武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2007年
09月18日

新丸子東3丁目A地区に商業・業務施設、B地区にマンション?

hatsushimo.gif

昨日のエントリに引き続き、今日も「新丸子東3丁目地区」について。
「で、結局A・B地区に何ができるの?」ということを考えてみたいと思います。

新丸子東3丁目地区 再開発マップ
新丸子東3丁目地区再開発マップ

A地区(東京機械製作所社宅)       B地区(立体駐車場跡地)
A地区 B地区

結論から言えば「まだわからない」ということなんですが、それでは意味がないので、
現状確認できる事実を見ていきましょう。

新丸子東3丁目地区の都市計画は2006年12月に決定されているわけですが、
その後、都市計画の内容に関して、2007年3月に都市計画審議会が開催されて
います。
これは地域住民等が委員となって公式の場で意見を述べ、市が返答を行うと
いうものですが、正直な話ここまで来ると「行政側の結論ありき」で、意見を
言う場が住民に与えられたからといってどうなるものでもありません。

まあそのへんの問題は置いておくとして、とりあえずその議事録の内容から
多少、現状の計画がどのような感じになっているのか読み取ることができます。

【2007年3月12日 川崎市都市計画審議会 議事録より】

①新丸子東3丁目地区におけるディベロッパーの計画について

(委員)
 ちょっとお尋ねしたいんですが、図面の3ページの図をお願いできますか。
この中で、A地区が一番左になるわけですね。右側のところがBとCという形で、
どこからどこまでという線が引かれていないんですが、それぞれの地区計画の
中でのあらあらのディベロッパーの計画等が出ていますか。

(事務局)
 今現在、この区画整理を行おうとしている地元の地権者、それから今ちょうど
出ています図面の左上の白いところに社宅があって、これも老朽化した5階建ての
マンションなんですが、この区域のもう1つ左が、今の図面の中に入っていません
けれども、2棟建っております。そういったものの建てかえを含めて今検討されて
いるということは伺っております。その中の東横線の駅に一番近い方のA地区に
つきましては、商業・業務系という土地利用を検討
されているというふうに聞いて
おります。それから、B地区という今出ている図面でちょうど中央のあたりで
ございますけれども、そこにつきましては、1階の部分に一部商業を入れて、
高層部分についてはマンションをという計画を今現在検討
されているというふうに
伺っております。

(委員)
 A地区については、建てかえを含めた形での計画ということで理解して
よろしいですね。

(事務局)
 はい。今現在検討されているのは、そういうものを検討されているというふうに
聞いております。

(委員)
 B地区については、今説明があったような形で、概要といいますか、建物が
どういう配置でどんなものという形のものまではまだ明らかになっていないと
いう理解でよろしいですか。

(事務局)
 はい。

②A・B地区の高さ制限80mとは?

(事務局)
 まず我々が考えていますのは、高さを80メートルの最高限度を決めたと
いうことは、80メートルをつくるためには建ぺい率を20パーセントに抑えないと
80メートルまではいかないということがあって、最高でも80メートルでしょうと。
多分20パーセントの建築物というのはちょっと難しいと
思いますので、
最高限度を超えることは、80メートルという計画はないと思うんですが、
いずれにしても今の事業者の中でどのような計画があるかというのはまだ
我々はつかんでおりませんので、その時点で今度は条例に基づいていろいろ
周辺の方に説明をする機会があると考えておりますので、そのときに説明をして
いきたいと。


・・・議事録からの抜粋は以上です。
口語で記録されていますので少々読みづらいですが、要するに、

①A地区には商業・業務系の施設をディベロッパーが検討
②B地区には1Fに商業施設を入れたマンションをディベロッパーが検討
③A・B地区の高さ制限は80mだが、現実的には建ぺい率の関係で
80m上限の建造物は難しいと思われる

ということが、少なくとも2007年3月時点で川崎市が認識している情報と
いうことですね。

もちろんここで川崎市の事務局側が説明しているのは、「現時点で聞き及んで
いるあらあらのディベロッパーの計画」ですので、その後変更される可能性は
ありますし、確実なものではありません。あくまで「検討」ですし。

ですが、方向性としてはおそらくこんなところだろうな、という感じは
しますね。A地区は最も駅寄りの「駅前地区」ですので、マンションではなく
商業・業務系というのはある程度現実的な方向性でしょう。
東京機械の社宅ですが、文面のニュアンスからすると廃止ではなく
建替えの可能性が高いのでしょうかね。

いずれにせよまだ何も公示はされていない状況ですが、現状の撤去工事が
進捗していますので、今後何らかの情報が出てくるのではないかと思います。

【関連リンク】
9/16エントリ「新丸子東3丁目地区再開発」
武蔵小杉ライフ:再開発情報:新丸子東3丁目地区
第33回川崎市都市計画審議会 議事録

Comment(0)