武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2008年
03月22日

中原図書館講演会「岡本太郎の見た日本」レポート

hatsushimo.gif

2008/3/9エントリでご紹介しましたが、3月19日に、中原市民館において
読書のまち・かわさき講演会「岡本太郎の見た日本」が、川崎市立図書館
(中原図書館)の主催よって開催されました。

■中原市民館
中原市民館

当日はあいにくの雨でした。少し客足も鈍るかしら、という感じでしたが・・・。

■「岡本太郎の見た日本」看板
「岡本太郎の見た日本」看板

入口のところに大きく看板が出ていました。図書館の公式サイトに
掲載されていたものと同じく、簡単な紹介が記載されています。
参加は事前受付制でしたが、当日席も受け付けていました。

■講演会場
講演会場

講演会場は中原市民館の2階大ホールでしたが、参加者の数は結構
多かったです。私は入口から遠い席に座ったため、そちらは写真の通り
割と空いていました。しかし、入口に近い写真より左側の席は大半が
埋まっていまして、雨天にも関わらずかなり盛況だったのではないで
しょうか。

参加者の方の年齢層は全体的に高めでしたが、学生さんくらいの若い方も
結構いらっしゃいましたね。皆さん熱心に聴いていました。「学び」の
ニーズって確実にあるのだな、と思いました。

内容で私が納得したのは、岡本太郎は非常に動物的な感性の人間で、
農耕民族の植物的な弥生土器ではなく、狩猟民族の動物的な縄文土器に
魅了されたのだ、ということでした。
岡本太郎の作品や残されたエピソードは、非常に動物的な感性のものが
多いような気がしています。

穏やかでアップダウンのない語り口だったのですが、内容的にもなかなか
面白いものでした。入場無料ですし、興味が持てるものであれば有効活用
していった方がいいと思いますね。

【関連リンク】
川崎市立図書館 公式サイト
中原市民館 公式サイト
岡本太郎美術館 公式サイト
岡本太郎記念館 公式サイト

Comment(2)