武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2017年
10月13日

小杉御殿町交差点近くの旧オーガニック野菜バル「STAND BY FARM」がお肉とワインのお店「ヒラソル(Girasol)」に転換、10月4日よりランチ営業もスタート

【Reporter:はつしも】

小杉御殿町交差点近くに、朝採れ野菜のオーガニックバル「STAND BY FARM」が2017年5月15日にオープンしたことを、以前のエントリでお伝えしておりました。

同店はオープン後まもなく一時休店をしていましたが、コンセプトを「野菜」から「お肉」に大きく転換し、「ヒラソル(Girasol)」としてリニューアルオープンしました。

また同店は10月4日よりランチ営業もスタートしましたので、ご紹介いたします。

■小杉御殿町交差点の複合ビル「亜衣フラット武蔵小杉」
「亜衣フラット武蔵小杉」 

 ■1階の「ヒラソル(Girasol)」
1階の「Girasol(ヒラソル)」
※営業時間は変更されています。エントリ末尾をご参照ください。

■「Wine & Meat」
ワイン&ミート

「ヒラソル(Girasol)」は、小杉御殿町交差点付近に建設された商業・住宅複合ビル「亜衣フラット武蔵小杉」の1階にあります。

「STAND BY FARM」の看板が「ヒラソル」に変わり、「お酒とお肉のお店」という新しいコンセプトが明記されています。
また、「ペット」「団体」も大歓迎ということです。

■「ヒラソル」の店内
「ヒラソル」の店内

■ペットOKのテラス席
ペットOKのテラス席

ペットOKのテラス席 

店内の様子は、リニューアル前と大きく変わりません。

ただ、テラス席にはあらためて「ペット歓迎」の看板が掲示され、一緒にお食事ができるようになりました。

■店主の秦さんと黒毛和牛
店主さんと黒毛和牛

「ヒラソル」では、A5ランクの黒毛和牛を使っています。
これをサーロインステーキでいただくのがお勧めです。

店主の秦さんは「STAND BY FARM」の時からこのお店を経営されていまして、さらに以前はお肉をメインにした飲食店で経験を積まれていました。

その経験を活かして、「STAND BY FARM」からお肉メインのお店として独立をされたということです。

■黒毛和牛サーロイン
黒毛和牛サーロイン

こちらが、一押しの黒毛和牛サーロインです。

A5サーロインまたはフィレ150gで2,700円、赤身150gで1,940円となっていますが、予算、人数に合わせて調整が可能ということです。

お肉を焼くことにかけて経験豊富な店主さんが、とろけるような焼き具合で仕上げてくれました。
お肉自体の質も当然良いですので、満足できる一皿かと思います。

■鳥グリル
鶏グリル 

サーロインステーキはちょっとお値段が…という方には、地鶏もおすすめです。

地鶏もも300gで1,080円、ムネ300gなら850円とリーズナブルです。

その他地鶏1羽1.5キロやお肉の盛り合わせなどのアレンジも可能ですので、こちらは当日お問合せください。



■10月4日ランチ開始


そして「ヒラソル」は、冒頭にお知らせした通り10月4日よりランチ営業をスタートさせました。

本エントリでは、ランチもあわせてご紹介しておきましょう。

■二ヶ領用水に面して
二ヶ領用水に面して

ランチ営業は、店内が明るくまた違った雰囲気になります。
外には二ヶ領用水が見え、八重桜が咲く季節にはお花見もできそうです。

■ベーコンとチンゲン菜のカルボナーラ
ベーコンとチンゲン菜のカルボナーラ 

■イタリア産ホエー豚とパブリカのカレー
イタリア産ホエー豚とパプリカのカレー

ランチは、基本的に下記の2種で構成されています。

●Aセット(サラダ、お料理、コーヒー)1,080円
●Bセット(前菜の盛り合わせ、お料理、コーヒー、デザート)1,940円

お料理はパスタとカレー各種から選ぶようになっていました。
メニューは日によって変わるかと思いますが、この日に選んだのはベーコンとチンゲン菜のカルボナーラ、イタリア産ホエー豚とパプリカのカレーです。

■Aセットのサラダ
Aセットのサラダ

■Aセットのコーヒー
Aセットのコーヒー

上記は、Aセットのサラダとコーヒーです。
Bセットの場合、サラダが前菜の盛り合わせに替わり、コーヒーに加えてデザートが付くというわけです。

なお、コーヒーはお子さんの場合、オレンジジュースなどのソフトドリンクに変えてもらうことができます。

■「ヒラソル」の店内
「ヒラソル」の店内

■トイレのオムツ交換台
トイレのオムツ交換台

「ヒラソル」には、テーブル席のほか、一部ですがカウンター席もあります。
また、トイレにはオムツ交換台も用意されていました。

お店のスタンスとしてはお子さんを歓迎されていますが、10月上旬の取材日時点ではベビーチェアはありませんでしたので、その点はご承知ください。

駅からは少し離れていますが、二ヶ領用水にも面した落ち着いた空間です。
少人数から団体まで対応できますので、一度試しみてはと思います。

■「ヒラソル(girasol)」の店舗情報
●所在地:中原区小杉御殿町2-42 亜衣フラット武蔵小杉1F
●営業時間:ランチ11:00~14:30(L.O.13:30)、17:30~22:30(L.O.22:00)
●定休日:不定休

■マップ


【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:バー・飲み処 ヒラソル(Girasol)
2011/8/25エントリ 小杉御殿町交差点の「御殿町整骨院」大看板が撤去
2017/4/10エントリ 小杉御殿町交差点近くに「朝採れ野菜」のオーガニックバル「STAND BY FARM」が出店決定、東銀座・松濤に続き都心以外初出店
2017/5/11エントリ 朝採れ野菜のオーガニックバル「STAND BY FARM」武蔵小杉店のオープン日が5月15日(月)に決定、6月よりランチ営業も開始

Comment(0)

2017年
10月12日

古本や中古・自主制作CDなどの専門店「dekotto bokotto(凸っと凹っと)」再訪、中原区在住シンガーソングライター・村上ユカさんのCD取り扱いスタート

【Reporter:はつしも】

2017/1/31エントリで、元住吉の古本・中古CD・自主制作CDなどの専門店「dekotto bokotto(凸っと凹っと、でこっとぼこっと)」をご紹介しました。

同店ではテクノ系などのCDを取り扱っていまして、このたび中原区在住のシンガーソングライター・イラストレーターの村上ユカさんのCDの取り扱いがスタートしました。

■元住吉の「dekotto bokotto」
遊び心のあるアイテムが詰まった店内

■テクノを中心としたCD
中古CD

「dekotto bokotto」は、元住吉駅の東側(オズ通り商店街側)にあります。
綱島街道沿いのモスバーガーよりも南側、ラーメン店「野方ホープ」が入るビルの裏側に看板が出ています。

店内には古本約500冊、CD約500枚がぎっしりと並んでいます。

■村上ユカさんのCD
村上ユカさんのCD 

村上ユカさんは、デビュー20周年を迎えるシンガーソングライターです。

童話的な独特な世界観を、テクノポップなサウンドと深みのあるボイスで表現し、これまでに4枚のアルバムに加え、その他シングル、コンピレーションアルバムを出されています。

またデザイナー・イラストレーターとしても活躍され、CDジャケットはご自身でデザインされたものです。

これまでに「おたま豆腐」のパッケージデザインで日経BPデザイン賞銀賞を受賞するなど、多方面で活躍をされています。

■アルバム「鳥と魚」
アルバム「鳥と魚」

■シングル「鏡の世界」
シングル「鏡の世界」

こちらは2013年リリースのアルバム「鳥と魚」と、2015年リリースのシングル「鏡の世界」です。
「鳥と魚」には、村上ユカさんが東日本大震災発生後にチャリティで配信された楽曲「かなえて」も収録されています。

このPOPも、ご自身が描かれたものですね。

■チャリティで配信された楽曲「かなえて」(Youtube)


なお、「鳥と魚」については、アルバムジャケットの原画展が新丸子の雑貨店兼フリースペース「Salt」で2014年に開催されたことがあり、本サイトでもご紹介をしておりました。

地元のアーティスト・クリエイターの方が活動される場や接点が増えてくることは、地域の豊かなカルチャーの醸成の点でもたいへん重要なことかと思います。

今回の村上ユカさんと「dekotto bokotto」のご縁は、本サイトが同店を紹介したことがきっかけだったそうで、そんなカルチャーの輪を広げられたことはうれしく思いました。

■「dekotto bokotto」のユニークな品ぞろえ
「ことば」関係の本

サブカルチャー関連

ユニークな品ぞろえ

「dekotto bokotto」は、サブカル系など実にユニークな品ぞろえが特徴のお店です。

古本からCDまで、世界観がフィットする方には新しい出会いがあると思います。
今回はCDを切り口に、再度ご紹介をさせていただきました。

■「dekotto bokotto(凸っと凹っと)」の店舗情報
●所在地:中原区木月2-10-3 ベンチャーマックス205
●営業間:15:00~21:00(日曜日は20:00まで)
●定休日:火曜日(変更される場合あり)
●ウェブ:http://vintarecord.blogspot.jp/
●Twitter:https://twitter.com/dekottobokotto

■「dekotto bokotto(凸っと凹っと)」のマップ


【関連リンク】
村上ユカ 公式ウェブサイト
村上ユカ 公式ブログ
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:書店 dekotto bokotto(凸っと凹っと)
武蔵小杉周辺のアート活動:「ナクール」アートパフォーマンスと、「Salt」村上ユカ原画展
2017/1/31エントリ 元住吉の、遊び心のある古本と中古CD・自主制作CDのお店。「dekotto bokotto(凸っと凹っと)」

Comment(0)

2017年
10月11日

武蔵小杉・法政通り商店街の1958年七夕祭りのチラシを公開!当時の全店舗がわかる絵図を掲載、映画館「有楽座」では「無法松の一生」などを上映

【Reporter:はつしも】

本サイトではこのたび、1958年(昭和33年)の法政通り商店街「七夕祭り」のチラシを入手することができました。

今から約60年前の、同商店街の姿を伺うことができますので、ご紹介します。

■1958年の法政通り商店街「七夕祭り」のチラシ
1958年の法政通り商店街「七夕祭り」のチラシ
※所蔵:武蔵小杉ライフ(以下同じ)

1950年代の法政通り商店街では、毎年「七夕祭り」が開催されていたようです。

チラシを見ると、1958年のお祭りでは「児童絵画コンクール」「写真コンテスト」「無料映画会」などが開催されていたことがわかります。

■「無料映画会」のご案内
「無料映画会」のご案内

「無料映画会」は、法政通り商店街の中央部において、東映の「純情部隊」が上映されていました。

「純情部隊」は、力道山・東千代之助の主演により、太平洋戦争末期の補充兵たちの友情を描いた作品です。

■商店街絵図に描かれた映画館「有楽座」
商店街絵図に描かれた映画館「有楽座」

■「有楽座」の優待割引券
「有楽座」の優待割引券

また、チラシには商店街の絵図が描かれています。
これを見ると、当時の商店街の店舗の並びを細かく確認することができます。

当時、現在の中原ブックランドのあたりには映画館「有楽座」があったようです。

チラシには「有楽座」の優待割引券がついていまして、下記の映画が上映されていたことがわかります。

●「無法松の一生」
●「流れる」
●「お笑い大福帖」
●「美女と液体人間」
●「大番 完結編」
●「ワンマン社長純情す」
●「若い獣」
●「俺にまかせろ」
●「漫才」

このあたりのレトロなラインナップを見ると、当時の時代を感じますね。
「美女と液体人間」など、かなりのB級映画という気がいたします。

■絵図の「泉心庵」「三富商事」
絵図の泉心庵・三富商事

■現在の「泉心庵」
参加店舗・法政通り商店街の「泉心庵」 

■現在の「三富商事」
現在の三富商事

商店街の絵図には、現在も残る「泉心庵」「三富商事」の名前がありました。
この両店舗は、60年以上の歴史があるということですね。

また、絵図には「三富商事」に隣接して料亭「大野屋」があります。
これは現在の「大野屋」のご親戚の方が経営されていたものではないか、と伺いました。

■現在の「大野屋」
「大野屋小杉店」

■絵図の「森小鳥店」「工都ラジオ」「工都衣料店」
絵図の「工都ラジオ」「工都衣料店」

絵図の中には、「工都ラジオ」「工都衣料店」というお店があります。

これはかつて、現在の武蔵小杉駅ができるまえに「工業都市駅」という駅があったことに由来するものでしょう。

工業都市駅は、現在の東横線と府中街道が交差するあたりに設置されていましたので、法政通り商店街にとっては武蔵小杉駅よりも身近な「最寄駅」だったはずです。

同駅が廃止されたのは1953年で、このチラシがつくられた1958年は廃止からすでに5年が経過しています。
ただ、店名としては残っていたということではないでしょうか。

ラジオという業種もそうですが、店名にも当時の時代を読み取ることができました。

また、絵図には「森」という小鳥店が描かれています。
これは現在も残っている店舗です。

■「森小鳥店」
森小鳥店

森小鳥店は、現在耐震補強工事中ですが、また営業を再開されるということです。

■ほとんどが入れ替わった商店街のお店
ほとんどが入れ替わった商店街のお店

その他、ほとんどの店舗が入れ替わっていまして、時の流れを感じます。
これからまた60年後、法政通り商店街はどのような姿になっているでしょうか。

■法政通り商店街 1958年の絵図で確認できた店舗一覧
店名 業種
有楽座 映画館
中村雑貨店 雑貨店
大野屋 料亭
とみをか 靴店
三富商事 不動産
フミ美容院 美容室
ボンヌ 喫茶店
江戸銀 寿司店
丸美 理髪店
泉心庵 和菓子店
ほりうち 履物店
今井 万年筆・文具店
横山 氷菓店
松本 電気店
武笠 精肉店
丸鈴 ふとん店
越後屋 そば
工都ラジオ ラジオ店
工都衣料店 衣料品店
村瀬 銅工
小鳥店
ゑびす屋 カシ店
浅田建具店 建具店
たつみランドリ クリーニング店
山下商店 鋼鉄商
ナガラ カメラ
まるみ屋 クツ店
五才石 食堂
富士見堂 薬局
鶴ノ湯 銭湯

なお、チラシの店舗名は、Googleで検索をしてもほとんど情報が出てきませんでした。

今後ウェブで昔の情報を求める方がいらした場合、本エントリのチラシに到達できるよう、上記の通り店舗一覧を掲載しておきます。

このような情報のアーカイブも、本サイトのひとつの役割であろうと考えております。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:和菓子 泉心庵
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:不動産 三富商事
2014/4/19エントリ 法政通り商店街に「シャチハタタワー武蔵小杉」が登場
2017/6/29エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の、昔のフロアガイドを発掘。「らーめんにほんばし」「高島屋クリーニング」など今はなき店舗が多数

Comment(0)

2017年
10月10日

「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」の低層部商業・業務施設がお目見え、10月23日(月)深夜に南武沿線道路を跨ぐデッキ接続工事を実施へ

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉北口地区の「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」の工事が進み、「川崎市コンベンションホール」を含む低層部の商業・業務施設の外観が仕上がってきました。

「タワーズイースト」と「タワーズウエスト」の間のデッキに続いて、10月23日(月)深夜には「ホテル・ザ・エルシィ」跡地との間のデッキを接続する工事が行われます。

また北側の道路拡幅が進み、車道・歩道の一部が供用開始になっていますので、本エントリでそれぞれご紹介してまいりたいと思います。

■パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン
パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン 

「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」は、JX日鉱日石エネルギー社宅跡地に三井不動産レジデンシャル・JX日鉱日石不動産が開発を進めるツインタワーです。

低層部には商業・業務施設、「川崎市コンベンションホールを整備するとともに、周辺の道路・歩道の拡幅を行っています。

■「タワーズイースト」の「川崎市コンベンションホール」(2階)
「タワーズイースト」の「川崎市コンベンションホール」

ツインタワーのうち、1年早く2018年3月に竣工するのが「タワーズイースト」です。

その2階部分には、「川崎市コンベンションホール」が2018年4月に入居することになっており、すでに一部施設予約がスタートしています。

これまで仮囲いに覆われていた建物躯体が、歩道からも見えるようになりました。

■北側の歩道
北側の歩道 

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン北側の道路 

再開発地区の北側には大西学園中学校・高等学校などが面しています。

上記写真の歩道沿いに見えるのがその校舎の塀で、塀から排水溝までのごくごく狭い部分のみが先行して歩道として供用されていました。

今回、その歩道が先行部分の4倍ほどに拡張された形になり、ガードパイプも設置されました。

再開発ビルに面した歩道南側は、まだ工事中です。

大西学園中学校・高等学校の新校舎
 大西学園中学校・高等学校の新校舎

大西学園中学校・高等学校の新校舎は2016年4月に供用開始となりました。

当時お伝えした通り、写真右側の正門前もかなり広い歩道が確保されています。
通学する生徒の安全を考えますと、これは重要な部分でしょう。

■タワーズイーストとエルシィ跡地のデッキ接続部
タワーズイーストとエルシィ跡地のデッキ接続部

これまでにお伝えしてきた通り、「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」と、ホテル・ザ・エルシィ跡地はペデストリアンデッキで接続されます。

その接続部が、ご覧の通り出来上がってきました。

■デッキがまたぐ交差点
デッキがまたぐ交差点

デッキがまたくのは、このケンタッキーフライドチキンの交差点です。

写真左のエルシィ跡地と、右のタワーズイーストがデッキでつながり、交差点を斜めにまたぐ形になります。

■エルシィ跡地に準備されたデッキ
エルシィ跡地に準備されたデッキ

エルシィ跡地に準備されたデッキ

ホテル・ザ・エルシィ跡地を見てみると、すでにパーツとして完成したペデストリアンデッキが安置してありました。

このデッキをクレーンで吊り上げて、先ほどの交差点に設置するというわけです。

■ホテル・ザ・エルシィ跡地側の接続部
ホテル・ザ・エルシィ側の接続部

こちらは、ホテル・ザ・エルシィ跡地側の接続部です。

デッキを接続するだけでよい状態にすべく、準備が進められていました。

■夜間通行止め予告
夜間通行止め予告

南武沿線道路沿いには、歩道橋(デッキ)設置のための夜間通行止め予告が掲示されていました。

これによると、10月23日(月)の深夜1:30~4:30を通行止めとして、設置工事を行うということです。

当日、皆さんが起き出して通勤・通学されるころには、南武沿線道路に大きなデッキが設置完了しているという段取りです。

■ツインタワーの間のデッキ
ツインタワーの間のデッキ

これに先立って「タワーズイースト」「タワーズウエスト」の間には、同様にデッキが設置完了しています。

こちらはすでにお伝えした通りです。

今回設置されるデッキは南武沿線道路をまたぎますから、存在感もより大きいのではないでしょうか。

【関連リンク】
・ (パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン関連)
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅北口地区 JX日鉱日石エネルギー社宅地区
2015/3/12エントリ 武蔵小杉駅北口の複合施設「COSUGI VILLAGE」の「COSUGI CAFE」3月13日(金)オープン直前先行レポート
2015/4/3エントリ パークシティ武蔵小杉ザ ガーデン建設地から、光のエール「COSUGI TOWER OF LIGHT」が毎日5分間点灯中
2016/3/21エントリ 「パークシティ武蔵小杉ザ ガーデン」に川崎市が整備、1,000人規模コンベンションセンターのイメージパースと平面図
2016/5/4エントリ 「パークシティ武蔵小杉ザ ガーデン タワーズウエスト」発表、ツインタワー・一般開放される屋上庭園の等イメージパースを公開
2016/7/18エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」が20階超まで到達、PC工法で建設中
2016/12/9エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」の内部工事により、室内照明が点灯
2017/1/2エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト」の建物躯体立ち上がりと、ベデストリアンデッキの接続部
2016/8/9エントリ 三井不動産レジデンシャルがエルシィ跡地「(仮称)小杉駅北口地区開発計画」の概要を発表:170mタワー・3層程度の商業施設に文化交流施設等誘致、再開発ビル東西に広場を整備
2017/4/19エントリ ホテル・ザ・エルシィ跡地「システムパーク武蔵小杉駅前」が再開発事業の進捗により2017年4月23日(日)23時閉鎖へ
2017/8/4エントリ 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」「タワーズウエスト」を結ぶペデストリアンデッキの鉄骨が道路上に橋渡し、8月8日(火)まで夜間通行止めに
2017/8/29エントリ パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデンに2018年4月開館「川崎市コンベンションホール」がウェブサイトを開設、市民に割引料金を適用し利用受付スタート

(大西学園関連)
大西学園 ウェブサイト
2011/12/23エントリ 大西学園中学・高等学校の建替え工事が竹中工務店に決定、2015年4月供用開始へ
2013/9/13エントリ 大西学園中・高建替工事が2014年4月着工・2016年2月竣工へ
2015/11/27エントリ 武蔵小杉駅北口地区:大西学園中学校・高等学校の新校舎がお目見え、2016年度から供用開始へ
2016/4/12エントリ 2016年4月より同時に新校舎供用開始、両校男女共学となった法政二中・高と大西学園中・高の新学期スタート

(日本医科大学武蔵小杉病院関連)
川崎市教育委員会 小杉駅周辺地区における小学校の新設について
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅北部地区
2013/1/25エントリ 日本医科大学武蔵小杉病院の移転跡地に都市型住宅・福祉・商業の高層ビル2棟を誘導へ
2014/2/15エントリ 日本医科大学武蔵小杉病院跡地に三菱地所レジデンスが180mツインタワー・商業施設を建設へ
2014/9/7エントリ 川崎市が「日本医科大学武蔵小杉再開発計画」に関するアンケート結果を発表
2015/3/30エントリ 日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発の環境アセスメントが開始、三菱地所レジデンスによる180m・50階建てツインタワー計画が具体化
2015/7/22エントリ 川崎市が日本医科大学武蔵小杉病院再開発への「地域包括ケアシステム」導入方針を発表、同病院が権利床を川崎市に寄附へ
2015/12/3エントリ 日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画のイメージパースが公表、武蔵小杉再開発の最終景観がフォトモンタージュに
2016/3/23エントリ 川崎市が日本医科大学跡地の新設小学校の建築計画を発表、体育館屋上にグラウンドを整備し5階建て校舎とバルコニーで接続
2016/11/21エントリ 日本医科大学跡地「武蔵小杉駅周辺地区新設小学校」の学校名募集が本日スタート:川崎市教育委員会が12月27日まで受付、2017年度中に正式決定へ
2016/12/1エントリ 2019年度開校「武蔵小杉駅周辺地区新設小学校」の新学区4案が発表、西丸子小・中原小・上丸子小・今井小が学区変更対象候補に。2017年度中に学区決定へ
2017/2/26エントリ 日本医科大学新丸子キャンパスの解体がほぼ完了、仮囲いが撤去され新設小学校・公園建設予定の約13,000平米の更地がお目見え
2017/3/3エントリ 「(仮称)小杉駅周辺地区新設小学校」の名称公募結果が発表:「小杉小学校」が最多応募、「こすぎ小学校」「杉の子小学校」が続く/教室は壁を作らずオープンスペースと一体化
2017/3/7エントリ 「(仮称)小杉駅周辺地区新設小学校」の通学区案が新たに4案提示、いずれも既存住宅街の対象範囲縮小・小杉町3丁目はタワーマンションのみが対象に
2017/5/7エントリ 武蔵小杉駅周辺地区新設小学校の学区が2案に絞り込み、既存住宅街への影響を抑制/名称は「小杉小学校」「こすぎ小学校」が最終候補に

Comment(4)

2017年
10月09日

府中街道拡幅・市ノ坪交差点北側の商業・住宅複合ビル建替え2棟のひとつ「SOARS」がお目見え、1~2階が店舗区画に

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉周辺では、かねてから府中街道の拡幅事業が進められています。
拡幅区間のうち、市ノ坪交差点以南(東横化学前まで)の区間は拡幅が完了しまして、本サイトでもお伝えしておりました。

現在はこれに続いて、市ノ坪交差点以北の用地取得が進められて、立ち退きが行われる一方で一部沿道の建物の建て替えが行われています。
このたび、市ノ坪交差点近くで建設が進められていた商業・住宅複合ビルがほぼ完成し、外観がお目見えしましたので、ご紹介します。

■市ノ坪交差点北側エリア
市ノ坪交差点北側エリア

市ノ坪交差点は、府中街道と綱島街道が交差する大きな交差点です。

綱島街道は先行して拡幅が進んでおり、府中街道についてもこの交差点の接続部の短い区間についてはすでに拡幅が完了しています。

その際に写真手前の「田辺自転車商会」は建て替えが行われ、その奥、旧リンガーハット跡地は拡幅の代替地として提供されて商業・住宅複合ビルが2棟建つことになりました。

■南側のビル「SOARS」
南側のビル「SOARS」

■1~2階のテナント区画
南側のビル「SOARS」

2棟のうち、先行してお目見えしたのが南側のビル「SOARS」です。

「SOARS」は8階建てで、1~2階がテナント区画になっています。
先日まで、仮囲いにテナント募集の掲示が出ていました。

その上部、3~8階までが賃貸マンションです。
賃貸募集が行われ、現在は見学会が実施されているところでした。

■「SOARS」の事業計画の公示
「SOARS」の事業計画の公示
※画像の一部を加工して文字を抹消しています。

なお、「SOARS」で公示されている事業計画を参照すると、事業主が「むさし野」であることがわかります。

「むさし野」はここからもう少し北側で営業をしていたうなぎ屋で、府中街道拡幅のために2016年12月25日に閉店をしました。
拡幅の代替地として提供されたのが、「SOARS」の土地だったのではないかと思います。

■2016年12月25日に閉店した「むさし野」
2016年12月25日に閉店した「むさし野」

「むさし野」は、昭和初期にあった両国の相撲部屋「小野川部屋」を移築して開業したお店です。
閉店後もまだそのまま残っていますが、「SOARS」も完成したことで、いずれは解体されることになるでしょう。

■もう1棟の建設中ビル
もう1棟の建設中ビル

■テナント募集中のお知らせ
テナント募集中のお知らせ

そして「SOARS」の隣には、もう1棟のビルが建設中です。
こちらも同様に店舗と住宅の複合ビルですが、まだ防護シートに覆われて建物の姿は見えません。

1階部分の仮囲いには、テナント募集中のお知らせが掲示されています。

■もう1棟の事業計画のお知らせ
もう1棟の事業計画のお知らせ
※画像の一部を加工して文字を抹消しています。

こちらのビルは、個人の方が事業主となっています。
おそらくは「SOARS」同様に、拡幅の代替地として提供されたものと思います。


道路拡幅をすると、長い年月をかけて集積されてきた商業機能がいったんクリアされてしまいます。
ただ今のところ、新たに建設されるビルもそれぞれ低層部は商業区画になっていまして、路面には何らかのお店が並ぶことになりそうです。

この向かい側のビル「Prima SK武蔵小杉」には話題のパンケーキ店「3 STARS PANCAKE」なども出店してきていますし、また新しい風を呼び込むこともあるかもしれませんね。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:その他関連情報 府中街道
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:カフェ 3 STARS PANCAKE
2012/3/1エントリ さよなら、リンガーハット川崎武蔵小杉店
2012/8/11エントリ 府中街道の中華料理店「かんちゃん」閉店、 府中街道拡幅用地の取得進む
2015/5/25エントリ 府中街道拡幅により安いステーキ「エル・アミーゴ」が閉店、50年の歴史に幕
2015/8/24エントリ 武蔵小杉「吉岡時計店」の、3万分の1の 跡。オスの三毛猫「ジロー君」と、「ミケタン」
2016/12/7エントリ 府中街道拡幅区間に残る、「黒焼き」のうなぎ専門店。相撲部屋を移築した「むさし野」
2017/1/6エントリ 市ノ坪交差点付近「Prima SK 武蔵小杉」2階に、ふんわりとろけるパンケーキ専門店「3 STARS PANCAKE」がオープン
2017/1/8エントリ 相撲部屋を移築した「黒焼き」のうなぎ専門店「むさし野」が、府中街道拡幅のため閉店
2017/6/16エントリ 武蔵小杉のふんわりとろけるパンケーキ専門店「3 STARS PANCAKE」続報:「大人のためのチョコレート」「ココナッツハニー」「2種のバナナキャラメリゼ」をご紹介

Comment(0)

2017年
10月08日

川崎市ラグビースクールが「川崎市体育の日記念行事 親子ラグビー教室」を明日10月9日(月祝)開催、等々力陸上補助競技場にて当日参加を募集

【Reporter:はつしも】

2017年10月9日(月祝)は、「体育の日」です。

この日にあわせて、川崎市市民・こども局 市民スポーツ室はさまざまなスポーツ推進事業を展開しています。
そのうち等々力緑地では、川崎市ラグビーフットボール協会による「親子ラグビー教室」が開催されますので、お知らせします。

■昨年の「親子ラグビー教室」
昨年の「親子ラグビー教室」
※川崎市ラグビースクール ウェブサイトより

■「親子ラグビー教室」の開催概要
日時 2017年10月9日(月祝)9:30~12:30(※9:00より受付)
※雨天時の開催情報は川崎市ラグビースクールのfacebookページ(後記)でお知らせします。
会場 等々力緑地 等々力陸上補助競技場
※アクセスは川崎市ラグビースクールのウェブサイト(後記)をご参照ください。
服装、飲料など 運動しやすい靴やシャツ等でご参加ください。また、飲料は各自でご準備ください。
参加資格等 ●参加費無料
●川崎市およびその近隣に在住、在学、在勤の方等、およびそのお子様、ご家族。男の子、女の子のいずれも参加大歓迎です(小学生以下。未就学のお子様も参加歓迎)
事前申込 不要です。当日、直接会場にお越しください。
その他 ●行き帰りの安全のため、小学校中学年以下のお子様にはお父様、お母様のいずれかは付き添って頂けますようお願いいたします。
●セーフティスタッフを配置しますので、万が一怪我をされた場合には会場係員にご連絡願います。怪我をするほどの激しい内容は行いませんが、原則として自己責任でご対応願います。 お父さま、お母さまもご一緒にどうぞ!!
主催 川崎市市民・こども局 市民スポーツ室
「親子ラグビー教室」事務局 川崎市ラグビーフットボール協会
Web ●川崎市ラグビースクール ウェブサイト
●川崎市ラグビースクール facebookページ
※雨天時の開催情報は、facebookページでお知らせします。

■「親子ラグビー教室」の詳細プログラム
1.基本が大事‼スキル練習 「パスをする」「ボールを持って走る」「当たる」の練習を行います。 川崎市ラグビーフットボール協会が主宰する川崎市ラグビースクール(川崎市が後援)の指導員が楽しくわかりやすく教えます。 「当たる」はクッションバッグを利用し、タックルを含みません。
2.ぶあつい守りを突破しろ‼キレキレステップコンテスト‼ ブルドックと呼ぶ練習メニューを体験していただきます。 ラグビーの基本スキルであるステップをつかって、敵をかわしゴールまで進むゲームです。
3.熱闘‼親子マッチ お子様チームと親チームで分かれてラグビーの試合を行います。親チームにはお父様、お母様いずれも参加可能です。 試合はお子様の学年ごとに分かれ、タックルのないタッチフットで行います。 ルールの簡単なご説明はいたします(当日は印刷物のルール解説も準備します)親子で同じボールを追うことで、きっとご家庭の中でも共通の話題が生まれるとともに、お父様お母様にはお子様の成長を実感できる機会となるでしょう。
4.その他 ●ラグビーボールを使って遊べるコーナー
●フリーマーケット(主にお子様向けラグビー用品中古品)

「川崎市ラグビースクール」は、川崎市ラグビーフットボール協会の主催により、42年間にわたって活動を続けている老舗スクールです。

幼児から中学3年生までを対象とし、現在の在籍者は150名、これまでに約5,000人の卒業生を送り出してきました。

その運営にあたっては川崎市教育委員会の後援を受け、またコーチ・ボランティアによって運営されています。

■「川崎市ラグビースクール」facebookページ


「川崎市ラグビースクール」の普段の練習風景や、「親子ラグビー教室」の過去の開催風景については、同スクールのウェブサイトやfacebookページに掲載されていますので、どうぞご参照ください。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:タウンガイド:各種スクール 川崎市ラグビースクール
2017/4/14エントリ 川崎市ラグビースクールが等々力第2サッカー場で「初めてのラグビー一斉体験会」を4月16日(日)開催、男女問わず幼児から中学生まで参加者を歓迎

Comment(0)

2017年
10月07日

慶應義塾大学理工学部「第18回矢上祭」が10月7日(土)・8日(日)開催:子どもが楽しめるサイエンス企画満載、明日8日はロボコンや花火大会も実施

【Reporter:はつしも】

本日10月7日(土)と明日8日(日)の2日間にわたって、慶應義塾大学矢上キャンパスにおいて同大学理工学部の学園祭「第18回矢上祭」が開催されています。

本日は初日の開催レポートを、お届けしたいと思います。

■慶應義塾大学矢上キャンパスの入口
慶應義塾大学矢上キャンパスの入口

慶應義塾大学矢上キャンパスは、横浜市港北区日吉3丁目にある理工学部のキャンパスです。
日吉キャンパスよりも南側の、矢上川近くに位置しています。

元住吉方面から向かう場合、綱島街道を南下し、日吉駅への坂道を登る前に矢上川を渡った先で左折
することになります。

毎年10月に開催されている「矢上祭」は、理工学部・理工学研究科に所属する塾生を中心として、勉学やサークル活動の枠にとどまらず、広く父兄や地域住民の皆さんとの交流の場として運営されています。

■「ロボット技術研究会」のロボット
ロボット技術研究会のロボット

「矢上祭」は、理工学部らしく「理系」の企画がたいへん充実しています。
こちらはロボット技術研究会のロボットです。

8日(日)12:15~15:45には、ロボット同士が熱い戦いを繰り広げる「ロボコン」も開催されますので、明日はこちらも目玉となります。

■「やがみ科学館」のスライムづくり
スライムづくり

スライムづくり

体育館では「やがみ科学館」と題して、さまざまな科学体験が行われていました。
こちらはスライムづくりです。

色のついた液体を選択のりと混ぜ合わせていくことで、スライムができます。

■巨大シャボン玉で記念撮影
巨大シャボン玉で記念撮影

こちも「やがみ科学館」の企画のひとつで、巨大シャボン玉です。
足元からシャボン玉づくりの大きな輪を持ち上げることで、シャボン玉の中に入ることができます。

■「水ロケットを飛ばそう!教室」
水ロケットを飛ばそう!教室 

続いて、こちらは本日7日のみ開催された「水ロケットを飛ばそう!教室」です。

一人ずつオリジナルの水ロケットを作って、いざ、発射です。

■発射!
発射!

ふたりずつ順番に発射!です。

グラウンドの奥まで、勢いよく飛ぶロケットに歓声があがりました。

■ストラックアウト
ストラックアウト

キックターゲット

グラウンドではこのほか、ストラックアウトやキックターゲット、射的、輪投げ、ヨーヨー釣りなど、お子さんが楽しめる催しが多数用意されていました。

■「超電子工学研究会」Wiiリモコンを使ったオリジナルゲーム
「超電子工学研究会」Wiiリモコンを使ったオリジナルゲーム

キャンパスの教室に入りまして、「超電子工学研究会」のオリジナルゲームです。

Wiiリモコンを使ったシューティングゲームでした。
操作性などはもちろん商用のゲームのようにはいきませんが、皆さん楽しく遊んでいました。

■「KCS::Computer Society」のVRゲーム
「KCS::Computer Society」VRゲーム

また別サークルの「KCS::Computer Society」では、VRゲームを用意していました。

こちらは12歳以上限定となりますので、あらかじめご了承ください。

■自転車発電
自転車発電

これは自転車による発電体験です。

発電機を回すために結構ペダルが重いですので、回り始めるまで小学校低学年のお子さんですと苦戦するかもしれません。

■トリックアート
トリックアート

トリックアート

矢上祭実行委員会によるトリックアートです。
実際には平面なのですが、ある地点から見ることで立体に感じられたりします。

とくにカメラを通してみると、効果がはっきりするということでした。

■ラジコンサーキット
ラジコンサーキット

続いて、ラジコンサーキットでも遊んでみました。

走らせるのは非常にパワフルなラジコンカーで、かなりスピードが出ます。
ラジコンをお持ちのお子さんでも、スロープで飛んだり壁にぶつかってはねたり、新鮮に楽しめるのではないでしょうか。

■「慶應義塾大学鉄道研究会」鉄道ジオラマ
「慶應義塾大学鉄道研究会」鉄道ジオラマ

鉄道ジオラマ

「慶應義塾大学鉄道研究会」は、鉄道ジオラマを展開していました。

1934年に設立された、慶應義塾大学の中でもきわめて長い歴史を有するサークルのひとつです。

■名物「お化け屋敷」
名物「お化け屋敷」

名物「お化け屋敷」

そしてこちらが、「矢上祭」の人気企画「お化け屋敷」です。
受付開始時間が近づくと、子どもたちの行列ができていました。

最初にプロローグのビデオを視聴して、お化け屋敷に1組ずつ案内されていきます。

…内容はネタバレになりますのでここでは控えますが、これはなかなか出来が良くて「怖い」です。
つまりは楽しめるということで、地域の子どもたちに人気なのも頷けます。

もちろん危険等はありませんので、ドキドキしながら行ってみましょう。

■ステージイベント「高校生クイズ」
ステージイベント「高校生クイズ」

■模擬店
模擬店

「矢上祭」には、もちろん学園祭らしいステージイベントや、「理系美人」コンテスト(男女部門あり)、模擬店などもあります。

ステージではこのとき、慶應・早稲田・開成対抗での「高校生クイズ」イベントが開催されていました。

さらにはより学術的な研究室ツアーや、パネル展示などもあります。

「矢上祭」を一通り見てみると「理工学部」の特性も活かしつつ、小中学生が楽しめる、興味を持つような企画がたいへん多く、実際に周辺地域からのご家族の来場者が非常に多かったのが印象的でした。

学園祭というと同年代の若者たちで盛り上がるイメージもありますが、極端に言えば「慶應義塾大学子どもフェスタ」というサブタイトルがついていても全く違和感がないように思います。

また矢上キャンパスは日吉駅前のキャンパスから外れた矢上川沿いにあることもあってか、学園祭としてはあまり混雑していませんでした。

喧噪や極端な混雑もなく、家族連れでまったり回ることができるのも魅力です。

「矢上祭」は、明日10月8日(日)10:00~19:00も開催されます。
ラスト10分には花火も実施されますので、この機会に武蔵小杉エリアから足を伸ばしてみるのもよいでしょう。

イベント詳細は、関連リンクからご参照くださいね。

■慶應義塾大学矢上キャンパスのマップ

 
【関連リンク】
慶應義塾大学「第18回矢上祭」ウェブサイト
慶應義塾大学 理工学部
2008/11/8エントリ 陸の王者、武蔵小杉の空を飛ぶ
2016/7/29エントリ 慶應義塾大学日吉キャンパスから見る、武蔵小杉の高層ビル群と井田病院
2016/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(11):慶應義塾大学「Joint」代表、コスギフェスタ2016の地域運動会「コスギんピック」発起人・大和田樹さん
2017/7/15エントリ 等々力陸上競技場で「早慶クラシコ 早慶サッカー定期戦」が開催、早稲田大学が男子6連勝、女子無敗を守る

Comment(0)

2017年
10月06日

小杉町3丁目東地区再開発で立ち退き「TSUTAYA小杉店」が仮設店舗で本日オープン、レンタルコミックを取り扱い開始

【Reporter:はつしも】

本日、「TSUTAYA小杉店」が隣接の仮設店舗に移転オープンしました。
仮設店舗は2階建てで、1階がレンタルコミックとCD、2階がレンタルビデオのスペースとなっています。

■小杉町3丁目東地区の「TSUTAYA小杉店」
小杉町3丁目東地区の「TSUTAYA小杉店」

小杉町3丁目東地区の「TSUTAYA小杉店」

現在、武蔵小杉東急スクエアの西側において「小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業」が進められています。
この事業の進捗に伴い既存構築物の解体が進められていまして、「TSUTAYA小杉店」も2017年9月19日より移転のための休業期間に入っていました。

移転をしたのはレンタルビデオのみで、書籍・文具を取り扱っていた「中原ブックランドTSUTAYA小杉店」は、9月24日をもって閉店となっています。

■「TSUTAYA」の看板ライトアップ
「TSUTAYA」の看板ライトアップ

従来の店舗は「TSUTAYA」の看板が電光式になっていましたが、仮設店舗は簡易なライトアップになっています。
2020年3月頃までの一時的な店舗ですから、十分なつくりでしょう。

■1階のレンタルコミックとCD
1階のレンタルコミックとCD

■2階のレンタルビデオ
2階のレンタルコミック

仮設店舗とはいいながら、「TSUTAYA小杉店」は従来店舗に比べてメニューが新設されている部分があります。
冒頭に申しあげた、「レンタルコミック」です。

各種ジャンルのコミック作品が揃えられ、2泊3日80円、7泊8日100円で借りることができます。

これは中原区では武蔵中原店にはありませんが、新丸子店、元住吉店においてはすでに取り入れられていたメニューです。

■セルフレジ
セルフレジ

また仮設店舗には、通常のレジとあわせてセルフレジが2機、用意されていました。
通常レジが行列になっている場合は、こちらもおすすめです。
 
■返却ポスト(写真は開店前)
返却ポスト

返却ポストは、歩道に面した場所にあります。
従来の店舗ではやや奥まったところにありましたが、通りがけに返却しやすくなったかもしれません。

もっとも、従来店舗に比べるとここは日常的なショッピング導線からは離れていまして、普段は人通りの多い場所ではありません。
1階の中原ブックランドもなくなりましたから、ふらりと通りかかるというよりは、「TSUTAYAに行く」という明確な意思を持った方が訪問する感じになりそうですね。

■旧「TSUTAYA小杉店」
中原ブックランドTSUTAYA小杉店 

小杉町3丁目東地区の再開発事業にあたっては、従来の既存店舗の中でもとりわけ「TSUTAYA」の行方が心配されていました。
それだけ利用者が幅広いということかと思いますが、このような形で仮設店舗で存続することとなり、一安心された方も多いのではないでしょうか。

「中原ブックランド」は残念ながら閉店となりましたけれども、これによりTSUTAYAの建物が完全に空いたかたちになります。

今後周辺の既存構築物と共に、解体工事が遠からず着手されるものと思います。

【関連リンク】
TSUTAYAウェブサイト TSUTAYA小杉店
小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発組合 ウェブサイト
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉町3丁目地区 東地区
2015/4/8エントリ 小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業の組合設立認可と、商業・業務・公共公益施設の概要
2016/12/14エントリ 小杉町3丁目東地区再開発で相次ぐ、既存店舗等の立ち退き。2016年3月末で「小杉こども文化センター」が閉館、2月17日に児童向け説明会を開催へ
2016/2/25エントリ 川崎市が「小杉こども文化センター」建替えで方針転換、中原区役所に当面代替施設を用意・再開発地区内にプレハブ施設を整備へ
2016/3/10エントリ 小杉町3丁目東地区再開発:旧中原図書館の暫定バイク駐車場が6月末閉鎖、再開発地区内の移転進む
2016/6/6エントリ 「小杉こども文化センター」代替施設が中原区役所敷地内に6月1日暫定開設、小杉町3丁目東地区再開発地区内に整備する仮施設に同施設や「メガネのオーサカ」が移転へ
2016/7/4エントリ 小杉町3丁目東地区再開発:「川崎信金武蔵小杉支店」が2016年10月11日府中街道沿いに移転決定、旧中原図書館のバイク駐車場が6月末で閉鎖完了
2016/9/6エントリ 大野屋前の「旧第一勧業銀行」跡地を「みずほ銀行武蔵小杉支店」として再整備、小杉町3丁目東地区再開発により現店舗から移転へ
2016/9/22エントリ 小杉町3丁目東地区の「ダイソー マルエツ小杉店」が10月12日(水)閉店決定、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店4階にダイソー新店が10月28日(金)オープンへ
2016/9/23エントリ 小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業の権利変換計画を川崎市が本日認可、商業・業務・公共施設4フロア・24区画の平面図が公示
2016/10/11エントリ 小杉町3丁目東地区:川崎信用金庫武蔵小杉支店が本日仮店舗に移転、みずほ銀行武蔵小杉支店が2017年2月6日「旧第一勧銀」仮店舗に移転決定
2016/10/28エントリ 「ダイソーイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店」本日オープン、220坪で旧店舗の9割以上の売場面積を確保/新星堂に続き中原ブックランドイトーヨーカドー店閉店
2016/11/7エントリ 小杉町3丁目東地区再開発:建物解体により11月15日から2020年3月まで車両通行止め、メガネのオーサカ・中国料理一番が2019年秋頃まで現店舗で営業継続
2016/11/18エントリ 小杉町3丁目東地区の既存構築物解体工事着手、地区内の道路が2020年3月下旬まで通行止め開始
2017/2/6エントリ 「みずほ銀行武蔵小杉支店」が旧第一勧業銀行跡地に本日移転、支店前には駐輪場を整備
2017/6/24エントリ 小杉町3丁目東地区再開発:こすぎコアパーク前の仮設店舗建設工事が着手、「TSUTAYA小杉店」が入居を予定。既存構築物の解体進む
2017/9/6エントリ 武蔵小杉の「TSUTAYA」が立ち退き。1階「中原ブックランド」9月24日(日)頃閉店、2階「TSUTAYA小杉店」9月19日(火)より休業・10月6日(金)隣接の仮設店舗に移転オープン
2017/9/24エントリ 「中原ブックランドTSUTAYA小杉店」「ポッポ武蔵小杉店」が本日閉店、レンタルビデオ「TSUTAYA」は10月6日(金)移転オープンに向け準備進む

Comment(0)

2017年
10月05日

「ニッポンレンタカー中原区役所前営業所」が府中街道拡幅のために一時閉鎖、用地提供の上11月10日(金)再オープンへ

【Reporter:はつしも】

府中街道沿いの「ニッポンレンタカー中原区役所前営業所」が、府中街道拡幅のために2017年9月18日をもって一時閉鎖となりました。

すでに建物の取り壊しが行われ、府中街道拡幅用地を提供した上で改めて営業所が作り直されます。

営業所の再オープンは、11月10日(金)を予定しています。

■「ニッポンレンタカー中原区役所前営業所」(閉鎖前)
ニッポンレンタカー中原区役所前営業所

「ニッポンレンタカー中原区役所前営業所」は、その名前の通り中原区役所前にありました。

府中街道を挟んで向かい側にあり、敷地の半分ほどが府中街道の拡幅用地にかかっていたためにその部分のみの立ち退きが必要となったものです。

■閉鎖後の営業所
閉鎖後の営業所

閉鎖後の営業所

ご覧の通り、すでに従来の建物は取り壊されて更地になっています。

ここから拡幅用地を残して、奥にレンタカーの営業所を作り直すわけです。

■解体中の看板
解体中の看板

解体中の看板

営業所解体中には、取り外された看板が仮置きされていました。

実際に足元で見てみると、思ったよりも看板が大きいことがわかります。

これは現在はすでに撤去されていまして、建て直しの際には、また新しい看板が運ばれてくるのではないかと思います。

■休業のお知らせ
休業のお知らせ

周辺の営業所案内

現地には、営業所休業のお知らせと、周辺の営業所の案内が掲示されていました。

「中原区役所前営業所」は、11月中旬に再オープンを予定しています。

■「ニッポンレンタカー武蔵小杉駅北口営業所」
ニッポンレンタカー武蔵小杉駅北口営業所

■「ニッポンレンタカー武蔵小杉横須賀線口営業所」
ニッポンレンタカー武蔵小杉横須賀線口営業所

案内されているのは、東急線高架下の「武蔵小杉駅北口営業所」と、新駅ロータリー前の「武蔵小杉横須賀線口営業所」です。

このうち「武蔵小杉横須賀線口営業所」は、今から約1年前、2016年10月6日にオープンしたものです。

同店は実は建物の下に車輪がついており、自動車でけん引して「麹町営業所」から運ばれてきました。
かようにレンタカーの営業所というものは、手軽に出退店ができるようになっています。


レンタカーは予約により必要な車種が他の営業所等から運ばれてきますから、必ずしも各営業所に広い駐車場が必要というわけではありません。

今回敷地が狭くなる「中原区役所前営業所」も、残りの土地で十分営業は可能かと思います。

■トヨタレンタリース神奈川 武蔵小杉店
トヨタレンタリース神奈川武蔵小杉店 

なお、同じく府中街道沿いには、小杉御殿町交差点よりも北側に「トヨタレンタリース神奈川 武蔵小杉店」も営業をしています。

こちらもいずれは、拡幅のための用地提供が必要となる見込みです。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:その他 府中街道拡幅
2016/9/10エントリ 武蔵小杉新駅前「タイムズ武蔵小杉第3」跡地に「ニッポンレンタカー」が出店へ、リッチモンドホテル隣に10/15オープン「トヨタレンタリース」と競合
2016/10/20エントリ 「ニッポンレンタカー武蔵小杉横須賀線口営業所」「トヨタレンタリース神奈川武蔵小杉駅前店」オープン、ニッポンレンタカーの建物は車両タイプの移動式

Comment(1)

2017年
10月04日

小杉こども文化センター代替施設「小杉っこスペース」が中原区役所から府中街道拡幅遊休地に移転、遊戯室・図書室を備え拡張オープン

【Reporter:はつしも】

再開発によって立ち退きとなった「小杉こども文化センター」の代替施設「小杉っこスペース」が、中原区役所敷地内から府中街道沿いの拡幅予定地に2017年10月1日に移転オープンしました。

新施設は2階建てで、遊戯室や図書室が設置されるなど従来よりも拡張されています。

■「小杉っこスペース」移転オープンのお知らせ
移転のお知らせ

■府中街道沿いに移転した「小杉っこスペース」
府中街道沿いに移転した「小杉っこスペース」

小杉っこスペース

小杉町3丁目にあった「小杉こども文化センター」は、小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業の進捗により、立ち退きを余儀なくされました。
同施設は新たに建設される再開発ビルに入居することが決定していますが、同ビルの完成は2020年3月であり、当初の計画ではその間は長期休館となる前提でした。

しかしながら、利用者から暫定施設の設置を求める声が多く寄せられたことから、川崎市が暫定的に設置を行ったのが「小杉っこスペース」です。

「小杉っこスペース」の設置場所はいろいろと紆余曲折もありまして、当初は小杉町3丁目東地区内の「仮設店舗」(TSUTAYA小杉店仮店舗が入居)内に移転する話が浮上していました。
ところがこれは立ち消えとなり、結果としては中原区役所敷地内の建物に2016年6月1日にオープンしました。

もっとも中原区役所敷地内の暫定施設は、面積が狭く、時間帯ごとに利用年齢層を分けるなど制約の多い運営となりました。
そうした中、拡幅完了まで長期的に塩漬けの状態が続くことが確実な府中街道の拡幅用地(総合自治会館隣)が移転候補先として浮上し、このたび移転オープンの運びとなったものです。

■入口の看板
入口の看板

「小杉こども文化センター」は、川崎市議会で一時的な廃止が決議されているため、細かいことをいえば「小杉っこスペース」は「小杉こども文化センター」そのものではなく、代替施設です。

正式には「小杉地区子ども・子育て支援推進事業」という名称がありまして、入口の看板にも書かれていました。

■スロープ
スロープ

■階段裏のベビーカー置場
階段裏のベビーカー置場

階段裏のベビーカー置場

新しい「小杉っこスペース」は、入口にはスロープが設置されており、また階段裏にはベビーカー置場もあります。
小規模ではありますが、前述の遊戯室や図書室の新設など、従来の代替施設よりは拡張されているかと思います。

目の前が交通量の多い府中街道で、歩道も狭いですから、小さいお子さんを連れての通行は安全に留意する必要がありそうです。
裏手の二ヶ領用水側からもアクセスできますから、そちらを通行された方が良いかもしれません。

■従来の暫定施設があった中原区役所敷地内の建物
従来の暫定施設があった中原区役所敷地内の建物

これまで暫定施設が置かれていた中原区役所敷地内の建物には、移転のお知らせが出ていました。

あまり華々しいPRが行われているわけではありませんから、知らずにこちらに来てしまう方もいらっしゃるでしょうね。

■10月の「小杉っこスペース」の予定
(乳幼児対象行事)

測定会 ●日時10月5日(木)・20日(金)10:00~11:30
●対象:乳幼児(3ヶ月~3歳ぐらいまで)
●申込:なし
※小杉っこスペース作成の測定カードをお持ちの方は持参してください。
手形をとろう ●日時:10月10日(火)10:00~11:30
●対象:乳幼児
●申込:なし
※手形をとって成長の記念にしてください。
いしちゃんの子育相談会 ●日時:10月12日(木)10:00~11:00
●対象:乳幼児親子
●定員・参加費・申込:なし
※ちょっとした育児相談や乳幼児の保護者同士で交流しましょう!
※みなさん、お気軽にお越しください。♪
小杉っこアート(ハロウィン) ●日時:10月26日(木)10:00~11:30
●対象:乳幼児親J子
●定員・参加費・申込:なし

(小学生・中学生対象行事)
ボードゲームで遊ぼう! ●日時:10月1日(日)~31日(火)10:00~17:00
●対象・定員・参加費・申込:なし
※キャプテンリノ/オバケだぞ~/穴掘りモグラ/ナンジャモンジャ/たっちやんげす/すすめコブタくん などなど、いろいろ準備しています。
間違いさがし ●日時:10月1日(日)~14日(土)10:00~17:00
●対象・定員・参加費・申込:なし
※いろいろな絵がありますよ、是非挑戦してみてね。そしてまちがいを全部見つけてね!
ハロウィンの飾りつけ ●日時:10月1日(日)~21日(土)10:00~17:00
●対象・定員・参加費・申込:なし
※10月31日ハロウィンに向けての飾りを皆さんでつくります。参加をまっています。

ご参考までに、「小杉っこスペース」の10月の催しは、上記の通りです。
今回の移転拡張を機会に、お子さんと行ってみるのも良いと思います。

■「小杉地区子ども・子育て支援推進事業 小杉っこスペース」の施設概要
●所在地:中原区小杉町3丁目(総合自治会館隣)
●実施時間:平日・土曜9:30~21:00/日曜・祝日9:30~18:00
●利用対象者:小学生(~18:00まで)、中学生・高校生、子育て中の親子など

■マップ



【関連リンク】
川崎市 小杉っこスペースが移転します
小杉町3丁目東地区市街地再開発組合
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉町3丁目地区 東地区
2013/1/31エントリ 小杉町3丁目東地区再開発ビルに小杉こども文化センターと総合自治会館が移転決定
2015/4/8エントリ 小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業の組合設立認可と、商業・業務・公共公益施設の概要
2015/7/29エントリ 小杉町3丁目東地区:川崎信金武蔵小杉支店が「64Cafe」前に仮設店舗で2016年7月以降移転へ
2016/12/14エントリ 小杉町3丁目東地区再開発で相次ぐ、既存店舗等の立ち退き。2016年3月末で「小杉こども文化センター」が閉館、2月17日に児童向け説明会を開催へ
2016/2/25エントリ 川崎市が「小杉こども文化センター」建替えで方針転換、中原区役所に当面代替施設を用意・再開発地区内にプレハブ施設を整備へ
2017/5/27エントリ 「小杉こども文化センター」代替施設「小杉っこスペース」が2017年10月頃に府中街道拡幅用地に移転へ、現施設よりも施設拡張を予定

Comment(1)