武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2008年
03月05日

バスに乗って、ラゾーナへ(後編)

hatsushimo.gif

昨日の前編に引き続いて、今日はラゾーナ内の子連れスポットを
私の半日ルートに合わせてレポートさせていただきたいと思います。

■ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場
ラゾーナ川崎プラザ

こちらの写真は2階のルーファ広場を3階から撮影したものですが、
川崎駅西口北のバスターミナルからですと、1階の「Grand Food」に
入ることになります。洋菓子、和菓子、お惣菜からいろいろありますが、
もう11時半を回っていたので、そのまま素通りしてランチへ。

■1F DINING SELECTION
DINING SELECTION

「Grand Food」に隣接して、フードコート「DINING SELECTION」
あり、子連れですとこちらが気軽に食事できます。10:00から営業開始
で、休日のお昼時は満席になりますから、11時を過ぎたらちょっと
早めに食事にすることをオススメします。

■DINING SELECTION ショップリスト
http://www.lazona-kawasaki.com/shop/floor_1_ds.shtml

■DINING SELECTIONのベビーチェア
DINING SELECTIONのベビーチェア

早めのランチをお勧めする理由のひとつが、このベビーチェア
席自体は空いていても、このベビーチェアが割と早い段階で
なくなります。フードコート全体を見渡すと、小さい子どもの割合が
いつもかなり高いです。

3階、4階にもレストランはたくさんあり、幼児対応がきちんとしている
ところが多いのでそちらでも全く問題はないのですが、小さい子ども
連れの場合、気兼ねせず食事できるのは結局ここのようなフードコート
なのかもしれません。

■「すみれ」の塩ラーメン
すみれの塩ラーメン

子どもには「壁の穴」のパスタを食べてもらい、私はというと、札幌の
有名ラーメン店「すみれ」の塩ラーメンと味噌明太子ごはん。
「陳麻婆豆腐」の麻婆豆腐やインドカリーダイニングCobara-Hetta」
カレーも惹かれましたが・・・。

・・・つまりですね。
子連れフードコートの魅力のひとつは、前述のように気兼ねせず食事が
できるということもありますが、小さい子どもがいるとなかなか食べられない
ラーメンや、カレーや、麻婆豆腐が食べられるということもあるのです。
有名ラーメン店とか、エスニック系とか、辛い料理のお店って、普段
入れないですからね。

■キッズパーク
キッズパーク

食事がすんだら、子どもにちょっと運動してもらいにキッズパークへ。
ラゾーナの駐車場に隣接して整備されていて、バスロータリーからも
近いところにあります。いつも子どもでにぎわっていますよ。

■キッズパークの滑り台
キッズパークの滑り台

キッズパークは基本的に角錐上の山があるだけなのですが、その
斜面のひとつが滑り台になっていて、これが人気なのです。
下は砂場になっていて、軟着陸することができます。

■コールド・ストーン・クリーマリー
コールド・ストーン・クリーマリー

さて、ちょっと運動したあとに子どもがベビーカーで寝たところで、大人の
お楽しみ。「コールド・ストーン・クリーマリー」でアイスをば・・・。
店員さんがアイスを作りながらみんなで英語の歌を歌うのが、ちょっと
寒・・・いやいや、なかなか楽しげです。

■丸善 絵本コーナー
紀伊国屋書店

続いて、これまた1階の丸善へ。
この書店はちょっとベビーカーには通路が狭いのが難ですが、絵本
コーナーに子どもの読書用のテーブルと椅子がありますので、これまた
人気スポットです。蔵書の数もそれなりに多いです。

その他、アカチャンホンポなどもあるのですが、今回のオススメ子連れ
スポットはこのくらいにしておきます。ご紹介したスポットは、すべて
1階ですので、バスターミナルに到着してからすぐのところばかりです。

武蔵小杉への帰り道ももちろんバスでしたが、うちの子どもは車窓からの
風景をじーっと見ていて、ずっとおとなしくしていました。「バスに乗って
○○(ラゾーナ)いく~」
と提案してくるくらい、バスが好きなのでした。

【関連リンク】
ラゾーナ川崎プラザ 公式サイト
3/4エントリ バスに乗って、ラゾーナへ(前編)

Comment(0)