武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2013年
09月26日

JR武蔵小杉駅が連絡通路で「秋田デスティネーションキャンペーン」を展開



JR武蔵小杉駅が、長い連絡通路で「よんれつ」「ふるさと」「SS君」に続いて、「秋田デスティネーションキャンペーン」を展開しています。

■JR武蔵小杉駅連絡通路


JR武蔵小杉駅の南武線と横須賀線をつなぐ連絡通路は、大変長いことで知られています。その長いスペースを活かして、JR武蔵小杉駅はここを広報スペースとして活用しています。

全国的なブームを巻き起こした「よんれつ」に始まり、派生キャラの「ふるさと」、湘南新宿ラインをアピールする「SS君」など、JR武蔵小杉駅のオリジナルキャラがここから生み出されてきました。

今回連絡通路で展開されているのはオリジナルキャラではなく、JR東日本の「秋田デスティネーションキャンペーン」です。

■「だれだ?」


■「秋田だ!(おんせん)」


■「だれだ?」


■「秋田だ!(なまはげ)」
 

始まりは「だれだ?」という問いかけにして「おんせん」「なまはげ」が登場します。このリフレインは「JR武蔵小杉駅らしさ」を感じますが、前述の通りオリジナルではなく、「秋田デスティネーションキャンペーン」共通で展開されているポスターです。

■秋田県観光キャンペーン特設サイト「あきたにしました。」
http://www.akitacp.com/

■「あきたにしました。」


そしてこちらは連絡通路のスペースを活かしたJR武蔵小杉駅のオリジナルポスターです。
デスティネーションキャンペーンのキャッチコピー「あきたにしました。」をポスター1枚1文字で表現しています。

「山あいの秘湯・豊かな食文化・白神山地と日本海に囲まれた大自然」が、秋田県の魅力としてPRされています。

■このキャラクターは…
 このキャラクターは…

ポスターの各所に、この木のキャラクターが登場しますが、これはいったい…

■秋田マスコット「スギッチ」
 秋田マスコット「スギッチ」

ポスターの列の最後に、キャラクターの紹介がありました。これは「スギッチ」という秋田県のマスコットキャラクターでした。

■秋田県公式ウェブサイト 秋田県マスコット「スギッチ」をよろしくね!
http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1196329606310/

秋田県のウェブサイトによれば、「スギッチ」は、秋田わか杉国体・秋田わか杉大会で活躍したのち、マスコットとして県職員になり、秋田県のPRや県政の広報、県民の元気を応援する活動をしているそうです。
秋田県マスコットとしての活動が認められ、2008年12月には主任に昇任したとか。

最近は自治体キャラクターも激戦ですね。

      ※      ※      ※

さて、これまで連絡通路に登場したキャラクターを振り返ってみましょう。

■「よんれつ」
「よんれつ」

■JR武蔵小杉駅みどりの窓口に復活した「動くよんれつ」(Youtube動画)


■「ふるさと」
「ふ」「る」「さ」「と」

■「SS君」(仮称)
「SS君」(仮称)

「秋田デスティネーションキャンペーン」は、2013年10月1日から12月31日までです。
現在の掲示は遅くともキャンペーン終了後には取り外されるのでしょうから、またJR武蔵小杉駅の新しい広告が楽しみですね。

【関連リンク】
2012/8/22エントリ 「武蔵小杉駅からのお願いです。」
2012/8/29エントリ 2012年9月6日発売「武蔵小杉Walker」にJR武蔵小杉駅の「よんれつ」掲載決定
2012/9/5エントリ 9月6日(木)発売「武蔵小杉Walker」前日早読みレポート、「よんれつ」無事掲載
2012/10/2エントリ JR武蔵小杉駅のみどりの窓口に、動く「よんれつ」が再登場
2012/11/28エントリ 武蔵小杉駅から「よんれつ」で、「ふるさと」へ帰ろう
2012/12/11エントリ JR武蔵小杉駅の「よんれつ」新作、「ふるさと」が大幅拡張
2013/4/22エントリ JR武蔵小杉駅に「よんれつ」後継「SS君」投入、湘南新宿ラインの魅力をご紹介

Comment(1)