武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2007年
11月17日

デリド武蔵小杉店オープン

hatsushimo.gif

かねてからご紹介してきた通り、本日、武蔵小杉再開発エリアの
レジデンス・ザ・武蔵小杉1Fに「デリド武蔵小杉店」がオープンしました。
初日ということで、お客さんも結構多かったのですが、富士シティオの
スタッフの方が非常にたくさんいらっしゃったのが印象的でした。

デリド武蔵小杉店外観

デリド武蔵小杉店の外観。オープンののぼりが立ち、お客さんをスタッフの方が
迎えています。

デリド武蔵小杉店 ポイントカード申込み

入り口のところでポイントカードの新規加入の特設カウンターが設けられて
いました。なお、デリド武蔵小杉店ではTSUTAYAのティーポイントが使えます。

デリド武蔵小杉店 オープンカフェ

デリドには、「デリドコーヒー」というものがあります。
淹れてから30分以内の状態で常に提供することを売りとしていて、150円と
手軽な値段でもあるのでお客さんが結構並んでいました。

デリド武蔵小杉店の外側の公開空地部分に座席が設置され、オープンカフェに
なっていました。

デリド武蔵小杉店 店内

デリド武蔵小杉店の外側から見た店内。店内は撮影禁止になっていますので
撮影は店外のみで行っています。売り場面積はそれほど大きくありませんが、
商品のラインナップは「全てを網羅するのではなくこだわるジャンルをちょっと
深く」という感じ。

これまで武蔵小杉周辺のスーパーではなかったようなちょっとした食材が置いて
あったりします。グレードとしては既存のスーパーに比べ高い方だと思います。

また、単身者をターゲットにした都市型スーパーということもあり、「小分けサイズ」
商品も多かったように思います。季節柄牡蠣も売っていましたが、牡蠣まで
1人用の小分けサイズになっていました。

全般的に価格は普通という感じでしょうか。特に安いということはありません。

デリド武蔵小杉店 駐輪

入り口のところで最初に気になったのは自転車の駐輪。デリド武蔵小杉店前の
歩道はレジデンス・ザ・武蔵小杉の公開空地であり、放置自転車は禁止に
なっています。

自転車等放置禁止区域

デリド武蔵小杉店への入り口近くの植え込みにも自転車等放置禁止区域の
掲示があります。

私は「自転車を停めるところはないはず・・・」ということで現地までは徒歩で
行ったのですが、写真のように駐輪されていたので富士シティオのスタッフの
方に聞いてみました。

「いえ・・・それがですね、今回はオープンということで許可をもらっていまして・・・、
基本的にはおっしゃる通り停められない場所なので、今後についてはどうするかと
いうところなんですが、ちょっと明確になっていない部分がありまして検討しないと
いけないのですが・・・」

大体こんな感じの答えをいただきまして、やや歯切れの悪い感じでした。
今後どうするか明確でないようですが、とりあえず現在の駐輪はオープン時
限定の許可によるものだそうですので、デリド武蔵小杉店の前は基本的に
駐輪場ではありません。利用者としては気をつけたいところです。

レジデンス・ザ・武蔵小杉前の横須賀線駅前広場には半地下で1,600台の
駐輪場が整備される予定
ですが、完成は2010年となる見込みですので、
当分現状が変わることはありません。

しかしそれなりの規模のスーパーが営業している以上、自転車の来客は
無秩序に結局来てしまうものと思われます。今回は臨時の許可ということ
ですが、しかるべき協議と調整によって駐輪スペースを限定的に認める、ただし
富士シティオが責任を持って秩序を保って整理する、というような処置が
現実的には必要かもしれません。

今更というか、オープンにいたるまでにクリアにしておくべき事項ではないかと
思いますけれど・・・。

デリド武蔵小杉店 パンフ

お店の入り口で配布されていたパンフレット。
店内の地図もありますので、初めて行かれる場合はもらっておくと
良いと思います。

また、富士シティオの公式サイトにデリド武蔵小杉店のページが
掲載されました。1ページだけですので、ほとんど情報はありませんが、
そのうち市ヶ谷店や平塚店のように増築されるのでしょうか。

長くなりましたが、内容としては買い物の選択肢が広がったという意味で
良いスーパーだったと思います。ちょっと距離的に離れている方でも、たまに
目先を変えて行ってみるといいのではないでしょうか。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅東部地区 A地区
富士シティオ 公式サイト

Comment(3)