武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2011年
09月05日

苅宿小田中線 東横立体工区の踏切解消計画

hatsushimo.gif

関東労災病院の南側の東急線の踏切を立体交差にする事業
かねてより計画されています。先般コメントもいただきました通り、
既に事業用地は取得が完了しているようで、今後の工事着工を
待つばかりの状態になっています。

■川崎市 事業路線情報 苅宿小田中線 東横立体工区
http://www.city.kawasaki.jp/53/53gairo/home/
kariyado3/kariyado3.htm


■苅宿小田中線 東横立体工区
苅宿小田中線 東横立体工区

この道路は苅宿小田中線と呼ばれ、川崎市の道路整備プログラムに
おいて整備が予定れています。名前の通り苅宿から小田中を結ぶ
道路ですが、そのうち東急線と交差する部分は「東横立体工区」と
して、立体交差によって交通環境を改善する計画
となっています。

■苅宿小田中線 東横立体工区の事業計画
苅宿小田中線 東横立体工区の事業計画

■完成イメージ
完成イメージ

現地には事業計画の図面等が掲示されていまして、これを参照
すると、立体交差のイメージを理解することができます。
両側に歩道が設置された本線が中央を通り、これが東急線の
下をくぐることによって踏切が解消される計画です。

東急東横線・東急目黒線は高架化や地下化が進んでいますが、
この区域は目黒線の延伸に伴って、高架上が東横線・高架下が
目黒線という2層構造
になっています。
つまり、上記完成イメージのような立体交差にしない限りは、踏切が
解消できない
わけですね。

■苅宿小田中線 東横立体工区の事業用地
苅宿小田中線 東横立体工区の事業用地

■トヨタレンタリースの立ち退き跡
トヨタレンタリースの立ち退き跡

このため、東横立体工区内では既存の道路の両側が事業用地と
して確保されています。見る限り、事業用地の確保は完了している
ようで、立ち退き後の更地が残されていました。

この状態からしばらく動きが見えないようなのですが、川崎市の
道路整備プログラムによれば、この区間は平成26年度(2014年
度)までに完成を予定
しています。

■川崎市建設緑政局 川崎市の道路整備プログラム
http://www.city.kawasaki.jp/53/53doukei/home/
seibi_program/seibi_program.htm


鉄道と立体交差する道路となるとそれなりに工期がかかるはずで
すので、そのうち工事が始まってもおかしくないのでは・・・と思い
ますね。

中原区の道路事情は決して良好とは言えませんし、少しずつでも
改善されていくとよいと思います。

■立体交差が予定される踏切
立体交差が予定される踏切

【関連リンク】
2010/10/22エントリ 開かずの御幸踏切と、隣接の歩道橋

Comment(0)