武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2014年
07月28日

武蔵小杉駅南口地区西街区の、点字ブロックを覆う放置自転車



武蔵小杉駅南口地区西街区は、2014年4月から街区公園の「こすぎコアパーク」および一連の都市計画道路が供用開始となり、長年続いた第一種再開発事業が完了しました。

最も後工程となったのは旧マルエツ(現ダイソー)北側の都市計画道路で、こちらは最終的には南武線沿いに府中街道まで伸びることとなります。今後の道路延長・拡幅は小杉町3丁目東地区・中央地区の再開発事業において引き続き実施されることとなり、西街区としての事業範囲が完成した形です。

この都市計画道路は両側に歩道が整備された2車線道路ですが、供用開始になってすぐ、放置自転車が建物沿いにびっしりと並ぶのが日常的になってしまいました。

■旧マルエツ北側の都市計画道路
旧マルエツ北側の都市計画道路

さて、こちらが供用開始直後の旧マルエツ北側都市計画道路です。写真左手が南武線、右手が旧マルエツの建物で、増築部分「ヴィクトリービル」の取り壊しにより狭隘だった道路が拡幅されました。 が、しかし・・・。

■旧マルエツ側に並んだ放置自転車
旧マルエツ側に並んだ放置自転車

この日、旧マルエツ側の歩道に、ご覧の通り放置自転車がびっしりと並んでいました。
この都市計画道路に敷設されている視覚障害者用の点字ブロックも、完全にさえぎられてしまっているような状況でした。

■放置自転車撤去後の都市計画道路
放置自転車撤去後の都市計画道路

■放置自転車撤去のお知らせ
放置自転車撤去のお知らせ

後日、またこの都市計画道路を通ると、放置自転車がきれいさっぱりなくなっていた時がありました。
歩道上には、放置自転車撤去を知らせる黄色い貼り紙が残されていました。

都市計画道路供用から間もない時期で、川崎市も最初が肝心ということで状況を注視していたのではないかと思います。

ただその後も、朝から放置自転車がたまり始めてすぐに点字ブロックの上を覆い尽くす、というパターンが繰り返されていまして、状況としては芳しくありません。


これまでにもお伝えしている通り、武蔵小杉駅周辺には各所に駐輪場が整備されて一定の空きはありますし、また一部には十分に利用状況に余裕がある駐輪場もあります。
ちょっと不便だから、少し歩くのが面倒だからと車をそのへんに停めてはいけないのと同じで、自転車を利用するのであれば、駐輪場を利用する前提で行動する必要がありますね。

■旧マルエツ北側の都市計画道路と、今後延伸されるプラウドタワー方面
旧マルエツ北側の都市計画道路と、今後延伸されるプラウドタワー方面

【関連リンク】
川崎市 中原区の自転車等駐車場及び自転車等放置禁止区域
武蔵小杉ライフ:生活情報:駐輪場
2010/12/2エントリ 旧中原市民館の臨時駐輪場閉鎖と東急武蔵小杉駅自転車等第4駐車場拡張オープン
2011/9/14エントリ 武蔵小杉STMビルに機械式駐輪場が設置
2011/10/26エントリ 武蔵小杉タワープレイスの駐輪場がオープン
2012/2/5エントリ 川崎市営駐輪場が利用料金を2012年4月1日より大幅値上げ:武蔵小杉駅周辺駐輪場の料金新旧比較一覧
2012/7/16エントリ 武蔵小杉STMビルの駐輪場の一部区画が料金値下げ
2012/11/1エントリ 武蔵小杉駅周辺自転車等駐車場第5施設が本日一部供用開始、地下に流れる「川崎おどり」
2013/3/24エントリ 東急武蔵小杉駅前に「武蔵小杉高架下駐輪場」が登場、精算機は再利用で準備中
2013/4/4エントリ 武蔵小杉東急スクエア・中原図書館の駐輪場ガイド
2013/6/3エントリ 旧中原図書館敷地内にバイク駐車場「武蔵小杉駅自転車等駐車場第6施設」がオープン
2013/8/23エントリ 武蔵小杉駅周辺駐輪場が各地で料金改定を実施、ロータリー地下駐輪場では定期利用の空きあり
2014/1/15エントリ 「JR武蔵小杉駅北口駐輪場」が本日2014年1月15日新規オープン
2014/2/13エントリ 小杉ビルディングの、怒れるドコモダケ
2014/3/2エントリ 武蔵小杉駅南口地区西街区の「こすぎコアパーク」(旧小杉第一公園)が供用開始
2014/3/30エントリ 本日供用開始「武蔵小杉駅東口駅前広場」の防災など各種機能
2014/4/18エントリ 「ららテラス武蔵小杉」の駐輪場ガイド

Comment(2)