武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2008年
01月14日

新丸子東3丁目地区の駐輪場が閉鎖

hatsushimo.gif

武蔵小杉再開発エリアの新丸子東3丁目地区に小さな動きが
ありました。

武蔵小杉駅に最も近いA地区の、東京機械製作所社宅南側に
設置されていた駐輪場が3月28日に営業終了することとなり、
現地でその旨告知されています。

■新丸子東3丁目地区 駐輪場周辺マップ
新丸子東3丁目地区 駐輪場周辺マップ

■新丸子東3丁目地区の駐輪場(左手が東京機械製作所社宅)
新丸子東3丁目地区の駐輪場 外観

■現地での告知
駐輪場営業終了のお知らせ

告知に記載の通り、駐輪場の閉鎖は武蔵小杉駅西街区準備工事の
進捗に伴うもの
とされており、今後駐輪場の用地が工事で使用される
ことになるようです。

ただ、なぜ「武蔵小杉駅西街区」なのでしょうね。
武蔵小杉駅西街区とは名前の通り駅の西側であり、現在こすぎ
フロム跡地と中原変電所(地下化)の用地に商業ビルと高層マンション
等を建設する、「武蔵小杉駅南口地区西街区 第一種市街地
再開発事業
」(小杉駅南部地区A地区)
のことをさしています。

■武蔵小杉駅南口地区西街区 第一種市街地再開発事業
武蔵小杉再開発・小杉駅南部地区A地区

単なる工事車両の出入りであれば、すでに整備されている道路で
事足りるはずで、新丸子東3丁目地区の駐輪場を取り壊す必要は
ないように思われます。

今回閉鎖される駐輪場の近くには中原変電所からの送電線の鉄塔が
ありますが(駐輪場周辺マップ参照)、ひょっとしたら、中原変電所の
地下化工事に関連して、この鉄塔も地下化するなどの送電線の工事が
必要なのでしょうか?

最初に駐輪場の営業終了の告知を見たときには、現在進捗している
新丸子東3丁目地区の区画整理によるものかと思ったのですが、
よく読むとちょっと予想外な展開でした。

いずれにせよ4月以降、何らかの工事が始められるものと思いますので、
また確認していきたいと思います。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅南部地区A地区
武蔵小杉ライフ:再開発情報:新丸子東3丁目地区
武蔵小杉ライフ:生活情報:駐輪場 東急駐輪場②

Comment(0)