武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2017年
09月06日

武蔵小杉の「TSUTAYA」が立ち退き。1階「中原ブックランド」9月24日(日)頃閉店、2階「TSUTAYA小杉店」9月19日(火)より休業・10月6日(金)隣接の仮設店舗に移転オープン

【Reporter:はつしも】

小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業により、既存構築物の取り壊しが進んでいます。

このたび「TSUTAYA」が立ち退きを行うこととなり、1階の書籍・文具売り場「中原ブックランドTSUTAYA小杉店」が9月24日(日)頃をめどに閉店することになりました。

文具売り場は在庫処分につき、20%引きセールを行っています。

一方、2階のレンタルビデオ店「TSUTAYA小杉店」は、9月19日(火)に移転のためいったん休業し、10月6日(金)より、隣接地に完成した仮設店舗にて営業を再開することが決定しました。

■立ち退きを行う「TSUTAYA」のビル
仮設店舗に移転予定の「TSUTAYA」

■9月24日(日)頃に閉店予定の1階書籍売り場(中原ブックランド)
9月24日頃移転予定の1階書籍売り場

まずこちらは、1階の書籍売り場です。

店舗としてはレンタルビデオの「TSUTAYA小杉店」と一体化していますが、運営は「中原ブックランドTSUTAYA小杉店」です。

同店は中原ブックランドの本店(1967年)、ヨーカドー小杉店(1982年)に続く3店舗目として1997年にオープンしました。

すでにお伝えした通り、ヨーカドー小杉店は2016年に閉店していますので、これで中原ブックランドは法政通り商店街の本店のみが残る形となります。

■閉店のお知らせ
閉店のお知らせ

文房具全品20%OFF

閉店日は、店頭では明確に告知されていません。

独自にヒアリングを行ったところ、「9月24日(日)頃閉店見込み、ただしずれ込む可能性あり」ということでした。

店内の文房具については、在庫処分のために20%引きのセールが行われています。



■9月19日(火)休業・10月6日(金)移転オープンの2階レンタルビデオ店
2階レンタルビデオ店

■移転のお知らせ
移転のお知らせ

続いてこちらは、2階のレンタルビデオ店「TSUTAYA小杉店」です。

冒頭にお伝えした通り、9月19日(火)よりいったん休業し、10月6日(金)に仮設店舗に移転して営業を再開します。

こちらはスケジュールも含めて、店頭に掲示されていました。

■移転先の仮設店舗
移転先の仮設店舗

「TSUTAYA小杉店」の移転先は、2017/6/24エントリでもお伝えした通り、隣接地に建設された仮設店舗です。

この仮設店舗は当初は4階建てが計画されていましたが、入居を予定していた「メガネのオーサカ」「小杉こども文化センター」などがさまざまな調整の結果入居しないこととなり、2階建てで完成しました。

「TSUTAYA小杉店」としては、隣接地ですので移転の影響が少なくて良いのではないでしょうか。

「TSUTAYA小杉店」「中原ブックランドTSUTAYA小杉店」の移転・閉店後、旧店舗の建物は解体されるものと思います。

徐々に既存構築物の解体を進めつつ、再開発ビルの建設工事も本格的に着手されていくことでしょう。

■解体が進む小杉町3丁目東地区
解体が進む小杉町3丁目東地区 

【関連リンク】
小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発組合 ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉町3丁目地区 東地区
2015/4/8エントリ 小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業の組合設立認可と、商業・業務・公共公益施設の概要
2016/12/14エントリ 小杉町3丁目東地区再開発で相次ぐ、既存店舗等の立ち退き。2016年3月末で「小杉こども文化センター」が閉館、2月17日に児童向け説明会を開催へ
2016/2/25エントリ 川崎市が「小杉こども文化センター」建替えで方針転換、中原区役所に当面代替施設を用意・再開発地区内にプレハブ施設を整備へ
2016/3/10エントリ 小杉町3丁目東地区再開発:旧中原図書館の暫定バイク駐車場が6月末閉鎖、再開発地区内の移転進む
2016/6/6エントリ 「小杉こども文化センター」代替施設が中原区役所敷地内に6月1日暫定開設、小杉町3丁目東地区再開発地区内に整備する仮施設に同施設や「メガネのオーサカ」が移転へ
2016/7/4エントリ 小杉町3丁目東地区再開発:「川崎信金武蔵小杉支店」が2016年10月11日府中街道沿いに移転決定、旧中原図書館のバイク駐車場が6月末で閉鎖完了
2016/9/6エントリ 大野屋前の「旧第一勧業銀行」跡地を「みずほ銀行武蔵小杉支店」として再整備、小杉町3丁目東地区再開発により現店舗から移転へ
2016/9/22エントリ 小杉町3丁目東地区の「ダイソー マルエツ小杉店」が10月12日(水)閉店決定、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店4階にダイソー新店が10月28日(金)オープンへ
2016/9/23エントリ 小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業の権利変換計画を川崎市が本日認可、商業・業務・公共施設4フロア・24区画の平面図が公示
2016/10/11エントリ 小杉町3丁目東地区:川崎信用金庫武蔵小杉支店が本日仮店舗に移転、みずほ銀行武蔵小杉支店が2017年2月6日「旧第一勧銀」仮店舗に移転決定
 ・2016/10/28エントリ 「ダイソーイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」本日オープン、220坪で旧店舗の9割以上の売場面積を確保/新星堂に続き中原ブックランドイトーヨーカドー店閉店
2016/11/7エントリ 小杉町3丁目東地区再開発:建物解体により11月15日から2020年3月まで車両通行止め、メガネのオーサカ・中国料理一番が2019年秋頃まで現店舗で営業継続
2016/11/18エントリ 小杉町3丁目東地区の既存構築物解体工事着手、地区内の道路が2020年3月下旬まで通行止め開始
2017/2/6エントリ 「みずほ銀行武蔵小杉支店」が旧第一勧業銀行跡地に本日移転、支店前には駐輪場を整備
2017/6/24エントリ 小杉町3丁目東地区再開発:こすぎコアパーク前の仮設店舗建設工事が着手、「TSUTAYA小杉店」が入居を予定。既存構築物の解体進む

Comment(3)

2017年
09月05日

武蔵小杉の食の祭典「小杉フードフェス」が9月18日(月祝)にこすぎコアパークで初開催、22店舗のイチ押しフードが集結。武蔵小杉発のクラフトビール「小杉ホワイト」が解禁

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉周辺の飲食店22店舗が集まる「小杉フードフェス」が、2017年9月18日(月・祝)に、こすぎコアパークとその周辺で開催されます。

当日は各店舗が一押しのフードをワンコイン500円で提供するほか、武蔵小杉発のクラフトビール「小杉ホワイト」が販売されます。

※9/18追記
イベント情報を追記しました。
 
■「小杉フードフェス」
「小杉フードフェス」

■「小杉フードフェス」の開催概要
日時 2017年9月18日(月・祝)11:30~20:00
雨天の場合9月24日(日)に延期
会場 武蔵小杉駅南口「こすぎコアパーク」とその周辺
主催 KOSUGIフードフェス実行委員会
共催 コアパーク管理運営協議会
協力 協同組合武蔵小杉商店街
後援 中原区
事務局 NPO法人カワサキミュージックキャスト内フードフェス事務局
Web facebookページ

■「小杉フードフェス」の出店一覧
出店店舗 内容
アジアンビストロ Dai カマンベールチーズフライ、ガパオ炒めご飯
働くお父さん応援居酒屋 清水港 鯛めし、まぐろ串かつ
鶏料理たいら 焼き鳥、チキンナゲット、ポテトフライ
鈴や かわさきハーブソーセージホットドッグ、ソフトクリーム
海鮮問屋 浜の玄太丸 さんま塩焼き、浜焼き三種盛り
寅心屋 モツ煮込み、焼き鳥盛り合わせ、かき氷
BISTRO LANTERN ローストビーフ、ももみたいなトマト
宮崎料理よかんべ チキン南蛮、自家製ふわふわさつま揚げ
韓国家庭料理 オモニ キムチ、野菜チヂミ、トッポギ
鮨季節料理 泉坂 飛騨牛メンチカツ、ミニ穴子丼、くずアイス
鮮度の極み 魚もつ 特大!生ハーブソーセージ、陳麻婆豆腐丼、よだれ鶏
串焼酒場 酒楽酒酒酒 酒盗のじゃがバター、チュロス
Koh Phi Phi ガパオライス、パッタイ焼きそば、ヤムパクチー、ローストチキン、グリーンカレーライス
GYOZA ROCCOMAN PERFECT肉餃子、飾り餃子2種
イタリアン酒場 NATURA 大山鶏串焼、もち豚串焼、鶏ももコンフィのピンチョス、自家製パンチェッタのピンチョス
KOSUGI CURRY 濃すぎカレー丼
Patiste 向河原コラボドッグ
酒場 雷電 牛モツ入り肉豆腐
臥薪−GASHIN− こってり銀ダラ煮つけ
炭火焼肉 くろべこ 牛スジ煮込み、ハンバーガー、ホルモン唐揚げ
ベトナムサンドウィッチ Thao’s バインミー3種(ベトナムサンドウィッチ)
The French Toast Factory フレンチトーストカップ(プレーン・ストロベリー・チョコレート)
マルシェコーナー 野菜、コーヒー、食器(セレサ川崎農業協同組合、服部コーヒーフーズ、テンポス)
駄菓子コーナー 駄菓子
バーカウンター 武蔵小杉発クラフトビール「小杉ホワイト」

■「小杉フードフェス」の企画一覧
フレアショー ●13:00~13:30/17:30~18:00
●NATURAのふフレアバーテンダーによるショー。ボトルやシェーカー、グラスなどを曲芸的に操ってカクテルを作ります。
和太鼓演奏 ●16:00~
●「和太鼓祭音」と「平間わんぱく少年団」による和太鼓演奏です。
「milk」ライブ ●18:30~
●3人組ユニット「milk」のライブ。アコースティックなどジャンルにこだわらないパフォーマンスを見せてくれます。


■「小杉フードフェス」の出店一覧と会場マップ
「小杉フードフェス」の出店一覧と会場マップ
※クリックで拡大画像が別ウインドウで開きます。

「小杉フードフェス」は、イタリアン酒場「NATURA(ナチュラ)」の河合社長が発起人となって企画を具体化してきた、「食」のイベントです。

武蔵小杉周辺の飲食店がそれぞれの「一押し」の品を持ち寄り、今まで「名前は知っていたけれども行ったことはない」お店の料理をワンコインで気軽に楽しむことができます。

武蔵小杉・新丸子・元住吉・向河原・武蔵中原まで広範囲からの店舗が一堂に会し、イタリアン、エスニック、和食、スイーツなど出展ジャンルは多岐にわたります。

■武蔵小杉発のクラフトビール「小杉ホワイト」
武蔵小杉発のクラフトビール「小杉ホワイト」

そして、「小杉フードフェス」では、武蔵小杉発のクラフトビール「小杉ホワイト」が解禁され、特別価格600円(グラス)で提供されます。

ビジュアルにある「211」とは、中原区の郵便番号ですね。
こちらも本イベントの目玉となっています。

■企画を立ち上げた「NATURA(ナチュラ)」
企画を立ち上げた「NATURA」

武蔵小杉駅前のイタリアン酒場「NATURA(ナチュラ)」が今回の企画を立ち上げたのは、同店の経営理念にかかわる背景があります。

「NATURA」は、武蔵小杉でたいへんな人気をもち、飲食業界でも知られています。
都内などからも出店のお誘いもあるのではないかと思いますが、現段階では「武蔵小杉周辺」にこだわり、「NATURA MARKET(ナチュラマーケット)」や「和食と立ち喰い寿司 NATURA」などを集中展開しています。

そんな同店のコンセプトに、「食を通じて街を創る」というものがあります。

大きなビジョンの中でも、まずはできることから…ということで、「街に食でエンタメを創る」を趣旨に企画されたのが今回の「小杉フードフェス」であり、また武蔵小杉初のクラフトビール「小杉ホワイト」というわけです。

自店のことだけ考えるのであれば、従来通り自店の繁盛を続けていけばよいことになりますし、それで手一杯になるのが普通です。
ただ、そこで地域のさまざまな店舗を紹介する「小杉フードフェス」のような企画を手間をかけて実現するところに、「NATURA」の本気度が見えるように思います。

このあたりは、武蔵小杉で「コスギカレーフェス」を立ち上げた「KOSUGI CURRY」にも通ずるとことがありますね。

■「アジアンビストロ Dai」の一押し「ガパオ炒めごはん」
ガパオライス 

■「Patiste」の一押し「向河原コラボドッグ」※「みのや」とのコラボ
「Cafe Patiste」と「小麦工房みのや」コラボのホットドッグ 

■「ベトナムサンドウィッチTHAO'S」の一押し「バインミー」
フルサイズのバインミー

参加店舗の中には、「アジアンビストロ Dai」「KOSUGI CURRY」「Patiste」「臥薪」「ベトナムサンドウィッチTHAO'S」「The French Toast Factory」など、本サイトでこれまでにご紹介した店舗もいくつかあります。

地元商店街の老舗・あるいは新鋭から、グランツリー武蔵小杉のテナントまで、実に幅広い顔ぶれです。

馴染みのお店も勿論よいのですが、せっかくの機会ですので、行ったことのないお店の「一押し」を体験してみてはいかがでしょうか?

■会場の「こすぎコアパーク」
賑わうこすぎコアパーク 

会場となる「こすぎコアパーク」では、「小杉フードフェス」の2日前にはフロンターレサポートショップの祭典「KOSUGI BLUE PARK」が初開催されます。
また10月には恒例の「コスギフェスタ2017」も大々的に開催される予定です。

この秋、武蔵小杉駅前が活気にあふれる日が続きそうですね。

【関連リンク】
(NATURA関連)
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:イタリアン ナチュラ武蔵小杉店
2008/11/10エントリ 向河原のイタリアン「NATURA(ナチュラ)」
2010/6/10エントリ 「サイゼリヤ武蔵小杉横須賀線駅前店」「ナチュラ武蔵小杉店」本日オープン
2010/10/22 イタリアン酒場「ナチュラ武蔵小杉店」レポート
2011/11/12エントリ 「ナチュラ武蔵小杉店」のシラスたっぷりペペロンチーノ
2012/6/8エントリ 「ナチュラ武蔵小杉店別館」2012年6月15日(金)オープン
2013/12/19エントリ 「ナチュラ」が武蔵小杉駅前にイタリアン・バー・ビヤガーデン・和食・寿司の5業態複合店を2014年4月オープンへ
2014/1/12エントリ 東急線高架下に連続出店、2月14日の新丸子「ワットマン」、4月の武蔵小杉「NATURA MARKET」
2014/4/11エントリ イタリアン・バー・ビヤガーデン・和食・寿司の複合店「NATURA MARKET」2014年5月末に武蔵小杉駅北口オープン、6月よりランチ営業実施へ
2014/5/26エントリ イタリアン・バー・ビヤガーデン・和食・寿司の複合店「NATURA MARKET」2014年5月28日(水)武蔵小杉駅北口にグランドオープン2015/1/16エントリ ナチュラ新業態店舗「NATURA MARKET」のイタリアンランチ
2016/1/8エントリ 東急武蔵小杉駅南口高架下「ナチュラ」新店の「立ち喰い寿司」レポート

(Cafe patiste関連)
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:レストラン Cafe Patiste
2014/12/6エントリ 向河原の、上質カフェ。「Cafe Patiste(カフェ パティスト)」
2017/5/28エントリ こすぎコアパークの「コスギオープンカフェ」2日間開催レポート:「Patiste」「みのや」の向河原コラボホットドッグが人気に、大西学園吹奏楽部もサプライズ参加

(アジアンビストロDai関連)
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:エスニック・カレー アジアンビストロDai
2016/2/18エントリ 東急武蔵小杉駅高架下商業施設の人気店「アジアンビストロDai」のランチタイムレポート:食前食後の2ドリンクが標準。

(The French Toast Factory関連)
2016/3/7エントリ グランツリー武蔵小杉の、食事もできる人気スイーツ店。「The French Toast Factory」

(臥薪関連)
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:バー・呑み処 臥薪武蔵小杉店
2017/8/12エントリ 南武線高架下・湘南発の和ビストロ「臥薪」がランチ営業をスタート、鎌倉野菜や小田原港直送の海鮮が彩る2,500円ランチコースを体験

(THAO'S BANHMI関連)
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:エスニック・カレー THAO'S BANHMI(タオズバインミー)
2015/5/1エントリ 元住吉に、神奈川県初のベトナムサンドイッチ店が登場。「THAO'S BANH MI」
2016/4/30エントリ ベトナムサンドイッチのお店「THAO'S BANH MI」のハーフサイズで楽しむ食べ比べ

(KOSUGI CURRY関連)
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:エスニック・カレー KOSUGI CURRY
2012/1/23エントリ 濃すぎカレーの移動販売。「KOSUGI CURRY」
2012/7/1エントリ 濃過ぎカレーの移動販売「KOSUGI CURRY」が店舗営業を開始
2014/7/19エントリ 新丸子周辺6店舗による「新丸子ゴールデンルートクラブ」発足、コラボ第1弾「メチエ×コスギカレーの焼きカレーパン」販売中
2017/5/8エントリ 武蔵小杉のカレー専門店「KOSUGI CURRY」が本日リニューアルオープン、スペース拡張により「@marucafe」の「まちの案内所機能」を統合
2017/8/11エントリ 川崎フロンターレ試合日に楽しむ、青色メニュー。「KOSUGI CURRY」のブルードリンクと、「SHIBA COFFEE」のブルークリームソーダ

Comment(2)

2017年
09月03日

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のJTB跡地に「ヨークカルチャーセンター小杉」の教室を増床、「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」終了後に工事をスタート

【Reporter:はつしも】

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の旧「JTB」跡地に、「ヨークカルチャーセンター小杉」の教室が9月下旬にオープンすることがわかりました。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店2階の「JTB」跡地
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店2階の旧「JTB」跡地

「ヨークカルチャーセンター」のオープン告知

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の2階東側には、従来ファミリーレストラン「ファミール」と旅行代理店「JTB」が営業をしていました。

「ファミール」は2017年5月28日に、「JTB」は同年3月28日にそれぞれ閉店し、そのうち「ファミール」跡地については「サイゼリヤ」が8月10日にオープンしていました。

「JTB」跡地についてはしばらく遊休区画となっていまして、ガチャガチャスペース、および本サイトによる「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」などで活用されていたところです。

「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」は、当初8月31日が最終日となっていましたが、急遽20日までに期間が変更されました。

その理由が「ヨークカルチャーセンター小杉」の増床決定であり、すでに工事がスタートしています。

■秋の新講座ご案内
秋の新講座のご案内

秋の新講座ご案内

この背景として、現在「ヨークカルチャーセンター」がたいへん盛況なのだそうです。

教室もかなり一杯の状態が続いていまして、このたびの増床につながりました。

2階の現地仮囲いでは、秋の新講座の案内が掲示されています。
詳しい内容は、9月13日の新聞折り込みで告知されるほか、ヨークカルチャーセンター小杉のウェブサイト(関連リンクをご参照ください)にも情報が掲載されています。

ご関心ある方は、お早めに問い合わせてみてください。

■5階のヨークカルチャーセンター小杉
5階の「ヨークカルチャーセンター小杉」 

■屋上のテニススクール
屋上のテニススクール

従来の「ヨークカルチャーセンター小杉」は、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の5階に教室があります。

また屋上にはテニススクール「セブンカルチャークラブ武蔵小杉」があります。
こちらは名称が変更される前の「コミュニティアリーナ武蔵小杉」時代の2008年12月に、一度ご紹介をしておりました。

習い事系には個人経営の教室もたくさんありますけれども、様々な講座を気軽に選べる点や、利便性の高いロケーションが人気の理由でしょうか。

【関連リンク】
ヨークカルチャーセンター小杉 ウェブサイト
・ セブンカルチャークラブ武蔵小杉 テニススクール
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店 ウェブサイト
 ・武蔵小杉ライフ:タウンガイド:スーパーマーケット イトーヨーカドー武蔵小杉店
2008/12/4エントリ 武蔵小杉のテニススクール「コミュニティアリーナ武蔵小杉」
2017/3/6エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の駐輪場が本日リニューアルし利用料金値下げ、2階の「JTB首都圏武蔵小杉イトーヨーカドー店」が3月28日(火)閉店
2017/5/9エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に出店「ヨシモトフラワーデリバリー」、3月28日閉店「JTB」跡地で、川崎フロンターレを応援
2017/6/1エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店2階の「ファミール」が閉店、跡地に「サイゼリヤ」が2017年夏出店決定
2017/7/25エントリ 「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」をイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店で8月31日(木)まで開催、「今は見られない風景」を中心に武蔵小杉の10年間を振り返る
2017/7/26エントリ 川崎フロンターレがイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店屋上看板にロゴ掲出・壁面に応援懸垂幕掲揚を発表、7月29日にサポーター参加のお披露目式を開催
2017/7/29エントリ イトーヨーカドー史上初、武蔵小杉駅前店の屋上看板に川崎フロンターレロゴ・ふろん太くんを本日掲出、壁面に応援懸垂幕を掲揚
2017/8/10エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店2階「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」向かいに「サイゼリヤ」が本日オープン
2017/8/18エントリ 「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」の開催期間が変更、今週末8月19日(土)20日(日)が最終に

Comment(0)

2017年
09月02日

法政通り商店街の「夜みこし」が本日開催、針金ハンガーねぶたがポケモン「コイキング」仕様でピカチュウとともに登場

【Reporter:はつしも】

2017年9月2日(土)、3日(日)の2日間にわたって「市ノ坪神社祭礼」が執り行われています。
本日は祭礼とあわせて、近隣の法政通り商店街で「夜みこし」が開催されました。

恒例の針金ハンガーねぶたは、人気ゲーム「ポケットモンスター」の「コイキング」を模したと思われるデザインで登場しました。

■2015年の「針金ハンガーねぶた」
2015年の「針金ハンガーねぶた」

法政通り商店街は、かねてから「エコ」をテーマにした企画を展開しています。
「夜みこし」で登場するねぶたは、針金ハンガーの再利用で作られているものです。

上記写真は2015年のもので、この時点では「コイキング」ではありません。

■2016年バージョン「コイキング」
2016年バージョン「コイキング」

そして「ポケモンGO」がブームになった2016年、この針金ハンガーねぶたが「コイキング」になりました。

コイのひれが王冠になっていまして、コイキングということでしょう。
また、ひげが長いのも特徴です。

「コイキング」については、下記の「ポケモン」ウェブサイトをご参照ください。

■ポケモンだいすきクラブ ポケモン図鑑 コイキング
http://www.pokemon.jp/zukan/detail/129.html

もちろんキャラクターの権利は任天堂株式会社や株式会社ポケモンにありますので、「コイキング」とうたっているわけではありません。

ただ、見比べてみると…、これは間違いなさそうです。

■2017年バージョン「コイキング」
2017年バージョン「コイキング」

そして、本日「夜みこし」で輝いた2017年バージョンも、「コイキング」でした。

2016年バージョンと、基本的に同じです。

■「ピカチュウ」のバルーンと…
「ピカチュウ」のバルーンと…

また今年は、ポケットモンスターの人気キャラクター「ピカチュウ」のバルーンも一緒に登場しました。

色々ギリギリなところを、ついてきますね。

■「ニカッパ君」の夏祭り仕様
「ニカッパ君」の夏祭り仕様

ハチマキとサングラス

そして今市橋の「ニカッパ君」は、今年も夏祭り仕様になっていました。

ハチマキをしめて、サングラスを着用しています。

■市ノ坪神社の境内
市ノ坪神社祭礼

「夜みこし」は本日のみですが、「市ノ坪神社祭礼」は明日3日も「本宮」が続きます。

こちらも町内会の御神輿が出て、地域の方がたくさん集まることと思います。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:生活情報:神社・仏閣 市ノ坪神社
2010/9/4エントリ 法政通り商店街の「夜みこし」2010
2016/8/17エントリ 法政通り商店街の「ニカッパ君」が台風耐久仕様に/9月3日(土)「夜みこし」が担ぎ手を募集
2016/9/4エントリ 法政通り商店街の「夜みこし」と、綱島街道を渡る「市ノ坪神社祭礼」の子供みこし

Comment(0)

2017年
09月01日

川崎市・武蔵小杉出身バンド「sumika」特集コーナーがタワーレコード グランツリー武蔵小杉店に登場、9/30誕生日の片岡健太さんなどメンバーへ届けるメッセージを受付中

【Reporter:はつしも】

現在、川崎市・武蔵小杉出身のメンバーを中心とするバンド「sumika」が人気を集めています。

「タワーレコード グランツリー武蔵小杉店」では、「sumika」の特集コーナーを設置し、同グループへのメッセージを受け付けています。

■「タワーレコード グランツリー武蔵小杉店」
タワーレコード グランツリー武蔵小杉店

「タワーレコード グランツリー武蔵小杉店」は、グランツリー武蔵小杉の開業に伴って、2014年11月22日にオープンした店舗です。

タワーレコードとしては比較的小型ではありますが、「K-POP」コーナーを充実させているほか、同コーナーを利用したインストアライブも開催しています。

■「sumika」コーナー
「sumika」コーナー

「sumikaの地元武蔵小杉から発信」

同店のもうひとつの特徴は、「地元推し」です。
「sumikaの地元武蔵小杉から発信」ということで、店舗入り口近くに「sumika」をプッシュするコーナーが作られています。

■「sumika」へのメッセージノート
「sumika」へのメッセージノート

またここには、「sumika」へのメッセージノートも設置されていました。
メッセージは後日、メンバーに届けられるということです。

■店舗奥の「sumika」「川崎フロンターレ」コーナー
店舗奥の「sumika」「川崎フロンターレ」コーナー

■片岡健太さんへのメッセージボックス
片岡健太さんへのメッセージボックス

またもうひとつ、店舗奥にも「地元推し」として、「sumika」「川崎フロンターレ」のコーナーがあります。
ここには、9月30日で誕生日を迎えるバンドメンバー・片岡健太さんへのメッセージボックスが設置されていました。



■閉店した「新星堂」の「miwa」コーナー
閉店した新星堂の「miwa」コーナー

今から約1年前、2016年9月30日にはイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「新星堂」が閉店しました。

「新星堂」には、慶應義塾大学日吉キャンパスに通学していた「miwa」さんのコーナーが設置されていました。
これはもともと日吉の新星堂にあったものを、同店の閉店に伴って武蔵小杉店が引き継いだという経緯がありました。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店 川崎フロンターレオフィシャルグッズショップでの「SHISHAMO」コーナー
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店 川崎フロンターレオフィシャルグッズショップでの「SHISHAMO」コーナー

また、地元出身といえば、川崎フロンターレを応援するバンド「SHISHAMO」(幸区・川崎総合科学高等学校出身)も人気が高まっています。
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の川崎フロンターレオフィシャルグッズショップでは、「SHISHAMO」のコーナーも設置されています。

「新星堂」「オフィシャルグッズショップ」ともに、プッシュする両アーティストが来店をしたことがあります。
「miwa」さんの新星堂への来店は、閉店最終日のサプライズでした。

「タワーレコード グランツリー武蔵小杉店」にも、また「sumika」が来店することもあるのではないでしょうか。
このような点も、ファンの方にとっては「地元推し」の魅力かと思います。

【関連リンク】
(「sumika」関連)
sumika オフィシャルウェブサイト
片岡健太さん twitter

(タワーレコード関連)
タワーレコード グランツリー武蔵小杉店 ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:ホビー・カルチャー タワーレコードグランツリー武蔵小杉店
2014/9/8エントリ 「グランツリー武蔵小杉」に「タワーレコード」が出店決定
2014/11/12エントリ 「タワーレコードグランツリー武蔵小杉店」が11月21日(金)13時プレオープンを発表、フロンターレコラボTシャツを販売
2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2015/10/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ
「コスギフェスタ2016」前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」「タワレコ秋祭りミュージックフェスタ」開催レポート/本祭1日目の見所まとめ

(地元アーティスト関連)
2016/9/25エントリ 「新星堂武蔵小杉店」が9月30日(金)閉店・「miwaコーナー」終了、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店開業以来33年の歴史に幕
2016/10/1エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「新星堂武蔵小杉店」閉店最終日に「miwa」さんがサプライズ来店、ダイソー新店舗は文具・おもちゃ売り場移転跡地に出店へ
・2017/2/14エントリ 川崎市出身の3ピースバンド「SHISHAMO」がフロンターレを原点にした新曲「明日も」のMVを公開、全編を等々力陸上競技場で撮影
2017/4/17エントリ 多摩川を下る(3):ランステーション「多摩川交流センター」から見える、新川崎・武蔵小杉・多摩川大橋・「SHISHAMO」出身校の川崎総合科学高等学校

Comment(0)

2017年
08月31日

武蔵小杉駅前「しゃぶしゃぶ すきやき くりりん」が30周年リニューアルオープン、9月1日(金)~7日(木)にA5ランク「霜降黒毛和牛コース」を30%OFFで提供

【Reporter:たちばな】

2014/11/4エントリにおいて、武蔵小杉駅前通り商店街の「しゃぶしゃぶ すきやき くりりん」をご紹介しました。

同店はこのたび創業30周年を迎えまして、リニューアルオープンをしました。
またこれを記念して、2017年9月1日から、9月7日まで、A5ランクの霜降黒毛和牛コースが30%OFFで提供されます。

■「しゃぶしゃぶ すきやき くりりん」が2階で営業する山脇ビル
 「しゃぶしゃぶ すきやき くりりん」 
 

創業30周年感謝祭

「しゃぶしゃぶ すきやき くりりん」は、武蔵小杉駅前通り商店街の一角にある「山脇ビル」2階で営業をしています。

1階の並びには「浜の玄太丸」、ビルの反対側に回ると「ナチュラ武蔵小杉店」があります。

「くりりん」来店時には、ビル中央の階段またはエレベーターを利用して2階にあがります。

■リニューアルした店内
リニューアルした店内

「しゃぶしゃぶ すきやき くりりん」の店内は、カウンターとテーブル席で構成されています。
カウンター席は少し曲線になっていまして、横並びでも会話がしやすいようになっています。

従来と基本的な構成は変わりませんが、床面やトイレなどがリニューアルされました。

3年近く前のエントリでご紹介したのは、ランチメニューでした。
今回ご紹介するのは、もちろん3割引きになる「霜降黒毛和牛コース」です。

■霜降黒毛和牛コース(通常5,200円→期間限定3,600円)
(高級霜降黒毛和牛ロース150g)

霜降黒毛和牛コース

(野菜盛)
霜降黒毛和牛コース

(小鉢)
小鉢 

(きしめん又はワンタン)
きしめん

(デザート)
デザート

「霜降黒毛和牛コース」は、9月1日(金)から7日(木)までの1週間、通常5,200円が3割引きで3,600円になります。

コースにはA5ランクの霜降黒毛和牛150g、野菜、小鉢、きしめん又はワンタン、デザートがセットに含まれています。
大人が十分お腹いっぱいになるボリュームがありました。

■しゃぶしゃぶにしていただく霜降黒毛和牛
しゃぶしゃぶにしていただく霜降黒毛和牛

■お好みのポン酢とごまだれ
お好みのポン酢とごまだれ

霜降黒毛和牛を、お好みでポン酢かごまだれでいただきます。

さすがにA5ランクだけあって、口の中でとろけるような美味しいお肉でした。

このコースが3,600円というのは、お得ではないでしょうか。 普段「くりりん」に馴染みのない方も多いかと思いますので、この機会に体験してみて、リピート有無を判断してみてはと思います。

なお、「霜降黒毛和牛」は、単品100gについても割引(通常2,500円→期間限定1,500円)が適用されます。
割引率を計算すると30%を超えて、40%引きの計算になりますね。
団体でお肉を追加する場合などに良いかもしれません。

また、「しゃぶしゃぶ すきやき くりりん」という名前の通り、同店では「すきやき」のコースも同額で用意されています。
こちらはお好みでご選択ください。

■お店の方の似顔絵
お店の方の似顔絵 

こちらはお店の方の似顔絵で、市ノ坪の似顔絵店「コンパス」で描いてもらったものだそうです。

よく似ていますので、来店の際は出来栄えを確認してみてくださいね。

■「しゃぶしゃぶ すきやき くりりん」の店舗情報
●所在地:中原区小杉町3-428 山脇ビル2F
●営業時間:11:30~14:00/17:00~22:30(L.O.22:00)
●定休日:月曜日
●Web:http://www.kririn.com/

■マップ


【関連リンク】
しゃぶしゃぶ すきやき くりりん ウェブサイト
武蔵小杉便利帳 しゃぶしゃぶ すきやき くりりん
「コスギフェスタ2014」の「街歩き食べ歩き」参加店「すきやき しゃぶしゃぶ くりりん」

Comment(0)

2017年
08月24日

サライ通り商店街の、上質イタリアン。「オステリア・オージオ・ソット」の休日ランチ

【Reporter:はつしも】

サライ通り商店街に「オステリア・オージオ・ソット(OSTERIA Osio Sotto)」というイタリアンバルがあります。

お料理の評判がたいへん高い同店が、休日のみ実施しているランチを、今回はご紹介してみたいと思います。

■「オステリア・オージオ・ソット」
 オステリア・オージオ・ソット

「オステリア・オージオ・ソット」は、サライ通りの武蔵小杉駅寄りに、2013年6月に出店しました。

オープン以来、食事をされたかたの評価が高く、本サイトとしてもたいへん気になる存在でした。

■こじんまりとした店内
こじんまりとした店内 

店内はカウンター中心で、こじんまりとしています。
写真一番奥にはテーブル席が2組ありまして、そこは4名利用も可能です。

客席が限られているため、週末などは満席になっていることが多いようです。
あらかじめ予約を入れておくと良いかと思います。

■ランチメニュー
ランチメニュー

「オステリア・オージオ・ソット」は、平日は18:00~24:00のディナー営業のみですが、土日祝は12:00~15:00のランチ営業も行っています。

ランチはパスタを中心としたAコース(1,500円)、それにメインディッシュを1皿加えたBコース(2,500円)の2種が基本となっています。

今回はラムチョップのグリルを味わってみたく、Bコースをオーダーさせていただきました。

■前菜
前菜

■バケット
バケット

まずは前菜とバケットが出ています。
生ハムの塩味が、食欲をそそります。

■マッシュルームペーストとパンチェッタのスパゲティ
マッシュルームペーストとパンチェッタのスパゲティ

■アサリのリングイネ
イワシのラグーリングイネ

今回のランチメニューのパスタは、「マッシュルームペーストとパンチェッタのスパゲティ」と、「イワシのラグーソースリングイネ」の2種でしたが、後者が品切れになっていたため、アサリのリングイネを作っていただけました。
パスタの種類は週によって変わるかと思いますが、いずれも同店の人気を裏付ける上質な仕上がりでした。

特に「マッシュルームペーストとパンチェッタのスパゲティ」は、マッシュルームと豚バラ(パンチェッタ)の旨味がたっぷりとパスタに絡んで、たいへん美味しくいただきました。

■ラムチョップのグリル
ラムチョップのグリル

そしてBコースについてくるのが、メインディッシュ「ラムチョップのグリル」です。
ラム肉がとても柔らかく、これまた納得の一品です。

■ドルチェのパンナコッタ
ドルチェのパンナコッタ

■エスプレッソ
エスプレッソ

また、Aコース・Bコースともに、食後にドルチェ(デザート)とエスプレッソがついていました。
今回のデザートは、パンナコッタです。

全体としてクオリティが高く、Aコース1,500円というのは割高感はありませんでした。
さらに1,000円をのせてBコース2,500円にし、メインディッシュを頂くかどうかは、お好みとおなか具合とご相談ということになるでしょう。

■ディナーメニューの一部
ディナーメニューの一部

こちらは、ディナーメニューの一部です。

この中には、「ラムチョップの炭火焼き」(2,800円)が含まれています。
ランチBコースの「ラムチョップのグリル」はこのお手軽版ということですが、満足感が高かったですので、ディナーの「炭火焼き」も試してみたくなるところです。

また機会がありましたら、「オステリア・オージオ・ソット」のディナーメニューも試してみたいと思います。

■夜の「オージオ・ソット」
夜のオージオ・ソット

■「オステリア・オージオ・ソット」の店舗情報
●所在地:中原区今井南町2-43 南町コーポラス1F
●営業時間:
(火~金)18:00~24:00(L.O. 23:00)
(土)12:00~15:00(L.O. 14:00) 18:00~24:00(L.O. 23:00)
(日祝)12:00~15:00(L.O. 14:00) 18:00~23:00(L.O22:00)
●定休日:月曜日
●facebookページ:
https://www.facebook.com/OsteriaOsioSotto/

■「オステリア・オージオ・ソット」のマップ


【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:イタリアン オステリア・オージオ・ソット
サライ通り商店街ウェブサイト OSTERIA Osio Sotto
2017/8/16エントリ サライ通り商店街でいただく、ハンバーグとステーキ。開店1年を経た「ステーキハウス グランパ」

Comment(0)

2017年
08月21日

みたび、「武蔵小杉駅からのお願いです。」よんれつ連絡通路で「さんれつ」団子らが横須賀線・湘南新宿ラインの3列乗車を呼びかけ中

【Reporter:はつしも】

JR武蔵小杉駅の連絡通路に、「さんれつ」キャラクターが登場しました。
武蔵小杉新駅ホーム4番線における、3列に並んでの乗車を呼びかけています。

■JR武蔵小杉駅の連絡通路
JR武蔵小杉駅の連絡通路

JR武蔵小杉駅には、南武線ホームと、新駅ホームをつなぐ長い連絡通路があります。
そのうち綱島街道・東海道新幹線・横須賀線・湘南新宿ラインの下をくぐるトンネルの部分に、32連のポスターラックが設置されていまして、同駅はここでさまざまな広報を展開してきました。

その中で生まれたのが、ネット上で全国的に話題になった「よんれつ」などです。

今回は新バージョン「さんれつ」をご紹介していきましょう。

■「武蔵小杉駅からのお願いです。」
「武蔵小杉駅からのお願いです。」

まずはいつものイントロから。

■「横須賀線 湘南新宿ラインは」
「横須賀線 湘南新宿ラインは」

■「通勤時間帯大変混雑いたします。」
「通勤時間帯大変混雑いたします。」

■「3列での整列乗車にご協力をお願いします。」
「3列での整列乗車にご協力をお願いいします。

横須賀線・湘南新宿ラインともに、ラッシュ時にはたいへん混雑します。
車両内はもちろんですが、武蔵小杉新駅においてはホームが人で一杯になり、移動がしにく状態になります。

少しでもそれを緩和すべく、3列に並んで列をなるべく短くしてほしいというお願いです。

■「4番線は3列」
「4番線は3列」

「歩きスマホ防止」啓発で登場した「モグラ君」です。

4番線は、品川方面・大崎方面の上り線です。
3番線よりも並ぶ人の数が多く、今回は特に4番線での3列乗車を呼びかけています。

■「さん」
「さん」

■「れつ」
「れつ」

■「乗車」
「乗車」

ここで「さんれつ」団子の登場です。

3つ付きのお団子が、3本です。

■「横須賀線は白線」
横須賀線は白線

横須賀線

■「湘南新宿ラインは黄色い線」
「湘南新宿ラインは黄色い線」

「湘南新宿ライン」

横須賀線と湘南新宿ラインは、武蔵小杉新駅の同じホームを利用しています。

そのため、横須賀線は白線、湘南新宿ラインは黄色い線で3列乗車のラインが引かれています。

■「2列ではなく」
「2列ではなく」

■「3列(後ろも歩きやすい!)」
「3列」

「2列ではなく、3列」です。
ここでモグラ君が念押ししてきます。

■「4番線は3列」
「4番線は3列」

■「さん」
「さん」

■「れつ」
「れつ」

■「乗車」
「乗車」

…さらに呼びかけます。
「モグラ君」同様に歩きスマホ防止啓発で登場した、「ロボ君」が3列に並んでいます。

■「さん」
「さん」

■「れつ」
「れつ」

■「乗車」
「乗車」

そしてもう1回。
最後は新キャラクター「枝豆君」を投入してきました。

■「3列での整列乗車にご協力をお願いします。」
3列での整列乗車にご協力をお願いします

■「この先もお気をつけて」
「この先もお気をつけて」

最後に、登場したキャラクターが集合です。

どうぞお気をつけていってらっしゃいませ。


JR武蔵小杉駅は、新駅開業も追い風となって近年乗客数が大きく伸びています。

根本的には駅自体の拡張・改良が必要なのですが、まずは目の前でできる運用面での施策ということで、3列乗車の呼びかけを行っているものと思います。

【関連リンク】
2012/8/22エントリ 「武蔵小杉駅からのお願いです。」
2012/8/29エントリ 2012年9月6日発売「武蔵小杉Walker」にJR武蔵小杉駅の「よんれつ」掲載決定
2012/9/5エントリ 9月6日(木)発売「武蔵小杉Walker」前日早読みレポート、「よんれつ」無事掲載
2012/10/2エントリ JR武蔵小杉駅のみどりの窓口に、動く「よんれつ」が再登場
2012/11/28エントリ 武蔵小杉駅から「よんれつ」で、「ふるさと」へ帰ろう
2012/12/11エントリ JR武蔵小杉駅の「よんれつ」新作、「ふるさと」が大幅拡張
2013/4/22エントリ JR武蔵小杉駅に「よんれつ」後継「SS君」投入、湘南新宿ラインの魅力をご紹介
2013/9/26エントリ JR武蔵小杉駅が連絡通路で「秋田デスティネーションキャンペーン」を展開
2013/11/15エントリ JR武蔵小杉駅のカタツムリ君が、時速4kmのゆっくり歩行を呼びかけ中
2013/12/15エントリ JR湘南新宿ライン「速いぞ!」に対抗、東急東横線「速い、だけじゃない。」
2014/3/4エントリ JR武蔵小杉駅が新キャラクター「Suica君」を投入、定期券の早期購入を呼びかけ中
2014/3/10エントリ JR武蔵小杉駅が新キャラクター「Suica君」を連絡通路に全面投入、定期券の早期購入をさらに呼びかけ中
2014/6/14エントリ JR武蔵小杉駅連絡通路に山形ディスティネーションキャンペーン「きてけろくん」が登場
2014/8/6エントリ JR南武線新型車両「E233系」が2014年10月導入、新型車両で叶える「あなたの夢」募集中
2014/9/17エントリ JR武蔵小杉駅の「カタツムリ君」が南浦和駅に進出、連絡通路でゆとり歩行を呼びかけ中
2014/10/4エントリ JR南武線新型車両「E233系」本日投入、武蔵小杉駅等で記念商品販売と「懐かしの写真展」がスタート
2014/10/23エントリ 南武線エキナカで、地産地消。「多摩川梨ジャム」使用商品を販売中
2014/10/30エントリ JR武蔵小杉駅の連絡通路で新キャラクター「多摩川梨くん」が南武線新型車両「E233系」を紹介中
2015/4/19エントリ JR武蔵小杉駅の連絡通路で「ふくしまデスティネーションキャンペーン」展開、福島の歴史・自然・温泉・遊びをお勧め中
2015/4/23エントリ JR武蔵小杉駅が「ふくしまデスティネーションキャンペーン企画 列車クイズ」を開催、全問正解者に横浜支社特製クリアファイルをプレゼント
2015/6/24エントリ ふたたび、「武蔵小杉駅からのお願いです。」よんれつ通路で「スマホ君」がスマホ歩き禁止を呼びかけ中
2015/9/10エントリ JR武蔵小杉駅が「よんれつ」など連絡通路の歴代キャラクターを紹介、「スマホ君」の正式名称「ロボ君」を発表
2015/10/27エントリ JR武蔵小杉駅の新型自動改札機に連絡通路のキャラクター「モグラ君」が登場
2016/4/20エントリ JR武蔵小杉駅連絡通路のオリジナルキャラクター「ロボ君」「カタツムリ君」「モグラ君」がびゅうプラザ前に登場、おトクなきっぷをご案内
2017/1/14エントリ JR武蔵小杉駅が名所「よんれつ連絡通路」で「90年後の武蔵小杉駅ポスター絵画展」(一般公募)3月開催を決定、2月12日(日)まで「あなたの思い描く絵」を大募集
2017/2/13エントリ JR武蔵小杉駅の「よんれつ連絡通路」に「武蔵小杉駅オリジナルかるた」15種が登場、「笑顔あふれる武蔵小杉駅」のメッセージを発信中
2017/3/1エントリ JR武蔵小杉駅のよんれつ連絡通路で「90年後の武蔵小杉駅 ポスター絵画展」が本日開幕、一般公募の60作品を3月末まで展示

Comment(0)

2017年
08月18日

「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」の開催期間が変更、今週末8月19日(土)20日(日)が最終に

【Reporter:はつしも】

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店2階で開催中の「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」の開催期間が、2017年8月31日(木)から8月20日(日)までに変更されましたので、お知らせいたします。

この週末、19日(土)、20日(日)が最終となりますので、どうぞご覧ください。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店2階の「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」 

【関連リンク】
2017/7/25エントリ 「武蔵小杉ライフ10周年記念写真展」をイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店で8月31日(木)まで開催、「今は見られない風景」を中心に武蔵小杉の10年間を振り返る

Comment(1)

2017年
08月17日

「東急バス創立20周年記念塗装車両」が2011年から継続運行中、武蔵小杉駅東口の二子玉川行き路線で「一般路線バス先代カラー」車両を運行

【Reporter:はつしも】

2011年10月1日に東急バスが創立20周年を迎え、戦後復興期から現在に至る車体塗装を復刻した「20周年記念塗装車両」を運行していたことを、2011年当時のエントリでご紹介していました。

5種類の記念塗装のうち、当時は3種類を武蔵小杉で見かけることができたのですが、先日さらにもう1種類の姿を確認することができましたので、ご紹介します。

■東急バス創立20周年記念塗装車両(一般路線バス先代カラー)
東急バス20周年記念塗装車両(一般路線バス先代カラー)

東急バス株式会社は、1991年10月1日に東京急行電鉄株式会社から自動車事業の営業譲渡を受け、分社独立するかたちで創立されました。

「20周年記念塗装車両」の運行は前述の通り2001年からスタートしていましたが、これは一時的なキャンペーンに終わらず、現在に至るまで継続されていたようです。

今回「20周年記念塗装車両」を見かけたのは武蔵小杉駅東口駅前広場で、二子玉川行きの路線「玉11系統」でした。

■20周年記念塗装車両の全面
20周年記念塗装車両の前面

■同・側面
同・側面

■同・背面側より
同・背面より

この記念塗装車両は、一般路線バスの「先代カラー」ということでした。

昔から東急バスをご利用でしたら、馴染みのある方も比較的多いのではないでしょうか。

なんとなく、レトロな感じがいたします。

■「20周年記念塗装車両」の表示
20周年記念塗装車両の表示

バスの側面には、「20周年記念塗装車両」の表示がありました。

これがあと4年も経ちますと、今度は2021年をもって「30周年」になるわけです。
また東急バスでは、記念イベントなどを企画されるのではないでしょうか。



■20周年記念塗装車両「観光バス第2代カラー」
20周年記念塗装車両「観光バス第2代カラー」

■20周年記念塗装車両「観光バス現行カラー」
20周年記念塗装車両「観光バス現行カラー」

■20周年記念塗装車両「都市間高速バス『MILKEY WAY』カラー」
20周年記念塗装車両「MILKEY WAY」カラー 

もう6年前のことになりますので、当時のエントリをご記憶の方も少ないかと思います。

この機会に、当時ご紹介した3種類の「20周年記念塗装車両」の写真を再掲しておきます。

1枚目は南武沿線道路、2枚目は府中街道、3枚目は武蔵小杉新駅前で撮影をしております。
3枚目は羽田空港行のリムジンバスで記念塗装が採用されていました。

■まだ未確認の「観光バス初代カラー」
 まだ未確認の「観光バス初代カラー」

まだ武蔵小杉で目撃できていないのは、1種類。
「観光バス初代カラー」です。

こちらを武蔵小杉周辺でお見かけの際は、ご注目ください。

【関連リンク】
東急バスニュースリリース 10月1日、東急バスは創立20周年を迎えます(PDF)
2011/2/4エントリ 川崎市バス60周年記念号
2011/8/6エントリ 「藤子・F・不二雄ミュージアム」の広報ラッピングバスが武蔵小杉に登場
2011/10/14エントリ 東急バス創立20周年記念塗装車輌「MILKY WAY」
2011/12/28エントリ 東急バス20周年記念塗装車両、ふたたび
2015/9/5エントリ 武蔵小杉・二子玉川を結ぶ「玉11系統 FUTAKOSU BUS」本日運行開始、武蔵小杉目線で巡る乗車レポート

Comment(1)