武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2019年
11月19日

下小田中「かしま園」で地堀りパンジーよりどり販売「パンジーウォーク」と、野菜の収穫体験・採れたて販売を実施中

【Reporter:はつしも】

11月に入り、「中原区の花」パンジーの出荷シーズンになりました。
中原区下小田中のパンジー農家「かしま園」では、12月上旬まで畑を入園無料で開放し、地堀りパンジーの直売「パンジーウォーク」が行われています。

また、パンジーに加えて野菜の収穫体験と販売もできますので、ご紹介したいと思います。

■下小田中5丁目の「かしま園」
下小田中5丁目の「かしま園」

かしま園

「かしま園」は、下小田中5丁目の住宅街にあります。
武蔵小杉方面から向かう場合はGoogleマップを参照したほうが良いと思いますが、一言で申し上げると「今井小学校正門前の道路を、一切曲がらず西に直進」というのが一番シンプルかと思います。

今井小学校正門前から「かしま園」に到達するまでに、「いなげや川崎下小田中店」がちょうど中間地点にあります。
いなげやを通過したら、正しい道を進んでいるということです。

そうすると向かって左手に、上記写真1枚目のようなパンジー畑が見えてきます。
2枚目の写真は、敷地の反対側から撮影したものです。

■「かしま園」の地堀り栽培パンジー
地堀りパンジー

かしま園のパンジー

地堀りパンジー

最近のパンジーというと、ビニールハウスの台の上で、小さなポットに小分けされて育てられている姿をイメージされる方も多いと思います。

「かしま園」では、種まきから育苗までを路地の畑で行う「地堀り栽培」を行っています。

ご覧の通り空の下で、自然環境での栽培となりますから効率面でのばらつきも出ますが、ポットでの栽培に比べると定植後の根付きがよいというメリットがあります。

また、パンジーはもともと耐寒性の強い植物ですが、地堀り栽培では自然な昼夜の気温差のもとで生育するため、丈夫に育つとされています。
一般に春ごろまで咲き続けて花を楽しめるのも、パンジーの特徴です。

■「地堀りパンジー直売」のご案内
地堀りパンジー直売のご案内

「かしま園」では、11月1日から12月上旬までが地堀りパンジーの直売「パンジーウォーク」期間になっています。
この期間は9時から15時まで、自由にパンジー畑の中に入ってパンジーを選ぶことができます。

パンジーは1株100円で、地方配送も可能です。

■パンジーを掘る
パンジーを掘る

■気に入ったパンジーをストック
気に入ったパンジーをストック 

来園される場合は、スニーカーに軽装、軍手着用が推奨です。
パンジーを掘る道具は「かしま園」が用意されていました。

かしま園の中を自由に歩いて気に入ったパンジーを探し、ポットに移してストックしていきます。

最後にまとめてお会計をして、終了です。

■リースや鉢植え、培養土の販売
リースや鉢植え、培養土の販売

■培養土
培養土

園内ではリースや鉢植え、培養土の販売も行っています。
配送料は株数によって、記載の通り異なります。

■「かしま園」では約40種を栽培
約40種を栽培

■品種名の看板
品種名の看板

「かしま園」の畑を見ると、実に多種多様なパンジーが栽培されています。
ここでは、約40種のパンジーが栽培されているということです。

それぞれに品種名の看板がついていますので、現地でご覧になってみてください。

■野菜の収穫体験と販売
野菜の収穫体験と販売

また「かしま園」では、野菜の収穫体験と販売も実施しています。
野菜は注文してから収穫しますので、たいへん新鮮な状態で持ち帰ることができます。

野菜の内容はタイミングによって異なりますが、この日は大根・ニンジンの収穫体験ができました。

■レタス
レタス

■ホウレンソウ・ガーデンレタス
ホウレンソウ・ガーデンレタス

ミズナ

■ハクサイ
ハクサイ

■カブ
カブ

■ダイコン
ダイコン

畑で見る野菜は、どれも葉が瑞々しくて美味しそうです。
パンジーと合わせて収穫体験をしたり、とれたて野菜を買って帰るのも良いと思います。

■駐輪場(左)と駐車場(右)
駐輪場(左)と駐車場(右)

「かしま園」はいずれの鉄道駅からも距離がありますので、ご近所の方でなければ、自転車や車での来園になると思います。
敷地の北側には駐輪場と駐車場が用意されていました。

普段はパンジー畑に入る機会はなかなかないと思います。
この機会に畑の土にも触れながら、色とりどりのパンジーの中からお気に入りの株を見つけてみてはいかがでしょうか。

■「かしま園」Instagram


また、「かしま園」ではInstagramも開設しています。
パンジーや野菜の生育状況などもレポートされていますので、チェックしてみてください。

■「かしま園」近くの「全龍寺」


なお、「かしま園」の近くには、2019/8/9エントリでご紹介した「全龍寺」があります。
そろそろ紅葉の時期ですから、こちらもあわせて訪れてみるのも良いかもしれません。

■「かしま園」パンジーウォークの概要
開園時期 11月1日より12月上旬(第1日曜日)まで
開園時間 9:00~15:00
休園日 祝祭日に関わらず雨天時、雨後など足元の状況により休園
所在地 中原区下小田中5-1-2
Web
Instagram
http://kashimaen.my.coocan.jp/
https://www.instagram.com/kashimaen_/

■マップ


【関連リンク】
中原区ウェブサイト 中原区の花パンジー
2009/2/14エントリ 中原区の花、下小田中のパンジー
2011/9/20エントリ 下小田中のパンジーの苗
2019/8/9エントリ 下小田中にある、別世界への入口。川崎市重要歴史記念物が安置される「全龍寺」

Comment(0)

2019年
11月13日

武蔵中原駅前の「とんかつ武蔵」でいただく、平日ランチのとんかつ定食

【Reporter:はつしも】

JR武蔵中原駅前に「とんかつ武蔵」というお店があります。
かねてから高い評価を受けている同店を、今回は平日ランチでトライしてみました。

■JR武蔵中原駅前の「とんかつ武蔵」
JR武蔵中原駅前の「とんかつ武蔵」

「とんかつ武蔵」は、JR武蔵中原駅の北側、南武沿線道路沿いの「エフビル」2階にあります。
南武沿線道路に出て武蔵小杉方面に歩くと、すぐに黄色い看板が見えてくるかと思います。

■ふくろうの暖簾
ふくろうの暖簾 

このビルには、階段のほかにエレベーターがあります。
「とんかつ武蔵」は2階ですから、足がご不自由でなければ階段をのぼってもよいでしょう。

ふくろうの暖簾をくぐって、店内に入っていきます。

■明るい店内
明るい店内

明るい店内

「とんかつ武蔵」の店内は、ビルの古さのイメージよりも明るく、新しくはありませんが綺麗に保たれています。

カウンター席、テーブル席、小上がりのお座敷席の3種が用意されていました。

ランチタイムの混雑時など、相席をお願いすることがあります。

■ランチメニュー(※増税前)
ランチメニュー

夜のとんかつは千円台後半とお値段が少々高めになりますが、ランチメニューは千円程度以に抑えられています。

ここはやはり、「とんかつ」をいただいてみたいところです。

■ランチのとんかつ定食
ランチのとんかつ定食

ランチのとんかつ定食

お新香

ランチのとんかつ定食は、夜に比べるとお肉の厚みやボリュームを押さえていますが、それでもおなか一杯になる量があります。

脂の乗ったロースで、千円程度に抑えたコストパフォーマンスも勘案しつつ十分美味しくいただけました。

勿論「とんかつ武蔵」が高い評価を受けているとんかつの本領は、夜の肉厚な鹿児島産黒豚です。
そちらを期待される場合は、やはり千円台後半~のお値段で味わってみると良いと思います。

今回のように、まずはその前に小手調べとして、リーズナブルにランチでトライしてみるのも一策でしょう。


なお、今回はご紹介していませんが、同店ではとんかつ以外にも「お刺身」にも定評があります。
夜に日本酒を一杯やりながら、お刺身をいただいても良いかもしれませんね。

■「とんかつ武蔵」の店舗情報
●所在地:中原区上小田中6-21-6 エフビル2F
●営業時間:ランチ11:30~13:30 ディナー18:00~22:00
※土曜日はディナー営業のみ
●定休日:日曜日・祝日(不定休)

■マップ


【関連リンク】
食べログ とんかつ武蔵
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:レストラン とんかつ武蔵

Comment(0)

2019年
10月16日

台風19号:川崎市社会福祉協議会が「川崎市災害ボランティアセンター」をエポックなかはらに開設、10月17日(木)よりボランティア受付を開始

【Reporter:はつしも】

川崎市社会福祉協議会が、台風19号の影響に伴う「川崎市災害ボランティアセンター」を川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)に10月15日(火)に開設しました。

同センターにおいて、災害ボランティアの希望者の受付は10月17日(木)よりスタートし、被災された方がボランティア派遣の依頼を行うことができます。

■川崎市社会福祉協議会 災害対策専用facebookページ


川崎市災害ボランティアセンターは限られた準備時間で開設されたものであり、ボランティア募集や依頼の要項は変動する可能性があります。

状況の変動による混乱を避けるため、本サイトにはそれらの情報内容は掲載せず、上記の公式facebookページおよび公式ウェブサイトのみ案内をしておきます。

公式ウェブサイトはエントリ末尾の関連リンクに掲載しておきますので、いずれかご参照ください。

留意事項等がありますので、一通り目を通してからの問い合わせやセンターへの来館をお勧めいたします。

■川崎市総合福祉センター「エポックなかはら」
今回の「NECワーキングマザーサロン」会場のエポックなかはら

■川崎市総合福祉センター エポックなかはらのマップ


【関連リンク】
川崎市社会福祉協議会 災害関連最新情報
川崎市社会福祉協議会(災害対策専用)twitter
川崎市総合福祉センター エポックなかはら

(2019年台風関連)
2019/9/9エントリ 台風15号が武蔵小杉周辺に爪痕、倒木・看板落下・工事防護壁崩落・停電に加え鉄道運休で武蔵小杉駅に行列
2019/9/24エントリ 台風17号の強風により武蔵小杉の今井神社で大規模な枝折れが発生、早朝から撤去作業を実施
2019/10/11エントリ 大型の台風19号が12日(土)首都圏に接近:JR・東急線が昼頃までに運休、東急ストア・ららテラス・グランツリー等武蔵小杉の商業施設が臨時休業を決定
2019/10/13エントリ 台風19号通過により武蔵小杉周辺が冠水、JR武蔵小杉新駅は設備故障で運行再開後も全列車が通過に 
2019/10/14エントリ 台風19号により今井神社など各地で倒木が発生、15号・17号からのダメージ蓄積も注意  
2019/10/15エントリ 台風19号:武蔵小杉駅新南口の本日供用開始に長蛇の列、駅前エプロント・サイゼリヤ・ワンズガーデンはビル浸水で当面休業に

Comment(0)

2019年
08月23日

武蔵中原駅前の富士通川崎工場本館ビルが「東京2020」1年前記念でパラリンピックシンボルカラーにライトアップ

【Reporter:はつしも】

本日、富士通川崎工場本館壁面がパラリンピックのシンボルカラーである「赤・青・緑」にライトアップされました。
これは東京2020パラリンピック競技大会の開催1年前を記念したもので、同大会のパートナー企業の富士通がキャンペーンの一環として実施したものです。

ライトアップは本日8月23日(金)に加えて、明日24日(土)19:00~21:00にも実施される予定です。

■富士通川崎工場本館ビル
富士通川崎工場本館ビル

■パラリンピックシンボルカラーのライトアップ
パラリンピックのシンボルカラーのライトアップ

富士通川崎工場は、JR南武線武蔵中原駅前に広大な敷地を有する富士通の事業拠点です。
登記上はここが「本店」となっていまして、20階建ての本館ビルが駅前から一番最初に目に入るシンボルとなっています。

本館ビルの壁面が、ご覧の通りパラリンピックのシンボルカラーにライトアップされていました。

「赤・青・緑」のカラーは、パラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」に使われているものです。

「アギト」とは、「私は動く」という意味のラテン語です。
困難なことがあってもあきらめずに、限界に挑戦し続けるパラリンピアンを表現しています。

赤・青・緑の三色は、世界の国旗で最も多く使用されている色ということで選ばれたということです。


パラリンピックの主たる会場は東京ですので、ライトアップはこれまでに東京タワーや東京スカイツリー、都庁など、主に都内の大規模施設で実施されてきました。

神奈川県では、今回の富士通川崎工場が初実施ということでした。

■緑色に染まった富士通のロゴマーク
緑色に染まった富士通のロゴ

■地上のライトアップ用照明機器
地上の照明機器

富士通川崎工場本館ビルの前には、3色の照明機器が設置されていました。

ライトアップされているのはビル壁面の広範囲ですが、照明機器はごく小さなものでカバーできるものなんですね。

■富士通フェスティバル イルミナイト川崎のウインドウアート
川崎フロンターレ初優勝おめでとう! 

北側のクリスマスウインドウアート 

なお、富士通川崎工場では、これまでにもクリスマスシーズンのイベント「富士通フェスティバル イルミナイト川崎」でもウインドウアートを展開するなど、本館ビルを活かした取り組みを行ってきました。

武蔵中原駅前にそびえたつ高層ビルですので、周辺地域への告知効果も大きいのではないでしょうか。

冒頭でご紹介した通り、ライトアップは明日24日(土)も19:00~21:00に実施していますので、お近くの方はご覧になってみてください。

【関連リンク】
東京2020ウェブサイト
富士通ウェブサイト 地域貢献活動
2008/12/24エントリ 2008富士通川崎工場クリスマスイベントレポート
2009/12/24エントリ 2009富士通川崎工場クリスマスイベントレポート
2010/12/24エントリ 2010富士通川崎工場クリスマスイベントレポート
2011/12/22エントリ 2011富士通川崎工場クリスマスイベントレポート
2012/12/22エントリ 2012富士通川崎工場クリスマスイベントレポート
2013/12/21エントリ 2013富士通川崎工場クリスマスイベントレポート
2014/12/22エントリ 「富士通フェスティバル イルミナイト川崎2014」開催レポート
2015/12/19エントリ 「富士通フェスティバル イルミナイト川崎2015」開催レポート
2016/12/24エントリ 「富士通フェスティバル イルミナイト川崎2016」開催レポート:夕暮れの武蔵小杉眺望・新企画「魔法学校」などを楽しむ
2017/12/23エントリ 「富士通フェスティバル イルミナイト川崎2017」開催レポート:本館壁面にフロンターレJ1初優勝祝賀メッセージが登場、本館ビルで富士通の新技術を体験
2018/12/22エントリ 「富士通フェスティバル イルミナイト川崎2018」開催レポート:川崎フロンターレJ1連覇仕様の「黄金のふろん太」が登場

Comment(0)

2019年
07月11日

スーパー生鮮館TAIGA跡地に「スギドラッグ」上小田中店が本日オープン、調剤薬局は8月1日スタート

【Reporter:はつしも】

本日、上小田中の「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」の跡地に、スギ薬局グループ店舗「スギドラッグ上小田中店」がオープンしました。

ドラッグ、化粧品、生活用品から食品まで幅広い商品を取り扱い、8月1日(木)からは調剤薬局もスタートします。

■「スギドラッグ(スギ薬局)上小田中店」
スギ薬局上小田中店

スギ薬局上小田中店の店内 

この場所には、かつて「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」が2007年4月にオープンしました。
同店は11年以上にわたって営業を続けてきましたが、2019年2月18日に閉店となりました。

その跡地にオープンしたのが、「スギドラッグ上小田中店」です。

■ドラッグ売場
ドラッグ売場

■調剤薬局は8月1日スタート
処方箋は8月1日スタート

処方箋は8月1日スタート

まず、ドラッグストアですので、入口近くに基本のドラッグ売場があります。
処方箋を受け付ける調剤薬局部門「スギ調剤薬局」は、8月1日からのスタートです。

■シャンプーなど生活用品売り場
洗剤など生活用品売り場

■化粧品売り場
化粧品売り場

■食品売り場
食品売り場

■調味料売場
調味料売場

■冷凍食品売り場
冷凍食品売り場

スギドラッグの店内には、シャンプーや洗剤などの生活用品、化粧品、各種食品などが揃っています。

「スーパー生鮮館TAIGA」なきあと、部分的ではありますがスーパーのお買い物需要を満たすことができそうです。

■ペット用品
ペット用品売り場

■ペットフード
ペットフード

また、売り場の棚の一列丸ごと、ペットフードやトイレの砂などのペット用品になっていました。

このあたりはペットを飼われている方も多いですから、重宝されるかもしれません。

■開店準備中の店舗にあった「人生ゲーム」
人生ゲーム

なお、オープン準備中に店舗内に用意されていたことをお伝えした「人生ゲーム」ですが、これはお買い物によるポイント交換で引き換えできる商品でした。

日常的に利用される方でしたら、ポイントカードを作って貯めてみてはいかがでしょうか。

■「スギドラッグ上小田中店」マップ


【関連リンク】
スギ薬局 ウェブサイト

(TAIGA周辺関連)
2011/3/31エントリ 「いなげや川崎下小田中店」オープン
2018/6/27エントリ 武蔵小杉の地下を走る貨物線「武蔵野南線」に給電、上小田中の「梶ヶ谷変電所」で見る「金矢」の字
2019/1/19エントリ 「スーパー生鮮館TAIGA 川崎中原店」が2019年2月18日(月)17時閉店決定、約12年の歴史に幕
2019/2/18エントリ 「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」が本日閉店、5日間の閉店セールを最後に約12年の歴史に幕
2019/5/11エントリ 「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」跡地にドラッグストア「スギ薬局」がオープンへ、「まいばすけっと今井仲町店」5月17日(金)オープン

(スギ薬局関連)
スギ薬局グループ ウェブサイト
2018/4/5エントリ 向河原駅前市場(旧スーパー五光)跡地にドラッグストア「スギ薬局」が2018年4月下旬オープンへ
2018/5/22エントリ 「向河原駅前市場(旧スーパー五光)」跡地に「スギ薬局」がオープン、食品関係も取り扱い
2019/6/18エントリ 「スーパー生鮮館TAIGA」跡地の「スギドラッグ上小田中店」オープン日が7月11日(木)に決定

Comment(0)

2019年
07月01日

JR武蔵中原駅に新設の「川崎市立図書館返却ポスト」が本日供用開始、南武線初電から終電まで返却を受付

【Reporter:こだなか】

本日、JR南武線武蔵中原駅の構内に川崎市立図書館の図書返却ボックスが設置されました。

この返却ボックスはJR東日本横浜支社の協力により実現したもので、駅構内への設置は初となります。
同駅におけるJR南武線の初電から終電までの間に、一定の条件のもとで利用することができます。

■JR武蔵中原駅の川崎市立図書館返却ボックス
JR武蔵中原駅の川崎市立図書館返却ボックス

図書返却ボックス

JR武蔵中原駅の返却ボックスは、同駅の自動券売機近くに設置されました。

この返却ボックスは、読み終えた図書等の返却を促し、次の利用者への迅速な貸出につなげていくことなど、図書館利用者へのサービスの向上を図ることを目的としています。

■JR武蔵中原駅の川崎市立図書館返却ボックスの仕様
利用開始 2019年7月1日(月)午前10時から
設置個所 駅構内の券売機付近
利用時間 JR武蔵中原駅の初電から終電まで(午前4:15~翌0:55頃)
※年末年始を除く
その他 ●投函後、図書館での返却手続きが完了するまでに1日程度かかります。
●川崎市立図書館以外の本や破損の恐れがあるCD等は返却できません。
●返却ボックスに収納可能な冊数を超えた場合や駅からの指示などがあった場合には、一時的に利用できないことがあります
Web 川崎市報道発表資料 JR武蔵中原駅に市立図書館の返却ボックスを設置します

上記が、川崎市報道発表資料による返却ボックスの仕様です。 
駅構内の施設ですから、利用時間はおのずとJR武蔵中原駅の初電から終電までとなります。

そして、おそらく1日1回程度川崎市市立図書館が本の回収を行って図書館での手続きを行うため、返却手続きが完了するのは「ポストに投函した瞬間」ではありません。
ポストに投函してから、図書館に届いて手続きが行われる「1日程度経過後」ということになります。

つまり、返却日ぎりぎりに投函しても手続き上は「延滞」の記録がつく可能性がありますので、あらかじめご留意ください。

■返却ボックスに掲示された利用案内
返却ボックスに掲示された利用案内

返却ボックスに掲示された利用案内

そしてこちらが、返却ボックスに掲示された利用案内です。

川崎市報道発表資料では「1日程度」とされていた「投函から返却手続き完了までの所要日数」が、ここでは「1日~3日」となっています。

3日はさすがにかかりすぎという気もいたしますけれども、回収・輸送・電子的手続きのステップにかかる日数を最大限余裕をもって告知したということかと思います。

■川崎市の各種発表の表記の揺れ
表記の揺れ
 
なお、川崎市立図書館のウェブサイトでは「数日かかる」と、さらに表記のばらつきがありますので、とりあえず安全をみた日数で返却するのがよいでしょう。

■南武線と川崎市立図書館のキャラクター「つばきくん」
南武線と川崎市立図書館のキャラクター「つばきくん」

回収ボックスの側面には、南武線快速電車(川崎行)と、川崎市立図書館のキャラクター「つばきくん」が掲示されていました。

左側は通常の「つばきくん」ですが、右側は駅員さん仕様になっていますね。
川崎市立図書館と、JR東日本のコラボレーションポスターということのようです。

JR武蔵中原駅での返却ポストの運用結果も踏まえて、今後南武線での同様のポスト設置が行われることもあるかもしれません。
図書館を利用される方の利便性が高まるようであれば、喜ばしいことと思います。

■武蔵小杉東急スクエア1階の返却ポスト
武蔵小杉東急スクエア1階の返却ポスト

なお、中原区内においては、武蔵小杉東急スクエアの1階にも返却ポストがあります。

これは同じ再開発ビルの5~6階に入居する「川崎市立中原図書館」の開館時間外用の返却ポストという位置づけになっています。

中原図書館は駅直結の図書館として、開館時間を21時まで延長していますが、さらに利用者の利便性をはかるべく、この返却ポストを設置しています。
あくまでも開館時間外のための返却ポストですから、中原図書館の開館時間中は5階の返却窓口を利用することになります。

この点、初電から終電まで利用できるJR武蔵中原駅の返却ポストとは性質が異なりますので、ご注意ください。

【関連リンク】
川崎市立図書館 ウェブサイト
2013/3/8エントリ 武蔵小杉東急スクエア1階入口に新中原図書館の返却ポストが設置
2013/4/2エントリ 新「中原図書館」開館レポート
2014/8/8エントリ 新中原図書館に眠る、鯉と亀
2015/1/21エントリ 中原図書館の「四角いドラえもん」と「ドラえもん特別住民票」
2015/11/3エントリ 中原図書館の、南武線「E233系」と副都心線「10000系」の車両缶

Comment(0)

2019年
06月18日

「スーパー生鮮館TAIGA」跡地の「スギドラッグ上小田中店」オープン日が7月11日(木)に決定

【Reporter:はつしも】

「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」跡地に、「スギ薬局」のグループ店舗が出店する予定であることを、2019/5/11エントリでお伝えしました。

このたび、現地店舗において正式にオープン告知が行われまして、「スギドラッグ上小田中店」が2019年7月11日にオープンすることがわかりました。

■「スギドラッグ上小田中店」のオープン予定地
スギドラッグ上小田中店のオープン予定地

「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」は、今井小学校のやや西側、上小田中で2007年4月から営業をしてきた食品スーパーマーケットでした。
安さが一定の支持を集めていたように思われましたが、同店は2019年2月18日に閉店となり、空き店舗の活用が周辺地域では注目されていたところです。

その跡地にオープンするのが、「スギドラッグ上小田中店」です。

■「スギ薬局グループ」共通のオープン告知
スギドラッグ上小田中店のオープン告知

スギドラッグ上小田中店のオープン告知

現在、現地には7月11日のオープン告知が掲示されています。
上記は「スギ薬局グループ」共通の看板で、オープン日付は都度入れ替えて新店舗をつくるごとに再利用できるようになっています。

■「スギドラッグ上小田中店」のオープン告知
スギドラッグ上小田中店のオープン告知

一方こちらは、店舗ガラス面の「スギドラッグ上小田中店」独自のオープン告知です。
処方箋を扱う調剤薬局があるのが「スギ薬局」、ないのが「スギドラッグ」という店舗ブランドの違いがあります。

ただ、スギ薬局グループのほとんどの店舗には調剤部門として「スギ薬局調剤」が設置されているようですので、「スギドラッグ上小田中店」も同様に調剤部門を設置することが考えられます。

■「スギ薬局下新城店」
スギ薬局下新城店

■「スギ薬局向河原駅前店」
スギ薬局向河原駅前店

スギ薬局のグループ店舗は、中原区内では「下新城店」と「向河原駅前店」があります。
これらはいずれも処方箋の取り扱いを行っています。

なお、「向河原駅前店」は「スギドラッグ」と「スギ薬局調剤」の併設店舗です。
売り場面積からすると、「向河原駅前店」が今回の「上小田中店」にイメージが近いかもしれません。

■「スギ薬局」の食品売り場
食品売り場 

前回エントリでもご紹介した通り、「スギ薬局」の店舗では食品や日用品など、ドラッグや化粧品以外にも幅広い商品を取り扱っています。
「スーパー生鮮館TAIGA」が閉店した穴を、多少なりとも埋める存在にはなるのではないでしょうか。

■開店準備中の店舗にあった「人生ゲーム」
人生ゲーム

■同じく「オーブントースター」
同じく「オーブントースター」

開店準備中の店舗には、「人生ゲーム」や「オーブントースター」などの箱が積まれていました。
商品在庫なのか、あるいはオープニングの景品類なのかわかりませんけれども、ドラッグに限定した店舗イメージでないのは確かですね。

■「スーパー生鮮館TAIGA」の名残
スーパー生鮮館TAIGAの名残

「スギ薬局」らしく白く塗られた建物の壁面を見ると、「スーパー生鮮館TAIGA」の店名の名残がかろうじて読み取れました。
上記写真では「スーパー」の文字があるのがわかるでしょうか。

この段階ではまだ設置されていなかった、「スギドラッグ」の看板なども今後設置工事が行われるものと思います。

■オープン準備中の「スギドラッグ上小田中店」
スギドラッグ上小田中店

■「スギドラッグ上小田中店」オープン予定地マップ


【関連リンク】
スギ薬局 ウェブサイト

(TAIGA周辺関連)
2011/3/31エントリ 「いなげや川崎下小田中店」オープン
2018/6/27エントリ 武蔵小杉の地下を走る貨物線「武蔵野南線」に給電、上小田中の「梶ヶ谷変電所」で見る「金矢」の字
2019/1/19エントリ 「スーパー生鮮館TAIGA 川崎中原店」が2019年2月18日(月)17時閉店決定、約12年の歴史に幕
2019/2/18エントリ 「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」が本日閉店、5日間の閉店セールを最後に約12年の歴史に幕
2019/5/11エントリ 「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」跡地にドラッグストア「スギ薬局」がオープンへ、「まいばすけっと今井仲町店」5月17日(金)オープン

(スギ薬局関連)
スギ薬局グループ ウェブサイト
2018/4/5エントリ 向河原駅前市場(旧スーパー五光)跡地にドラッグストア「スギ薬局」が2018年4月下旬オープンへ
2018/5/22エントリ 「向河原駅前市場(旧スーパー五光)」跡地に「スギ薬局」がオープン、食品関係も取り扱い

Comment(0)

2019年
05月11日

「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」跡地にドラッグストア「スギ薬局」がオープンへ、「まいばすけっと今井仲町店」5月17日(金)オープン

【Reporter:はつしも】

「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」の跡地に、「スギ薬局」グループの店舗がオープンする見込みであることがわかりました。

■「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」の跡地
「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」跡地 

「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」は、今井小学校のやや西側、武蔵小杉駅と武蔵中原駅の中間あたりで営業をしてきた「安さ重視」の食品スーパーマーケットです。

2007年4月のオープン以来、スーパー空白地帯にあって一定の支持を得ていたように思われましたが、2019年2月18日をもって閉店となりました。

■店名の名残
スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店の跡地

店名の名残

「TAIGA」閉店後、現地では建物の「原状回復工事」が行われました。
原状回復をするということは、この建物をふたたび活用するということです。

建物をどのように活用するものか、周辺地域の方は注目されていたのではないかと思います。

■「スギ薬局下新城店」
スギ薬局下新城店 

■「スギ薬局向河原駅前店」
「スギ薬局向河原駅前店」 

「スギ薬局」は、中原区には「下新城店」「向河原駅前店」の2店舗があります。

このうち「向河原駅前店」については、食品スーパー事業から撤退した「スーパー五光」(店舗名は向河原駅前市場)の跡地に2018年4月にオープンしたばかりです。

「TAIGA」跡地に「スギ薬局」がオープンとなると、再びスーパーからのドラッグストア転換ということになります。

■「スギ薬局」の化粧品・ドラッグ売場
化粧品・ドラッグ売場

■同じく食品売り場
食品売り場

「スギ薬局」は、化粧品やドラッグ類だけでなく、食品類も取り扱っています。
今どきのドラッグストアの多くは、このような業態になっていますね。

「TAIGA」の跡地はそれほど大きな売場ではありませんから、品揃えとしては限定的でしょうが、最低限の食品お買い物はできるのではないでしょうか。


なお、「スギ薬局」のグループ店舗はメインの「スギ薬局」が本命ですが、「スギドラッグ」「ドラッグスギ」などのブランドもあります。

また出店場所も上小田中6丁目であることは確定しており、諸条件から「TAIGA川崎中原店」跡地と考えられますが、6丁目内の別場所という可能性もゼロとはいえませんので、あらかじめご承知ください。



なお、5月17日(金)には、「TAIGA」跡地から少し離れたサライ通り商店街に「まいばすけっと今井仲町店」がオープンします。

■サライ通り商店街にオープンする「まいばすけっと今井仲町店」
サライ通り商店街の「まいばすけっと今井仲町店」

まいばすけっと今井仲町店

まいばすけっと今井仲町店

「まいばすけっと」は、近年店舗拡大を続けているイオンの小型スーパーです。

こちらと「スギ薬局」の食品売り場、そして「いなげや下小田中店」あたりが、この一帯の食品スーパー機能ということになりそうです。

■「TAIGA跡地」と「まいばすけっと今井仲町店」のマップ
マップ

【関連リンク】
(TAIGA周辺関連)
2011/3/31エントリ 「いなげや川崎下小田中店」オープン
2018/6/27エントリ 武蔵小杉の地下を走る貨物線「武蔵野南線」に給電、上小田中の「梶ヶ谷変電所」で見る「金矢」の字
2019/1/19エントリ 「スーパー生鮮館TAIGA 川崎中原店」が2019年2月18日(月)17時閉店決定、約12年の歴史に幕
2019/2/18エントリ 「スーパー生鮮館TAIGA川崎中原店」が本日閉店、5日間の閉店セールを最後に約12年の歴史に幕

(スギ薬局関連)
スギ薬局グループ ウェブサイト
2018/4/5エントリ 向河原駅前市場(旧スーパー五光)跡地にドラッグストア「スギ薬局」が2018年4月下旬オープンへ
2018/5/22エントリ 「向河原駅前市場(旧スーパー五光)」跡地に「スギ薬局」がオープン、食品関係も取り扱い

Comment(0)

2019年
03月26日

「富士通フェスティバル 春まつり 川崎2019」が3月31日(日)開催、パラスポーツ体験など楽しい企画が満載

【Reporter:はつしも】

「富士通フェスティバル 春まつり 川崎2019」が、3月31日(日)に開催されます。

これは富士通川崎工場と富士通労働組合プロダクトグループが主催する地域貢献イベントです。
広大な工場敷地が解放され、毎年約1万人の来場者で賑わっています。

■「富士通フェスティバル 春まつり 川崎2019」
富士通フェスティバル春まつり川崎2019

■「富士通フェスティバル 春まつり 川崎2019」の開催概要
日時 2019年3月31日(日)10:00~15:00
※雨天開催。ただし荒天予報で中止する場合は3月29日(金)に告知します。
会場 富士通川崎工場【アクセス
※昨年より駐輪場が隣接の富士通研究所に変更になっていますので、ご注意ください。
参加申込 「スポーツ教室」および「フランス料理を楽しむ会」は事前申込(抽選)が必要であり、すでに終了しています。
主催 富士通株式会社/富士通動労組合プロダクトグループ
Web 富士通イベントページ

▼プログラム:
<屋外イベント>
10:10~10:30 和太鼓演奏(中庭)
10:50~11:20 騎士竜戦隊リュウソウジャーショー(西側屋外ステージ)
12:15~12:35 西中原中学校吹奏楽部(西側屋外ステージ)
13:10~14:00 大抽選会(西側屋外ステージ)
14:10~14:40 騎士竜戦隊リュウソウジャーショー(西側屋外ステージ)

■和太鼓演奏
富士通川崎工場本館と和太鼓演奏

■富士通春まつり大抽選会
大抽選会 

■戦隊ショー
戦隊ショー

<屋内ステージ(本館1階)>
11:00~11:20 富士通川崎合唱団
11:40~12:10 富士通川崎吹奏楽団

<屋内ステージ(本館2階)>
10:30~10:50 富士通謡曲部
11:20~11:50 富士通民謡部

<環境イベント(本館2階)>
10:00~14:40 バンブーフレンド工作 ※10時・12時より整理券配布

■竹細工教室
竹細工による万華鏡作り

<技術イベント>
10:00~14:40 テクノロジーホール見学(本館地下1階)
10:00~14:40 ひととゆめのネットワーク子供科学教室(本館2階)
10:30~11:20 手作り乾電池教室(本館2階)※10時より整理券配布
11:30~12:15 手作り乾電池教室(本館2階)※10時より整理券配布
13:00~13:45 手作り乾電池教室(本館2階)※12時より整理券配布

■子供科学教室
科学教室

<食のイベント>
11:00~12:00 マグロの解体ショー(本館12階)
12:00~13:30 フランス料理を楽しむ会(本館20階)※要予約、受付終了

■マグロの解体ショー
マグロの解体ショー 

<スポーツイベント>
10:15~11:00 フラッグフットボール教室(体育館)※要予約、受付終了
11:15~12:00 バスケットボール教室(体育館)※要予約、受付終了
12:25~13:10 こどもチア教室(体育館)※要予約、受付終了
13:25~14:10 かけっこ教室(体育館)※要予約、受付終了
10:00~14:40 パラスポーツ体験(屋外南東エリア)
10:00~14:40 サイクルスポーツ体験(屋外南東エリア)
※スポーツ教室開催時間10:15~14:10は見学自由です。

■子どもチア教室
子どもチア教室

■パラスポーツ体験「ボッチャ」
パラスポーツ体験「ボッチャ」 

■パラスポーツ体験「ウィルチェアーラグビー」
ウィルチェアーラグビー 

■サイクルスポーツ体験
バーチャル競輪対決 

富士通のウェブサイトおよび地域向けのチラシで事前に告知されているイベントは、以上です。

事前申し込みが必要となる「フランス料理を楽しむ会」「スポーツ教室」についてはすでに受付が終了していますが、「スポーツ教室」の見学は自由です。

また、「バンブーフレンド工作(竹細工)」「手作り乾電池教室」は整理券配布がありますので、配布時間をそれぞれご確認ください。

その他、「マグロの解体ショー」の会場が本館12階になるなど、恒例イベントの会場が一部変更になったりしていますので、ご注意ください。

■工場敷地内に並ぶ出店
賑わう川崎工場

富士通フェスティバル春まつり川崎 

■川崎フロンターレ「イケメンダンク」
川崎フロンターレの「イケメンダンク」

上記以外にも、 当日には敷地内に多数の模擬店が並びます。

毎年、富士通がメインスポンサーをつとめる川崎フロンターレのアトラクション(バスケットボールゲーム「イケメンダンク」やキックターゲット)も出店しています。

■トヨタ車の販促活動を行うふろん太君
トヨタ車の販促活動を行うふろん太君

■「ふろん太君でも乗れる!」
ふろん太君でも乗れる! 

■富士通フロンティアーズのマスコット「フロンティー」
フロンティアーズのマスコット「フロンティー」 

毎年自動車の販促活動も行われているのですが、昨年はここに「ふろん太」くんも登場して、乗りやすさをPRしていました。

さらに富士通フロンティアーズの「フロンティー」など、富士通スポーツのキャラクターも来場予定です。

■20階展望フロアから見る武蔵小杉
20階展望フロアから見る武蔵小杉

当日は富士通川崎工場本館ビルの20階が展望フロアとして一部開放されます。

上記は一昨年の写真ですが、クレーンが立っている「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」が完成した姿が今年は見られるでしょう。

■駐輪場として活用される富士通研究所
駐輪場として活用された富士通研究所  

また、昨年に引き続いて、今年も川崎工場東側の「富士通研究所」が駐輪場として使われることになります。

従来駐輪場入口になっていた北側通用門からは入れませんので、ご注意ください。

■富士通川崎工場
富士通フェスティバル春まつり川崎2018 

【関連リンク】
(富士通春まつり関連)
富士通 地域貢献活動 富士通フェスティバル 春まつり 川崎2019
2008/4/8エントリ 「2008富士通春まつり」レポート
2009/4/6エントリ 「2009富士通春まつり」レポート
2010/4/4エントリ 「2010富士通春まつり」レポート
2011/3/16エントリ 「2011富士通春まつり」が開催中止
2012/4/1エントリ 「2012富士通川崎工場春まつり」レポート
2013/5/19エントリ 「2013富士通川崎工場春まつり」レポート
2014/4/6エントリ 「2014富士通川崎工場春まつり」レポート
2015/4/5エントリ 「富士通フェスティバル 春まつり 川崎2015」レポート
2016/4/4エントリ 「富士通フェスティバル 春まつり 川崎2016」レポート
2017/4/3エントリ 「富士通フェスティバル 春まつり 川崎2017」レポート:55kgのバチマグロの解体ショーでいただく、マグロ丼
2018/4/2エントリ 「富士通フェスティバル 春まつり 川崎2018」レポート:川崎工場80周年記念展示で振り返る歴史と、パラスポーツ体験

Comment(0)

2019年
03月20日

「ブックオフ武蔵中原店」がTSUTAYA閉店跡地に拡張リニューアルオープン、家電・ホビー・楽器等の取り扱いを開始

【Reporter:はつしも】

武蔵中原駅近くの「ブックオフ武蔵中原店」が、2019年3月14日にリニューアルオープンしました。
従来の1階店舗に加え、かつての2階「TSUTAYA武蔵中原店」の跡地に家電・ホビー・楽器等の取り扱いを拡大しています。

■リニューアルオープンした「ブックオフ武蔵中原店」
リニューアルオープンした「ブックオフ武蔵中原店」

リニューアルオープンした「ブックオフ武蔵中原店」

■1階の「ブックオフ」既存の売り場
1階の「ブックオフ」既存の売り場

中原街道沿いでは、従来は「ブックオフ武蔵中原店」「TSUTAYA武蔵中原店」が1階・2階の複合店舗として営業をしていました。
そのうち「TSUTAYA武蔵中原店」が2019年2月17日を最終貸出日(ポスト返却は2月25日まで)として閉店し、その跡地にブックオフが店舗を拡張するかたちになりました。

1階の売り場ついては、基本的には従来通り古本を取り扱うスペースとなっています。

■2階売り場への階段
2階売り場への階段

■拡張された2階売り場
拡張された2階売り場

そしてこちらが、拡張された2階の売り場です。
中古のCD、DVD、ブルーレイ、ゲームソフト、トレーディングカード、おもちゃ、フィギュア、プラモデル、デジタル家電、楽器などを取り扱っています。

■楽器コーナー
楽器コーナー

楽器コーナーは、ギターやベースが中心でした。
新品はそれなりのお値段がしますので、気軽に始めたい方には良いかもしれません。

また徐々にステップアップしてきた方は、現在の楽器を売却して、より良い楽器を購入する原資にすることもあるでしょう。

■デジタル家電コーナー
デジタル家電コーナー

デジタル家電コーナー

デジタル家電コーナーには、PCやモニター、液晶テレビなどが並んでいました。
その他、DVD・ブルーレイプレイヤーや生活家電なども取り扱い品目に入っています。

■CDコーナー
CDコーナー

ソフト関連では、CD、DVD、ブルーレイなどが一通りそろっています。
またゲームソフトについても、スーパーファミコンソフトなど、懐かしいパッケージから在庫がありました。

■トレーディングカードコーナー
トレーディングカードコーナー

こちらは、トレーディングカードのコーナーです。
ニッチなジャンルのようですが、想像よりも広めのスペースがとられていました。

武蔵小杉ではトレーディングカード専門店「カードラボ」がオープンしていますし、一定のマーケットが確立されているものと思います。

■フィギュアコーナー
フィギュアコーナー

■プラモデルコーナー
プラモデルコーナー

ホビー関係では、フィギュアとプラモデルのコーナーも広くとられていました。
こちらは1点あたりのアイテムが大きいですので、スペースが必要になります。

プラモデルといえば、代表的なものはやはり「ガンプラ」ですね。
「ガンプラ」とは、人気アニメーション作品「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ(作中に登場する戦闘用ロボット)のプラモデルのことです。

「 ご紹介した以外にも、幼児向けのおもちゃコーナーなどもありました。
古本同様に、取扱商品は買取を行っていますので、不要になったアイテムがありましたら、持ち込んでみるのも良いと思います。

■元住吉の「ブックオフ総合買取窓口」
元住吉の「ブックオフ総合買取窓口」

そういえば、元住吉には2018年8月に「ブックオフ総合買取窓口」がオープンしていました。
古本に限らず、不用品のリサイクル需要が拡大していることがうかがわれます。

【関連リンク】
ブックオフ 店舗情報 武蔵中原店
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:ホビー・カルチャー
2017/9/24エントリ 「中原ブックランドTSUTAYA小杉店」「ポッポ武蔵小杉店」が本日閉店、レンタルビデオ「TSUTAYA」は10月6日(金)移転オープンに向け準備進む
2017/10/6エントリ 小杉町3丁目東地区再開発で立ち退き「TSUTAYA小杉店」が仮設店舗で本日オープン、レンタルコミックを取り扱い開始
2018/7/12エントリ ブレーメン通り商店街のケンタッキー跡地に「ブックオフ総合買取窓口」が2018年8月オープン決定、買取専門新業態として4店舗目の出店
2019/1/20エントリ 「TSUTAYA武蔵中原店」が2月17日(日)最終貸出・2月25日(月)最終返却で閉店決定、「ブックオフ武蔵中原店」がリニューアルオープンへ

Comment(0)