武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2013年
11月18日

中原市民館「喫茶室いくおう中原」で、川崎パパ塾のミニ図書館「パパの本棚」運営中

 

中原市民館1階の「喫茶室いくおう中原」の一角に、「パパの本棚」というミニ図書館が運営されていました。

■「喫茶室いくおう中原」の入る中原市民館


■「喫茶室いくおう中原」の「パパの本棚」
 

この「パパの本棚」は、中原区の市民自主学級「川崎パパ塾」が運営しているものです。
「川崎パパ塾」では、父親の子育て参加や、相互のネットワーク作り、社会参加がしやすい環境づくりなどをテーマに活動をしています。

■パパ塾 公式サイト
http://kawasaki-papajyuku.blogspot.jp/
■パパ塾 パパの本棚プロジェクト
http://ameblo.jp/kawasakipapa/theme-10050387643.html

「パパの本棚」は、それらの一環として行われている活動で、地域社会にパパが参加する機会を提供することを目的としています。
各本棚にはメンテナンスを担当するパパがいらっしゃいまして、これをきっかけに、様々な地域社会の声に耳を傾け、地域で、自分の居場所と役割を見つけることを企図したものです。

■「パパの本棚」で提供されているリユース本


「パパの本棚」で提供されているのは、川崎市立図書館から除籍されたリユース本です。本にはそれぞれ、パパ塾のシールが貼られています。

ラインナップは、基本的にお子さん向けの絵本です。

■「パパの本棚」管理ノート


「パパの本棚」の本は、貸し出しも可能です。
この管理ノートの記入したうえで、本を持ち帰ることができるようになっています。

■「喫茶室いくおう中原」の客席
喫茶室いくおう中原

なお、「喫茶室いくおう中原」の客席は、同店でオーダーをしなくても利用することができます(その旨テーブルに明記されています)。
そのため、「パパの本棚」はミニ図書館的な環境にもなっています。

      ※      ※      ※

「パパの本棚」は「パパ塾」の活動の一つであり、「パパ塾」では継続的に父親向けの講座を開催しています。

■「パパ塾」講座スケジュール
http://kawasaki-papajyuku.blogspot.jp/p/schedule.html

次回は、
12月7日(土) 10:00-13:00 ママも納得!食育のプロに学ぶパパのクリスマス料理
です。

会場は中原市民館、参加料無料(ただし交通費・材料費・保険料など自己負担)ですので、ご関心ある方は上記ウェブサイトよりお申込みくださいね。

【関連リンク】
中原区ウェブサイト NEXTパパ塾~ママ公認 地域も認めるパパづくり~
2009/7/16エントリ 新中原市民館の「喫茶室いくおう中原」
2012/2/25エントリ NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの
「男前料理教室」

Comment(0)