武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2010年
02月11日

JR川崎駅ホームにエレベーター設置へ

hatsushimo.gif

武蔵小杉からは少し離れますが、JR川崎駅の各ホームにエレベー
ターが設置
されることになりました。
これはJR川崎駅改札内において掲示がなされているもので、2月
上旬から工事開始、各ホーム順次供用開始しつつ2011年3月まで
には設置が完了する予定
となっています。

■JR川崎駅のバリアフリー化推進計画について
JR川崎駅のバリアフリー化整備計画について

JR川崎駅改札内では、「JR川崎駅のバリアフリー化推進計画に
ついて」
と題した掲示がなされており、こちらにエレベーター設置
場所の図面が掲載されています。

■エレベーター設置図面
エレベーター設置図面

図面を見ると、南武線・京浜東北線・東海道線の各ホームの階段の
一部をエレベーター用地に転用
するようですね。一部階段の移設
も発生することになります。

■南武線のエレベーター設置箇所(コンコース)
南武線のエレベーター設置箇所(コンコース)

南武線では、この中央階段の左側がエレベーターになる計画になっ
ています。その分階段は狭くなってしまいますが、これは致し方ない
ところですね。

■南武線のエレベーター設置箇所(ホーム)
南武線のエレベーター設置箇所(ホーム)

ホーム側から見てみると、この階段の写真手前部分にあたります。
ホーム中ほどにあたりますので、車椅子・ベビーカーで武蔵小杉駅
→川崎駅の移動を想定した場合、両駅のエレベーター位置は比較
的近いのではないでしょうか。

東急線にはかなり遅れをとりつつも、JR南武線各駅のエレベーター
設置は徐々には進んでおり
、武蔵小杉駅、武蔵中原駅、向河原駅
なども2008年から2009年にかけて順次整備
されてきました。
しかし、最も乗降客数の多い肝心のJR川崎駅はどういった事情か
整備が進まず
、車椅子・ベビーカーでの利用は難儀を伴う状態が
続いていました。

今回ようやくエレベーター整備が着手されることになったのは、とり
あえず良かったと思います。

なお、市議会議員のちくま幸一氏のレポートによると、各ホームの
整備日程
は以下のようになっています。

■ちくま幸一公式ウェブサイト 活動報告
http://chikuma-kouichi.com/web2/300/log/eid103.html

①2010年夏 京浜東北線ホーム供用開始
②2010年秋 東海道線ホーム供用開始
③2011年明け 南武線ホーム供用開始


・・・南武線が一番最後になっているのは、優先順位をつけるとやむを
えないところでしょうか。

JR川崎駅では駅直結のラゾーナ川崎などの発展により、中原区など
南武線沿線からの集客も増加しているようで、私の周囲でも車椅子・
ベビーカー利用者を中心にエレベーター設置を待望する声をよく聞く
ようになりました。

今後工事が進み、ある程度不便な状態も続くかと思いますが、これ
まで難儀をされていた方は、もうしばらくの辛抱です。

【関連リンク】
2008/3/16エントリ 武蔵中原駅のエレベーター、一部完成間近
2008/5/1エントリ 武蔵小杉駅北口エレベーター

Comment(2)