武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2018年
07月13日

「おやつ研究所」に新作「オレンジとローズマリーのスコーン」「すもものコンポートとバニラアイスのクーペ」登場、昨夏好評「木苺とサクサクショコラのパフェ」も再登場

【Reporter:はつしも】

今井西町の住宅街に、タルトとケーキのお店「おやつ研究所」があります。
本サイトではこれまでに同店の人気商品「ベイクドレアチーズケーキ」「石臼挽き全粒粉と発酵バターきび糖のスコーン」などをご紹介してまいりました。

今回はスコーンのや、バリエーション「オレンジとローズマリーのスコーン」や、夏に嬉しい「木苺とサクサクショコラのパフェ」「和歌山県産すもものコンポートとバニラアイスクリームのクーペ」をご紹介したいと思います。

■今井西町の「おやつ研究所」
今井西町の「おやつ研究所」

店内

「おやつ研究所」は、武蔵小杉駅からはサライ通り商店街をまっすぐ抜けた、今井西町の住宅街にあります。
「今井西町けやき公園」の向かい側、低層住宅街のなかにこじんまりとしたお店が2016年10月にオープンしていました。

自然光の入る明るい店内に、手作りのタルトやケーキ、焼き菓子などが並び、カフェ利用も可能です。

■「オレンジとローズマリーのスコーン」
オレンジとローズマリーのスコーン

オレンジとローズマリーのスコーン 

そして同店で今人気なのが、手作りのスコーンです。
そのうちの1種、「石臼挽き全粒粉と発酵バターきび糖のスコーン」については、前回ご紹介をいたしました。

現在はこれに加えて、「オレンジとローズマリーのスコーン」が提供されています。

サクサク生地にオレンジの味わいが加わって、これまたたいへん美味しくいただきました。
卵不使用(※)ということです。

※初登場時。手作り店ですのでレシピの変更や製造工程でのわずかな含有等、本サイトは一切の保証はできませんので、あらかじめご承知くださいませ。

■「黒糖と胡桃のスコーン」
黒糖と胡桃のスコーン

なお、「オレンジとローズマリーのスコーン」が新作で出てくる前は、その他のバリエーションとして「黒糖と胡桃のスコーン」もありました。

スコーン記事の中に胡桃がほどよく入っていまして、全粒粉のツブツブ・サクサク感とはまた違った食感を楽しむことができます。

こちらは現在は一旦お休みになっていますが、また季節ごとに登場してくるようです。

3種のスコーンのうち、ごくごく個人的な嗜好としては「石臼挽き全粒粉と発酵バターきび糖のスコーン」を推しますが、いずれも非常に上質なスコーンですので、甲乙つけがたいところです。

好みにあわせてお楽しみください。

■2種のスコーンを、紅茶とともにいただく
2種のスコーンを、紅茶とともにいただく

前述の通り、「おやつ研究所」はカフェ営業も行っています。
スコーンの焼き上がりの時間に合わせて、ここで2種食べ比べをしてみるのも良いでしょう。

焼き上がり時間は、引き続き同店のInstagramで、大体オープン10時よりも前の時間帯に告知されています。
ここまでのところ、おおよそ11時~12時の間が焼き上がりとなっているようです。

なお、2種のスコーンは両方とも作る日もあれば、どちらか片方のみの場合もあります。
必ず作ると保証しているものではありませんので、事前にInstagramでチェックしてから来店されることをお勧めいたします。

■「木苺とサクサクショコラのパフェ」(紅茶付き1,290円)
木苺とサクサクショコラのパフェ

また同店では、このたび夏のメニュー「木苺とサクサクショコラのパフェ」を今年もスタートさせました。
こちらも昨年好評を博したもので、下がアイスクリームと、ちょっぴりビターなサクサクショコラの層です。その上にバタークッキーが乗り、木苺のジャムがかかっています。

たいへん贅沢な味わいで、満足感のある一品でした。
水出香りの紅茶がセットでついています。

■和歌山県産すもものコンポートとバニラアイスクリームのクーペ(890円)
和歌山県産すもものコンポートとバニラアイスクリームのクーペ

続いてこちらは新作、「和歌山県産すもものコンポートとバニラアイスクリームのクーペ」です。

すももを煮たコンポートは酸味を残してさっぱり仕上がっていまして、バニラアイスクリームの甘みも際立ちます。
こちらは半分飲み物のような形になっていますので、紅茶はセットになっていません。

今年の夏ははじまりからかなり気温が上がっていますので、冷たいものが食べたくなりますね。
これら2品も、どちらにするか迷うところです。

なお、スコーン同様、一定期間でまた別のパフェなどに替わるかと思いますので、食べたい方はお早めにどうぞ。

■「おやつ研究所 タルトとケーキのお店」の店舗情報
所在地:中原区今井西町15-23 グランドール2
●営業時間:11:00〜18:00(売り切れ早仕舞い、日祝は17:00閉店)
※7月11日~9月中旬まで営業時間が変更されます。
・水~金12:00~18:30、土11:00~18:30、日祝11:00~17:00

●定休日:月曜日、火曜日(変更の場合あり)
※7月16日(月)は営業。7月17日(火)・18日(水)が休みとなります。

●Instagram: https://www.instagram.com/tarte_gateau/
※焼き上がり情報はInstagramでのチェックが推奨です。
●Web:
http://royatu.exblog.jp/
●Facebookページ:https://www.facebook.com/ROYATUKNNKYUSHO/

■マップ


【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:洋菓子 おやつ研究所 タルトとケーキのお店
2009/2/27エントリ 武蔵小杉・今井西町のうつわ屋さん「小菊堂」
2017/3/16エントリ 今井西町の住宅街に、手作りタルトとケーキの専門店が登場。手のひらサイズがうれしい「おやつ研究所」
2017/4/20エントリ 口の中でとろける、完売必至の人気商品。タルトとケーキのお店「おやつ研究所」の「ベイクドレアチーズケーキ」
2017/9/12エントリ 武蔵小杉周辺でいただく、ふたつの上質パフェ。「おやつ研究所」の「木苺とサクサクショコラのパフェ」と、「Mui」の「いちじくのパフェ」
2018/5/18エントリ サクサク食感が上質、完売必至の人気商品第2弾。タルトとケーキのお店「おやつ研究所」の「石臼挽き全粒粉と発酵バターきび糖のスコーン」

Comment(0)

2018年
07月10日

川崎市市民ミュージアムで「SHISHAMO展」がスタート、川崎フロンターレや地域とも歩む活動を振り返る

【Reporter:はつしも】

川崎市市民ミュージアムにおいて、2018年7月7日より3つの企画展「かこさとしのひみつ展ーだるまちゃんとさがしにいこうー」「SHISHAMO展」「昔のくらしと家庭の道具」がスタートしています。

同日のエントリでは「かこさとしのひみつ展」についてご紹介をいたしましたが、今回は「SHISHAMO展」のレポートをお届けしたいと思います。

■「SHISHAMO展」
「SHISHAMO展」

■「SHISHAMO」メンバーのサイン入りパネル
「SHISHAMO」メンバーのサイン入りパネル

「SHISHAMO」は、川崎市幸区の川崎総合科学高等学校軽音楽部のメンバーが結成した3ピースバンド(3人のメンバーで構成されるバンド)です。
3人はかねてから川崎フロンターレのサポーターでもあり、ホームゲームでの応援に感動したことを原点とした楽曲「明日も」をリリースしたほか、その後も川崎フロンターレの各種企画に協力しています。

川崎フロンターレがJ1初優勝した波にも乗ってか、その人気は急速に高まり、2017年末の「NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たしました。
今回の「SHISHAMO展」は、CDデビュー5周年を記念したものです。

■「SHISHAMO展」の会場
「SHISHAMO展」の会場
※宇宙船のオブジェは一般撮影可

本展は、「SHISHAMO」の誕生から現在までの活躍を時系列で追っていくかたちになっています。
メンバーの活動写真やライブ等で使われた舞台装置など、多彩な展示が行われていました。

■「NHK紅白歌合戦」での衣装
「NHK紅白歌合戦」での衣装

こちらは、2017年末の「NHK紅白歌合戦」での衣装です。
いつも気張らず、カジュアルでかわいらしいスタイリングも「SHISHAMO」の特徴です。

■川崎総合科学高等学校時代のショット
川崎総合科学高等学校時代のショット

メンバーの出身校である川崎総合科学高等学校については、本サイトでも過去にご紹介をしておりました。
展示の中には、同校の校舎内で撮影されたものもいくつかありました。

■リストバンド
リストバンド

さらにロゴ入りTシャツやリストバンドなどの歴代グッズの展示も、カラフルで綺麗でした。
熱心なファンの方は、コンプリートされている方もいらっしゃるのでしょうね。

■なりきりフォトスポット
なりきりフォトスポット
※一般撮影可

このライブステージは、「SHISHAMO」になりきって写真撮影ができます。
楽器類は軽量なパネルですので、ライブの写真などを再現してポージングしてみても良いでしょう。

■「SHISHAMO」仕様の川崎フロンターレユニフォーム
「SHISHAMO」仕様の川崎フロンターレユニフォーム

■小林悠選手に寄贈したギター
小林悠選手に寄贈したギター

そして前述の通り、「SHISHAMO」といえば忘れてはいけないのが川崎フロンターレです。
写真は3人がエースストライカー・小林悠選手にプレゼントしたフロンターレブルーのサイン入りギターです。

普段は同選手のご自宅にあるのだと思いますが、今回は特別に展示されていました。

■川崎市市勢要覧「カワサキノコト」の「SHISHAMO」
川崎市市勢要覧「カワサキノコト」の「SHISHAMO」

川崎市が発行する市勢要覧「カワサキノコト」の2018年版では、表紙や福田市長との対談に「SHISHAMO」が登場していまして、会場でも配布されていました。

バンドとしては全国レベルでメジャーになりましたけれども、地元・川崎市に根差した活動をされているのも特長かと思います。

■メッセージコーナー
メッセージコーナー

本展には、「SHISHAMO」へのメッセージコーナーも設置されていました。
3人は7月7日の初日には来場されていましたし、地元ですのでひょっとしたらプライベートでいらっしゃることもあるかもしれません。

展示終了後にはメッセージは3人にきちんと届けられるかと思いますので、メッセージのある方はこちらにどうぞ。

■現在開催中の3つの企画展
現在開催中の3つの企画展

現在開催中の3の企画のうち、「SHISHAMO展」のみ7月29日(日)までと、開催期間が短くなっています。

最終日前日、7月28日(土)には等々力陸上競技場において初のワンマンライブ「SHISHAMO NO 夏MATSURI!!! ~ただいま川崎2018~」も開催されます。

当日はチケットをお持ちでない方でも楽しめる縁日ゾーン、グッズ、フード販売などのフリーエリアが設置されますので、あわせてお楽しみください。
詳細は関連リンクより、公式ウェブサイトをご参照くださいませ。

■等々力陸上競技場で収録された「明日も」のミュージックビデオ


■「SHISHAMO展」の開催概要
開催期間 2018年7月7日(土)~7月29日(日)
会場 川崎市市民ミュージアム 企画展示室1
休館日 毎週月曜日(ただし7月16日は開館)、7月17日(火)
観覧料 無料
主催 川崎市市民ミュージアム アートギャラリー
備考 開館時間=9:30~17:00(最終入館16:30まで)
※7月21日(土)・7月28日(土)は19:00まで開館時間を延長します(最終入館18:30まで)。
Web 川崎市市民ミュージアム SHISHAMO展

【関連リンク】
川崎市市民ミュージアム ウェブサイト
SHISHAMO公式ウェブサイト SHISHAMO NO 夏MATSURI!!! ~ただいま川崎2018~
2017/2/14エントリ 川崎市出身の3ピースバンド「SHISHAMO」がフロンターレを原点にした新曲「明日も」のMVを公開、全編を等々力陸上競技場で撮影
2017/3/5エントリ 川崎フロンターレのホーム開幕戦が本日開催:東急武蔵小杉駅の大型ビジョンに小林悠選手登場、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店では始球式に登場の「SHISHAMO」CDとししゃも販売
2017/4/17エントリ 多摩川を下る(3):ランステーション「多摩川交流センター」から見える、新川崎・武蔵小杉・多摩川大橋・「SHISHAMO」出身校の川崎総合科学高等学校
2018/6/30エントリ 川崎フロンターレ「2018ファン感謝デー」に過去最多12,253人が来場、ジュビロ磐田に移籍の大久保嘉人選手も登場しサポーターに挨拶

(川崎市市民ミュージアム関連エントリ)
2016/4/23エントリ 武蔵小杉に、実は存在する名画座。「川崎市市民ミュージアム」映像ホールがリニューアルしデジタルシネマを上映中
2016/4/28エントリ 川崎市市民ミュージアムの「トーマス転炉」が語る、川崎の鉄鋼産業史
2016/6/23エントリ 川崎市市民ミュージアムの「ミュージアムライブラリー」に収蔵、充実の「マンガライブラリー」
2016/9/12エントリ 川崎市市民ミュージアムで「描く!マンガ展」が開催中、地元企画「ねこのしっぽ展示」「デリーター画材体験」や漫画ワークショップも展開
2016/12/18エントリ 川崎市市民ミュージアム「アートツール・キャラバンin川崎」開催レポート:「毛糸のお城」が逍遥展示空間に出現
2017/1/7エントリ 「2016川崎フロンターレ展」に天皇杯準優勝トロフィーが登場/同展を最後に市民ミュージアムが長期改修、4月より指定管理者制度によるリニューアルオープンへ
2017/4/4エントリ 「川崎市市民ミュージアム」が指定管理者制度によりリニューアルオープン、4月16日(日)まで「スプリングイベント」を開催中
2017/5/13エントリ 川崎市市民ミュージアムで5月中の休日に「古代の火おこし体験」を開催中、5月7日(日)にアイルランドの名作アニメーション「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」を小中学生無料で上映
2017/6/28エントリ タバ作戦最寄りの「武蔵小杉の映画館」、川崎市市民ミュージアム映像ホールに「シン・ゴジラ」再上陸!7月の毎週末に川崎市ゆかりのゴジラ作品を連続上映
2017/7/28エントリ 川崎市市民ミュージアムで開催中「からくりトリックの世界」でトリック3Dアート写真を撮ろう!/7月29日(土)「シン・ゴジラ」が最終2回上映
2017/68/5エントリ 川崎市市民ミュージアムで、バケツ稲を栽培中。「ミュージアムで田んぼ」で元気に育つ稲とメダカたち
2017/12/16エントリ 「2017川崎フロンターレ展」が本日スタート、後援会会員限定エリアにJ1優勝のシャーレ・小林悠選手MVP・得点王トロフィーなどが集結
2018/1/11エントリ 1月14日(日)終了「2017川崎フロンターレ展」での退団選手への寄せ書きと、スマホアプリによる選手とのバーチャル記念撮影
2018/1/14エントリ 東急バス×川崎フロンターレ「Paint it Blue Bus!!」が完成、溝の口~武蔵小杉~川崎駅間運行に先立ち市民ミュージアムで本日お披露目
2018/4/13エントリ 川崎市市民ミュージアムで「中井精也鉄道写真展 笑顔あふれる『ゆる鉄』ワールド」が開催、川崎市や武蔵小杉駅の鉄道ジオラマ展示・休日には子ども向けワークショップも
2018/7/7エントリ 川崎市市民ミュージアムで「かこさとしのひみつ展」が本日スタート、「からすのパンやさん」「だるまちゃん」関連イベントも順次開催

Comment(0)

2018年
07月07日

川崎市市民ミュージアムで「かこさとしのひみつ展」が本日スタート、「からすのパンやさん」「だるまちゃん」関連イベントも順次開催

【Reporter:はつしも】

本日7月7日より、川崎市市民ミュージアムにおいて注目の企画展が3つ、スタートしました。

「かこさとしのひみつ展ーだるまちゃんとさがしにいこうー」と、「SHISHAMO展」、そして「昔のくらしと家庭の道具」です。

■川崎市市民ミュージアムの企画展
川崎市市民ミュージアムの企画展

本サイトでは、この3つの企画展を順次ご紹介したいと思います。
今回はその第1回目で、「かこさとしのひみつ展ーだるまちゃんとさがしにいこうー」をレポートさせていただきます。

なお、本展は一般来場者は一部を除いて撮影禁止ですので、あらかじめご承知ください。
撮影可能なポイントについては、記事中でも説明を付記しておきます。

※本サイトは報道メディアとして撮影許可を得てご紹介をするものです。

■「かこさとしのひみつ展ーだるまちゃんとさがしにいこうー」
かこさとしのひみつ展
※一般撮影可

「からすのパンやさん」「だるまちゃんとてんぐちゃん」などで知られる絵本作家、かこさとしさんは、川崎市で「セツルメント」と呼ばれる紙芝居の読み聞かせ活動などをされていました。

1960年代から絵本作家としての活動を本格化させ、長年にわたって子どもたちに愛されてきました。

最近では2013年には「からすのパンやさん」の続編を、2018年1月には「だるまちゃん」シリーズの続編を刊行するなど、現役であり続けた方でした。

かこさとしさんが亡くなられたのは2018年5月2日で、今回の企画展の準備が進んでいた時期にあたります。
享年92歳でした。

■展示室内
展示室内

展示室内

かこさとしさんの本は、大きく分けて「からすのパンやさん」などの「おはなしの本」、宇宙などを取り上げる「科学の本」、社会の仕組みをわかりやすく説明する「社会の本」、こどもたちの遊びの文化を研究した「研究の本」(大人向け)の4種に大別されます。

今回の企画展では、テーマごとにさまざまな切り口でかこさとしさんの作品のひみつに迫っていました。
スケッチや下絵、複製原画を中心に200点以上が一堂に会しています。

かこさとしさんの絵本には、「とんぼ」「サッカーボール」「丸メガネの男性(ご本人?)」が隠れキャラクターのようによく登場するそうです。

本展に展示されている絵にも出てきますので、会場で探してみるのも楽しいと思います。

■映像コーナー
映像コーナー

映像コーナーでは、川崎市で活動されるかこさとしさんの映像も放送されていました。

かこさとしさんが参加していた古市場のセツルメント活動については、2階のアートギャラリーで資料が展示されていまして、こちらは観覧無料です。

今回紹介する3つの企画展のうち、「かこさとしのひみつ展」だけが有料ですが、同氏の絵本の良さがあらためてよくわかりますので、展示の詳細は是非来場して見てみてください。

■逍遥展示空間のメッセージコーナー
逍遥展示空間のメッセージコーナー 

メッセージコーナー 
 ※一般撮影可
 
 なお、企画展示室外の「逍遥展示空間」では、かこさとしさんへのメッセージコーナーが設置されていました。
このディスプレイは一般撮影可で、メッセージを投函することができます。

ご本人は亡くなられていますが、集まったメッセージは加古総合研究所に届けていただけるそうです。

■川崎市市民ミュージアム
川崎市市民ミュージアム  

「かこさとしのひみつ展」は、は、2018年9月9日(日)まで開催されます。

期間中には様々なワークショップも行われますので、下記の川崎市市民ミュージアムのウェブページもご参照ください。 
 
■「かこさとしのひみつ展ーだるまちゃんとさがしにいこうー」の開催概要
開催期間 2018年7月7日(土)~9月9日(日)
会場 川崎市市民ミュージアム 企画展示室1
休館日 毎週月曜日(ただし7月16日は開館)、7月17日(火)
観覧料 ●一般 600円(480円)
●学生・65歳以上 450円(360円)
●中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金。
※障害者手帳をお持ちの方およびその介護者は無料。
主催 川崎市市民ミュージアム
後援 川崎市教育委員会
備考 開館時間=9:30~17:00(最終入館16:30まで)
※夏休み期間の土曜日[7月21・28日、8月4・11・18日]は19:00まで開館(最終入館18:30まで)
Web 川崎市市民ミュージアム かこさとしのひみつ展ーだるまちゃんとさがしにいこうー

 【関連リンク】
 ・川崎市市民ミュージアム ウェブサイト
 ・かこさとし 公式ウェブサイト
 
(川崎市市民ミュージアム関連エントリ)
 ・2016/4/23エントリ 武蔵小杉に、実は存在する名画座。「川崎市市民ミュージアム」映像ホールがリニューアルしデジタルシネマを上映中
2016/4/28エントリ 川崎市市民ミュージアムの「トーマス転炉」が語る、川崎の鉄鋼産業史
2016/6/23エントリ 川崎市市民ミュージアムの「ミュージアムライブラリー」に収蔵、充実の「マンガライブラリー」
2016/9/12エントリ 川崎市市民ミュージアムで「描く!マンガ展」が開催中、地元企画「ねこのしっぽ展示」「デリーター画材体験」や漫画ワークショップも展開
2016/12/18エントリ 川崎市市民ミュージアム「アートツール・キャラバンin川崎」開催レポート:「毛糸のお城」が逍遥展示空間に出現
2017/1/7エントリ 「2016川崎フロンターレ展」に天皇杯準優勝トロフィーが登場/同展を最後に市民ミュージアムが長期改修、4月より指定管理者制度によるリニューアルオープンへ
2017/4/4エントリ 「川崎市市民ミュージアム」が指定管理者制度によりリニューアルオープン、4月16日(日)まで「スプリングイベント」を開催中
2017/5/13エントリ 川崎市市民ミュージアムで5月中の休日に「古代の火おこし体験」を開催中、5月7日(日)にアイルランドの名作アニメーション「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」を小中学生無料で上映
2017/6/28エントリ タバ作戦最寄りの「武蔵小杉の映画館」、川崎市市民ミュージアム映像ホールに「シン・ゴジラ」再上陸!7月の毎週末に川崎市ゆかりのゴジラ作品を連続上映
2017/7/28エントリ 川崎市市民ミュージアムで開催中「からくりトリックの世界」でトリック3Dアート写真を撮ろう!/7月29日(土)「シン・ゴジラ」が最終2回上映
2017/68/5エントリ 川崎市市民ミュージアムで、バケツ稲を栽培中。「ミュージアムで田んぼ」で元気に育つ稲とメダカたち
2017/12/16エントリ 「2017川崎フロンターレ展」が本日スタート、後援会会員限定エリアにJ1優勝のシャーレ・小林悠選手MVP・得点王トロフィーなどが集結
2018/1/11エントリ 1月14日(日)終了「2017川崎フロンターレ展」での退団選手への寄せ書きと、スマホアプリによる選手とのバーチャル記念撮影
2018/1/14エントリ 東急バス×川崎フロンターレ「Paint it Blue Bus!!」が完成、溝の口~武蔵小杉~川崎駅間運行に先立ち市民ミュージアムで本日お披露目
2018/4/13エントリ 川崎市市民ミュージアムで「中井精也鉄道写真展 笑顔あふれる『ゆる鉄』ワールド」が開催、川崎市や武蔵小杉駅の鉄道ジオラマ展示・休日には子ども向けワークショップも

Comment(0)

2018年
06月27日

武蔵小杉の地下を走る貨物線「武蔵野南線」に給電、上小田中の「梶ヶ谷変電所」で見る「金矢」の字

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉周辺の地下には、貨物線「武蔵野南線(武蔵野貨物線)」が走っています。
上小田中6丁目にある同路線の施設「JR東日本 梶ヶ谷変電所」を、今回は訪れてみました。

■上小田中の「梶ヶ谷変電所」
今井西町の「JR東日本梶ヶ谷変電所」

梶ヶ谷変電所の看板

「梶ヶ谷変電所」というと、高津区・宮前区にまたがる地域をイメージされるのが普通だと思いますが、実は「スーパー生鮮館TAIGA」の隣、上小田中6丁目にあります。

この変電所は、南武線と地下で並走する「武蔵野南線」への給電を行っています。
武蔵野南線の貨物ターミナルが梶ヶ谷にありますから、その系統の変電所ということで「梶ヶ谷変電所」の名前がついているのではないでしょうか。
 
■「鉄」の文字
「鉄」の文字

「東日本旅客鉄道株式会社」の「鉄」の文字を見ると、通常はかねへんのつくりが「失」であるはずが、「矢」になっています。

これは国鉄が分割民営化されて同社が誕生した際、「金を失う」鉄の字を避けて、縁起をかついで「金矢」の字にしたものということです。

■立ち入り禁止の注意書き
立ち入り禁止の注意書き

■こちらも「金矢」
こちらも「金矢」

梶ヶ谷変電所は高圧電流が流れていますから、当然ながら立ち入り禁止です。
その注意書きの社名も、同様に「金矢」になっていました。

この「金矢」のエピソードは昔聞いたことがありましたが、一般に同社の社名が目に触れる場合は「JR東日本」と表記することが多いですから、すっかり忘れておりました。

正式な商号である「東日本旅客鉄道株式会社」の文字を見ると、少々新鮮です。

■送電線「JR梶ヶ谷線」
「JR梶ヶ谷線」

■「JR梶ヶ谷線1号」
JR梶ヶ谷線1号

■「JR梶ヶ谷線2号」
JR梶ヶ谷線2号

梶ヶ谷変電所からは、送電線「JR梶ヶ谷線1号」「JR梶ヶ谷線2号」が地中に潜っていく姿を確認することができました。

ここは安全のためか、ケーブルがフェンスで囲われています。

一方でそれならばあえて建物の外側に露出させなくても良いような気がいたしますが、メンテナンスのしやすさなどを勘案したものでしょうか。

■梶ヶ谷変電所立坑
梶ヶ谷変電所立坑



梶ヶ谷変電所の建屋の隣には、「梶ヶ谷変電所立坑」がありました。
ここから、地下の武蔵野南線へと降りていくことができます。

勿論一般に公開されるものではなく、JR東日本が変電所の敷地内で管理を行っています。
 
■蓄電池設備
蓄電池設備 
 
蓄電池設備  

また変電所の敷地内には、蓄電池設備もありました。
施設の性質上、非常時の電源を用意しているものと思います。

■上小田中東公園から見た梶ヶ谷変電所
 上小田中東公園から見た梶ヶ谷変電所

なお、梶ヶ谷変電所の北側には「上小田中東公園」があり、変電所の敷地を見ることができます。

この公園は住宅街の路地を分け入った先にありまして、近隣にお住まいの方でもなかなか気づかないであろう、「隠れキャラ」的な存在です。

梶ヶ谷変電所を訪れる機会がありましたら、こちらもついでに探してみてください。
位置がわかっていても、入り方が見つけにくいと思います。

【関連リンク】
Wikipedia 武蔵野線 
2011/9/27エントリ JR東海がリニア中央新幹線の環境アセスメント手続を開始:中原区内の事業区域縦覧と説明会開催
2016/4/25エントリ JR向河原駅から延びる、歴史の遺構。「市ノ坪短絡線」廃線跡の緑道を巡る

Comment(0)

2018年
06月21日

横須賀線・湘南新宿ラインをまたぐ「御幸跨線橋」から見る、武蔵小杉の高層ビル群と市ノ坪住宅の屋根付きフェンス

【Reporter:はつしも】

川崎市内を通る横須賀線・湘南新宿ラインの線路には、それをまたぐ大きな跨線橋がいくつかあります。

今回、府中街道の「市ノ坪跨線橋」の南側にある「御幸跨線橋」から、武蔵小杉方面を眺めてみましたので、ご紹介します。

■御幸跨線橋
御幸跨線橋

御幸跨線橋

御幸跨線橋は、府中街道の平間駅入口と、三菱ふそう川崎工場をつなぐ道路です。
1枚目の写真奥に見えるのが府中街道沿いの共同住宅「市ノ坪住宅」です。

■御幸跨線橋から見た武蔵小杉の高層ビル群
御幸跨線橋から見た武蔵小杉の高層ビル群

御幸跨線橋からは、武蔵小杉の高層ビル群がよく見えました。
写真中央右側には、府中街道の市ノ坪跨線橋の姿も確認できます。

一番左側の高層ビルが「プラウドタワー武蔵小杉」で、その奥には撮影時点において建設中だった「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」のタワークレーンがのぞいています。

■貨物列車「桃太郎」
貨物列車

■貨物列車の長い車列
貨物列車の長い車列 

御幸跨線橋は、貨物列車の観測スポットとしても知られています。
このとき、JR貨物の「桃太郎」が通過していました。

貨物列車は一般駅のホームに合わせる必要がないため、車列が大変長いのに驚きます。

貨物列車には「ENEOS」のマークがついていまして、石油輸送をしていたのではないかと思います。

■市ノ坪住宅そばを走る成田エクスプレス
市ノ坪住宅そばを走る成田エクスプレス

■同じく、湘南新宿ライン
同じく、湘南新宿ライン

御幸跨線橋と市ノ坪跨線橋に挟まれた市ノ坪住宅は、横須賀線・湘南新宿ラインの線路にかなり近接しています。

落下物・飛来物が電車にぶつかるリスクを勘案して、ここにはご覧の通り電車を覆う屋根のようなフェンスが設置されていました。

市ノ坪住宅は高さもありますので、必要な措置かと思います。

■御幸跨線橋越しに見た武蔵小杉
御幸跨線橋越しに見た武蔵小杉

御幸跨線橋は、一般の道路でありながらかなり高さがありますので、眺めが良いのが特徴です。

府中街道の市ノ坪跨線橋と見えるアングルはそれほど大きく変わりませんので、市ノ坪跨線橋から眺めたことのある方でしたら、わざわざ見に行く必要はないかもしれません。

もし何かしらの用件で通行されることがありましたら、足を止めてみるのも良いと思います。

■御幸跨線橋のマップ


【関連リンク】
(御幸踏切関連)
2010/10/12エントリ 開かずの御幸踏切と、隣接の歩道橋
2011/8/3エントリ 御幸踏切の馬頭観音
2012/3/8エントリ 開かずの「御幸踏切」の歩道橋改修

(市ノ坪跨線橋関連)
2016/8/10エントリ 府中街道・市ノ坪跨線橋から見る、武蔵小杉の高層ビル群と富士山

(三菱ふそう関連)
2016/11/27エントリ 武蔵小杉視点で巡る、三菱ふそう川崎工場の「2016ダイムラー・グループ ファミリーデー」開催レポート
2017/2/25エントリ 三菱ふそうが中原区西加瀬の「川崎工場第二敷地」約10万平米を大和ハウス工業に売却、2019年3月以降に大規模開発を実施へ
2017/8/15エントリ 三菱ふそうトラック・バス川崎工場が「福島ひまわり里親プロジェクト」でヒマワリを栽培中、育てた種はふたたび福島へ
2017/8/18エントリ 時代の波に消えた、市ノ坪の強豪「三菱ふそう硬式野球部」と、グラウンド跡地にオープンした「新・川崎住宅公園」

Comment(0)

2018年
06月20日

武蔵小杉ワーキングマザー交流会が向河原の上質フレンチ「Patiste」で7月15日開催、「思春期の子どもと向き合うマネジメントスキル」をテーマに男性も歓迎

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉ワーキングマザー交流会「子どもの思春期こそマネジメントスキルが役に立つ!~イクボスの先駆者に学ぶ関わり方・楽しみ方~」が、2018年7月15日(日)に開催されます。
今回はNPO法人ファザーリングジャパン代表理事の安藤哲也氏を講師に迎え、「思春期における親子のコミュニケーションの在り方」についてリアルなトークとグループワークを行います。

本イベントは事前登録制であり、7月11日(水)まで申し込みを受け付けしています。

■武蔵小杉ワーキングマザー交流会「子どもの思春期こそマネジメントスキルが役に立つ!~イクボスの先駆者に学ぶ関わり方・楽しみ方~」 武蔵小杉ワーキングマザー交流会

■武蔵小杉ワーキングマザー交流会の開催概要
日時 2018年7月15日(日) 10:30〜12:00
会場 Cafe Patiste(カフェパティスト)
内容 「子どもの思春期こそマネジメントスキルが役に立つ!~イクボスの先駆者に学ぶ関わり方・楽しみ方~」

子どもも大きくなってずいぶん楽になったけど、大きくなったらなったで尽きない子育ての悩み。。。

・反抗的な態度に思わずイラッ!
・部屋に閉じこもってゲームばかりで、学校の様子を全然話してくれないけど、友達関係や勉強ちゃんとやってるのかな…。
・突然ある日「いなくなった」?!
・はたまた急な学校からの呼び出し。
・悩んでる様子なのに多くを語ってくれなかったり、ほっといて!と言われたり…。

● どこまで見守るべき?
● どのタイミングで手を差し伸べたらよい?

今回の武蔵小杉ワーキングマザー交流会は、特定非営利活動法人ファザーリングジャパン代表の安藤哲也さんを講師にお迎えし、"思春期における親子のコミュニケーションの在り方"に切り込みます。安藤さん曰く「思春期こそ観察する・見守る・向き合うのマネジメントスキルが役に立つ!」のだそうです。仕事でも活かせる安藤流マネジメントのエッセンスをお持ち帰りください♪武蔵小杉エリアの先輩ワーママさんから聞いた思春期のリアルなアレコレもご紹介します!

ご夫婦もしくはパパのみの参加も大歓迎です。
ワークショップ開催後には同じ会場で懇親会も予定しています。
ぜひご参加ください。


林田香織氏

●講師:安藤哲也(あんどうてつや)氏
(NPO法人ファザーリングジャパン ファウンダー・代表理事、NPO法人タイガーマスク基金 代表理事/株式会社ライフシフト・ジャパン 代表取締役社長)

1962年生まれ。二男一女の父親。出版社、書店、IT企業など9回の転職を経て、2006年にファザーリングジャパンを設立。「育児も仕事も人生も笑って楽しめる父親を増やしたい」と年間200回以上の講演や企業セミナー、絵本読み聞かせなどで全国を歩く。『パパの危機管理ハンドブック』(ホーム社)など著書多数。

http://tetsuya-ando.com/
参加費 ●交流会 500円
●懇親会 大人1名4,000円/大人1名+こども1名キッズプレート付き 5,300円(※希望される方)
※ 本イベントは、ご夫婦での参加も可能です。その場合は、お一人様ずつのお申込み・参加費が必要です。
※こどもワークショップ付きの企画もありましたが、チケットはすでに完売しています。
参加方法 ●本イベントは事前申込制(先着順)になっています。2018年7月11日(水)までに下記サイトよりお手続きください。
【申込ページ】
主催 Mothers Be Ambitious
後援 NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント
協力 たいよっこ保育室/向河原コミュニティルーム/武蔵小杉ライフ

■プログラム(予定)
15:30-15:35 主催者挨拶・講師紹介
15:35-15:45 先輩ワーママにきいてきました!「思春期あるある」
15:45-16:00 グループシェア
「思春期ってどんなイメージ?いま不安なことある?」
16:00-16:45 講演「思春期こそイクボススキルで楽しもう」
16:45-17:15 グループワーク
17:15-17:30 まとめ・アンケート記入・クロージング

■参加にあたっての注意事項
※2歳以上のお子様について、会場内への同伴はご遠慮ください。0~1歳のお子様は会場内に同伴いただけます。会場スペースの都合上、会場内ではベビーカーをたたんでいただきます。抱っこひも等の利用をお願いいたします。同伴したお子様に対し、会場内での保育対応はございませんので、ご自身の責任のうえでお子様を見守りください。参加された皆様が楽しく過ごせるようご協力をお願いいたします。なお、会場は2階にあり、階段でのご利用となりますので、ご承知おきください。
※本イベントは事前申込制(先着順)となっております。お申し込みはお早めにお願いいたします。
※本イベントは、地域住民同士の交流を目的として開催しています。ネットワークビジネス、その他のビジネスやセミナー、保険、特定の思想・信条等の勧誘目的でのご参加はご遠慮下さい。




子育てにおいて、「思春期」は子どもたちが大きく成長していくプロセスです。
それだけに親子の間でもさまざまなギャップが出てきますし、親以外のさまざまな人間のかかわりの中でも、悩みを抱えがちな年頃でしょう。

「仕事」への時間の割り振りも考えなければいけないワーキングマザーの皆さんにとって、また思春期の子どもを育てるすべての親にとって、「どこまで見守るべきか/手を差し伸べるべきか」、迷うことが多い時期かと思います。

しかしながら、この迷いに「絶対の正解」はありません。
それだけに、どこかの先生の講演を聞いてそれに従うというよりも、様々な人との情報交換、意見交換を通じて、より自分の家族に馴染みやすいヒントを探していくことが有用ではないでしょうか。

■過去の開催風景
過去の開催風景
※写真提供:Mothers Be Ambitious

今回の「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」は、子どもに対する親の向き合い方が問われる思春期に、「観察する・見守る・向き合う」のマネジメントスキルを身につけることをテーマとしています。
先輩のワーキングマザーの経験談からはじまり、グループでの体験共有、NPO法人ファザーリングジャパンの安藤哲也氏による講演、そしてグループワークと、参加者双方向での情報交換をはかるものとなっています。

最初の体験談では、
●反抗的な態度に口論になり、子どもが家を飛び出して帰ってこなかった
●塾に行ったと思ってたのに帰ってこなかった
●反抗的な態度をとったと思ったら甘えてきたりどっちかよくわからない
●(塾で多くを学んだため)学ぶ意味がわからなくて学校へ行けなくなった
など、多くの実例を共有いただきつつ、仕事との兼ね合いや調整の仕方などについてもノウハウが語られる予定です。

交流会に参加することで、たとえこれぞという正解が見つからなくても、悩みを抱える親同士、普段とは違った接点を持つことで前向きな気分になれることもあるかと思います。

■男性の参加も歓迎しています
過去の開催風景
※写真提供:Mothers Be Ambitious

また今回、夫婦でのご参加や、パパ(ファザー)のみの参加も歓迎されています。

子どもの思春期の悩みについて、どちらかといえばママだけが引き受けるケースが多いと思います。
どちらかだけではなく、家族全体で向き合っていけるのが理想であることはいうまでもありませんが、とはいえ従来あまり子育てに参加できていなかったパパが、いきなり家族とは話し合いにくいこともあるでしょう。

そこで普段の人間関係を離れたところで、いろんなマザーの意見や悩みを聞いてみるところから入っていくことで、主体的にかかわっていくきっかけになるかもしれません。
たとえ最初は「受け売り」でも、まずは対話のきっかけを作ることには価値があるように思いますし、一方でマザーの皆さんにも参考になることがありそうです。

交流会は有志グループ「Mothers Be Ambitious」が2014年9月にスタートしたもので、4年近く継続されています。
その活動が評価されて、公益財団法人かわさき市民活動センターの「平成30年度かわさき市民公益活動助成金事業」の指定も受けています。

■今回会場となる「Cafe Patiste」
今回会場となる「Cafe Patiste」

「Cafe Patiste」

「Cafe Patiste」

今回の交流会の会場となるのは、「Cafe Patiste(カフェパティスト)」です。
向河原駅近くにあり、武蔵小杉新駅からも徒歩10分内でアクセスできます。

フレンチのシェフとソムリエのコンビによるカフェレストランで、たいへんクオリティの高い料理が好評を博しています。
本サイトでも過去にランチをご紹介しておりますので、関連リンクをご参照ください。

■「Cafe Patiste」の料理(※参考写真)
「Cafe Patiste」の料理

「Cafe Patiste」の料理

「Cafe Patiste」の料理

今回は交流会終了後、この「Cafe Patiste」においてそのまま懇親会が開催されます。
これまでの交流会は懇親会会場まで移動が必要なことが多かったのですが、今回は切れ目なく懇親会となります。

懇親会は自由参加ですけれども、この機会に同店の美味しい料理を食べてみるのも良いかもしれません。

※上記写真は本サイトでランチをご紹介したときのもので、本交流会の懇親会のメニューとは異なります(デザートは自家製アイスが予定されています)。

■本交流会に協力する「向河原コミュニティルーム」
本交流会に協力する「向河原コミュニティルーム」

なお、今回は残念ながらすでに満席となっているのですが、本交流会は向河原にあるママ応援スポット「向河原コミュニティルーム」の協力により、子ども向けのワークショップが同ルームで同時開催されます。
交流会中にお子さんをワークショップに預けられることにより、夫婦での参加を促進するというわけです。

「向河原コミュニティルーム」では今後もワークショップを開催していきますので、ご関心ある方は関連リンクからfacebookページをご参照ください。

【関連リンク】
(武蔵小杉ワーキングマザー交流会関連)
武蔵小杉ワーキングマザー交流会 Facebookページ
日経DUAL 子どもの思春期 イクボス力で乗り越える
2014/8/21エントリ 「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」発足、第1回ワークショップを2014年9月27日(土)開催
2014/10/29エントリ 好評企画「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」第2回ワークショップが2014年12月6日(土)開催、参加申込受付中
2015/6/3エントリ 「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」第3回ワークショップ「ママの気分が楽になるレッスン」が7月11日(土)開催、参加申込受付スタート
2015/7/3エントリ 「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」第3回ワークショップが好評につきリッチモンドホテルに会場変更、申込締切は7月4日(土)まで
2016/1/26エントリ 「武蔵小杉ワーキングマザー交流会 第4回ワークショップ『仕事もプライベートもhappyに!』」が2月28日(日)開催、参加申込受付中
2016/8/8エントリ 「武蔵小杉ワーキングマザー交流会」が9月3日(土)開催・申込受付中、「元祖イクボス」川島高之氏の特別講演・武蔵小杉で活躍するパパママのパネルディスカッションを実施
2016/12/9エントリ 武蔵小杉ワーキングマザー交流会「職場で活かせる!ハッピー交渉トレーニング」が2017年1月21日(土)開催、先着順で参加申込受付中
2017/6/11エントリ 武蔵小杉ワーキングマザー交流会「解決志向アプローチでみんなの『子育てあるある』楽にしよう♪」が2017年7月9日(日)開催、参加申込受付中
2017/8/3エントリ 「武蔵小杉ワーキングマザー交流会 働くママ、パパのためのちょっと知りたい『中学受験』」が9月3日(日)開催、8月30日(水)まで参加申込受付中
2017/12/26エントリ 武蔵小杉ワーキングマザー交流会「夫婦でナットク!共働き世帯のハッピーマネープラン」が2018年1月14日(日)開催、夫婦参加歓迎・保育サービス付きでエントリー受付中
2018/3/18エントリ 武蔵小杉ワーキングマザー交流会「どうする?!育休復帰後の家事育児~『Teamわが家』を考えよう~」が3月25日(日)開催、参加申込受付中

(向河原コミュニティルーム関連)
向河原コミュニティルーム facebookページ
たいよっこ保育室 facebookページ
2017/12/8エントリ 向河原駅近くに保育室&コミュニティスペース「たいよっこ保育室」が開設、12月9日(土)開催「プレオープンフェア」で地域にお披露目
2018/5/8エントリ ママと家族の活動支援スポット「向河原コミュニティルーム」が5月にクッキー教室・ベビトレヨガ・著者参加読書会・ふれあい食堂・バザーを連続開催

(Cafe Patiste関連)
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:レストラン Cafe Patiste
2014/12/6エントリ 向河原の、上質カフェ。「Cafe Patiste(カフェ パティスト)」
2017/5/28エントリ こすぎコアパークの「コスギオープンカフェ」2日間開催レポート:「Patiste」「みのや」の向河原コラボホットドッグが人気に、大西学園吹奏楽部もサプライズ参加

Comment(0)

2018年
06月07日

等々力緑地に設置「ガス橋」への案内標識は、なぜ「丸子橋」ではないのか考える

【Reporter:はつしも】

等々力緑地内の幹線道路において、「ガス橋」への案内標識があります。

同緑地から最寄りの橋といえば「丸子橋」ではないかと思いますが、なぜ「ガス橋」が案内されているのか、ふと考えてみました。

■等々力緑地内の「ガス橋」への案内標識
等々力緑地内の「ガス橋」への案内標識

等々力緑地内の「ガス橋」への案内標識

「ガス橋」への案内標識があるのは、等々力緑地の「ふるさとの森」や「釣池」近くのエリアです。
ここには等々力陸上競技場前から緑地内を縦断する幹線道路がありまして、この道路を北上するとほどなく多摩川沿いの「多摩沿線道路」にぶつかります。

「ガス橋」への案内標識は、多摩沿線道路へ出ることを推奨しています。

■丸子橋・ガス橋のマップ
丸子橋・ガス橋のマップ

ここで周辺マップを参照してみると、皆さまご承知の通り、ガス橋よりもずっと手前に丸子橋があります。

案内標識を見た際、最初に疑問に思ったのはこの位置関係でした。
冒頭に申しあげた通り、ガス橋よりも丸子橋の案内を出しても良いのでは、と思ったのです。

■案内標識通りに、まずは多摩沿線道路に出る
標識通りに、まずは多摩沿線道路に出る

■多摩沿線道路と丸子橋の立体交差
多摩沿線道路と丸子橋の立体交差

そこで、実際に多摩沿線道路を経由して丸子橋・ガス橋まで向かってみると、何となく答えらしきものが見えてきました。

多摩沿線道路と丸子橋は立体交差になっていまして、直接丸子橋に入ることができません。
一旦どこかで右折をして、住宅街を抜けて中原街道に入る必要があります。

■多摩沿線道路からは直接入れない丸子橋
丸子橋
 

それではこのまま多摩沿線道路を直進して、ガス橋に向かってみましょう。

■多摩沿線道路とガス橋の平面交差
多摩沿線道路とガス橋の平面交差

多摩沿線道路は丸子橋とは立体交差になっている一方、ガス橋は平面交差になっています。
ご覧の通り、多摩沿線道路から左折でガス橋に入ることができるのです。

つまり、等々力緑地北端から多摩沿線道路に向けた道路案内をする場合、「丸子橋」を案内してしまうと、距離的には近くてもドライバーが橋げたの下を通過してしまい、ミスリードにつながってしまう。
多摩沿線道路を直進すればガス橋の交差点には必ずぶつかるため、そちらを標識では案内している、ということではないでしょうか。

あくまでも推測ですので、まったく関係のない理由があるのかもしれませんが、普段は見過ごしてしまうポイントに本エントリでは注目してみました。

■多摩沿線道路から左折で入れるガス橋
ガス橋



ついでに、道路標識の話題をもうひとつ。

■中原休日急患診療所の案内(更新前)
中原休日急患診療所の案内標識

府中街道にあるこちらの案内ですが、「中原休日急患診療所」については新築された「川崎市医師会館」に移転のため、しばらくの間矢印が反対向きになっていました。

■中原休日急患診療所の案内(更新後)
中原休日急患診療所の案内標識

現在ではご覧の通り、標識が上書きで更新されています。
何か手続き上のプロセスがあったものか、少々時間がかかりました。

■中原休日急患診療所が移転した「川崎市医師会館」
中原休日急患診療所が移転した「川崎市医師会館」

道路の標識も細かく見ていくと、新しい発見がありますね。

【関連リンク】
2011/7/16エントリ 「ガス橋」と平間の渡し
2012/8/15エントリ ガス橋から見た、六郷土手の花火大会
2017/1/26エントリ 多摩川を下る(1):ガス橋を渡る、キヤノン本社への長い出勤行列
2017/6/10エントリ 「中原休日急患診療所」が川崎市医師会館に移転完了、大幅拡張された待合室に多数の利用者が集まる

Comment(2)

2018年
05月30日

二ヶ領用水の桃の木に実がなる季節が到来、「中原桃の会」や「ごうじ保育園」の子どもたちによる若木も元気に生育中

【Reporter:はつしも】

二ヶ領用水には、各所に桃の木が植えられています。
5月に入ってから、それらの木々に桃の実がなっていますので、ご紹介します。

■宮内付近の二ヶ領用水
二ヶ領用水の宮内付近 

中原区は、大正から昭和初期にかけて、全国でも有数の桃の産地でした。
南武線から見る桃の木の眺めが美しく、「桃源郷のよう」とも言われていたとされています。

現在では当時のような出荷はありませんが、「桃の里」としての記憶を後世に伝えるため、地域住民による有志グループ「中原桃の会」が1985年頃から桃の植樹を行ってきました。

主に二ヶ領用水の宮内付近に、その桃の木が立ち並んでいます。

■「中原桃の会」のメッセージ
「中原桃の会」のメッセージ 

二ヶ領用水の柵には、「中原桃の会」のメッセージが掲示されていました。

これによると、桃の生産は大正10年(1921年)頃から昭和19年(1944年)2月までとされています。

戦時体制で桃畑が田畑に転換されたということで、確かに1944年2月といえば、太平洋戦争の末期にあたります。

■桃の成木(黒川矢口)
桃の成木

■桃の実
桃の実 

黒川矢口

こちらは桃の成木で、「中原桃の会」が比較的活動の初期に植えたものと思われます。

同会が植樹した桃は11種類に及びますが、そのうち「黒川矢口」という品種です。

■桃の若木(ヤグチモモ)
桃の若木

桃の若木

ヤグチモモ 

桃の木は寿命が短く、農業としての経済性の観点からは15年~20年程度とされています。
純粋な植物としての寿命でいえば、大切に保護すれば30年、50年と生きることもできますが、いずれにせよそう長寿ではありません。

「中原桃の会」では、持続的に二ヶ領用水で桃を育てていくために、既存の成木のケアに加えて、若木の植樹も継続しています。

上記写真は近年植樹された若木で、「矢口桃」です。
花桃の代表的な品種で、大輪八重咲きの花が見事です。生育が早く、この木もたくさんの実がついていました。

■ごうじ保育園の植樹
神地保育園の植樹

ごうじ保育園の植樹

この地域では、近隣の「ごうじ保育園」の園児たちによる植樹も行われていました。

今後成長されたのちにも、記念として残るでしょう。


二ヶ領用水沿いでは宮内付近以外にも、渋川との分岐点あたりなど各所に桃の木が点在しています。

お散歩やサイクリングの際など、ご覧になってみてください。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園 二ヶ領用水
2009/7/6エントリ 二ヶ領用水の桃の実と空き店舗
2010/4/18エントリ 二ヶ領用水の桃の花
2010/8/31エントリ 二ヶ領用水・西下橋交差点から等々力緑地付近
2012/6/11エントリ 「二ヶ領用水 中原桃の会」による中原区制40周年記念植樹「源平枝垂れ桃」
2014/11/3エントリ 「中原区の木」が「モモ」に決定、シンボルイラストの原画を12月5日(金)まで募集中
2015/3/5エントリ 2015年3月1日制定、「中原区の木・モモ」とシンボルマーク
2015/4/4エントリ 小杉町3丁目中央地区の都市計画道路が供用開始、自転車専用レーンを整備
2015/4/18エントリ 二ヶ領用水の満開八重桜と、「中原区の木」桃の花
2015/6/12エントリ 武蔵小杉・二ヶ領用水などのタチアオイと、桃の実
2016/8/26エントリ 二ヶ領用水の桃の実と、こすぎごてんみどり歩道橋前「選奨土木遺産」認定の案内サイン

Comment(0)

2018年
05月27日

「第49回花と緑の市民フェア」「第52回川崎市畜産まつり」開催レポート:鉢植え野菜の販売や、盆栽展などに多くの来場

【Reporter:はつしも】

2018年5月26日(土)、27日(日)に、「第49回花と緑の市民フェア」(両日)、「第52回川崎市畜産まつり」(27日のみ)が開催されました。

好天のもと、たいへん多くの方が等々力緑地に集まりました。

■「花と緑の市民フェア」「川崎市畜産まつり」が開催された等々力緑地
「川崎市畜産まつり」「花と緑の市民フェア」が開催された等々力緑地

両イベントは、等々力緑地の「催し物広場」で開催されました。
広場にたくさんのテントが並び、畜産や園芸に関する様々な出店が並んでいました。

■「花と緑の市民フェア」の植物販売
植物の販売

盆栽 

本イベントは過去に、「川崎市畜産まつり」を中心にご紹介してまいりました。
そこで今年は、「花と緑の市民フェア」に注目してみました。

「花と緑の市民フェア」では、観葉植物のプランターから盆栽まで、幅広い植物が販売されていました。

■茄子
茄子

■かぼちゃ
かぼちゃ

■トウモロコシ
トウモロコシ

最近は、バルコニーのプランターで野菜を育てる方も多いようです。
会場では、茄子、かぼちゃ、トウモロコシなどの販売も行われていました。

食材としては普段から見慣れた植物ですが、葉っぱの形状などは意外と知らないものも多いですね。

■「幸友さつき会」の盆栽展
幸友さつき会の「盆栽展」 

盆栽展

盆栽展

続いてこちらは、「幸友さつき会」の盆栽展です。
鮮やかな花をつけたものが多く、たいへん見応えがありました。

「幸友さつき会」は、盆栽を愛好されるシニアのグループのようです。

同会を検索したところウェブ上の情報はまったくありません。
子育て世代、働き盛り世代の活動団体はSNSを活用した情報発信が盛んですが、シニア系の活動はそういった情報がほとんどないのが特徴です。

自分のクラスタに最適化されたfacebookなどのSNSが全世界ではないわけでして、市民イベントなどでないと発見できない活動に出会えるのも、ポイントです。

■農業用車両の展示
農業用車両の展示

また会場の中央では、農業用の車両が展示されていました。
これは運転席に乗って、記念撮影ができます。

■かわさきそだちPRキャラクター「菜果ちゃん」
菜果ちゃん

菜果ちゃん

そしてもちろん、川崎市内で生産された農産物「かわさきそだち」のPRキャラクター「菜果ちゃん」もいました。

たいへん日差しの暑い日でしたので、なかなか大変です。

■ディンプルアート体験ブース
ディンプルアート体験ブース 

ディンプルアート体験ブース  
 
 ディンプルアート体験ブース
 
 本イベントでは、畜産や農業、園芸とはちょっと離れたお子さん向けのワークショップも開催していました。

こちらはリサイクルによる絵の具を使ってステンドグラスのような絵を描く「ディンプルアート体験ブース」です。
 
■キャンドルづくり
キャンドルづくり  

ディンプルアートの隣では、キャンドルづくり体験も行われていました。
いずれも色合いがかわいらしく、来場した女の子たちに人気でした。



さて、それでは「川崎市畜産まつり」も見ていきたいと思います。

■卵のつかみ取り
卵のつかみどり 

■もらえる卵
もらえる卵

こちらは恒例の「卵のつかみ取り」です。

実際に見るのは初めてでして、ずっとイベント告知を見て「卵が割れてしまうのでは?」と思っていたのですが、これは卵をつかみ取りするのではなく、卵をもらえる「くじ」(ゴルフボール)をつかみ取りするというものでした。

ここ数年来の謎がとけまして、良かったです。

■家畜の展示:ニワトリ
家畜の展示:ニワトリ

「川崎市畜産まつり」では、家畜の展示も行われていました。
こちらはニワトリです。

展示されている間にも、卵を産んでいるようですね。

■家畜の展示:豚
家畜の展示:豚 

■家畜の展示:乳牛
家畜の展示:乳牛  
 
他にも、豚や乳牛が展示されていました。
乳牛は今年も「乳搾り体験」が行われていたほか、子牛も一緒に見ることができました。

■ふれあい動物園
ふれあい動物園 
 
家畜ではありませんが、定番の「ふれあい動物園」も来ていました。
ヒヨコやウサギとのふれあい、ポニー乗馬など、安定した人気があります。

「花と緑の市民フェア」「川崎市畜産まつり」には、ほかにも飲食出店など多くのテントが並んでいました。

長く続いてきたイベントだけに、これまでの積み重ねを感じたところです。

【関連リンク】
川崎市ウェブサイト 花と緑の市民フェア 過去の開催風景
川崎市ウェブサイト 川崎市畜産まつり 過去の開催風景
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:公園 等々力緑地
2015/5/17エントリ 「第46回花と緑の市民フェア」「第49回川崎市畜産まつり」開催レポート
2017/5/24エントリ 「第48回花と緑の市民フェア」「第51回川崎市畜産まつり」開催レポート:牛の乳搾り体験や、卵の品評会で知る「新鮮卵の見分け方」

Comment(0)

2018年
05月25日

等々力緑地近くの、昔ながらの駄菓子屋さん。「ことりどう」のツバメ玩具製造所製ソフトグライダーを飛ばして

【Reporter:はつしも】

府中街道の等々力緑地近くに、「ことりどう」という昔ながらの駄菓子屋さんがあります。
今回はこのお店に、伺ってみました。

■等々力緑地近くの「ことりどう」
等々力緑地近くの「ことりどう」

「ことりどう」は、府中街道沿いの中原小学校正門と等々力緑地の間にあります。
武蔵小杉駅から見て等々力緑地よりも手前にありますから、等々力緑地に向かう際、子どもたちが集まっている姿を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

定休日は基本的には設定せず、朝8時から営業をしています。

■「ことりどう」の店内
「ことりどう」の店内

「ことりどう」の店内

「ことりどう」の入口の扉を開けると、お店の中にベルが鳴り響きます。
お店の方が外から見えない場合も、このベルの音で奥から出てきてくれます。

お店に並ぶのは、駄菓子や安価なおもちゃなど、昔懐かしいものばかりです。

■川崎フロンターレのサインボール
川崎フロンターレのサインボール

■フロンターレ選手の写真など
フロンターレ選手の写真

店内を見渡すと、川崎フロンターレのサインボールや、川崎フロンターレ選手の写真などが展示されていました。
写真を見ると中村憲剛選手も「ことりどう」に来店されたことがあるようです。

このあたり、等々力陸上競技場からすぐ近くの土地柄を感じます。

■読売ジャイアンツのポスター
読売ジャイアンツのポスター

またフロンターレ以外にも、古い読売ジャイアンツのポスターなどもありました。
ジャイアンツもかつて多摩川の大田区側に練習場が、中原区側には合宿所がありましたから、フロンターレのようにお膝元だったわけです。

「ことりどう」はここで古くから営業を続け、そんな地元スポーツクラブの変遷も見守ってきたのではないでしょうか。

ジャイアンツのポスターには、長嶋茂雄さんや、松井秀喜さんのユニフォーム姿がありました。

■100円のソフトグライダー「グラマンA-6A」
100円のソフトグライダー「グラマンA-6A」

さて、今回は100円のソフトグライダー「グラマンA-6A」を買ってみました。
「グラマンA-6A」とは、グラマン社が製造した米国海軍の艦上攻撃機「グラマンA-6」の初期型です。

このソフトグライダーは埼玉県戸田市で戦後から続く「ツバメ玩具製造所」によるもので、長年この姿で親しまれてきました。
同社については、関連リンクに「SAIKYO DIALOGUE LINE」の社長インタビューを掲載しておりますので、詳細はそちらもご参照ください。

■等々力緑地の広場で飛行
等々力緑地の広場で飛行

ソフトグライダーは、きわめてシンプルな構造ですので子供でも簡単に組み立てることができます。
「ことりどう」からはすぐ近くに等々力緑地の広場がありますから、買ってすぐに飛ばして遊ぶことが可能です。

このグライダーはゴムで飛ばすのですが、商品の紙袋のイラストにあるように、最初に宙返りをしてから前方に飛んでいきます。

軽いですのでそう心配はありませんが、意外性のある動きも勘案して、周囲に気を配って遊びましょう。

ワンランク上の飛行機を飛ばしたい方は、300円のゴム動力式エアプレーンもあります。
プロペラを100~150回転ほど巻く手間はありますが、うまく飛んだ時の喜びは大きいものがあります。

他にもなつかしいおもちゃがありますので、好きなものを選んでみてください。

■消費税の計算一覧
消費税の計算一覧

「ことりどう」の入口には、10円から300円までの、消費税8%の計算が10円刻みで掲示されていました。
子どもたちが大切なおこづかいの小銭を出して買いますから、こちらで細かいところまで事前に確認ができるというわけです。

週末になると等々力緑地で遊ぶ子どもたちがお店に集まって、昔と変わらぬ賑わいを見せています。

■「ことりどう」の店舗情報
●所在地:中原区小杉御殿町1-993
●営業時間:8:00~18:00
●定休日:なし(不定休)


■「ことりどう」のマップ


【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:その他 ことりどう
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園 等々力緑地
SAIKYO DIALOGUE LINE 親子三代で継ぐグライダー ツバメ玩具製作所

Comment(1)