武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2020年
05月30日

川崎市5/30発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で2名増、感染拡大抑制が鮮明に

【Reporter:はつしも】

川崎市では、市内における新型コロナウイルス感染者数を毎日発表しています。
本サイトでは4月5日発表データより独自に集計を行い、毎週土曜日を基本にグラフ化して提供をしております。

川崎市内では感染者数の増加が抑制され、神奈川県においても2020年5月25日をもって緊急事態宣言が解除されたことをもって、本サイトの情報提供も一定の役割を終えました。

しかしながら、急速に日常生活が戻ることに伴って今後「第二波」の到来も懸念されます。
そのため、本サイトではデータの蓄積自体は当面継続し、とりあえずこの1週間(5月24日~30日発表分)については説明等は割愛してデータのみ掲載といたします。

この1週間は、7日間のうち5日間は新たな感染者が発生せず、前週に比べて2名の増加、累計271人にとどまりました。

麻生区の20代女性(学生)、宮前区の30代男性(会社員)が新たに感染しています。

区別の感染者数の推移
    
■川崎市内の感染者数の推移
川崎市内の感染者数の推移 
■1日の感染者増加数の推移
川崎市内の感染者増加数の推移
 
■川崎市内の感染者数の推移【1週間移動平均】
川崎市の感染者数の推移【1週間移動平均】
 
■川崎市内の感染者数の推移【直近1週間の人口10万人あたり】 
 

■川崎市内の検査人数
 川崎市内の検査人数 
  
■川崎市内の死亡者数・退院者数・自宅療養者数
川崎市内の死亡者数・退院者数・自宅療養者数 
  
■区別の感染者数の推移
 区別の感染者数の推移
   
■区別の感染者数の割合
区別の感染者数

■感染者数の男女比
 感染者数の男女比

■年代別の感染者数
   年代別の感染者数

 ■職業別の感染者数
 職業別の感染者数

【関連リンク】
川崎市 新型コロナウイルス感染症関連情報リンクページ
川崎市 【緊急情報】川崎市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況
川崎市教育委員会 市立学校 新型コロナウイルス感染症への対応について
武蔵小杉・新丸子・元住吉・武蔵中原・向河原周辺テイクアウト店舗マップ【新型コロナウイルス感染症対応】

 (新型コロナウイルス統計エントリ)
2020/4/5エントリ 川崎市内の新型コロナウイルス感染者が60名に到達:中原区12名が最多、性別・年代・職業別では「働き盛り男性会社員」が高比率に
2020/4/11エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数が本日過去最多18名増で累計114名に、中原区が最多・働き盛り会社員比率高まる
2020/4/18エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数は4/18発表で172名に:全市で若干増加鈍化も最多・中原区はカーブ上昇、会社員比率は減少 
2020/4/20エントリ 神奈川県が県内12地点の人口流動分析データを発表・更新、ブレーメン通り商店街では緊急事態宣言後に人出が増加
2020/4/25エントリ 川崎市4/25発表の新型コロナウイルス感染者数は224名・中原区上昇続く、男女比較では男性40~50代・女性20代が高比率に
2020/5/2エントリ 川崎市5/2発表の新型コロナウイルス感染者数は累計249名、1週間移動平均では4/16をピークに増加が鈍化
2020/5/9エントリ 川崎市5/9発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(内4名医療従事者)に留まる、退院者は50名に
2020/5/16エントリ 川崎市5/16発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(うち6名高齢者)、拡大抑制傾向続き新規感染上回る27名が退院
2020/5/23エントリ 川崎市5/23発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で4名増、同期間の「人口10万人あたり感染者数」は0.26人に

Comment(1)

2020年
05月29日

航空自衛隊「ブルーインパルス」が医療従事者などに敬意と感謝の飛行、東京都区部と武蔵小杉上空でスモーク噴射

【Reporter:はつしも】

防衛省航空自衛隊が本日、新型コロナウイルス感染症に対応中の医療従事者をはじめ、多くの方に敬意と感謝を届けるため、「ブルーインパルス」による編隊飛行を行いました。

飛行時間は12:40~13:00頃で、東京都区部を中心に飛行となりましたが、都区部以外では川崎市中原区においても、武蔵小杉駅上空も旋回しながら飛行しました。
 
■防衛省航空自衛隊twitter
「ブルーインパルス」は、航空自衛隊の広報活動の一環としてアクロバット飛行を行うチームです。
航空ショーなどにおける、スモークを噴射しての飛行が人気を博しています。

今回の飛行ルートは、航空自衛隊のtwitterで告知されていました。
埼玉県狭山市の入間基地を離陸したのち、基本的に都区部を飛行する中で、武蔵小杉を目指すように南下し、武蔵小杉上空で旋回して都内に戻るルートになっていました。

■スモークをたいての飛行
スモークをたいての飛行 

スモークをたいての飛行

ブルーインパルス

ブルーインパルスは、名前の通り青をベースにした機体です。
両翼には、日の丸が見えました。

6機編隊での美しいフォーメーションで、白いスモークを発生させながら高速で飛行していました。

■丸子橋に接近するブルーインパルス
丸子橋に接近するブルーインパルス 
※写真提供:@miyukibook さん

■丸子橋周辺で見物する皆さん
丸子橋で見物する皆さん 
※写真提供:@miyukibook さん

丸子橋周辺で見物する皆さん
※写真提供:@miyukibook さん

武蔵小杉の上空で旋回しましたので、武蔵小杉周辺各所でブルーインパルスを見ることができました。

特に視界が開ける多摩川沿いや丸子橋周辺では、多くの方が空を見上げていました。

■川崎市シティプロモーションtwitter

ブルーインパルス飛行の様子は、中原区井田の川崎市立井田病院からも見ることができました。

同病院の皆さんが屋上に集まって、ひと時楽しんでいらっしゃったようです。

■武蔵小杉上空に残ったスモーク
武蔵小杉上空に残ったスモーク 

今回は、ブルーインパルスを初めて肉眼で見たという方も多かったのではないでしょうか。

また、武蔵小杉上空を飛行するというのは、なかなか見られない機会ですね。

医療関係者の皆さんをはじめとして、ひととき楽しむことが出来たり、またメッセージの一端でも伝わる部分があればと思います。

■防衛省航空自衛隊twitter ブルーインパルス飛行ダイジェスト動画
【関連リンク】
川崎市 新型コロナウイルス感染症関連情報リンクページ
川崎市 【緊急情報】川崎市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況
川崎市教育委員会 市立学校 新型コロナウイルス感染症への対応について
武蔵小杉・新丸子・元住吉・武蔵中原・向河原周辺テイクアウト店舗マップ【新型コロナウイルス感染症対応】

(さまざまな取り組み)
2020/4/15エントリ 「ナチュラマーケット」が食品スーパー「ナチュラストアー」を期間限定開店、生産者・取引業者連携で新型コロナウイルス影響による食品ロスを防止
2020/4/15エントリ 川崎フロンターレが新型コロナウイルス対策でオリジナルマスク販売、需要急減の陸前高田市・キャンプ地等の物産紹介にビデオ会議背景画像を配布
2020/5/6エントリ 「こどもの日」で新丸子「菓心 桔梗屋」がGW限定「男のかしわ餅」を5/6まで販売、新型コロナウイルス拡大防止を願い「アマビエまーるん」が登場
2020/5/6エントリ 「みんな負けない。ここにまた帰ってくる。」フロンターレ・ブレイブサンダース・レッドロケッツ・レッドウェーブのメッセージが等々力緑地に展示
2020/5/20エントリ 川崎フロンターレが新型コロナ最前線の医療従事者を支援、防護服代替の「観戦用ポンチョ」2,000着を医療施設に寄贈し感謝のメッセージを配信
2020/5/23エントリ 川崎フロンターレが「新しい生活様式」に対応、「オンラインフロンパーク」を試験開催しビデオ会議でサポーター100名と選手らが交流

(緊急事態宣言関連)
2020/4/7エントリ 新型コロナウイルス対応「緊急事態宣言」発令、武蔵小杉の東急スクエア・ららテラス・グランツリー・ヨーカドー等が4/8から一部除き長期休業に
2020/4/9エントリ 川崎市が緊急事態宣言下の行政運営方針発表、中原図書館・市民館・とどろきアリーナ等が4/11~5/6休館、市立学校臨時休業も5/6まで延長
2020/5/26エントリ 川崎市が緊急事態宣言解除後の方針発表:5/27に市立図書館、6/1に各種市施設が段階的に再開、5/27グランツリー武蔵小杉専門店街営業再開

(市立学校の対応)
2020/4/2エントリ 新型コロナウイルス影響で川崎市立学校は4月17日まで臨時休業に、市立図書館機能制限は「当面の間」に延長
2020/5/21エントリ 川崎市が5月末までの緊急事態宣言解除を前提に市立学校の6/1から分散登校・6/15から給食あり通常登校の開始方針を発表、休暇は夏16日・冬10日程度に

(商業施設休業関連)
2020/4/3エントリ 新型コロナウイルス対応で武蔵小杉のグランツリー・ららテラス・東急スクエア・小杉プラザ・フロカフェなどが4月4日(土)・5日(日)臨時休業
2020/4/7エントリ 新型コロナウイルス対応「緊急事態宣言」発令、武蔵小杉の東急スクエア・ららテラス・グランツリー・ヨーカドー等が4/8から一部除き長期休業に
2020/4/13エントリ グランツリー武蔵小杉の「3・4階イトーヨーカドー部分」「イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店2~5階」が本日より営業再開、ダイソー・ノジマも復活
2020/5/12エントリ ららテラス武蔵小杉がコロナウイルス影響で中断のリニューアルを再開、ベーカリー「ポンパドウル」が3週間遅れで本日オープン
2020/5/26エントリ 川崎市が緊急事態宣言解除後の方針発表:5/27に市立図書館、6/1に各種市施設が段階的に再開、5/27グランツリー武蔵小杉専門店街営業再開
2020/5/27エントリ 緊急事態宣言解除を受けて5/29「ららテラス武蔵小杉」(3日間は会員限定)、6/1「武蔵小杉東急スクエア」営業再開
2020/5/28エントリ グランツリー武蔵小杉が営業再開で新型コロナ感染対策強化、入館時検温・フードコート座席変更・飛沫防止や喫煙所閉鎖等を実施

(新型コロナウイルス統計エントリ)
2020/4/5エントリ 川崎市内の新型コロナウイルス感染者が60名に到達:中原区12名が最多、性別・年代・職業別では「働き盛り男性会社員」が高比率に
2020/4/11エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数が本日過去最多18名増で累計114名に、中原区が最多・働き盛り会社員比率高まる
2020/4/18エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数は4/18発表で172名に:全市で若干増加鈍化も最多・中原区はカーブ上昇、会社員比率は減少 
2020/4/20エントリ 神奈川県が県内12地点の人口流動分析データを発表・更新、ブレーメン通り商店街では緊急事態宣言後に人出が増加
2020/4/25エントリ 川崎市4/25発表の新型コロナウイルス感染者数は224名・中原区上昇続く、男女比較では男性40~50代・女性20代が高比率に
2020/5/2エントリ 川崎市5/2発表の新型コロナウイルス感染者数は累計249名、1週間移動平均では4/16をピークに増加が鈍化
2020/5/9エントリ 川崎市5/9発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(内4名医療従事者)に留まる、退院者は50名に
2020/5/16エントリ 川崎市5/16発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(うち6名高齢者)、拡大抑制傾向続き新規感染上回る27名が退院
2020/5/23エントリ 川崎市5/23発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で4名増、同期間の「人口10万人あたり感染者数」は0.26人に

Comment(0)

2020年
05月23日

川崎市5/23発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で4名増、同期間の「人口10万人あたり感染者数」は0.26人に

【Reporter:はつしも】

川崎市では、市内における新型コロナウイルス感染者数を毎日発表しています。
本サイトでは4月5日発表データより独自に集計を行い、毎週土曜日を基本にグラフ化して提供をしております。

この1週間(5月17日~23日発表分)については、7日間のうち4日間は新たな感染者が発生せず、前週に比べて4名の増加、累計269人にとどまりました。

「直近1週間の人口10万人あたり感染者数」に置きなおすと、川崎市は直近1週間で「0.26人」となり、政府から緊急事態宣言の解除基準の一つとして示されている「0.5人」をクリアしています。
 
■川崎市内の感染者数の推移
川崎市内の感染者数の推移 
■1日の感染者増加数の推移
川崎市内の感染者増加数の推移
 
最初に、川崎市内の感染者数の推移と、1日の感染者数の推移です。

これまでのピークは4月11日付の18名増加と、4月19日の16名増加でしたが、そこから緊急事態宣言発令に伴う外出自粛等が効果を表し、感染者数の増加ペースが鈍化しました。

特にこの1週間は、感染者数が4名と感染拡大後最少の数値となりました。

■川崎市内の感染者数の推移【1週間移動平均】
川崎市の感染者数の推移【1週間移動平均】
 
こちらは川崎市内の感染者数の1週間移動平均です。

この単純移動平均は直近1週間の1日ごとの平均感染者数を示しております。
つまり【月火水木金土日】【火水木金土日月】【水木金土日月火】と1日ずつ平均7日間の範囲をずらしていくことで、曜日によるばらつきを抑制して推移を検証できます。

これにより移動平均を確認すると、最新の1週間では1日あたり感染者数が0.6人となっていました。

■川崎市内の感染者数の推移【直近1週間の人口10万人あたり】 


現在、政府からは緊急事態宣言解除の基準のひとつとして、「直近1週間人口10万人あたりの感染者が0.5人を下回ること」が示されています。

緊急事態宣言は都道府県単位ですから、川崎市だけで達成しても解除にはならないわけですが、ここで川崎市のデータを算出してみました。

すると、4月17日、18日の「4.3人」をワーストにその後減少傾向が続き、最新の1週間では「0.26人」と基準をクリアしていることがわかりました。

■川崎市内の検査人数
 川崎市内の検査人数 
 
続いて、川崎市内の検査人数の推移です。
 
上記のデータは発表日ベースのもので、基本的に前日の検査人数データを示しています。
土日影響によるばらつきはありますが、一定数の検査は毎日行われています。

検査数は徐々に減少していますが、感染者数の減少傾向を踏まえると、取り立てて不自然ではないように思います。 
  
■川崎市内の死亡者数・退院者数・自宅療養者数
川崎市内の死亡者数・退院者数・自宅療養者数 
 
前々回より、川崎市内の死亡者数・退院者数・自宅療養者数を集計しております。
ただし、感染者が発生しない日は川崎市からのリリースがなく、一部データがありません。

直近での死亡者数は、先週より2名増加して19人です。

一方、累計の退院者数は前週の77名から少なくとも96名に増加し、つまり1週間で19名は退院したことになります。

感染者数増加が4名に抑えられていますから、医療キャパとしては前週より改善されたということになるでしょう。
  
■区別の感染者数の推移
 区別の感染者数の推移
   
■区別の感染者数の割合
区別の感染者数

■感染者数の男女比
 感染者数の男女比

■年代別の感染者数
   年代別の感染者数

 ■職業別の感染者数
 職業別の感染者数

その他、区別・男女別・年齢別・職業別の感染者数でにつきましては、感染者数自体が4名しか増加していませんので、前週からほぼ変動はありません。

同じようなグラフの再掲となりますので、説明は割愛させていただきます。


今回のグラフは、以上です。

川崎市では、5月末日までに緊急事態宣言が解除されば、6月1日から市立学校の分散登校を開始し、6月15日から給食ありの通常登校を再開するものとしています。

緊急事態宣言の解除については、5月25日(月)に判断が示される見込みとなっていますので、この土日の状況がキーとなるわけです。

川崎市については状況は改善されてきているのが明確ですが、東京都を含めた1都3県は一体的な判断が必要とされていることから、首都圏全体での動向が注目されるところです。

本サイトでの統計報告も、できれば今回で役割を終えられるような状況になればよいと思いますが、現段階で楽観視はできませんね。

 【関連リンク】
神奈川県ウェブサイト 神奈川県の外出自粛要請後の人口変動分析
川崎市 【緊急情報】川崎市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況
川崎市教育委員会 市立学校 新型コロナウイルス感染症への対応について
川崎市 新型コロナウイルス感染症関連情報リンクページ
武蔵小杉・新丸子・元住吉・武蔵中原・向河原周辺テイクアウト店舗マップ【新型コロナウイルス感染症対応】

(市立学校の対応)
2020/4/2エントリ 新型コロナウイルス影響で川崎市立学校は4月17日まで臨時休業に、市立図書館機能制限は「当面の間」に延長
2020/5/21エントリ 川崎市が5月末までの緊急事態宣言解除を前提に市立学校の6/1から分散登校・6/15から給食あり通常登校の開始方針を発表、休暇は夏16日・冬10日程度に
 
(新型コロナウイルス統計エントリ)
 ・2020/4/5エントリ 川崎市内の新型コロナウイルス感染者が60名に到達:中原区12名が最多、性別・年代・職業別では「働き盛り男性会社員」が高比率に
 ・2020/4/11エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数が本日過去最多18名増で累計114名に、中原区が最多・働き盛り会社員比率高まる
 ・2020/4/18エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数は4/18発表で172名に:全市で若干増加鈍化も最多・中原区はカーブ上昇、会社員比率は減少 
2020/4/20エントリ 神奈川県が県内12地点の人口流動分析データを発表・更新、ブレーメン通り商店街では緊急事態宣言後に人出が増加
2020/4/25エントリ 川崎市4/25発表の新型コロナウイルス感染者数は224名・中原区上昇続く、男女比較では男性40~50代・女性20代が高比率に
2020/5/2エントリ 川崎市5/2発表の新型コロナウイルス感染者数は累計249名、1週間移動平均では4/16をピークに増加が鈍化
2020/5/9エントリ 川崎市5/9発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(内4名医療従事者)に留まる、退院者は50名に
2020/5/16エントリ 川崎市5/16発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(うち6名高齢者)、拡大抑制傾向続き新規感染上回る27名が退院

Comment(0)

2020年
05月21日

川崎市が5月末までの緊急事態宣言解除を前提に市立学校の6/1から分散登校・6/15から給食あり通常登校の開始方針を発表、休暇は夏16日・冬10日程度に

【Reporter:はつしも】

本日、川崎市が市立学校の再開準備を進めることを発表しました。

5月末日までに緊急事態宣言が解除されることを前提として、6月1日から分散登校を開始し、6月15日から通常登校として給食も再開する予定となっています。

これまでの休業期間の学習の遅れを取り戻すため、夏休みは16日程度、冬休みは10日程度に短縮するほか、夏休み期間中には各学校で補修を行うこととしています。

また、当初2023年度までとしていた計画を前倒しし、本年度中に市立学校のすべての子どもたちにひとり1台のパソコンを用意し、学習環境を整える予定です。
 
■川崎市 市立学校の再開について(2020年5月21日時点)
学校再開について ●今月中に神奈川県に対する国の緊急事態宣言が解除された場合には、令和2年6月1日(月)から、市立学校全校において段階的に教育活動を再開
●なお、緊急事態宣言等が延長された場合には、当該宣言等に定める期限まで、臨時休業期間を延長する予定です。
学校再開に向けた基本的な考え方について ●学校再開に当たっては新型コロナウイルス感染症が終息するまで、相当の長期にわたってウイルスと共存していかざるを得ないという認識に立ち、実施可能な教育活動を段階的に開始 していくことで、子どもたちの健やかな学びと、学校における感染リスクの低減の両立を、可能な限り図っていく。
今後の想定スケジュールについて ●5月25日(月)~5月29日(金):児童生徒の状況把握(登校日、家庭訪問、電話連絡等)
●6月1日(月) ~6月12日(金):分散登校期間
●6月15日(月)~7月31日(金):通常登校(給食有り)
●8月1日(土) ~8月16日(日) :夏季休業
※うち、8月3日(月)~8月7日(金)は、各学校での補習等、学習補充奨励期間とする。
●12月26日(土)~1月4日(月) :冬季休業
感染拡大防止に向けた主な取組について ●換気の徹底、マスクの着用、手洗い等の励行
●発熱等の健康状態の把握、自宅休養の徹底
●学校行事の精選、開催方法の工夫 ・異学年交流の見直し
●特別教室の利用抑制(使用する場合は、消毒の実施等)
●給食実施の配慮(配膳時の衛生管理の徹底等)
●学校の臨時休業ルールの策定・運用
⇒児童生徒又は教職員が感染…原則当該校を2週間の臨時休業
⇒児童生徒又は教職員が濃厚接触者…原則当該児童生徒又は教職員を2週間の自宅待機
●共用スペース、ドアノブ等の定期的な消毒
●部活動の段階的実施、活動方法の工夫(6月15日を目途に実施可能な活動から段階的に再開) 等
川崎市発表資料(PDF) ●学校の再開に向けた市長のメッセージ
●市立学校の再開について(令和2年5月21日時点)

■川崎市 今後の市立学校の再開について(Youtube)


動画の中では、6月1日(月)~12日(金)の分散登校について、少し言及されています。

福田市長によると、午前中の時間を使って、クラスを半分に分けて登校し、さまざまな生活指導や確認、一部授業も実施していくということです。

動画内の資料や、説明内容のテキスト書き起こしも公開されていますので、関連リンクからご参照ください。

■川崎市立小杉小学校
木材を活かした校舎

■川崎市立東住吉小学校
川崎市立東住吉小学校 

【関連リンク】
川崎市教育委員会 市立学校 新型コロナウイルス感染症への対応について
※動画の資料およびテキスト書き起こしが掲載されています。
川崎市 【緊急情報】川崎市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況
川崎市 新型コロナウイルス感染症関連情報リンクページ
武蔵小杉・新丸子・元住吉・武蔵中原・向河原周辺テイクアウト店舗マップ【新型コロナウイルス感染症対応】
2020/4/2エントリ 新型コロナウイルス影響で川崎市立学校は4月17日まで臨時休業に、市立図書館機能制限は「当面の間」に延長

(新型コロナウイルス対応の取り組み)
2020/4/10エントリ 上丸子山王町のブックカフェ「COYAMA」でオンライン古本市を開催、新型コロナウイルスによる臨時休業下でSNS活用
2020/4/15エントリ 川崎フロンターレが新型コロナウイルス対策でオリジナルマスク販売、需要急減の陸前高田市・キャンプ地等の物産紹介にビデオ会議背景画像を配布
2020/4/21エントリ 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため川崎市が「指定喫煙場所」を閉鎖、武蔵小杉駅周辺3か所も閉鎖に
2020/5/6エントリ 「みんな負けない。ここにまた帰ってくる。」フロンターレ・ブレイブサンダース・レッドロケッツ・レッドウェーブのメッセージが等々力緑地に展示
2020/5/10エントリ 川崎フロンターレが新型コロナ最前線の医療従事者を支援、防護服代替の「観戦用ポンチョ」2,000着を医療施設に寄贈し感謝のメッセージを配信

(新型コロナウイルス統計エントリ)
 ・2020/4/5エントリ 川崎市内の新型コロナウイルス感染者が60名に到達:中原区12名が最多、性別・年代・職業別では「働き盛り男性会社員」が高比率に
 ・2020/4/11エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数が本日過去最多18名増で累計114名に、中原区が最多・働き盛り会社員比率高まる
 ・2020/4/18エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数は4/18発表で172名に:全市で若干増加鈍化も最多・中原区はカーブ上昇、会社員比率は減少 
2020/4/20エントリ 神奈川県が県内12地点の人口流動分析データを発表・更新、ブレーメン通り商店街では緊急事態宣言後に人出が増加
2020/4/25エントリ 川崎市4/25発表の新型コロナウイルス感染者数は224名・中原区上昇続く、男女比較では男性40~50代・女性20代が高比率に
2020/5/2エントリ 川崎市5/2発表の新型コロナウイルス感染者数は累計249名、1週間移動平均では4/16をピークに増加が鈍化
2020/5/9エントリ 川崎市5/9発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(内4名医療従事者)に留まる、退院者は50名に
2020/5/16エントリ 川崎市5/16発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(うち6名高齢者)、拡大抑制傾向続き新規感染上回る27名が退院

(テイクアウト関連)
武蔵小杉・新丸子・元住吉・武蔵中原・向河原周辺テイクアウト店舗マップ【新型コロナウイルス感染症対応】
2020/4/15エントリ 「ナチュラマーケット」が食品スーパー「ナチュラストアー」を期間限定開店、生産者・取引業者連携で新型コロナウイルス影響による食品ロスを防止
2020/4/18エントリ 新型コロナウイルス対応で武蔵小杉周辺飲食店がテイクアウト拡大、センターロードで「くろちゃん」「くろべこ」が山形牛カルビ弁当や串焼き等販売
2020/4/23エントリ 新丸子「菓心 桔梗屋」の人気商品・みかぼ焼きのご自宅おすすめレシピ。オーブンレンジでバターと焼く「みかバター」
2020/4/24エントリ 新型コロナウイルス対応で広がる飲食店テイクアウト:新丸子「Powers」の、ワンコイングリーンカレー弁当
2020/4/26エントリ 武蔵小杉の人気ベーカリー「ブーランジェリー・メチエ」が新型コロナウイルス対応営業、ビニールシート保護・入店制限・行列距離維持にまとめ買いも推奨
2020/4/29エントリ 武蔵小杉駅北口「フロカフェ」前で等々力陸上競技場「ファンキーズ」がカレー弁当を5/6まで販売、ハズレなしくじで川崎フロンターレ選手サイン等プレゼント
2020/5/6エントリ 「こどもの日」で新丸子「菓心 桔梗屋」がGW限定「男のかしわ餅」を5/6まで販売、新型コロナウイルス拡大防止を願い「アマビエまーるん」が登場
2020/5/9エントリ イタリアン酒場「ナチュラ武蔵小杉店」で食品スーパー「ナチュラストアー」2号店が開店、生産者・取引業者連携で新型コロナ影響下の食品ロス防止
2020/5/15エントリ 新型コロナウイルス対応で広がる飲食店テイクアウト:武蔵小杉の人気パンケーキ店「3 STARS PANCAKE」がふわふわオムレットを販売中
2020/5/18エントリ 新型コロナウイルス対応で広がる飲食店テイクアウト:木月大町の居酒屋ダイニング「せん。」の「とろ牛タン弁当」
2020/5/20エントリ 新型コロナウイルス対応で広がる飲食店テイクアウト:サライ通り商店街「伊鈴」のもだん焼と、焼きそば

Comment(3)

2020年
05月19日

川崎市ご当地アイドル「川崎純情小町☆・HONEY TRAP・GABU」がリモート動画で初共演、同市出身・坂本九氏の「見上げてごらん夜の星を」で地域応援

【Reporter:はつしも】

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、音楽ライブ等の活動が全面的に中止されている状況にあります。

今から2年前、川崎市出身の3ピースバンド「SHISHAMO」の等々力陸上競技場ライブ「SHISHAMO NO NATSU MATSURI!!」が台風の影響により中止となりました。
そのリベンジとして今年8月に再度開催が予定されていましたが、残念ながらこちらも昨日中止が発表されています。

「SHISHAMO」としても、2年越しでの再度中止はたいへん無念であったことと思います。

そんな状況の中、川崎市内のご当地アイドルグループ「川崎純情小町☆」「HONEY TRAP」「GABU」が、リモートを活用した共演動画を公開しました。

3グループが共同で唄ったのは、川崎市出身の坂本九さんによる名曲「見上げてごらん夜の星を」です。
 
■「川崎純情小町☆」「HONEY TRAP」「GABU」による共演動画「見上げてごらん夜の星を」


今回の動画は、新型コロナウイルス感染拡大防止のための自粛が続く中、自宅で過ごす川崎市の皆さんに、ちょっと和んだり笑ったり、癒しや息抜きを提供したいというコンセプトで制作されました。

またそれにあたっては、川崎市出身の坂本九さんのこと、川崎市内のご当地アイドルグループのことを知ってもらいたいという思いも込められています。

「川崎純情小町☆」「HONEY TRAP」「GABU」はいずれも川崎市内で活動しながらもこれまで共演する機会がなく、今回が初共演となりました。

■「川崎純情小町☆」
川崎純情小町
(c)川崎純情小町☆

「川崎純情小町☆」は、2011年から川崎市で活動するご当地アイドルグループです。

10年近くの間にメンバーは変遷しており、現在は宮内桃子さん(写真中央、川崎区・幸区担当)、宝生麻佑さん(写真左、高津区・宮前区担当)、服部星奈さん(写真右、中原区・多摩区・麻生区担当)の3人です。

武蔵小杉周辺では、広報大使をつとめるイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店でのイベントや、「コスギフェスタ」等の地域イベントに多数出演をしています。

川崎市のごみ収集車にメロディーが使われている「かわさき市民の歌」をアイドルソング調にアレンジした「好きですかわさき愛の街」を、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のBGMで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

■「HONEY TRAP」
HONEY TRAP
(c)HONEY TRAP

「HONEY TRAP(ハニートラップ)」は、中原区武蔵新城を中心に活動するエンターテイメントグループです。

川崎市内のイベントに出演しているほか、メンバーと交流できる「ハニトラカフェ」を武蔵新城で営業しています。
2017年には「モヤモヤさまぁ~ず2」に出演していましたので、その時に見たかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の動画には、メンバーのうち星名はるかさん(写真中央左)、梨本陽葵(ひより)さん(写真中央右)が出演していました。

■「GABU」
GABU
(c)GABU

「GABU」は、「自称・夢見ヶ崎動物公園専属アイドル」です。

夢見ヶ崎動物公園のイベントはもちろん、こすぎコアパークでの「In Unityスペシャルライブ」などにも出演しており、本サイトでも過去にご紹介しておりました。

メンバーはゆうゆうさん、ゆうかさん、しーちゃんさん、えりこさんの4名です。

リーダーのゆうゆうさん(写真左)が、今回の動画制作の発起人ということです。

華々しいメディア出演は少ないかもしれませんが、長期間にわたってきわめて地道に、地域イベントを盛り上げる活動をされてきました。


今回の動画で、新型コロナウイルスに関連する問題が解決したりするわけではありません。

ただし、それぞれの立場の方が何か少しでもできることをと考えて制作されたものかと思いますので、本エントリでご紹介しました。

【関連リンク】
川崎純情小町☆ ウェブサイト
HONEY TRAP ウェブサイト
GABU オフィシャルブログ
川崎市 新型コロナウイルス感染症関連情報リンクページ
武蔵小杉・新丸子・元住吉・武蔵中原・向河原周辺テイクアウト店舗マップ【新型コロナウイルス感染症対応】

(新型コロナウイルス対応の取り組み)
2020/4/10エントリ 上丸子山王町のブックカフェ「COYAMA」でオンライン古本市を開催、新型コロナウイルスによる臨時休業下でSNS活用
2020/4/15エントリ 川崎フロンターレが新型コロナウイルス対策でオリジナルマスク販売、需要急減の陸前高田市・キャンプ地等の物産紹介にビデオ会議背景画像を配布
2020/4/21エントリ 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため川崎市が「指定喫煙場所」を閉鎖、武蔵小杉駅周辺3か所も閉鎖に
2020/5/6エントリ 「みんな負けない。ここにまた帰ってくる。」フロンターレ・ブレイブサンダース・レッドロケッツ・レッドウェーブのメッセージが等々力緑地に展示
2020/5/10エントリ 川崎フロンターレが新型コロナ最前線の医療従事者を支援、防護服代替の「観戦用ポンチョ」2,000着を医療施設に寄贈し感謝のメッセージを配信

(新型コロナウイルス統計エントリ)
 ・2020/4/5エントリ 川崎市内の新型コロナウイルス感染者が60名に到達:中原区12名が最多、性別・年代・職業別では「働き盛り男性会社員」が高比率に
 ・2020/4/11エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数が本日過去最多18名増で累計114名に、中原区が最多・働き盛り会社員比率高まる
 ・2020/4/18エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数は4/18発表で172名に:全市で若干増加鈍化も最多・中原区はカーブ上昇、会社員比率は減少 
2020/4/20エントリ 神奈川県が県内12地点の人口流動分析データを発表・更新、ブレーメン通り商店街では緊急事態宣言後に人出が増加
2020/4/25エントリ 川崎市4/25発表の新型コロナウイルス感染者数は224名・中原区上昇続く、男女比較では男性40~50代・女性20代が高比率に
2020/5/2エントリ 川崎市5/2発表の新型コロナウイルス感染者数は累計249名、1週間移動平均では4/16をピークに増加が鈍化
2020/5/9エントリ 川崎市5/9発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(内4名医療従事者)に留まる、退院者は50名に
2020/5/16エントリ 川崎市5/16発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(うち6名高齢者)、拡大抑制傾向続き新規感染上回る27名が退院

(テイクアウト関連)
武蔵小杉・新丸子・元住吉・武蔵中原・向河原周辺テイクアウト店舗マップ【新型コロナウイルス感染症対応】
2020/4/15エントリ 「ナチュラマーケット」が食品スーパー「ナチュラストアー」を期間限定開店、生産者・取引業者連携で新型コロナウイルス影響による食品ロスを防止
2020/4/18エントリ 新型コロナウイルス対応で武蔵小杉周辺飲食店がテイクアウト拡大、センターロードで「くろちゃん」「くろべこ」が山形牛カルビ弁当や串焼き等販売
2020/4/23エントリ 新丸子「菓心 桔梗屋」の人気商品・みかぼ焼きのご自宅おすすめレシピ。オーブンレンジでバターと焼く「みかバター」
2020/4/24エントリ 新型コロナウイルス対応で広がる飲食店テイクアウト:新丸子「Powers」の、ワンコイングリーンカレー弁当
2020/4/26エントリ 武蔵小杉の人気ベーカリー「ブーランジェリー・メチエ」が新型コロナウイルス対応営業、ビニールシート保護・入店制限・行列距離維持にまとめ買いも推奨
2020/4/29エントリ 武蔵小杉駅北口「フロカフェ」前で等々力陸上競技場「ファンキーズ」がカレー弁当を5/6まで販売、ハズレなしくじで川崎フロンターレ選手サイン等プレゼント
2020/5/6エントリ 「こどもの日」で新丸子「菓心 桔梗屋」がGW限定「男のかしわ餅」を5/6まで販売、新型コロナウイルス拡大防止を願い「アマビエまーるん」が登場
2020/5/9エントリ イタリアン酒場「ナチュラ武蔵小杉店」で食品スーパー「ナチュラストアー」2号店が開店、生産者・取引業者連携で新型コロナ影響下の食品ロス防止
2020/5/15エントリ 新型コロナウイルス対応で広がる飲食店テイクアウト:武蔵小杉の人気パンケーキ店「3 STARS PANCAKE」がふわふわオムレットを販売中
2020/5/18エントリ 新型コロナウイルス対応で広がる飲食店テイクアウト:木月大町の居酒屋ダイニング「せん。」の「とろ牛タン弁当」

Comment(0)

2020年
05月17日

等々力緑地「サイゼリヤ」跡地に大手自転車店「サイクルベースあさひ」が2020年6月18日(木)にオープンへ

【Reporter:はつしも】

等々力緑地入口の「サイゼリヤ川崎とどろき店」が、2019年11月5日に閉店してから、半年が経過しました。

その跡地に、「サイクルベースあさひ川崎等々力店」が2020年6月18日にオープンすることがわかりました。
 
■サイゼリヤが営業していた「会館とどろき」
会館とどろきの

等々力緑地の府中街道沿いの入口には、一般財団法人川崎市立学校教職員互助会の複合施設「会館とどろき」があります。

ここには事務所や貸会議室スペースなどとあわせて、府中街道に面した建物1階が店舗区画になっています。

店舗区画は2区画ありまして、そのうちひとつが閉店した「サイゼリヤ」跡地、もうひとつがお好み焼き店「とどろき亭」です。

■オープン準備が進む「サイクルベースあさひ川崎等々力店」
「サイクルベースあさひ」川崎等々力店

「サイクルベースあさひ」オープン告知

その「サイゼリヤ」跡地でオープン準備が進められているのが、「サイクルベースあさひ川崎等々力店」です。

「サイクルベースあさひ」は、大阪に本社を置く東証一部上場企業「株式会社あさひ」が運営する大手自転車販売店です。

オリジナルブランドの自転車の開発も進め、近年はスポーツサイクルの販売にも力を入れています。

■内装工事中の店内
内装工事中の店内

「サイクルベースあさひ」の店内は、現在内装工事中です。

武蔵小杉周辺の自転車店はスペースが限られているところが多いですが、この旧サイゼリヤ跡地は地域最大規模の店舗になりそうです。

■「かわさき多摩川ふれあいロード」で人気のサイクリング
かわさき多摩川ふれあいロード

等々力緑地を北側に抜けると、多摩川土手の「かわさき多摩川ふれあいロード」があります。

ここでは多くの方がサイクリングを楽しんでいますし、中原区は平地で自転車が非常に利用しやすいですから、自転車関連の需要は一定以上あると考えられます。

■営業を続ける「とどろき亭」
健在の「とどろき亭」

改修中の会館の一部

「サイクルベースあさひ」の出店予定地の隣では、お好み焼き店「とどろき亭」が引き続き営業を続けています。

現在は新型コロナウイルス影響による緊急事態宣言発令下、お好み焼きや焼きそばのテイクアウト販売を実施していました。

また貸会議室やギャラリーなどがある会館とどろきの奥の建物では、現在改修工事が行われ、今後も引き続き稼働する予定です。

「サイクルベースあさひ」がオープンし、また改修工事なども完了すれば、また新しい「会館とどろき」の姿が見られることと思います。

■かつての「サイゼリヤ川崎とどろき店」
サイゼリヤ川崎とどろき店の店内

サイゼリヤ川崎とどろき店の店内

【関連リンク】
サイクルベースあさひ ウェブサイト
会館とどろき ウェブサイト
2019/10/24エントリ 等々力緑地の貴重な飲食店「サイゼリヤ川崎とどろき店」が2019年11月5日(火)閉店決定
2020/1/26エントリ 中原区役所前高架下の地産マルシェ跡地に自転車専門店「サイクルスポット」が出店決定、「具志堅」は2月29日閉店に

Comment(0)

2020年
05月16日

川崎市5/16発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(うち6名高齢者)、拡大抑制傾向続き新規感染上回る27名が退院

【Reporter:はつしも】

川崎市では、市内における新型コロナウイルス感染者数を毎日発表しています。
本サイトでは4月5日発表データより独自に集計を行い、毎週土曜日を基本にグラフ化して提供をしております。

この1週間(5月10日~16日発表分)については、7日間のうち3日間は新たな感染者が発生せず、前週に比べて8名の増加でした。
これはその前の1週間と同じペースで、累計の感染者数は265人となりました。

今週増加した内、8名中6名が80歳以上の高齢者、7名が女性ということで、これも前週同様の傾向が続いています。

川崎市内の退院者は前週の50名から77名に増加し、感染者数の増加を上回りました。
その分、単純計算で医療機関のキャパシティが空いたことになります。  
 
■川崎市内の感染者数の推移
川崎市内の感染者数の推移 
■1日の感染者増加数の推移
川崎市内の感染者増加数の推移

最初に、川崎市内の感染者数の推移と、1日の感染者数の推移です。

これまでのピークは4月11日付の18名増加と、4月19日の16名増加でした。
そこからは感染者数の増加ペースが鈍化が続いています。

■川崎市内の感染者数の推移【1週間移動平均】
川崎市の感染者数の推移【1週間移動平均】

こちらは、先週から集計している、川崎市内の感染者数の1週間移動平均です。

この単純移動平均は直近1週間の1日ごとの平均感染者数を示しております。
つまり【月火水木金土日】【火水木金土日月】【水木金土日月火】と1日ずつ平均7日間の範囲をずらしていくことで、曜日によるばらつきを抑制して推移を見ることができるわけです。

これにより移動平均を確認すると、4月16日(4月10~16日の7日間)をピークに、感染者数の増加がペースダウンしていることがわかります。

直近の5月14日、15日は3名ずつ感染者増加がありましたので、わずかに平均値が上がりました。

■川崎市内の検査人数
川崎市内の検査人数 

一方こちらは、川崎市内の検査人数の推移です。

前週は「感染者の発表がなかった日」に川崎市からのリリースがなく、検査人数のデータが得られなかったのですが、その後改善されて感染がなくても毎日データが発表されるようになりました。
 
上記のデータは発表日ベースのもので、基本的に前日の検査人数データを示しています。
土日影響と思われる5月11日、12日を除いて数十名単位での検査は行われています。

その中で8名の感染にとどまっていることは、感染拡大の抑制効果が出ていると評価しても良いと思います。 
 
■川崎市内の死亡者数・退院者数・自宅療養者数
 川崎市内の死亡者数・退院者数・自宅療養者数 

本サイトでは前回より、川崎市内の死亡者数・退院者数・自宅療養者数を集計することとしました。
なお、5月11日、12日、16日については感染者が発生しなかったため川崎市からのリリースがなく、退院者数と自宅療養者数のデータがありません。

直近での死亡者数は、17人です。

一方、累計の退院者数は前週の50名から77名に増加し、つまり1週間で27名退院したことになります。

新規感染者数が8名ですから、差し引き19名分は医療施設のキャパシティが空いたということになるでしょう。

このように感染者数を退院者数が上回る状況が続いていくことが大切です。
  
■区別の感染者数の推移
 区別の感染者数の推移

続いてこちらは、区別の感染者数の推移です。
下段の囲み内の数値は、5月9日時点発表数値との対比です。

今回は中原区の4名が最多ですが、このうち3名は同じグループホームの高齢者であることが川崎市から発表されています。
  
■区別の感染者数の割合
区別の感染者数
 区別の感染者数割合を示すと、上記の通りです。

感染者数自体の増加が少なかったため、4名増加した中原区で1pt上昇した程度で、大きな変動はありませんでした。

■感染者数の男女比(累計)
 感染者数の男女比
■感染者数の男女比(5/3~5/16発表分)
 今週の男女別感染者数

こちらは感染者における累計の男女比と、直近2週間(5/3~5/16)の男女比です。

直近2週間では75%を女性が占める結果となりました。

 ■年代別の感染者数(累計)
   年代別の感染者数

■年代別の感染者数(5/3~5/16発表分)
 年代別の感染者数


年代別の感染者数も、同様に累計と直近2週間(5/3~5/16)に分けて見ていきましょう。
ご覧の通り、直近2週間では高齢者の割合が非常に高くなっています。

高齢者は平均寿命の長い女性の方が多いですから、感染者の男女比も女性の割合が高い結果となりました。

 ■職業別の感染者数
 職業別の感染者数

最後は、職業別の感染者数です。
こちらは前回から大きな変動はありません。

8名中6名が高齢者でしたから、「無職」の割合が2pt増加しました。

 
今回のグラフは、以上です。
GW期間中の外出自粛効果は、一定割合出たとみても良いと思います。

国内では大都市圏を除いて、緊急事態宣言の解除が行われています。
東京都、神奈川県などは解除ができる状態になく、まだまだ油断はできないところですね。

一部店舗等の営業再開も始まっているようですが、地域の皆様に客観的なデータがわかりやすく伝わるよう、また次の土曜日を基本に集計してお伝えしたいと思います。

【関連リンク】
神奈川県ウェブサイト 神奈川県の外出自粛要請後の人口変動分析
川崎市 【緊急情報】川崎市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況
川崎市教育委員会 市立学校 新型コロナウイルス感染症への対応について
川崎市 新型コロナウイルス感染症関連情報リンクページ
武蔵小杉・新丸子・元住吉・武蔵中原・向河原周辺テイクアウト店舗マップ【新型コロナウイルス感染症対応】

(新型コロナウイルス統計エントリ)
 ・2020/4/5エントリ 川崎市内の新型コロナウイルス感染者が60名に到達:中原区12名が最多、性別・年代・職業別では「働き盛り男性会社員」が高比率に
 ・2020/4/11エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数が本日過去最多18名増で累計114名に、中原区が最多・働き盛り会社員比率高まる
 ・2020/4/18エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数は4/18発表で172名に:全市で若干増加鈍化も最多・中原区はカーブ上昇、会社員比率は減少 
2020/4/25エントリ 川崎市4/25発表の新型コロナウイルス感染者数は224名・中原区上昇続く、男女比較では男性40~50代・女性20代が高比率に
2020/5/2エントリ 川崎市5/2発表の新型コロナウイルス感染者数は累計249名、1週間移動平均では4/16をピークに増加が鈍化
2020/5/9エントリ 川崎市5/9発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(内4名医療従事者)に留まる、退院者は50名に

Comment(1)

2020年
05月09日

川崎市5/9発表の新型コロナウイルス感染者数は直近1週間で8名増(内4名医療従事者)に留まる、退院者は50名に

【Reporter:はつしも】

川崎市では、市内における新型コロナウイルス感染者数を毎日発表しています。
本サイトでは4月5日発表データより独自に集計を行い、毎週土曜日を基本にグラフ化して提供をしております。

この1週間については、7日間のうち3日間は新たな感染者が発生せず、前週に比べて8名の増加、累計の川崎市内感染者数は257名となりました。

8名のうち4名が医療従事者、3名が無職の高齢者ということで、川崎市内での感染拡大期の中心だった「働き盛り男性会社員」の感染はほとんどありませんでした。

また今回より、川崎市内の「死亡者数・退院者数・自宅療養者数」を集計することといたしました。
なかなか退院者が1桁から増加しない状況が続いてきましたが、この1週間に50名まで増加するなど、初期の感染者の退院がついに本格化したことが窺われます。
 
■川崎市内の感染者数の推移
川崎市内の感染者数の推移 
■1日の感染者増加数の推移
川崎市内の感染者増加数の推移

最初に、川崎市内の感染者数の推移と、1日の感染者数の推移です。

これまでのピークは4月11日付の18名増加と、4月19日の16名増加でしたが、そこから感染者数の増加ペースが鈍化してきているのがわかります。

■川崎市内の感染者数の推移【1週間移動平均】
川崎市の感染者数の推移【1週間移動平均】

こちらは、先週から集計している、川崎市内の感染者数の1週間移動平均です。

この単純移動平均は直近1週間の1日ごとの平均感染者数を示しております。
つまり【月火水木金土日】【火水木金土日月】【水木金土日月火】と1日ずつ平均7日間の範囲をずらしていくことで、曜日によるばらつきを抑制して推移を見ることができるわけです。

これにより移動平均を確認すると、4月16日(4月10~16日の7日間)をピークに、確かに感染者数の増加がペースダウンしていることが明確にわかります。

直近で3月下旬ごとの水準までは、ようやく戻ってきたところですね。

■川崎市内の検査人数
川崎市内の検査人数

直近1週間は、GWの連休がありました。
感染者数はGWにより検査が行われていなかったからではないか?というのが、誰しも感じる疑問かと思います。

そこで川崎市内の検査人数の推移を見る必要があります。

上記のグラフのうち、5月5日・7日については新たな感染者が確認されなかったため、感染者の発表に付随する検査人数の報道発表自体が行われず、2日分合計の集計となっています。
(本来、感染者が確認されなくても検査人数等の発表を継続いただかないと上記のような不完全なグラフになってしまいますので、今後改善いただきたいところです)

5月4日~7日発表分(検査日は前日集計のため5月3日~6日分)の4日間については、2日分集計が単純に半分ずつと考えると、やはりGW影響で検査数は少なめだったことがわかります。

ただ、検査して必ずしも即日、感染確認に直結するわけではありませんので、ここは見方が難しいところですね。

ただ、少なくとも毎日数十名単位での検査が行われている中、この1週間の感染者数が8名にとどまったというのは、感染拡大が一定程度抑制されつつあると考えてよいのではないでしょうか。

■川崎市内の死亡者数・退院者数・自宅療養者数
 川崎市内の死亡者数・退院者数・自宅療養者数 今回は新たに、川崎市内の死亡者数・退院者数・自宅療養者数を集計しました。

川崎市は死亡者数・退院者数については4月15日から、自宅療養者数については4月25日から統計的に整理された発表を行っています。

上記のグラフは3つのデータが出揃った4月25日分から集計を行っています。

直近での死亡者数は、16人です。
退院者数はずっと1桁の状態が続いており、新型コロナウイルスの治療には非常に長い時間がかかることがわかります。

その退院者数が5月8日に50名まで一気に増加し、初期の感染者の退院がようやく本格化したことが窺われます。
これが今後安定的に増加し、新規の感染者数を上回っていけば、川崎市内の医療体制が持続していけるということになるでしょう。
 
■区別の感染者数の推移
 区別の感染者数の推移

続いてこちらは、区別の感染者数の推移です。
下段の囲み内の数値は、5月2日時点発表数値との対比です。
 
川崎区で5名の増加が最大ですが、そのうち4名は医療従事者です。
つまり、医療従事者以外での一般の感染は、川崎区・幸区・高津区・宮前区での1名ずつにとどまったということです。

感染者数の拡大ペースが速かった中原区は、この1週間は新たな感染者の発表がありませんでした。
 
■区別の感染者数の割合
区別の感染者数

区別の感染者数割合を示すと、上記の通りです。

感染者数自体の増加が少なかったため、医療従事者4名含む5名の感染があった川崎区で2pt上昇した程度で、大きな変動はありませんでした。

■感染者数の男女比
感染者数の男女比

男女比
では、女性が1ptの増加となりました。

先週に引き続き、医療従事者を除くと新規感染者は高齢者が多く、平均寿命が長い女性の割合が高かったことによります。

■年代別の感染者数
 年代別の感染者数

年代別の感染者数は、前回引き続き高齢者の増加傾向が続きました。
20代は本サイト集計開始以来、毎回減少を続けています。

■職業別の感染者数
 職業別の感染者数

最後は、職業別の感染者数です。
こちらは前回から大きな変動はありません。

8名増加中4名を占めた医療従事者が、1pt上昇しています。


今回のグラフは、以上です。

緊急事態宣言下で多くの方が行動を抑制し、さらにGWでお仕事がお休みの方も多い中、前回報告に続いて川崎市内での感染拡大が抑制されているのは非常に良かったと思います。

最大の感染源となっている都内での感染者数も減少傾向にはあり、皆様の努力の成果が出てきているのではないでしょうか。

GW期間の取組結果が出るのは2週間後とも言われ、次回の集計あたりかもしれません。

多くの方が待ち望んでいる「出口」まではまだ時間を要すると思いますし、まだまだ予断を許さない状況です。

また次の土曜日を基本に、お伝えしたいと思います。

【関連リンク】
神奈川県ウェブサイト 神奈川県の外出自粛要請後の人口変動分析
川崎市 【緊急情報】川崎市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況
川崎市教育委員会 市立学校 新型コロナウイルス感染症への対応について
川崎市 新型コロナウイルス感染症関連情報リンクページ
武蔵小杉・新丸子・元住吉・武蔵中原・向河原周辺テイクアウト店舗マップ【新型コロナウイルス感染症対応】

(新型コロナウイルス関連エントリ)
2020/3/5エントリ 新型コロナウイルス対策で東急スクエア・ららテラスなど武蔵小杉の商業施設が営業短縮、公共施設は機能縮小し各種イベントが中止に
2020/3/11エントリ 東日本大震災から9年の武蔵小杉:川崎フロンターレが「ReMind-1」募金を実施、新型コロナ対応で街頭活動に代えて銀行振込で受付
2020/3/19エントリ 武蔵小杉のソメイヨシノが開花、「第43回こすぎ名物花見市」「富士通フェスティバル春まつり川崎2020」「第35回中原桃まつり」は中止に
2020/3/27エントリ 新型コロナウイルス拡大防止の外出自粛要請を受け、「武蔵小杉東急スクエア」「ららテラス武蔵小杉」が3月28日(土)、29日(日)臨時休業に
2020/4/1エントリ 川崎フロンターレオフィシャルグッズ&カフェ「AZZURRO NERO × FRO CAFE(フロカフェ)」本日オープン、「お風呂」コンセプトの店内を完全レポート
2020/4/2エントリ 新型コロナウイルス影響で川崎市立学校は4月17日まで臨時休業に、市立図書館機能制限は「当面の間」に延長
2020/4/3エントリ 新型コロナウイルス対応で武蔵小杉のグランツリー・ららテラス・東急スクエア・小杉プラザ・フロカフェなどが4月4日(土)・5日(日)臨時休業
2020/4/5エントリ 川崎市内の新型コロナウイルス感染者が60名に到達:中原区12名が最多、性別・年代・職業別では「働き盛り男性会社員」が高比率に
2020/4/7エントリ 新型コロナウイルス対応「緊急事態宣言」発令、武蔵小杉の東急スクエア・ららテラス・グランツリー・ヨーカドー等が4/8から一部除き長期休業に
2020/4/10エントリ 上丸子山王町のブックカフェ「COYAMA」でオンライン古本市を開催、新型コロナウイルスによる臨時休業下でSNS活用
2020/4/11エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数が本日過去最多18名増で累計114名に、中原区が最多・働き盛り会社員比率高まる
2020/4/15エントリ 「ナチュラマーケット」が食品スーパー「ナチュラストアー」を期間限定開店、生産者・取引業者連携で新型コロナウイルス影響による食品ロスを防止
2020/4/15エントリ 川崎フロンターレが新型コロナウイルス対策でオリジナルマスク販売、需要急減の陸前高田市・キャンプ地等の物産紹介にビデオ会議背景画像を配布
2020/4/18エントリ 新型コロナウイルス対応で武蔵小杉周辺飲食店がテイクアウト拡大、センターロードで「くろちゃん」「くろべこ」が山形牛カルビ弁当や串焼き等販売
2020/4/18エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数は4/18発表で172名に:全市で若干増加鈍化も最多・中原区はカーブ上昇、会社員比率は減少
2020/4/20エントリ 神奈川県が県内12地点の人口流動分析データを発表・更新、ブレーメン通り商店街では緊急事態宣言後に人出が増加
2020/4/21エントリ 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため川崎市が「指定喫煙場所」を閉鎖、武蔵小杉駅周辺3か所も閉鎖に
2020/4/23エントリ 新丸子「菓心 桔梗屋」の人気商品・みかぼ焼きのご自宅おすすめレシピ。オーブンレンジでバターと焼く「みかバター」
2020/4/24エントリ 新型コロナウイルス対応で広がる飲食店テイクアウト:新丸子「Powers」の、ワンコイングリーンカレー弁当
2020/4/25エントリ 川崎市4/25発表の新型コロナウイルス感染者数は224名・中原区上昇続く、男女比較では男性40~50代・女性20代が高比率に
2020/4/26エントリ 武蔵小杉の人気ベーカリー「ブーランジェリー・メチエ」が新型コロナウイルス対応営業、ビニールシート保護・入店制限・行列距離維持にまとめ買いも推奨
2020/4/29エントリ 武蔵小杉駅北口「フロカフェ」前で等々力陸上競技場「ファンキーズ」がカレー弁当を5/6まで販売、ハズレなしくじで川崎フロンターレ選手サイン等プレゼント
2020/5/2エントリ 川崎市5/2発表の新型コロナウイルス感染者数は累計249名、1週間移動平均では4/16をピークに増加が鈍化
2020/5/6エントリ 「こどもの日」で新丸子「菓心 桔梗屋」がGW限定「男のかしわ餅」を5/6まで販売、新型コロナウイルス拡大防止を願い「アマビエまーるん」が登場
2020/5/6エントリ 「みんな負けない。ここにまた帰ってくる。」フロンターレ・ブレイブサンダース・レッドロケッツ・レッドウェーブのメッセージが等々力緑地に展示
2020/5/9エントリ イタリアン酒場「ナチュラ武蔵小杉店」で食品スーパー「ナチュラストアー」2号店が開店、生産者・取引業者連携で新型コロナ影響下の食品ロス防止

Comment(0)

2020年
05月07日

三菱ふそう川崎工場第二敷地が商業・スポーツ施設等併設の大規模物流施設開発に向け解体進む、在りし日の姿をアーカイブ

【Reporter:はつしも】

中原区西加瀬の「三菱ふそう川崎工場第二敷地」約10万平米は、2017年1月31日に大和ハウス工業に買収されました。
その後大和ハウス工業が「武蔵小杉特定目的会社」を設立し、「(仮称)西加瀬プロジェクト」として大規模物流施設の建設を行う計画を推進しています。

同プロジェクトでは、物流施設のほか、屋上のスポーツ施設、建物の一部の店舗、また隣接敷地に公園等を整備するものとしており、環境アセスメントの手続きが209年11月27日に公告されていました。
 
■解体が進む「三菱ふそう川崎工場第二敷地」
解体が進む「三菱ふそう川崎工場第二敷地」

解体が進む三菱ふそう川崎工場第二敷地 

ここまでの経過等については過去のエントリでお伝えしてきましたが、現在、「三菱ふそう川崎工場第二敷地」は建屋等の解体工事が進められています。

本エントリでは、解体が始まる前の「三菱ふそう川崎工場第二敷地」について、記録を残しておきたいと思います。

■三菱ふそう等の事業所マップ
三菱ふそうトラック・バス等の事業所マップ

■「解体前」の三菱ふそう川崎工場第二敷地
三菱ふそう川崎工場第二敷地

三菱ふそうは、中原区大倉町から西加瀬にかけて「川崎工場」として広大な敷地を有していました。
そのうち大倉町側が「第一敷地」で、現在も同社が継続保有して拠点として活用しています。

一方西加瀬側が「第二敷地」で、こちらが大和ハウス工業に売却されて開発が進められるエリアとなっています。

「第二敷地」は中原区西加瀬にありますが、武蔵小杉駅周辺の方にはあまりなじみがないかもしれません。
中原平和公園前の交差点(関東労災病院交差点)から木月住吉町方面にまっすぐ進むと、上記写真の場所にぶつかります。

■環境アセスメントのお知らせ
環境アセスメントのお知らせ

環境アセスメントのお知らせ

環境アセスメントのお知らせ

解体前の第二敷地のフェンスには、2019/11/28エントリでお伝えした環境アセスメントの告知が掲示されていました。
環境アセスメントの詳細については、当該エントリをご参照ください。

■工場の表札取り外し
工場の表札取り外し

門のところにあった工場の表札は、すでに取り外されていました。

このときすでに施設としては閉鎖されて、解体を待つ状態となっていました。

■技術本部の建物
技術本部の建物

■エントランスのトラックのデザイン
エントランスのトラックのデザイン

工場の敷地内には、技術本部のビルがありました。
このビルのエントランスには、三菱ふそうらしくトラックの絵柄がデザイン化されていました。

■工場の通用門
工場の通用門

こちらは、工場の通用門です。
ひとりずつ入退館する、回転式扉になっていました。

■第二敷地前の道路
第二敷地前の道路

第二敷地前は、バスが通行する2車線道路です。

写真左手のビルがさきほどの技術本部のビルで、この道路をまっすぐ進むと、中原平和公園・関東労災病院前の交差点に至ります。

■「三菱ふそう前」バス停
三菱ふそう前のバス停

第二敷地前のバス停名称は、「三菱ふそう前」になっています。

わりとすぐ近くに「三菱ふそう川崎工場第一敷地」がありますから、第二敷地がなくなっても完全にミスマッチというわけではありません。

ただ、大規模物流施設が完成した際には名称変更されるかもしれませんね。

■第一敷地のビル
第一敷地のビル

幸区の第一敷地は、現在も三菱ふそうの重要な拠点として稼働しています。

「三菱ふそう川崎工場」と大和ハウス工業の大規模物流施設が並び立つことで、周辺の交通量も変動する可能性があります。

それらの影響を評価するために、環境アセスメントが実施されてきたわけです。

新たな大規模物流施設には、公園や店舗、スポーツ施設も併設されますので、さまざまな角度からの検証が必要かと思います。

■「(仮称)西加瀬プロジェクト」
西加瀬プロジェクト

建物断面イメージ 
西加瀬プロジェクト
 ※川崎市報道発表資料より

【関連リンク】
川崎市ウェブサイト 西加瀬地区のまちづくり
川崎市報道発表資料 武蔵小杉特定目的会社が(仮称)西加瀬プロジェクトに関する環境アセスメント手続に着手しました
2016/11/27エントリ 武蔵小杉視点で巡る、三菱ふそう川崎工場の「2016ダイムラー・グループ ファミリーデー」開催レポート
2017/2/25エントリ 三菱ふそうが中原区西加瀬の「川崎工場第二敷地」約10万平米を大和ハウス工業に売却、2019年3月以降に大規模開発を実施へ
2017/8/15エントリ 三菱ふそうトラック・バス川崎工場が「福島ひまわり里親プロジェクト」でヒマワリを栽培中、育てた種はふたたび福島へ
2017/8/18エントリ 時代の波に消えた、市ノ坪の強豪「三菱ふそう硬式野球部」と、グラウンド跡地にオープンした「新・川崎住宅公園」
2019/11/28エントリ 三菱ふそう川崎工場跡地に大和ハウス工業が大規模物流施設を計画、商業・生活サービス施設、屋上スポーツ施設を併設

Comment(3)

2020年
05月02日

川崎市5/2発表の新型コロナウイルス感染者数は累計249名、1週間移動平均では4/16をピークに増加が鈍化

【Reporter:はつしも】

川崎市では、市内における新型コロナウイルス感染者数を毎日発表しています。
本サイトでは4月5日発表データより独自に集計を行い、毎週土曜日を基本にグラフ化して提供をしてまいりました。

本日5月2日付の発表では、8人の感染者が確認され、累計感染者数が249名に達しました。
この1週間では感染者数の増加が鈍化する一方、高齢者の感染が多かったのが特徴です。

感染者数については曜日ごとのばらつきが大きいため、今回は1週間の単純移動平均による集計を行ったところ、4月10~16日の1週間をピークに確かに鈍化していることが確認できました。
 
■川崎市内の感染者数の推移
川崎市内の感染者数の推移 
■1日の感染者増加数の推移
川崎市内の感染者増加数の推移

最初に、川崎市内の感染者数の推移と、1日の感染者数の推移です。

これまでのピークは4月11日付の18名増加と、4月19日の16名増加でしたが、そこから感染者数の増加ペースは減速しているように見えます。

ただ、前述のとおり曜日によるばらつきが大きいため、今回は1週間の単純移動平均による集計を行ってみました。

■川崎市内の感染者数の推移【1週間移動平均】
川崎市の感染者数の推移【1週間移動平均】

この単純移動平均は、それぞれの日における直近1週間の平均感染者数の推移を示したものです。

つまり、【月火水木金土日】【火水木金土日月】【水木金土日月火】と1日ずつ平均7日間の範囲をずらしていくことで、曜日によるばらつきを抑制して推移を見ることができます。

これにより移動平均を確認すると、4月16日(4月10~16日の7日間)をピークに、確かに感染者数の増加がペースダウンしていることがわかりました。

■川崎市内の検査人数
川崎市内の検査人数

川崎市は、4月18日から市内の検査人数を発表するようになりました。
この1週間では、4月29日と5月2日が突出し、それ以外の日は検査人数が少なめになっています。

これは前掲の日別の感染者数ともおおむね合致するデータになっています。

■区別の感染者数の推移
 区別の感染者数の推移

続いてこちらは、区別の感染者数の推移です。
下段の囲み内の数値は、4月25日時点発表数値との対比です。

これまで、中原区の感染者数増加が突出していたのですが、この1週間では2名の増加にとどまりました。

市全体で感染者数増加が少なめだったこともあり、今回は2桁増加の区はありませんでした。

■区別の感染者数の割合
区別の感染者数

区別の感染者数割合を示すと、上記の通りです。
感染者数自体の増加が少なかったため、こちらは大きな変動はありませんでした。

■感染者数の男女比
感染者数の男女比

男女比
では、女性が2ptの増加となりました。

これは5月2日発表の8名のうち7名が女性(大部分が高齢者)であったことなどによるものです。

■年代別の感染者数
 年代別の感染者数

年代別の感染者数は、前回引き続き20代~50代の働き盛り層がやや減少しました。

その中でも20代は4.8pt減⇒3.3pt減⇒2.2pt減⇒0.2pt減と減少が続いています。
一方、今回は70代、80代の高齢者層の感染が目立ちました。

■職業別の感染者数
 職業別の感染者数

最後は、職業別の感染者数です。
こちらは前回から大きな変動はありません。

ただし、高齢者の感染が増加したことで、従来「その他」に含めていた「無職」が増加したため、今回より分離して表示することとしました。


今回のグラフは、以上です。

緊急事態宣言下で多くの方が行動を抑制する中、少なくともこの1週間に限定すると、川崎市内での感染増加が鈍化したのはひとまず良かったと思います。

一方、都内ではふたたび感染者数が100名を超え、まだまだ予断を許さない状況にあります。
また現在のゴールデンウィークは、新型コロナウイルス感染拡大防止にあたりきわめて重要な時期といわれます。

その答えが出るのは2週間後といわれますが、まずは1週間後、また最新のデータをお届けしたいと思います。

【関連リンク】
神奈川県ウェブサイト 神奈川県の外出自粛要請後の人口変動分析
川崎市 【緊急情報】川崎市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況
川崎市教育委員会 市立学校 新型コロナウイルス感染症への対応について
川崎市 新型コロナウイルス感染症関連情報リンクページ
武蔵小杉・新丸子・元住吉・武蔵中原・向河原周辺テイクアウト店舗マップ【新型コロナウイルス感染症対応】

(新型コロナウイルス関連エントリ)
2020/3/5エントリ 新型コロナウイルス対策で東急スクエア・ららテラスなど武蔵小杉の商業施設が営業短縮、公共施設は機能縮小し各種イベントが中止に
2020/3/11エントリ 東日本大震災から9年の武蔵小杉:川崎フロンターレが「ReMind-1」募金を実施、新型コロナ対応で街頭活動に代えて銀行振込で受付
2020/3/19エントリ 武蔵小杉のソメイヨシノが開花、「第43回こすぎ名物花見市」「富士通フェスティバル春まつり川崎2020」「第35回中原桃まつり」は中止に
2020/3/27エントリ 新型コロナウイルス拡大防止の外出自粛要請を受け、「武蔵小杉東急スクエア」「ららテラス武蔵小杉」が3月28日(土)、29日(日)臨時休業に
2020/4/1エントリ 川崎フロンターレオフィシャルグッズ&カフェ「AZZURRO NERO × FRO CAFE(フロカフェ)」本日オープン、「お風呂」コンセプトの店内を完全レポート
2020/4/2エントリ 新型コロナウイルス影響で川崎市立学校は4月17日まで臨時休業に、市立図書館機能制限は「当面の間」に延長
2020/4/3エントリ 新型コロナウイルス対応で武蔵小杉のグランツリー・ららテラス・東急スクエア・小杉プラザ・フロカフェなどが4月4日(土)・5日(日)臨時休業
2020/4/5エントリ 川崎市内の新型コロナウイルス感染者が60名に到達:中原区12名が最多、性別・年代・職業別では「働き盛り男性会社員」が高比率に
2020/4/7エントリ 新型コロナウイルス対応「緊急事態宣言」発令、武蔵小杉の東急スクエア・ららテラス・グランツリー・ヨーカドー等が4/8から一部除き長期休業に
2020/4/10エントリ 上丸子山王町のブックカフェ「COYAMA」でオンライン古本市を開催、新型コロナウイルスによる臨時休業下でSNS活用
2020/4/11エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数が本日過去最多18名増で累計114名に、中原区が最多・働き盛り会社員比率高まる
2020/4/15エントリ 「ナチュラマーケット」が食品スーパー「ナチュラストアー」を期間限定開店、生産者・取引業者連携で新型コロナウイルス影響による食品ロスを防止
2020/4/15エントリ 川崎フロンターレが新型コロナウイルス対策でオリジナルマスク販売、需要急減の陸前高田市・キャンプ地等の物産紹介にビデオ会議背景画像を配布
2020/4/18エントリ 新型コロナウイルス対応で武蔵小杉周辺飲食店がテイクアウト拡大、センターロードで「くろちゃん」「くろべこ」が山形牛カルビ弁当や串焼き等販売
2020/4/18エントリ 川崎市の新型コロナウイルス感染者数は4/18発表で172名に:全市で若干増加鈍化も最多・中原区はカーブ上昇、会社員比率は減少
2020/4/20エントリ 神奈川県が県内12地点の人口流動分析データを発表・更新、ブレーメン通り商店街では緊急事態宣言後に人出が増加
2020/4/21エントリ 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため川崎市が「指定喫煙場所」を閉鎖、武蔵小杉駅周辺3か所も閉鎖に
2020/4/23エントリ 新丸子「菓心 桔梗屋」の人気商品・みかぼ焼きのご自宅おすすめレシピ。オーブンレンジでバターと焼く「みかバター」
2020/4/24エントリ 新型コロナウイルス対応で広がる飲食店テイクアウト:新丸子「Powers」の、ワンコイングリーンカレー弁当
2020/4/25エントリ 川崎市4/25発表の新型コロナウイルス感染者数は224名・中原区上昇続く、男女比較では男性40~50代・女性20代が高比率に
2020/4/26エントリ 武蔵小杉の人気ベーカリー「ブーランジェリー・メチエ」が新型コロナウイルス対応営業、ビニールシート保護・入店制限・行列距離維持にまとめ買いも推奨
2020/4/29エントリ 武蔵小杉駅北口「フロカフェ」前で等々力陸上競技場「ファンキーズ」がカレー弁当を5/6まで販売、ハズレなしくじで川崎フロンターレ選手サイン等プレゼント

Comment(2)