武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2007年
08月27日

オズ通り商店街など、子育て家庭向けサービス拡充

hatsushimo.gif

神奈川新聞 カナロコの記事から。

カナロコによれば、県内の商店街で、子育て家庭を支援するサービスが
目立ち始めているようです。どこの商店街も厳しい経営になっていますが、
商店街活性化の一環として親子向けのイベントや優待カード発行などが
増えているとのことです。

背景として、神奈川県が「子ども・子育て支援推進条例」を2007年10月から
施行することとなっており、子育て世帯にやさしい商店街への補助が
行われるということがあるようです。

その一例として、元住吉の「モトスミ・オズ通り商店街」の事例が記事中に
取り上げられています。

モトスミ・オズ通り商店街
モトスミ・オズ通り商店街

【モトスミ・オズ通り商店街の取り組み】
・2006年7月から「オズ・ファミリークラブ」を設置
・費用は無料。会員には週1回携帯電話のメールで安売り情報や地域情報を配信
・口コミで広がり会員は1,700人を超える。大半は20代~30代の子育て世代
・商店街副理事長の肉店では、会員限定の安売り効果などで売り上げは以前より
2割増となっている
・親子向けの地域イベントを配信しているがさらに内容充実を計画。2007年度からは
神奈川県から52万円の助成を受け、地域の子育てサークルの意見も聞きつつ検討

【県内商店街全体の状況】
・県商店街連合会の調査によると、県内の430の商店街の40%から回答あり
・そのうち、11商店街が子育て中の家庭に対するサービスや優待カード発行
・家族連れ向けのイベントは約半数の八十三商店街で実施
・ただ、子どもの一時預かりは5商店街、空き店舗を利用した子育て支援は
4商店街にとどまる

記事内容はこんなところです。
全国的に見て、商店街はどこも厳しい状態であり、シャッター街になって
しまっている商店街も地方では珍しくありません。その中にあって、元住吉は
非常に商店街が栄えている街として知られています。

いろいろな工夫で商店街に活気が生まれた、というようなニュースは時々
見かけますが、中にはなるほど、と納得するものもあり、やり方次第という
部分もあると思います。

「オズ・ファミリークラブ」は私は会員になっていませんが、記事によれば
会員も広がっていて活発に利用されているようです。
ただ、記事中に「口コミで広がり・・・」と書かれていますが、もっとアピールする
余地はあるように思います。

たとえば、オズ通り商店街の公式ウェブサイト
こちらにも一応「オズ・ファミリークラブ」のページがありますが、以前サイトを
訪問したときには正直印象に残りませんでした。
そのページには、

「2006年7月6日★NEW★ メーリングリスト開始記念」

という情報だけが取り残されており、それだけ見ると、「ああ、多分この
メーリングリストってその後動いていないんだろうなあ・・・」という
印象を受けたんですね。そのため、そのときには登録しようという気持ちに
至りませんでした。

オズ通り商店街の公式ウェブサイト全体も2006年7月から更新がなく
止まってしまっている印象ですが、メールで情報を取る方はインターネットで
情報を取る可能性も高く、せっかく活発にメーリングリストを運用して
いらっしゃるのであれば、ウェブサイトも運用していけばより高い効果が
あるのでは、と思いました。

商店街は街の魅力のひとつですので、子育て世帯の多い中原区にあって
今後の取り組みにも期待したいと思います。

【関連リンク】
神奈川新聞 カナロコ 「商店街が子育て家庭へのサービス拡充へ/神奈川県内」
モトスミ・オズ通り商店街 公式サイト
武蔵小杉ライフ:武蔵小杉リンク:商店街

Comment(1)