武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2010年
02月25日

ブーランジュリー・メチエ、しばしのお別れ

tsugomoli.gif

2009/12/10エントリでお伝えしました通り、来年度に取り壊し予定の
「小杉第6共同ビル」内にある「ブーランジュ リー・メチエ」が、今月
27日(土)をもって現在の店舗での営業を終了
します。

■ブーランジュリー・メチエ 店舗移転のお知らせ
ブーランジュリー・メチエ 店舗移転のお知らせ

2月になってから、お店の前に、こんな張り紙がありました。

メチエのいちファンとしては、小杉周辺にお店が存続してくれるだけで
うれしい
のですが、1~2ヶ月ばかりは、メチエのパンとは、しばしの
お別れとなります。

というわけで、今日のランチは、メチエのパン。
「ミルクフランス」「レトロバゲット」
レトロバゲットは縦にカットして、レバーペーストをたっぷり挟みまし
た。これ、大好きです。

■「ミルクフランス」(奥)と「レトロバゲット」(手前)
「ミルクフランス」と「レトロバゲット」

やっぱり、おいしいですね!メチエのパンは。

しばらくメチエのパンを食べないで、ふと改めて食べてみると、よく
分かります。
かみしめると、パンらしい味がしっかりして、みっちりというか、もっ
ちりというか、いい小麦粉を使って、丁寧に作っているなあ、と、作り
手の心意気が伝わってくる
からです。

特に、シェフは、フランスで修業されたのでは? と思うぐらい、本格
派な印象があります。

フランスには詳しくないのですが、吉村葉子さんのエッセイを読んで
いたところ、「フランスには、こんがり色よく焼けたバゲットを好む人と、
普通の焼き具合を好む人の、2種類のバゲット党がいる」
という記述
があり、色よく焼けたバゲットとは…と想像すると、メチエのレトロバ
ゲット
を思うのです。

外はカリカリのコリコリで、外はもちもち。
味わいはもちろん、食感もくせになります。

そして、ミルクフランスも、クリームがじんわりと甘くて、甘党の方に
特におすすめです。普段は紅茶派の私も、これには必ずコーヒーを
合わせます。

…というわけで、現在の店舗でメチエのパンが買えるのは、残すとこ
ろあと2日


とりあえずあとは「パン・ド・ミー」を買って、かりっとトーストして食べ
たい…という望みもまだあります(いつでもあるわけではないので、
私にとっては、運が良ければ買えるパンです)。

3月下旬から4月上旬にリオープン予定の新店舗は、南武沿線道路沿
い、酒屋さんの「カクヤス」の東隣
になるようです。
いつもの味に、また巡り会えることを期待しつつ、どんなお店になるか
楽しみですね。

■メチエ新店舗予定地(写真右手前、カクヤスの隣)
メチエ新店舗予定地(写真右手前、カクヤスの隣)

■メチエ新店舗マップ
メチエ新店舗マップ

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:ベーカリー ブーランジュリー・メチエ
2007/10/17エントリ ブーランジェリー・メチエをレポート!
2007/11/3エントリ ブーランジュリー・メチエをレポート、再び
2008/2/7エントリ ブーランジュリー・メチエの「ショコララスク」
2008/5/5エントリ ブーランジュリー・メチエで休日ランチを。
2008/5/15エントリ しばしのお別れ、メチエのショコララスク
2008/7/23エントリ ブーランジュリー・メチエのガーリック・プレッツェル・ペシュ
2008/11/1エントリ 最近、武蔵小杉でおいしかったもの×3
2009/2/4エントリ メチエの新作、試してみました
2009/3/10エントリ ブーランジュリー・メチエのラスク2種
2009/12/10エントリ 小杉町3丁目中央地区の小杉第6共同ビルが
2010年2月末テナント退去、メチエ移転へ

Comment(2)