武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2008年
08月20日

小杉駅周辺エリアマネジメントと「こすぎ夏フェスタ'08」

hatsushimo.gif

皆さん、この交通整理のベストのようなものを着た方を、武蔵小杉駅
周辺でご覧になったことはないでしょうか?

■蛍光色に輝くベスト
蛍光色に輝くベスト

武蔵小杉駅の南口などで自転車の整理をいつもされているのを
お見かけしていますが、これはベストにも書いてある通り、NPO法人
小杉駅周辺エリアマネジメント
の方が活動の際に着ていらっしゃる
ものです。

武蔵小杉駅周辺では大規模な再開発に伴い、地域コミュニティーの
形成や良好な都市居住環境の実現、街の維持・保全をはじめ、
自転車放置の問題や暮らしの安全・安心づくりが大きな課題と
なっています。

こうした環境の下、住民が主体となって住みよい地域づくりのために
活動するのがNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントであり、地域の
皆さんによって運営されています。
(以下、「エリマネさん」と省略させていただきます)

■NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント 公式ウェブサイト
http://musashikosugi.or.jp/

■NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント事務所(リエトコート内)
NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント事務所 LIETO PRAZA(リエトプラザ)

さて、先日から武蔵小杉ライフにおいて告知させていたいております
夏祭り、8月23日(土)開催の「こすぎ夏フェスタ'08」ですが、これは
そのエリマネさんの主催で開催されるものです。

このイベントが開催されるまでのいきさつをご紹介しますと、

再開発地区の分譲マンションとしては、昨年レジデンス・ザ・武蔵
小杉
が入居完了となり、マンションの理事会なども組織化されて
活動を始めていらっしゃいました。

その中で「夏祭りをやってみたい」という要望をエリマネさんに相談
したところ、エリマネさんとしても周辺地域の皆さんと再開発地区の
マンションの皆さんの交流できる場づくり
のひとつとしてお祭りを
企画されていたもので、共同で実行委員会を立ち上げられて実現
できることとなったものです。

実現に当たっては一番大きい問題としては「場所をどうするか」という
ハードルがありましたが、関係各位のご協力により、横須賀線武蔵小杉
新駅前広場の予定地
の使用が可能となりました。
お祭りの道具なども法政通り商店街さんからお借りすることができたり、
このあたりのコーディネートをエリマネさんが橋渡しをされて活躍して
いらっしゃるようです。

レジデンス・ザ・武蔵小杉の皆さんも共同で力を合わせて、打ち合わせ
を重ねて現在準備を進めていらっしゃいます。

■こすぎ夏フェスタ'08会場となる横須賀線新駅前広場
こすぎ夏フェスタ'08会場となる横須賀線新駅前広場

さて、告知させていただいているイベント内容はほぼ確定となりまして、
変更はないのですがいくつか補足します。

■フロンターレイベントの内容は?
子どもたちにも人気のふろん太くん(暑さも何のその)が来場します!
サッカーゴールを用意してのシュートチャレンジができますよ。是非
がんばってみてください。

■じゃんけんフランクって何?
じゃんけんに勝たないとフランクがもらえない・・・のではなく、じゃん
けんに勝つことで200円のフランクが100円になります!
 負けても
倍額400円にはなりませんのでご安心を。

開催まで数日と迫りまして、エリマネさんの事務所には「こすぎ夏フェ
スタ'08」のための道具が準備されています。これらは前述の通り、
法政通り商店街さんが貸してくださったものです。

■わたがしの道具
わたがしの道具

■カキ氷機
カキ氷機

ああ、こういうお祭りの道具を見るだけでちょっとわくわくしてしまう
のは、私だけでしょうかね。事務所のホワイトボードにもびっしりと
お祭りの打ち合わせ内容が書き込まれていて、着々と準備を進めて
いらっしゃるようです。

また、「なかはらっぱ祭り」などで活躍されている中原区役所の地域
振興課
さんも関わられ、備品の貸し出しなどでご協力されています。
多方面の皆さんが協力していらっしゃる点も、この「こすぎ夏フェスタ
'08」
の特徴ではないでしょうか。

最後に、ちょっと考えたことなどを。

当日、お祭りはお祭りとして楽しめればよいと思いますが、この
イベントは再開発地区にとって非常に意義のあるものではないかと
思っています。

THE KOSUGI TOWERも入居となり、今後最大規模となるパーク
シティ武蔵小杉
の1,500戸あまりの入居も控え、来年には再開発
地区の「第一期」とでもいうべき事業が完成することになります。

これまで駐車場や工場だった再開発地区は一気に多くの人口を
抱える居住地となるわけで、そこにはやはりエリマネさんが課題と
して認識する「コミュニティ形成」をどうしていくか、といったことに
突き当たるのではないかと思います。

再開発地区にはコミュニティ形成の場である「町内会」が存在して
いませんので、それに代わるようなエリマネさんのご活動は非常に
存在感を増してくると思いますし、今回の「こすぎ夏フェスタ'08」の
ような、再開発地区の住民の皆さんや地域の皆さんと協力しての
イベントはとても大切なことではないか、と感じました。

武蔵小杉ライフも、地域に新しくお住まいになる方にも、武蔵小杉に
ついてまずは知っていただき、地域との中継点になることを目的と
して非営利で運営しているものです。

そのような運営趣旨から、エリマネさん、レジデンス・ザ・武蔵小杉の
実行委員の皆さん、協力される皆さん、今回の「こすぎ夏フェスタ'08」に
関して賛同するところが大きく、以前からご縁のあった実行委員の
方からお声がけいただいたことをきっかけとして、今回個別取材の上で
武蔵小杉ライフにおいて広報支援させていただきました。

夏祭りはいろいろありますが、「こすぎ夏フェスタ'08」は今回が
第1回。来年はまた新たに人も加わって、これから歴史をつくって
いくのだと思います。
再開発地区に限らず、是非幅広い範囲のいろいろな方にお越し
いただいて楽しんでいただければ
、と私個人としても期待してい
ます。

【関連リンク】
小杉駅周辺エリアマネジメント 初めてやります!こすぎ夏フェスタ
'08開催!

中原区区民交流センター Webなかはらっぱ

Comment(2)