武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2012年
11月28日

武蔵小杉から「よんれつ」で、「ふるさと」へ帰ろう

hatsushimo.gif

JR武蔵小杉駅の、南武線と横須賀線をつなぐ連絡通路に
ふたたび「よんれつ」が登場
しました。
今回は「ふるさと行きの乗車券」の販売を促進するもので、
「ふるさと」バージョンになっています。

■「ふるさと」が登場した連絡通路の角
「よんれつ」が再登場した連絡通路の角

「ふるさと」が登場したのは、連絡通路の曲がり角のスペース
です。

■「ふ」るさとに帰ろう
「ふ」るさとに帰ろう

マフラー巻いてます。

■「る」んるん気分♪
「ふ」んるん気分♪

「電車なら渋滞しらずで」
素敵な笑顔でマイカーに対する優位性をアピールしています。

ところで、ふるさとはやはり北国なのでしょうか。

■さむさに負けず出かけなきゃ
「さ」むさに負けず出かけなきゃ

こたつにみかん、おいしいですよね。

■「と」もだちに会いたいな
「と」もだちに会いたいな

年末年始の帰省といえば、友達で集まる方も多いですよね。
「よんれつ」にもふるさとで待つ友達がいるようです。

■「ふ」「る」「さ」「と」
「ふ」「る」「さ」「と」

もはや説明するまでもないですが、それぞれのパネルの頭文字を
揃えると「ふるさと」になります。

キャラクターの口の形がきちんと「ふるさと」になっているのも
初代「よんれつ」と同様ですね。

■かつて「よんれつ」が登場した連絡通路直線部分
かつて「よんれつ」が登場した連絡通路直線部分

また、かつて「よんれつ」が登場した連絡通路の直線部分も、
現在は「ふるさと行きの乗車券」の案内にフル活用
されて
います。

■「ふるさと行きの乗車券」の案内
「ふるさと行きの乗車券」の案内

「ふるさと行きの乗車券」は、11月27日から12月20日まで、
みどりの窓口および指定席販売機で販売
されています。
利用期限は12月27日から1月6日までとなっていますので、
まさに年末年始の帰省きっぷですね。

■その後の南武線武蔵小杉駅ホームの「よんれつ乗車」
その後の南武線武蔵小杉駅ホームの「よんれつ乗車」

その後の南武線武蔵小杉駅ホームの「よんれつ乗車」

なお、その後の南武線ホームの「よんれつ乗車」は、乗り口の
ガイド線が扉の両脇に2列ずつに分かれる形に変更
され、
またホームの壁際は歩行スペースとして目立つようにラインが
引かれました。


「よんれつ」キャラクターでの誘導には限界がありましたが、
このテコ入れでは多少の効果が見られたようです。

JR武蔵小杉駅の「よんれつ」は本ブログでの紹介をきっかけに
日本全国を巻き込んでネット上ではたいへんな話題
となりました。
「武蔵小杉Walker」にも掲載されたほか、読売新聞においても
地方版に紹介記事が掲載
されるに及びました。

■みどりの窓口に一時復活した「動くよんれつ」
「よんれつ」揃いぶみ

■「動くよんれつ」のYoutube動画


連絡通路から消えてしまったのちも「よんれつ」を惜しむ声が多く、
みどりの窓口のモニターに一時復活もしまして、このたびついに
「ふるさと」バージョンで再登場することになりました。

読売新聞で取り上げられた際も、駅員の方が「今後も何か検討
したい」
とインタビューに答えていらっしゃいましたが、本当に
実行してくださったのですね。

また「ふるさと行きの乗車券」の販売期間が終われば差し換わ
ってしまう
ものと思いますけれども、今後のシリーズ化も期待
されるところです。

■初代「よんれつ」
初代「よんれつ」

【関連リンク】
2012/8/22エントリ 「武蔵小杉駅からのお願いです。」
2012/8/29エントリ 2012年9月6日発売「武蔵小杉Walker」に
JR武蔵小杉駅の「よんれつ」掲載決定

2012/9/5エントリ 9月6日(木)発売「武蔵小杉Walker」前日早読み
レポート、「よんれつ」無事掲載

2012/10/2エントリ JR武蔵小杉駅のみどりの窓口に、
動く「よんれつ」が再登場

Comment(1)