武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2013年
01月07日

住友不動産が東京機械製作所跡地「シティタワー武蔵小杉」を発表

hatsushimo.gif

住友不動産が、東京機械製作所玉川製造所第二工場跡地の「シティタワー武蔵小杉」を発表しました。

■シティタワー武蔵小杉 物件サイト
http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/ct_musashikosugi/

■シティタワー武蔵小杉建設予定地(写真左側)
シティタワー武蔵小杉建設予定地(写真左側)

東京機械製作所玉川製造所跡地は、上記写真右側の第一工場と、左側の第二工場に分かれています。
このうち第一工場跡地は東京機械製作所が継続保有し、株式会社イトーヨーカドーが賃借する形で「アリオ武蔵小杉」が建設されます。
一方の第二工場跡地は、住友不動産が2011年3月23日に160億円で買収しました。「アリオ武蔵小杉」と並行する形で、53階建てのタワーマンション「シティタワー武蔵小杉」が建設されることになります。

前掲の物件サイトはまだプレオープンのような形で、資料請求のみでコンテンツはアップロードされていません。ただ、キャッチコピーを見ると、「まるで首都圏24区」という見慣れない単語が目に入りました。

※印がついていましたので、サイト下部の細かい注記を読んでみると、

「※2『首都圏24区』とは、本プロジェクトの都心アクセスの軽快性が、まるで東京23区に続くエリアに住んでいるかのような便利な暮らしをかなえてくれることをイメージした売主の造語であり、現実には存在しません」

ということでした。

「準東京」というようなイメージ戦略には少々複雑な思いもいたしますが、そういえば過去のタワーマンションでは、「トウキョウスキ ヨコハマスキ シアワセスギ ムサシコスギ」というキャッチコピーもありました。それが購買側のニーズでもあり、実際に販売上有効である、というのが一面の現実でもあるのでしょう。

なお、今回の「シティタワー武蔵小杉」の販売時期はまだ明示されていません。
今後販売が本格化する小杉3丁目中央地区の「プラウドタワー武蔵小杉」とは少々時期をずらすことになるのでしょうが、武蔵小杉周辺では引き続き活発にマンション分譲が続いていくことになりますね。

■シティタワー武蔵小杉の南側立面図
シティタワー武蔵小杉の南側立面図

■綱島街道から見たシティタワー武蔵小杉建設予定地
綱島街道から見たシティタワー武蔵小杉建設予定地

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:東京機械製作所地区(大規模工場跡地地区)
2010/7/22エントリ 東京機械製作所跡地に11万㎡商業施設と57階タワーマンションを建設、2015年度完成へ
2010/7/23エントリ 追補:東京機械製作所跡地商業施設は2014年度完成、2015年度に全体完成
2010/8/2エントリ 東京機械製作所跡地再開発・大型複合商業施設と高層マンションの詳細情報
2010/9/2エントリ 東京機械製作所玉川製造所再開発に係る条例環境影響評価方法書説明会
2010/10/24エントリ 東京機械製作所が玉川製造所第二工場用地を住友不動産に売却を決議、2011年3月23日引渡しへ
2011/8/17エントリ 東京機械製作所玉川製造所再開発の事業計画が公示
2011/8/19エントリ 東京機械製作所玉川製造所跡地再開発の平面図と立面図
2012/7/31エントリ パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーから見た、東京機械製作所玉川製造所解体工事
2012/9/3エントリ レジデンス・ザ・武蔵小杉から見た、東京機械製作所玉川製造所解体工事

Comment(0)