武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2008年
01月31日

横須賀線武蔵小杉駅・駅前交通広場の図案

hatsushimo.gif

2007年12月14日に、川崎市議会の平成19年第5回本会議が
行われ、一般質問において市議会議員のたての千秋氏が
武蔵小杉再開発に関連する一般質問を行っていました。

その内容がたての氏の広報誌に掲載されていまして、再開発等に
関する新しい情報もいくつかあったのですが、今回はそのうち、
横須賀線武蔵小杉新駅の駅前広場について取り上げたいと
思います。

まずは、駅前広場の現状と平面図(案)をご覧ください。

■横須賀線武蔵小杉新駅 駅前広場の現状
横須賀線武蔵小杉新駅 駅前広場の現状

■横須賀線武蔵小杉新駅 駅前広場平面図(案)
横須賀線武蔵小杉駅新駅 駅前広場平面図(案)

上記の図のうち、白抜き文字については、わかりやすくするために
武蔵小杉ライフが付加したものです。

11/18エントリでもある程度の情報をお伝えしておりましたが、図面の通り、
交通広場の東側(新幹線・横須賀線線路沿い)に駐輪場が設置されます。
半地下4層構造ということで、どんな形状なのかと思っていたのですが、
4階建ててということです。1階部分がややスロープを下るような形で
半地下になっているのでしょう。

また、動線については、南側の道路に面して自転車用の出入口が、
北側の新駅連絡通路に面して歩行者用の出入口が設けられます。
これにより、自転車と歩行者の錯綜を防止するとのことです。

たての氏は原動機付自転車および自動2輪車の駐車場も併設することを
要望していますが、こちらについては現状要望ベースにで、設置されるか
どうかは未確定になっています。

今回は完成時期については言及されていませんが、現状の予定では
横須賀線武蔵小杉駅の開業と同時期となる2010年となっています。
完成はまだまだ先ですが、使いやすい駐輪場になることを期待したいと
思います。

【関連リンク】
11/18エントリ 横須賀線武蔵小杉駅前駐輪場 実施設計
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅東部地区 横須賀線武蔵小杉駅

Comment(1)