武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2013年
11月10日

「武蔵小山Walker」に「武蔵小杉」が誤植で登場

 

2012年9月6日に発売された「武蔵小杉Walker」は、出版元である角川マガジンズ(現・株式会社KADOKAWA)の想定以上の販売部数を記録し、複数回増刷がかかる結果となりました。
同社によるタウンムックとしては初の「ひと駅」に限定した企画が成功した形となり、その後近隣でも「武蔵小山Walker」「溝の口Walker」など発売されています。

■「武蔵小山Walker」
「武蔵小山Walker」

■「ムサコの誇り!宮本慎也選手」
「ムサコの誇り!宮本慎也選手」 

「武蔵小山Walker」は、2013年9月20日に発売されました。表紙は武蔵小山在住、元・ヤクルトスワローズの宮本慎也氏です。
「ムサコの誇り!」と紹介されている通り、武蔵小山は「ムサコ」とも呼ばれています。

「武蔵小杉」も、川崎市がかつて定めた愛称「MUSACO」のように「ムサコ」と呼ばれることがありますが、広く定着するには至っていないようです。
目黒線で比較的近い場所にある両駅が同じ「ムサコ」では混同しやすいのでは、という意見もあります。

■「地元自慢ラインキング」第2位
「地元自慢ラインキング」第2位

さて、「武蔵小山Walker」の巻頭特集は、「武蔵小杉Walker」同様に「地元自慢ランキング50」でした。
その第2位が地元イベント「ムサコフェス」なのですが、誌面を良く見てみると…、

■「武蔵小杉」在住の吉本芸人?
「武蔵小杉」在住の吉本芸人?

何と、武蔵小山在住の吉本芸人」が、「武蔵小杉在住の吉本芸人」と誤植されています。

■角川マガジンズ その他出版物に関するお詫びと訂正
http://www.kadokawa-mg.co.jp/apology/tokyo/

ウェブサイトにも訂正が出ていますが、これは…、痛恨の誤植ですね。
やはり目黒線沿線にある武蔵小杉と武蔵小山は、一般に混同しやすいという証左になりました。

■武蔵小杉の書店での「武蔵小山Walker」
武蔵小杉の書店での「武蔵小山Walker」

なお、この「武蔵小山Walker」は、武蔵小杉の書店でも販売していました。
「武蔵小杉Walker」も都内、横浜でも販売されていましたので、鉄道沿線など、ある程度の範囲の書店には置かれているのではないかと思います。

武蔵小杉で「武蔵小杉Walker」と誤って「武蔵小山Walker」を購入してしまう…ことはさすがにないでしょうかね。

■「武蔵小杉Walker
よんれつの「武蔵小杉Walker」

【関連リンク】
2012/8/8エントリ 「武蔵小杉Walker」2012年9月6日(木)発売決定
2012/8/29エントリ 2012年9月6日発売「武蔵小杉Walker」にJR武蔵小杉駅の「よんれつ」掲載決定
2012/9/5エントリ 9月6日(木)発売「武蔵小杉Walker」前日早読みレポート、「よんれつ」無事掲載
2012/9/16エントリ 「武蔵小杉Walker」が中原ブックランド2店舗で完売、住吉書房で実売2,000部を突破
2012/9/18エントリ 「こすぎナイトキャンパス」特別版「武蔵小杉Walkerで地元を語る会」を2012年9月24日開催
2012/10/3エントリ 「武蔵小杉Walker」中原ブックランドに再入荷、初回3,000部入荷の住吉書房も700部追加発注
2013/8/8エントリ 「武蔵小杉Walker」クーポン券の有効期限(2013年9月6日)まで、残り1か月

Comment(0)