武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2014年
11月28日

川崎市動物愛護センターが中原区上平間に2018年度移転へ

【Reporter:はつしも】

高津区蟹ヶ谷の「川崎市動物愛護センター」が、老朽化のため2018年度をめどとして中原区上平間に移転することになりました。

■高津区蟹ヶ谷の川崎市動物愛護センター
高津区蟹ヶ谷の川崎市動物愛護センター

■川崎市動物愛護センター 業務案内
川崎市動物愛護センター 業務案内

■川崎市ウェブサイト 動物愛護センター
http://www.city.kawasaki.jp/shisetsu/category/39-2-0-0-0-0-0-0-0-0.html

川崎市動物愛護センターはもともと高津区の中でも中原区との境界に近い、蟹ヶ谷の矢上川沿いにあります。

同センターは、動物の愛護に関する法令等に基づき、動物の適正な飼育や愛護精神の涵養を目的として運営されています。
保護された犬・猫等の動物情報を公示して飼い主への返還を支援しつつ、返還されない動物やセンターに引き取られた動物について、あらたな引き取り手への引渡しを行なう「再飼養支援事業」を行なっています。

■川崎市動物愛護センター壁面の犬・猫
川崎市動物愛護センターの犬・猫

事業案内の看板も、犬の形をしているほか、壁面には大きな犬・猫が立体的に描かれていました。

■川崎市動物愛護センターの譲渡動物掲示板
川崎市動物愛護センターの上と動物掲示板

■川崎市動物愛護センター 譲渡動物情報
http://www.city.kawasaki.jp/shisetsu/category/39-2-5-0-0-0-0-0-0-0.html

譲渡動物の情報については、動物愛護センターの掲示板やウェブサイトで告知が行なわれています。

昨年度は犬121匹・猫455匹を保護しており、設立以来初めて犬の殺処分ゼロを達成するなどの実績をあげています。
ただ、建物の老朽化に加えて飼育スペースが慢性的に不足している状態にあるということで、このたび移転を行なうこととなりました。

■「どうぶつふれあいひろば」
「どうぶつふれあいひろば」

「どうぶつふれあいひろば」

このほか同センターでは、小学生を対象とした「動物ふれあい教室」「一日体験飼育」なども、地域の学校の課外事業として実施しています。
センターの前庭には、動物とのふれあいを行なうための「どうぶつふれあいひろば」が設置されていました。

■敷地内の動物たち
敷地内の動物たち

敷地内の動物たち

敷地内の動物たち

敷地内の動物たち

同センターの敷地内には、各所に犬を中心とした動物たちの絵や像が設置されていました。
確かに古い建物ではありましたが、温かみのある外観にはなっていたと思います。

■川崎市動物愛護センターの移転マップ
川崎市動物愛護センターの移転マップ

川崎市動物愛護センターの移転先は、中原区上平間にある川崎市上下水道局の「平間配水所」の用地の一部です。
従来よりも十分なスペースが確保されることになるようです。

この豊かな社会にあって、動物たちは必ずしも恵まれた境遇にはないという現実があります。
動物愛護センターができることには限界もありますが、より充実した事業を推進できるような施設が整備されると良いと思います。

【関連リンク】
2010/5/31エントリ 等々力緑地の猫
2014/7/18エントリ 矢上川のカルガモ親子2組など、川に住まう生き物たち

Comment(4)