武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2016年
04月26日

グランツリー武蔵小杉の、テイクアウトドリンクショップ4種をご紹介。「ブルプル」「V2&M」「コスメキッチン」「セブンカフェ」

【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉には、各所に休憩スペースが設けられています。
商業施設の規模からみて一定以上の滞在時間が見込まれ、「ちょっと一休みする」ニーズが多く見込まれるからでしょう。

そんな時、気軽にテイクアウトできるドリンクショップがありますので、今回まとめてご紹介したいと思います。

■「Food Terrace」の「ブルプル」
「Food Terrace」の「ブルプル」 

「Food Terrace」の「ブルプル」
 
最初にご紹介するのは4階のフードコート「Food Terrace」内のドリンクショップ「ブルプル(BullPulu)」です。
同店のドリンクは、中に本場台湾のタピオカが入っているのが特徴で、ミルクティーを基本にカルピス、ソーダなど各種がそろっています。

■「ブルプル」のドリンク
「ブルプル」のドリンク 

左から2番目が人気No.1の定番「ミルクティー」、3番目がNo.2の「ストロベリー」です。

ドリンクは概ね400円前後が最多価格帯になっていますので、割合高めかと思います。

■人気No.2「ストロベリー」
人気No.2「ストロベリー」

「ストロベリー」の中には、タピオカとともにいちごの果肉が入っています。
ストローがご覧の通り太いですので、スムーズに飲むことができます。

ストロベリーの甘味の中に混じるタピオカの食感が新鮮で、こちらは甘党の方にお勧めです。

「ブルプル」のロゴマークは、ブルドックです。
「ブルプル」の「ブル」とは、ブルドックを指していたのですね。

同店は話題性もあってか、オープン以来ピークタイムには長い行列ができています。



■1階AQUA DROP前「V2&M by Fruits Bar AOKI」
「V2&M by Fruits Bar AOKI」

2番目にご紹介するのは、「V2&M by Fruits Bar AOKI」です。
1階の「AQUA DROP」前にありますので、目に留まる方も多いのではないでしょうか。

■フルーツミキサー
フルーツミキサー 

■「マンゴー&アップル」
マンゴー&アップル 

同店では、ミキサーで作りたてのフルーツジュースを提供しています。
写真は「マンゴー&アップル(650円)」です。

こちらもお値段は張りますが、確かにフレッシュで美味しかったです。

■手洗い場
手洗い場 

なお、同店には背の低い手洗い場が用意されています。
お子さんもこちらで手を洗ってからドリンクをいただくことが可能です。



■1階「コスメキッチン」
「コスメキッチン」

そして最後は、1階の「コスメキッチン」です。
こちらは基本的にはインテリア・生活雑貨のお店なのですが、一角にドリンクのカウンター「Cosme Kitchen Juicery」があります。

■「Cosme Kitchen Juicery」の「パワーデトックスウォーター」
パワーデトックスウォーター

「コスメキッチン」のドリンクは、「甘~い」「おいし~い」というよりは、ヘルシー路線です。

こちらは「パワーデトックスウォーター」(税別780円)で、ハーブティーがベースになっています。
そこにレモン・ミント・ブルーベリーなどのフルーツ、チアシード・マキベリー・アサイー・ガラナ・マテなどをブレンドして微炭酸で仕上げてあります。

これまた贅沢に素材を投入しているため、さらにお値段が張ります。
前述の通り「わかりやすい美味しさ」を追求するものではありませんので、健康気分・お洒落気分を味わいたい場合にいかがかと思います。

その他、「コスメキッチン」のジュースにはフルーツとともにニンジンやキャベツなど野菜類がブレンドしてありまして、いずれもオーガニックな健康志向のメニュー構成となっています。



■セブンカフェ
「セブンカフェ」

「セブンカフェ」

そして最後は、「グランツリーマルシェ」の一角にある「セブンカフェ」です。
こちらはセルフサービスでコーヒーをいただくことができます。

「セブンカフェ」はセブンイレブンに展開されていまして、税込100円で普通に美味しいコーヒーが飲めるとうのが評判になっていました。



とりあえず主にこういったところで、

▼甘いものが飲みたい場合は「ブルプル」
▼フレッシュなフルーツジュースが普通に飲みたい場合は「V2&M by Fruits Bar AOKI」
▼オーガニック、デトックスなど健康志向にこだわるなら「コスメキッチン」
▼コスト重視なら「セブンカフェ」

という感じでしょうか。

その他、「グランツリーマルシェ」でドリンクを買ってどこかで座って飲む、というのもひとつの手段ですね。
選択肢の多さと、「ブランド料」がお値段に乗らない相対的なコストパフォーマンスの良さからすると、一考の余地ありと思います。

春になりまして、今後気温も上がって暑い日もあるでしょう。
今後のご参考になりましたら幸いです。

■1階「GRAND TREE MARCHE」
1階「GRAND TREE MARCHE」

【関連リンク】
(ブルプル関連)
ブルプル ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 ブルプル

(V2&M by Fruits Bar AOKI関連)
果汁工房果淋ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 V2&M by Fruits Bar AOKI

(コスメキッチン関連)
コスメキッチン ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 コスメキッチン

(グランツリー武蔵小杉関連)
グランツリー武蔵小杉 ウェブサイト
武蔵小杉ブログ グランツリー武蔵小杉関連エントリ
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/29エントリ グランツリー武蔵小杉「Chocott Milk Bar」の「デコソフトクリーム」
2015/1/13エントリ グランツリー武蔵小杉のお好み焼き店「神戸六甲道 ぎゅんた」
2015/1/24エントリ グランツリー武蔵小杉の行列店「回し寿司 活美登利」レポート
2015/2/4エントリ メゾンカイザーと、大宮シェフのコラボ。グランツリー武蔵小杉の「BUSHWICK BAKERY & GRILL」
2015/2/18エントリ グランツリー武蔵小杉の、からあげグランプリ金賞店「らんまん食堂」
2015/3/24エントリ グランツリー武蔵小杉「霧島黒豚倶楽部」の、黒豚丼2種。「コク旨味噌丼」と「雲竜揚げ丼」
2016/3/7エントリ グランツリー武蔵小杉の、食事もできる人気スイーツ店。「The French Toast Factory」

Comment(1)