武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2015年
11月13日

市民ミュージアムで「あそぼう!つくろう!アートツール・キャラバンin川崎」が11月14日(土)15日(日)開催

【Reporter:はつしも】

本日ふたつめのエントリです。

等々力緑地の市民ミュージアムにおいて、子どもの視覚・触覚・聴覚・嗅覚などの感覚を刺激し、造形あそびをする「あそぼう!つくろう!アートツール・キャラバンin川崎」が2015年11月14日(土)、15日(日)に開催されます。

■川崎市 「あそぼう!つくろう!アートツールキャラバン」を開催します。
http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000072137.html
■川崎市市民ミュージアム イベントアーカイブ
http://www.kawasaki-museum.jp/event/

「あそぼう!つくろう!アートツールキャラバンin川崎」」

「アートツール・キャラバン」は、横浜国立大学のAE(Art Education)ゼミのメンバーが、自分たちで開発したアートツールを提供して開催する造形ワークショップです。

同ゼミはこのワークショップを各地の学校や公園、美術館、商業施設などを回って展開していまして、市民ミュージアムでも2012年度から開催されています。

子どもやおとなが五感を使って、楽しみながら造形体験をすることができます。

■過去のアートツール・キャラバンの様子(※川崎市ウェブサイトより)
過去のアートツール・キャラバンの様子

過去のアートツール・キャラバンの様子

過去の「」アートツール・キャラバン

過去の「アートツール・キャラバン」の様子を見ると、詳細はわかりませんが見た目にユニークなツールが使われています。
一般のお店などには並んでいない、横浜国立大学の皆さんによるオリジナルツールを使っての造形体験は、なんだか楽しそうですね。

今回の「アートツール・キャラバンin川崎」では、大きく分けて「あそぶゾーン」「つくりだすゾーン」の2つが展開されます。
「あそぶゾーン」ではアートのおもちゃで思い切り遊ぶことができ、「つくりだすゾーン」ではさまざまな色や形のツールを組み合わせながら、造形ができるようです。

■アートツールが展開された「逍遥展示空間」(※川崎市ウェブサイトより)
アートツールが展開された「逍遥展示空間」

「アートツール・キャラバンin川崎」の会場となるのは、川崎市市民ミュージアム1階の「逍遥展示空間」です。
ここにさまざまなアートツールが展開され、皆さんで楽しむことができます。

■横浜国立大学 大泉義一研究室 アートツール・キャラバン
http://www7b.biglobe.ne.jp/~oizumi-labo/labo/wsc.html
■アートツール・キャラバン紹介(PDF)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~oizumi-labo/caravan.pdf

これらのアートツールを開発している横浜国立大学の「AEゼミ」は、子どもと教育、アートのつながりに関心をよせる学生・教師・地域の方々・研究者で構成される美術教育ゼミです。

同ゼミの中心となる大泉義一教授の研究室サイトに、「アートツール・キャラバン」の情報も掲載されていました。

■「アートツール・キャラバンin川崎」の開催概要
開催日時 2015年11月14日(土)・15日(日)14:00~16:00
会場 川崎市市民ミュージアム 逍遥展示空間
対象 幼児、小中学生、保護者
参加費 無料
事前申込 不要
内容 あそぶゾーン:アートのおもちゃで思いっきり遊ぼう!
つくりだすゾーン:色や形をさがして、つくりだしてみよう!
主催 川崎市市民ミュージアム スクールプログラム大学連携 横浜国立大学AEゼミ

本イベントは参加費無料、事前申し込みも不要です。

既存の娯楽施設、プレイスペースにお子さんを連れていくのとはまた違った体験ができると思いますので、この機会に「川崎市市民ミュージアム」を訪れてみてはいかがでしょうか。

■川崎市市民ミュージアム
市民ミュージアム

【関連リンク】
川崎市市民ミュージアム ウェブサイト
2015/10/22エントリ 川崎市市民ミュージアムでデジカメワークショップ「水面に自分を映してセルフポートレートを撮ってみよう」が10月24日開催

Comment(0)