武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2007年
06月23日

武蔵小杉再開発:フロム跡地商業施設が一部判明!

hatsushimo.gif

武蔵小杉再開発は、多くの商業施設が予定されていますが、
そのほとんどは具体的なテナントが不明で具体像がつかめない
状況です。
ですが、「散歩の達人」7月号において、わずかながら予定される
テナントの情報が出ました。

小杉駅南部地区 A地区(こすぎフロム・変電所跡地)、
武蔵小杉駅南口地区西街区 第一種市街地再開発事業の
商業施設には、

大型高級スーパー

が予定されているとのことです。

これまでも武蔵小杉の新住民の方を中心に、成城石井クラスの
スーパーがひとつくらいほしいとの声はあちこちで聞いていました。
武蔵小杉再開発やその他周辺の開発により、武蔵小杉には
一定以上の所得層の住民が急増しているのは事実ですので、
そのあたりのニーズをとらえたものなのかもしれません。

また、小杉駅南部地区A地区の事業には東急電鉄・東急不動産が
関わっています。
A地区は東急武蔵小杉駅にほぼ直結する位置にありまして、東急
電鉄・東急不動産としては、東急線の沿線ブランドを高めることが
長期的な企業の利益最大化に資することになります。
その点でも、他のデベロッパーとは背負うものが違ってくることに
なるわけですね。

A地区は1~5Fまでが商業施設(4~5Fの一部に新中原図書館含む)に
なりますが、高級スーパー以外のテナントも、どのようなアレンジが
なされるのか気になるところです。

A地区につきましては「武蔵小杉ライフ」のコンテンツも更新いたし
ましたので、あわせてそちらもご覧ください。

■工事が進む小杉駅南部地区A地区
開発が進むA地区

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅南部地区 A地区
交通新聞社「散歩の達人」

Comment(4)