武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2016年
03月22日

「セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎」プレイベント:一流アスリートによる「スペシャル陸上教室」が4月3日(日)開催、小学生対象に参加申込受付中

【Reporter:はつしも】

国内外のトップアスリートが参加する国際陸上競技大会「セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎」が、20165月8日(日)に等々力陸上競技場で開催されます。

これに先立って、オリンピアンの堀籠 桂宏さん、室伏 由佳さん、ハニカット 陽子さん、世界選手権元日本代表の田野中 輔さんを講師とした「スペシャル陸上教室」が4月3日(日)に開催されます。

陸上教室は小学生を対象としたもので、3月28日(月)まで参加申し込みを受付しています。

■セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎 スペシャル陸上教室のチラシ
セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎 スペシャル陸上教室のチラシ 
※クリックでPDFが開きます。

■セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎 スペシャル陸上教室の開催概要
主催 川崎市
共催 日本陸上競技連盟 普及育成委員会 公益財団法人川崎市スポーツ協会
日時 2016年4月3日(日)13:00~15:00(受付12:15~12:30)
※小雨決行、荒天中止
会場 等々力陸上競技場【アクセス
※7番ゲート付近に受付が設置されます。
内容 (1)かけっこ教室~運動会でヒーローになろう~
<講師>
●田野中 輔さん(所属:富士通)
【実績】
2007年・2009年 世界選手権大阪・ベルリン大会110mハードル日本代表
2007年 アジア選手権110mハードル優勝
●堀籠 桂宏さん(所属:ユメオミライ)
【実績】
2008年 オリンピック4×400mR日本代表
2005年・2007年 世界選手権4×400mR日本代表

(2)キッズデカスロンチャレンジ(デカチャレ)~キング・オブ・アスリートになろう~
※「走る・跳ぶ・投げる」小学生対象の10種競技体験イベント(日本陸上競技連盟推奨)
<講師>
●室伏 由佳さん(所属:日本陸上連盟普及育成委員会)
【実績】
2005年 世界選手権ハンマー投、2007年 世界選手権円盤投日本代表
2004年 オリンピックハンマー投日本代表
●ハニカット 陽子さん(所属:日本陸上連盟普及育成委員会)
【実績】
2000年 オリンピック走高跳日本代表
1998年 アジア大会走高跳優勝
対象 川崎市内在学・在住の小学校1年生~6年生 ※学年は4月以降の学年です。
定員 ●低学年(1~3年生)200人/●高学年(4~6年生)200人
参加費 ひとりにつき100円(損害保険料)※当日徴収します
申込 事前申込・先着順。下記の川崎市ウェブページよりお申込みください。
http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000075331.html
※また、当日は受付でこちらのチラシ裏面の「当日用受付書」が必要となりますので、ご持参のうえスタッフにお渡しください。
申込締切 2016年3月28日(月)まで
Web セイコーゴールデングランプリ陸上川崎2016 ウェブサイト
http://goldengrandprix-japan.com/

■会場となる等々力陸上競技場
会場となる等々力陸上競技場

会場となる等々力陸上競技場

近年は、親の世代である30年前に比べると、小学生の体力・運動能力が全般的に低下していることが文部科学省の調査によりあきらかになっています。
思う存分走り回れるような場所が少なくなっていることも、その一因かもしれません。

それは先天的な運動能力の差異というよりも、「体を動かし慣れていない」「動かし方のコツがつかめていない」というケースが多々あるでしょうし、それは運動の機会をつくっていくことで改善が見込めるでしょう。

講師として招聘されているアスリートはいずれも一流の方々であり、等々力陸上競技場で気軽に教えてもらうのは、なかなかない機会ではないかと思います。

短時間の体験ではありますが、ひとつのきっかけとして参加してみてはいかがでしょうか。

■「スポーツのまち・かわさき」のマーク
「スポーツのまち・かわさき」のマーク

【関連リンク】
セイコーゴールデングランプリ陸上川崎2016 ウェブサイト
2009/9/2エントリ フロンターレイベントで、親子サッカー
2011/10/15エントリ 親子サッカードリーム教室
2015/6/22エントリ 川崎フロンターレ協力「親子サッカードリーム教室」が本日開催、新井選手・小宮山選手・伊藤宏樹元選手が登場

Comment(0)