武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2014年
07月27日

中丸子地区三角地帯の商業施設を増築しドコモショップ出店、旧セントラル駐車場は@Parkに一体化



中丸子地区三角地帯の藍屋・あさくま・ジーンズメイト・こすぎペットの建物が増築され、「ドコモショップ」(携帯ショップ)が出店することになりました。

■藍屋・あさくま・ジーンズメイト・こすぎペットの建物
藍屋・あさくま・ジーンズメイト・こすぎペットの建物 

中丸子地区の綱島街道沿いの三角地帯には、2階建ての商業施設がかねてから営業をしていました。
ここにはかつては「川島製作所」の工場があったのですが、現在は同社がオーナーのまま用途を店舗に転換しています。そのため、現在も建物の壁面には「かわしま」という文字が残されています。

■「ドコモショップ」の増築出店場所
「ドコモショップ」の増築出店場所

2階建て商業施設には、2階に藍屋・あさくま、1階にジーンズメイト・こすぎペットが入居しています。

藍屋の下の部分は従来は店舗が無く駐車場だったのですが、ここが現在増築工事が行われていまして、ドコモショップが入る予定となっています。

■増築された壁面
増築された壁面

「ドコモショップ」の文字

裏手の駐車場側も、すでに壁面が増築されています。
従来はこちら側から、建物下の駐車場に入れるようになっていました。

裏手に新設された出入口などには、「ドコモショップ」の文字が書かれていました。



さて一方、2014/6/10エントリでお伝えした、「セントラルフィットネスクラブ武蔵小杉」の契約解除された駐車場はどうなったのかというと。

隣接の三角地帯商業施設の駐車場「@Park」に取り込まれる形で、あらためて一体化した駐車場として運用がスタートしていました。」

■セントラルフィットネスクラブが契約解除されたエリア
中丸子地区三角地帯の俯瞰 

■隣接の駐車場「@Park」

セントラルフィットネスクラブが契約解除されたエリア

■「@Park」に取り込まれた旧セントラル駐車場部分
 

■「@Park」とセントラル駐車場の仕切りが取り払われた部分
 

従来セントラルフィットネスクラブの駐車場だった部分は2014年7月1日をもって契約が解除され、現在では三角地帯の駐車場が一体化して「@Park」になっていました。

この「@Park」は、三角地帯商業施設に入居する藍屋・あさくま・ジーンズメイト・こすぎペットの契約駐車場となります。

■セントラルフィットネスからの駐車場廃止の告知
セントラルフィットネスからの駐車場廃止の告知 

セントラルフィットネスクラブからの駐車場廃止の告知からすると、この部分が店舗に改装されるようにも受け取れました。
しかし結果としては、2階建て商業施設下の駐車場を店舗にするため、その分セントラルフィットネスクラブが押し出される形になりました。

これであれば、駐車場を一体化させたうえで、セントラルフィットネスクラブを藍屋・あさくまなどと同じように「一定時間無料」の提携に入れてあげればよいのでは…と思いますが、現状はそのようなことにはなっていないようです。

いずれにせよこれにより、当面は中丸子地区三角地帯の再開発等は行われず、ドコモショップ部分を増築した5店舗体制で営業を続けていくことになりました。

■ドコモショップ武蔵小杉駅前店
ドコモショップ武蔵小杉駅前店

武蔵小杉では、北口に「ドコモショップ武蔵小杉駅前店」、東急西側に「ドコモショップ武蔵小杉東急スクエア店」の2店舗があります。
これに今回の店舗が加わることで、ドコモショップが3店舗体制になりそうです。

武蔵小杉は鉄道によって地域が分断されていますので、この中丸子地区の店舗は、再開発地区の中心部を押さえる、という意味があるのでしょう。

「au」「softbank」も複数店舗がありますし、一層各キャリアの競争が激しくなってくるものと思います。

【関連リンク】
2007/10/18エントリ ドコモ vs au、武蔵小杉戦争
2007/11/28エントリ ドコモ vs au、武蔵小杉戦争・冬の陣
2008/2/20エントリ auショップ武蔵小杉北口、2/22オープン
2014/2/13エントリ 小杉ビルディングの、怒れるドコモダケ

Comment(10)