武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2017年
01月14日

JR武蔵小杉駅が名所「よんれつ連絡通路」で「90年後の武蔵小杉駅ポスター絵画展」(一般公募)3月開催を決定、2月12日(日)まで「あなたの思い描く絵」を大募集

【Reporter:はつしも】

JR武蔵小杉駅が、南武線と横須賀線を結ぶ連絡通路の32連ポスターラックにおいて、一般公募による「90年後の武蔵小杉駅 ポスター絵画展」を開催することになりました。

2017年2月12日(日)まで、先着60名で作品の応募受付を行い、3月1日(水)~3月31日(金)の1か月間、作品が連絡通路の32連ポスターラックに展示されることになります。
 
■「90年後の武蔵小杉駅ポスター絵画展」の募集概要
内容 あなたの描いた絵が武蔵小杉駅の名所・乗換通路(32連)ポスターに飾られます!
テーマ あたなが思い描く90年後の武蔵小杉駅 
応募資格 どなたでもOK!(お一人様1点に限ります) 
応募方法  JR武蔵小杉駅北改札(南武線口)で専用用紙と応募用紙をお受け取りいただき、JR武蔵小杉駅北改札(南武線口)にご提出下さい 
応募形式  配布の専用用紙もしくはB判4つ切りサイズ(540×380mm)横書き
応募用紙の同意事項に記載・署名の上、作品とともにご提出下さい 
応募期間  2017年2月12日(日)まで
※ただし、先着60名様のため、定員に達し次第締め切りとさせていただきます 
お問い合わせ 詳しくは専用用紙と一緒にお渡しする「募集要項兼応募用紙」をご覧になるか、JR武蔵小杉駅の駅係員までお問合せ下さい
※ご応募いただいた方には記念品を差し上げます

■JR武蔵小杉駅連絡通路の32連ポスターラック
JR武蔵小杉駅連絡通路の32連ポスターラック

JR武蔵小杉駅の連絡通路には、32連のポスターラックが設置されています。

同駅は2012年8月、「よんれつ」と呼ばれるオリジナルキャラクターをここに展開しました。
本サイトが2012/8/22エントリ「武蔵小杉駅からのお願いです。」をtwitterとあわせて展開したことが起爆剤となって、ネット上では全国的に有名となったのがもう4年以上前のことです。

■かつての「よんれつ」
「よん れつ」
 
その後この場所からは、「ふるさと」「SS君」「カタツムリ君」「Suica君」「多摩川梨君」「ロボ君」などのキャラクターが生み出されてきました。

■「90年後の武蔵小杉駅 ポスター絵画展」
90年後の武蔵小杉駅ポスター絵画展 

ポスターラックにはしばらくの間、「ロボ君」によるスマホ歩き禁止キャンペーンが展開されていたのですが、このたびそれが入れ替えになりまして、「90年後の武蔵小杉駅ポスター絵画展」の告知がスタートしました。

ポスターの内容はエントリ冒頭に記載の表の通りですが、武蔵小杉駅としても「よんれつ連絡通路」を「名所」として公認していることがわかります。

■「あなたのえがく」
「あなたのえがく」

■「90年後の武蔵小杉が」
「90年後の武蔵小杉が」

■「この場所に掲示されます!!」
「この場所に掲示されます!!」

「あなたのえがく90年後の武蔵小杉がこの場所に掲示されます!!」(30文字)

上記30文字の前後に、前掲の「90年後の武蔵小杉駅ポスター絵画展」の告知を1枚ずつ入れて、合計32連ポスターです。

今回の応募定員は先着60名ですから、ポスターラック1か所につき2枚を掲示すると、ラック30か所を使用する形になります。
そして残り2か所に絵画展のタイトルのようなものを入れる構成になるのではないでしょうか。

■ポスターに隠れる「モグラ君」
ポスターに隠れる「モグラ君」

■同じく「南武線君」
同じく「南武線君」

告知ポスターの中には、これまでに登場していた「モグラ君」や、「南武線君」が隠れていますので、探してみてください。

■応募用紙を配布中の南武線口の改札
応募用紙を配布中の南武線口改札

「90年後の武蔵小杉駅ポスター絵画展」の応募用紙は、南武線口の改札窓口で配布されています。また応募場所も、こちらとなります。

窓口そば(写真奥)にも絵画展の告知が掲示されていますので、「これの応募用紙を下さい」と窓口の方に声をかけるとスムーズかと思います。

■窓口で配布中の専用応募用紙
専用の応募用紙 

また、応募された方には、記念品が贈呈されます。
ただし前述の通り先着60名となっていますので、掲示を希望される方は、ぜひお早めに窓口まで持ち込んでくださいね。

【関連リンク】
2012/8/22エントリ 「武蔵小杉駅からのお願いです。」
2012/8/29エントリ 2012年9月6日発売「武蔵小杉Walker」にJR武蔵小杉駅の「よんれつ」掲載決定
2012/9/5エントリ 9月6日(木)発売「武蔵小杉Walker」前日早読みレポート、「よんれつ」無事掲載
2012/10/2エントリ JR武蔵小杉駅のみどりの窓口に、動く「よんれつ」が再登場
2012/11/28エントリ 武蔵小杉駅から「よんれつ」で、「ふるさと」へ帰ろう
2012/12/11エントリ JR武蔵小杉駅の「よんれつ」新作、「ふるさと」が大幅拡張
2013/4/22エントリ JR武蔵小杉駅に「よんれつ」後継「SS君」投入、湘南新宿ラインの魅力をご紹介
2013/9/26エントリ JR武蔵小杉駅が連絡通路で「秋田デスティネーションキャンペーン」を展開
2013/11/15エントリ JR武蔵小杉駅のカタツムリ君が、時速4kmのゆっくり歩行を呼びかけ中
2013/12/15エントリ JR湘南新宿ライン「速いぞ!」に対抗、東急東横線「速い、だけじゃない。」
2014/3/4エントリ JR武蔵小杉駅が新キャラクター「Suica君」を投入、定期券の早期購入を呼びかけ中
2014/3/10エントリ JR武蔵小杉駅が新キャラクター「Suica君」を連絡通路に全面投入、定期券の早期購入をさらに呼びかけ中
2014/6/14エントリ JR武蔵小杉駅連絡通路に山形ディスティネーションキャンペーン「きてけろくん」が登場
2014/8/6エントリ JR南武線新型車両「E233系」が2014年10月導入、新型車両で叶える「あなたの夢」募集中
2014/9/17エントリ JR武蔵小杉駅の「カタツムリ君」が南浦和駅に進出、連絡通路でゆとり歩行を呼びかけ中
2014/10/4エントリ JR南武線新型車両「E233系」本日投入、武蔵小杉駅等で記念商品販売と「懐かしの写真展」がスタート
2014/10/23エントリ 南武線エキナカで、地産地消。「多摩川梨ジャム」使用商品を販売中
2014/10/30エントリ JR武蔵小杉駅の連絡通路で新キャラクター「多摩川梨くん」が南武線新型車両「E233系」を紹介中
2015/4/19エントリ JR武蔵小杉駅の連絡通路で「ふくしまデスティネーションキャンペーン」展開、福島の歴史・自然・温泉・遊びをお勧め中
2015/4/23エントリ JR武蔵小杉駅が「ふくしまデスティネーションキャンペーン企画 列車クイズ」を開催、全問正解者に横浜支社特製クリアファイルをプレゼント
2015/6/24エントリ ふたたび、「武蔵小杉駅からのお願いです。」よんれつ通路で「スマホ君」がスマホ歩き禁止を呼びかけ中
2015/9/10エントリ JR武蔵小杉駅が「よんれつ」など連絡通路の歴代キャラクターを紹介、「スマホ君」の正式名称「ロボ君」を発表
2015/10/27エントリ JR武蔵小杉駅の新型自動改札機に連絡通路のキャラクター「モグラ君」が登場
2016/4/20エントリ JR武蔵小杉駅連絡通路のオリジナルキャラクター「ロボ君」「カタツムリ君」「モグラ君」がびゅうプラザ前に登場、おトクなきっぷをご案内

Comment(1)

2017年
01月11日

武蔵小杉駅前で、ジンギスカン対決。センターロードの「ジンギスカン どぅー」至近、庄や跡地に「羊肉酒場悟大」が2017年1月中オープン決定

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉駅南口の「むさし野サントラービル」2階の「庄や 武蔵小杉店」(株式会社大庄運営)の閉店跡地に、大庄グループのジンギスカン専門店「羊肉酒場悟大 武蔵小杉店」が2017年1月中にオープンすることがわかりました。

■「むさし野サントラービル」
むさし野サントラ―ビル

むさし野サントラ―ビル

「むさし野サントラービル」は、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のはす向かいの商業ビルです。
1階にはシューズショップ「CROCEED」が入っているほか、「ナチュラ武蔵小杉店別館」など、主に飲食店が入居をしていました。

■2階出店区画への階段
2階出店区画への階段

■「庄や武蔵小杉店」の閉店告知
庄や武蔵小杉店の閉店告知

同ビルでは、地下1階の「魚や一心」、2階の「庄や」が昨年末に相次いで閉店をしていました。
「庄や」でキープされていたボトルは、同じく大庄のグループ店舗「もつ鍋お多福」に移転したということです。

「羊肉酒場悟大」が出店するのは、「庄や」の跡地です。

前述の通り「羊肉酒場悟大」もまた大庄のグループ店舗ですから、グループ内での店舗入れ替えということになります。

■「羊肉酒場悟大」の既存店
「羊肉酒場悟第」の既存店

■「羊肉酒場悟大」の「生ラム特上肩ロース」(税込918円)
「羊肉酒場悟大」の「生ラム特上肩ロース」

「羊肉酒場悟大」は、エイジング加工した、昔ながらの大衆酒場の雰囲気を演出した店舗づくりをしています。
羊肉は北海道で1951年から食肉の生産・加工を営む「肉の山本」からの直接仕入れをし、新鮮な「生ラム特上肩ロース」はミディアムレアでいただくことができます。

■「悟大」の特徴である網焼き
「悟大」の特徴である網焼き

また同店では、ジンギスカン鍋ではなくあえて網焼きで提供をしています。

これは網焼きによって肉汁が閉じ込められてジューシーになり、余分な脂と水分も落とせること、落ちた脂による燻煙で香ばしくなることがメリットだということです。

「羊肉酒場悟大」はまだ店舗数が少なく、水道橋に2店舗、用賀、三鷹、綱島、佐賀、静岡県三島市の合計7店舗です。
神奈川県では綱島に次ぐ店舗ということになりますね。

外食チェーンが、新鮮さを保つために一定割合で店舗ブランドの入れ替えを続けるのはよくあることで、今後「悟大」を増やしていくのかもしれません。



■至近距離にあるセンターロードの「ジンギスカン どぅー」
至近距離にあるセンターロードの「ジンギスカン どぅー

一方、「むさし野サントラ―ビル」そばのセンターロード入口近くには、かねてからジンギスカン専門店「ジンギスカン どぅー」が営業をしています。

新たにオープンする「羊肉酒場悟大」からは至近距離にありまして、競合店舗ということになりそうです。

■東京ウォーカー 東京・神奈川ジンギスカンランキング3位受賞
東京ウォーカー 東京・神奈川ジンギスカンランキング3位受賞

■「ジンギスカン どぅー」のメニュー
「ジンギスカンどぅー」のメニュー

「ジンギスカン どぅー」は、東京ウォーカーの「東京・神奈川ジンギスカンランキング」で3位を受賞しています。

消費者としては同ジャンルでの切磋琢磨や選択肢があった方が有難いですので、こちらもあわせてご紹介しておきます。

【関連リンク】
大庄 ブランド一覧 羊肉酒場悟大
2012/6/8エントリ 「ナチュラ武蔵小杉店別館」2012年6月15日(金)オープン
2015/3/18エントリ 武蔵小杉のセンターロードに、塚田農場に続く新店舗。「博多天神 もつ鍋 お多福」が本日3月18日オープン

Comment(0)

2017年
01月09日

スリーエフが綱島街道沿い「川崎市ノ坪店」跡地約267㎡をアイディに2億8,000万円で売却、同社が7階建てマンションを建設

【Reporter:はつしも】

綱島街道沿いの「スリーエフ川崎市ノ坪店」跡地が、株式会社スリーエフから不動産ソリューション会社のアイディ株式会社に2億8,000万円で売却されました。
敷地面積は267.61㎡(約80.95坪)、坪単価約345万円で売買されたことになります。

跡地にはアイディ株式会社による7階建てのマンションが建設されます。

■株式会社スリーエフ 2016/12/30付適時開示 特別利益および特別損失の計上ならびに固定資産の譲渡に関するお知らせ (PDF)
http://www.three-f.co.jp/ir/pdf/161230tokubeturieki.pdf

■「スリーエフ川崎市ノ坪店」の跡地
「スリーエフ川崎市ノ坪店」の跡地 

■かつての「スリーエフ川崎市ノ坪店」
販売店のスリーエフ川崎市ノ坪店 

前掲のスリーエフのプレスリリースでは、売却先は非公開とされていますが、上記の「スリーエフ川崎市ノ坪店」跡地(中原区市ノ坪中村通225)を2億8,000万円で売却したことが公表されています。

■三角形の土地(約270㎡)
三角形の土地(約270㎡)

この土地は三角形で、約270㎡と決して大きくはない区画ですが、それでも2億8,000万円で売買されるというのは、武蔵小杉再開発地区に近い、綱島街道沿いのロケーションが評価されたものでしょうか。

■7階建てマンションの事業計画のお知らせ
7階建てマンションの事業計画のお知らせ

スリーエフのプレスリリースでは売却先が非公開ですが、現地の「事業計画のお知らせ」を参照すると、売却先がアイディ株式会社(池田工業から2016年12月に商号変更)であることがわかります。
これによると完成予定は、2017年10月末となっています。

アイディ株式会社としては当然ながら、マンション開発事業として収益性が見込めるという判断で用地の取得を行ったわけです。

武蔵小杉再開発地区周辺で、大規模とはいえないこのくらいの土地の売買金額が一般に開示されることは多くありませんので、注目してみました。



なお、「スリーエフ川崎市ノ坪店」の跡地のはす向かいでは、「東計電算」の本社ビルの増築工事も行われることになっています。

■東計電算の本社ビル
東計電算の本社ビル

■東計電算本社の増築計画
東計電算の増築工事計画

東計電算といえば、中原区に本社を置く東証一部の独立系システムインテグレータです。

近年の業績は堅調のようで、有力な地元企業として今後の発展を期待したいと思います。

【関連リンク】
アイディ株式会社 ウェブサイト
東計電算 ウェブサイト
2010/10/24エントリ 東京機械製作所が玉川製造所第二工場用地を住友不動産に売却を決議、2011年3月23日引渡しへ

Comment(1)

2017年
01月08日

相撲部屋を移築した「黒焼き」のうなぎ専門店「むさし野」が、府中街道拡幅のため閉店

【Reporter:はつしも】

府中街道沿いのうなぎ店「むさし野」が、道路拡幅のために2016年12月25日に閉店しました。

■府中街道沿いの「むさし野」
府中街道沿いの「むさし野」 

「むさし野」の建物は、ご覧の通り歴史を感じさせる外観です。
店主さんは力士出身で、引退後に昭和初期にあった両国の相撲部屋「小野川部屋」を移築して同店を開業しました。

■「むさし野」閉店のお知らせ
「むさし野」閉店のお知らせ

お店の入口には、閉店のお知らせが掲示されていました。
閉店の理由は府中街道の拡幅によるものということです。

いずれ閉店することを踏まえて、記録を残す意味で2016/12/7エントリで「むさし野」をご紹介しておりましたが、ここまで閉店が早いとは想像していませんでした。

■既存店や新店舗が営業する「むさし野」周辺
既存店や新店舗の営業が続く「むさし野」周辺

「むさし野」の周辺では、既存の事業所や店舗が営業を続けているほか、昨年新店舗までオープンしています。

■新店舗「酔い処 仲川恭平」
新店舗「酔い処 仲川恭平」

「むさし野」のビルを一つ挟んだ並びに昨年3月8日にオープンしたのが、「酔い処 仲川恭平」です。

当然ながら、拡幅によっていずれ閉店することを前提にした店舗であるはずですが、それにしても一定以上の期間営業ができないと初期コストがペイできません。

そうした点も勘案すると、この一角がすぐに立ち退きとなるような環境にはないと思われます。

■ご来店のお誘い
ご来店のお誘い

「酔い処 仲川恭平」の店先には、ご来店のお誘いが掲示されていました。

これはオープン3か月後くらいに作られたもののようですが、これによると「閑古鳥が鳴いている日々」があったそうです。

その後また時間が経過して、当初よりは知名度も上がってきたかもしれませんが、いかがでしょうか。
拡幅工事とはまた違った観点で、今後が気になるところです。

■「すきずき」の入居するビル
「すきずき」の入居するビル 

もう少し先には、東急線の高架沿いに居酒屋「すきずき」が入居する建物があります。

この建物も拡幅用地にあたり、いったん医療ビル計画が持ち上がって現実にクリニックの募集活動も行われたものの、以前お伝えした通りこの計画は白紙になりました。

そのため、こちらも同様に「すきずき」や2階の飲食店などが営業を続けています。


他方、府中街道が交通量の多い国道としてはきわめて狭隘であり、早急に拡幅が求められていることも事実です。

自転車は車道走行が原則ですが、例えばお子さんが府中街道の車道をトラックと並走するのは親御さんとしては肝が冷えるところでしょう。
そのような危険を緩和すべく、この区間の拡幅では、自転車走行スペースの確保も予定されています。

今後の道路拡幅の進捗も、見守ってまいりたいと思います。

■自転車専用レーン・走行ガイドの整備区間




■「むさし野」の店先にあった「長崎水道」
「むさし野」の店先にあった「長崎水道」

長崎水道

ところで、「むさし野」の店先には、「長崎水道 大正拾年」の文字が見える共用栓のようなものが置かれていました。

同店では2016/12/7エントリでご紹介した通り、店内にも古いものが展示されていました。

「むさし野」は建物自体も歴史がありますけれども、今後建物が解体されるとき、こういった古いものたちのゆくえもちょっと気になるところです。

■「むさし野」のうなぎ丼
うなぎ丼 

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:その他関連情報 府中街道
2012/3/1エントリ さよなら、リンガーハット川崎武蔵小杉店
2012/8/11エントリ 府中街道の中華料理店「かんちゃん」閉店、 府中街道拡幅用地の取得進む
2015/5/25エントリ 府中街道拡幅により安いステーキ「エル・ア ミーゴ」が閉店、50年の歴史に幕
2015/8/24エントリ 武蔵小杉「吉岡時計店」の、3万分の1の奇 跡。オスの三毛猫「ジロー君」と、「ミケタン」

Comment(6)

2017年
01月06日

市ノ坪交差点付近「Prima SK 武蔵小杉」2階に、ふんわりとろけるパンケーキ専門店「3 STARS PANCAKE」がオープン

【Reporter:たちばな】

2016年12月3日に、市ノ坪交差点近くにパンケーキ専門店「3 STARS PANCAKE(スリースターズパンケーキ)」がオープンしました。

■「3 STARS PANCAKE」が2階にオープンした「Prima SK 武蔵小杉」
「3 Stars Pancake」が2階にオープンした「Prima SK 武蔵小杉」

2階の「3 STARS PANCAKE」

「3 STARS PANCAKE」がオープンしたのは、府中街道に2015年に竣工した複合ビル「Prima SK 武蔵小杉」の2階です。

ここには当初はにゅうめんのお店「33Dining」が2015年4月7日に出店していたのですが、2016年10月29日に閉店となりました。

「3 STARS PANCAKE」は、その後釜として出店したかたちになります。
店主さんは、明治神宮前の有名店「RAINBOW PANCAKE」で修業をされて、武蔵小杉で新店舗を立ち上げられたのだとか。

■店内の客席
店内のテーブル

同店の店内は、木を基調にした明るい雰囲気になっています。

4名テーブル席×3、2名テーブル席×5(動かして4名以上の席にすることも可能)の、合計22席の構成です。

加えてベビーチェアがひとつと、トイレには旧「33Dining」から引き継いだおむつ交換台もあります。
ただし2階の店舗に入るには階段をのぼる必要がありますので、この点はご留意ください。

■目玉の「ふわふわとろける三ツ星パンケーキ」
目玉の「ふわふわとろける三ツ星パンケーキ」

同店の目玉のメニューは、こちらの「ふわふわとろける三ツ星パンケーキ」(1,100円)です。

名前の通り、本当にとろけるようにふんわりしたパンケーキで、カナダ産オーガニックメープルと北海道産バニラ&生クリームが添えてあります。

■スリースターズ(三ツ星)
スリースターズ

はて、「三ツ星」とは…と思って角度を変えて見ると、パンケーキの陰にスリースターズが隠れていました。

■カナダ産オーガニックメープルをかけて
カナダ産オーガニックメープルをかけて

それでは、オーガニックメープルをかけて、いただきます。
ふんわり食感を楽しみながら、甘味を存分に楽しみました。

単調な甘さだと飽きがきますから、バニラアイスと生クリームで適宜変化をつけるのも良いです。

このパンケーキは、甘党の方にお勧めですね。
おやつとしては多少お値段も張りますので、そのあたりのお好みとパフォーマンスのバランスは、それぞれご判断ください。

また、パンケーキ類は調理に15~20分程度かかりますので、その点はお店からも事前におことわりがありました。お友達とティータイムを楽しむ際など、ゆったりとできるシチュエーションが好適かと思います。

■オーガニックアイスティーとフルーツ水
アイスティーとフルーツ水 

同店では、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、アルコールも用意しています。
写真は「オーガニックアイスティー」(450円)です。
(平日の10:00~14:00には一部ドリンクがセットにできます)

サンフランシスコの紅茶ブランド「Mighty Leaf(マイティリーフ)」を使用しています。

また提供されるお水は、りんご、グレープフルーツ、オレンジ、ミントをブレンドしたもので、ほんのりフルーツの味わいがいたしました。

■「たっぷりフルーツのクレームブリュレ」
たっぷりフルーツのクレームブリュレ

そしてもう一品ご紹介するのが、「たっぷりフルーツのクレームブリュレ」(1,500円)です。
こちらは同じふんわりパンケーキに、バニラビーンズをふんだんに使ったカスタードをかけ、カラメル層を焦がしてあります。

周囲には贅沢にフルーツをちりばめ、パンケーキと一緒にいただきます。
濃厚カスタードとパンケーキの甘味に、フルーツの酸味がアクセントになります。ちょっと変化をつけたい方は、こちらも良いかもしれません。

「3 STARS PANCAKE」では、このほか、「2種のバナナキャラメリゼ」「ココナッツハニー」「大人のためのチョコレート」などのメニューも用意しています。

同店の情報はFacebookページでも発信されていますので、関心ある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

■「3 STARS PANCAKE」の店舗情報
●所在地:中原区市ノ坪128-1 Prima SK 武蔵小杉2階
●営業時間:10:00~20:00(L.O.19:00)
●定休日:月曜日(祝日の場合は翌日に振替)
●Facebookページ:https://www.facebook.com/3starspancake/
●Instagram:https://www.instagram.com/3stars_pancake/

■「3 STARS PANCAKE」のマップ
「3 STARS PANCAKE」のマップ

【関連リンク】
Mighty Leaf 日本語公式サイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:カフェ 3 STARS PANCAKE
2013/11/23エントリ シティタワー武蔵小杉隣接の府中街道沿いに10階建ての店舗付きマンション「(仮称)かまた商事市ノ坪ビル」建設へ
2014/6/18エントリ 小田切病院建て替えの事業計画が6階建ての診療所・老人ホーム併設ビルに変更
2015/1/26エントリ シティタワー武蔵小杉隣接「(仮称)かまた商事市ノ坪ビル」の3フロア・6区画店舗スペースがお目見え
2015/1/28エントリ かまた商事市ノ坪ビル改め「Prima SK武蔵小杉」に創作ダイニング「33Dining」、「たまひよの写真スタジオ」が出店へ
2015/2/8エントリ 府中街道沿いの「小田切病院」「ホテル精養軒」が解体完了、それぞれ新棟建設へ
2015/3/16エントリ 府中街道沿い「Prima SK武蔵小杉」1階に美容室「クロエ」が2015年3月25日(水)オープンへ
2015/4/29エントリ 府中街道沿い「Prima SK武蔵小杉」に創作料理とソムリエが選ぶワインのお店「Clef」が2015年6月下旬オープンへ
2015/4/29エントリ 府中街道沿い「Prima SK武蔵小杉」に創作料理とソムリエが選ぶワインのお店「Clef」が2015年6月下旬オープンへ
2015/5/8エントリ 府中街道沿い「Prima SK武蔵小杉」にオープン「33Dining」のそうめんと、「たまひよの写真スタジオ」

Comment(1)

2017年
01月05日

東急武蔵小杉駅がコンコースリニューアルを実施、大型ビジョン設置の情報発信スペース名称を「こすぎアイ」「小杉座」「フレー・アイ」「モリ森」の4択で1月9日(月)まで投票受付中

【Reporter:はつしも】

東急武蔵小杉駅が、コンコースのリニューアル工事を進めています。

工事は2017年3月頃まで実施され、完成後には木の質感を活かした壁面に生まれ変わるほか、新たに「情報発信スペース」として2m×4mの大型ビジョンと小規模なイベントスペースが整備される予定です。

この「情報発信スペース」について、現在東急武蔵小杉駅が名称を決定するための投票を行っています。

名称候補は「こすぎアイ」「小杉座」「フレー・アイ」「モリ森」の4択で、1月9日(月・祝)終電まで同駅コンコースにおいて投票を受け付けています。
東急電鉄ではこの投票結果を踏まえ、1月下旬から2月上旬にかけて同スペースの名称を決定するものとしています。

■リニューアル工事が進む東急武蔵小杉駅コンコース
リニューアル工事が進む東急武蔵小杉駅コンコース

リニューアル工事が進む東急武蔵小杉駅コンコース

■リニューアル工事の看板
リニューアル工事の看板 

東急武蔵小杉駅では、段階的なリニューアル工事を実施しています。
昨年は6月から仮設トイレの運用が始まり、10月には男女ともトイレリニューアルが完成しました。

このプロセスについては、2016/6/21エントリでも一度お知らせをしております。

■「情報発信スペース」の誕生
「情報発信スペース」の誕生

■「情報発信スペース」のイメージパース
情報発信スペースのイメージパース

情報発信スペースのイメージパース

そして3月に完成予定のリニューアルでは、前述の通りコンコースが木を活かした空間に生まれ変わり、綺麗になります。

またコンコースの両側に、「情報発信スペース」として2m×4mの大型ビジョンと、イベントスペースを兼ねるベンチが設置されることが現地で予告されていました。

そしてこの「情報発信スペース」の名称について、下記の4案が挙げられています。

■名称候補1「こすぎアイ」
「こすぎアイ」 

■名称候補2「小杉座」
名称候補2「小杉座」

■名称候補3「フレー・アイ」
名称候補3「フレー・アイ」

■名称候補4「モリ森」
名称候補4「モリ森」

「こすぎアイ」「小杉座」「フレー・アイ」「モリ森」の4案について論評は控えますが、類似名称のバリエーションではなく、それぞれ異なるコンセプトがあります。

■情報発信スペースの名称候補とコンセプト
「こすぎアイ」 武蔵小杉を愛するみなさまにとって 地元への「愛」 街を見守るまなざし(=EYE) 様々な出「会い」
様々な「アイ」を育んでいける場でありたい。そんな想いをこめています。
「小杉座」 駅の中でもちょっと立ち止まって気分転換。武蔵小杉を行き来するみなさまの憩いの場としてふと笑顔を取りもどせる劇場のような空間を目指します。
「フレー・アイ」 人と人、人と街の出会いの場 「ふれあい」の場でありたい。武蔵小杉の成長を応援する街への「愛」を陰ながら支えていきたい。そんな想いを込めています。
「モリ森」 武蔵小杉駅のマスコット的存在になれるような親しみやすさ そして街に元気や活気が生まれるような話題性がギュッとつまった場でありたいという想いをこめています。

■投票場所
投票場所

■投票用紙
投票用紙

名称の投票場所は、コンコース内に設置されています。
改札の内側ですから、投票権があるのは東急線の利用者(入場者含む)ということになりますね。

投票期間は前述の通り、2017年1月9日(月・祝)終電までです。
簡単に投票できますから、東急線をご利用の方は一票を投じてみてはいかがでしょうか。



なお、2016/6/21エントリでお伝えしたコンコース内のトイレリニューアルは、予定通り完了しています。

■リニューアルが完了したトイレ
リニューアルが完了したトイレ

リニューアルが完了したトイレ

■トイレの点字案内図
トイレの点字案内図 

ここには男女トイレに加えて多機能トイレも整備され、オストメイト、ベビーベッド、ベビーチェアも設置されました。

■役割を終えた仮設トイレ
役割を終えた仮設トイレ

トイレのリニューアルが完了しましたので、改札そばに設置されていた仮設トイレも役割を終えました。

2017年3月頃にコンコースのリニューアル工事が完了しますと、改札内全体が綺麗に生まれ変わることになります。

最終的に「情報発信スペース」がどの名称になるかも含めて、注目しております。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:生活情報:授乳室等ベビー用設備
2015/1/9エントリ 東急電鉄が2020年目標に東横線・田園都市線・大井町線全64駅にホームドア設置を発表、武蔵小杉駅は2015年3月までに先行設置へ
2015/5/5エントリ 東急東横線武蔵小杉駅に設置された、シースルーのホームドア
2015/11/20エントリ 東急電鉄が武蔵小杉駅に「タッチパネル式デジタル時刻表」を本日導入、国内初の先着列車案内を提供
2016/4/19エントリ 東急電鉄が駅構内映像をスマホ配信する「駅視-vision」の実証実験を武蔵小杉駅でスタート
2016/6/21エントリ 東急武蔵小杉駅のトイレリニューアルに伴い男性用仮設トイレが供用開始、10月下旬に工事完了予定
2016/6/27エントリ 東急電鉄が武蔵小杉駅でデジタルサイネージ一体型ホームドアの実証実験を本日より開始、武蔵小杉周辺の風景が多数登場

Comment(3)

2016年
12月31日

武蔵小杉の2016年大晦日:商業施設の初売り準備・小杉神社の初詣・西明寺の除夜の鐘

【Reporter:はつしも】

2016年も最後の一日、大晦日になりました。
武蔵小杉の街もすっかり、お正月に向けた準備が整っています。

本エントリでは少し、そんな街の様子を見ていきたいと思います。

■グランツリー武蔵小杉の福袋オブジェ
グランツリー武蔵小杉の福袋オブジェ

グランツリー武蔵小杉1階「AQUA DROP」前には、福袋のオブジェが登場しました。
同施設には約150店舗が出店しており、たいへん多くの福袋の販売や初売りが行われます。

■福袋の紹介
福袋の紹介

■「ヨロズマートミニ」の福袋
ヨロズマートミニの福袋

■「白ヤギ珈琲店」の福袋
白ヤギ珈琲店の福袋

福袋の情報はオブジェのそばや、各店舗の店頭、また今後グランツリー武蔵小杉の折り込みチラシやウェブサイト等で告知されます。

お気に入りのお店がありましたら、狙いを定めておくのもよいでしょう。

■元日の行列場所のご案内
元日の行列場所のご案内 

■行列場所
行列場所

グランツリー武蔵小杉の元日の福袋、セール、千本引き(福引)は、開店前行列の場所が指定されています。
開店前から並ぶ方は、ご注意ください。

■グランツー武蔵小杉店頭の門松
グランツリー武蔵小杉店頭の門松

グランツリー武蔵小杉の入口には、すでに門松が飾られていました。
苔玉なども使った、さすがにきれいなものですね。

■武蔵小杉東急スクエアの門松
武蔵小杉東急スクエアの門松

■お正月仕様ののるるん
お正月仕様ののるるん 

また、商業施設では武蔵小杉東急スクエアも、お正月の装いになっています。
入口にはやはり門松が飾られ、のるるんもお正月仕様になっていました。

■武蔵小杉東急スクエアの年末年始営業案内
武蔵小杉東急スクエアの年末年始営業案内

武蔵小杉の大型商業施設のうち、武蔵小杉東急スクエアは唯一元日休業となります。

そのためグランツリー武蔵小杉・ららテラス武蔵小杉の初売りが元日、武蔵小杉東急スクエアが1月2日に行われることになります。

■武蔵小杉周辺商業施設の新春イベント
1日 ●グランツリー武蔵小杉 初売り
●グランツリー武蔵小杉 花咲く書道パフォーマンスショー
●ららテラス武蔵小杉 初売り
●イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店 干支小物プレゼント
2日 ●グランツリー武蔵小杉 初夢大抽選会
●武蔵小杉東急スクエア 初売り
3日 ●グランツリー武蔵小杉 初夢大抽選会
●武蔵小杉東急スクエア 獅子舞イベント

武蔵小杉周辺の商業施設の新春イベントを、簡単にまとめてみました。
もちろん上記以外にも、さまざまな催しがあります。

■小杉神社の初詣
小杉神社の初詣 

小杉神社の初詣

さて、商業施設を離れまして、今年は小杉神社にやってきました。
こちらでも初詣の準備が進められています。

境内各所に初詣の旗が立てられ、落ち葉等の清掃も行われていました。

■小杉神社から見える等々力陸上競技場
小杉神社から見える等々力陸上競技場

小杉神社からは、等々力陸上競技場が見えます。
2017年の川崎フロンターレの活躍を、ここから祈願される方もいらっしゃることでしょう。

■西明寺の除夜の鐘
西明寺の除夜の鐘

除夜の鐘のお知らせ

小杉神社からほど近くには、西明寺があります。

西明寺では毎年、大晦日の23:45頃から読経が始まり、先着順で除夜の鐘をつくことができます。
こちらは昨年ご紹介した、2015/12/30エントリもご参照ください。


それでは、今年もそろそろお別れでございます。
みなさま良いお年をお迎えください。

【関連リンク】
2008/12/30エントリ 新年御開帳・川崎七福神巡り
 ・2012/12/31エントリ 丸子山王日枝神社の2013年始行事と、大楽院の「川崎七福神」
2015/12/30エントリ 大晦日の武蔵小杉でつく、除夜の鐘。中原街道の「西明寺」にて先着順受付
2016/12/28エントリ 武蔵小杉周辺の大型商業施設・スーパーマーケットの2016-2017年末年始営業時間まとめ
2016/12/30エントリ 武蔵小杉の2016-2017年末年始診療所まとめ:中原休日急患診療所・中部小児急病センター・中原歯科保健センター・井田病院

Comment(0)

2016年
12月30日

武蔵小杉の2016-2017年末年始診療所まとめ:中原休日急患診療所・中部小児急病センター・中原歯科保健センター・井田病院

【Reporter:はつしも】

年末になって、冷え込んでまいりましたが、皆さま元気にお過ごしでしょうか。
多くの医療機関が休診となる年末年始(12月30日~1月4日)に診療が受けられる、武蔵小杉周辺の主な施設をお伝えしておきます。

■武蔵小杉周辺で年末年始に診療が受けられる施設
診療科 名称および所在地 受付時間 Web
内科・小児科 中原休日急患診療所
(中原区役所敷地内)
9:00~11:30
13:00~16:00
リンク
小児科 中部小児急病センター(日本医科大学武蔵小杉病院内) 18:30~23:00 リンク
リンク
歯科 中原歯科保険センター
(中原区小杉町2-288-4)
9:00~11:30
13:00~16:00
リンク
救急外来 川崎市立井田病院
(中原区井田2-27-1)
24時間
※要事前連絡
リンク

上記は、川崎市が2016年12月21日付の「市政だより」において、12月30日(金)~1月4日(水)に受信できる医療機関として告知を行っているものです。

中原休日急患診療所、中部小児急病センター、川崎市立井田病院、中原歯科保健センターの4施設でそれぞれ担当する科目で診療を受けることができます。

■「中原休日急患診療所」
「中原休日急患診療所」

まずこちらは、本サイトで2009/11/13エントリでご紹介した「中原休日急患診療所」です。
同診療所は中原区役所の敷地内にあり、川崎市医師会が運営しています。

診療科目は内科、小児科です。

■現在建設中の川崎市医師会館ビル(中原休日急患診療所が移転)
建設中の川崎市医師会館ビル

同診療所は建物の老朽化により、現在府中街道沿いに建設中の川崎市医師会館の新ビルに移転することが決定しています。

そのため、現在の施設で年末年始診療を行うのは、今回が最後ということになりそうです。

■「中部小児急病センター」(日本医科大学武蔵小杉病院内)
「中部小児急病センター」が入る日本医科大学武蔵小杉病院

続いて同じく小児科の診療を行っているのは、「中部小児急病センター」です。
2013年4月1日から、日本医科大学武蔵小杉病院内に設置されました。

診療時間は18:30~23:00で、夜間診療を行っています。
前掲の中原休日急患診療所は日中ですから、時間帯ですみ分ける形になります。

なお、同病院のウェブサイトによるとけが、転落、やけどなどの「外傷」は受け付けておらず、「内科疾患」のみということですので、ご注意ください。

■川崎市立井田病院
川崎市立井田病院

一方、24時間体制で救急外来の診療を行っているのが、川崎市立井田病院です。

来院前に電話で連絡で、あくまでも重症患者が優先となっています。

■「中原歯科保険センター」休日急患診療所
「中原歯科保険センター」

そして、重症の救急患者でなくても、痛みはじめるとなかなかにつらいのが虫歯です。
武蔵小杉では、中原歯科保健センターが歯科の診療を受け付けています。

運営は川崎市歯科医師会で、受付時間は中原休日急患診療所と同じ日中です。

■武蔵小杉周辺の年末年始診療施設マップ
武蔵小杉周辺の年末年始診療施設マップ

武蔵小杉周辺の年末年始診療施設マップ



また、川崎市では下記のウェブサイト「かわさきのお医者さん」において、医療機関の情報提供を行っています。

■川崎市ウェブサイト 救急医療機関・救急医療情報センター「かわさきのお医者さん」
http://www.iryo-kensaku.jp/kawasaki/

電話でのガイダンスも行っていますので、困った際には相談してみてはいかがでしょうか。


本エントリは年末年始にお困りの際、なるべく早く医療情報に到達できる一助として掲載しているものです。

当然ではございますが、本サイトでは川崎市による情報提供内容、また各施設におけるさまざまなケースの診療可否、診療内容等につきまして、いかなる保証も行っておりません。

前掲の年末年始診療施設の一覧には、各施設のウェブサイトを掲載しておりますので、詳細は各診療所やかかりつけ医等にご相談・ご確認の上、判断いただけますようお願い申し上げます。


また、本エントリが武蔵小杉の皆様にとって無用のものとなりますよう、お祈り申し上げます。
どうぞすこやかな年末年始をお過ごしくださいませ。

【関連リンク】
川崎市 市政だより 2016年12月21日号(PDF)
武蔵小杉ライフ:生活情報:病院

(中原休日急患診療所関連)
川崎市医師会 ウェブサイト
2009/11/13エントリ 中原区の休日急患診療所
2015/10/9エントリ 府中街道の旧中原消防署跡地に「川崎市医師会館」が移転建設決定、中原区役所から休日急患診療所が会館内に移転整備へ

(日本医科大学武蔵小杉病院関連)
日本医科大学武蔵小杉病院 ウェブサイト
日本医科大学武蔵小杉病院 「中部小児急病センター」開設のお知らせ(25年4月~)

(中原歯科保健センター関連)
川崎市歯科医師会 ウェブサイト

(井田病院関連)
川崎市立井田病院 ウェブサイト 
2013/7/8エントリ 井田病院の「病院レストランを考えよう!ワークショップ」開催レポート
2014/6/7エントリ 井田病院レストラン「ポールライト」の「からだにおいしい定食」
2015/4/7エントリ 川崎市立井田病院が4月1日全面開院、がん医療・救急医療などを機能強化
2015/5/18エントリ 川崎市立井田病院が半日帰り「がんドック事業」を開始、5月20日(水)より申込スタート
2016/3/7エントリ 川崎市バスが4月1日の井田方面大幅増便ダイ ヤ・「小杉駅入口グランツリー前」バス停新設を発表、井田病院行無料シャトルバス は3月31日廃止

Comment(0)

2016年
12月26日

パークシティ武蔵小杉周辺に自転車走行指導帯が設置、川崎市計画により武蔵小杉駅周辺の自転車通行環境を整備推進

【Reporter:はつしも】

東急武蔵小杉駅東口一帯の、「武蔵小杉駅南口線」をはじめとする都市計画道路の路面に、自転車走行用のガイド(自転車走行指導帯、自転車ナビマーク)が整備されました。
従来から整備が進められていたエリアとも接続され、適正な自転車走行を促進するものとなっています。

今後の川崎市の計画により、武蔵小杉駅周辺をぐるりと回れるようガイドの整備が進められていく予定です。

■綱島街道を挟んで接続された自転車走行ガイド


東急武蔵小杉駅の東側では、先行して武蔵小杉新駅前の幹線道路に自転車走行ガイドが整備されていました。
今回パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー・ミッドスカイタワーの間の「都市計画道路 武蔵小杉駅南口線」にも整備が行われたことで、綱島街道を挟んで両側の幹線道路のガイドが接続されたことになります。

■都市計画道路 武蔵小杉駅南口線の自転車走行ガイド


■武蔵小杉駅東口駅前広場前で狭くなる部分


今回整備された自転車走行ガイド(自転車走行指導帯、自転車ナビマーク)は、いわゆる「自転車専用レーン」とは異なるもので、自転車専用のスペースが取れない道路において、自転車走行の目安として使用されるものです。
都市計画道路武蔵小杉駅南口線は、武蔵小杉駅東口駅前広場前で右折レーンを確保するため、上記写真の通りスペースがやや狭くなります。

ここはバスなど大型の車も通行しますから、左側のすりぬけは注意が必要です。

■ららテラス武蔵小杉前から、グランツリー武蔵小杉方面


■グランツリー武蔵小杉前から東急線高架下方面


都市計画道路 武蔵小杉駅南口線から、自転車走行ガイドは左右に分かれます。
こちらはららテラス武蔵小杉から、グランツリー武蔵小杉・東急線高架下方面です。

ここでは東急線高架下で、自転車走行ガイドが終点となります。

■フーディアム武蔵小杉前から、KDX武蔵小杉ビル方面


■KDX武蔵小杉ビルから、武蔵小杉東急スクエア方面


■武蔵小杉東急スクエア前の自転車走行ガイド終点


一方こちらは、反対側のフーディアム武蔵小杉、KDX武蔵小杉ビル、武蔵小杉東急スクエア方面です。
ここでは武蔵小杉東急スクエアの北側(旧ダイソーの手前)で自転車走行ガイドが終点となります。

この正面は小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業が完成すると、まっすぐ中原区役所前の都市計画道路に接続されることになります。
そちらはすでに自転車走行ガイドが整備完了していますから、このままガイドもつながるかたちになりますね。

■自転車走行ガイドのない武蔵小杉東急スクエア西側・こすぎコアパーク前の道路


今回の整備により、東急武蔵小杉駅を一周する都市計画道路のうち、西側を除く区画に自転車走行ガイドが設置されました。

上記の西側道路は、今のところガイドの整備予定がないようです。
ここのかわりに、南北の軸としてはセントア武蔵小杉とイトーヨーカドーの間の道路(市道小杉町19号線)にガイドを整備する計画になっています。

ここで自転車専用レーン・走行ガイドの整備計画マップを見てみましょう。

■自転車専用レーン・走行ガイドの整備区間


まず、青色の自転車専用レーンは、幅員が十分にある綱島街道を中心に整備されています。

それ以外はスペースが限られているため、赤色の自転車走行ガイドの整備が進められているところです。

南武線沿いで自転車走行ガイドが途切れているのは、前述の小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業による整備予定区間です。
この都市計画道路が完成すれば、府中街道・綱島街道・武蔵小杉駅をつなぐ長い区間がガイドでつながることになります。

■小杉町3丁目中央地区の自転車走行ガイド
小杉町3丁目中央地区第一種市街地再開発事業による都市計画道路

また今後は府中街道の拡幅でも順次整備が進められていく予定です。
まだまだ長い時間のかかることですが、少しでも歩行者・自転車・その他車両が安全に通行できる環境ができていけばよいと思います。

■綱島街道の自転車専用レーン設置区間
綱島街道の自転車専用レーン設置区間 

【関連リンク】
川崎市ウェブサイト 自転車通行環境整備に関する考え方等の策定について
川崎市ウェブサイト 川崎市自転車通行環境整備実施計画(平成27年2月、PDF)
2011/5/29エントリ 木月住吉町の自転車専用レーン
2016/6/4エントリ 綱島街道拡幅:市ノ坪交差点~労災病院前交差点の自転車専用レーンが供用開始
2015/3/21エントリ 府中街道拡幅区間の自転車専用レーンが一部供用開始
2015/4/4エントリ 小杉町3丁目中央地区の都市計画道路が供用開始、自転車専用レーンを整備
2016/2/12エントリ 武蔵小杉再開発・中丸子地区の新設幹線道路に自転車走行用ガイドが設置
2016/8/1エントリ 綱島街道・武蔵小杉エリアの自転車専用レーンに誘導を行う、電光掲示板が設置

Comment(0)

2016年
12月25日

武蔵小杉の、2016クリスマス模様。中原区役所・KDX武蔵小杉ビル・タワープレイス・すみれ保育園・ナチュラ・イトーヨーカドー・グランツリーなどを巡る

【Reporter:はつしも】

本日はクリスマスです。
本エントリでは、武蔵小杉周辺のクリスマス模様を巡ってみたいと思います。

■中原区役所のクリスマスツリー
中原区役所のクリスマスツリー

中原区役所のクリスマスツリー

今年は、中原区役所の「区民デザイン花壇」にクリスマスツリーが登場しました。
ここはイルミネーションはありませんので、昼間に楽しむのに適しています。

■武蔵小杉タワープレイスのクリスマスツリー
KDX武蔵小杉ビルのクリスマスツリー 

武蔵小杉駅周辺では、オフィスビルにもクリスマスツリーが設置されます。

上記は、武蔵小杉タワープレイスのクリスマスツリーです。

ここは毎年ツリーが登場するのですが、年によって飾り付けが異なります。個人的な感覚ですけれども、昔に比べて洗練されてきたように思います。

■KDX武蔵小杉ビルのクリスマスツリー
KDX武蔵小杉ビルのクリスマスツリー

続いてこちらもオフィスビル、「KDX武蔵小杉ビル」のクリスマスツリーです。

築20年が経過した武蔵小杉タワープレイスに対して、KDX武蔵小杉ビルはまだ築3年で、クリスマスツリーの歴史もまだ新しいです。

■すみれ保育園のクリスマスツリー
すみれ保育園のクリスマスツリー

すみれ保育園のクリスマスツリー

こちらは、東住吉小学校となり、すみれ保育園のクリスマスツリーです。

一見地味なのですが、近づいてオーナメントをよく見てみると、なかなかかわいらしい飾り付けになっていることがわかります。

■ナチュラ武蔵小杉店のクリスマスツリーと雪だるま
ナチュラ武蔵小杉店のクリスマスツリーと雪だるま 

■ナチュラマーケットのクリスマスツリーと雪だるま
ナチュラマーケットのクリスマスツリーと雪だるま

毎年クリスマスの飾り付けがきれいなのは、「ナチュラ」グループです。
「ナチュラ武蔵小杉店」「ナチュラマーケット」に、それぞれクリスマスツリーと雪だるまが登場していました。
 
 ■「宮崎料理よかんべ」の巨大サンタ
「宮崎料理 よかんべ」の巨大サンタ
 
 巨大なサンタクロースが毎年目を引くのが、武蔵小杉駅北口裏通りの「宮崎料理 よかんべ」です。
身長2.5mくらいありそうです。
 
■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のブルーサンタ
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のブルーサンタ

サンタクロースといえば、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店では、川崎フロンターレのタオルマフラーを装着した、ブルーサンタが登場しました。

このブルーサンタ帽は、同店の川崎フロンターレオフィシャルグッズショップで販売しています。

■川崎フロンターレオフィシャルグッズショップの雪だるま
川崎フロンターレオフィシャルグッズショップの雪だるま

川崎フロンターレオフィシャルグッズショップでは、上を見上げると青い雪だるまが、パラシュートで浮かんでいました。

■グランツリー武蔵小杉の特設ケーキ売り場
グランツリー武蔵小杉の特設ケーキ売り場

■トナカイのモンブラン
トナカイのモンブラン

一方、グランツリー武蔵小杉の1階には、特設ケーキ売り場が設置されていました。

ここでは「シュシュクリエ」などグランツリー武蔵小杉の洋菓子店の予約品の受け渡しのほか、催事出店の店舗のクリスマスケーキの販売が行われていました。

これは昨年まではなかったことです。

上記写真は「湘南菓子工房 ひらおか」のトナカイのモンブランです。
グランツリー武蔵小杉では、かねてから周辺地域や神奈川県の地元店舗の出店にこだわっています。

■「パティスリー・ディヴァン」の「フランボワーズ」
パティスリー・ディヴァンの「フランボワーズ」

本サイトでは、元住吉の「パティスリー・ディヴァン」による「フランボワーズ」を予約していただきました。

10層におよぶケーキ生地、クリーム、ジャムなどの層が、豊かな甘味と食感をもたらしてくれます。

■こすぎコアパークのライトアップ
こすぎコアパークのイルミネーション

クリスマスの装いは本日をもって終了となりますが、2016/12/4エントリでご紹介した「こすぎコアパークイルミネーション」は、2017年2月14日まで続く予定です。

グランツリー武蔵小杉のイルミネーションとともに、もうしばらく通行する方の目を楽しませてくれることでしょう。

【関連リンク】
2015/12/25エントリ 新スポットなど各地をめぐる、武蔵小杉のクリスマス2015
2016/11/1エントリ グランツリー武蔵小杉の、秋の新店攻勢。「ABC-MART MONO」「FANCL」など空き区画6/7が埋まり、本日よりクリスマスツリーが登場
2016/12/4エントリ 「1st こすぎコアパークイルミネーション」点灯式がふろん太君参加で本日実施、法政二中・高男女混声合唱部のミニコンサートも開催
2016/12/13エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」にクリスマスツリーのウインドウアートが登場

Comment(1)