武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2007年
07月18日

アメフト世界大会の観客動員とスポーツ振興

hatsushimo.gif

朝日新聞、カナロコの記事から。
川崎市長の定例記者会見が17日に行われ、川崎球場及び等々力競技場で
行われた「アメリカンフットボールワールドカップ2007 川崎大会」が総括
されたようです。

・大会期間中(6日間)の観客動員合計=33,312人
・最多動員は開幕戦の日本対フランスで12,336人
・最少動員は14日の韓国対フランス、ドイツ対スウェーデンの2試合合計1,943人
・「悪天候としては動員は成功、試合内容も感動的で成功だったと言える」と総括
・今後国際大会を定期的に開催できるよう誘致する
・子ども向けのアメフト「フラッグフットボール」の普及に努め、アメフトのまちづくりを
行う

大会期間中天候も悪かったですし、決勝戦は台風4号の直後で開催自体も
危ぶまれました。いろいろな条件がありますので、観客動員数が多いのか少ないのか、
ちょっと判断は難しいところです。

日本はアメリカとの決勝戦、惜しくも延長戦で敗れました。
アメリカは最強チームではなく、まだまだ遠い存在のようです。

川崎市は以前はスポーツに冷たいとも言われました。
ロッテが川崎球場をホームとしていたとき、またヴェルディが等々力競技場を
ホームとしていたとき、芝の状態やスタンドなどあまりの設備の悪さから、
球団から改善を求められながらも消極的な対応に終始し、結局どちらのチームも
川崎から移転してしまいました。
このエピソードはプロ野球・Jリーグファンであれば有名な話です。

スポーツ振興は、川崎フロンターレの成功などをみれば、地域にとって非常に
重要なことだと思います。その点で、現在の川崎市長がスポーツ振興に前向きな
姿勢であることは基本的にはよいことと思っています。

ただ。川崎市の財政は厳しく、リソースは限られています。
加えて市民のキャパシティも有限です。川崎フロンターレのサポーターをしながら、
今度は市民全体でアメフトで盛り上がろう、というのは難しいような気がします。
「フロンターレのまち」、「アメフトのまち」、スポーツではありませんが「音楽のまち」、
個人的にはもう少し絞った方が良いと思いますね。

【関連リンク】
神奈川新聞 カナロコ 「アメフットW杯、悪天候の中では『成功』/川崎市長
アメリカンフットボールワールドカップ2007 公式サイト

Comment(0)