武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2007年
07月04日

武蔵小杉周辺の地域SNS

hatsushimo.gif

最近、地域コミュニティサイト・SNSサイトが増えています。
SNSサイトではmixi(ミクシィ)が有名ですが、対象を一定の地域に
絞ってより地元密着の情報発信やコミュニティ構築を目的とした
ものですね。

マイページやコミュニティ等SNSでは当たり前の機能はさておき、
特徴だけご紹介しておきます。

・東急沿線コミュニティ 「TOQ楽」

以前から田園都市線沿線で試験的運用が行われていましたが、
7月2日に東急沿線全域を対象に正式オープン。サイト内での活動により
ポイントが付与され、TOKYUポイントや図書券との交換ができるのが特徴。
沿線別・駅別情報検索が可能。

運営:東京急行電鉄

・JIMOT(ジモット)

2007年1月17日にオープンし、首都圏を中心にカバー。6月17日に
川崎市をエリアに加え、武蔵小杉周辺でも新聞の折込チラシを
入れて広報活動をしていました。
「川崎市中原区●●町の情報」のように町名レベルでの情報検索が
できるのが特徴。

運営:住友不動産販売

武蔵小杉をカバーするSNSとしては上記の2つが同時期に立ち上がりましたが、
ちなみに私は利用していません。そろそろ似たようなサイトが乱立気味というか、
限界じゃないかと思うんですね。町名まで絞込み検索といっても、よほど
ユーザーが集まらなければ検索結果0件になるのが見えています。

こういったサイトの場合、必ず「会員が集まらないと内容が充実しない、
でも内容が充実しないと会員が集まらない」
という壁にぶつかります。
ニワトリとタマゴのどちらが先か、という問題ですね。

ネットの世界でNO.2は生き残れないといいますが、すでに一番手のサイトが
あるわけで、その壁を突破するのは容易ではない気がします。このあたりの
話はITmediaニュースでも取り上げられていましたので、関連リンクを
ご参照ください。
コンテンツの差別化をどうしていくかが鍵ですが、正直どこも同じ・・・というのが
個人的な感想です。

その他、既存の武蔵小杉周辺のSNSとしては、「ジモトモ!中原区」があります。
こちらは「武蔵小杉ライフ:武蔵小杉リンク」でご紹介していますが、
私も使ってはいませんので盛り上がり具合は不明です。

みなさんはどこかお使いなんでしょうか?
使われているご感想などありましたら教えてください。

【関連リンク】
東急沿線コミュニティ TOQ楽
JIMOT(ジモット)
ジモトモ!中原区
ITmediaニュース:「mixiじゃだめなの?にどう答える-地域SNSの意味」

Comment(0)