武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2008年
01月24日

中原変電所の鉄塔と送電線

hatsushimo.gif

現在、武蔵小杉再開発の小杉駅南部地区A地区において中原変電所の
地下化工事が行われていますが、それと同時に、周辺の送電線と鉄塔の
除却工事
が行われているようです。

■武蔵小杉駅周辺 送電線鉄塔マップ
武蔵小杉・中原変電所鉄塔マップ

今回ご紹介するのは上記の①~⑥の鉄塔ですが、鉄塔①以外については、
すでに送電線は取り外されており、鉄塔が立っているだけの状態になって
います。

■鉄塔①②③
鉄塔①②③

中原変電所の敷地内の鉄塔です。ここが送電線の起点となっていたものと
思われますが、鉄塔②③についてはすでに送電線は撤去されています。
鉄塔①については南側、府中街道方面への送電線がまだ生きています。
写真ではよく目を凝らさないと見えませんが・・・。

■鉄塔④⑤
鉄塔④⑤

東横線の東側で、鉄塔④は東京機械製作所社宅と1/14エントリ
取り上げた駐輪場に隣接しています。鉄塔⑤はパークシティ武蔵小杉の
モデルルームの前ですね。

鉄塔④の上部を見ると、送電線の接続部がすでに撤去されています。
下記のリンクを参照すると、接続部の撤去や送電線がなくなっている
ことがよくわかると思います。
2枚目の写真がほぼ同じアングルで鉄塔④⑤にあたります。

■毎日送電線 中原変電所
http://d.hatena.ne.jp/sarumaruhideki/20051229

■鉄塔④の足元
鉄塔④の足元

鉄塔④の足元にはクレーン車があり、現在工事をしているようです。
接続部の撤去もこのクレーン車で行ったのでしょうか。

■鉄塔⑥
鉄塔⑥

少し東に離れて、綱島街道そばにあるのが鉄塔⑥です。従来は鉄塔④⑤
から送電線が延びて、綱島街道・横須賀線・新幹線をまたいでいたものと
思います。


・・・以上ですが、調べてみると、これらの鉄塔はそもそも送電線としての
役割を終えていた
ようなんですね。

これらの送電鉄塔は「新丸子線」と呼ばれ、大正15年に建設された大変
古いもので、中原変電所から東急目蒲線(現・多摩川線)へ給電していた
ものです。しかし、その給電が廃止となり、送電線としてはすでに運用停止と
なっていました。

その除却作業は簡単なものではなかったようですが、2007年に、除却が
完了したもので、今後は鉄塔自体の撤去が行われるものと思われます。

・・・ということで、送電線の「地下化」ではなく「除却」だったのですね。
1/14エントリで憶測した送電線の地下化は間違いでした。

いずれにせよ周辺は駅前地区であり、パークシティ武蔵小杉など再開発による
街並み作りが進んでいます。鉄塔や送電線は皆さんが喜ぶ施設ではありません
ので、なくなる分にはすっきりしてよいのではないかと思います。

【関連リンク】
1/14エントリ 新丸子東3丁目地区の駐輪場が閉鎖
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅南部地区 A地区

Comment(1)