武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2015年
03月12日

武蔵小杉駅北口の複合施設「COSUGI VILLAGE」の「COSUGI CAFE」3月13日(金)オープン直前先行レポート

【Reporter:はつしも】

明日、2015年3月13日(金)に、SIA武蔵小杉ビル(旧NEC小杉ビル)が、コミュニティ機能をもった複合施設「COSUGI VILLAGE」(コスギビレッジ)としてリニューアルオープンします。

「COSUGI VILLAGE」には、オーナーである三井不動産レジデンシャルが分譲する「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」のモデルルームが設置され、それとは独立した形でコミュニティカフェ「COSUGI CAFE」(コスギカフェ)、ワークショップスペース「COSUGI KOBO」(コスギ工房)などが併設されます。

■「COSUGI VILLAGE」ウェブサイト
http://cosugi.jp/

■「COSUGI VILLAGE」(旧NEC小杉ビル)
「COSUGI VILLAGE」(旧NEC小杉ビル)

今回は、「COSUGI CAFE」「COSUGI KOBO」をオープン直前にご紹介したいと思います。

■コミュニティカフェ「COSUGI CAFE」
「COSUGI CAFE」の店内

「COSUGI CAFE」の店内

「COSUGI CAFE」の店内は、木を基調に各所に照明を配置し、温かみのある雰囲気に仕上がっています。
客席の配置は一定の余裕があり、広々とした印象を受けます。

このスペースを活用して、ワークショップなども今後開催されていきます。

■ソファ席
ソファ席

木製の椅子のほか、一部にはソファ席があります。

■壁面の武蔵小杉周辺マップ
壁面の武蔵小杉周辺マップ

ソファ席のそばの壁面には、武蔵小杉周辺マップがデザイン化されて描かれていました。
写真はまだ描いている途中のものですが、明日のオープン時には完成しているはずです。

■キッズスペース
キッズスペース

キッズスペース

またコーナーには、キッズスペースも設けられています。
幼児用のテーブル・椅子、ヒツジとゾウのかわいい乗り物があります。

壁面にロッカーがありますので、オープン時にはおもちゃなども用意されるものと思います。

■「HAND MAID」のコンセプト
「HAND MAID」のコンセプト

「COSUGI CAFE」では、以前のエントリでもご紹介したように「自分で作る」サンドイッチなどがコンセプトのひとつになっています。
オーダーカウンターの横には、そのコンセプトを図にしたものがありました。

■「組み立てるサンドイッチ:BLTサンド」(750円)
「組み立てるサンドイッチ:BLTサンド」

「組み立てるサンドイッチ:BLTサンド」

■「選んでまぜるサラダ」(700円)
「自分で作るサラダ」

「自分で作るサラダ」

自分で作るとなかなか美しい写真にしづらいですが、お子さんなどはちょっとした楽しみになりそうですし、よりおいしく感じるのではないでしょうか。

■ミートボール(ポーク)のシチュー(850円)
ミートボール(ポーク)のシチュー

その他、サンドイッチ・サラダ以外にもフードメニューは用意されています。
こちらはポークミートボールのトシチューです。

■ホットコーヒーミルク(オリジナルコーヒーシロップ+ミルク)430円
コーヒー

■オーガニックアイスマテ茶(380円)
オーガニックアイスマテ茶
 
■能勢ジンジャーエール(550円)
能勢ジンジャーエール

ドリンクはアルコールは提供できませんが、お勧めのコーヒーのほか、マテ茶などのソフトドリンク類が揃っています。
個人的に美味しいと思ったのは、写真の「能勢ジンジャーエール」です。大阪府豊能郡能勢町の「能勢酒造」の商品です。

ジンジャーエールというと、しょうがの風味が強い大人向けのものと、甘みの強いものがありますね。
「能勢ジンジャーエール」はしょうがの風味と甘みが両立しつつ、甘いものにありがちなベタつきが少なくて飲みやすかったです。

■店内中央の「本棚の樹」
店内中央の「本棚の樹」

さて、店内中央でひときわ目立つのが、この巨木の形をした本棚です。
これが2015/3/9エントリでもご紹介した「まちライブラリー」となるもので、ここに地域の皆さんがお勧めする本が収納され、共有されていくことになります。

「COSUGI CAFE」ではここに本を集めていくことを「植本」と読んでいまして、この「本棚の樹」が育っていくことをイメージしています。

その「植本」をしていくのが、前回ご紹介したワークショップ「ブックトークカフェ~みんなで育てるまちの図書館~」です。
第1回は3月21日(土)に開催予定であり、「ここ1年で一番のオススメ本」を持ち寄ってコミュニケーションをはかりつつ、「本棚の樹」への「植本」(寄贈)をする予定になっています。

■「ブックトークカフェ #1 ~みんなで育てるまちの図書館~」の開催概要
▼開催日時 2015年3月21日(土)13:30~16:30
▼会場 COSUGI VILAGGE内「COSUGI CAFE」
▼定員 25名
▼参加料金 無料
▼持参物 「ここ1年で一番のオススメ本」
▼詳細および参加申込 下記URLよりお申込ください。
http://everevo.com/event/20640
▼当日プログラム
(予定)
13:30-14:00 ブックトークカフェ説明と参加者自己紹介
14:00-15:15 本を語るワークショップ
15:15-15:45 植本祭(※詳細後述)
15:45-16:00 今後の開催予定のご連絡

16:00-16:30 フリートークタイム

同ワークショップは月1回程度開催を予定しており、少しずつ本棚を育てていくことを計画しています。
これにはNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの読書会「こすぎナイトキャンパス」が、企画協力を行なっています。



■ワークショップスペース「COSUGI KOBO」
ワークショップスペース「COSUGI KOBO」

そしてもうひとつ、「COSUGI VILLAGE」に3月14日オープンするのがワークショップスペース「COSUGI KOBO」です。
こちらは上記写真に加えて、テーブル・椅子が搬入される予定です。

■壁面のディスプレイ
壁面のディスプレイ

壁面のディスプレイ

「COSUGI KOBO」では、壁面に遊び心のあるディスプレイが飾られています。
これらの一部は、主催団体がワークショップで実際に作ったものなのだそうです。

このスペースは明日の時点ではイベントがないため特段活用はされませんが、3月21日以降順次、各種ワークショップが開催される予定です。

■「COSUGI KOBO」の直近ワークショップ開催予定
▼3月21日(土) 手作りブレスレットorアンクレットで春を先取り

 http://everevo.com/event/20644
▼3月29日(日) 「みんなでつくる大きな木」幼児クラス こどもまちCOBO ワークショップシリーズ
 http://everevo.com/event/20699
▼3月29日(日) 「みんなでつくる大きな木」小学生クラス こどもまちCOBO ワークショップシリーズ
 http://everevo.com/event/20642
▼4月 4日(土) ハーヴで食べられるブーケを親子で作ろう
 http://everevo.com/event/20645

なお、上記のワークショップはいずれもすでに定員満了となっています。
今後の開催予定につきましては、「COSUGI VILLAGE」のウェブサイトでご確認ください。

■隣接する「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」のモデルルーム受付
隣接する「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」

「COSUGI CAFE」「COSUGI KOBO」の間には、三井不動産レジデンシャル分譲の「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」のモデルルーム受付があります。
連続したスペースにはなっていますが基本的には分離されていまして、「COSUGI CAFE」「COSUGI KOBO」ともに独立した出入口を有しています。

両スペースを利用するためにモデルルーム受付を介する必要はなく、それぞれ別個に利用することが可能です。
1年から1年半程度の期間限定施設となりますが、駅前の好立地で折角コミュニティ施設として運営されるのですから、地域に寄与できるような活用がなされると良いと思います。

■「COSUGI CAFE」の店舗情報
▼所在地:中原区小杉町1-403-53 COSUGI VILLAGE(旧NEC小杉ビル)1階
▼営業時間:10:00〜18:00(月・木・金) 10:00〜19:00(土・日・祝)
▼定休日:火・水曜日(祝日は営業)
※3月14日のオープン日は営業時間が変更される可能性があります。


【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅北部地区
2009/1/6エントリ NEC小杉ビルからNECマイクロシステムが移転完了
2010/5/19エントリ シンプレクスがエルシィ跡地をUR都市機構に売却
2011/8/27エントリ 旧新日本石油社宅跡地にコンベンション施設整備で川崎市と事業者が合意、2016年度完成へ
2011/8/30エントリ 旧新日本石油社宅再開発は180m級タワーマンション2棟に、低層部商業施設がエルシィ跡地とデッキ接続へ
2011/10/18エントリ JX日鉱日石エネルギー社宅跡地の180mツインタワーは54階建て・1,280戸規模に
2011/10/22エントリ (仮称)小杉町2丁目開発計画のフロアマップとイメージ図
2011/10/29エントリ 川崎市と日本医科大学の、小学校新設に向けた協定内容
2011/12/12エントリ NEC小杉ビルを三井不動産レジデンシャルが取得、UR都市機構のエルシィ跡地との一体再開発に参画
2011/12/23エントリ 大西学園中学・高等学校の建替え工事が竹中工務店に決定、2015年4月供用開始へ
2012/2/24エントリ 日本医大再開発:武蔵小杉病院・新丸子校舎を移転、跡地開発および3,000㎡の公園を整備へ
2012/4/27エントリ JX日鉱日石エネルギー社宅跡地ツインタワーの低層部フロアマップ詳細が判明、保育所も入居へ
2011/12/12エントリ NEC小杉ビルを三井不動産レジデンシャルが取得、UR都市機構のエルシィ跡地との一体再開発に参画
2012/5/17エントリ ホテル・ザ・エルシィ跡地に180m級超高層タワーを計画
2012/5/18エントリ 「(仮称)小杉町二丁目開発計画」の条例環境影響評価準備書説明会
2012/5/28エントリ 「小杉町2丁目地区」の都市計画素案説明会を開催、6月3日(日)にも中原区役所で追加開催へ
2012/8/10エントリ 小杉町3丁目東地区に44階・160mタワー、エルシィ跡地に48階・170mタワー建設へ
2012/11/27エントリ 川崎市まちづくり局が「小杉町2丁目地区開発計画に関する説明会」を2012年12月1日(土)に開催
2013/1/25エントリ 日本医科大学武蔵小杉病院の移転跡地に都市型住宅・福祉・商業の高層ビル2棟を誘導へ
2013/9/13エントリ 大西学園中・高建替工事が2014年4月着工・2016年2月竣工へ
2014/2/15エントリ 日本医科大学武蔵小杉病院跡地に三菱地所レジデンスが180mツインタワー・商業施設を建設へ
2014/9/7エントリ 川崎市が「日本医科大学武蔵小杉再開発計画」に関するアンケート結果を発表
2014/10/26エントリ JX日鉱日石エネルギー社宅跡地180mツインタワー「CO-SUGI PROJECT」発表、A地区2017年度・B地区2018年度完成予定
2015/1/8エントリ JX社宅跡地ツインタワー正式名称が「パークシティ武蔵小杉ザ ガーデン」に決定、北口地区を「武蔵小杉の山の手」と位置付け
2015/1/15エントリ 三井不動産レジ保有「SIA武蔵小杉ビル」にまちづくりがテーマの複合施設「COSUGI HOUSE」3月オープン、カフェ・ワークショップスペース開設へ
2015/3/9エントリ 武蔵小杉駅北口のコミュニティ施設「COSUGI VILLAGE」が3月13日(金)オープン、「ブックトークカフェ」等イベントを3月21日以降順次開催

Comment(1)