加えて、コンクリート打ちっぱなしも活用されています。
また、東西の大きなガラス面と高い天井により、風通しがよく明るい雰囲気になっています。

■体育館屋上「小杉広場」
体育館屋上「小杉広場」

体育館の屋上には、運動広場「小杉広場」がありました。
ここからは武蔵小杉のタワーマンションが見えたほか、トイレも設置されていました。

またこの広場は、職員室からも様子がわかる配置になっています。

■人工芝のグラウンド
人工芝のグラウンド

そしてこちらが、以前のエントリでもご紹介した人工芝のグラウンドです。
同小学校は住宅密集地に隣接しているため、砂塵の防止などに配慮したものです。

他の小学校も住宅隣接は同様のところが多いですが、「ずっと昔から小学校があって砂塵が舞うことがある種前提となっている」地域と、「もともとなかった場所に後から作る」地域の合意形成の違いはあるのでしょう。

グラウンドからは、「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」や「プラウドタワー武蔵小杉」など、通学区域のタワーマンションがよく見えました。


「川崎市立小杉小学校」の見学レポートは以上です。
全体として、木材を活かして非常にきれいに仕上がっているのが印象的でした。

これらの木材は、北海道のメジロカバ、秋田県・宮城県・埼玉県・神奈川県・宮崎県のスギ、群馬県のヒノキ・スギ、徳島県のヒノキなどが使われています。

従来型の川崎市立小学校の校舎とはかなりイメージの異なる、新世代の校舎といえるのではないでしょうか。

■武蔵小杉ライフfacebookページ 川崎市立小杉小学校見学会アルバム


なお、本エントリに入りきらなかった写真も含めて、武蔵小杉ライフ公式facebookページにアルバムを掲載しておきました。

ご関心ある方は、そちらもご参照ください。


4月に児童たちが入学して、賑わいを見せることになります。
それ以降は基本的に施設のご紹介は難しくなりますので、この機会に地域の皆様にもお伝えしたいと思います。

 ■完成した川崎市立小杉小学校
完成した小杉小学校

【関連リンク】
日本医科大学武蔵小杉病院ウェブサイト 新病院建設プロジェクト
川崎市教育委員会 小杉駅周辺地区における小学校の新設について
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅北部地区
2011/10/29エントリ 川崎市と日本医科大学の、小学校新設に向けた協定内容
2012/2/24エントリ 日本医大再開発:武蔵小杉病院・新丸子校舎を移転、跡地開発および3,000㎡の公園を整備へ
2012/8/10エントリ 小杉町3丁目東地区に44階・160mタワー、エルシィ跡地に48階・170mタワー建設へ
2013/1/25エントリ 日本医科大学武蔵小杉病院の移転跡地に都市型住宅・福祉・商業の高層ビル2棟を誘導へ
2014/2/15エントリ 日本医科大学武蔵小杉病院跡地に三菱地所レジデンスが180mツインタワー・商業施設を建設へ
2014/9/7エントリ 川崎市が「日本医科大学武蔵小杉再開発計画」に関するアンケート結果を発表
2015/3/30エントリ 日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発の環境アセスメントが開始、三菱地所レジデンスによる180m・50階建てツインタワー計画が具体化
2015/7/22エントリ 川崎市が日本医科大学武蔵小杉病院再開発への「地域包括ケアシステム」導入方針を発表、同病院が権利床を川崎市に寄附へ
2015/12/3エントリ 日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画のイメージパースが公表、武蔵小杉再開発の最終景観がフォトモンタージュに
2016/3/23エントリ 川崎市が日本医科大学跡地の新設小学校の建築計画を発表、体育館屋上にグラウンドを整備し5階建て校舎とバルコニーで接続
2016/11/21エントリ 日本医科大学跡地「武蔵小杉駅周辺地区新設小学校」の学校名募集が本日スタート:川崎市教育委員会が12月27日まで受付、2017年度中に正式決定へ
2016/12/1エントリ 2019年度開校「武蔵小杉駅周辺地区新設小学校」の新学区4案が発表、西丸子小・中原小・上丸子小・今井小が学区変更対象候補に。2017年度中に学区決定へ
2017/2/26エントリ 日本医科大学新丸子キャンパスの解体がほぼ完了、仮囲いが撤去され新設小学校・公園建設予定の約13,000平米の更地がお目見え
2017/3/3エントリ 「(仮称)小杉駅周辺地区新設小学校」の名称公募結果が発表:「小杉小学校」が最多応募、「こすぎ小学校」「杉の子小学校」が続く/教室は壁を作らずオープンスペースと一体化
2017/3/7エントリ 「(仮称)小杉駅周辺地区新設小学校」の通学区案が新たに4案提示、いずれも既存住宅街の対象範囲縮小・小杉町3丁目はタワーマンションのみが対象に
2017/5/7エントリ 武蔵小杉駅周辺地区新設小学校の学区が2案に絞り込み、既存住宅街への影響を抑制/名称は「小杉小学校」「こすぎ小学校」が最終候補に
2017/9/9エントリ 武蔵小杉新設小の校名は「川崎市立小杉小学校」、学区は「小杉町2・3丁目」が最終案に決定、2019年4月開校時の新5・6年生とその兄弟には転校免除の特例適用へ
2018/3/6エントリ 2019年4月開校「川崎市立小杉小学校」の仮囲いに上丸子小・西丸子小・今井小・中原中の皆さんによる「コスギをつなぐ」メッセージが登場 
2018/10/11エントリ 武蔵小杉の新設校「川崎市立小杉小学校」の校舎がお目見え、2019年4月開校に向けた準備が進む
2018/12/28エントリ 川崎市立小杉小学校北側の「こすぎ公園」3,105平米が供用開始、2つの広場と多目的トイレを設けボール遊びも可能に
2019/2/8エントリ 日本医科大学新丸子キャンパスのグラウンド更地化工事が開始、外周部のソメイヨシノ等を伐採
2019/3/6エントリ 2019年4月開校を控え「川崎市立小杉小学校」が完成、校庭には人工芝を敷設

Comment(0)

2019年
03月18日

小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」の建物躯体立ち上がり

【Reporter:はつしも】

現在、武蔵小杉駅の西側では小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業が進められています。
同事業は既存の商業ビルや旧中原図書館などを取り壊して用地を集約し、商業・業務・公共公益施設・タワーマンションの複合ビル「Kosugi 3rd Avenue(コスギサードアベニュー)」の建設を行うものです。

その地下部分の鉄骨組上がりについては2018/6/15エントリでお伝えしておりましたが、さらに工事が進捗し、現在ではいよいよ地上部分の建物躯体が立ち上がりはじめました。

■「Kosugi 3rd Avenue」の地上部組上がり
Kosugi 3rd Avenueの地上部組上がり

鉄骨組みあがり

鉄骨の組みあがり

「Kosugi 3rd Avenue」は、1~3階に商業・業務施設・小杉こども文化センター、4階に川崎市総合自治会館を配置し、4~38階をタワーマンションとする複合ビルです。
低層部の商業・業務・公共公益施設は「Kosugi 3rd Avenue」、高層部のタワーマンションは「Kosugi 3rd Avenue the Residence(コスギサードアベニュー ザ・レジデンス)」という名称で使い分けられているようです。

最初に地上部の鉄骨が組上がり始めたのは、「TSUTAYA小杉店」の仮店舗に面したビルの南東角地で、ここは店舗が配置されるエリアです。

■PC工法で着々と進む建設工事
着々と進む建設工事

着々と進む建設工事

基礎工事は外から変化がつかみにくいために時間がかかるように感じられますが、地上部の鉄骨は重機で次々と組み上げていくプロセスになります。

建物躯体の構築は、壁面などの完成した部品を運んできて現地で組み立てる「PC工法」が使われていました。

ここからはビルの変化が日ごとに体感できるようになるでしょう。

■低層部商業・業務・公共公益施設のイメージパース
Kosugi 3rd Avenueのイメージパース

Kosugi 3rd Avenueのイメージパース 

工事の仮囲いには、再開発ビルのイメージパースが掲示されていました。

単純な箱型ではなく、敷地内に小規模ながら広場を配置しつつ、広場から4階まで階段状になった商業施設を上がっていけるようになっています。

今後、このイメージパースが徐々に再現されていくことと思います。

■現在も残る既存ビル
既存ビル 

この再開発事業では、まだ既存の商業ビルが一部残されており、営業している店舗があります。

既存ビルで営業していた「メガネのオーサカ」は、1月31日をもって旧店舗の営業を終了し、2月7日よりイトーヨーカドー西側の仮店舗に移転しました。

同じく既存ビル内の「中華一番」については、まだこのまま営業を続ける予定です。

【関連リンク】
小杉町3丁目東地区再開発組合 Kosugi 3rd Avenue ウェブサイト
Kosugi 3rd Avenue the residence ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉町3丁目地区 東地区
2018/4/24エントリ 小杉町3丁目東地区再開発の三井不動産タワーマンション「Kosugi 3rd Avenue The Residence(コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス)」が発表、2020年8月下旬入居を予定
2018/6/15エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue(コスギサードアベニュー)」建設工事が本格化、地下部分の鉄骨が組みあがり
2018/9/10エントリ 小杉町3丁目東地区再開発のワークショップスペース「Kosugi 3rd Avenue Labo」が平日カフェ営業をスタート、元住吉の「Cafe OrangeBule」などが出店
2018/12/4エントリ 「メガネのオーサカ」が2019年1月31日に現店舗の営業終了・2月7日仮店舗に移転決定、再開発ビル「Kosugi 3rd Avenue」に2020年6月オープンへ
2019/2/11エントリ 武蔵小杉の老舗「メガネのオーサカ」が再開発により仮店舗に移転、「Kosugi 3rd Avenue」での再オープンは2020年7月予定に変更

Comment(1)

2019年
03月07日

ららテラス武蔵小杉に「サーティワン」「岐阜北川傘」に続き、ファッショナブルなペット雑貨店「paw’s living」が本日オープン

【Reporter:はつしも】

ららテラス武蔵小杉に、ペット雑貨店「paw’s living(パウズリビング)」が期間限定で本日オープンしました。

また同店とあわせて、最近オープンした期間限定ショップ「岐阜北川傘」「B-Rサーティワンアイスクリーム」についてもご紹介しておきたいと思います。

■2階の「paw’s living(パウズリビング)」
2階の「paw’s living(パウズリビング)」

「paw’s living」は、「ペットとオシャレに過ごす」をコンセプトに様々な小物等を販売する専門店です。
ブランド小物やオリジナルアイテム、アンティークの1点ものなどにより、ペットとのライフスタイル空間を提案するものとしています。

ららテラス武蔵小杉においては、2階のエスカレーター前にショップがオープンしました。
この区画は近年は期間限定ショップが入れ替わりになっていまして、2月24日に営業終了した「COTOMONO MARCHE」とのバトンタッチとなります。

■「paw’s living」の小物
パウズリビングの小物

パウズリビングの小物

パウズリビングの小物

「paw’s living」では、猫とおしゃれに暮らすブランド「DecoraMeow」「Neko Sekai.」に加えて、同じく犬向けのブランド「free stitch」を取り扱っています。

一見してわかるようにいずれもデザイン性の高いアイテムです。

ショップのジャンルとしては、犬猫を飼っていらっしゃる方のみがターゲットで、その中でもさらに嗜好性が高いゾーンとなります。

長期にわたって営業する常設店は難しいかもしれませんが、期間限定ショップであればリスクも抑制できそうです。



■2階の「岐阜北川傘」
岐阜北川傘

続いてこちらは1か月前、2月7日にオープンした「岐阜北川傘」です。
岐阜の卸問屋がセレクトした、カラフルな傘を取り揃えています。

同店も「paw's living」と同様、期間限定ショップです。

やはりかなり嗜好性が高いものですし、お1人が1年にそんなにたくさん購入するわけではありませんから、期間限定で「ちょっと目先を変える」ショップとして営業するのが良いかと思います。



■1階にオープンした「B-Rサーティワンアイスクリーム」
B-Rサーティワンアイスクリーム

一方、本サイトが2018/11/23エントリで出店情報をお伝えした「B-Rサーティワンアイスクリーム」は、予定通り12月20日にオープンしました。

ここは従来「イリナ」「パイキング」が営業をしていた区画です。

■「B-Rサーティワンアイスクリーム」の客席
B-Rサーティワンアイスクリームの客席

ららテラスではどこでアイスクリームを食べることになるのかと思っておりましたが、店舗内に客席が設置されました。

こちらでイートインが可能です。

■「B-Rサーティワンアイスクリーム グランツリー武蔵小杉店」
「B-Rサーティワンアイスクリーム」(グランツリー武蔵小杉店)

前回エントリでもお伝えした通り、「B-Rサーティワンアイスクリーム」はすぐ近くのグランツリー武蔵小杉のフードコートにも店舗があります。

ららテラス武蔵小杉に出店したことで、武蔵小杉は2店舗体制になりました。



■4階の「WORK STYLING」オープン予定地
WORK STYLINGオープン予定地

WORK STYLINGオープン予定地

さらに4階では、三井不動産のシェアオフィス「WORK STYLING」もオープンに向けて準備が進められています。

こちらは2019/1/11エントリで第一報、2019/1/26エントリで続報をお伝えしておりましたが、その後公式ウェブサイトにも拠点情報が掲載されました。

本サイトが当初お伝えした通り、公式ウェブサイトでも「2019年2月下旬オープン予定」と記載されていますけれども、少し後ろ倒しになっているようです。

そのようなわけで、今回は「paw's living」「岐阜北川傘」「B-Rサーティワンアイスクリーム」の3店舗と、「WORK STYLING」のオープン準備中をご紹介しました。
ららテラス武蔵小杉は、このあたりで新年度前の店舗入れ替えは一段落でしょうかね。

【関連リンク】
paw's living ウェブサイト
B-Rサーティワンアイスクリーム ウェブサイト
WORK STYLING ウェブサイト
ららテラス武蔵小杉 ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:大型商業施設 ららテラス武蔵小杉
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅南口地区 C地区
2014/4/17エントリ 「ららテラス武蔵小杉」プレス・関係者・地 元向けプレオープンレポート
2014/4/18エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の駐輪場ガイド
2014/4/20エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の「KEY'S CAFE」で いただく、トップスのケーキとパスタ
2014/4/22エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の「Afternoon Tea TEA STAND」でいただく、アップルパイ
2014/4/27エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の「バールデルソー レ」でいただく、肉+魚料理ランチ
2014/5/2エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の「神戸屋キッチン」 でいただく、パン窯煮込みの牛ほほ肉のシチューセット
2016/6/15エントリ ららテラス武蔵小杉にロールケーキタワーの「irina(イリナ)」が今夏出店決定、既存店舗と入れ替えへ
2016/7/21エントリ ららテラス武蔵小杉で店舗一斉入れ替え。「irina」に続き「サルデバル」「OJICO」「はなまるダイニングセレクト」出店決定、「たごさく」「匠」「フララニハワイ」閉店2016/8/20エントリ ららテラス武蔵小杉にロールケーキ「イリナ」、焼きたてパイ「パイキング」、ファッション雑貨「サルデバル」が8月19日・20日連続オープン
2016/8/25エントリ グランツリー武蔵小杉・ららテラス武蔵小杉の「ムサコ」たち。「むさこdeシュー」「むさこロール」「ムサコスムージー」「I LOVE MUSAKO」
2016/12/6エントリ ららテラス武蔵小杉で、モーニング営業実施中。「神戸屋キッチン」「バールデルソーレ」「成城石井」の3店舗
2017/7/10エントリ ららテラス武蔵小杉の「SHIPS Days」「liflattie ships」閉店跡地にインテリアショップ「LIVING HOUSE」がオープン
2018/3/23エントリ 武蔵小杉で相次ぐ商業施設の店舗移籍。「アーノルドパーマー」「アプレレクール」「KEYUKA」が武蔵小杉東急スクエア・ららテラス・グランツリー間で移転オープン
2018/11/23エントリ ららテラス武蔵小杉の「イリナ」「パイキング」が11月25日同時閉店、「B-Rサーティワンアイスクリーム」が12月下旬出店決定
2019/1/11エントリ 三井不動産ビルマネジメントのシェアオフィス「WORK STYLING武蔵小杉」が2019年2月オープン、多様化するビジネススタイルをサポート
2019/1/26エントリ グランツリー武蔵小杉に「すぱじろう」がフードコート初出店、「WORK STYLING」はららテラス4階に3月中旬オープン、「MUH」運営会社のシカゴピザ店が3月武蔵小杉出店へ

Comment(0)

2019年
03月06日

2019年4月開校を控え「川崎市立小杉小学校」が完成、校庭には人工芝を敷設

【Reporter:はつしも】

日本医科大学武蔵小杉病院、および日本医科大学新丸子キャンパスの跡地では、大規模な再開発事業が進められています。
その一環として日本医科大学新丸子キャンパスの跡地の一部に「こすぎ公園」が供用開始になったことを2018/12/28エントリで、グラウンドの更地化工事が始まったことを2019/2/8エントリでお伝えしておりました。

そしてこのたび「こすぎ公園」に続いて、キャンパス跡地の残り部分に「川崎市立小杉小学校」が完成し、2019年4月の開校準備が進められています。

■日本医科大学武蔵小杉病院・新丸子キャンパス跡地
日本医科大学武蔵小杉病院・新丸子キャンパス跡地

日本医科大学武蔵小杉病院・新丸子キャンパスの再開発事業は段階的に進められることになっていまして、おおまかに次のようなステップになっています。

●新丸子キャンパスを武蔵境に移転(2014年完了)
●新丸子キャンパス跡地(北)にこすぎ公園を整備(2018年12月完了)

●新丸子キャンパス跡地(南)に川崎市立小杉小学校を開校(2019年4月)
●新丸子キャンパスグラウンドに武蔵小杉病院を建設し移転(2021年秋頃)
●現武蔵小杉病院跡地にツインタワー複合施設を建設(2021年以降)

今回は川崎市立小杉小学校が完成し、これに続けて日本医科大学武蔵小杉病院の建設準備として、新丸子キャンパスを更地化するというわけです。

■完成した川崎市立小杉小学校
完成した小杉小学校

完成した小杉小学校

川崎市立小杉小学校の工事進捗については、2018/10/11エントリで途中経過をお伝えしました。
その段階ですでに建物自体はかなり完成に近づいていましたが、その後グラウンドに人工芝が敷設されるなど、各種設備が整備されました。

人工芝の小学校は、なかなかないと思います。
今まで川崎市内で見た中では、「各種学校」の区分ではありますが川崎区桜本にある「川崎朝鮮初級学校」が人工芝でした。

■人工芝の校庭からの階段
人工芝の校庭からの階段

■校舎の1階部分
校舎の1階部分

「小杉小学校」の校舎2階には、人工芝の校庭から階段で直接のぼれるようになっています。
校舎の木の質感も、従来型の市立小学校とはだいぶイメージが違いますね。

■小杉小学校の校章
小杉小学校の校章

■校舎の入口
校舎の入口

校舎の入口の扉には、木の形をした小窓がついていました。
これは小杉小学校の「杉」をかたどったものでしょうか。

■拡幅された歩道
拡幅された歩道

「小杉小学校」の建設により、周囲の歩道が拡幅されました。
上記写真の左側が小杉小学校による拡幅部分、右側のアスファルトが従来からの歩道です。

ここの歩道はおおよそ倍の幅になりました。

小学校の周囲ですから、当然ながらたくさんの児童が通学することになります。
一部区間ではありますが、歩道がきちんと整備されることは大切かと思います。


最初に小学校が新設されることが発表されたときには、ずいぶん先の話だと思ったものでしたが、間もなく開校です。
 
今は無人の校舎に、たくさんの児童が通う日がやってきます。

【関連リンク】
日本医科大学武蔵小杉病院ウェブサイト 新病院建設プロジェクト
川崎市教育委員会 小杉駅周辺地区における小学校の新設について
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅北部地区
2011/10/29エントリ 川崎市と日本医科大学の、小学校新設に向けた協定内容
2012/2/24エントリ 日本医大再開発:武蔵小杉病院・新丸子校舎を移転、跡地開発および3,000㎡の公園を整備へ
2012/8/10エントリ 小杉町3丁目東地区に44階・160mタワー、エルシィ跡地に48階・170mタワー建設へ
2013/1/25エントリ 日本医科大学武蔵小杉病院の移転跡地に都市型住宅・福祉・商業の高層ビル2棟を誘導へ
2014/2/15エントリ 日本医科大学武蔵小杉病院跡地に三菱地所レジデンスが180mツインタワー・商業施設を建設へ
2014/9/7エントリ 川崎市が「日本医科大学武蔵小杉再開発計画」に関するアンケート結果を発表
2015/3/30エントリ 日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発の環境アセスメントが開始、三菱地所レジデンスによる180m・50階建てツインタワー計画が具体化
2015/7/22エントリ 川崎市が日本医科大学武蔵小杉病院再開発への「地域包括ケアシステム」導入方針を発表、同病院が権利床を川崎市に寄附へ
2015/12/3エントリ 日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画のイメージパースが公表、武蔵小杉再開発の最終景観がフォトモンタージュに
2016/3/23エントリ 川崎市が日本医科大学跡地の新設小学校の建築計画を発表、体育館屋上にグラウンドを整備し5階建て校舎とバルコニーで接続
2016/11/21エントリ 日本医科大学跡地「武蔵小杉駅周辺地区新設小学校」の学校名募集が本日スタート:川崎市教育委員会が12月27日まで受付、2017年度中に正式決定へ
2016/12/1エントリ 2019年度開校「武蔵小杉駅周辺地区新設小学校」の新学区4案が発表、西丸子小・中原小・上丸子小・今井小が学区変更対象候補に。2017年度中に学区決定へ
2017/2/26エントリ 日本医科大学新丸子キャンパスの解体がほぼ完了、仮囲いが撤去され新設小学校・公園建設予定の約13,000平米の更地がお目見え
2017/3/3エントリ 「(仮称)小杉駅周辺地区新設小学校」の名称公募結果が発表:「小杉小学校」が最多応募、「こすぎ小学校」「杉の子小学校」が続く/教室は壁を作らずオープンスペースと一体化
2017/3/7エントリ 「(仮称)小杉駅周辺地区新設小学校」の通学区案が新たに4案提示、いずれも既存住宅街の対象範囲縮小・小杉町3丁目はタワーマンションのみが対象に
2017/5/7エントリ 武蔵小杉駅周辺地区新設小学校の学区が2案に絞り込み、既存住宅街への影響を抑制/名称は「小杉小学校」「こすぎ小学校」が最終候補に
2017/9/9エントリ 武蔵小杉新設小の校名は「川崎市立小杉小学校」、学区は「小杉町2・3丁目」が最終案に決定、2019年4月開校時の新5・6年生とその兄弟には転校免除の特例適用へ
2018/3/6エントリ 2019年4月開校「川崎市立小杉小学校」の仮囲いに上丸子小・西丸子小・今井小・中原中の皆さんによる「コスギをつなぐ」メッセージが登場 
2018/10/11エントリ 武蔵小杉の新設校「川崎市立小杉小学校」の校舎がお目見え、2019年4月開校に向けた準備が進む
2018/12/28エントリ 川崎市立小杉小学校北側の「こすぎ公園」3,105平米が供用開始、2つの広場と多目的トイレを設けボール遊びも可能に
2019/2/8エントリ 日本医科大学新丸子キャンパスのグラウンド更地化工事が開始、外周部のソメイヨシノ等を伐採

Comment(1)

2019年
03月05日

パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーの「ファミリーマート」が3月6日(水)朝9時閉店、中原市民館「喫茶室いくおう中原」が3月16日(土)閉店

【Reporter:はつしも】

パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー1階の「ファミリーマート武蔵小杉駅前店」が、2019年3月6日(水)朝9時をもって閉店することになりました。

また同じく1階、中原市民館の「喫茶室いくおう中原」が3月16日(土)に閉店することなりました。

■パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーの低層部
パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーの低層部 

パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーは、今から約10年前、2009年4月に入居が行われた59階建てのタワーマンションです。

その低層部にはテナントとして「ファミリーマート武蔵小杉駅前店」「ベネッセ武蔵小杉保育園」が入居するとともに、「中原市民館」「かわさき市民活動センター」との複合施設になっています。

■3月6日(水)朝9時に閉店する「ファミリーマート武蔵小杉駅前店」
ファミリーマート武蔵小杉駅前店

まずこちらが、明日3月6日(水)朝9時に閉店する「ファミリーマート武蔵小杉駅前店」です。

この店舗はミッドスカイタワーの入居時点では「am/pm」でしたが、2011年6月に「ファミリーマート」に転換されました。

■「ファミリーマート武蔵小杉駅前店」閉店のお知らせ
ファミリーマート武蔵小杉駅前店閉店のお知らせ

パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー閉店のお知らせ

「ファミリーマート武蔵小杉駅前店」の店頭には、しばらく前から閉店のお知らせが掲示されていました。
閉店日は前述のとおり明日ですが、公共料金や宅配便、ギフトなどの受付は2月下旬から終了になっています。

跡地の利用についてはわかりませんが、何らか活用されることになるでしょう。

■3月16日(土)に閉店する「喫茶室いくおう中原」
「喫茶室いくおう中原」

続いてこちらが、3月16日(土)に閉店することになった「喫茶室いくおう中原」です。

同店は社会福祉法人育桜福祉会が障害者の雇用創出のために運営するもので、中原市民館以外にも川崎区の川崎市立川崎病院内でも営業を行っていました。

■「喫茶室いくおう中原」閉店のお知らせ
喫茶室いくおう中原閉店のお知らせ

こちらもファミリーマート同様に、中原市民館の入口近くに閉店のお知らせが掲示されていました。

■「喫茶室いくおう中原」のホットケーキ
喫茶室いくおう中原

「喫茶室いくおう中原」は、手の込んだ料理などはありませんが、比較的すいていることが多く、喫茶店として安定して利用できるお店でした。

まだ10日ほど営業していますので、最後に来店してみるのも良いと思います。

「パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー」も、竣工してから早くも10年が経過しました。
再開発初期の物件ですが、時が流れるのは早いものですね。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅南部地区 D・E地区

(ファミリーマート武蔵小杉駅前店関連)
2009/4/12エントリ 中原市民館会館記念事業開始、am/pm24日オープン
2009/4/22エントリ パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー入居開始
2009/4/23エントリ パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーの公開空地
2009/3/24エントリ パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーの公開空地一部開放
2009/4/7エントリ パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーのam/pm内装工事
2009/4/24エントリ am/pm武蔵小杉駅前店オープン
2009/7/21エントリ am/pm武蔵小杉駅前店の郵便ポスト
2010/8/4エントリ am/pm武蔵小杉駅前店の灰皿撤去と駐輪問題
2011/5/13エントリ パークシティ武蔵小杉のam/pm前の禁煙化と中原市民館裏手の喫煙所設置
2011/5/19エントリ am/pm武蔵小杉駅前店が5月28日(土)閉店、ファミリーマートに転換し6月22日(水)オープン
2011/6/22エントリ パークシティ武蔵小杉のファミリーマート武蔵小杉駅前店オープン

(喫茶室いくおう中原関連)
2009/4/8エントリ 新中原市民館に「喫茶室いくおう中原」を開店
2009/7/16エントリ 新中原市民館の「喫茶室いくおう中原」
2013/11/18エントリ 中原市民館「喫茶室いくおう中原」で、川崎パパ塾のミニ図書館「パパの本棚」運営中

Comment(2)